パワーグリップのおすすめ人気ランキング15選【女性や筋トレ初心者におすすめのものも!!】

重いバーベルなどを持つ時に、手への負担がかからないようにしてくれる便利なアイテム・パワーグリップ。そんな便利なパワーグリップを、ここではランキング形式で15商品紹介しています。選び方も紹介しているので、これを参考に自分にあった商品を見つけてみて下さい。

懸垂やバーベル上げなどの筋トレには欠かせないパワーグリップ

重いバーベルなどを持ち上げるトレーニングをしていると、「狙った筋肉よりも先に握力が先になくなってしまった」という経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。実は、そんなことがないように開発されたのがパワーグリップなんです。

 

パワーグリップを装着することで握力をほとんど使わなくても重いものが持てるようになります。また、手のマメ予防などにも効果があります。そんな便利なパワーグリップですが、種類が多くどのパワーグリップを選べば良いのか悩んでいる人も多いものです。

 

そこで今回こちらでは、パワーグリップの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、使いやすさ・耐久性・手にかかる負担の小ささなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

パワーグリップの選び方

パワーグリップをどのように選んだらいいのか分からないという方も多いため、ここからはパワーグリップを選ぶ際にチェックしたいポイントをいくつか紹介します。

ベロの素材で選ぶ

パワーグリップを選ぶ際、ベロの素材がどのような素材が使われているのかという点をチェックしましょう。素材ごとの特徴を知ってからパワーグリップを選びましょう。

定番なのはどの種目でも使える「ラバー」

パワーグリップのベロに最も使われている素材のひとつがラバーです。ラバーの最大の特徴は、なんといっても滑らないところです。他の素材と比べても、その点は顕著です。どのようなトレーニングでも安心して出来るので、パワーグリップに適した素材と言えるでしょう。

 

さらに耐久性も高く、長期間使うことが可能です。手へのダメージも最小限に出来ますし、初心者から上級者までどんな方にでもおすすめできる素材です。

高級感があるのは「革(レザー)」

革素材もよくパワーグリップに使われている人気の素材です。パワーグリップに使われている素材の中で最も手になじみやすいのは、この革素材ではないでしょうか。見た目も良く、性別や年齢を問わず幅広い層に使われています。

 

人気の素材ですが、メンテナンスが難しいというデメリットもあります。トレーニングをするとどうしてもパワーグリップに汗や皮脂が付いてしまいます。それらを落とすのが難しいのです。常に清潔なパワーグリップを使いたいという方は、革以外の素材がおすすめです。

手のひらの保護が目的なら「ネオプレン(ナイロン)」

ネオプレンとは合成ゴム素材のことで、工業用製品やウエットスーツなど様々なところで使われている素材です。ネオプレンは洗えるため、清潔にキープしておきたい人にもおすすめの素材です。

 

軽い重量を扱う初心者や中級者の方ならネオプレンが使われているパワーグリップでも問題ありません。まずはネオプレン商品を使ってみて、高重量を扱うようになったときに他の素材の商品を使ってみることをおすすめします。

耐久性に優れているのは「鉄」

ランキングでは紹介されていませんが、鉄を使っているパワーグリップもあります。耐久性が高いのはもちろん、ベロの形が固定されているのでバーを持つのが容易なのが特徴です。ほとんと握力を必要としないので、トレーニングに集中したい方におすすめします。

サイズで選ぶ

パワーグリップを選ぶ際、安全に効果的に使用するためにはサイズで選ぶことは大切なことです。ここからは、サイズでの選び方をご紹介します。

効果を最大限に発揮するために「手首」のサイズを確認

パワーグリップの効果を最大限に発揮するためには、自分にあったサイズのものを選ぶ必要があります。多くのパワーグリップは、手首で固定をして装着します。そのため、手首周りに対して大きすぎても小さすぎても効果を最大限に発揮出来ません。

 

男女兼用のものもありますが、ほとんどの商品は手首のサイズが書かれているので、自分の手首サイズに合っているか確認することをおすすめします。

フィット感を重視するなら「ベロの長さ」を確認

パワーグリップのベロの部分は、メーカーによって長さや形状がさまざまです。これらの違いは好みやトレーニングの内容によって選ぶことをおすすめします。ベロの部分が多きタイプは、手のひらにできやすいまめなどの防止に効果が期待できます。

