浅漬けの素の人気おすすめランキング15選【きゅうりや白菜に使える】

記事ID8432のサムネイル画像

美味しい漬物作りに欠かせない浅漬けの素。簡単に漬物が作れるうえに、生野菜が取れるので栄養バランス面でも取り入れたい製品です。今回はそんな浅漬けの素の魅力や選び方のポイント・数々の製品からおすすめ商品をピックアップしてご紹介します。

さまざまなメリットがある浅漬けの素の魅力

浅漬けの素は、素人でも簡単に漬物が作れる画期的な調味料です。シャキシャキとした食感のある漬物は、ご飯のお供としても最適で食卓の一品おかずとして大活躍します。また漬物にすることで、生野菜が保存の効く食材に変わる事も嬉しいですよね。

実は浅漬けの素と一言で表しても、野菜の違いによって適した浅漬けの素が変わってくるのはご存知でしょうか。野菜の特質に合った浅漬けの素を選ぶことで、より美味しくて保存の効く漬物が作れることでしょう。

そこで今回は浅漬けの素の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングでは、コスパの良さ・漬け込み時間・口コミやレビューの評価といった観点でご紹介します。

浅漬けの素の人気ランキング15選

15位

樽の味

浅漬け革命5本セット

価格:2,700円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

添加物を使わない安心安全な浅漬けの素

無添加の浅漬けの素を探している人は、「樽の味 浅漬け革命」を試してみるのはいかがでしょうか。化学調味料や保存料を使用していない点が特徴で、使用する食品を無添加にこだわっているような人におすすめできる製品となっています。

樽の味独自の白菜の漬け汁・和歌山県産の梅酒が入っていることも特徴で、他の浅漬けの素とはまた違った旨み・酸味が出ることも特徴です。

タイプ液体内容量500ml×4
賞味期限365日一個当たりの価格540円

口コミを紹介

以前、某百貨店の調味料コーナーで試しに購入し、リピ買いしようと思っていたら、販売されなくなっていたので、こちらで購入させていただきました。嫌な漬け液の味がしないので気に入って使わせて頂いてます。私はさっと茹でたキャベツを漬けるのが好きです。ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

北杜食品

浅漬けの素 白キムチ

価格:766円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調味料としても使いやすい白キムチ風浅漬けの素

浅漬けの素以外に、さまざまな料理に使用する調味料としても活躍できるのが「北杜食品 浅漬けの素 白キムチ」のメリットです。漬物を作るだけでなく、から揚げやチャーハン・パスタ料理などのワンポイント調味料として使用できますよ。

40~50分程度の漬け込みで、生野菜がピリッとした漬物ができるので、濃い目の漬物を作りたい人にもおすすめできる一品です。白ベースの液体タイプなので、野菜の色本来のきれいな漬物ができることも特徴です。

タイプ液体内容量500ml
賞味期限製造日より1年間一個当たりの価格-

口コミを紹介

とにかく色々使えます!
そこらのスーパーで売っている「大手の”白キムチの素”」とは、
味が、コクが、使用範囲まで違います!変な甘ったるさがないので、ガラスープとネギ、胡椒、お湯、好みで足して・・スープが美味しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

マルアイ食品

麹屋甚平・浅漬の素

価格:329円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

米ぬかを利用した無添加浅漬けの素。下味をつけるのにも活躍!

マルアイ食品の「麹屋甚平・浅漬の素」は、米ぬかを発酵させたことで出来た商品で、化学調味料や保存料などが使われていない無添加なのが特徴です。ぬか漬け風味の浅漬けの素なため、キュウリやカブのほか、白菜などの冬野菜とも相性が良いです。

また米ぬかの酵素が働くためか、お肉の下味に使用するとお肉がやわらかくなるといった口コミも存在しています。安心安全な浅漬けの素としてだけでなく、お肉の下味としても利用できるが「麹屋甚平・浅漬の素」の強みと言えるでしょう。

