【2022年最新版】バーベルの人気おすすめランキング15選【自宅でできるホームトレーニングに】

自宅でも気軽にトレーニングできるバーベル。バーベルと言えど、20~100kgなどプレートの重さやシャフトの長さ・形状など違いはさまざまあり、すぐに決めるのは難しいですよね。そこで今回は、バーベルの選び方やおすすめの商品をご紹介します。

自宅でバーベルを使い肩や背中の筋肉を育てよう

自宅で筋トレやボディメイクが効率的にできるバーベル。アイアンやラバーなどのプレート素材やシャフトの長さやグリップ部分のローレットによって使い心地が違います。また、シャフトの形状で鍛えやすい筋肉の箇所が変わり、目的によってえらばないといけません。

そんな筋肉を鍛えれるバーベルですが、自分に合わないものを選んでしまうとトレーニングの効果が薄れたり、上腕二頭筋や背中など狙った箇所の筋肉を思うように鍛えられない場合もあります。

そこで今回はバーベルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはシャフトの長さ・プレートの重さ・使い勝手を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

バーベルの選び方

バーベルの種類は多くあるので、各要点を抑えつつ自分にぴったりのバーベルを見つけましょう。

シャフトの長さで選ぶ

まず確認したいのが、シャフトの長さです。シャフトの長さで鍛えやすい部分は変わります。また、収納するスペースがあるかなど考慮しつつ選びましょう。

腕や肩を重点的に鍛えたい方は「160~180cm」がおすすめ

腕や肩を重点的に鍛えたい方は、大胸筋に効果のあるノーマルグリップや上腕三頭筋を鍛えるナローグリップしやすい、160~180cmの短めなシャフトがおすすめです。一般的なバーベルの長さは180cmですが、腕を鍛えるなら160cmでも十分に効果を発揮します。

デッドリフトやスクワットなどで全身を鍛えたい方は「180~200cm」がおすすめ

バーベルのトレーニングで代表的なベンチプレスやデッドリフト・スクワットなどで全身を隈なく鍛えたい方は、シャフトの長さが180~200cmがおすすめです。200cmは長いため、収納スペースがあるか確認しましょう。

バーベルシャフトの形状で選ぶ

バーベルシャフトの形状によって鍛えやすい筋肉が変わります。どんなトレーニングをするのかイメージしながら選びましょう。

高重量で鍛える方は強度のある「ストレートタイプ」がおすすめ

さまざまなトレーニングができるので、全身を鍛えたい方におすすめの形状です。強度が優れているので、高重量のプレートを使ったトレーニングでも高い安定感を保ったままできます。またストレートタイプは、クセがなく筋トレ初心者の方にもピッタリです。

上腕二頭筋を鍛えたい方は「EZバー」がおすすめ

EZバーは、グリップ部分がW型に湾曲している特徴的なシャフトです。上腕二頭筋など部分的な筋肉を鍛えるのに向いています。また、ストレートタイプよりも安全性が優れているため、手首への負担を軽減しつつトレーニングが可能です。

上腕三頭筋を鍛えたい方は「トライセプスバー」がおすすめ

トライセプスバーは、その名の通り上腕三頭筋を鍛えるためのシャフトです。ストレートタイプとは違い、グリップ部分が縦になっているので、握りやすく手首への負担も軽減できます。また、上腕三頭筋は腕を太くしたい場合に、優先して鍛えたい筋肉です。

そのため、たくましい腕にしたい方はトライセプスバーがおすすめです。

バーベルプレートの重さで選ぶ

バーベルプレートの重さは、初心者や上級者によって異なります。自分に合った重さを選び無理ないトレーニングをしましょう。

筋トレ初心者や女性には軽めの「20kg~40k」がおすすめ

筋トレを始めたばかりの初心者や女性には、20~40kgの軽めのプレートをおすすめします。慣れていない方が、いきなり40kg以上の重いプレートでトレーニングをやっても、想定より持ち上げ回数が少なり挫折しやすいです。

プレートは追加で購入ができるため、無理せず軽量の物からがおすすめです。始めはプレートを付けずにシャフトだけでトレーニングし、慣れてきたら徐々にプレートを追加して負荷を高めましょう。

