トレーニングベルトのおすすめ人気ランキング15選【女性向けのレディース商品も】

ウェイトトレーニングをするには、腰を保護して腹圧を充分にかけることができるトレーニングベルトが必要です。今回は良いトレーニングベルトの選び方を素材やブランドなどから解説し、人気のおすすめトレーニングベルトの15品をランキング形式でご紹介いたします。

ジムでのトレーニングや腰痛対策にも使えるトレーニングベルト

ジムでのトレーニングや腰痛対策に、とトレーニングベルトの購入を考えている方もいるかと思います。しかし、どんな素材のトレーニングベルトが良いのか、どれを選べばいいか分からないですよね。実はトレーニングベルトには様々な種類のものが販売されています。

 

そのうえ、見た目には変わらない革のトレーニングベルトなのに、一方は三千円で一方は数万円もする高級品ということもあります。支払いのときにビックリしないように、トレーニングベルトの素材の違いやブランドなどを詳しく解説いたします。

 

そこで今回はトレーニングベルトの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは素材・機能性・ブランドなどを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

トレーニングベルトの選び方

良質のトレーニングベルトを上手に選ぶ方法を、素材ブランドバックルなどの違いで解説をしてまいります。

素材で選ぶ

トレーニングベルトを選ぶ際に、素材は重要です。素材が変われば見た目も変わりますが、装着した感じは全くの別物です。素材の特徴などをご紹介いたします。

初心者には「布やナイロン」がおすすめ

布を単独で使うトレーニングベルトは見かけなくなり、ナイロン製の一部に布が使われる商品が多く販売されています。ナイロン素材のトレーニングベルトは、革に比べると柔らかいので肌に優しく食い込んだりすることも少ないので、初心者の方におすすめです。

 

ただし高品質の商品は、ナイロンでも固定がしっかりするように細部にまで工夫がされていて、競技にも使われるようになっています。ナイロン製品は加工が簡単なので、メッシュ加工をして通気性を良くした商品もあります

ベルトの効果を実感するなら「革」がおすすめ

革は厚みもあり固さもあるので、しっかりと固定できるのが人気の理由です。競技でもほとんどの人が革のトレーニングベルトを使用しており、上級者向けと言えます。ただし革とひとくちに言っても、牛の本革から合成皮革まで様々で価格もピンキリです。

 

中には皮を二重にして厚みを増やして更に固定の強度をアップした商品もあります。逆に使用してすぐに柔らかくなるような革も考えものです。固すぎても柔らかくても困るのが革製品です。特に高価な商品は良く見てから購入してください。

幅や長さで選ぶ

トレーニングベルトは、腰部に負担をかけることを避け、腰や背中にケガをしないようにすることが最大の目的です。そのためにも自分の実力にあった幅のベルトを選びましょう。

スクワットなどで腰をしっかり固定したいなら「幅が広いベルト」がおすすめ

幅が広いほど、腰骨を固定してくれるので、ケガをする可能性は減ります。また、上級者になれば、ハードなトレーニングになっていくため、よりお腹に力を入れる必要があります。幅の広くて硬めのベルトは腹圧がかけやすく上級者が好みます。

 

初心者の方は力のかけ方が分かっていないので、お腹に食い込んだりして痛みを感じるだけのこともあります。経験を積んで、自分の力量に合わせてベルトを変えていくと良いでしょう。

使いやすさを重視するなら「背面部分だけを幅広くしたベルト」がおすすめ

背中の部分は幅に厚みを持たせておかないとケガにつながります。ただしお腹の部分は、初心者のうちは上手く腹圧がかけられないので、背面部分のみ幅が広くなっているベルトの方が使いやすく感じるでしょう。

 

初めてトレーニングベルトを買う方におすすめです。初心者のうちは、使いやすいベルトでトレーニングを積みましょう。

安全にトレーニングしたい女性の方は「ウェストに合った長さのベルト」がおすすめ

ウエストがゆるければ、トレーニングベルトの意味をなしません。ケガにもつながるので充分に注意してください。特に女性の場合には、サイズがないからといってゆるいトレーニングベルトを使うのはやめてください

 

