【2021年最新版】インクラインベンチの人気おすすめランキング15選【トレーニングに】

記事ID9444のサムネイル画像

インクラインベンチがあると、ダンベル練習のメニューが増えてモチベーションも上がります。近年はリーズナブルで高機能なインクラインベンチも増えました。そこで、この記事では最新式インクラインベンチの選び方と、おすすめ商品ランキングを紹介します。また、インクラインベンチの使い方も解説します!

インクラインベンチは便利ですね。これがあると自宅で本格的なトレーニングが可能になります。設置するのにもあまりスペースを取らないうえに、ダンベルさえあれば「腕」や「背中」を鍛えられるのでアスリートも利用しています。

 

インクラインベンチを導入すると、フラットベンチ(座面が床と平行なベンチ)では効果が出ない筋肉の部位を鍛えられるようになります。バーベルを用意しなくていいのもいいところです。

 

この記事ではインクラインベンチの選び方とおすすめ商品ランキングを紹介します。ランキングは「丈夫さ」・「コンパクトさ」に重点を置きました。これから買い替えを検討している人、イスやソファでベンチの代用をしている人は是非参考にしてください。

インクラインベンチの選び方

インクラインベンチはスペックも機能も商品によっていろいろです。実際に購入するうえで気を付けたいことを解説しますので、参考にしてください。

スペックで選ぶ

インクラインベンチを選ぶ際は、商品のスペックをチェックしましょう。体に負担を掛けず快適にトレーニングするためには、これから解説する項目は非常に重要です。

筋トレを極めるなら「角度調整」のできる可動域の範囲を確認しよう

インクラインベンチのシートには、角度調節(リクライニング)機能が付いています。調節可能な範囲は商品によって異なるのでよく確認しましょう。中には、90°の直角まで調整できるものもありますが、一般的なダンベルトレーニングなら70~80°で十分です。

 

より負荷の高いトレーニングをしたい人は、デクライン機能付きの商品を選びましょう。デクラインとはマイナス角度のことで、こちらに調節すると、頭が足よりも下の位置になる姿勢を取れます。

丈夫さを重視するなら「耐荷重」を確認しよう

インクラインベンチの耐荷重は見た目ではなく、パッケージ等の表示で確認しましょう。一般的なトレーニングでも耐荷重は最低200kg必要なので、近年は250~300kg程度の商品が最も多く出回っています。

 

インクラインベンチの耐荷重は300kgもあれば殆どの人が問題なくダンベルトレーニングが可能と考えてください。ちなみに、一般向けに売られているベンチの耐荷重は500kgですので、高度なトレーニングをする人は300~500kgの範囲で探してみましょう。

ぴったりサイズを選ぶなら身長に合う「座面の高さ」がおすすめ

インクラインベンチの座面の高さは、商品によって異なります。ですので、購入する前に実際に座ってみて自分の身長に合うことを確認する方が安心です。背が低い人は、座面が高すぎる商品を選ぶと床に足が付きませんので気を付けてください。

頭を護るなら「背面の長さ」に注目しよう

背が高い人は背面シートが高いベンチを選んでください。リクライニングをしたとき、背面シートの長さが足りないと、頭がシートからはみ出して怪我をする可能性があります。こちらも説明書の数字だけで判断するのではなく、実際に座って確認するようにしましょう。

レッグカール・腹筋などトレーニング内容に合わせた「シート幅」を確認しよう

インクラインベンチのシート幅は狭いものだと20cm程ですが、広いものだと35cm程あります。しかし、シートの幅は広ければいいというものではありません。多様なメニューを実施できるよう、自分にとって適切な幅のものを選びましょう。

 

また、シートは幅だけでなく形状も大切です。例えば、下部が狭く上部が幅広になっている商品は安定感があります。

収納や設置を考えて選ぶ

自宅にインクラインベンチを設置する場合は、収納のしやすさを重視しましょう。1人で設置するなら、組み立てのしやすさも大切です。

隙間に収納するなら「折り畳み」タイプがおすすめ

自宅用のインクラインベンチは、折り畳めるものがおすすめです。近年はたくさん販売されていますので、お店で探してみましょう。折り畳んだ時の高さは20~40cm程度が一般的で、これなら、狭い家具の隙間でもすっきり収まります。