本格的な筋トレをする上級者の方には「100kg以上」がおすすめ

上級者の方には、筋肉に高負荷が与えられる100kg以上のプレートをおすすめします。ある程度筋肉が鍛えられると、軽量のプレートだけでは効果が出にくいです。鍛えられた筋肉には、重いプレートで高負荷を与えた方がより効果的にトレーニングができます。

スリーブの内径で選ぶ

スリーブとは、プレートをはめる部分の名称です。内径は28mmと50mmの2種類があるので自分に合ったものを選びましょう。

初心者や趣味で軽くトレーニングする方は「28mm」がおすすめ

一般的なバーベルは、スリーブ直径が28mmが標準サイズです。28mmのスリーブは、ダンベルのプレートと兼用できるため、筋トレ初心者の方におすすめします。また、28mmのスリーブは、シャフトが10kgほどなので手にフィットしやすく扱いやすいです。

さらなる負荷を求める上級者の方には「オリンピックバーベル 50mm」がおすすめ

スリーブの直径が50mmと大きいサイズのオリンピックバーベルは、シャフトの重量も重いためトレーニング上級者におすすめです。スリーブが太いため、重いプレートを複数枚付けても安定して使えます。そのため、筋トレ上級者にはぴったりです。

また、オリンピックバーベルの長さは220cmと一般的なバーベルより長いため、部屋のスペースを十分に確保する必要があります。

プレートの素材で選ぶ

プレートの素材には大きく分けてアイアンとラバーの2種類があります。それぞれ特徴が違うので好みで選びましょう。

プレートの価格を抑えたい方は「アイアンプレート」がおすすめ

アイアンプレートは、プレートの表面がメッキ加工やさび止め加工してあるプレートのことです。特徴は、最低限の表面加工なので、かさばらずシャフトに多く付けれます。また、価格も比較的安いので購入がしやすいです。

デメリットは、プレート同士が当たる際に金属音がうるさいこと・落とした場合床が傷つく可能性が高いことです。アイアンプレートを使用する際には、トレーニングマットの使用をおすすめします。

床を傷つけたくない方は「ラバータイプ」がおすすめ

表面にラバー加工されており、床を傷つけにくく静かな特徴があります。トレーニングマットの購入が面倒な方や静かにトレーニングしたい方にはおすすめです。しかし、ラバータイプは商品によっては独特な臭いがある物や価格が高いデメリットもあります。

また、日差しに当たると劣化しやすいため保管する際にも気を付けないといけません。

ローレットで選ぶ

ローレットとは、シャフトのグリップ部分の名称です。ローレットの加工方法によって握りやすさが変わります。

握りやすいものがいい方は「深いカット」がおすすめ

ローレットには皮膚に優しい丸形・滑りにくいピラミッド型などさまざまな加工があります。40kg以上の重いプレートを使用する高重量トレーニングなどは、グリップ時に滑らないよう深めのローレット加工がおすすめです。

素手で握る場合、皮膚への負担がかかるため肌が弱い方は丸形にするなど自分に合ったものを選びましょう。

さまざまなトレーニングをする方は「広いグリップ幅」がおすすめ

一般的なシャフトは2か所に加工してありますが、さまざまなトレーニングに使えるように幅広く加工されているシャフトもあります。また、トライセプスバーやEZバーは、ローレットの位置が違うため、購入前に確認しましょう。

メーカー・ブランドで選ぶ

バーベルの精度や耐久性が不安でなかなか決められない方は、メーカー・ブランドで選ぶこともおすすめです。

さまざまなプレートが欲しい方は「IROTEC(アイロテック)」がおすすめ

IROTEC(アイロテック)は、フィットネス用品やトレーニンググッズを扱うメーカーです。取り扱っているバーベルは、初心者向け30kgのバーベルセットや254kgのオリンピックバーベルなど幅広く初心者から上級者まで対応しています。

また、プレートは1.25~20kgまで販売しており、重量が足りなくなったら追加購入ができます。

ラバータイプが欲しい方は「FIGHTING ROAD(ファイティングロード)」がおすすめ

FIGHTING ROAD(ファイティングロード)はトレーニングマシンやプロテイン・アウトドア用品など幅広く販売しているメーカーです。取り扱っているバーベルは、ラバータイプの物が多く、静かにトレーニングしたい方におすすめします。