ご自身にピッタリのサイズのトレーニングベルトを使うようにしましょう。また、サイズの表記が同じでも長さはメーカーごとに異なりますので、サイズよりも長さを見るようにしてください。

ブランドで選ぶ

トレーニングベルトには人気のブランドがあります。普通のスポーツメーカーと違うため、あまり聞きなれない名前も多いでしょう。それぞれのブランドの特徴をご紹介いたします。

コスパを重視するなら「アディダス(adidas)」がおすすめ

日本でもお馴染みのスポーツブランドである「アディダス」は、トレーニングベルトでも人気のブランドです。品質も良く、本革を使っていても他社に比べてリーズナブルな価格設定となっています。初めてトレーニングベルトを選ぶ方や、初心者の方にもおすすめです。

ジムに通っている方は「ゴールドジム(GOLD’S GYM)」がおすすめ

ゴールドジムは、世界最大級のフィットネスクラブです。アマチュアからプロまで多くの利用者を抱えたジムが考案したトレーニングベルトなので、多くの種類が販売されています。自分の力量に合うものを選びましょう

ナイロン素材のトレーニングベルトなら「シーク(Schiek)」がおすすめ

上級者向けの商品は初心者には向かないことが多いのですが、シークのトレーニングベルトはプロからも絶賛されるとともに初級者にもおすすめできる商品です。革製品が主流の中で、シークはナイロン地の商品にも力を入れています。

 

革とナイロンの両方のトレーニングベルトを販売しているので、双方の良さや弱点も熟知しているブランドです。特に注目したいのは、革に比べると安価なナイロン製の高品質なトレーニングベルトです。機会があれば一度お試しになってください。

小さめサイズをお探しなら「ハービンジャー(Harbinger)」がおすすめ

ハービンジャーはドイツのトレーニング用品やアウトドアグッズなどを取り扱うブランドです。ハービンジャーはスケートボード用のグローブ(ケガ防止用)を作っていたブランドで、トレーニング用のグローブメーカーとしても有名です。

 

もちろん、トレーニングベルトのブランドとしても定評があり、高品質で安価なことが人気を呼んでいます。大きいものから小さめのものなどサイズも豊富で、女性からも人気の高いブランドです。

高品質なトレーニングベルトを求める上級者なら「SBD」がおすすめ

プロなどのように競技としてトレーニングをしている人たちの間で伝説のようになっているのが、「SBD」ブランドのトレーニングベルトです。革の厚みやバックルの大きさや精度などのどれをとっても群を抜いています。

 

あこがれのトレーニングベルトですが、他社の商品に比べると超高級品的な存在です。他のベルトが何本も買える価格でありながら、入手が困難なほどに品薄となっています。上級者におすすめのトレーニングベルトで、名前だけは知っておいても損はないでしょう。

バックルで選ぶ

ベルトを固定するバックル部分は、締め付けの具合を調整する重要な役割をするので見逃せないポイントです。バックルの部分を良く見て選ぶようにしましょう。

馴染みやすいバックルなら「1ピン」タイプがおすすめ

普通のベルトと同じように穴にピンを1本通してベルトの長さを固定するタイプです。最も古くから使われているバックルで、革製品に多く使用されています。2ピンタイプに比べると固定の具合はゆるめですが、2ピンよりも簡単に脱着することができます

しっかり固定したいなら「2ピン」タイプがおすすめ

2ピンタイプは、ガッチリと固定することを最大の目的としたバックルです。レバー式や1ピンのバックルと比較すると着脱に時間がかかります。固定の程度を重視するか、着脱の時間を重視するかを考えて選びましょう。

手軽に着脱するなら「レバーアクション」タイプがおすすめ

レバーアクションのバックルは、着脱が最も簡単で固定もしっかりしているので大人気のバックルタイプです。ただし価格が高く、粗雑なレバータイプのバックルは、引っかかってケガをしたり、固定が不安定な商品もあります。

 

レバーを触って、固定の具合も確認してから購入を決めましょう

細かい微調整がしたい方は「マジックテープ」タイプがおすすめ

布やナイロン素材に多いのが、マジックテープのバックルです。マジックテープというと強度に不安を感じられる人も多いと思いますが、トレーニングベルトに使われているものは十分な強度があるものです。簡単に外れることは絶対にありません。

