【2021年最新版】鉄フライパンの人気おすすめランキング21選【日本製やおしゃれな外国製も】

記事ID3737のサムネイル画像

長く使い続けられ、本格的な料理が楽しめる鉄フライパン。なかには一生使い続けるフライパンもあると思います。そんなフライパンだからこそ、選ぶときはお気に入りのものを選びたいですよね。そこで、鉄フライパンをランキング形式で紹介します。

料理を焼いたり炒めたりできる鉄フライパン

鉄フライパンを使うと、焼いたり炒めたりする料理が美味しく作れます。とても丈夫で、使うたびに油がなじんで使いやすくなるので、一生使い続けるという方も多いはず。 一方で、重く手入れが難しいなどと、嫌煙する人もいます。

 

最近では誰でも気軽に使える鉄フライパンも出てきています。美味しく料理ができる鉄フライパンをあきらめなくても大丈夫です。自分に、家族に、パーティーで、外でなど、用途に合わせて鉄フライパンを使いたいものです。

 

今回は、おすすめの鉄フライパンをランキング形式で紹介します。ランキングは重さ・油の馴染みやすさ・使いやすさを基準に選びました。この記事を参考に、ご自分に合った鉄フライパンを見つけてください。いつもより美味しい料理を快適に作れるはずです。

鉄フライパンの選び方

鉄フライパンは、サイズや持ち手の種類まで実に様々です。でも、安い物ではなく長く使う物なので、じっくり選びたいですよね。そこで、鉄フライパンの選び方を紹介します。

大きさで選ぶ

用途によってフライパンの適当な大きさは変わってきます。卵焼きがつくりたい、家族用に野菜炒めが作りたいなど、メニューによって大きさを変えることで、効率よく料理ができます。

一人暮らしの方には「小型サイズ」がおすすめ

1人暮らしの方や朝ごはんをさっと作る用のフライパンがほしい方には、14cm~20cmの大きさがおすすめです。1人分の野菜炒めやウィンナー、目玉焼きなど、さっと料理を作るのが多い方に人気の大きさです。

大家族には「大型サイズ」がおすすめ

4人以上の家族や、フライパンを動かさずにできる料理をするのが多い方におすすめです。フライパンをあおる必要があるのに大型サイズだと動かしにくく手が疲れてしまいます。家族の人数や調理方法で選びましょう。

卵料理が好きな方は「卵焼き用」も揃えよう!

美味しい卵焼きを作りたい方にぜひ選んでいただきたいのが卵焼き用のフライパン。じっくり火を通せるので、普通のフライパンで作るのと比べて焼きあがりが全然違います。ぜひお試しください。

作りたいメニューが美味しくできるかどうかは「厚み」次第

見落としがちですが、厚みはフライパンを選ぶうえで重要なポイントです。鉄フライパンは熱伝導率が高く薄めのものはすぐに温まるので、要注意です。

 

一般的にすぐ温まり炒め物向きなのは1.6mm以下のものといわれています。じっくり火を通すステーキなどは2mm以上あると良いです。

使いやすい「重さ」を選ぶようにする

フライパンを選ぶうえで重さはとても重要です。特に女性や年配の方は軽いものが使いやすいです。平均的には1kgですが、中には900g台の軽量のものがあるので、自分の使いやすい重さを選んでください

持ち手で選ぶ

持ち手を変えるだけでフライパンの握り心地はずいぶん違います。それだけで料理するときの気分はだいぶ変わりますよね。持ち手の特徴をおさえて選ぶことをおすすめします。

熱が意外と伝わらない「ステンレス素材」の持ち手

ステンレス素材の持ち手は、熱が伝わりにくいため、料理中も気にせずフライパンを持てます。また、長く使えるのでゆるむのを心配することもありません。

手に馴染んで快適な「木製素材」の持ち手

木製の持ち手は、手になじんで快適に料理ができます。フライパンをゆすって料理をするのが多い方には木製がおすすめです。木製の場合はゆるんでしまいメンテナンスが必要なこともありますが、それさえおさえておけば、愛着を持って使えます。

