パワーラックのおすすめ人気ランキング15選【自宅で筋トレ!】

自宅でベンチプレスやバーベルを使った筋トレができるパワーラック。スミスマシンとの違いは?アイロテックなどどこのメーカーのものがいい?安いものは?と疑問も。そこで今回はパワーラックの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。是非参考にしてみてください。

手軽に本格的なフリーウエイトトレーニングができる!

運動不足解消にジム通いをされる方も多いのではないでしょうか。ジムの会費は1ヶ月に1万円前後のところが多くさらに交通費がかかる場合もあり、出費が気になりますよね。実は、ジムに行かなくても本格的なフリーウエイトトレーニングができる方法があるんです。

 

それがパワーラックをを使って自宅にホームジムを作る方法です。自宅にトレーニング機器があれば初期出費のみで、往復の時間、順番待ちの時間も不要。いつでも好きな時に本格的なトレーニングを行うことができます

 

そこで今回はパワーラックの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは種類・耐荷重・サイズを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

迷ったらこれ!編集部のおすすめ商品を紹介

この記事では、おすすめのパワーラックを紹介していきます。しかし結局どれを買えばいいのかわからないという方もいると思われます。そんな方にこれだけは要検討してほしい商品が、BARWINGの「バーベルスクワットラック」です。

 

調節機能・騒音対策・コスパよさなどが目を引く、多くの方が手に取りやすい商品になっています。ぜひチェックしてみてください。

BARWING(バーウィング)

バーベルスクワットラック

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

初心者におすすめのコスパのよいパワーラック

【体やトレーニングレベルで細かい調節が可能!】

バーベルホルダーは12段階調節、セーフティーバーは9段階の調節、ワイド幅は14段階調節を行うことが可能です。体に合わせたオンリーワンのラックにしましょう。またハードなメニューにしたい上級者にも対応できますよ。

 

【自宅でのトレーニングで嬉しい機能満載!】

ご自宅がマンション・アパートの場合、トレーニングの際には下の階の住人への配慮が必要になります。この商品はバーベルホルダーとセーフティバーにシリコンラバーが付いており、衝撃や大きな音を抑えてくれます。また土台のゴムカバーも衝撃を抑えてくれますよ。

 

【ディップス・レッグレイズもできる!】

本体にグリップバーが付いており、ディップス・レッグレイズといったトレーニングを行うことが可能です。複数のメニューを組み合わせて行いたい方にフィットすることができますよ。

 

【1万円台でコスパ最強!】

上記の機能が搭載されていてなんと1万円台で購入できます。必要最低限の機能・使い勝手もよさはとても魅力的です。初心者の方はまずこれを購入するのがおすすめです。

種類 バーベルスクワットラック 最大耐久重量 360kg
サイズ W735-1,245×D773×H973-1,473mm セットタイプ -

口コミを紹介

この値段でこのしっかりした作りには驚きました。100kg位のバーベルでホームトレーニングするには申し分ない強度です。何せ安かったので、あまり期待はしていませんでしたが、良い意味で裏切られました。大満足ですo(^▽^)o

出典:https://www.amazon.co.jp

幅が自由に変えられたり、やはり何よりもセーフティラックのお陰で、更に追い込む事が出来る様になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

狭い部屋でも余裕でベンチプレス&スクワットが出来るので最高!!

出典:https://www.amazon.co.jp

パワーラックとスミスマシンの違いは?ホームジムにはどっち?

ホームジムを作りたいと考えている方は、パワーラックとスミスマシンで悩まれるのではないでしょうか。2つ大きな違いの一つは、バーベルを動かす際の軌道が決まっているかどうかになります。

 

軌道が決まっているスミスマシンは安全性が高く、主に初心者向けと言われるトレーニング機器です。一方軌道が固定されていないパワーラックウエイトがダイレクトにかかるバランスを取る必要もあるため、より筋トレ効果が得やすいと考えられています。

 

またパワーラックには懸垂バーがついているタイプが多く、色々なトレーニングを行うことができます。今は初心者でも幅広く色々なトレーニング長期的に行いたいという方にはパワーラックがおすすめです。

パワーラックの選び方

パワーラックはさまざまなメーカーから発売されていますが、機能や価格など選ぶ際のポイントがあります。購入を迷っている方は参考にしてください。

種類で選ぶ

パワーラックはボックスタイプとハーフタイプの2種類があります。それぞれのメリットを比べて選ぶのがポイントです。

本格的なトレーニングをする方は「ボックスタイプ」

ボックスタイプは四方を柱に囲まれたカゴのような形をしたパワーラックです。価格は高めのものが多いですが、オプションが搭載されていたり後付けが可能なタイプも多く、多様なトレーニングができるところが魅力です。

 

ただ高さは2mを超えるものが多く天井やスペースがしっかり確保できない場合は設置が難しくなります。身長が高い方や、ジムのような本格的なトレーニングを行いたい方設置スペースが確保できる方にはおすすめのタイプです。

省スペースで最低限のトレーニングができる「ハーフラックタイプ」

ハーフタイプは支柱が2本のもので、ボックスタイプと比べ全体的なサイズは半分程度になります。シャフトを置くことが主な用途となるため、オプションがつけられないタイプもあります。