 

またピンやレバータイプでは、穴の感覚などで微調整が難しいですが、マジックテープはシックリとしない時には何度も微調整しなおうすことが可能です。ただし、時間の経過でマジックテープがいたんでくることは否めませんので、定期的な確認が必要です。

トレーニングベルトの人気おすすめランキング15選

ありそうでないピンクが可愛い

ありそうで無かったのがピンクやホワイトの明るいカラーのトレーニングベルトです。黒やブラウンが圧倒的に多い中で、このカラーのベルトは注目を集めること間違いありません。筋トレブームもあり、女性人気の高いトレーニングベルトです。

 

素材はPUレザーで価格もリーズナブルですが、しっかりと身体を保護してくれます。バックルは2ピンタイプでしっかり固定してくれます。女性に限らず、男性にもおすすめです。特にトレーニング中もおしゃれにしたい方におすすめです。

ベルトの幅 6cm(※腰部分は11.5cm) ベルトの厚さ
材質 PUレザー バックル 2ピンタイプ
カラー 2カラー サイズ -

口コミを紹介

ピンク購入。ウエイトトレーニングは男性に混じって行っているので、女子らしい色がモチベーションが上がりました!今まで使っていた普通のベルトは知人へ譲ります!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

暑いときに涼しいメッシュ

アディダスのナイロン素材の涼しいメッシュのトレーニングベルトです。ナイロン地ですが幅広のベルトが、腹部と腰部をガッチリと固定します。快適さと剛性を兼ね備え、体の負担を軽減してくれます。

 

鉄製のバックル固定レバーがフィット感を増し、最高の状態をキープしてくれる着け心地のよいトレーニングベルトです。幅の広いベルトで接触面積を大きくしており、トレーニング中の安定感を維持してくれます。初心者の方にもおすすめです。

ベルトの幅 11cm~13.5cm ベルトの厚さ 8mm
材質 ナイロン・メッシュ バックル マジックテープ
カラー ブラックのみ サイズ XS・S・M・L・XL

口コミを紹介

内側にクッション性を帯びた設計になっており締め付けすぎても痛くならない、締めた後腹圧がかかってもキツくならないようになっています。更に、とても通気性がよく長時間身に付けていても内側が蒸れなくていいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Inzer Advance Designs

アドバンスデザイン フォーエバーレバーベルト

簡単に脱着できるキズのつきにくいトレーニングベルト

高重量を持ち上げる時にも安心して腹圧を充分にかけることができる上級者向けのトレーニングベルトです。バックルもレバーアクションタイプで、13ミリでは厚くてバックルがしまりきれませんが問題はありません。

 

外れることはなく、表面にスエード仕上げが施されており、トレーニング中にも滑りにくくなっています。手軽に着脱したい方にもおすすめです。

ベルトの幅 11.6cm ベルトの厚さ 13mm
材質 高級レザー(スエード仕上げ) バックル レバープッシュ式
カラー ブラックのみ サイズ S・M・L・2XL

口コミを紹介

期待通りのよい製品でした。しっかりと腹圧をかけることが出来るので、スクワットやデッドリフトのMAX挑戦にも不安なくトライできるようになりました。脱着も楽で、各セットの終わりにパチンとやるだけでおなかが開放される感じがとてもいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

本場のアメリカで高評価のパワーベルト

アメリカで人気のあるシークのトレーニングベルトは、厚みも十分でプロにも人気の商品です。これはバックルが2ピンタイプのものですが、レバーアクションタイプもあります。

 

レバーは作りが雑でチープという意見が多く、評価の高い2ピンタイプをご紹介しています。

ベルトの幅 10cm ベルトの厚さ 9mm
材質 スエード バックル 2ピンタイプ
カラー ブラックのみ サイズ 2XL

口コミを紹介

思った以上にクオリティが高く気に入ってます。ベルトの厚さも結構有り頼りになるベルトだと思います。ただ、このメーカーの商品が少なくて探すのに苦労しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ゴールドジム(GOLD`S GYM)