タイプ液体内容量500ml
賞味期限365日一個当たりの価格-

口コミを紹介

下味に使うとお肉が柔らかくなります。くせもほとんど感じないため、料理全般に使えます。浅漬けも大変おいしいです、私には表示の6割程度の分量で十分でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

マルヤマ食品

海鮮浅漬けの素

価格:920円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食感を活かした漬物・お米と相性の良い塩タイプ

白菜やキュウリ・カブなどの食感が楽しい漬物作りと相性が良いのが、マルヤマ食品の「海鮮浅漬けの素」です。国産の海藻やするめなどを配合した塩タイプの浅漬けの素で、きゅうりやなす・大根といった定番の漬物作りにぴったりです。

また、その塩味を活かしてご飯料理に使用するのもおすすめですよ。海鮮浅漬けの素とご飯を混ぜ込んで握り込むだけで、お手軽ながら美味しいおむすびが作れます。チャーハンなどのさいに、味付けの塩の代わりにこちらを振りかけるのも良いですね。

タイプ粉末内容量230g×2
賞味期限-一個当たりの価格460円

口コミを紹介

ドレッシング、炒め物、炊き込みご飯、おにぎり。。。何にでも簡単に味がついて美味しいです。以前は自然食品のカフェで唯一取り扱っていたのですが、そこでは販売中止となり、ネットでも、都内のデパートや一般のお店では殆ど取り扱いがなく残念に思っていました。
現在は、ネットのショップ数店で取り扱うようになりでまとめ買いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ヤマキ

浅漬けの素 鰹と昆布

価格:1,210円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カツオと昆布出汁の旨みを引き出した浅漬けの素

キュウリやナスといった夏野菜であっさりとした漬物を作るなら、ヤマキの「浅漬けの素 鰹と昆布」を試してみてはいかがでしょうか。カツオとコンブ出汁の旨み際立つ製品で、漬け込み時間も30分程度で出来る手軽さがポイントです。

袋に野菜を入れて、10回程軽くもんだ後漬け込むだけという単純な作業で漬物ができるので、初めて浅漬けの素を使用するような初心者の人にもおすすめです。

タイプ液体内容量500ml
賞味期限12ヵ月一個当たりの価格302円

口コミを紹介

浅漬けの素って便利ですよね~
残った野菜をちょっと漬けるだけで、立派な一品になるし!
いつも他のメーカーを買ってたけど、ヤマキを買ってみたら意外や意外。
美味しい。。そっか、そりゃかつお節屋さんだから、だしがよく効いてるのね。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

エバラ

浅漬けの素 レギュラー

価格:2,420円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たっぷり使える1Lタイプ

大量の野菜を一気に漬物にして長期保存するような使い方をするのであれば、「エバラ 浅漬けの素 レギュラー」の大容量モデルがおすすめです。1Lの大容量ながら、まとめ買いで一本1000円以下で購入できるコスパの良さも魅力的です。

醤油をベースにしつつ、トウガラシのアクセントも効いた使いやすい浅漬けの素として、幅広い用途で活躍が期待できる一品です。漬け込む時間も20分~30分ほどで良いのも手軽でおすすめです。

タイプ液体内容量1L
賞味期限-一個当たりの価格605円

口コミを紹介

沢山野菜を購入したので浅漬けを大量に作りました
大きさは醤油と同じかな。
冷蔵庫に入れやすいし便利でした。コスパも悪くないですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

三角屋水産

浅漬けの素 ピリ辛

価格:540円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピリッとしたした漬物が作れるめかぶ入り浅漬けの素

三角屋水産の「浅漬けの素 ピリ辛」は、製品名通りピリッとした辛い漬物を作る人におすすめです。漬け込む時間や粉末を掛ける量を調節することで、自分好みの辛さに調整できる点がポイントです。手軽に作るなら一時間・より深い辛さを求めるなら一晩漬け込む形式です。

また、三角屋水産の浅漬けの素はメカブが配合されていることも特徴です。がん抑制効果があると考えられている「フコイダン」が摂取できるので、健康志向の人にもおすすめできる製品になっています。

