小型モバイルプロジェクターのおすすめ人気ランキング20選【2万円以下も】

小型プロジェクターは通常のプロジェクターより携帯性が高くなっています。ビジネスや家庭用・学校用・アウトドアでiPhoneに接続して動画視聴など用途はさまざまです。そこで今回は、小型プロジェクターの選び方と人気のおすすめ商品をランキングでご紹介します。ワイヤレスタイプや高輝度タイプなどの機種も登場します。ぜひチェックしてみてください。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

持ち運び自由で便利な小型サイズのプロジェクター

小型サイズのプロジェクターは通常のプロジェクターよりも、持ち運びに適しており使い勝手のいいアイテムです。会議や学校用、キャンプやアウトドアシーンでの動画視聴などさまざまな用途があります。

 

小型プロジェクターは高輝度やワイヤレスなど機種により搭載されている機能や性能が異なります。小型プロジェクターを選ぶときには、携帯性の高さ・解像度の高さ・画面の明るさなどしっかりと性能のチェックが必要です

 

そこで今回は、小型プロジェクターの選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは持ち運びのしやすさ・画質・価格帯を基準に作成しました。2万円以下や5万円以下のお手頃な商品も登場しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

5万円越え小型プロジェクターのおすすめ

1位

wave flow

Anker Nebula Capsule II

4.5

明るい部屋・黒板でも使えるビジネス向け完璧プロジェクター

740gと軽量、映像品質・音質、モバイル性と価格などプロジェクターとしてのバランスに優れたモデルです。フルHDではありませんが、200ANSIルーメン・1280×720画素の高品質な映像を楽しめます。

 

Android TV搭載で主要動画サービスも網羅しました。YouTubeやAmazon Prime Video・Netflix・Huluなど、多くのコンテンツを面倒な追加接続なしで視聴でき、操作性にすぐれるのでストレスフリーなモバイルプロジェクターです。

投影方式 DLP 解像度 HD(1,280×720)
明るさ 200ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR HDR10
連続稼働時間 2.5時間 サイズ 8 x 8 x 15 cm
重量 739 g

5万円以下小型プロジェクターのおすすめ

1位

Anker(アンカー)

Nebula Capsule Pro

4.5

5万円以下で天井にも投影できる

本体サイズは約幅6.8cmと手のひらサイズで‎470gの小型軽量モバイルプロジェクターです。スピーカも内蔵で、バッテリーの連続動作時間は最長約4時間。白い壁さえあれば最大100インチの画面が投影できます。コンパクトで携帯に適したモデルです。

投影方式 DLP 解像度 854 x 480
明るさ 100 ANSI ルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI AVポート
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 最長約4時間 サイズ ‎22.1 x 10.9 x 10.6 cm
重量 470g

小型モバイルプロジェクターの使用シーンとメリット

小型モバイルプロジェクターは、持ち運びできて据え置きする必要がないため、自宅やビジネス以外にもさままざなシーンで活躍します。バッテリー内蔵型もあり、気軽に持ち運びできるのがメリットです。

 

部屋の壁に映すのはもちろん、場所を選ばないためキャンプをする際テントの壁に投影したり、車中泊で車体や天井を使用したりアウトドアシーンでの利用も人気があります。

小型プロジェクターの選び方

小型プロジェクターは主に従来の据え置きタイプとバッテリー内蔵型でアウトドアにも気軽に使えるモバイルプロジェクターがあります。

周辺機能で選ぶ

小型プロジェクター選びには周辺機能も重要。プロジェクターのバッテリーのほか、投射距離・補正機能、重量などもしっかりとチェックしましょう。

映像にこだわる方は「投影方式」で選ぶのがおすすめ

プロジェクターの映像方式には、液晶方式(3LCD方式)、DLP方式と液晶方式の発展形であるLCOS方式があります。そのうち手ごろな価格帯の小型プロジェクターで使用されているのは液晶方式(3LCD方式)と DLP方式の二つ

 

DLP方式はコントラストが高く、ドット格子が目立たない利点がありますが、低価格帯のものだとレインボーノイズと呼ばれる残像が見えるものもあります。ドット格子が気になる方ならDLP方式、レインボーノイズがより気になる方なら液晶方式がおすすめです。

明るい部屋で使う方には「明るさ高輝度」モデルがおすすめ

プロジェクターの明るさを表す単位は「ルーメン」といい、ルーメン値が高いほど明るくなります。プロジェクターで出力できる明るさ(ルーメン値)が低いと、昼間など明るい部屋では鮮明な映像を楽しめません。

 

小型のプロジェクターには気軽に持ち運べるメリットがありますが、明るさが低い製品が多いデメリットもあります。一般的にルーメン値が高い高輝度プロジェクターほど価格は高い傾向です。

 

会議室や教室など明るい部屋ではルーメン値の高いものがおすすめですが、遮光のできる部屋ならルーメン値が低いプロジェクターでも使用可能です。プロジェクターの使用環境によって、適切なルーメン値のプロジェクターを賢く選びましょう。

持ち運びが多い方には小型サイズのなかでも「軽量モデル」がおすすめ

小型プロジェクターの重量は、持ち運びやすさに関わる重要なポイントなので、忘れずにチェックしましょう。小型プロジェクターには重量が2kg程度のものから軽量のものでは100g台のものまでさまざまなモデルがあります。

 

バッテリー内蔵で電源がない場所でも使用できるモバイルプロジェクターは、軽量モデルほど画面サイズが小さく、バッテリー持続時間や輝度が低いので、他のスペックや付属部品を含む重量を確認しましょう。