プロレザーベルト G3324

ダブルループで厚みを増して安定感を向上

最高級の牛革をふんだんに使って厚みを持たせた、ゴールドジムがつくった最高級のトレーニングベルトです。中級者から上級者向けにつくられたモデルで、耐久性についてもよく考えられた長く使えるトレーニングベルトです。

 

あえてベルト全体に2枚の同素材革を使用することで、ベルトの厚みが増し安定感を向上させています。バックルは2ピンタイプで、穴を大きめに開けているので、手軽に着脱できます。ヘビーウエイトトレーニングにもおすすめです。

ベルトの幅 ベルトの厚さ 10mm
材質 牛革 バックル 2本ピンタイプ
カラー ブラウンのみ サイズ S・M・L・XL

口コミを紹介

最高!!想像以上にいいです。腰の負担も楽になりました。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

サイズの幅も広いスタンダードなトレーニングベルト

素材にバッファローの革を使い2ピンのバックルで固定する、スタンダードタイプのトレーニングベルトです。価格も手頃でサイズはXSから用意されているので、女性の初心者の方にもおすすめです。

ベルトの幅 10cm ベルトの厚さ 9mm
材質 バッファロー革 バックル 2ピンタイプ
カラー ブラックのみ サイズ S・M・L

口コミを紹介

デッドリフト、スクワットでの体幹の安定が素晴らしい‼腹圧がめちゃくちゃかけやすいです!当然固くて、幅広なので、身体が倒れてくると痛くなることもありますが、慣れの問題かな?っと思います。この値段で、このクオリティなら、問題なし!

出典:https://www.amazon.co.jp

安価なレバーアクションは性能も良い

人工皮革で製作されたダブル縫製構造で、耐久性も抜群です。腰の負担を低減し、腹圧を高めることでトレーニング効率を高めることが出来ます。多少のズレがあるかもしれませんので、現品を確認してから購入しましょう。

ベルトの幅 10cm ベルトの厚さ 10mm
材質 人工皮革 バックル レバーアクション
カラー 5カラー サイズ XS・S・M・L・XL・XXL

口コミを紹介

何でもっと早くに手を出さなかったか後悔してるほど便利です。ベルトを常につけた状態にしておき、腹圧を掛けたいトレーニングの時だけレバーを閉めて使うだけ。普通のベルトではずっときつい状態でいなきゃいけないのが解決しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

色選びが楽しい初心者向けのトレーニングベルト

9種類のカラーバリエーションをそろえた、ナイロン製のトレーニングベルトです。装着はマジックテープで簡単にでき、持ち歩くのにも便利です。リーズナブルな価格も魅力的な初心者向けのトレーニングベルトです。

ベルトの幅 ベルトの厚さ
材質 ナイロン バックル マジックテープ
カラー 9カラー サイズ XS・S・M・L・XL

口コミを紹介

初心者はレザーベルトにする前に、まずはマジックテープで調整フリーなこのタイプはオススメします。これはマジックテープタイプなので調整幅が広く慣れるまで使い勝手がよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

入手困難な最高級のトレーニングベルト

この道に入った人に知らない人はいないといわれる「SBD」のトレーニングベルトです。分厚い革と頑丈なバックルは他の商品と簡単に区別できます。高品質で高価格の上級者向けのトレーニングベルトです。

ベルトの幅 10cm ベルトの厚さ 13mm
材質 本革 バックル レバーアクション
カラー ブラックのみ サイズ M

口コミを紹介

今まで使用したベルトの中では 抜群です。ただ 正しい姿勢で使用しないと 怪我をします。私は レッグプレスで使用して アバラを痛めました。締めすぎに注意です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

adidas(アディダス)

レザー リフティングベルト

天然皮革を採用し耐久性に優れるトレーニングベルト

高品質の天然皮革を使用しているにもかかわらず、リーズナブルな価格が人気のアディダスのトレーニングベルトです。革のフチをダブルステッチで補強してあり、長く使えるように工夫されています。デザインもシンプルで、初級者にもおすすめです。