タイプ粉末内容量300g
賞味期限-一個当たりの価格-

口コミを紹介

大変気に入りました。
白菜漬け、お茶漬け、雑煮など
色々に利用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

(有)ケーフーズ生田目

あさ漬け塩

価格:790円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

程よい塩味とメカブの旨みが効いた浅漬け塩

こちらの塩タイプの浅漬けの素は、程よい塩味と配合されたメカブの旨みが好評を得ている商品です。口コミでは、塩辛くなくちょうどいい塩味・きゅうりや白菜の漬物と相性が良いといった好評な意見が見受けられます

漬物を作るだけでなく、てんぷらの塩や焼き魚に使う塩として使うのもおすすめです。リピートしているレビューも多数みられるので、マイナーながら注目を集めている浅漬けの素と言えます。

タイプ粉末内容量270g
賞味期限-一個当たりの価格-

口コミを紹介

キュウリの漬け物って飽きますよね…
でもこちらでつけた漬け物は飽きません、絶品です。
初めは高速でお土産として買ったのですがあまりの美味しさにすぐなくなってしまって、Amazonにあると言うので祖母の分も買ってしまいました

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

つけもと

あさ漬の素

価格:972円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

浸透圧を利用し、野菜に深く味が染みこむ

つけもとのあさ漬けの素は、生野菜からでてくる水分を利用した「浸透圧」を利用している点が特徴です。浸透圧により浅漬けの素を野菜が効率よく吸収するので、より深く濃い味の漬物になります。

口コミでも、一般的な浅漬けの素よりも濃い目の漬物が作れる点・一袋で野菜2kg分の漬物が作れる点などが好評を得ています。濃い目の味付けの漬物が好みの人・コスパを重視する人におすすめです。

タイプ粉末内容量80g×5
賞味期限二年一個当たりの価格194円

口コミを紹介

多少濃いめの味付けが好きなのですが、スーパーで一般に売られている500mLの液体方式よりも濃い目に漬かり、しかも約半額のコスパで非常に気に入りました。液体方式は概ね100mLあたりキュウリ2本、ボトル1本あたりキュウリ10本程度ですが、この商品は1袋20本くらい漬かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

かね七

あさ漬の素 こんぶ風味

価格:568円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スティックタイプの包装で小分けされた使いやすい浅漬けの素

かね七の「あさ漬の素 こんぶ風味」は、富山の海洋深層水を使用するという、原材料の水にこだわりを見せる浅漬けの素です。漬ける時間が30分と短くて済み、コンブの風味が口の中に広がるような漬物が作れますよ。

漬け込み時間が短い事・4gずつコンパクトに個別包装されているのも特徴です。手軽さと取り回しのしやすさ・コンブの風味が好評を得ている製品です。

タイプ粉末内容量4g×30
賞味期限二年一個当たりの価格-

口コミを紹介

顆粒タイプなのでできるだけ広く空間をあけておきたい冷蔵庫を占拠することなく保管でき、取り扱いは非常に楽です。商品説明には1スティックで野菜100グラム、2〜3分揉み込んで30分で出来上がり、と説明されていましたが、白菜などの漬かりやすい野菜なら200グラム程度でも十分おいしくできあがり、揉み込んで嵩が減ったらすぐにおいしく食べられました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ミツカン

浅漬け調味液

価格:841円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非常にコスパの良い1.8L大容量モデル

とにかくコスパの良い浅漬けの素を探している人は、ミツカンの「浅漬け調味液」がおすすめです。1.8Lとかなりの大容量の上に、価格も1000円以下のコストパフォーマンスの良さ。加えて二倍に薄めて使用する製品なので、この製品一つで非常に多くの野菜を漬物にできますよ。

浅漬けの素としての味は、昆布・かつおだしが入ったシンプルな味付けで、癖のないシンプルな印象を受けます。使うさい、薄める作業が必要なのが注意ですが、コストを重視する人は一押しの商品です。