 

他の性能を犠牲にしても携帯性を重視する場合には、200〜400g程度の重さのものがおすすめです。基本的に重量の重いモデルは他の性能も高いので、性能と携帯性のバランスを考えながら、自分のニーズに合ったプロジェクターを選びましょう

キャンプ・アウトドア好きなら「モバイルプロジェクター」がおすすめ

小型プロジェクターには据え置きタイプとモバイルタイプのプロジェクターがあります。客先やアウトドアなどで使用する方はバッテリー内蔵のモバイルタイプがおすすめです。選ぶ際にはバッテリーが何時間稼働するか、USB充電できるかも確認しましょう。

 

モバイルプロジェクターの多くはバッテリー駆動時間2〜5時間程度です。キャンプなどアウトドアで、映画など動画コンテンツを楽しみたい方は3時間以上バッテリーが稼働するモデルがおすすめできます

 

またUSB充電が可能なモバイルプロジェクターは、アウトドアや出先でもモバイルバッテリーなどを通して簡単に充電できます。こうした周辺機能もしっかりとチェックして快適なプロジェクターライフを満喫しましょう。

一人暮らしの部屋など壁との距離がとれない人は「短焦点・補正機能あり」がおすすめ

プロジェクターは映像を出力する壁との間に、適切な距離をとる必要があります。映し出す画面サイズが大きいほど、壁とプロジェクターの距離が必要です。モデルごとに適正距離は異なりますが、短焦点モデルなら短い距離で画像を投影できます

 

小型プロジェクターの投射距離をしっかりと確認しておき、使用時に必要なスペースを把握しておきましょう。「補正機能」を搭載したモデルは、斜めに映像を投射すると、ある程度距離を省けます

 

一人暮らしの部屋など狭いスペースで使用する場合には、画面サイズと投射距離や短焦点モデルか、補正機能の有無をしっかりと確認しておきましょう。以下の記事では、短焦点プロジェクターの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

寝室に天井投影したい人には「縦置き可・高音質」モデルがおすすめ

お部屋に映像を映し出すスペースがなく、楽な格好で大画面の映像を楽しめないケースもあります。しかし、寝室の天井をスクリーンにすればお部屋の大きさがそのままスクリーンサイズです。

 

天井をスクリーンとして利用するには、天井投影に対応したプロジェクターを選ぶ必要があります。ボックス型なら安定して縦置きできる、あるいはレンズが上向に調整可能など、天井投影する前提で設計されているプロジェクターを選びましょう

 

また寝室にスピーカーがない場合は、スピーカー内臓のプロジェクターが追加接続が要らず楽です。映画や音楽を臨場感ある高音質のサウンドで楽しみたいなら、スピーカのW数が高いプロジェクターが低音も楽しめます

メーカーで選ぶ

小型プロジェクターには、あまり知られていない新興メーカー品もあります。ある程度の予算をかけるなら、有名ブランドメーカーが安心です。

ビジネス・授業・学校用なら黒板に映せて安い「EPSON(エプソン)」がおすすめ

ビジネスプロジェクターの日本国内シェアでは圧倒的なEPSON(エプソン)。ビジネスシーンで選ばれるエプソンには選ばれる理由があります。会議室のような比較的広く、明るい環境でもくっきりと見える明るさ・解像度・黒板にも映せる機能です。

 

これらの要求性能は学校教室の授業など、学校用・教育の場においても共通です。エプソンのプロジェクターは比較的高価格帯の製品が多いですが、ビジネス・教育現場の要求に答える高機能モデルとしては安いといえます。

家庭用ハイエンドプロジェクターなら「SONY(ソニー)」がおすすめ

SONY(ソニー)のプロジェクターは、4KHDR・3Dなどを搭載する画質重視のモデルで人気があります。価格は小型モバイルビデオプロジェクター「MP-CD1」など、10万円以下のモデルもありますが、メインは30万円〜100万円超のハイエンド品です。

 

家庭用プロジェクターも小型ボディの省スペースタイプや、スクリーンに近い距離でも対応できる短焦点など。どれを選んでもハイエンドラインアップを主力とするソニーならではの高い技術がつまっており、美しい映像を楽しめます

 

以下の記事では、家庭用プロジェクターの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ネット動画視聴ならスマホで操作できる「ANKER(アンカー)」がおすすめ

ANKER(アンカー)といえばリーズナブルな価格でデザイン性にも優れたモバイルバッテリーやデジタル周辺機器で有名です。アンカーは主に据え置き型のホームプロジェクターと持ち運び可能なモバイルプロジェクターの2種類を取り扱っています。

 

アンカーのプロジェクター「Nebulaシリーズ」はOS搭載モデルでワイヤレス。プロジェクター単体でインターネット通信ができ、電源を入れるだけでネット動画が楽しめます。リモコン操作はスマホに専用アプリをインストールするだけの楽チンさです。

 

以下の記事では、スマホプロジェクターの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

安い・高コスパのプロジェクターなら「BenQ(ベンキュー)」がおすすめ

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、BenQ(ベンキュー)は、台湾を拠点とする電気製品メーカーで、その製品は世界各国で販売されています。プロジェクター以外には液晶モニターやUSBメモリなどで知られています。

 

そんなBenQのプロジェクターの特徴は、値段の安さ、明るさ(ルーメン値が高い)と映像表示システムがDLP方式である点です。従来の液晶プロジェクターと比較し高コントラスト、ドットの格子が目立たず、経年劣化しないメリットがあります。