 

また、ベロの部分が小さいタイプは、面積が小さい分手のひらにできるまめなどの防止としては不向きですが、バーなどに巻きつけやすいといえます。このように、ベロの部分の長さが形は、パワーグリップを選ぶ際の基準になります。

女性にはかわいい「レディース用」もおすすめ

パワーグリップの多くは男女兼用のタイプが多いですが、中には「レディース用」として販売されているものもあります。しかし、女性だけでなく手のひらや手首が小さい男性にも「レディース用」をおすすめします。

 

なぜなら、パワーグリップの効果を最大限に発揮するには、サイズ感が大切だからです。

安全に使用するために「耐久性」を確認

パワーグリップを安全に長期に渡って使用するためには、耐久性も気にしなければなりません。耐久性は縫製がしっかりしているかもパワーグリップを選ぶ際の重要なポイントです。

 

ベロにラバー素材や革素材、鉄素材が使われているものは比較的長期に渡って使用することが可能ですが、ネオプレン素材はあまり長持ちすると思わない方がいいでしょう。

メーカーの評判で選ぶ

パワーグリップを選ぶ際、メーカーの評判で選ぶのも良いでしょう。パワーグリップの有名な3つのメーカーを紹介します。

初心者におすすめなのは「オールアウト(ALL OUT)」

高い耐久性とグリップ力を叶えると人気があるのは「オールアウト(ALL OUT)」のパワーグリップです。バーへの吸いつきがいいと評判です。コストパフォーマンスの面でも人気があるため、初心者にもおすすめです。

プロ仕様を扱うのは「ゴールドジム(GOLD'S GYM)」

さまざまなパワーグリップの中でも、愛用するトップアスリートが多いのは「ゴールドジム(GOLD'S GYM)」です。プロ仕様のパワーグリップであったとしても初心者でも使用可能です。人気がある分模倣品も多く出回っているため注意が必要です。

デザインにこだわりたいなら「バーサグリップ(VERSA GRIPPS)」

バーサグリップ(VERSA GRIPPS)は、ゴールドジムと同じ工場で生産されているため、性能はゴールドジムと同等であると評価されています。カラー展開が豊富なこともありデザインにこだわりたい人におすすめのメーカーです。

パワーグリップの「相場価格」を確認

価格が高ければ絶対に高品質だとは限りませんが、安すぎるものの中には作りが雑で壊れやすいものがあるのも事実です。そのため安心して使うためにも安すぎる商品は避けるのがおすすめです。2千円台から3千円台くらいが相場というイメージを持っておくと良いでしょう。

パワーグリップの人気ランキング15選

初心者と中級者におすすめ

GORILLA SQUADの「ゴリラグリップス」は、高重量の使用にも耐えられるように、高強度・高耐久性・高疲労性・耐摩耗性に優れた特殊ラバーを使用しています。初心者や中級者の方におすすめです。男女兼用で使用可能です。

サイズ S(手首14~18㎝)、M(手首18~21㎝)、L(手首21~23㎝) カラー オレンジ、カモ、グリーン、ホワイト
素材 高強度特殊ラバー 耐荷重 -

口コミを紹介

ラバーに替えてみて、手から抜ける事がなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

特殊ゴム使用でグリップ力が向上

中上級者だけでなく、トレーニングを始めたばかりの人にもおすすめのパワーグリップです。手首にパワーグリップのクッションが当たるように巻きつけて使用します。耐久性に優れた特殊ゴム生地が使用されていることで、滑りにくくグリップ力が向上します。

サイズ 男女兼用 カラー ブラック
素材 ゴム 耐荷重 600㎏

口コミを紹介

デッドリフトやラットプルダウンなどの背中を鍛える種目で、明らかに背中に負荷を掛けられるようになり、手や腕に余計な負荷があまりかからなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1年半で22000個も売りあげる人気商品

初めてパワーグリップを購入する方におすすめしたいのが、ALPHA-COMFORTの「パワーグリップPRO」です。このパワーグリップは発売後わずか1年半で2万2千個も売り上げ、リピーターも多い高品質な人気商品です。