 

ハーフタイプでもデッドリフトやバーベルスクワットといったトレーニングは可能なので、最低限のスペースで置きたい方トレーニング内容が決まっている初心者の方にはおすすめのタイプです。

耐久性のある耐荷重で選ぶ

パワーラックを選ぶポイントで耐久性も重要になってきます。使用するバーベル重量に耐えられるか確認して選ぶのがおすすめです。

「200kg」なら一般的なトレーニングができる

耐荷重200kgのものであれば一般的なトレーニングや初心者の方なら基本的には問題のない重量になりるので、現在使用ししているバーベルの重さに合わせた耐荷重で選ぶのがおすすめです。

 

ある程度の耐荷重がないとパワーラック自体が転倒する危険もあるので、少なくても200kg以上のものを選ぶのがおすすめです。

「250kg以上」ならハードなトレーニングにも耐えられる

初心者の方はバーベルの重さも軽量の場合が多いので耐荷重200kgでトレーニングを行うことは可能ですが、上級者の方なら耐荷重250kg以上のパワーラックを選ぶのがおすすめです。300〜400kgを超えるものならハードなトレーニングにも耐えることができます。

 

また耐荷重が重いパワーラックの方が耐久性や安定性が高いものが多いので、今後のトレーニング内容を考えて余裕を持ったものを選べば長期的に使用することも可能です。ただ価格は高くなるので選ぶ際には比較するようにしてみてください。

設置スペースにあった「サイズ」がポイント

パワーラックは設置スペースに余裕を持ったサイズを選ぶのがおすすめです。ぎりぎりのサイズを選んでしまうと、バーベルが置けなくなったり懸垂ができなくなってしまう可能性もあります。

 

シャフトやプレートを設置することも考慮して、パワーラックの寸法+2m程度はスペースに余裕があるものを選びましょう。十分に設置スペースが確保できる方はボックスタイプ確保できない方はハーフタイプという選び方もおすすめです。

トレーニングに合った「用途」も大事

パワーラックは使用用途もポイントに選んでみてください。バーベルを置くだけなのか、複数のトレーニングを行いたいのかによってパワーラックの種類やセット内容を選ぶのがおすすめです。

 

パワーラックにはチンニングバーが標準装備されているものが多いので、懸垂をしっかりと行いたい方はチンニングバーの形状もポイントです。自宅のトレーニング機器を確認して、重複しないように選ぶと無駄なく使用できるのでおすすめです。

セーフティーバーがワンタッチ調整できるもので選ぶ

セーフティーバーの高さはワンタッチで変えられるものが便利です。変え方には色々な種類があるので選ぶ際は参考にしてください。

「ロックピン式」は頻繁に高さを変えたい人におすすめ

ロックピン式は穴からピンを外し、上下に移動させることによって高さを変更することができます。ピン部分のスプリングによって固定されるので、高さの調整を短時間で簡単に行うことができすぐトレーニングを行うことができます

 

またバー移動時の音が静かというのもメリットです。初心者の方や、複数のトレーニングで頻繁に高さ調整を行いたい方夜間に使用したい方にはおすすめです。ただ価格はやや高めになるので、選ぶ際は確認するのがおすすめです。

安全性を重視する方には「着脱式(サイド取り外し式)」

着脱式はサイドにずらしてセーフティーバーを外すタイプで、ロックピン式に比べると手間はかかりますが安全性は高いと言われています。またロックピン式に比べ安価なパワーラックにも搭載されているので、リーズナブルなものを探している方にもおすすめです。

 

着脱式にはワンタッチで取り外せるタイプネジ式があり、スピーディーに高さ調整をしたい方にはワンタッチ式がおすすめです。ネジ式は高さ調整に少し手間がかかりますが、耐久性には優れている製品が多いので安全性を重視する方にはおすすめのタイプです。

設置スペースにゆとりがある方には「貫通式」もおすすめ

貫通式は棒状のセーフティーバーを使用したタイプです。強度が高く比較的安価なところが魅力なので、リーズナブルで耐久性のあるパワーラックを探している方にはおすすめのタイプになります。

 

ただ抜き差しする際スペースが必要なのでパワーラック周りにスペース確保できる方に向いています。また着脱には比較的時間がかかるのと、抜き差し時に金属の擦れる音がしやすいので選ぶ際にはメリットとデメリットを比べて選ぶのがおすすめです。

使用できる「バーベル」も確認

現在バーベルをすでに用意している方、または使いたいバーベルが決まっている方はパワーラックの横幅も確認して選ぶのがおすすめです。シャフトには大きく分けてレギュラーオリンピック用があり、グリップ幅に違いがあります。

 

一般的にはオリンピック用の方がグリップ幅が長いので、パワーラックの横幅が短くても使用することができます。パワーラックの横幅よりシャフトのグリップ部分が短いとバーベルが置けなくなる可能性があるので、レギュラーの場合は注意が必要です。