ゲーム・映画を楽しむなら「縦横比16:9」をチェック

縦横比は画面の縦と横の比率を表すものです。プロジェクターの主流は「16:9」ですが、ビジネス向けモデルには「4:3」の縦横比を採用した製品もあります。ビジネス用途では「4:3」の画面比率でも、それほど問題なく使用するできます

 

しかし映画やゲームなどの映像コンテンツやパソコンの画面比率は「16:9」が採用されています。なので映像・動画コンテンツを楽しみたい場合、4:3は不向きです。「16:9」縦横比のモデルを選びましょう

高画質で楽しみたい人には「高解像度」をチェック

まずは小型プロジェクターの解像度をチェックしていきましょう。解像度が高いほど、画面はより美しくなっていきます。現在、YouTubeなどの動画コンテンツではフルHD画質が主流となっています。

 

小型プロジェクターは携帯性を高めるために通常のプロジェクターよりも、画面の解像度は基本的に低めとなっている点を確認しましょう。プレゼンテーションや資料の共有などビジネス用途の使用なら、「640×480」と低解像度でも使用するできます

 

家庭で小型プロジェクターを使ってお気に入りの映画・ゲームを楽しんだり、地上デジタル放送でスポーツ番組を迫力あふれる高画質で楽しみたい方は、フルHDモデルを選ぶのがおすすめです。

iPhone接続したいなら「ワイヤレス」モデルを確認

プロジェクターには通常、複数の規格の出入力端子が搭載されています。つまり、スマートフォンやモニター、スピーカーなどの入出力用機器の規格に応じた端子でなければ接続するできません

 

一般的には「HDMI」端子を備えたモデルが多くなっています。音声と映像を一本で出力できるのでプロジェクターとの接続には、HDMI端子の使用が多いです。Android端末からHDMI入力する場合は、MHL対応が確認しましょう。

 

小型プロジェクターのなかには無線LAN対応モデルや、iPhoneなどスマートフォンとのワイヤレス接続対応モデルもあります。使用する入出力用機器に対応した入出力端子を備えているか、かならずチェックしておきましょう。

コスパ重視なら1万円台・2万円以下など「低価格」をチェック

小型プロジェクターといっても、価格は1万円台や2万円以下・5万円以下から10万円を超えるものまでさまざまです。高価格帯のものは確かに高画質で多機能、画面サイズも大きく満足度も高くなります。

 

月に3,4回しか使わなかったり、多機能すぎて使いこなせなかったりするともったいないです。また高いプロジェクターの内蔵スピーカーより、お手ごろ価格のスピーカーの方が高音質の場合もあります。

 

初心者にとって最初の一台なら予算はなおさら重要です。自分にとって必要なスペックと予算に合った一台を見つけてください。予算の目安として5万円越えのプロジェクターと5万円以下のプロジェクター人気のおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

5万円越え小型プロジェクターの人気おすすめランキング8選

8位

VIVITEK(ビビテック)

QUMI Q8-BK

4.3

高輝度で見やすく700g以下でフルHDの高画質

ACアダプターを除く本体700g以下のモバイルプロジェクターでLEDフルHD、明るさは1000ルーメンの高輝度。190 x 114 x 43mm のコンパクトボディに解像度1920×1080とまさにハイスペックな一台。

 

コンパクトなボディで部屋の電気をつけたままで投射可能な明るさのQUMI史上最高モデル。MHLに標準対応でアンドロイドスマホやタブレットPCと接続するだけで、画面投影できるのも嬉しいポイントです。

投影方式 DLP 解像度 Full HD(1,920×1,080)
明るさ 1000ルーメン コントラスト比 外付け(別売)1.5時間
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI Audio Out(Φ3.5)
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth - HDR -
連続稼働時間 - サイズ W190mm×H114mm×43mm
重量 約621 g(ACアダプターを除く)
7位

ANKER(アンカー)

NEBULA Vega Portable ‎

4.3

GOOD DESIGN AWARD受賞!スマホで操作できるモデル

Nebula Vega Portable ‎はANKER(アンカー)のモバイルプロジェクター最上位モデル。1080pのフルHD対応、500ANSIルーメンの明るさです。バッテリー内蔵で、一度の充電で約3時間の連続再生が可能。

 

GOOD DESIGN AWARD受賞の洗練された外観にAndroid TV 9.0が搭載。YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix等がアプリを通じ、付属のリモコンだけで視聴可能。オートフォーカス、台形補正機能も搭載。

投影方式 DLP方式 解像度 Full HD(1,920×1,080)
明るさ 500ANSIルーメン コントラスト比 約3時間
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR HDR10
連続稼働時間 - サイズ 192mm×59mm×192mm
重量 ‎2.35 kg

口コミを紹介

モバイルプロジェクターでのオートフォーカスやAndroid TV搭載機では現行の最高峰クラスだと思いました。値段はそこそこしますが使用した瞬間に安く感じる製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ASUS(エイスース)

モバイルバッテリー内蔵小型プロジェクター P3B

3.9

短焦点投影できモバイルバッテリーとしても使えるプロジェクター

PC・スマートフォンの周辺機器を製造する台湾のASUS(エイスース)。ASUSのP3Bは800ルーメンの明るさ、1280 x 800の解像度、どの角度からも歪みのない明るくクリアな映像が特徴です。

 