ベルトの幅 - ベルトの厚さ 10mm
材質 天然皮革 バックル 1ピンタイプ
カラー ブラック サイズ XS・S・M・L・XL

口コミを紹介

とても厚みのある革でできており、最初は丸めることすら容易ではないレベルです。
ピンで止める事ができるのもポイントが高く、なかなか高付加なトレーニングにも適していると感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ゴールドジム(GOLD'S GYM)

EXレザーレザーベルト

世界最大級のジムが考え抜いて作ったトレーニングベルト

ゴールドジムは世界30か国に渡って300万人を超えるメンバーがいるとされる最大級のフィットネスクラブです。そこには初心者からトップアスリートまで多様のメンバーが所属しています。初級者から中級者向けに考えてつくられたトレーニングベルトです。

ベルトの幅 ベルトの厚さ 10mm
材質 高級レザー バックル 2ピンタイプ
カラー 3カラー サイズ XS・S・M・L・XL

口コミを紹介

プレゼントとして買いました。使用者が言うには、幅が、ダンベルを主に使う筋トレにピッタリで、使いやすいそうです。革の厚みもしっかりしていて、腹圧をきちんとかけることが出来ます。刻印が非常にかっこよく、気に入っているようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

リーズナブルで高品質

EasyJoyのリフティングベルトは販売数が示すように、価格がりリーズなブルでありながら品質も良いので大人気のトレーニングベルトです。特に凝ったデザインではありませんが、かえってシンプルなこのデザインが人気となっています。

 

価格が安いことから耐久性を求める声も少なく、壊れたら買い替えるくらいの気持ちの方におすすめです。

ベルトの幅 6cm(※腰部分は10cm) ベルトの厚さ
材質 牛革 バックル 2ピンタイプ
カラー 4カラー サイズ S・M・L

口コミを紹介

ゴールドジムのも手元にありますが大きな違いなし。しっかり作ってあるし、パットも厚みがあってよい。まあ革製品ですからこれが使い込むうちにブチリと切れるとかはないでしょう。お値段以上のものだと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

湾曲したベルトのラインが身体にベストフィット

シークのトレーニングベルトは、身体のラインに合わせて広がりを持たせたり湾曲させたりと工夫が凝らされています。そのお陰で他のベルトでは味わえないフィット感があり、革製のベルトよりも良いという評価も多くあります。

 

マジックテープでベルトの締め付けを簡単に調整でき、下背部分にあるパットが腰や仙骨のをしっかり安定させてくれるので、安心して腹圧をかけられます。トップボディービルダーにも好評のナンバーワンのトレーニングベルトです。

ベルトの幅 10cm(※腰部分は12cm) ベルトの厚さ
材質 ナイロン バックル マジックテープ
カラー 10カラー サイズ XS・S・M・L・XL

口コミを紹介

レザーベルトと比べると大変軽く、ジムへの持ち運び時にバックの中で場所も取らず助かります。初心者からかなり本格的にトレーニングされる方まで幅広く使える良い商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初級者から上級者まで男女兼用で誰でも使える

初級者から上級者まで、男女問わず使いやすいのがこの商品最大の魅力。素材はナイロンとネオプレーンの組み合わせで、しなやかなのに丈夫な仕上がり。長時間の使用でも違和感なくお使いいただけます。

 

サイズ調整もローラー式バックルを採用、マジックテープで固定するのでどんなウエストにも合わせられます。腰部分には防水素材を使用し、丸洗いも可能。いつでも清潔な状態を保てます。初めて購入する方におすすめの商品です。

ベルトの幅 15cm ベルトの厚さ -
材質 ステンレス鋼・ネオプレーン生地・ ナイロン バックル マジックテープ
カラー ブラック サイズ XS〜XXL

口コミを紹介

革ベルトを買おうと思ったのですが思ったより高く、代替品を求めて購入しました。正直悪くないです。マジックテープなので革よりしっかり固定されないのではという不安もありましたが、特に問題なく使えてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ハービンジャー(Harbinger)

トレーニングベルト・フォームコアベルト

安心・安全・安価の三拍子そろった逸品

背中部分に発砲フォームのパットを入れ、ベルトの幅も12.7cmの幅を持たせて、しっかりとサポートし、存分に腹圧をかけられるように緻密に計算された逸品です。肌に触れる部分には、優しいトリコット布地を採用する工夫もされています。