また、ラバータイプのプレートが1.25~20kgを1枚から購入でき、ストレートシャフトやEZバーなどのシャフトも単品購入ができます。

オリンピックバーベルが欲しい方は「IVANKO(イヴァンコ)」がおすすめ

IVANKOは、50年以上の歴史があるバーベルをメインに取り扱ってきたメーカーです。高い安全性と使いやすいバーベルを製造してきたからこそ高い人気を誇っています。また、握りやすく手を痛めない独自のローレット加工がされているため安全性も高いです。

28mmのバーベルも販売していますが、オリンピックバーネルの方が多くの種類を販売しています。本格的にトレーニングをしたい方におすすめのメーカーです。

バーベルの人気おすすめランキング15選

高品質なラバータイプで床が傷つかない有名メーカーのバーベルセット

ファイティングロードのおしゃれな赤色のバーベルセットは、高品質なラバーが加工されています。そのため、筋トレ中も静かで落としても大きな音が出にくく、静かな物件でも安心して使用可能です。

筋トレグッズは、基本的に黒色が多いですが、印象的な赤色で部屋のアクセントにもなります。プレートが合計50kgなので、初心者から中級者におすすめです。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 10kg×2・5kg×2・2.5kg×2・1.25kg×4 プレートの素材 ラバー
スリーブの太さ 28mm
14位

ボディデザイン(BODY DESIGN)

ラバーバーベルセット

自宅をホームジムに!100kgまで重さを細かく調整できる本格派ブランド

ボディデザインのラバーバーベルセットは、プレートが1.25~15kgと細かく分けられているため、最適な重量に調節できます。ラバー加工なので、トレーニング中も静かで床も傷つけにくいです。

100kgまで重量を増やすことができ、シャフト付きのお得なセットなので、上級者から初心者におすすめの商品です。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 15kg×2・10kg×2・7.5kg×2・5kg×2・2.5kg×4・1.25kg×4 プレートの素材 ラバー
スリーブの太さ 28mm

口コミを紹介

他社メーカーはラバーが赤かったりと部屋に置くには目立ち過ぎるし、この値段なら十分に満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

手首の負担を減らすEZバーで上腕二頭筋を鍛えれる

筋肉を本格的に鍛えられるオリンピックバーベルのEZバーです。EZバーは手首の負担を減らしつつ、上腕二頭筋を効率よく鍛えられます。また、オリンピックバーベルなので高負荷をかけながらトレーニングが可能です。

自分好みのプレートと組み合わせて使いたい方や上腕二頭筋を鍛えたい方におすすめです。

シャフトの長さ 120cm シャフトの形状 EZバー
プレートの重さ - プレートの素材 -
スリーブの太さ 50mm

口コミを紹介

ローレット加工のエッジが心地よく滑らずに筋トレできる。バーベル部分と中央部分とが回るので、手首に負担が無い。バーベル部分には溝加工が無いので、どんなバーベルカラーでも使用し易い。最高に安定した商品。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽めのバーベルプレートで女性や筋トレ初心者におすすめ

Bonarcaのバーベルセットは、20kgと軽量なので筋トレを始めたての方におすすめです。シャフトは2kgと軽くグリップ部分には全体的にラバー加工されており、握りやすく冷たい時期でも無理なくトレーニングができます。

また、留め具がクリップ式でプレートの着脱が簡単にできます。カラフルなプレートも魅力の1つです。

シャフトの長さ 139cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 5kg×2・2.5kg×2・1.25kg×2 プレートの素材 -
スリーブの太さ 40mm

口コミを紹介

重りは軽いのでフォームを大切にゆっくりとした動きで負荷をかけて行うには私には丁度良いです。重りの穴に親指を入れて握って片手づつ、一枚を両手に持ってなどシャフトにつけなくても様々な運動に使える。

出典:https://www.amazon.co.jp

スクワットにおすすめ!重量精度が高く扱いやすい安いラバープレート

イヴァンコのラバープレートは、重量精度±2%と高精度なプレートです。素材はラバーなので、床に落としても傷つけにくくトレーニング中の擦れる金属音がありません。2.5kgのプレートは重さ調整しやすい重量なので、初心者の方にもおすすめです。