短焦点投影で、場所の広さに制限されず自由に映像を楽しめます。「DLP IntelliBright 」テクノロジーを搭載で省エネに優れ1回の充電で最大3時間の連続駆動が可能。ポータブルモバイルバッテリーとしても使用できます。

投影方式 DLP 解像度 HD(1,280×800)
明るさ 800ルーメン コントラスト比 10,000:1
縦横比 16:10 / 16 : 9 / 4 : 3 入出力端子 USB2.0 x 1,mircoUSB x 1,接続機器への給電のみ対応するUSB(5V/1A) x 1
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth - HDR -
連続稼働時間 3時間 サイズ ‎14 x 16 x 5 cm
重量 750g

口コミを紹介

仕事用に買いました。コンパクトで持ち運びもしやすい。心配していた明るさも全く問題なくきれいに映ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Anker(アンカー)

Nebula Cosmos

4.5

自宅の壁がホームシアターに

小型プロジェクターですが据え置き型で、バッテリー内蔵のモバイルプロジェクターではありません。フルHD 1080p DLPを採用し映像と音響の両方にこだわったスマートプロジェクター

 

900ANSIルーメンの明るさとDolby Digital Plusに10Wスピーカー4基で豊かな音質。最大120インチのスクリーン投影で、自宅の壁がホームシアターにAndroid TV 9.0搭載でYouTubeやNetflixなども楽しめます。

投影方式 - 解像度 Full HD(1,920×1,080)
明るさ 900ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR HDR10
連続稼働時間 - サイズ 高さ:約88mm/幅:約289mm/奥行:約198mm
重量 ‎1.5 kg

口コミを紹介

さすが据え置き型なだけあってLEDながらかなり明るくて、画質ともに段違い。Youtubeの4K動画をついつい見てしまいます。プロジェクターで映し出す画像でここまで綺麗に映るとは思っていなかったので、感動モノでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

XGIMI(エクスジミー)

Halo+

4.7

圧倒的な明るさで鮮明な映像を楽しめる

Halo+の1番の特徴は、900ANSIルーメンの明るさです。日中の部屋や屋外のキャンプでも鮮明な映像を投影が可能で、部屋を暗くして使用すれば映画館にいるような体験ができます。

投影方式 DLP 解像度 Full HD(1,920×1,080)
明るさ 900ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16:9 / 4:3 入出力端子 DC USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR HDR10・HLG
連続稼働時間 2.5時間 サイズ ‎21.01 x 21.01 x 11.99 cm
重量 1.6 kg

ポータブルで持ち運びができて、900ルーメンという明るさはこの商品が一番かとおもいました。スクリーンを使わず白い壁に投影しても画質はきになりませんでした。性音性も全くきになりません。スピーカーも音がかなり良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Aladdin Vase アラジン ベース)

小型プロジェクター スマートライト型

3.6

天井にも投影可能。迫力のあるサウンドを楽しめる

 Aladdin Vaseは独自のAladdin OSを搭載した小型スマートライト型プロジェクターで、数多くのエンタメアプリなどを搭載しています。インテリアに馴染みやすいプロジェクターのイメージを刷新する斬新なデザインが特徴です。

 

映像だけでなく、スマートライトの機能により、光をリズムに合わせて動かし入眠を促すスリープモードなど、気分に合わせ変えられるのもポイントです。

投影方式 DLP方式 解像度 -
明るさ 200ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 - 入出力端子 USB HDMI Type-C
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth - HDR -
連続稼働時間 - サイズ ‎800×800×1690 mm
重量 1.54kg
2位

XGIMI(エクスジミー)

MoGo Pro+

4.2

手軽にホームシアターが楽しめる

持ち運び可能なモバイルプロジェクターでありながら解像度は1920x1080ピクセル(フルHD)と鮮やかな映像が楽しめます。DLPの技術により、デジタルシネマのような画像をホームシアターで体験可能です

投影方式 DLP 解像度 1,920×1,080
明るさ 300 ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI DC
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 2~4時間 サイズ ‎14.6 x 10.5 x 9.4 cm
重量 ‎900g

口コミを紹介

高い買い物なので失敗が怖かったですが、買って大正解&大満足です!自動台形補正とピント調節はすごく便利。リモコンも使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

wave flow

Anker Nebula Capsule II

4.5

明るい部屋・黒板でも使えるビジネス向け完璧プロジェクター

740gと軽量、映像品質・音質、モバイル性と価格などプロジェクターとしてのバランスに優れたモデルです。フルHDではありませんが、200ANSIルーメン・1280×720画素の高品質な映像を楽しめます。

 

Android TV搭載で主要動画サービスも網羅しました。YouTubeやAmazon Prime Video・Netflix・Huluなど、多くのコンテンツを面倒な追加接続なしで視聴でき、操作性にすぐれるのでストレスフリーなモバイルプロジェクターです。

投影方式 DLP 解像度 HD(1,280×720)
明るさ 200ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR HDR10
連続稼働時間 2.5時間 サイズ 8 x 8 x 15 cm
重量 739 g

口コミを紹介

私はプロジェクターを慎重に購入するために、これまでレンタルしたり、ネットで調べて比較検討したりして時間をかけましたが、このプロジェクターにたどり着いて、本当に良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5万円越え小型プロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 投影方式 解像度 明るさ コントラスト比 縦横比 入出力端子 内蔵スピーカー Wi-Fi Bluetooth HDR 連続稼働時間 サイズ 重量
アイテムID:14066453の画像

Amazon

楽天

ヤフー

明るい部屋・黒板でも使えるビジネス向け完璧プロジェクター

DLP

HD(1,280×720)