レベルに合わせたセット品で選ぶ

トレーニング内容やレベルに合わせた付属品がついているものなら、その日からトレーニングすることも可能です。選ぶ際には付属品もチェックするのがポイントです。

「バーベル(シャフト・プレート)付き」ならすぐにトレーニングができる

初めてトレーニング機器を揃えるという方は、シャフトやプレートなどの付属品がついているタイプがおすすめです。セットの方が価格が安い場合が多く、購入した日からすぐにトレーニングが始められるのが魅力です。

 

シャフトやプレートだけでなくトレーニングベンチやチンニングバー付きのものならトレーニングの幅も広がりますね。どんなトレーニングを行うのかを考えて、付属品を選ぶのがおすすめです。

「ケーブルマシンを追加」できると自宅トレーニングの幅が広がる

製品によっては、オプションでケーブルやウエイトスタックが取り付けられるタイプのものもあります。ケーブル種目ができるようになるとさまざまな部位のトレーニングが自宅で行えるようになるので、今後幅広いトレーニングをしたい方にはおすすめです。

 

ただあまり大きな負荷がかけられないものもあるので、すでにトレーニングをされている方は少し物足りなさを感じるかもしれません。重量がどのくらいのものなのかをしっかり確認して選ぶようにしてください。

すでにトレーニング機器を持っている方は「本体のみ」がおすすめ

すでにパワーラックと組み合わせて使用できるトレーニング機器を持っている方は、パワーラック本体のみの購入がおすすめです。セットタイプを購入すると、すでに持っている機器と被ってしまったり、不要な付属品が出てしまうことも考えられます。

 

パワーラック本体のみだとセットよりリーズナブルなので、付属品が不要な方にはおすすめです。付属品の内容をよく確認して選ぶのがポイントです。

夜間使用する方は「静音性」に優れたもの

マンションなどの集合住宅で使う方は静音性も大事なポイントです。バーベルをラックに戻す際の金属音を軽減するためにラバーを使用したタイプのものもあります。特に夜間や早朝にトレーニングをする方は静音性に優れたモデルを選ぶのがおすすめです。

安全性と機能性を考えた「価格」が大事

パワーラックは50万前後する高額なモデルもあるので、選ぶ際は機能と価格を比べるのもポイントです。比較的安価なものは耐荷重が軽く機能もシンプルになるので、耐久性・安全性を考えると最低でも5万円程度のものを選ぶのがおすすめです。

 

付属品がセットになっているタイプなら8〜10万円程度かかってしまいますが、ばらばらで購入するより安価な場合が多いです。自宅でいつでもトレーニングが行えるというメリットもあるので、設置スペース・機能・価格をポイントに選んでみてください。

ブランド・メーカーで選ぶ

パワーラックを発売しているメーカー・ブランドはいくつもあります。それぞれの特徴を比べて選ぶのもおすすめです。

トレーニング機器ブランド「IROTEC (アイロテック)」

IROTEC (アイロテック)は株式会社スーパースポーツカンパニーのブランド。トレーニング機器を多数販売しており、デザインのシンプルさと機能性の良さが特徴です。パワーラックも人気が高いので、付属品も同じブランドで揃えるのもおすすめです。

カラーリングが特徴的な「BODYMAKER(ボディーメーカー)」

BODYMAKER(ボディーメーカー)は、トレーニング機器をはじめミットやプロテクターなどのスポーツ用品を扱っています。ボックスタイプのラインナップが豊富で、ブラックとイエローのカラーリングが特徴的です。

毎日の健康を支える「WILD FIT(ワイルドフィット)」

WILD FIT(ワイルドフィット)は家庭で利用できるトレーニング機器やサプリメントの製造販売を行う大阪のメーカーです。トレーニングやストレッチを安全に日常生活に取り入れられるモデルが人気です。

IPF・JPA公式認定「ZAOBA(ザオバ)」

ZAOBA(ザオバ)は1997年設立の千葉のメーカー。BULLをはじめとした複数ブランドがあり、学校やプロスポーツ団体にも納品をしています。BULLのパワーリフティング製品はJPA・IPF公式認定品にもなっています。

業務用プレミアムブランド「マトリックス」

マトリックスはスポーツクラブや公共施設、医療施設向けのスポーツ用品を扱う業務用ブランドです。自走式ランニングマシンのSードライブ・パフォーマンス・トレーナーはグッドデザイン賞を受賞しており、最先端技術に対応した製品が魅力です。

パワーラックの人気おすすめランキング15選

15位

ワイルドフィット

マルチスミスラック

価格: 105,000円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

40種類以上のトレーニングに対応の上級者向けモデル

ワイルドフィットのマルチスミスラックは1台でスミススクワット・フリーウエイトスクワットをはじめとした40種類以上のトレーニングができる上級者向けモデルです。安全性に優れた設計なので、自宅でトレーニングを継続して行いたい方にはおすすめです。

 

別売のフラットベンチを組み合わせれば、さらに多様な全身トレーニングに対応できます。スミスバーは手首を返すだけでバーを便利設計。すでにバーベルなどいくつかトレーニング機器を揃えている方には特におすすめです。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量
サイズ 幅119×奥行162×高さ218cm セットタイプ ○(バーベル・プレート類は別売)