 

人気の秘密は、パワーグリップに必要な要素を全て持っているからです。着用方法は手首にベルトを巻きつけてマジックテープで固定するだけなので非常に簡単です。ノンスリップラバーで作られているため、滑りにくく強度も高くなっています。

サイズ - カラー ブラック
素材 ノンスリップラバー 耐荷重 600㎏

口コミを紹介

グリップ力も強く、フォームも安定してきた気がします。素材も安っぽさがなく、マジックテープもしっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

引き裂き強度600kg

Hiseasonのパワーグリップは、高強度ラバー素材で仕立てられたパワーグリップです。表面には、高密度のゴム製の滑り止めが施されています。人間工学に基づいて設計されているため、快適な着け心地です。

サイズ 手首約23㎝まで対応 カラー ブラック
素材 高強度ラバー 耐荷重 600㎏

口コミを紹介

滑り止めも申し分なく、手首のクッションもいい感じです。初心者の方で購入を迷っているなら、とりあえず買ってみてもいいかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルグレインレザー仕様

king2ringの「トレーニンググローブ pk650改」は、高重量にも耐えられるように強度の高いグレインレザーが使用されています。加工などがされていないグレインレザーは、ベロアタイプの革製品のパワーグリップと比べて格段に耐久性があります。

サイズ フリー カラー 赤、黒
素材 グレインレザー 耐荷重 -

口コミを紹介

クッションが手首全体を覆ってくれるので、締めても痛みがありません。
デットリフトを行う際などに用いていますが、150kgでちぎれることもなく使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

特許取得済みのパワーグリップ

VERSA GRIPPSの「オーセンティックPRO」は、特許取得済みの業界トップクラスのグリップです。アーチサポートが内蔵されており、神経へのダメージから手を保護しながら手と手首の血液循環を促進します。

サイズ XS(手首12.7~15.2㎝)、S(手首15.2~17.8cm)、M/L(手首18.2~20.3cm)、XL(手首20.3+㎝) カラー 迷彩、ピンク、ブラック、ミント、ゴールド/ブラック、ネオンオレンジ/ブラック、ネオンライムグリーン/ブラック、パープル/ブラック、ブルーパシフィック/ブラック、ロイヤルレッド/ブラック
素材 ラバー、ワイヤー繊維、ナイロン 耐荷重 -

口コミを紹介

初めてこのような物を使いましたが、トレーニングの効率が明らかに良くなりました。負荷をかけたいだけかけれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Grip Power Pads

コブラグリップス ラバータイプ

トレーニングでもおしゃれに気を使いたい方へ

Grip Power Padsから販売されているこちらの商品はカラーバリエーションが6色もあります。周囲の目を引くピンクやピンクカモ、動物柄が好きな方にはたまらないレオパルドやスネークなど、見た目で差をつけたい方にはこちらの商品がぴったりです。

 

パワーグリップでおしゃれを楽しみたい方におすすめのパワーグリップです。もちろんパワーグリップとしての性能も十分なので、安心してトレーニングする事ができます。

サイズ 女性用(手首まわり11~17.5cm)、男性用(手首まわり14~22cm) カラー ピンク、ブラック、ピンクカモ、レオパルド
素材 ラバー 耐荷重 -

口コミを紹介

手首の部分が柔らかく締め付けても痛くありませんし、ベロみたいなのもしっかりしていて満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

肌にやさしくて痛くならない

パワーグリップは手首にベルトを巻き付けて使用します。そのためバーベルなどを持つ手ではなく、手首の方が痛くなるという方もいます。そのような事が起きないように、inkfishのパワーグリップでは、ベルトにクッション性のある素材を使いました。

 

そのため手首に負担がかかりにくくなり、ベルトが当たっている部分を痛めるという事が軽減します。ベロ部分にもクッション性のあるものが使われているため、そちらでも手を痛める心配はありません。