シャフトの長さ - シャフトの形状 -
プレートの重さ 2.5kg プレートの素材 ラバー
スリーブの太さ -
10位

イヴァンコ(IVANKO)

スタンダードラバーイージーグリッププレート

カラフルなラバーで耐久性抜群

イヴァンコのプレートは、ナチュラルラバーを採用で扱いやすいプレートです。ラバータイプなので、トレーニング中も静かで、誤って落とした場合でも衝撃がアイアンよりも抑えれます。また、ラバー特有の嫌な臭いがない点も魅力の1つです。

安全性や使いやすさを求める方にはおすすめの商品です。

シャフトの長さ - シャフトの形状 -
プレートの重さ 25kg・20kg・15kg プレートの素材 ラバー
スリーブの太さ -
9位

KETTLEBELLKON(ケトルベル魂)

オリンピックバーベル133KGセット

本格的なトレーニングができるオリンピックバーベル

ケトルベル魂のオリンピックバーベル133kgセットは、ストレートタイプとEZバーのシャフトもセットになったお得な商品です。ストレートタイプで全身を鍛え、EZバーで上腕二頭筋を鍛えるなど使い分けができます。

また、プレートの重量は細かく分けられているので最適な重さに調節可能です。高重量なため、筋肉を更なる高みへと導きたい筋トレ上級者の方におすすめします。

シャフトの長さ 220cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 20kg×2・15kg×2・10kg×2・5kg×2・2.5kg×4・1.25kg×2 プレートの素材 ラバー
スリーブの太さ 50mm

口コミを紹介

プレ-トの安さに惹かれて購入しました。結果大正解でした!20kgを計ってみたら19.9kgと20kgジャストでした。精度は高い物だと思います。とても良い買い物が出来ました。この場をお借りしてメ-カ-さんにお礼を申し上げます。

出典:https://www.amazon.co.jp

バーベルにもなる3WAYダンベル

この可変式ダンベルは、ジョイントを付けることでバーベルにもなる高機能な商品です。プレートは、六角形なので床に置いた際に転がりません。また、腕立て伏せにも利用できます。全身の筋肉を鍛えたい方にはぴったりの商品です。

シャフトの長さ 47cm×2・45cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 2.75kg×8・2kg×4 プレートの素材 ポリエチレン
スリーブの太さ -

口コミを紹介

この安さでこの重さのダンベルを購入できるのはよいと思います。重さも細かいところまで選べるので良いです。どちらかというと10㎏以上の重さで鍛えたい人にはちょうど良いと思います。この値段でこの重さを購入できることに驚きです。長く使えて行けそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

アイロテック(iROTEC)

バーベル 140kgセット

筋トレ上級者にぴったりな140㎏セット

筋トレ器具を扱うアイロテックのバーベルセットは、140kgと本格的なトレーニングが可能です。セット内容には40cmのダンベルシャフトが2本が入っているので、腕を重点的に鍛えることができます。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 20kg×2・15kg×2・10kg×2・5kg×4・2.5kg×4 プレートの素材 アイアン
スリーブの太さ 28mm

口コミを紹介

アイロテックのバーベルはプレートに持ち穴があるので、凄く助かります。自分は140キロセットの200センチシャフトを購入しました。シャフトは自宅で使うには少し長いですが、プレートを増やす事を考え決めました。とても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ストレートバーやEZバーがセットになったお得なシャフト

ファイティングロードのバーベルシャフトは、180cm・160cmのストレートタイプとEZバー・ダンベルシャフトがセットになっています。スリーブが28mmなので、対応するプレートを持っていればピンポイントで鍛えれることが可能です。

プレートはセットになっていないので、持っていない方は別途購入する必要があります

シャフトの長さ 180cm・160cm・120cm・40cm シャフトの形状 ストレート・EZ
プレートの重さ - プレートの素材 -
スリーブの太さ 28mm

口コミを紹介

ファイティングロードでダンベル等購入しました。
EZバーはAmazonで買いました。何も問題点はありません。
筋トレ用品はファイティングロードを買います!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