200ANSIルーメン

-

16 : 9

USB HDMI

HDR10

2.5時間

8 x 8 x 15 cm

739 g

アイテムID:14066450の画像

Amazon

楽天

ヤフー

手軽にホームシアターが楽しめる

DLP

1,920×1,080

300 ANSIルーメン

-

16 : 9

USB HDMI DC

-

2~4時間

‎14.6 x 10.5 x 9.4 cm

‎900g

アイテムID:14066435の画像

Amazon

楽天

ヤフー

天井にも投影可能。迫力のあるサウンドを楽しめる

DLP方式

-

200ANSIルーメン

-

-

USB HDMI Type-C

-

-

-

‎800×800×1690 mm

1.54kg

アイテムID:14066448の画像

Amazon

楽天

ヤフー

圧倒的な明るさで鮮明な映像を楽しめる

DLP

Full HD(1,920×1,080)

900ANSIルーメン

-

16:9 / 4:3

DC USB HDMI

HDR10・HLG

2.5時間

‎21.01 x 21.01 x 11.99 cm

1.6 kg

アイテムID:14066445の画像

Amazon

楽天

ヤフー

自宅の壁がホームシアターに

-

Full HD(1,920×1,080)

900ANSIルーメン

-

16 : 9

USB HDMI

HDR10

-

高さ:約88mm/幅:約289mm/奥行:約198mm

‎1.5 kg

アイテムID:14066442の画像

Amazon

楽天

ヤフー

短焦点投影できモバイルバッテリーとしても使えるプロジェクター

DLP

HD(1,280×800)

800ルーメン

10,000:1

16:10 / 16 : 9 / 4 : 3

USB2.0 x 1,mircoUSB x 1,接続機器への給電のみ対応するUSB(5V/1A) x 1

-

-

3時間

‎14 x 16 x 5 cm

750g

アイテムID:14066439の画像

Amazon

楽天

ヤフー

GOOD DESIGN AWARD受賞!スマホで操作できるモデル

DLP方式

Full HD(1,920×1,080)

500ANSIルーメン

約3時間

16 : 9

USB HDMI

HDR10

-

192mm×59mm×192mm

‎2.35 kg

アイテムID:14066438の画像

ヤフー

高輝度で見やすく700g以下でフルHDの高画質

DLP

Full HD(1,920×1,080)

1000ルーメン

外付け(別売)1.5時間

16 : 9

USB HDMI Audio Out(Φ3.5)

-

-

-

W190mm×H114mm×43mm

約621 g(ACアダプターを除く)

5万円以下小型プロジェクターの人気おすすめランキング12選

12位

FunLogy(ファンロジー)

X-03

3.6

一人暮らし向けスタイリッシュな外観でコンパクト

FunLogy(ファンロジー)は日本の設立6年目のスタートアップ企業Sandlots(サンドロッツ)の運営するガジェットブランド。「今日を楽しくする」とのブランドコンセプトそのままに、持っているだけで楽しくなれるスタイリッシュなデザイン

 

ヘッドが90°回転するので天井にも投影でき、寝ながら映画やプラネタリウムを投影もできてしまう。Wi-Fi・HDMIケーブル接続に対応し、Android 6.0がプリインストールでYouTubeも楽々再生。自動台形補正やリモコン対応で快適。

投影方式 - 解像度 Full HD(1,920×1,080)
明るさ 1000lm・100ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 / 4 : 3 入出力端子 MicroSD USB HDMI Audio Out(Φ3.5)
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 2時間10分 サイズ ‎24.1 x 17.9 x 11.6 cm
重量 ‎630 g

口コミを紹介

HDMIとwifi両方に対応しているので、状況に応じて使い分けられるのがいい。iphone/ipad/パソコンとのミラーリングは簡単にできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

AODIN

スマートモバイル DLP

3.6

ワイヤレスで使いやすく静音性能に優れる

ADOINのスマートモバイルプロジェクター。EShareアプリをインストールし簡単にスマートホンやタブレット端末からワイヤレス投影できます。冷却ファンの音が比較的静かなので、お子さんの寝かしつけにも邪魔になりません。

 

明るさは50ANSIルーメンですがDLP投影方式による映像投影で、画像の色再現性と精細性に優れています

投影方式 DLP 解像度 Full HD(1,920×1,080)
明るさ 50ANSIルーメン コントラスト比 2000:1
縦横比 16 : 9 / 4 : 3 / 16:10 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 約2時間 サイズ 15 x 8.5 x 2 cm
重量 ‎240 g

口コミを紹介

コンパクト、デザイン性もスマートで部屋での置き場や持ち運びに場所を取らないので、利便性が高い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ASUS (エイスース)

E1-J ZenBeam

4.0

シアターサイズのスクリーンをどこでも見られる人気メーカー製

大きさは名刺2枚分とほぼ同じサイズ109mm×83mm、薄さは29mmでいつでもどこでも手軽に持ち運べます。本体に6,000mAhのバッテリーを内蔵し、アウトドアなど電源が取れない環境でも最大5時間(50lm時)使用可能です。

 

遮光された環境であれば、DLP方式ならではの高コントラストで精細な映像が楽しめます。電源アダプター接続時には最大150ルーメンで投影が可能です。Full HD 1080pの入力対応、短距離でも15~120型表示が可能で狭いスペースでも楽しめます。

投影方式 - 解像度 SD (480p)
明るさ 150ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 / 4 : 3 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー - Wi-Fi -
Bluetooth - HDR -
連続稼働時間 5時間 サイズ -
重量 約307 g
9位