口コミを紹介

ジム通いの移動時間、マシーン空きの待ち時間が無くなり、インターバルも周りを気にしないでいいし、購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ファイティングロード

チャレンジャーセット

価格: 34,323円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上半身をしっかり鍛えたい 初心者の方におすすめ

こちらはベンチ・シャフト・プレートがセットになったハーフタイプのパワーラックです。プレートはラバータイプで5種類の重さがあるので、トレーニングに合わせて負荷を調整することができます。

 

折りたたみ可能なので、省スペースで設置したいという方にもおすすめ。またベンチはシットアップにも対応1台で上半身を重点的に鍛えることができます。初心者の方でまだバーベルがない方には特におすすめのモデルです。

種類 ハーフラック 最大耐久重量
サイズ ハードベンチ:幅62×奥行126×高さ85〜105 cm/ コンパクト収納 セットタイプ

口コミを紹介

自宅でトレーニングするのに、ちょうど良い大きさでした。使いやすさでもおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ザオバ

BULL パワーラック

価格: 498,000円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高重量で安定感抜群

ハイパフォーマンスを目指す日本人アスリートのためのウエイトトレーニング器具です。さまざまなグリップでチンニングができるので、背部のトレーニングのバリエーションが豊富で、フレームは頑丈な作りで高重量で安定感は抜群です。

 

8cm刻みが可能なフック調整幅で、自分好みのトレーニングができます。また、バーホルダーは脱着しやすく内側に樹脂加工を施しているので、本体にキズがつきにくくなっているので、長く使用することができるのもうれしいポイントです。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量
サイズ 幅173×奥行170×高さ226.5cm セットタイプ

口コミを紹介

ラック、セーフティーバーの取り外しもやりやすくとても気に入ってます。チンニングバーも多種類あり良いです。最後に何と言ってもデザインがかっこいいので完璧な一品です

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ワイルドフィット

パワーラックPROフルモデル

価格: 61,000円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

確実な安全性を確保

上級者対応のジムでのトレーニングを自宅で再現できる本格的なパワーラックです。マンション等のやや狭い部屋でも、高重量のスクワットベンチプレスを安全に行うことができるよう、横幅を狭く設計しています。

 

ラック内は両側に100%安全バーが働き、確実な安全性を確保しています。この一台で胸、腹、上肘、下肘、大胸筋、肩、上腕をまんべんなく筋力アップが可能です。総エクササイズは30種類以上なのもうれしいポイントです。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量 220kg
サイズ 幅101×奥行123×高さ210cm セットタイプ ○(バーベル・プレート類は別売)

口コミを紹介

自宅6畳でのホームトレーニーなのでとても重宝しています。ハイプーリーでラットプルダウン、プレスダウン、ロープーリーでシーテッドローイング、レッグカールをしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ワイルドフィット

パワーラックPRO(ワイド)

価格: 50,500円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性抜群のシンプルデザイン

上級者対応のパワーラックです。余計なものを取り除いた、安全だけ確実に確保したい方に最適なシンプルデザインです。ワイドスパンのフレームは高重量のスクワットベンチプレスが安全に行うことができます。

 

万が一の時でもセーフティーガードがガードし、安全性に優れたマルチタイプです。5cm間隔でバーベル台の高さを微調整できるのもうれしいポイントです。「安心してベンチプレスができる」「コスパ最高」と口コミでも好評です。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量 200kg
サイズ 幅300×奥行150×高さ220cm セットタイプ

口コミを紹介

ふらついても必ずセーフティーの上に落とせる安心感があります。今回はワイドでやりやすくなりセーフティーがかなり下まで落とせるのでトップサイドデッドリフトができるようになり満足度が高いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

IROTEC(アイロテック)

パワーラックHPM

価格: 89,100円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極太フレームを採用

本格的にフリーウエイトでのトレーニングを行う方におすすめのパワーラックです。75mm角、厚さ3mmの極太フレームを採用しており、高重量バーベルもしっかり受け止め、トレーニングをサポートします。

 

クイック脱着式のバーベルクラッチとセーフティーバーでトレーニングの移行もスムーズ。チンニングバーはもちろんディップスアタッチメントも標準装備でマルチポジションベンチと組み合わることによりベンチプレスやショルダープレスが可能です。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量 450kg
サイズ 幅116×奥行134×高さ201cm セットタイプ

口コミを紹介

買って正解です。横ブレもほとんどありません。超頑丈です。ピンではなく貫通式ですが、棒ではないため狭いスペースでも高さ調節がやりやすいです。デザイン、色も気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

GronG(グロング)

バーベルスタンド ベンチプレスラック

価格: 15,480円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セーフティーバーにシリコンラバー搭載

ホームトレーニングに最適なパワーラックです。ベンチプレス台、スクワット台としてはもちろん、スミスマシン、トレーニングマシンの代用としても使用できます。身長にあわせて高さ、横幅を調整できるので、ストレスなくトレーニングを行うことができます。

 