軽く握りやすい「樹脂素材」の持ち手

樹脂製の持ち手は、熱が伝わりにくく安全に使えます。また軽量で扱いやすく握りやすい作りになっています。ただ、木製と同じでメンテナンスが必要になることもあるので、そこだけ覚えておきましょう。

機能性で選ぶ

鉄フライパンも最近は様々な種類があり、便利な機能が付いたフライパンも出ています。長く使うものだからこそ、用途に合わせたものを選んでみてください。

フライパンを食器に変える「着脱式ハンドル」

着脱式ハンドルになっている鉄フライパンは、調理した後はハンドルを外してそのままテーブルに置けるのでおすすめです。お洒落で簡単、便利な着脱式ハンドルの鉄フライパンを一度使ってみましょう。

レパートリーが広がる「網・ふた付きフライパン」

ふたと網が付いていれば、燻製料理も自宅で出来てしまいます。また、蒸し料理も鉄フライパンで可能になり、料理の幅がぐんと広がります。しかもじっくり火が通るのでいつもより美味しく完成。鉄フライパンで様々な料理に挑戦したい人におすすめです。

面倒くさがりな方は「手入れ不要の鉄フライパン」がおすすめ

鉄フライパンを使いたいけど、面倒くさい手入れは嫌い…という方におすすめなのが、空焼き、油返し、錆び防止不要のフライパンです。特殊な加工により手入れに手間がかからない鉄フライパンが売られています

 

手入れが面倒で鉄製のものを断念した方は、諦めずにぜひ手入れ不要の鉄フライパンを選んでみてください。

オール電化住宅に住んでいる方は「IH使用可能な鉄フライパン」をチョイス

家のキッチンがIHの方は、IH対応のフライパンどうかも確認しましょう。一般的な鉄フライパンは焼きこみ作業な必要なため、焼きこみ不要のタイプがおすすめです。また、加熱ムラを抑えるためにIHの範囲よりサイズが小さいものを選んでおきましょう。

メーカー・ブランドなどで選ぶ

鉄フライパンを選ぶ際には、人気メーカーも押さえておくことも重要です。下記では、人気メーカー別に鉄フライパンの特徴をご紹介していきます。

リバーライト社の「極JAPAN」

ランキングでも紹介する通りリバーライト社の「極」あるいは「極JAPAN」は、錆びない、焦げ付きにくいフライパンの代表格です。このシリーズは、普通の鉄板の表面に特殊な窒化処理を行い、鉄の性質はそのままで、高い耐食性を付加しています。

 

このシリーズを作ったリバーライト社は、1976年の創業以来、家庭用の鉄フライパン一筋でやって来たこだわりの会社です。したがってフライパンの世界で「極JAPAN」に対する知名度は抜群です。

日本製を希望するのなら「燕三条」

上記のリバーライトの本社は、千葉県白井市です。しかしほとんどの場合、日本産の優秀な鉄製品は、日本の金属加工の中心地である新潟県の「燕三条」地区(燕市と三条市)で作られていて、フライパンも同様です。

 

したがって、もし日本製の優秀な鉄フライパンを探しているけれど、どれが良いか迷っている場合には、「燕三条」製と記載されている製品を選んだら、まず間違いはありません。

キャンプにも役に立つお皿兼鉄フライパンの「ジュウ」

鉄フライパンは、キャンプなどのアウトドアの世界でもよく使われます。アウトドアで使うのには、一般的な家庭用のフッ素樹脂加工のフライパンはデリケート過ぎて、すぐ使い物にならなくなってしまうからです。

 

「ジュウ(JIU)」は、そのようなフライパンの注目株です。大阪の小さな町工場と東京の小さなデザイン事務所の協力の成果で「作る」と「食べる」をひとつにした道具です。キャンプで調理した料理を熱いまま食べられ、重ねることができて収納も簡単です。

 

ジュウは、一見黒いお皿とすりこぎ棒に見えます。しかし黒いお皿はしっかりとしたリムのついた丈夫な鉄フライパンで、すりこぎはそのお皿用の持ち手です。持ち手が木製であるのが独特の温かみをかもしだしています。