フィットエリート

オリンピックバーベルプレート

天然ゴム使用で臭いが気にならないプレート

フィットエリートのプレートは天然ゴムを使用しており、ラバータイプ特有の嫌な臭いがあまり感じられない商品です。重さは1.25kg~20kgや35kgセットなど幅広く扱っています。もっと負荷をかけたい方におすすめです。

シャフトの長さ - シャフトの形状 -
プレートの重さ 1.25kg~20kg×2 プレートの素材 ラバー
スリーブの太さ -

口コミを紹介

穴があることにより非常に扱いやすいです。
チンニングで紐が通せますし持ちやすい。
ラバーもしっかりとコーティングされていて
床に落としても床が傷つきませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

FitElite(フィットエリート)

オリンピックバーベル133KGセット

筋肉を本格的に鍛えられるオリンピックバーベルの133kgセット

筋肉を本格的に鍛えられるオリンピックバーベルと合計133kgのプレートがセットになった商品です。プレートは1.25kg~20kgまであり、細かく調整ができます。プレートはラバータイプなので床を傷つけたり、トレーニング中の音も気になりません。

シャフトの長さ 183cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 1.25kg×2・2.5kg×4・5kg×2・10kg×2・15kg×2・20kg×2 プレートの素材 ラバー
スリーブの太さ 50mm

口コミを紹介

新型コロナの影響でジムに行けないので購入しました。ショートタイプなので家庭用には丁度良いのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

IROTEC(アイロテック)

レギュラーバーベルシャフト180cmワイドグリップタイプ

狭い部屋でも使える短めな180cmのバーベルシャフト

狭い部屋でも気にせずに使用できるやや短めのバーベルシャフトです。グリップ部分には、握りやすく滑り止め効果が高いローレット加工がされています。重さは約9kgなので、初心者の方はバーベルシャフト単体でも十分なトレーニングが可能です。

シャフトの長さ 180cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ - プレートの素材 -
スリーブの太さ 28mm

口コミを紹介

気に入りました。滑り止め加工も問題なし、180センチでワイドグリップ対応、今まで無かったですからね。81センチラインがあれば尚良かったんですが今後期待します。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Wout

バーベルにもなる ダンベル

長さ調節でバーベルやダンベルに変身

20kgと軽量なので初心者にもおすすめの商品です。低価格で購入できますが高品質でコスパが非常に優れています。プレートには、ポリエチレンが採用され静かにトレーニングができ、床に置いても傷つきにくいです。

シャフトの長さ 30cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 2kg×4・1.5kg×4・1.25kg×4 プレートの素材 -
スリーブの太さ -

口コミを紹介

好きな重さに組み替えられるので、軽いものから慣れるにしたがって徐々にウエイトを上げていけるところがいい。二通りに使えて、ウレタンだから音もしないし、角ばってるので転がらない。
うんうん、いいよこれっ。

出典:https://www.amazon.co.jp

人間工学に基づいたローレット加工で握りやすいグリップ

PROIRONのダンベルは、ジョイントを接続するとバーベルにもなります。プレートはアイアンですが、焼き付け塗装工芸とメッキ加工でサビずらく耐久性が高いです。また、グリップ部分は人間工学に基づいて設計されており握りやすくなっています。

プレートは合計20kgと軽量なので、筋トレ初心者の方におすすめします。

シャフトの長さ 35.6cm×2・35cm シャフトの形状 ストレート
プレートの重さ 2.5kg×4・1.25kg×4・0.5kg×4 プレートの素材 アイアン
スリーブの太さ 約25mm

口コミを紹介

ウエイトのみ追加で購入。配送も早く、梱包も必要充分。コストもリーズナブル。品物も綺麗で使用しても問題なし。穴径が特殊なφ25mmなのでウエイト単体での販売が無く助かりました。2.5kgや5kgのウエイトも販売して頂けると嬉しいです。コストパフォーマンスは最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

バーベルのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 シャフトの長さ シャフトの形状 プレートの重さ プレートの素材 スリーブの太さ
1
アイテムID:10438892の画像
ダンベル可変式

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

人間工学に基づいたローレット加工で握りやすいグリップ

35.6cm×2・35cm ストレート 2.5kg×4・1.25kg×4・0.5kg×4 アイアン 約25mm
2
アイテムID:10438889の画像
バーベルにもなる ダンベル