LG Electronics Japan(LGエレクトロニクスジャパン)

LEDポータブル プロジェクター

4.4

いつでもどこでも100インチ

韓国の大手家電メーカーLGエレクトロニクスのホームプロジェクターLG Minibeam PH550G。本体サイズは、17.4cm×11cm×4.4cmで重さも約650gと、コンパクトで携帯性に優れるデザインです。

 

軽くてコンパクトなのに最大2.5時間使用可能なバッテリー内蔵。キャンプなどのアウトドアやビジネスなど、さまざまなシーンで活躍します。3D映像再生にも対応で、別売のDLPメガネが必要にはなりますが、3D映像を楽しめます。

投影方式 DLP 解像度 HD(1,280×720)
明るさ 550ANSIルーメン コントラスト比 100,000:1
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI RGB×1 AVポート Audio Out(Φ3.5)
内蔵スピーカー Wi-Fi -
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 最大2.5時間(エコモード) サイズ ‎11.6 x 17.4 x 4.8 cm
重量 650 g

口コミを紹介

中華の3000~3500ルーメンの物と比べても、明るく画質も綺麗です。本体サイズの割に色鮮やかな映像でとにかく驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

COSTCO(コストコ )

HDポータブルプロジェクター

4.3

小型で抜群のポータリティ!学校用・授業でも使える安いモデル

食パン2枚分のコンパクトサイズで重さは約500g。バッテリー内蔵で最大2時間連続再生可能なモバイルプロジェクターです。さまざまな場所で100インチ大画面の迫力ある映像を楽しめます。

 

DLP方式の美しい映像。すぐれた台形補正機能(上下のみ)で場所を変えても調整はラクラクです。各種ケーブルを接続しなくても再生が可能な「トリプルワイヤレス」仕様となっています。接続ケーブルを忘れてガッカリしません。

投影方式 DLP 解像度 HD(1,280×720)
明るさ 250ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi -
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 最長2時間 サイズ 12.9 x 12.9 x 3.9 cm
重量 513g
7位

TOPVISION(トップビジョン)

プロジェクター 小型

4.0

1万円台で安い!旅行・キャンプに持ち運びやすい小型タイプ

最新のDLP技術が備わった小型です。コンパクトなサイズで、旅行・キャンプなど手軽に持ち運びができます。スピーカーの性能により、ノイズレスもポイントです。自宅で気軽に映画館のような雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

投影方式 - 解像度 1080P
明るさ - コントラスト比 3時間
縦横比 - 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi -
Bluetooth - HDR -
連続稼働時間 - サイズ ‎22 x 16 x 9.5 cm
重量 ‎2.19kg

口コミを紹介

本体は手のひらに収まるほど小型で軽量です。
バッテリー内蔵でワイヤレスに起動でき持ち運び可能な製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

DOUBLE GEAR

モバイル プロジェクター 小型

4.0

静音設計の2万円以下モデル

プロジェクターの画面を30-160インチに調整ができます。高品質のスピーカーを搭載するモデルで、0.95kgと旅行・キャンプに持ち運びがしやすいのもポイントです。スマホと連続をして好きな映像を楽しみたい方におすすめできます。

投影方式 - 解像度 1280 x 720
明るさ - コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 -
内蔵スピーカー Wi-Fi -
Bluetooth - HDR -
連続稼働時間 - サイズ -
重量 ‎1.48 kg

口コミを紹介

思った以上にきれいに映ります。
体育館などの広いところでもきれいにうつりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Anker(アンカー)

Nebula Apollo

4.4

高精細な映像を大画面で

350ml缶サイズのアルミニウムボディで、圧倒的な耐久性と持ち運びやすさ。本体上部にタッチパネル搭載で直感的に操作できるスムーズな操作性。DLP投影技術と200ANSIルーメンの明るさで高精細な映像は最大100インチの大画面。

 

Android 7.1搭載でYouTubeやAmazon Prime Video、Netflix等のアプリを通じ、視聴できます。また、内蔵バッテリーでアウトドアのような電源確保が難しい場所でも最大4時間の連続再生が可能なのは嬉しい点です。

投影方式 DLP 解像度 480p
明るさ 200 ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 - 入出力端子 -
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 最大4時間 サイズ ‎6.5 x 6.5 x 13.1 cm
重量 579g

口コミを紹介

キャンプで使用することを想定し、今回実際に使用してみてのレビューを記します。画質的はキレイだと思います。真っ暗闇ではもちろん、部屋の中で明かりがついた状況でも見れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Vamvo

S1 モバイルプロジェクター

4.0

iPhoneほどのコンパクトサイズ!ゲームにもおすすめの5万円以下商品

アダプタを不要にUSBケーブルでスマホと接続をして映像が楽しめます。横8cm・縦14cmとiPhoneほどのコンパクトなサイズで、持ち運びに便利です。モバイルデバイスをはじめに、ゲーム機・パソコンなど幅広く使いたい方におすすめできます。

投影方式 - 解像度 1920×1080
明るさ 100ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi -
Bluetooth - HDR -
連続稼働時間 最長2時間 サイズ 14.7 x 7.9 x 2 cm
重量 274 g

口コミを紹介

マイクロSDからファイルの読みこみができるので、あらかじめ撮り貯めた映画などをSDに入れておくと便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Canon (キャノン)