「無印良品」にだって鉄フライパンは売っている

フライパンは、調理器具の専門メーカーだけでなく、シンプルで良質な雑貨で有名な「無印良品」でも扱っています。無印で扱っているのは、シンプルなデザインのセラミックコートのフライパンと同じくらいシンプルで何の変哲もない鉄製のフライパンです。

 

無印の鉄フライパンは、シンプルである故に育てる楽しみをいっぱい持っています。そして価格も手頃です。手頃な価格の鉄フライパンを手に入れて、シーズニングから始めてじっくりと使いやすくなるまで育て上げたい、と考える方におすすめです。

味わい深い艶が出てくるフライパンが欲しい方は「ターク」がおすすめ

タークのフライパンは、職人の手によって作られているクラシックシーズが有名です。見た目は荒々しいのが特徴ですが、使っていくにつれて味わい深い艶が出てきます。このクラシックシリーズのフライパンで野菜やお肉、卵焼きなどの食材をムラなく焼けます。

サビなどが気になる方は「柳宗理」がおすすめ

柳宗理のフライパンは、左右が張っていることや、窒化加工・ダブルファイバーラインの加工などが特徴です。窒化加工・ダブルファイバーラインによって、サビのが付きにくくなったり、食材が調理面にくっつくこともなくなったりします。

油の吸収性が良いものが欲しい方は「ビタクラフト」がおすすめ

ビタクラフトの鉄フライパンは、独自の窒化4層加工を施しているのが特徴です。これによって、錆びにくく丈夫な鉄フライパンが出来上がっています。油の吸収性が良いため、フライパンによって料理がよりおいしく出来上がります。

使い始めの手入れをしたくない方は「藤田金属」がおすすめ

藤田金属の鉄フライパンは、独自のハードテンパ-加工を採用しているのが特徴です。この加工によって、使い始めの手入れをする必要がなく、油ならしなども不要です。ほかにも、こびりつきにくい・サビにくいといった点もポイントです。

より旨味を引き出したい方は「山田工業所」

山田工業所の鉄フライパンは、国内唯一である打ち出し式を採用しているのが特徴です。そんな山田工業所の鉄フライパンは蓄熱・保温性に優れています。これによって、食材にしっかりと熱を伝え、より旨味を引き出せます。

焦げにくく油馴染みも良いものなら「南部鉄器」がおすすめ

南部鉄器のフライパンは、使い込んでいくごとに、焦げにくく油馴染みも良くなります。熱伝導もよく、厚みのある南部鉄器のフライパンは強火で調理をしても問題はありません。

 

熱伝導もよく、食材をフライパンに入れたあとでも内部の温度が下がらないので、より美味しいものを調理したい方や効率的に調理をしたい方には南部鉄器のフライパンがおすすめです。

 

南部鉄器は伝統工芸品のひとつではありますが、最近の南部鉄器商品は安価で購入できるようなっています。

鉄フライパンの人気おすすめランキング21選

鉄に特殊加工がされている鉄フライパン

こちらの商品は、鉄に特殊加工がされているのが特徴です。また、それを施したナノエンボスという特殊構造を採用しています。そんなこちらの鉄フライパンは耐久性があり、長い間使用できます。ほかにも油馴染みや熱伝導の良さなどもあります。

直径 25cm 重量 765g
持ち手の素材 木柄

口コミを紹介

ほかの鉄のフライパンと比べるとレビューも少なかったし、安いしで不安だったのですが、今のところ買って満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

厚さ1.5mmの鋳鉄フライパン

鋳鉄製のフライパンは蓄熱効果が抜群で、肉を焼いても炒めものを作っても美味しく仕上げられます。ただし鉄鋳物は重くて厚く、扱いづらいという欠点があります。女性が扱うのは難しく、力のある男性でも片手では扱えません。

 

しかしこの魔法のフライパンは、鉄鋳物なのに厚さが1.5mmしかありません。一般的な鋳物フライパンの3分の1です。そのため軽さも3分の1しかないため、女性でも楽に扱えます。もちろん鋳鉄の蓄熱性の高さという長所は、そのままです。

