ぬか床のおすすめ人気ランキング15選【ぬか漬けを美味しくする】

ぬか漬けを作る際に必ず必要なのはぬか床ですよね。しかし、ぬか床は管理が難しく、作り方が分からない方も多いでしょう。最近では初心者や一人暮らし用のぬか床が市販でも販売されています。今回は、ぬか床の選び方とおすすめランキングをまとめました。ぜひ参考にしてください。

ぬか床と野菜で美味しいぬか漬けを作ろう!

ぬか漬けには植物性乳酸菌が豊富に含まれているため、腸内の働きを活発にしてくれる効果が期待できます。また、ビタミンB1は白米の20倍もの量が含まれており、いつもの野菜を美味しく食べられるだけでなく栄養価まで高めてくれる最高の発酵食品です。

 

しかし、自宅のぬか床でぬか漬けを作るのは難しいと思って挑戦できずにいる方も多いですよね。実は、初心者でも簡単にぬか漬けを作れるぬか床がたくさん販売されているんです。本格的なものから一人暮らし用、市販までいろいろな商品が販売されています。

 

そこで今回はぬか床の選び方やおすすめの商品ランキングを紹介します。ランキングはぬか床の種類・容量・安全性・サポートを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ本記事を参考にぬか床にチャレンジしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

スーパーなど市販で買えるみたけの初心者向けぬか床

リーズナブルな値段と、1週間に1回かき混ぜればOKな手軽さで人気の商品です。化学調味料や添加物が入っていないので子供から大人まで気軽に使用できます。パッケージのまま保存可能なので、冷蔵庫でも保存しやすく初心者にもおすすめの商品です。

 

市販もされている商品なので、スーパーなどでも購入できます。1kgと扱いやすいサイズ感なのも嬉しいポイントで、一人暮らしの方にもピッタリです。ぬか床の入門として、ぜひ試してみてください。

種類 発酵ぬか床 容量 1㎏
安全性 無添加 サポート -

ぬか床の選び方

最近では簡単にぬか漬けを作れるぬか床も多く販売されています。自分が使用しやすいぬか床から選ぶようにしましょう。

ぬか床の種類から選ぶ

ぬか床には生ぬかと炒りぬかの2種類が販売されています。それぞれ特徴が違うので自分好みの種類から選びましょう。

本格的にこだわるなら「生ぬか」がおすすめ

生ぬかは名前の通り、加工を何もしていない状態のぬかで非常に傷みやすく、扱いに気を付けなければなりません。スーパーなどではあまり販売しておらず、米屋さんなどの専門的な店舗で入手する必要があるため手に入りづらくなっています。

 

生ぬかの場合はメンテナンスをしっかりと行う必要があるため忙しい方には少し不向きな種類ですが、本格的なぬか床を作りたい場合には最もおすすめの種類で、炒りぬかよりも菌などが多く含まれているためぬか床の完成が早いです。

スーパーで市販品を購入するなら「炒りぬか」がおすすめ

炒りぬかは生ぬかとは違い、火で炒って加工されたぬかなので生ぬかよりもメンテナンスが簡単な種類となっています。また炒りぬかは米の専門店でなくてもスーパーなどで市販されている場合も多いです。そのため誰でも気軽に購入できます。

 

生ぬかよりも日持ちはしますが炒ると菌が少なくなっているのでぬか床の完成までには時間がかかりますが、生ぬかよりもサッパリと食べやすいのが炒りぬかの特徴です。

ぬか床のタイプから選ぶ

ぬか床は初心者には難しいとされていますが、最近では扱いやすいようなタイプの製品も多く販売されています。自分のニーズに合ったタイプの商品から選ぶようにしましょう。

初心者なら作り方も分かる「セット」がおすすめ

初心者の方におすすめなのがセットになっている商品です。ぬか床だけでなく野菜などを漬ける容器や漬け物用の調味料が一緒に入っており、初心者の方でも簡単にぬか漬けを作り始められます。

 