C-13W

4.0

アウトドアに便利なキャノン

デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER ディスプレイ部門 銀賞に輝いたキャノン(Canon)C-13 モバイルプロジェクタ。W120×D120×H33mmの手のひらサイズで、重量は410gと持ち運びも簡単。内蔵バッテリーだけで最長2時間使用できます。

 

AndroidOS搭載で、プロジェクター本体だけでWEB・PDF・Officeデータの閲覧でき、ビジネスにも役立つ一台。3100mAh(スマホ約1回分)の充電が可能で、モバイルバッテリーとしても使用可能。スピーカー内蔵でスクリーンは最大97インチ。

投影方式 DLP 解像度 Full HD(1,920×1,080)
明るさ 130ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 MicroSD USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi -
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 最長2時間 サイズ W120×D120×H33mm
重量 410 g

口コミを紹介

ビジネスマンが得意先等で説明用には最適でしょうし、家庭でイベントの映写等をすれば家族の方も喜ばれるのではないでしょうか。スマホとうで動画を撮って映写できるかどうかまだやっていませんができればもっと楽しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Anker(アンカー)

Nebula Astro

4.5

コスパ最強おうちで気軽にホームシアター

りんご程のコロンとした丸っこい形状のコンパクトサイズのモバイルプロジェクターNebula Astro。レンズの反対面をテーブルに接地して三脚なしで天井投影できます。寝室やリビング、ベランダなどの屋外でもルームシアターに。

 

Android 7.1搭載で部屋を暗くしたときはスマホアプリで操作するのがオススメ。動画であれば約2.5時間の連続再生が可能。お気に入りの映画やドラマ等を場所を選ばずに大勢でワイワイ最大100インチの大画面で楽しめます

投影方式 DLP 解像度 SD (480p)
明るさ 100ANSIルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 約2.5時間 (バッテリーモード時) サイズ 8.92 x 8.2 x 9.12 cm
重量 約380g

口コミを紹介

見た目がかわいくてこちらを選びました。手のひらサイズで持ち運びもしやすく、夜観る分には明るさも問題ないです。割とリーズナブルなのに、内蔵アプリでYouTube、Amazonプライムビデオが観られるのが手軽で良いです。また、type C充電ができるのが地味に嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Anker(アンカー)

Nebula Capsule Pro

4.5

5万円以下で天井にも投影できる

本体サイズは約幅6.8cmと手のひらサイズで‎470gの小型軽量モバイルプロジェクターです。スピーカも内蔵で、バッテリーの連続動作時間は最長約4時間。白い壁さえあれば最大100インチの画面が投影できます。コンパクトで携帯に適したモデルです。

投影方式 DLP 解像度 854 x 480
明るさ 100 ANSI ルーメン コントラスト比 -
縦横比 16 : 9 入出力端子 USB HDMI AVポート
内蔵スピーカー Wi-Fi
Bluetooth HDR -
連続稼働時間 最長約4時間 サイズ ‎22.1 x 10.9 x 10.6 cm
重量 470g

口コミを紹介

手元に届いた実物を見て大満足、造りもしっかりしていてデザインも秀逸です。
これでこの値段かって感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5万円以下小型プロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 投影方式 解像度 明るさ コントラスト比 縦横比 入出力端子 内蔵スピーカー Wi-Fi Bluetooth HDR 連続稼働時間 サイズ 重量
アイテムID:14066487の画像

Amazon

楽天

ヤフー

5万円以下で天井にも投影できる

DLP

854 x 480

100 ANSI ルーメン

-

16 : 9

USB HDMI AVポート

-

最長約4時間

‎22.1 x 10.9 x 10.6 cm

470g

アイテムID:14066484の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ最強おうちで気軽にホームシアター

DLP

SD (480p)

100ANSIルーメン

-

16 : 9

USB HDMI

-

約2.5時間 (バッテリーモード時)

8.92 x 8.2 x 9.12 cm

約380g

アイテムID:14066481の画像

Amazon

楽天

ヤフー

アウトドアに便利なキャノン

DLP

Full HD(1,920×1,080)

130ANSIルーメン

-

16 : 9

MicroSD USB HDMI

-

-

最長2時間

W120×D120×H33mm

410 g

アイテムID:14066478の画像

ヤフー

iPhoneほどのコンパクトサイズ!ゲームにもおすすめの5万円以下商品

-

1920×1080

100ANSIルーメン

-

16 : 9

USB HDMI

-

-

-

最長2時間

14.7 x 7.9 x 2 cm

274 g

アイテムID:14066475の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高精細な映像を大画面で

DLP

480p

200 ANSIルーメン

-

-

-

-

最大4時間

‎6.5 x 6.5 x 13.1 cm

579g

アイテムID:14066472の画像

ヤフー

静音設計の2万円以下モデル

-

1280 x 720

-

-

16 : 9

-

-

-

-

-

-

‎1.48 kg

アイテムID:14066469の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1万円台で安い!旅行・キャンプに持ち運びやすい小型タイプ

-

1080P

-

3時間

-

USB HDMI

-

-

-

-

‎22 x 16 x 9.5 cm

‎2.19kg

アイテムID:14066468の画像

楽天

ヤフー

小型で抜群のポータリティ!学校用・授業でも使える安いモデル

DLP

HD(1,280×720)

250ANSIルーメン

-

16 : 9

USB HDMI

-

-

最長2時間

12.9 x 12.9 x 3.9 cm

513g

アイテムID:14066465の画像

Amazon

楽天

ヤフー

いつでもどこでも100インチ

DLP

HD(1,280×720)