バーベルホルダー、セーフティーバーにシリコンラバーを搭載しているので、衝撃を緩和し、音も軽減してくれるのもうれしいポイントです。「コストパフォーマンスが最高」「ばらしてしまえるのがいい」と口コミでも好評です。

種類 ハーフタイプ 最大耐久重量 250kg
サイズ 幅72~117×奥行84×高さ91~141cm セットタイプ

口コミを紹介

構造が簡単で組み立ても問題なく終了、塗装も高品質で低価格と良いことばかり。製品重量も25kg程度、省スペースと自宅に置くのに最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

IROTEC(アイロテック)

パワーラックHPMラットオプションセット

価格: 134,200円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

75mm角、厚さ3mmの極太フレーム

75mm角、厚さ3mmの極太フレームのパワーラックです。高重量バーベルのしっかり受け止め、トレーニングをサポートします。クイック脱着式のバーベルクラッチとセーフティーバーでトレーニングの移行もスムーズに行えます。

 

チンニングバーはもちろん、脱着式のディップスバーも標準装備です。ラットプルダウン、ベントオーバーロー、ラットバーは360度回転式、フットステップ7段階調整式など、うれしい機能が満載です。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量
サイズ 幅116×奥行184×高さ209cm セットタイプ

口コミを紹介

値段と機能性を考えると自宅用としてはこのパワーラック一択だと思います!グラつくこともなく、ケーブル系の作りもしっかりしており、ほぼすべてのトレーニングメニューをすることが出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ボディメーカー

マルチラック2 ブラック×イエロー

価格: 29,990円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分好みに高さ調節が可能

バーベルスクワット、ベンチプレスを自宅で実現できるパワーラックです。バーベルホルダー、セーフティーバー共に脱着式なので、自分好みに高さ調整が可能です。

 

左右の幅もトレーニングにあわせてレバーを持ち上げることで、簡単に幅調整できます。「ホームジムとしてはちょうどいい」「組み立ても簡単」と口コミでも好評です。

種類 ハーフタイプ 最大耐久重量 150kg
サイズ 幅111~181×奥行58×高さ171cm セットタイプ

口コミを紹介

軽く家でトレーニングできるように買いました。省スペースですし、本体重量もそれほど重くないので移動も可能ですし、幅も調整できるのであくまで家庭用としては良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

IROTEC(アイロテック)

マルチステーションラック

価格: 54,450円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジムマシン同様の多機能搭載!

さまざまな組み合わせ可能のパワーラックです。フラットベンチやマルチポジションベンチと組み合わせてベンチプレス、スクワット、ラットプル、ローイングなど多彩なトレーニングが可能です。

 

バタフライとプッシュプレスはワンタッチ切り替え式、ローイング用フットステップは取り外し式で、自宅でジムレベルのフリーウエイトトレーニングを可能にしてくれます。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量
サイズ 幅120×奥行125×高さ208cm セットタイプ

口コミを紹介

評判の良いラットプル・ローイングはもちろん、バタフライもチェストプレスもしっかり効かせられてます。ジムにあるような本格的なモノは使った事がなく、フリーウェイトのみだった自分には充分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

BODY DESIGN(ボディデザイン)

ハイパーマルチプレスベンチ

価格: 34,800円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いトレーニングができる 省スペース設計モデル

ラット運動で肩わまりや背筋を鍛えたいという方にはおすすめのモデルです。比較的小さめのモデルなので、設置場所が広く確保できないという方でも置きやすいのではないでしょうか。

 

ラットプルダウンやプレスダウンなど上半身のトレーニングから、アブクランチ・レッグカールなど下半身まで広く鍛えることができます。シャフトやプレートは付属していないので、バーベルをすでに持っている方にはおすすめのモデルです。

種類 ハーフタイプ 最大耐久重量 ラック部分:150kg、シート部分:200kg 、バタフライ部分:50kg、レッグ部分:50kg、ラット部分:40kg
サイズ 幅135×奥行120×高さ215cm セットタイプ

口コミを紹介

ジムのマシンとは言えませんが、家でやる分には、手頃かなぁと思いました。やり方次第で楽しめますよ。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

4位

IROTEC (アイロテック)

マルチパワーラック

価格: 61,050円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能パワーラックの決定版

セーフティーバーがウエイトトレーニングをしっかりサポートしてくれるパワーラックです。バーベルフック、セーフティーフックがワンタッチで高さ調整でき、フラットベンチやマルチポジションベンチと組み合わせるとジム同様のトレーニングが可能です。

 

ラットプル、ローイングフットステップ、チンニングバーと着脱式ディップスバーを装備しています。強度と安定感を高める分厚いサポートがうれしいポイントです。「ジム並みのラック」「値段的にも最高のもの」と口コミでも好評です。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量
サイズ 幅116×奥行145×高さ219cm セットタイプ

口コミを紹介

私は44年間ボディビルをしていて数々のフィットネスクラブやジムでワークアウトしてきましたが、このアイロテックのパワーラックはジムの物とは差ほどの遜色はないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

IROTEC(アイロテック)

マルチビルダーステーション R140

価格: 127,600円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

納得のコストパフォーマンス!