作り方などのガイドブックが付属されている製品は、容器の使い方やぬか床の扱い方までしっかりと記載されているのでおすすめです。セット品のぬか床はメンテナンスも必要最低限で済む製品も多いので初心者の方はセット品から選びましょう。

手軽に作るなら無印・みたけ・ビオラルなどの「発酵された製品」がおすすめ

すでにメーカーが独自で調味料や野菜を漬けて発酵させた発酵ぬか床も非常に人気が高くおすすめのタイプです。メーカーが独自で美味しいと感じるように調味料を混ぜてくれているので、後は野菜を漬けるだけで美味しく食べられます。

 

野菜を漬けるだけで美味しいぬか漬けを食べられる人気のタイプです。みたけ食品をはじめ、無印良品やビオラルなどでも販売しているので初心者の方も手軽に始められます。

足しぬかをするなら「追い足し用」がおすすめ

ぬか床は使い続けていると量が減ったり、酸味や旨味が少なくなってしまいます。そんな際に追い足し用のぬか床があると便利です。それまでの美味しかったぬか床を手軽に復活させられます。足しぬかをする量に応じた商品を選びましょう。

 

1から作り直すと味が変わってしまったり時間がかかりますが、追い足し用のぬか床を購入すれば初心者でも簡単に家庭にあるぬか床のメンテナンスができます。ぬか床を購入する際は追い足し用が販売されているかもチェックしておきましょう。

ジップロックなどで少量作るなら「ぬか漬けの素」がおすすめ

ジップロックなどで少量を手軽に漬けたいなら、パウダーやチューブタイプで使いやすいぬか漬けの素がおすすめです。きゅうり1本やなす1本だけなど、少量のみでも簡単に作れるだけでなく保存する場所も少なくすみます。

量から選ぶ

ぬか床は自分が使いやすいと感じる容量の商品を購入しましょう。また、ぬか床は水を足すので商品の容量よりも大きくなるので気を付けてください。

初めてや一人暮らしの方は「1kg未満」からがおすすめ

1kg未満のぬか床は初心者の方や一人暮らしの方におすすめの容量です。お試しに付けて味見をしてみたいといった場合や作り方を覚える際は1kg以下の少量から始めてみましょう。1kgなら少量のぬか漬けを作れるので、たくさんあっても食べきれない場合にも便利です。

手入れの簡単さを重視するなら「1kg前後」がおすすめ

一般的に水を含ませて1kg前後になるような商品は、1~2人用のぬか床として適しています。メンテナンスも簡単に行えるだけでなく、冷蔵庫で保存できるタイプの場合は1kg前後の容量だと邪魔にならずに保管がきくためおすすめです。

家族の分まで漬けるなら「2kg以上」がおすすめ

2kg前後のぬか床は3~4人の一般家庭用に適しています。ぬか漬けが大好きでたくさんの野菜を漬けたい場合は1人暮らしでも2kgの容量が使いやすいですが、冷蔵庫に保存するタイプの場合は2kgまでにしましょう。

 

あまりに大きいと冷蔵庫を圧迫すしてしまいます。ただし、常温で毎日のお手入れが可能な場合は好きな量のぬか床でも問題ありません。自分の環境に合わせた容量のぬか床を用意するのがおすすめです。

手軽さ重視なら「パッケージが容器になる」か確認

最近ではぬか床用の容器が必要なく、パッケージがそのまま保存容器として使用できるタイプの製品も多く販売されています。袋を開けて野菜を入れて冷蔵庫などに保管するだけで使えるため、手軽さで非常に人気です。

 

タッパータイプなら冷蔵庫でも安定して保管が可能で、ジップロック式ならしっかりとフタを閉じられるので冷蔵庫の中にニオイが充満しません。容器を持っていない場合はパッケージが容器になる製品から選びましょう。

より美味しくするなら「高価格やお取り寄せ」をチェック

ぬか床は非常に値段の幅が広い食品の1つです。お取り寄せ品など値段が高いものは品質も良く、さまざまな野菜や調味料を入れた美味しいぬか床の可能性があります。ぬか漬けをより美味しくするなら、やや高価で高品質なぬか床を選んでみましょう。