タイプ液体内容量1.8L
賞味期限240日一個当たりの価格-

口コミを紹介

塩分は程好い。甘み・酸味は抑え目。
なので野菜を漬ける際に味醂があった方が良い。
強くはないが辛味が有るので好みが分かれるところだと思う。
俺は唐辛子が要らなくて楽だと感じた。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

長登屋

芽かぶ入りあさ漬け塩

価格:478円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

焼塩が使われた滑らかな塩タイプ浅漬けの素

塩タイプの浅漬けの素の中でも、長登屋の「芽かぶ入りあさ漬け塩」は、通常の塩とは違う「焼き塩」が使われているのが特徴です。焼き塩は塩を高温で焼いたもので、通常の塩よりもなめらか・マイルドな味になるのが特徴です。

口当たりの優しい塩タイプの浅漬けを求めている人は、ぴったりの一品と言えます。今回ご紹介しているのは単品ですが、その人気の高さゆえか10袋セット商品もあります。気になった人はそちらもチェックしてみてください。

タイプ粉末内容量290g
賞味期限365日一個当たりの価格-

口コミを紹介

簡単に美味しい浅漬けが出来ます!おすすめです

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

エバラ食品工業

粉末浅漬けの素 レギュラー

価格:880円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

好みの濃度に調整しやすいエバラの粉末浅漬けの素

エバラの「粉末浅漬けの素 レギュラー」は、液体タイプのエバラの粉末の素だと味が濃いといった人におすすめです。粉末タイプは野菜に振りかける量と漬ける時間を調節することで、味の濃度を調節できるメリットがあります。

液体タイプとは違って、エバラの粉末モデルは品薄になってきている印象を受けます。液体タイプ程手軽ではないものの、賞味期限の長さや味の調整がしやすいのがエバラの粉末浅漬けの素のメリットと言えます。

タイプ粉末内容量13.9g×4
賞味期限365日一個当たりの価格226円

口コミを紹介

子供たちに大好評です。液体の方で作ると「辛い」様で... この粉末にしてからは取り合いして食べてます。しかし 粉末だと どのスーパーにあるわけでもなく... 探すの大変だったので こちらで購入しました。また買わせて頂きます!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

つけもと

キムチ漬の素

価格:2,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キムチ鍋や中華料理にも使える万能なキムチタイプ

つけもとの「キムチ漬の素」は、パンチの利いたキムチ風の漬物が作れるだけでなく、キムチ鍋や麻婆豆腐などの調理に使える万能な調味料として注目を集めています。

粉末タイプなので、味の濃度が調節可能です。あっさりピリ辛に仕上げたいのであれば、60分程度、じっくりつかせて濃厚キムチに仕上げたいなら2~3日漬けるのがおすすめです。

口コミにも、自家製キムチを作っている人が多数見かけられ、好印象なレビューが多いです。反面、にんにくのにおいが強いといった声もあるので、その点は注意が必要です。

タイプ粉末内容量100g×5
賞味期限一年一個当たりの価格496円

口コミを紹介

こちらは基本的には白菜を手軽にキムチ漬けにできる粉なのですが、麻婆豆腐やキムチ鍋など万能に使えます。辛味はあまり感じられないのでお好みで足してください。味はかなりにんにくが効いていて浅漬けの時点でも美味しい!これだけでキムチもカクテキもお手軽に本格的な物ができます。私のおすすめは細ねぎをそのまま漬け込みます。これはやみつきになる。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

みたけ食品工業

発酵ぬかどこ

価格:790円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なぬか漬けを作るならぜひおすすめのベストセラー商品

浅漬けの素というジャンルからは外れてしまいますが、よりこだわった漬物を作ってみたい人は、みたけ食品の「発酵ぬかどこ」をためしてみてはいかがでしょうか。NHKで紹介されたこともある人気商品で、野菜を漬けただけでぬか漬けができる手軽さなどが好評です。

賞味期限は半年なものの、適切に糖と塩を加えるといったメンテナンスをすることで、半永久的に使用できる点も人気を集めている理由の一つです。

本格的な漬物・ぬか漬け作りに挑戦してみたい人は、ぜひ一考してみてはいかがでしょうか。

タイプぬか床内容量1kg
賞味期限-一個当たりの価格-

口コミを紹介

買い直しましたが、漬けた初日から美味しくて美味しくて最高です!!
漬けない期間は冷凍すればいいらしいのです
パプリカの浅漬けがとってもフルーティなのに、ご飯にあうのが意外でハマってます
一度お試しを!!