 

しかし、耐久性を重視して選ぶ場合は折り畳める商品がない場合が多いのが事実です。その場合は、キャスター付きの商品を選びましょう。

手間を省くなら「組み立て」が簡単なタイプがおすすめ

殆どのインクラインベンチは、組み立てに15分から1時間程度かかります。ペンチ・モンキーレンチ・ラチェットなどの必要な工具が同梱されていることもありますが、作業をスムーズにするためには、本格的な工具を別途用意することをおすすめします

 

商品が届いたらすぐに使いたいと言う人は、折り畳みタイプで探しましょう。こちらには組み立て済の商品が多数存在します。

オプションで選ぶ

インクラインベンチはダンベルを使って腕筋・腹筋・大胸筋をトレーニングするのに使う器機ですが、オプションを付けると足や腹筋を鍛えることもできます。おすすめのオプションはこれから解説するようなものです。

腹筋を効果的に鍛えるなら「デクライン機能」がおすすめ

より負荷の高い腹筋トレーニングをしたい人は、デクライン機能付きの商品を選びましょう。これなら、床で行う腹筋より低い位置から頭を持ち上げるられるので、より効率的に腹筋を育てられます。

 

また、腹筋をする場合はなるべく頑丈なベンチを選んでください。丈夫さに加えて「軋(きし)み音」がない商品はもっとおすすめです。

アームカールもするなら「肘当て」つきがおすすめ

アームカール(上腕二頭筋を鍛えるトレーニング)をする人には、肘当て付きがおすすめです。これがあると、肘の負担が減るいうえにトレーニングの効果も高くなります。

 

商品によっては、肘当ての高さを調節できるものもあるので、家族など複数の人でベンチを共有する場合は積極的に検討しましょう。

足を鍛えるなら「レッグエクステンション」がおすすめ

レッグエクステンションがある商品なら、足の筋肉も鍛えられます。レッグエクステンションは大抵の場合、脱着が可能なので自分に合った重さのものを付けましょう。しかし、このタイプのベンチは40000円程度と高額な商品が多いのが事実です。

安全にこだわるなら「適正価格」を確認しよう

インクラインベンチの価格帯は5000~50000円まで非常に幅広いのが特徴です。高い商品は有名スポーツメーカー品・業務用・レッグエクステンションやアジャスター付きによく見られます。

 

売れ筋のインクラインベンチは10000円前後のものが多いのですが、安すぎる商品は初期の不具合で返品されることがよくあるのが事実ですので気を付けましょう。インクラインベンチは2万円前後が最もコスパがよく、口コミ評価も上々です。

メーカーで選ぶ

どのインクラインベンチにするか迷ったら有名メーカー品から選びましょう。これなら、価格も適正で高品質です。

コンパクトで最も家庭向けの「リーディングエッジ」

リーディングエッジ はスポーツ用品からアウトドア用品まで、家庭で使いやすい商品を多数製造販売しています。インクラインベンチもコンパクトで2~4way仕様の商品が多く、15000円程度で十分なスペックのものが手に入ります。

プロ仕様なら「ボディメーカー(BODYMAKER)」

ボディメーカー(BODYMAKER)は有名アスリートにも愛用者が多いメーカーです。自宅に本格的なトレーニングルームを作りたい人は、ぜひともこちらの商品を選びましょう。しかし、こちらのインクラインベンチは高性能である分、高額に設定されています。

シンプルなものが欲しい人には「flybird」

flybirdのインクラインベンチは、見た目も構造も非常にシンプルです。3つのパーツをネジで締めるだけなので、組み立てに時間がかかりません。軋み音気になるという人がいますが、これは、ネジをしっかり締めれば解決します。