 

逆に値段が安いぬか床は調味料などが入っていないシンプルな製品が多く、こちらの場合はぬか床作りに慣れていて、自分なりの作り方を知っている方であれば使いやすいといえます。ぬか床作りに慣れている方は安価な製品もおすすめです。

メンテナンスが面倒なら「冷蔵庫保存」できるかチェック

ぬか床は常温の場合は夏なら1日2回、冬などでも1日1回はしっかりとかき混ぜる必要があります。しかし冷蔵庫で保存が可能なぬか床は週に1回程度のメンテナンスで可能な製品もあるので、面倒な方は冷蔵庫保存が可能な製品から選ぶのがおすすめです。

成分や安全性から選ぶ

口に入れるものなので成分は非常に重要なポイントの1つです。原材料や農薬などをしっかりとチェックしておきましょう。

安全にこだわるなら「無添加・無農薬の米ぬか」がおすすめ

国産の原材料を使用していたり添加物が一切入っていなかったりする製品は子供から年配の方までおすすめです。またぬか床は米ぬかを使用していますが、米の時点から無添加・無農薬な製品だとより気持ちよく食べられるのでしっかりとチェックしておきましょう。

健康にこだわるなら「成分や原材料」を確認するのがおすすめ

生ぬかや炒りぬかだけでなく熟成ぬか床でも、しっかりと成分を表記している製品から選ぶのがおすすめです。また中の成分によって味の想像もしやすいので、自分が食べやすいと思う成分が入っている商品から選びましょう。

初心者の方は「説明書やアフターサポート」も確認

初めてぬか漬けを作る方におすすめなのが、しっかりとした説明書やアフターサービスがついているぬか床商品です。Amazonなどの通販で購入すると、作り方や管理の仕方を詳細まで説明してくれている本を添付して販売している場合があります。

対処法で選ぶ

ぬか床から水が出た際や、カビが生えてきたときなどの対処法を知っておきましょう。ぬかと一緒に紹介するので、参考にしてください。

食材やぬか床のにおいが酸っぱいなら「酸味調整辛子ぬか」がおすすめ

ぬか床の乳酸菌が増えすぎて過剰発酵になると、漬けた食材やぬか床のにおいが酸っぱくなります。野菜を取り出して酸味調整辛子ぬかを大さじ1杯程度加えてよく混ぜ、2~3日は野菜や食材を漬けずにぬか床を休ませましょう。

 

酸味調整辛子ぬかを購入できない場合は、辛子や煮沸した卵の殻などをぬかに入れるのがおすすめです。辛子は雑菌の繁殖を抑える働きがあり、卵の殻のカルシウムはアルカリ性なので酸を中和し酸味を抑えてくれます。

ぬか床にカビが生えたなら「本熟成炒りぬか」がおすすめ

動物性食品を入れたり、温度が高かったりするとぬか床にカビが発生する場合があります。その場合は表面をすくい取って捨て、残りのぬか床も取り出して容器をしっかり洗って乾かしましょう。容器が袋の場合には新しいものに取り替えます。

 

取り出したぬかをきれいになった容器に入れて、本熟成入りぬかを足して捨てた分のぬかを補充します。2~3日間ぬか床はかき混ぜるだけにして、野菜は漬けずにぬか床を休ませましょう。

ぬか床に水が溜まるものは「補充用ぬか」で水抜きできるものががおすすめ

ぬか床は野菜を漬けているうちに水っぽくなってきます。表面のくぼみに水が溜まっている状態だと、かき混ぜても全体に空気が入らずに菌やカビが発生しやすくなるので、水が溜まってきたらキッチンペーパーでふき取るようにしましょう。

 

全体的にぬか床がべちゃべちゃしている場合には、炒りぬかを一握り~200ccの計量カップ1杯程度足して味噌くらいの硬さに調節する必要があります。追い足し用の炒りぬかや補充用の炒りぬかを使いましょう。