出典:https://www.amazon.co.jp

浅漬けの素の選び方

こちらでは浅漬けの素を選ぶうえで、重要となるポイントをまとめています。商品選びに悩んでしまった人や、目当ての浅漬けの素が良いものかどうか判断が付かないといった人も多いでしょう。その際はこちらの選び方の項をぜひ参考にしてください。

形状で選ぶ

浅漬けの素には大きく分けて「液体タイプ」と「粉末タイプ」の二種類に分けられます。それぞれにメリットやデメリットなどが存在するので、確認していきましょう。

液体タイプ

手軽に漬物を作りたい人は、液体タイプの浅漬けの素がおすすめです。開封して野菜にササッとかけ、漬け込むだけで簡単に漬物が作れる手軽さが液体タイプのメリットです。その手軽さから、浅漬けを頻繁に作るような人におすすめです

手軽さがメリットの液体タイプですが、その分浅漬けの素の賞味期限は比較的短い傾向にあります。おおよそ一年ほど持つ製品が大半ですが、商品によっては一年よりも長い製品や短い製品・発酵してしまう可能性がある製品もあるので、保存面に注意が必要です。

また後述する粉末タイプに比べると、漬け込む時間が長く必要になると言われているので、手早く浅漬けの素を作る用途では不向きと言えます。初心者でも手軽に漬物が作れるのが液体タイプの特徴ですね。

粉末タイプ

粉末タイプの浅漬けの素は、長期保存がしやすいのが最大の特徴です。一年以上保存が利く製品が大半なので、たまに漬物を作るような人に向いています。個別包装されているので、常温保存に対応しており、冷蔵庫のスペースを取らないという何気ないメリットもあります。

液体タイプのような手軽さはないものの、賞味期限の長さから使いたいときだけ使用できるというコンスタントさが優れています。また液体タイプよりも漬け込む時間が短くて済むとも言われているので、手早く漬物を作りたいときにも向いています。

たまに漬物を作る人や、手早く漬物を作りたいシーンがある人は、粉末タイプの浅漬けの素がおすすめです。

使用する食材で選ぶ

浅漬けの素は、使用する食材によって適した製品が変わります。漬物作りとしてよく使用される夏野菜・冬野菜の特徴や、その野菜に適した浅漬けの素を解説します。

夏野菜

キュウリやナス・レタスといった夏野菜で漬物を作るのであれば、醤油や塩がベースの浅漬けの素が向いています。漬物としてはシンプルなものが作られるので、初めて漬物作りに挑戦するような初心者の人にもおすすめです。

夏野菜を使った漬物作りは比較的簡単なので、失敗し辛い特徴があります。シンプルな漬物はおかずの一品やお酒のお供など、あらゆるシーンで美味しく食べられる万能の一品になりますよ。

夏野菜は夏バテや熱中症予防などにも効果があると言われているので、健康面でも夏野菜の漬物はおすすめですよ。

冬野菜

白菜や大根・レンコンといった冬野菜は、濃い目の味付けができる浅漬けの素がおすすめです。冬野菜は水分が出やすく・味も淡白なものが多いので、しっかりと味付けしたほうが美味しく食べられるためです。

濃い目の浅漬けの素は、キムチ風といったピリ辛な製品や、柚子風味・ぬか漬け風味などが挙げられます。濃く味付けする分、好みが別れやすい味付けになりやすいので、食べる人に合わせた味付けを選ぶようにしましょう。