 

使う人のためへの配慮にくわえ、最高のパフォーマンスができる機能を施したトレー二ンぐベルトが、この価格で購入できます。計算しつくされて作られた身体にジャストフィットする肌にも優しいベルトです。

ベルトの幅 腰部12.7cm ベルトの厚さ
材質 ナイロンと内側にトリコット布地 バックル マジックテープ
カラー 2カラー サイズ L

口コミを紹介

星が7つまで付けれるなら付けたいぐらいです!今までベルトをするのは何かはばかるところがあったのですが、今までベルトをするのは何かはばかるところがあったのですが、そんな過去の自分をぶん殴ってやりたいぐらいパフォーマンスの質が変わります。

出典:https://www.amazon.co.jp

トレーニングベルトのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 ベルトの幅 ベルトの厚さ 材質 バックル カラー サイズ
1
アイテムID:8590750の画像
トレーニングベルト・フォームコアベルト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安心・安全・安価の三拍子そろった逸品

腰部12.7cm ナイロンと内側にトリコット布地 マジックテープ 2カラー L
2
アイテムID:8591046の画像
ウエイトトレーニングベルト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初級者から上級者まで男女兼用で誰でも使える

15cm - ステンレス鋼・ネオプレーン生地・ ナイロン マジックテープ ブラック XS〜XXL
3
アイテムID:8590753の画像
リフティングベルト 4004

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

湾曲したベルトのラインが身体にベストフィット

10cm(※腰部分は12cm) ナイロン マジックテープ 10カラー XS・S・M・L・XL
4
アイテムID:8590747の画像
リフティングベルト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リーズナブルで高品質

6cm(※腰部分は10cm) 牛革 2ピンタイプ 4カラー S・M・L
5
アイテムID:8590744の画像
EXレザーレザーベルト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

世界最大級のジムが考え抜いて作ったトレーニングベルト

10mm 高級レザー 2ピンタイプ 3カラー XS・S・M・L・XL
6
アイテムID:8590741の画像
レザー リフティングベルト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

天然皮革を採用し耐久性に優れるトレーニングベルト

- 10mm 天然皮革 1ピンタイプ ブラック XS・S・M・L・XL
7
アイテムID:8590738の画像
SBDベルト

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

入手困難な最高級のトレーニングベルト

10cm 13mm 本革 レバーアクション ブラックのみ M
8
アイテムID:8590735の画像
トレーニングべルト・リフティングベルト

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

色選びが楽しい初心者向けのトレーニングベルト

ナイロン マジックテープ 9カラー XS・S・M・L・XL
9
アイテムID:8590732の画像
パワーベルト

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安価なレバーアクションは性能も良い

10cm 10mm 人工皮革 レバーアクション 5カラー XS・S・M・L・XL・XXL
10
アイテムID:8590729の画像
トレーニングベルト pk3500

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

サイズの幅も広いスタンダードなトレーニングベルト

10cm 9mm バッファロー革 2ピンタイプ ブラックのみ S・M・L
11
アイテムID:8590726の画像
プロレザーベルト G3324

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ダブルループで厚みを増して安定感を向上

10mm 牛革 2本ピンタイプ ブラウンのみ S・M・L・XL
12
アイテムID:8590723の画像
競技用パワーベルト 6010

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

本場のアメリカで高評価のパワーベルト

10cm 9mm スエード 2ピンタイプ ブラックのみ 2XL
13
アイテムID:8590720の画像
アドバンスデザイン フォーエバーレバーベルト

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

簡単に脱着できるキズのつきにくいトレーニングベルト

11.6cm 13mm 高級レザー(スエード仕上げ) レバープッシュ式 ブラックのみ S・M・L・2XL
14
アイテムID:8590717の画像
パフォーマンスリフティングベルト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

暑いときに涼しいメッシュ

11cm~13.5cm 8mm ナイロン・メッシュ マジックテープ ブラックのみ XS・S・M・L・XL
15
アイテムID:8590713の画像
トレーニングベルト レザー

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ありそうでないピンクが可愛い

6cm(※腰部分は11.5cm) PUレザー 2ピンタイプ 2カラー -

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

トレーニングベルトは必要ない?巻く意味やデメリットはなに?