ぬか床の人気おすすめランキング13選

13位

初心者でも簡単に美味しいぬか漬けができる

初心者の方でも簡単に美味しいぬか漬けを作れる人気のぬか床です。コンパクトな容器もセットになっているので、届いたその日からぬか漬け作りが開始できます。サポート対応があり、初めてでも気軽に使用ができるおすすめの商品です。

種類 熟成炒りぬか 容量 800g
安全性 - サポート メールで無料サポート・ガイドブック

口コミを紹介

冷蔵庫で保管するので保存が楽で、安心です。全然やったことのない人でも簡単に美味しく作れるのでとても助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

超熟成された美味しいぬか床

超熟成されたぬか床が届くので、その日のうちにぬか漬けづくりが開始できます。無農薬で作られているので安心して使用できるぬか床です。京都・祇園の料亭の本格的な味が家庭でも楽しめます。

種類 超熟成米ぬか 容量 0.9kg
安全性 有機JAS無農薬 サポート ハンドブック

口コミを紹介

あまり期待してなかったのでお試しを買ってみましたが、これは大当たり!

出典:https://www.amazon.co.jp

低温発酵なので冷蔵庫で美味しいぬか漬けができる

使いやすい500gのぬか床が5個セットになったお得な商品です。一晩からでも漬かるのですぐに美味しいぬか漬けを楽しめます。低温発酵されているのでより美味しくできるだけでなく、冷蔵庫で漬けられるので手間がかかりません。

種類 発酵米ぬか 容量 500g×5
安全性 - サポート -

口コミを紹介

何より、届いてすぐに漬けられるのが便利です。ぬかの感じも今までのぬか床と感触も違うし、
臭いもぬか臭くない!こんなのあったんだなぁ~。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンドルを回すだけだから手が汚れない!

初心者にも優しいぬか床のセット商品で、ホーロー製のぬか漬け器は外側にハンドルが付いているので手を汚さず中をかき混ぜられるので非常に便利です。また押し器も付いており上から押すだけで水抜きもできて手が汚れません。

種類 熟成発酵米ぬか 容量 2kg
安全性 無添加 サポート 説明書付き

口コミを紹介

ちょっと高いけど、とっても使いやすいものです。高いから途中でやめることもしないと思います。今まで食べたぬか漬けで最高なものが毎日できてきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

有限会社 樽の味

漬けもん屋の熟成ぬか床3袋セット+漬物専用調味料セット

漬け物用調味料でより美味しいぬか漬けづくり

本格的な漬け物屋さんの味が楽しめるぬか床が3kgセットになった大人気の商品です。漬け物用の調味料も付属されているので、より美味しいぬか漬けが楽しめます。捨て漬けも必要なく、毎日かき混ぜずにすむので手軽にぬか漬けが作れておすすめです。

種類 熟成米ぬか 容量 3kg
安全性 国産原料・無添加 サポート 説明書付き

口コミを紹介

総合的に考えたら、最初はこのぬか床から始めるとすごく楽で美味しいぬか漬けが楽しめると思いますよ!オススメ。

出典:https://www.amazon.co.jp

初めて漬ける方でも美味が長期間続くぬか床

鉄粉を入れているのでナスの漬け上がりの色が非常に鮮やかで見た目にも美味しそうなぬか漬けを作れる人気の商品です。容量も1kgと使いやすい容量で、水を1L入れるだけで手軽にぬか床が完成するので初心者に向いています。

種類 米ぬか 容量 1kg
安全性 無添加 サポート

口コミを紹介

大根はもちろん胡瓜・人参・茗荷・セロリ・アスパラ、味自体は懐かしい糠漬けそのもので美味しいので大事に育てていきたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

袋のまま漬けられる無印良品のぬか床

パッケージがジッパー式保存容器になっている無印のぬか床です。ガイドブックが付いているので初心者でも始めやすく、買える場所が無印なので若い方でも購入しやすいと人気を得ています。