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

長さ調節でバーベルやダンベルに変身

30cm ストレート 2kg×4・1.5kg×4・1.25kg×4 - -
3
アイテムID:10438886の画像
レギュラーバーベルシャフト180cmワイドグリップタイプ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

狭い部屋でも使える短めな180cmのバーベルシャフト

180cm ストレート - - 28mm
4
アイテムID:10438883の画像
オリンピックバーベル133KGセット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

筋肉を本格的に鍛えられるオリンピックバーベルの133kgセット

183cm ストレート 1.25kg×2・2.5kg×4・5kg×2・10kg×2・15kg×2・20kg×2 ラバー 50mm
5
アイテムID:10438880の画像
オリンピックバーベルプレート

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

天然ゴム使用で臭いが気にならないプレート

- - 1.25kg~20kg×2 ラバー -
6
アイテムID:10438877の画像
バーベルシャフト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

ストレートバーやEZバーがセットになったお得なシャフト

180cm・160cm・120cm・40cm ストレート・EZ - - 28mm
7
アイテムID:10438874の画像
バーベル 140kgセット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

筋トレ上級者にぴったりな140㎏セット

180cm ストレート 20kg×2・15kg×2・10kg×2・5kg×4・2.5kg×4 アイアン 28mm
8
アイテムID:10438871の画像
可変式ダンベル

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

バーベルにもなる3WAYダンベル

47cm×2・45cm ストレート 2.75kg×8・2kg×4 ポリエチレン -
9
アイテムID:10438868の画像
オリンピックバーベル133KGセット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

本格的なトレーニングができるオリンピックバーベル

220cm ストレート 20kg×2・15kg×2・10kg×2・5kg×2・2.5kg×4・1.25kg×2 ラバー 50mm
10
アイテムID:10438867の画像
スタンダードラバーイージーグリッププレート

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

カラフルなラバーで耐久性抜群

- - 25kg・20kg・15kg ラバー -
11
アイテムID:10438866の画像
ラバープレート

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

スクワットにおすすめ!重量精度が高く扱いやすい安いラバープレート

- - 2.5kg ラバー -
12
アイテムID:10438863の画像
バーベルセット

Amazon

詳細を見る

軽めのバーベルプレートで女性や筋トレ初心者におすすめ

139cm ストレート 5kg×2・2.5kg×2・1.25kg×2 - 40mm
13
アイテムID:10438860の画像
オリンピックアームカールバー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

手首の負担を減らすEZバーで上腕二頭筋を鍛えれる

120cm EZバー - - 50mm
14
アイテムID:10438857の画像
ラバーバーベルセット

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

自宅をホームジムに!100kgまで重さを細かく調整できる本格派ブランド

180cm ストレート 15kg×2・10kg×2・7.5kg×2・5kg×2・2.5kg×4・1.25kg×4 ラバー 28mm
15
アイテムID:10438856の画像
バーベル セット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

高品質なラバータイプで床が傷つかない有名メーカーのバーベルセット

180cm ストレート 10kg×2・5kg×2・2.5kg×2・1.25kg×4 ラバー 28mm

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

バーベルとダンベルの違いは?

バーベルとダンベルの違いは、片手で使うか両手で使うかの違いです。バーベルは、高重量の物が多いため、両手で持たなくてはいけません。また、バーベルの方が高負荷をかけられるのでさらに鍛えたい方にはぴったりの器具です。

逆にダンベルは、片手で持ち上げることが可能なほど軽量なため、扱いやすいです。また、バーベルと違い危険度は少なく部屋のスペースを取らないなどのメリットがあります。

バーベルはどこで買うのがいい?