「Reebok(リーボック) 」は業務用を製造している

スポーツウェアやシューズで有名なReebok(リーボック)も、インクラインベンチを製造しています。業務用として製造されていますが、コンパクトでデザインもいいので家庭用におおすすめです。また、リーボックのベンチはインクライン・デクラインのどちらにも対応します。

全身を鍛えたい人には「WILD FIT (ワイルドフィット)」

WILD FIT (ワイルドフィット)のインクラインベンチはシンプルなものから多機能なものまであります。全身をトレーニングしたい人は、こちらの多機能タイプを選びましょう。ダンベルやバーベルとして使える別売りのプレートも優秀です。

日本製が欲しい人には「WASAI(ワサイ) 」

WASAI(ワサイ) は日本にあるトレーニング器機のメーカーです。こちらのベンチは7000~12000円の範囲で価格設定されています。ベンチへの出費をなるべく抑えたい人はぜひともWASAI(ワサイ) を選びましょう。

インクラインベンチの人気おすすめランキング15選

15位

MRG(エムアールジー)

インクラインベンチ

価格: 10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラゴンフラッグバー付き

上級者向けのの腹筋・広背筋トレーニングをするならラゴンフラッグバー」の脱着が可能なこの商品がおすすめです。また、このモデルからデクラインが加わり、フラット+クライン+デクラインの3WAY仕様になりました。

 

折り畳むと47cmと非常にコンパクトになりますので、一般家庭にも置きやすいのがいいところです。

材質 スチール・PVC・ゴム サイズ 51×121×47~116cm
角度調整 21段階 耐荷重 200kg
重量 22kg

口コミを紹介

期待以上かな?他の人が言ってるぐらつきはなかったです。家で使うには十分ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Pasyou

折り畳みダンベルベンチ

価格: 8,559円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな3in1

3way仕様で全身のトレーニングができる、初心者からアスリートまで幅広くおすすめの商品です。スポンジパッドでしっかりしたクッションは「感触がいい」と好評を博しています。また、このベンチは角度調節が簡単なのもいいところです。

材質 スチール/PP/PU/EVA サイズ 140×40×51cm
角度調整 7段階 耐荷重 300kg
重量 10.5kg

口コミを紹介

サイズ感重さは思ってたより大きい感じで重さもイメージより重たかった。けど、その代わり安定性は想像以上より良く、使用した感じでは耐久性も有りそうで、クッション部分のシートの触感も良く、良い商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ファイティングロード Co., Ltd.

フラットインクラインベンチ

価格: 19,500円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈なパイプフレーム

極太パイプフレームで耐久性を高めたインクラインベンチです。幅が広いめなので、体格の大きい人でも快適にトレーニングできます。大シートは6段階、小シートは4段階の角度調整が可能で、多様なメニューに対応するのもいいところです。

材質 記載なし サイズ 57×122×46~105cm
角度調整 大フレーム:6段階、小フレーム:4段階 耐荷重 200kg
重量 21kg

口コミを紹介

しっかりしたつくりになっていて、安定感が抜群。イスのクッション性も丁度よく、トレーニングベンチとしては最適です。重さがあるため、汎用性としては適しませんが固定して使う場合は申し分ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

KAPEO

トレーニングベンチ 腹筋フォールディング

価格: 7,599円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー1年保証付き

アスリート並みに高度なダンベルトレーニングをしたい人には、このインクラインベンチがおすすめです。こちらは、耐荷重が400kgもあるので、重いダンベルを使ってもぐらつきません。

 

また、この商品の座面は高品質レザーで、下部には足を固定するための「滑り止めフォーム」が付いています。基本的な機能も充実している優秀商品です。

材質 スチール、人工皮革、フォームスポンジ サイズ 131×33×43cm
角度調整 24段階 耐荷重 400kg
重量 13.5kg

口コミを紹介

しっかりしたつくりになっていて、安定感が抜群。イスのクッション性も丁度よく、トレーニングベンチとしては最適です。重さがあるため、汎用性としては適しませんが固定して使う場合は申し分ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