種類 熟成炒りぬか 容量 1kg
安全性 サポート -

口コミを紹介

夏にきゅうりや茄子を漬けてみましたが
思った以上に美味しくて満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

かき混ぜやすい樽型容器が嬉しい

かき混ぜやすい形の容器・熟成済みぬか床・補充用ぬか・使い方のしおりがセットになっているので、初心者にもおすすめのぬか床です。大きめの樽なので1回にたくさんの野菜を漬けられます。大根など大きなものを漬けたい方にもピッタリです。

種類 熟成ぬか 容量 2.3kg
安全性 - サポート しおり付き

口コミを紹介

最初は塩分高めなのはしょうがないが、毎日毎日コネコネしてかわいがってあげて来たら、いまは毎晩の酒のあてになっており、初心者にはとてもいいセットと思っている(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

作り方の分かる説明書付き!食材を入れるだけで作れる

180日熟成発酵させたぬか床と一緒に説明書や容器、漬け物用の調味料などもセットになっているおすすめのぬか床セットです。捨て漬けもする必要がないので、届いた日からぬか漬けを作り始められます。

種類 熟成発酵米ぬか 容量 2kg
安全性 国産原料・無添加 サポート 説明書付き

口コミを紹介

ぬか漬け触ったこともない初心者でしたが、レビューも良く、簡単だと言うことで購入しました。届いたその日にキュウリとナスを漬けて、冷蔵庫に入れ翌日に食べました。とりあえずは何も手を加えずに漬けましたがとても美味しかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

無農薬の追い足し用!元のぬか床の風味を残せる

こちらの商品は追い足し用の商品で、元のぬか床の味や風味を落とさずにぬかを追加できる非常に人気の高いぬか床です。無農薬の商品なので、子供から大人まで食べられる美味しいぬか漬けを作れます。

 

チャック付きなので残ったぬかの保存もしやすく、少しずつ使用したい方にもおすすめです。必要に応じた量を出して使えるので、非常に便利で経済的な商品となります。

種類 追い足し用米ぬか 容量 200g×2袋
安全性 無農薬 サポート

口コミを紹介

ぬか漬けが続き、漬けぬかの腰が抜けた頃に「素」を大さじ2,3杯入れると見事に生き返って旨味が増し
漬物の味が深かまって、ますます美味しくなる。数年前からリピート購入している。

出典:https://www.amazon.co.jp

100%国産原料!美味しいぬか漬けが作れる熟成ぬか床

原材料は全て国産の物を使用しているぬか床で、実際に野菜を漬けて熟成発酵させている点もおすすめのポイントです。容量も1kgと1~2人用としてもピッタリで、お試しにぬか漬けを作ってみたい方に適しています。

 

180日間しっかりと熟成させたぬか床なので、美味しいぬか漬けが作れます。ぬか漬けが好きな方はもちろん、初めての方もぜひチェックしてみてください。

種類 熟成発酵ぬか 容量 1kg
安全性 国産原料・無添加 サポート -

口コミを紹介

味も最初は塩気を強く感じるのですが、回数を経る毎に角が取れていくのが分かります。
これから昆布等を追加して、自分好みの味に育てていこうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

足しぬかにおすすめ!野菜をより美味しくする発酵ぬか床

野菜をより美味しくする発酵ぬかどこの補充用商品です。ぬかの量が減ってきて漬けにくいときや、ぬか床に旨味や酸味が足りなくなってきたときに非常に便利で、もっと大量にぬか漬けを作りたいといった方にも適しています。

 

250gと扱いやすいサイズで、少量を足したいときにも便利です。そのまま補充するだけでOKなので余計な手間もなく、手軽に足しぬかができます。より美味しくぬか漬けを作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

種類 発酵米ぬか 容量 250g×2袋
安全性 無添加 サポート -

口コミを紹介

糠が水っぽくなってきたので、足しました
袋から出しにくいかと思えば、逆さにするとスッと糠が全部出てきて使いやすいし、無駄なく使えると思いました

出典:https://www.amazon.co.jp

スーパーなど市販で買えるみたけの初心者向けぬか床

リーズナブルな値段と、1週間に1回かき混ぜればOKな手軽さで人気の商品です。化学調味料や添加物が入っていないので子供から大人まで気軽に使用できます。パッケージのまま保存可能なので、冷蔵庫でも保存しやすく初心者にもおすすめの商品です。