サイズ 男女兼用 カラー ブラック、ブラウン
素材 高強度特殊ノンスリップ本革/繊維素材 耐荷重 600㎏

口コミを紹介

握力がなくなることなく、効果的に腕を鍛えることが出来ます!グリップもしっかり効いてるので、ズレることもありません!!筋トレには欠かせないアイテムです。

出典:https://www.amazon.co.jp

アメリカで人気のパワーグリップ

日本よりもトレーニングが盛んなアメリカで人気の商品が、Grip Power Padsのこちらの商品です。素材にはレザーがつかわれていて、バーベルからやさしく手を守ってくれます。

 

着用方法もベルトを手首に巻くだけです。ベルトにはネオプレンが使われているため、しっかりと外れないようパワーグリップを手首に固定してくれます。カラーはブラック、ブラウン、グレーなど落ちついた色が6種類あり、好みの色を選ぶ事が出来ます。

サイズ 女性用(手首まわり11~17.5cm)、男性用(手首まわり14~22cm) カラー グリーン、グレー、ブラウン、ブラック
素材 レザー、ネオプレン 耐荷重 -

口コミを紹介

分厚くしっかりした作りです。すっぽ抜けることも無く手を十分に保護してくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

安心してトレーニングが出来る高強度

bluewayjpの「パワーグリップPRO」は強度が高く、高負荷トレーニングでも安心して使えるパワーグリップです。このパワーグリップに使われている素材は、600kgの力がかかっても大丈夫なほど強度の高いものが使われています。

 

そのため価格はトレーニング初中級者向けの入門用商品のように思えますが、上級者が使っても全く問題がないコストパフォーマンスの高い商品です。カラーバリエーションはブラックとブラウンの2種類素材もラバーと本革の2種類から選べます。

サイズ 男女兼用 カラー ブラック、ブラウン
素材 ラバー、本革 耐荷重 600㎏

口コミを紹介

これはレザーをバーに巻き付かせて握るタイプですが、レザーの先端にふっくらとした厚みがあり、これが強力なグリップ力を生み出します。

出典:https://www.amazon.co.jp

値段以上の価値を感じられる優良品

ENERGY FITNESSのパワーグリップは手に負担がかかりにくく、同程度の価格帯の商品と比べてみても作りが丁寧で使いやすい商品になっています。耐久性もあるため、長く使えるパワーグリップをさがしているなら、こちらの商品がおすすめです。

サイズ FREE(手首周囲:約15~21cm) カラー ブラック
素材 牛革、ナイロン 耐荷重 -

口コミを紹介

グリップ部が革製でしっかりしていて、程よい柔軟性もあるので使い出しから手の馴染みが良く、全体的な縫製もちゃんとしている。

出典:https://www.amazon.co.jp

低価格帯とは思えない作り

低価格帯の商品を見ると、品質はあまりよくないんだろうなと思う方もいると思います。ですがcosmosの「パワーグリップ」は、低価格ではありますが耐久性があり、縫製もしっかりとされている高品質な商品です。

 

ベロには高強度で滑りにくいラバー素材を使用しています。そのためうっかりバーベルを落としてしまうという心配がありません。ベルトの長さは24cmあり、手首の太い男性でも問題なく使用可能です。

サイズ ベルト長24cm カラー ブラック
素材 ラバー 耐荷重 -

口コミを紹介

デッドリフトのトレーニング時に全然追い込めなかったので色々考えていたのですが、予想以上にサポート感が強く、握力が弱くなってきてできないという状態に陥らないです。腕力を使わずに効果的に背中に効かせることが出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

高品質でおしゃれも楽しめる

king2ringの「pk650 pro」は、今回のランキングの11位でも紹介しているpk650」よりも高負荷に耐えられるようになった中上級者向けの商品です。「pk650」では、ベロ部分にネオプレンが使われていましたが、こちらの「pk650 pro」ではラバーが採用されています。

 

これにより高負荷にも耐えられるようになり、トレーニング中上級者の方でも使えます。カラーの違いはリスト部分だけが違い、派手さはありませんがおしゃれが楽しめます。

サイズ S(14~17cm)、M(17~19cm)、L(18~21cm) カラー カモ、赤、黒、ゼブラ、タイガー、ボタニカル、無地
素材 ラバー、ネオプレン、ナイロン 耐荷重 -

口コミを紹介

背中ビンビン来ます!!あまりにも効果が違うのでびっくり!プッシュもゴムに厚みがあり、手のひらが痛くなりません!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ゴールドジム(GOLD'S GYM)