PURE RISE(ピュアライズ)

フラットインクラインベンチ

価格: 12,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フラットなベンチタイプ

こちらは、フラットベンチとしても使える便利なインクラインベンチです。簡単に角度調整できるので、ダンベル運動の幅が広がります。シート幅は23cmで、一般的な体格の人に最適な広さです。また、シートの素材はビニールですので、汚れても簡単に拭き取れます。

材質 - サイズ 118×50×45cm
角度調整 背面11段階、座面3段階 耐荷重 150kg
重量 14.5kg

口コミを紹介

しっかりして安定しています
パワーラックでラックオプションをつけると脚が干渉して理想の位置に設置出来ませんが、セーフティーバーにバーべルを乗せて大胸筋上部まで転がせば、インクラインベンチブレスができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

アルインコ(Alinco)

トレーニングベンチ EX150A

価格: 9,900円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッドレスト付き

フィットネス用品の老舗ブランド「アルインコ」のベンチです。傾斜角度は7段階で調節できます。シットアップベンチとして腹筋のトレーニングができるのもいいところです。

 

この商品は耐荷重が120kgと少なめですが、家庭向けを意識してコンパクトで持ち運びやすい設計なっています。

材質 スチール、PP、PU、EVA、NBR サイズ 43×145×50cm
角度調整 7段階 耐荷重 120kg
重量 12.5kg

口コミを紹介

ダンベルだけ買っても話にならない。
安定してるし溶接部も仕上げも荒さはなく、なかなかよくできてます。体を引き締めたい程度ですので腹筋運動も特に不満はありません。
ヘッドレストがマジックテープ固定ならさらに良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

YouTen

マルチポジションベンチ (BW-DC04)

価格: 9,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人の体型に合わせた構造のベンチ

7cmの極太パイプを採用することで耐荷重300kgを実現したベンチです。3way仕様なので、いろいろなトレーニングに取り組みたい人はぜひともこちらを選びましょう。また、この商品は折り畳みできるうえに、脚にキャスターが付いています

材質 スチール サイズ 113×47×114cm
角度調整 座面4段階、背面8段階 耐荷重 300kg
重量 16.1kg

口コミを紹介

組み立ても簡単、作りもしっかりしており大変満足してます。
折りたためるのでスペースの問題もクリアです。これからガンガン使い込んでいきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

WASAI

インクラインベンチ mk600

価格: 6,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベンチタイプで使いやすい

ワサイ(WASAI)インクラインベンチはトレーニングも収納もしやすいのがいいところです。この商品ならワンルームの部屋にも置けます。フラットベンチとしても使えるので、ぜひとも導入して全身の筋肉を鍛えましょう。

材質 記載なし サイズ 約115×33×45cm~95cm、折り畳み後:約59×33×35cm
角度調整 4種類 耐荷重 180kg
重量 10kg

口コミを紹介

当方肩幅は広めと自負していますが特に違和感なく使えています。
ドラゴンフラッグをやったときに少しミシッといったのであまりやらない方がいいかもしれませんね。
価格あたりのパフォーマンスはとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

WINNOW

トレーニングベンチ 腹筋フォールディング

価格: 7,998円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ仕様の工学技術と良質な素材のベンチ

こちらも、コンパクトで省スペースの商品です。「フォールディング」を使うと腹筋運動もできます。座面はプロ仕様の3角支持構造で座り心地がよく、全体的に安定感があることでも評判です。この商品は、屋外に設置することもできますので好きなところでトレーニングをしましょう。

材質 スチール サイズ 111×101×34.5cm
角度調整 24段階 耐荷重 記載なし
重量 14.6kg ※発送時

口コミを紹介

これがあるとトレーニングを毎日続けられます。
いろいろなトレーニングができるので飽きません。
コンパクトに収納出来るのもいいと思います。
理想の腹筋ができるのを楽しみにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ウルトラスポーツ(Ultrasport)