 

市販もされている商品なので、スーパーなどでも購入できます。1kgと扱いやすいサイズ感なのも嬉しいポイントで、一人暮らしの方にもピッタリです。ぬか床の入門として、ぜひ試してみてください。

種類 発酵ぬか床 容量 1㎏
安全性 無添加 サポート -

口コミを紹介

美味しく手軽なぬか床。
ぬか床は何度も失敗(かき混ぜを忘れる、夏の管理等)、みたけさんは一週間に一度のかき混ぜでOK。

出典:https://www.amazon.co.jp

ぬか床のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 種類 容量 安全性 サポート
アイテムID:11607441の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スーパーなど市販で買えるみたけの初心者向けぬか床

発酵ぬか床

1㎏

無添加

-

アイテムID:11605296の画像

楽天

Amazon

ヤフー

足しぬかにおすすめ!野菜をより美味しくする発酵ぬか床

発酵米ぬか

250g×2袋

無添加

-

アイテムID:11605293の画像

楽天

Amazon

ヤフー

100%国産原料!美味しいぬか漬けが作れる熟成ぬか床

熟成発酵ぬか

1kg

国産原料・無添加

-

アイテムID:11605290の画像

楽天

Amazon

ヤフー

無農薬の追い足し用!元のぬか床の風味を残せる

追い足し用米ぬか

200g×2袋

無農薬

アイテムID:11605284の画像

楽天

Amazon

ヤフー

作り方の分かる説明書付き!食材を入れるだけで作れる

熟成発酵米ぬか

2kg

国産原料・無添加

説明書付き

アイテムID:11605281の画像

楽天

Amazon

ヤフー

かき混ぜやすい樽型容器が嬉しい

熟成ぬか

2.3kg

-

しおり付き

アイテムID:11605278の画像

楽天

Amazon

ヤフー

袋のまま漬けられる無印良品のぬか床

熟成炒りぬか

1kg

-

アイテムID:11605275の画像

楽天

Amazon

ヤフー

初めて漬ける方でも美味が長期間続くぬか床

米ぬか

1kg

無添加

アイテムID:11605269の画像

楽天

Amazon

ヤフー

漬け物用調味料でより美味しいぬか漬けづくり

熟成米ぬか

3kg

国産原料・無添加

説明書付き

アイテムID:11605266の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ハンドルを回すだけだから手が汚れない!

熟成発酵米ぬか

2kg

無添加

説明書付き

アイテムID:11605263の画像

楽天

Amazon

ヤフー

低温発酵なので冷蔵庫で美味しいぬか漬けができる

発酵米ぬか

500g×5

-

-

アイテムID:11605260の画像

Amazon

ヤフー

超熟成された美味しいぬか床

超熟成米ぬか

0.9kg

有機JAS無農薬

ハンドブック

アイテムID:11605257の画像

楽天

Amazon

ヤフー

初心者でも簡単に美味しいぬか漬けができる

熟成炒りぬか

800g

-

メールで無料サポート・ガイドブック

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

市販のぬか床を美味しくする方法は?おすすめ容器や作り方

ぬか漬けは、初めに野菜の切れ端などで3日ほど捨て漬けを行って、その後食べる野菜を漬けるのが基本的な作り方です。ぬかは1日2回朝と晩にかき混ぜるのが重要ですが、最近では捨て漬けをしなくても良い商品やかき混ぜなくても良い商品が多くあります。

 

市販のぬか床を美味しくするためには常温で管理し、ビールやヨーグルトで発酵を促すのが有効なので、容器は酸や塩分に強くてにおいが付きにくいホーローがおすすめです。より美味しく漬けたい方は試してみてください。

 