パワーグリッププロG3710

従来品よりもベロが長く滑りにくい

ゴールドジムとは、トレーニングの本場アメリカで生まれたフィットネスクラブです。そのゴールドジムが本格的にトレーニングをする人のために開発したのが、この「パワーグリッププロG3710」です。

 

これまでにゴールドジムから出していたパワーグリップと比べると、ベロの長さが1/2インチ長くなっていて、よりしっかりとバーベルなどを握る事が可能です。耐久性も向上し、パワーグリップとしては高いレベルの品質を誇る商品です。

サイズ S(約16cm)、M(約18cm)、L(約21cm) カラー
素材 - 耐荷重 -

口コミを紹介

ジムで友人が本製品「プロ」を使っていて、貸してくれたので試したところ、とても使いやすい。目からウロコ。
何かに巻きつける動作がとても楽で、太めのシャフトでも気にせずセット出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボディービルダー監修の本格派

ALLOUTのパワーグリップは、日本代表に選ばれた事もある有名ボディービルダーの浅野喜久男選手が監修している本格派パワーグリップです。特徴はなんといっても使いやすさです。長めのベロがしっかりとバーを掴んでくれるため、他の商品とは安心が違います。

 

素材には耐久性の高いSCVラバーを使用する事で、長く使い続けられます。カラーにはオレンジとホワイトの2色が、サイズ展開は、女性向けのSサイズと男性向けのMサイズの2種類です。

サイズ S(手首の太さ15~16.5cm)、M(手首の太さ16.6~21cm) カラー オレンジ、ホワイト
素材 SCVラバー 耐荷重 -

口コミを紹介

ベロの長さも適度にあり、プル系の引っ掛けも簡単でしっかりロックできます。ラットプルダウンで、広背筋に以前よりバッチリ筋肉痛が来るようになり、改めてグリップの重要さを認識しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

パワーグリップのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ カラー 素材 耐荷重
1
アイテムID:8241981の画像
パワーグリップ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ボディービルダー監修の本格派

S(手首の太さ15~16.5cm)、M(手首の太さ16.6~21cm) オレンジ、ホワイト SCVラバー -
2
アイテムID:8241978の画像
パワーグリッププロG3710

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

従来品よりもベロが長く滑りにくい

S(約16cm)、M(約18cm)、L(約21cm) - -
3
アイテムID:8241975の画像
pk650 pro

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高品質でおしゃれも楽しめる

S(14~17cm)、M(17~19cm)、L(18~21cm) カモ、赤、黒、ゼブラ、タイガー、ボタニカル、無地 ラバー、ネオプレン、ナイロン -
4
アイテムID:8241972の画像
パワーグリップ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

低価格帯とは思えない作り

ベルト長24cm ブラック ラバー -
5
アイテムID:8241969の画像
パワーグリップ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

値段以上の価値を感じられる優良品

FREE(手首周囲:約15~21cm) ブラック 牛革、ナイロン -
6
アイテムID:8241966の画像
パワーグリップ PRO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安心してトレーニングが出来る高強度

男女兼用 ブラック、ブラウン ラバー、本革 600㎏
7
アイテムID:8241963の画像
グレー レザー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アメリカで人気のパワーグリップ

女性用(手首まわり11~17.5cm)、男性用(手首まわり14~22cm) グリーン、グレー、ブラウン、ブラック レザー、ネオプレン -
8
アイテムID:8241960の画像
トレーニンググリップ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

肌にやさしくて痛くならない

男女兼用 ブラック、ブラウン 高強度特殊ノンスリップ本革/繊維素材 600㎏
9
アイテムID:8241957の画像
コブラグリップス ラバータイプ

Amazon

詳細を見る

トレーニングでもおしゃれに気を使いたい方へ

女性用(手首まわり11~17.5cm)、男性用(手首まわり14~22cm) ピンク、ブラック、ピンクカモ、レオパルド ラバー -
10
アイテムID:8241954の画像
オーセンティックPRO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