ジムマシン機能を搭載したハイスペックのパワーラックです。何台も単体で揃えることを考えると、1台で多様なトレーニングが行われる機能を搭載した納得のコストパフォーマンスです。設置スペースさえあれば、かなりおすすめです。

 

ダンベルシャフトやプレートなども付いているので、一から揃えたい方におすすめです。バタフライとプッシュプレスもワンタッチ切り替え式、ベンチポジションは7段階調整可能など、うれしい機能が満載です。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量
サイズ 幅116×奥行145×高さ219cm セットタイプ

口コミを紹介

この商品の強みはチェストプレスとバタフライ!構造上ストレッチで負荷がかかりませんが収縮のみの刺激と割り切ればバチバチに入るので使えます。ジムのマシンにはない刺激だったので思わぬ良さでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BODY DESIGN(ボディデザイン)

ホームビルダーパック

価格: 55,800円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防音性に優れたラバーバーベル付属モデル

こちらは1台+付属品でさまざまなトレーニングメニューが行えるハーフタイプのパワーラックです。付属のラバーバーベルは静音性にも優れているので、夜間トレーニングを行う方にも嬉しいですね。

 

バックシートは4段階の角度調整ができるので、インクラインベンチプレスも可能。6種類のプレートがついているので体力に合わせて負荷を変えることもできます。届いたその日からトレーニングを始めたいという方にはおすすめのモデルです。

種類 ハーフタイプ 最大耐久重量
サイズ 幅135×奥行120×高さ101〜135cm セットタイプ

口コミを紹介

とても役に立っています。ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

IROTEC (アイロテック)

パワーラック 455

価格: 50,930円(税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一番人気のパワーラック!

一番人気のパワーラックです。高重量トレーニングを安全に行うことができます。60mm×60mmの太いフレームはタフなトレーニング環境でもしっかりとサポートしてくれます。

 

チンニングバーはもちろん、脱着式ディップスバーも標準装備です。マルチポジションベンチなども組み合わせると本格的ジムレベルのトレーニングを楽しむことができるのもうれしいポイントです。

種類 ボックスタイプ 最大耐久重量 250kg
サイズ 幅116×奥行118×高さ210cm セットタイプ

口コミを紹介

愛用してます!ほぼ正方形4.5畳の狭い部屋で使ってますが、大きさは問題なしでした!デッドリフト、ベンチプレス、けんすいをしますが、やりやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

パワーラックのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 最大耐久重量 サイズ セットタイプ
1
アイテムID:7864418の画像
パワーラック 455 50,930円

詳細を見る

一番人気のパワーラック!

ボックスタイプ 250kg 幅116×奥行118×高さ210cm
2
アイテムID:7864415の画像
ホームビルダーパック 55,800円

詳細を見る

防音性に優れたラバーバーベル付属モデル

ハーフタイプ 幅135×奥行120×高さ101〜135cm
3
アイテムID:7864412の画像
マルチビルダーステーション R140 127,600円

詳細を見る

納得のコストパフォーマンス!

ボックスタイプ 幅116×奥行145×高さ219cm
4
アイテムID:7864409の画像
マルチパワーラック 61,050円

詳細を見る

高機能パワーラックの決定版

ボックスタイプ 幅116×奥行145×高さ219cm
5
アイテムID:7864406の画像
ハイパーマルチプレスベンチ 34,800円

詳細を見る

幅広いトレーニングができる 省スペース設計モデル

ハーフタイプ ラック部分:150kg、シート部分:200kg 、バタフライ部分:50kg、レッグ部分:50kg、ラット部分:40kg 幅135×奥行120×高さ215cm
6
アイテムID:7864403の画像
マルチステーションラック 54,450円

詳細を見る

ジムマシン同様の多機能搭載!

ボックスタイプ 幅120×奥行125×高さ208cm
7
アイテムID:7864400の画像
マルチラック2 ブラック×イエロー 29,990円

詳細を見る

自分好みに高さ調節が可能

ハーフタイプ 150kg 幅111~181×奥行58×高さ171cm
8
アイテムID:7864397の画像
パワーラックHPMラットオプションセット 134,200円

詳細を見る

75mm角、厚さ3mmの極太フレーム

ボックスタイプ 幅116×奥行184×高さ209cm
9
アイテムID:7864394の画像
バーベルスタンド ベンチプレスラック 15,480円

詳細を見る

セーフティーバーにシリコンラバー搭載

ハーフタイプ 250kg 幅72~117×奥行84×高さ91~141cm
10
アイテムID:7864391の画像
パワーラックHPM 89,100円

詳細を見る

極太フレームを採用

ボックスタイプ 450kg 幅116×奥行134×高さ201cm
11
アイテムID:7864388の画像
パワーラックPRO(ワイド) 50,500円

詳細を見る

安全性抜群のシンプルデザイン

ボックスタイプ 200kg 幅300×奥行150×高さ220cm
12
アイテムID:7864385の画像
パワーラックPROフルモデル 61,000円

詳細を見る

確実な安全性を確保

ボックスタイプ 220kg 幅101×奥行123×高さ210cm ○(バーベル・プレート類は別売)
13
アイテムID:7864382の画像
BULL パワーラック 498,000円