トレーニングベンチ 折りたたみ可能

価格: 11,313円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの耐荷重500kg

耐荷重が500kgもあるインクラインベンチですが折り畳めるので収納には困りません。この商品は21段階で角度調節が可能で、多様なメニューに対応します。頑丈で安心してトレーニングができる、おすすめ商品です。

材質 記載なし サイズ 約145x43x115cm、折り畳み時:約85x43x20cm
角度調整 21段階 耐荷重 500kg
重量 15.3kg ※発送時

口コミを紹介

値段の割に、折りたためて、フラット、インクライン、デクラインとしっかりしていてとても良いです。
おかげで家トレのバリエーションが増えて大変満足してます。
早く買えば良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

リーボック(Reebok)

インクラインベンチ TKS91RB003

価格: 28,540円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユーティリティなトレーニングベンチ

「リーボック」のインクラインベンチです。背もたれは人間工学に基づいて設計され、頭部に近くなるほど狭くなっています。一般的なインクラインベンチよりも高額ですが、頑丈で軋み音もないので家庭用としても非常におすすめです。

材質 スチール サイズ 144x72x27cm
角度調整 3段階の角度調整、6段階のリクライニング機能調整 耐荷重 150cm
重量 18.7kg ※発送時

口コミを紹介

自宅でトレーニングするのには最適です。組み立ては思ったほど時間がかかりません。体を預けるので「どうかな?」と思いましたがちゃんとした造りなので体重が78㎏ですが大丈夫でした。これが有るのとないのではトレーニングの方法が変わるので必要ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

FLYBIRD

トレーニングベンチ

価格: 9,780円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小柄な人におすすめのインクラインベンチ

アメリカで大人気のインクラインベンチです。しかし、この商品はコンパクトデザインなので女性におすすめできます。耐荷重も十分にありますので、ハードなトレーニングも安心して取り組んでください。折りたたみ式で軽いので、後片付けも簡単です。

材質 - サイズ 107×32×90cm
角度調整 ワンタッチでリクライニング 耐荷重 227kg
重量 8.5kg

口コミを紹介

あらかじめ組み立てられているので、ビニールをはがすだけ。
とても簡単に設置できました。
心配していたぐらつきもなく、安心して使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

YouTen

インクラインベンチ 40段階調整

価格: 11,800円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8cmの極太パイプ

他ではあまり見かけないキャスターハンドル付きのインクラインベンチです。トレーニング場所を頻繁に変える人は、ぜひともこちらを選びましょう。角度調節は40段階と非常にハイスペックです。

 

また、この商品は土台の幅が旧タイプの2倍にすることで「ぐらつき」をなくしました。シンプルで高級感のあるデザインも評価されています。

材質 スチール・ウレタン・PVC サイズ 約48×12.8×46~109cm
角度調整 40段階 耐荷重 300kg
重量 21.5kg

口コミを紹介

組立ても簡単で、思っていた以上の質感に驚きました(^^)買って良かったのでオススメです( ^ω^ )

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Fitmate Sporting Equipment Co., Ltd

フラットインクラインベンチ 折り畳み

価格: 8,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腹筋トレーニング用フォールディング付き

太い鋼材スチールチューブで耐荷重400kgを実現したインクラインベンチです。組み立てが簡単なうえに扱いやすいことから、大柄な人・ハードなトレーニングをする人にはもちろん初心者にもおすすめできます。好きな角度に調節して、腹筋や足のトレーニングにも活用しましょう。

材質 スチールチューブ サイズ 139×42×43cm
角度調整 21段階 耐荷重 400kg
重量 13.7kg

口コミを紹介

本格的な筋トレーニングベンチです。
自宅が一瞬でジムっぽくなりました。
しっかり安定していてグラつくこともなく、とても丈夫で使いやすいです。
この値段でこのクオリティは素晴らしいです。愛用したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

eSPORTSオリジナル

インクラインベンチ LE-B80

価格: 10,180円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ナンバーワンの筋トレベンチ台

「リーディングエッジ」が製造する非常にシンプルなインクラインベンチです。角度調整は背面6段階・座面3段階で、あらゆるトレーニングメニューに対応します。この商品はしっかりしたつくりで、シートが浮き沈みせず、フラットにしても「ぐらつき」もありません