550ANSIルーメン

100,000:1

16 : 9

USB HDMI RGB×1 AVポート Audio Out(Φ3.5)

-

-

最大2.5時間(エコモード)

‎11.6 x 17.4 x 4.8 cm

650 g

アイテムID:14066464の画像

ヤフー

シアターサイズのスクリーンをどこでも見られる人気メーカー製

-

SD (480p)

150ANSIルーメン

-

16 : 9 / 4 : 3

USB HDMI

-

-

-

-

5時間

-

約307 g

アイテムID:14066461の画像

Amazon

ヤフー

ワイヤレスで使いやすく静音性能に優れる

DLP

Full HD(1,920×1,080)

50ANSIルーメン

2000:1

16 : 9 / 4 : 3 / 16:10

USB HDMI

-

約2時間

15 x 8.5 x 2 cm

‎240 g

アイテムID:14066458の画像

Amazon

楽天

ヤフー

一人暮らし向けスタイリッシュな外観でコンパクト

-

Full HD(1,920×1,080)

1000lm・100ANSIルーメン

-

16 : 9 / 4 : 3

MicroSD USB HDMI Audio Out(Φ3.5)

-

2時間10分

‎24.1 x 17.9 x 11.6 cm

‎630 g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

輝度3000ルーメンと250ANSIルーメン明るいのはどちらか

明るさ「輝度」はプロジェクターの画像クオリティを決める最重要スペック。明るさは「ルーメン(lm)」単位で記載されますが、カタログ値の3000ルーメンと250ANSIルーメン実はこれ同じプロジェクターの同じ明るさのカタログ値です。

 

「ANSIルーメン」はアメリカ国家規格協会が定める厳格な条件下で投影された画面の明るさを平均した数値指標なのに対し、単なるルーメン値に測定条件は定められていません。高ルーメン値の格安製品のなかには、光源を直接測定した製品もあり確認が必要です。

 

大手では業界標準仕様(ISO 21118:2020)のANSIルーメン値を、単にルーメンと記載するメーカーもあります。しかし中には誤解を招く明るさ表記をしているメーカーもあり、カタログ値を比較するならANSIルーメン値を記載したプロジェクターが安心です。

三脚と組み合わせてもっと快適に

モバイルプロジェクターには、さまざまな機能が搭載されいますが、より幅広い場所で使用するために三脚と組み合わせるのがおすすめです。普段部屋の中で使用されている方が、アウトドアなどの屋外で使用する際に三脚があると重宝します。

 

三脚にもさまざまな種類があり、モバイルプロジェクターの重さや大きさに合わせて選ぶ必要があります。持ち運びに便利なコンパクトサイズの三脚や、三脚付きのモバイルプロジェクターもありますのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここまで小型プロジェクターのおすすめランキング20選を紹介してきました。小型プロジェクターにはビジネスやアウトドア、映画観賞などそれぞれに適したモデルがあります。記事を参考に、用途に合ったプロジェクターを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年10月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

子供の寝かしつけ用プロジェクター人気おすすめランキング11選【おやすみ前に】

子供の寝かしつけ用プロジェクター人気おすすめランキング11選【おやすみ前に】

プロジェクタ
プロジェクターの人気おすすめランキング16選【高画質4K対応商品や口コミも紹介】

プロジェクターの人気おすすめランキング16選【高画質4K対応商品や口コミも紹介】

プロジェクタ
【最新】短焦点プロジェクターのおすすめ人気ランキング13選【超短焦点プロジェクターも!】

【最新】短焦点プロジェクターのおすすめ人気ランキング13選【超短焦点プロジェクターも!】

プロジェクタ
モバイルプロジェクターのおすすめ人気ランキング23選【Jimveoや小型も!】

モバイルプロジェクターのおすすめ人気ランキング23選【Jimveoや小型も!】

プロジェクタ
DVD一体型プロジェクターのおすすめ人気ランキング3選【デメリット解説・スマホ対応も】

DVD一体型プロジェクターのおすすめ人気ランキング3選【デメリット解説・スマホ対応も】

プロジェクタ
家庭用プロジェクターの人気おすすめランキング15選【天井投影や吊り下げ式のものも!】

家庭用プロジェクターの人気おすすめランキング15選【天井投影や吊り下げ式のものも!】

プロジェクタ

アクセスランキング

【最新】短焦点プロジェクターのおすすめ人気ランキング13選【超短焦点プロジェクターも!】のサムネイル画像

【最新】短焦点プロジェクターのおすすめ人気ランキング13選【超短焦点プロジェクターも!】

プロジェクタ
昼間に使えるプロジェクターおすすめ人気ランキング7選【テレビ代わりにも】のサムネイル画像

昼間に使えるプロジェクターおすすめ人気ランキング7選【テレビ代わりにも】

プロジェクタ
ポップインアラジン2の口コミ・評判を調査!買って後悔?目が悪くなるなどの口コミは本当?のサムネイル画像

ポップインアラジン2の口コミ・評判を調査!買って後悔?目が悪くなるなどの口コミは本当?

プロジェクタ
DVD一体型プロジェクターのおすすめ人気ランキング3選【デメリット解説・スマホ対応も】のサムネイル画像

DVD一体型プロジェクターのおすすめ人気ランキング3選【デメリット解説・スマホ対応も】

プロジェクタ
安いプロジェクターのおすすめ人気ランキング9選【小型やコスパ最強のも】のサムネイル画像

安いプロジェクターのおすすめ人気ランキング9選【小型やコスパ最強のも】

プロジェクタ
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。