冬野菜の漬物は、夏野菜と比べて少々難易度が高いものの、その分さまざまなアレンジが出来る部類でもあるので、こだわった漬物作りに挑戦してみたい方は一考ですよ。

味で選ぶ

浅漬けの素にはさまざまな味付けが存在しているので、好みの味付けで選ぶことも重要です。浅漬けの素にはどんな味付けがあり、どんな野菜が合うのかをみていきましょう。

定番な醤油タイプ

浅漬けの素として、定番とも言えるのが醤油タイプです。醤油タイプの浅漬けの素は前述した通り、キュウリやナスなどの夏野菜に合うほか、濃い目に味付けできる製品なら大根などの冬野菜にも相性が良いです。

またしょうゆベースである事を活かして、浅漬け以外にの用途に使えることもポイントです。焼きそばやチャーハンといった料理の際、少量入れることでアクセントになるでしょう。

甘酢タイプは汎用性に優れる

甘酢タイプの浅漬けの素は、数ある浅漬けの素の中でも使い勝手に優れているのがポイントです。通常通りに漬物を作るだけでなく、甘酢ベースである事を利用して酢の物やピクルスづくり・甘酢あんかけなどさっぱりとした一品づくりに最適です。

また酢がベースなので塩分をあまり含まない点も特徴なので、減塩したい人にもおすすめです。漬物が大好物なものの、塩分をなるべく控えたいといった健康志向の人にも甘酢ベースの浅漬けの素がおすすめです。

食感を楽しむなら塩タイプがおすすめ

シャキシャキとした食感を重視するのであれば、塩タイプの浅漬けの素がおすすめです。皮ごと食べられるカブやニンジン・レンコンと言った歯ごたえが楽しめる野菜と相性が良いですよ。

野菜の皮は、メインとして食べる部位よりも栄養素が豊富に含まれていることも珍しくないので、食感を楽しみつつ栄養摂取も期待できます。

塩ベースであることを活かし、からあげやパスタなどにも活用できますよ。ぜひ挑戦してみてください。

濃い目の味付けにするならキムチ風などがおすすめ

より濃い味付けの漬物を作るのであれば、ピリ辛なキムチ風味やさっぱりとした酸味が特徴の柚子風味などがおすすめです。水分が出やすい冬野菜は、淡白な味になりやすいので、冬野菜を漬け込む場合は一つあると便利です。

特に大根や白菜は、キムチ風などのピリ辛な味付けがよく合い、お酒のお供としても大活躍します。

反面、濃い目の味付けの分、塩分などが多めに配合されていることも考えられるので、減塩したい人や健康志向の方は注意しておきましょう。

漬け込み時間をチェック

浅漬けの素は、製品によって野菜を漬け込む時間が変わるので、事前に漬け込む時間を確認しておくと間違いがないでしょう。

長いものであれば一晩以上かかる製品もあれば、1時間足らずで十分な製品もあるので、使用頻度などに合わせて適した製品を選びたいものです。

また、長めに付ける製品ほど本格的な味になる傾向にあるので、こだわる人は漬け込む時間が長い製品を選ぶことも一考です。

漬物をつくるだけにとどまらない浅漬けの素のレシピ

浅漬けの素は、漬物を作る以外にさまざまな料理に使用できることもご存知でしょうか。浅漬けの素を入れることで、従来の調味料とは違ったアクセントがでるので、普段調理している料理に使ってみることも一考です。

浅漬けの素の中で一般的ともいえる「エバラ 浅漬けの素 レギュラー」だけでも幅広い活用レシピが存在しているので、気になった人はメーカーの公式サイトなどを調べてみると良いでしょう。