 

ジムにあるような本格的なベンチが欲しい人は、ぜひとこちらを選びましょう。

材質 フレーム部:スチール サイズ 54×125×42~123cm、シート厚5cm+補強フレーム3cm
角度調整 背面6段階、座面3段階 耐荷重 300kg
重量 18kg

口コミを紹介

本格的な筋トレーニングベンチです。
自宅が一瞬でジムっぽくなりました。
しっかり安定していてグラつくこともなく、とても丈夫で使いやすいです。
この値段でこのクオリティは素晴らしいです。愛用したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

インクラインベンチのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 材質 サイズ 角度調整 耐荷重 重量
1
アイテムID:8141545の画像
インクラインベンチ LE-B80 10,180円

詳細を見る

人気ナンバーワンの筋トレベンチ台

フレーム部:スチール 54×125×42~123cm、シート厚5cm+補強フレーム3cm 背面6段階、座面3段階 300kg 18kg
2
アイテムID:8141542の画像
フラットインクラインベンチ 折り畳み 8,980円

詳細を見る

腹筋トレーニング用フォールディング付き

スチールチューブ 139×42×43cm 21段階 400kg 13.7kg
3
アイテムID:8141539の画像
インクラインベンチ 40段階調整 11,800円

詳細を見る

8cmの極太パイプ

スチール・ウレタン・PVC 約48×12.8×46~109cm 40段階 300kg 21.5kg
4
アイテムID:8141536の画像
トレーニングベンチ 9,780円

詳細を見る

小柄な人におすすめのインクラインベンチ

- 107×32×90cm ワンタッチでリクライニング 227kg 8.5kg
5
アイテムID:8141533の画像
インクラインベンチ TKS91RB003 28,540円

詳細を見る

ユーティリティなトレーニングベンチ

スチール 144x72x27cm 3段階の角度調整、6段階のリクライニング機能調整 150cm 18.7kg ※発送時
6
アイテムID:8141530の画像
トレーニングベンチ 折りたたみ可能 11,313円

詳細を見る

驚きの耐荷重500kg

記載なし 約145x43x115cm、折り畳み時:約85x43x20cm 21段階 500kg 15.3kg ※発送時
7
アイテムID:8141527の画像
トレーニングベンチ 腹筋フォールディング 7,998円

詳細を見る

プロ仕様の工学技術と良質な素材のベンチ

スチール 111×101×34.5cm 24段階 記載なし 14.6kg ※発送時
8
アイテムID:8141524の画像
インクラインベンチ mk600 6,980円

詳細を見る

ベンチタイプで使いやすい

記載なし 約115×33×45cm~95cm、折り畳み後:約59×33×35cm 4種類 180kg 10kg
9
アイテムID:8141521の画像
マルチポジションベンチ (BW-DC04) 9,980円

詳細を見る

日本人の体型に合わせた構造のベンチ

スチール 113×47×114cm 座面4段階、背面8段階 300kg 16.1kg
10
アイテムID:8141518の画像
トレーニングベンチ EX150A 9,900円

詳細を見る

ヘッドレスト付き

スチール、PP、PU、EVA、NBR 43×145×50cm 7段階 120kg 12.5kg
11
アイテムID:8141515の画像
フラットインクラインベンチ 12,800円

詳細を見る

フラットなベンチタイプ

- 118×50×45cm 背面11段階、座面3段階 150kg 14.5kg
12
アイテムID:8141512の画像
トレーニングベンチ 腹筋フォールディング 7,599円