特許取得済みのパワーグリップ

XS(手首12.7~15.2㎝)、S(手首15.2~17.8cm)、M/L(手首18.2~20.3cm)、XL(手首20.3+㎝) 迷彩、ピンク、ブラック、ミント、ゴールド/ブラック、ネオンオレンジ/ブラック、ネオンライムグリーン/ブラック、パープル/ブラック、ブルーパシフィック/ブラック、ロイヤルレッド/ブラック ラバー、ワイヤー繊維、ナイロン -
11
アイテムID:8241951の画像
トレーニンググローブ pk650改

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

フルグレインレザー仕様

フリー 赤、黒 グレインレザー -
12
アイテムID:8241948の画像
パワーグリップ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

引き裂き強度600kg

手首約23㎝まで対応 ブラック 高強度ラバー 600㎏
13
アイテムID:8241945の画像
パワーグリップPRO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

1年半で22000個も売りあげる人気商品

- ブラック ノンスリップラバー 600㎏
14
アイテムID:8241942の画像
パワーグリップ PRO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

特殊ゴム使用でグリップ力が向上

男女兼用 ブラック ゴム 600㎏
15
アイテムID:8241939の画像
ゴリラグリップス

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初心者と中級者におすすめ

S(手首14~18㎝)、M(手首18~21㎝)、L(手首21~23㎝) オレンジ、カモ、グリーン、ホワイト 高強度特殊ラバー -

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

下記の記事では、そのほかにもさまざまな人気おすすめランキング15選をご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

プレス系でのパワーグリップの使い方

パワーグリップには、トレーニングの種目に合わせた使い方があり、多くのトレーニングでは、バーをベロの部分と手のひらとで挟んで持つ使い方をします。イメージは「バーに巻いたベロの部分を手のひらで握る」という感覚です。

 

この使い方はプル系種目での使い方ですが、ダンベルプレスなど安定しにくいトレーニング種目のプレス系でも同じように使う場合があります。

 

もうひとつの使い方は、手のひらにベロの部分を添わせた状態でバーを握る方法です。プッシュ系のトレーニング種目で使用される方法です。一般的な使い方はありますが、基本的には使い方に決まりはなく、自分の使いやすい方法で使用するのもおすすめです。

パワーグリップとリストストラップとの違い

パワーグリップと役割が同じため人気があるリストストラップですが、パワーグリップとリストストラップのどちらを選べば良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そのような場合は、経験値で選ぶことをおすすめします。

 

パワーグリップは初心者から上級者までに向いていますが、リストストラップは中上級者向けです。なぜなら、リストストラップはバーに巻きつける際に慣れが必要だからです。

パワーグリップとトレーニンググローブはどっちがいい?

パワーグリップが高重量のトレーニングを行う際に使用するのに対して、トレーニンググローブは滑り止めや手のひらにまめができることを防ぐことを目的として用いられています。

 

そのため、パワーグリップとトレーニンググローブのどちらを選ぶのかは、トレーニングの内容によって異なると言えるでしょう。

まとめ

今回こちらでは、パワーグリップの選び方と人気おすすめランキング15選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここで紹介した内容を参考に、自分に合ったパワーグリップを見つけてより効果的なトレーニングをしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2022年最新版】

【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2022年最新版】

レトルト・惣菜
ハンドルカバーのおすすめ人気ランキング17選【高級感を!ブランドもご紹介】

ハンドルカバーのおすすめ人気ランキング17選【高級感を!ブランドもご紹介】

カー用品
大根おろし器のおすすめ人気ランキング25選【楽におろせるものも!】

大根おろし器のおすすめ人気ランキング25選【楽におろせるものも!】

調理器具
バッティンググローブのおすすめ人気ランキング15選【破れにくい!グリップ力も!】

バッティンググローブのおすすめ人気ランキング15選【破れにくい!グリップ力も!】

野球用品
筋トレ器具の人気おすすめランキング15選【自宅で使えるグッズを紹介!】

筋トレ器具の人気おすすめランキング15選【自宅で使えるグッズを紹介!】

フィットネス・ダイエット
レッグウォーマーの人気おすすめランキング18選【ズボンの下に履けるものやシルクなど最強に暖かいものを紹も】

レッグウォーマーの人気おすすめランキング18選【ズボンの下に履けるものやシルクなど最強に暖かいものを紹も】

レディースファッション雑貨・小物