詳細を見る

高重量で安定感抜群

ボックスタイプ 幅173×奥行170×高さ226.5cm
14
アイテムID:7864379の画像
チャレンジャーセット 34,323円

詳細を見る

上半身をしっかり鍛えたい 初心者の方におすすめ

ハーフラック ハードベンチ:幅62×奥行126×高さ85〜105 cm/ コンパクト収納
15
アイテムID:7864376の画像
マルチスミスラック 105,000円

詳細を見る

40種類以上のトレーニングに対応の上級者向けモデル

ボックスタイプ 幅119×奥行162×高さ218cm ○(バーベル・プレート類は別売)

パワーラックの処分方法

引越したり壊れてしまったりすると必然的に処分せざるを得なくなりますよね。どのような処分方法があるのかいくつかご紹介します。

「リサイクルショップ」に引き取ってもらう

リサイクルショップなどに引き取ってもらうという方法があります。ですがパワーラックなどの大きくて重いものはそれ相応の値段がかかってしまう可能性もあるので安価で処分したい方などにはあまり向いていません

 

それでも近くにある場合などは便利ですので買取価格や引き取り価格を確認して、依頼するのもおすすめです。

「ネットオークション」に出品する

ネットオークションで出品するのもおすすめの方法です。ですが売れるか売れないかは運の要素もあるので即日処分ができないというデメリットもあります。ある程度品質が良く、壊れていないものならネットオークションに出してしまうのも一つの手です。

施設に「寄贈」する

近くにジムやトレーニングセンター、または学校などがある場合は思い切って寄贈してみるのはいかがでしょうか。学校などでは年に使えるお金の決まりがあるため、パワーラックなどの大きな買い物ができないところも多いです。

 

そういったところに無料で引き取ってもらえれば処分費用も浮きますし、思い入れのあるパワーラックが他の人に活用してもらえるので嬉しいですよね。問い合わせする、というのに少し勇気が必要ですがそれでも人の役に立つことですので1度試してみてください。

 

もうある場合や学校のルールで引き取ってもらえない場合などももちろんありますのでそうなった場合は無理やり押し付けようとせず、すぐに諦めてください。

パワーラックを使用する際の注意点

パワーラックを使う際には注意点があります。参考にして楽しく安全にトレーニングを行ってください。

集合住宅の方は「騒音」に配慮

パワーラックはラックにバーを戻したときやセーフティーバーの調整をした際にどうしても音が発生してしまいます。マンションやアパートなどの集合住宅に住まれている方は、騒音トラブルにならないよう配慮が必要です。

 

金属のラックやセーフティー部分にタオルやゴムなどをひくと、音が響きづらくなります。また、深夜早朝の使用は控えるというのもひとつですね。

ホームジムだからこそ「怪我」には注意

家で一人でトレーニングをしていると、もしもの時にサポートしてくれる人がいないため怪我の発生リスクも高くなります。まずはしっかりとストレッチを行い、いきなり負荷をかけて体を痛めることのないようにしましょう。

 

次にウエイトトレーニングを行う方は、セーフティーバーを使用するようにしましょう。追い込んでバーが落下してしまっても、セーフティーバーがあればダメージを抑えることができます。

 

また、あまり追い込みすぎないように注意も必要です。ジムのようにスタッフが補助・声かけをしてくれる環境ではないので、ついつい追い込んでしまう方もいると思います。家で一人でトレーニングを行う際は無理は禁物です。

「ジムマット」で床を守ろう

パワーラックは本体重量に合わせて、使用するバーベルや使用する人の重さもかかるため、床に傷がつかないようジムマットを敷くのもおすすめです。特に賃貸物件に住んでいる方は床材に傷がついてしまうと退去時に費用がかかってしまうことも考えられます。

 

マットを使用すると騒音対策にもなるので、クッション材やラバーマットの使用はおすすめです。

パワーラックは自作できる?

パワーラックは単管パイプを利用すれば自作することも可能です。DIYが好きな方は挑戦してみるのはいかがでしょうか。単管パイプは安価で手に入り好きな長さに切ってもらうことも可能です。

 

自作すると安価に抑えられるだけでなく、持っているトレーニング機器に合わせたサイズある程度のカスタマイズも可能になります。ただ手作りのものは耐久性や安全性が保証できないので、既製品のものを購入した方が安心でしょう。

パワーラックを使ったトレーニング方法

パワーラックを使用したトレーニングをいくつかご紹介します。パワーラックの機能や工夫次第ではまだまだ幅が広がりますよ!