ジムでのトレーニングに使われるトレーニングベルトですが、中には必要ないなどの声も耳にします。実際はどうなのでしょうか。結論から言うとトレーニングをするにおいてトレーニングベルトは必要です。体勢が崩れるのを防いだり、正しい姿勢へと導いたりしてくれます。

 

ですが、そんなメリットがある反面デメリットも存在します。ベルトを使うことで体感が十分に鍛えられなかったり、ベルトなしでは正しい姿勢を保てなかったり。また、腰に負荷がかかるトレーニング以外はベルトの着用おすすめしていません。

 

ベルトを着用する意味や、目的を知ってから自分に合ったトレーニングベルトを使用しましょう。

トレーニングベルトの使い方

トレーニングベルトを巻く時は、骨盤と肋骨の間の位置を目安に巻きつけるのが一般的です。ここでポイントなのが、巻きつけるときにお腹を凹ませて装着することです。そのあとにもう一段階締め付けることも重要です。

 

このように少しきつめに締めることで、腹圧をキープすることができます。少し息苦しさを感じる程度が良いとされています。安全にトレーニングするために重要なことなので、使用方法はしっかり確認しておきましょう。

筋トレでトレーニングベルトを使う種目を知っておこう

筋トレの種目は50種類以上あり、その中のウェイトトレーニングもアレンジを加えたものも含めると多数にのぼります。ただし、トレーニングベルトを使う種目は多くはないので覚えておくと良いでしょう。初心者で覚えておきたいのは3つの種目です。

 

「ベンチプレス」「バーベルスクワット」「デッドリフト」の3つで、これを「筋トレBIG3」と呼んでいます。腰を伸ばしてトレーニングしないとケガをします。でっ尻のような恰好で運動しないと腰を簡単にやられてしまいます。必ずベルトを着用しましょう。

筋トレマニア必見!おすすめのトレーニンググッズや食品を紹介

筋トレグッズにはトレーニングベルト以外にも様々なものがあります。また、筋力アップに効果的な食品も販売されているので、一部ご紹介します。ベンチプレスなどのプッシュ系トレーニングにおすすめなのがリストラップです。

 

リストラップは手首を固定する役割があり、負担を軽減してくれるアイテムです。トレーニングを始めたばかりの方にもおすすめです。筋力アップ食品でおすすめなのが、プロテインです。普段の食事では、意識しないとタンパク質がなかなか摂れません。

 

ゴールデンタイムと呼ばれる運動後の30分にプロテインを飲むのがおすすめです。女性向けプロテインも販売されているので、効率的に筋肉を付けたい方におすすめです。ジムなどの外出先で手軽に栄養補給できるプロテインバーなどもあるのでそちらも要チェックです。

まとめ

ここまで、おすすめのトレーニングベルトをご紹介してまいりました。良いトレーニングベルトを正しく使用すれば、腰などをいためることはありません。自分にピッタリと合ったトレーニングベルトを選び、安全なトレーニングを継続してください!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

メンズベルトの人気おすすめランキング15選【ブランド別の特徴も紹介】

メンズベルトの人気おすすめランキング15選【ブランド別の特徴も紹介】

メンズファッション雑貨・小物
ブランドベルトの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディースをご紹介!】

ブランドベルトの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディースをご紹介!】

メンズファッション雑貨・小物
100人に調査|大学生向けリュックの人気おすすめランキング20選

100人に調査|大学生向けリュックの人気おすすめランキング20選

バッグ
二重テープのおすすめ人気ランキング15選【片面タイプも!】

二重テープのおすすめ人気ランキング15選【片面タイプも!】

メイク雑貨・小物
【2022年版】ロングブーツのおすすめ人気ランキング10選【疲れないブランドも】

【2022年版】ロングブーツのおすすめ人気ランキング10選【疲れないブランドも】

レディース靴
システム手帳のおすすめ人気ランキング19選【ミニ6穴・バイブルサイズ・A5も】

システム手帳のおすすめ人気ランキング19選【ミニ6穴・バイブルサイズ・A5も】

文房具・文具