さらにぬか漬けにこだわりたい方は、作り方を紹介しているブログやホームページなどもあるので参考にしてみましょう。以下のホームーページでは美味しいぬか漬けの作り方やコツを紹介しています。ぜひ、こちらもチェックしてみてください。

足しぬかのやり方をご紹介

足しぬか用のぬかも市販されていますが、カップ1杯分に小さじ1の塩と、必要に応じて昆布や鷹の爪を加えると手作りできます。カップ1杯分を月に1回程度行うのが望ましいです。ぬか床の乳酸菌が減少してしまうため、1回に大量のぬか床を足すのはやめましょう。

使ったぬか床は再利用できる?

使ったぬか床を何かに再利用できるのか、気になる方もいらっしゃると思います。結論から言うと、ぬか床の再利用はできません。そもそもぬか床自体が不要な野菜くずを再利用したものなので、十分に使い切ったと考えて処分しましょう。

市販の漬物や簡単な浅漬けをご紹介

今回は、自分でぬか漬けを漬けるためのぬか床について紹介してきました。もっと漬物を楽しみたい方は市販の漬物もおすすめです。漬物にはぬか漬けの他にも、浅漬けや塩麹などさまざまな種類があり、それぞれに美味しさの特徴に違いがあります。

 

料理に合わせた漬物や簡単にできる浅漬けなど、食卓の1品として漬物は大活躍です。以下の記事では、漬物・浅漬けの素・塩麹の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

どこにいても楽しめるお取り寄せの漬物

漬物は日本の伝統的な食品で、ぬか漬け以外にもしば漬け・浅漬け・奈良漬けなど種類も豊富です。さらに京都名産のすぐきや秋田名産のいぶりがっこなど、地域ごとの名産の漬物たくさんあります

 

地域の名産品の漬物は普段あまり食べる機会がないので特別感があるのが魅力です。お取り寄せならどこにいても各地の名産品の味を楽しめます。以下の記事ではお取り寄せ漬物の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ぬか漬けにおすすめの食材をご紹介

ぬか漬けの食材の定番は野菜です。どんな野菜でもできますが、あまり水分が多いものはぬか床が悪くなる場合があるので避けましょう。おすすめはきゅうり・大根・人参・白菜・キャベツ・なす・ミョウガなどの歯ごたえがある野菜です。

 

野菜以外ではアボカドやゆで卵も、ぬか漬けにするとうま味が増して美味いとネットでも話題になっています。気になる食材はぜひ試してみてください。

まとめ

最近では週に1度の手入れでも、美味しいぬか漬けが作れる製品も多く販売されています。この機会に諦めていたぬか漬け作りをまた始めてみましょう。栄養満点で美味しいぬか漬けがあれば、いつものご飯がもっと美味しくなります。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【ぬか床】乳酸菌の力が凄い!ぬか床の乳酸菌を増やすには?

【ぬか床】乳酸菌の力が凄い!ぬか床の乳酸菌を増やすには?

食品
【本当に美味しい】漬物の人気おすすめランキング20選【栄養価の高い漬物も】

【本当に美味しい】漬物の人気おすすめランキング20選【栄養価の高い漬物も】

レトルト・惣菜
お取り寄せ漬物の人気おすすめランキング15選【ギフトにも!】

お取り寄せ漬物の人気おすすめランキング15選【ギフトにも!】

レトルト・惣菜
浅漬けの素おすすめ人気ランキング15選【野菜の浅漬けや漬物以外の活用方も】

浅漬けの素おすすめ人気ランキング15選【野菜の浅漬けや漬物以外の活用方も】

レトルト・惣菜
ウォーターサーバーに使える床マットの人気おすすめ3選!【下に敷く防音マットも】

ウォーターサーバーに使える床マットの人気おすすめ3選!【下に敷く防音マットも】

その他
【2023年】床拭きロボットのおすすめ人気ランキング15選【水拭きできるものも】

【2023年】床拭きロボットのおすすめ人気ランキング15選【水拭きできるものも】

掃除機