「ベンチプレス」で上半身を鍛えよう

ベンチプレスは仰向けになった状態でウエイトを上げ下げするトレーニング方法です。胸や肩、腕の筋肉を集中的に鍛えることができるので上半身のトレーニングをしたい方にはおすすめです。

 

パワーラックで行う際はセーフティーバーの高さもポイントです。バーの高さが低すぎると、ウエイトが落下した際首や胸を圧迫してしまいます。逆にセーフティーバーが高すぎるとトレーニング中にウエイトとバーが干渉し、バランスが悪くなってしまいます。

 

セーフティーバーはウエイトが落下した時に首や胸を圧迫しない高さで、バーベルの可動域を妨げないよう調整しましょう。

下半身が効率的に鍛えられる「スクワット」

スクワットは下半身を効率的に鍛えることができるトレーニングです。足は肩幅程度で視線を落とさずに、太ももが地面と平行になるよう意識するのがポイントになります。

 

腰の負担がかなり高いトレーニングになるので、トレーニングベルトを使用し正しいフォームを心がけることが大切です。以下の記事では、トレーニングベルトの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

「デッドリフト」なら背面が鍛えられる

デッドリフトはバーベルを使用して下背部・臀部・脚部を効率的に鍛えることのできるトレーニング方法です。足を肩幅と腰幅の中間程度に開き、床に置いたバーベルを持ち上げます。

 

このとき腰を前方に突き出すようなイメージで上体を起こすのがポイントです。パワーラックのセーフティーバーを使用すると動作範囲が減るため、その分使用重量を増やすことが可能になります。

筋トレの関連商品をご紹介!

パワーラックほど大きくなくてもいいが筋トレはしたいという方や、一箇所集中で筋トレしたい方などにおすすめの商品です。

ぽっこりお腹を撃退する「腹筋器具」

年齢を重ねるとぽっこりお腹に悩むという方も多いです。お腹が出ているだけでスタイルが悪く見えたりしますよね。また最近では女性もタイトな服を切ることが多いので気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな腹筋を効率的に刺激するアイテムが腹筋器具です。自分にあったスタイルの器具を選んで夢のシックスパックを目指してみてください。以下の記事では、腹筋器具の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

美しい後ろ姿を目指す方に「プッシュアップバー」

プッシュアップバーは腕立て伏せを効率的に行う器具です。腕立て伏せは二の腕だけでなく上半身の筋トレにもよく、衰えがちな背筋などにも効果があります。筋肉がつくと腰痛などの悩みが改善する場合もあるのでぜひ試してみてください。

 

以下の記事では、プッシュアップバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

「筋トレチューブ」なら省スペースで効率よく筋力UP

筋トレチューブは安全で手軽に筋トレができる商品です。バーベルやダンベルなどは怪我をしてしまう可能性があったり重さが固定されていますが、筋トレチューブはゴムが伸びれば伸びるほど負荷がかかるので無理なく効率的に筋トレができる商品です。

 

以下の記事では、筋トレチューブの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ダンベルを持っている方は「インクラインベンチ」がおすすめ

すでにダンベルを持っているという方はインクラインベンチもおすすめです。インクラインベンチがあるとダンベルと併用して上半身を効果的に鍛えることができます。また省スペースで設置することが可能なので、一人暮らしの方にもおすすめです。

 

以下の記事では、インクラインベンチの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

中古なら安い値段で業務用パワーラックが手に入る?

トレーニングを始めたばかりの方や、リーズナブルなものを探している方はオークションサイトで中古品を探してみるのもおすすめです。オークションサイトでは安価な値段で業務用の出品がされていることもあるので、覗いてみるのはいかがでしょうか。

 

ただどうしてもサイズが大きな製品なので、引き取り方法や組み立てについては確認する必要があります。また購入時の付属品や使用年数、傷や歪みなどもしっかりと出品者に確認するようにしましょう。

 

品番がわかれば本体のサイズや付属品、耐荷重などはホームページ等で確認できますね。新品だとちょっと値段が高いなと感じる方や、中古品に抵抗がない方にはオークションサイトはおすすめです。

まとめ

今回はおすすめのパワーラックをランキング形式でご紹介しました。いかがでしたか?自身の用途に見合った価格や設置場所を確認して、お気に入りのパワーラックを見つけてください。今回のランキングや選び方を参考にしていただければ幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

カラーボックスのおすすめ人気ランキング20選【安いものから軽いものまで!】

カラーボックスのおすすめ人気ランキング20選【安いものから軽いものまで!】

収納家具・収納用品
ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【肌にいいデパコス商品も】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【肌にいいデパコス商品も】

化粧水
【キャットケアスペシャリスト監修】キャットタワーの人気おすすめランキング15選【シンプル&おしゃれ】

【キャットケアスペシャリスト監修】キャットタワーの人気おすすめランキング15選【シンプル&おしゃれ】

猫用品
ボクシンググローブのおすすめ人気ランキング15選【人気メーカーや女性向けも紹介】

ボクシンググローブのおすすめ人気ランキング15選【人気メーカーや女性向けも紹介】

武術・格闘技用品
【2021年最新版】キッチンラックの人気おすすめランキング16選【おしゃれなものも!】

【2021年最新版】キッチンラックの人気おすすめランキング16選【おしゃれなものも!】

キッチン雑貨・消耗品
【2021年最新版】プッシュアップバーの人気おすすめランキング15選【筋トレに必須】

【2021年最新版】プッシュアップバーの人気おすすめランキング15選【筋トレに必須】

フィットネス・ダイエット