バーベルを初めて購入する方は、どこで買うのが1番いいかわからないと思います。失敗しない1番いい購入方法は、実店舗に行って購入することです。トレーニング初心者の方は、自分に合った重量がわかりずらいため、ショップの店員に質問しながらがおすすめです。

ですが、バーベルセットは20kg以上あるため車がない方は持ち帰りが大変です。帰りの負担を少なくしたい方は、実店舗に行き手に取って確かめてからネット通販で購入するのもおすすめです。

バーベルを使ったトレーニング方法

ここからはバーベルを使ったトレーニング方法をご紹介します。正しい方法で筋肉を鍛え上げましょう。

フォームを覚える

バーベルを使ったトレーニングに限りませんが、正しいフォームではないと筋肉への効果が薄れます。トレーニングに慣れていない方は必ず、正しいフォームを覚つつしましょう。正しいフォームは、ジムで教わるかYoutubeなどを見ながら少しずつ覚えましょう。

始めは無理のない重さから

意外と陥りがちなのが、張り切って適正以上の重量でトレーニングをしてしまい、手などを痛めて挫折する点であるとされています。筋肉は高負荷を与えれば与えるほどいいとされていますが、筋肉がある程度育った上級者に限った話です。

トレーニング経験が少ない方は、まずはシャフトだけで試し徐々にプレートを追加して、適性の重さを見つけましょう。

鍛えたい筋肉によってトレーニングを変える

どこの筋肉を鍛えたいかによってトレーニングの種目を変えましょう。例えば、上半身を鍛えるベンチプレスや背中を鍛えられるベントオーバーロウなど、種目によって鍛えられる筋肉は違います。また、余裕があればトレーニングあったシャフトを用意しましょう

低予算で揃えるなら激安の中古バーベルセットをチェック

バーベルは新品で購入すると最低約6,000円と安くはありません。また、100kgほどの本格派バーベルになると4~10万円などがほとんどです。そこで、購入費用を安く抑えたい方は中古品のバーベルセットをおすすめします。

リサイクルショップやタイミングが合えばジモティーやメルカリなどのフリマアプリで出品される場合があります。激安な中古品が欲しい方はぜひ、チェックしましょう。

ホームジムを作るならベンチプレスセットなどの器具もチェック

自宅のスペースに余裕があれば、トレーニングを本格的にするためにホームジムを作ることもおすすめです。安全にバックプレスもでき綺麗に収納できるバーベルスタンドや、本格的に鍛えられるベンチプレスセットなどさまざまな器具があります。

そのほかにも、スペースを取らない腹筋ローラーやハンドグリップなどもおすすめです。本気でトレーニングするならほかの器具もチェックしましょう。

ホームセンターのもので安いシャフトは自作できる?

ほとんどのホームセンターに販売してある鉄丸パイプで既製品より安い費用でシャフトの自作はできます。ジョイントを使うことで長さ調節でき、収納スペースがない方にもおすすめです。また、28mm以上のパイプだとプレートが入らない恐れがあるため注意しましょう。

まとめ

筋肉を効率的に鍛えられるバーベルの選び方や、おすすめの商品を紹介しましたがいかかだったでしょうか。プレートの重さや素材、シャフトの形状など商品によって異なります。ぜひ、この記事を参考にぴったりなバーベルを見つけてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

パワーグリップのおすすめ人気ランキング15選【女性や筋トレ初心者におすすめのものも!!】

パワーグリップのおすすめ人気ランキング15選【女性や筋トレ初心者におすすめのものも!!】

フィットネス・ダイエット
パワーラックのおすすめ人気ランキング15選【自宅で筋トレ!】

パワーラックのおすすめ人気ランキング15選【自宅で筋トレ!】

フィットネス・ダイエット
【可変式ダンベルユーザーに聞いた】可変式ダンベルの人気おすすめランキング18選

【可変式ダンベルユーザーに聞いた】可変式ダンベルの人気おすすめランキング18選

フィットネス・ダイエット
【ドライバー】シャフトの人気おすすめランキング15選【飛ぶシャフトをご紹介!】

【ドライバー】シャフトの人気おすすめランキング15選【飛ぶシャフトをご紹介!】

ゴルフ用品
自宅用ベンチプレスのおすすめ人気ランキング10選【自宅で本格筋トレ!】

自宅用ベンチプレスのおすすめ人気ランキング10選【自宅で本格筋トレ!】

フィットネス・ダイエット
【2022年最新版】トレーニングチューブの人気おすすめランキング8選【初心者向けから紹介!】

【2022年最新版】トレーニングチューブの人気おすすめランキング8選【初心者向けから紹介!】

フィットネス・ダイエット