以下に「エバラ 浅漬けの素 レギュラー」のレシピ一覧を記載しているので、参考にしてみてください。

浅漬けの素の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5346032の画像

    みたけ食品工業

  • 2
    アイテムID:5346030の画像

    つけもと

  • 3
    アイテムID:5346029の画像

    エバラ食品工業

  • 4
    アイテムID:5346025の画像

    長登屋

  • 5
    アイテムID:5346024の画像

    ミツカン

  • 6
    アイテムID:5345721の画像

    かね七

  • 7
    アイテムID:5345720の画像

    つけもと

  • 8
    アイテムID:5345718の画像

    (有)ケーフーズ生田目

  • 9
    アイテムID:5345716の画像

    三角屋水産

  • 10
    アイテムID:5345704の画像

    エバラ

  • 11
    アイテムID:5345701の画像

    ヤマキ

  • 12
    アイテムID:5345698の画像

    マルヤマ食品

  • 13
    アイテムID:5345693の画像

    マルアイ食品

  • 14
    アイテムID:5345691の画像

    北杜食品

  • 15
    アイテムID:5345688の画像

    樽の味

  • 商品名
  • 発酵ぬかどこ
  • キムチ漬の素
  • 粉末浅漬けの素 レギュラー
  • 芽かぶ入りあさ漬け塩
  • 浅漬け調味液
  • あさ漬の素 こんぶ風味
  • あさ漬の素
  • あさ漬け塩
  • 浅漬けの素 ピリ辛
  • 浅漬けの素 レギュラー
  • 浅漬けの素 鰹と昆布
  • 海鮮浅漬けの素
  • 麹屋甚平・浅漬の素
  • 浅漬けの素 白キムチ
  • 浅漬け革命5本セット
  • 特徴
  • 本格的なぬか漬けを作るならぜひおすすめのベストセラー商品
  • キムチ鍋や中華料理にも使える万能なキムチタイプ
  • 好みの濃度に調整しやすいエバラの粉末浅漬けの素
  • 焼塩が使われた滑らかな塩タイプ浅漬けの素
  • 非常にコスパの良い1.8L大容量モデル
  • スティックタイプの包装で小分けされた使いやすい浅漬けの素
  • 浸透圧を利用し、野菜に深く味が染みこむ
  • 程よい塩味とメカブの旨みが効いた浅漬け塩
  • ピリッとしたした漬物が作れるめかぶ入り浅漬けの素
  • たっぷり使える1Lタイプ
  • カツオと昆布出汁の旨みを引き出した浅漬けの素
  • 食感を活かした漬物・お米と相性の良い塩タイプ
  • 米ぬかを利用した無添加浅漬けの素。下味をつけるのにも活躍!
  • 調味料としても使いやすい白キムチ風浅漬けの素
  • 添加物を使わない安心安全な浅漬けの素
  • 価格
  • 790円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 880円(税込)
  • 478円(税込)
  • 841円(税込)
  • 568円(税込)
  • 972円(税込)
  • 790円(税込)
  • 540円(税込)
  • 2420円(税込)
  • 1210円(税込)
  • 920円(税込)
  • 329円(税込)
  • 766円(税込)
  • 2700円(税込)
  • タイプ
  • ぬか床
  • 粉末
  • 粉末
  • 粉末
  • 液体
  • 粉末
  • 粉末
  • 粉末
  • 粉末
  • 液体
  • 液体
  • 粉末
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • 内容量
  • 1kg
  • 100g×5
  • 13.9g×4
  • 290g
  • 1.8L
  • 4g×30
  • 80g×5
  • 270g
  • 300g
  • 1L
  • 500ml
  • 230g×2
  • 500ml
  • 500ml
  • 500ml×4
  • 賞味期限
  • -
  • 一年
  • 365日
  • 365日
  • 240日
  • 二年
  • 二年
  • -
  • -
  • -
  • 12ヵ月
  • -
  • 365日
  • 製造日より1年間
  • 365日
  • 一個当たりの価格
  • -
  • 496円
  • 226円
  • -
  • -
  • -
  • 194円
  • -
  • -
  • 605円
  • 302円
  • 460円
  • -
  • -
  • 540円

まとめ

浅漬けの素の魅力や種類の解説・浅漬けの素の選び方やおすすめ商品を特集しました。浅漬けの素で作った漬物は、ご飯のおかずやお酒のお供として食卓を豪華にする一品となりえます。この機会にぜひ、気になった浅漬けの素で漬物作りに挑戦してみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年01月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