詳細を見る

メーカー1年保証付き

スチール、人工皮革、フォームスポンジ 131×33×43cm 24段階 400kg 13.5kg
13
アイテムID:8141509の画像
フラットインクラインベンチ 19,500円

詳細を見る

頑丈なパイプフレーム

記載なし 57×122×46~105cm 大フレーム:6段階、小フレーム:4段階 200kg 21kg
14
アイテムID:8141506の画像
折り畳みダンベルベンチ 8,559円

詳細を見る

リーズナブルな3in1

スチール/PP/PU/EVA 140×40×51cm 7段階 300kg 10.5kg
15
アイテムID:8141503の画像
インクラインベンチ 10,800円

詳細を見る

ドラゴンフラッグバー付き

スチール・PVC・ゴム 51×121×47~116cm 21段階 200kg 22kg

下記のリンクでは、そのほかにもさまざまなおすすめの筋トレ器具をご紹介しています。ぜひ、併せてチェックしてください。

インクラインベンチの使い方

インクラインベンチを使ったトレーニング方法は実に豊富です。自分の力量に合ったもの探して取り組んでみましょう。上半身の部位別トレーニング方法について詳しく書いているページをこの下に貼りますので、参考にしてください。

初心者にもインクラインベンチは必要?

筋トレ初心者にもインクラインベンチは有効です。もし、用意する場合はマルチタイプの商品を選びましょう。始めのうちはフラットでトレーニングし、筋力が付いて慣れてきたらリクライニングでのトレーニングにステップアップする、という流れがおすすめです。

中古なら高級なインクラインベンチも買いやすい

中古を購入するのもいい方法です。中古ならハイスペックな商品でも安く手に入れられます。中古品の専門業者もありますので、興味のある人は探してみましょう。また、このような専門店は不要になった器械の買い取りにも対応しています。

引っ越しの予定があるならレンタルがおすすめ

引っ越しの予定がある、長く使い続ける予定はないという人はレンタルを利用しましょう。借りられるベンチは古い型番が中心ですが、業者がきちんとメンテナンスしてから貸し出しています。また、レンタル中に不具合があった場合は交換に応じてもらえるのもいいところです。

インクラインベンチは自作で代用できる

インクラインベンチは木材を使って手作りすることもできます。いつも同じ角度でしかトレーニングしない人は、ぜひともチャレンジしてみましょう。しかし、自作する場合は十分な強度のある材料を使ってください。

ベンチ台・アジャスタブルベンチなどベンチプレスをチェックしよう

インクラインベンチのほかにも、簡易的なベンチ台やアジャスタブルベンチまで、筋トレをサポートする商品はたくさん販売されています。以下の記事では、ベンチプレスの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

インクラインベンチは自宅にも設置できる、誰にでも使いやすいトレーニング器機です。年齢・性別を問わず気軽に導入して、より効果的に筋力アップを図りながら、理想の体型を実現しましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アウトドアチェアの人気おすすめランキング26選【キャンプなどに!ハイバックチェアも紹介】

アウトドアチェアの人気おすすめランキング26選【キャンプなどに!ハイバックチェアも紹介】

アウトドアチェア・ベンチ
【2021年最新版】メンズアウターの人気おすすめランキング35選

【2021年最新版】メンズアウターの人気おすすめランキング35選

メンズトップス
【2021年最新版】大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【パソコンが入る!周りとかぶらないものも】

【2021年最新版】大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【パソコンが入る!周りとかぶらないものも】

バッグ
【2021年最新版】ポータブルトイレの人気おすすめランキング16選【捨て方もご紹介】

【2021年最新版】ポータブルトイレの人気おすすめランキング16選【捨て方もご紹介】

介護用品
LEDランタンの人気おすすめランキング21選【充電式のものや防災用のものも】

LEDランタンの人気おすすめランキング21選【充電式のものや防災用のものも】

ランタン・ワークライト
PEラインの人気おすすめランキング15選【青物・船釣り・遠投に!】

PEラインの人気おすすめランキング15選【青物・船釣り・遠投に!】

釣具