直径 24〜28cm 重量 850〜1,150g
持ち手の素材

口コミを紹介

商品のセールスコピーには、時々「あれ、違うじゃん」と思うもの多いのですが、本品は期待通りの使い勝手でした。推薦いたします。

出典:https://www.amazon.co.jp

打ち出し製法が料理を美味しくする

鉄を叩き出す独自の「打ち出し製法」によって作られたフライパンです。鉄を打ち出すことによって生じた表面の細かな凹凸が、フライパンに油を馴染みやすくし、焦げ付きを抑え、料理をスピーディーに仕上げます。

 

鉄板の厚さは2.3mmもあるため、ステーキなどにもじっくりとムラなく火を通せて、美味しく仕上げられます。使い勝手が良くて調理がしやすいフライパンを探している方におすすめです。

直径 22〜30cm 重量 1,015〜1,865g
持ち手の素材

口コミを紹介

打ち出し製法によって鉄が鍛錬されて、鍋底の周囲には鉄の波紋が広がっています。無骨だけど美しい、鉄の工芸品です。
これから毎日使って育てていくのが楽しみです。こんな気持ちになれるとは、買って良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

業務用に作られた本格派

業務用に作られたフライパンなので、本格的な料理を楽しみたい方に特におすすめです。素材には、鉄板をフライパン向きに加工したブルーテンパー材を使用。サビに強く、表面に細かい凹凸があって、油馴染みが良くなる処理がしてあります。

 

それに加えて表面には透明シリコン加工が施されているので、最初の空焼きは必要ありません。すぐに使用できます。シリコンの膜は徐々に剥がれていきますが、それと並行して油に馴染んでいくので、使い勝手が悪くなる心配はありません。

直径 18〜45cm 重量 600〜4,000g
持ち手の素材

口コミを紹介

熱伝導の速さには驚きました。大阪・日本橋の道具屋筋でオムレツ専用のフライパンを買って使っていましたが少し大きなサイズが必要となり、今回購入しましたが調理の速さに、驚きです。熱ムラもなく、プロの料理人のような仕上がりで、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

メイド・イン・アメリカの鉄フライパン

ロッジ(Lodge)は、鉄鋳物の調理器具を100年以上前から作っているアメリカの会社です。日本では、キャンプなどアウトドア用の調理用具としてよく知られています。ロッジのスキレット(フライパン)は、家庭用の調理器具としても十分に通用します

 

残念ながらこのロッジのスキレットの欠点として、とても重いということがあげられます。厚さが5mmもあるのですから、やむを得ないかもしれません。しかしフライパンをガス火の上に置いて動かさないで使うのなら十分役に立ちます。

 

そして、スキレットで作る料理はとても美味しいです。同じ鉄鋳物の蓋を組み合わせれば、無水調理も可能です。しかも出荷時にシーズニングは済ましてあるので、手元に届いたらすぐに使えます。

直径 16.5〜30.5cm 重量 880〜3,600g
持ち手の素材

口コミを紹介

火の通り方がバッチリで、おいしい料理が簡単にできます。楽しくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

底だけ厚い鉄フライパン

多くのプロの意見を聞いて作りあげたフライパンです。使用した鉄板の側面は薄く、底面だけを2.3mmと厚くすることで、フライパンが軽くなるように仕上げています。また鉄板の表面は多孔質なので、使い込むほど油馴染みが良くなります

 

コストパフォーマンスも良く、初心者にも使いやすいフライパンですが、使い始めのシーズニング(空焼き、焼き込み)を必要とするので、その点を忘れないでください。

直径 16〜40cm 重量 400〜2,500g
持ち手の素材

口コミを紹介

強火でもフライパンを気にすることもないので料理が早く作れるし、ほとんどこびりつかない。何より目玉焼きがおいしい。手入れも金属たわしで水洗いして内側をキッチンペーパーで水気をふきとるだけで良いので買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

IH対応の便利な鉄フライパン

200VのIHクッキングヒーターにも対応する鉄フライパンです。これまでの鉄フライパンで必要な、使い始めの空焚きの必要もなく、とても便利に使用できます。さび止めの塗装も施されているので、手入れもそれほど苦労しません。

 

持ち手が樹脂製なので、持ちやすく、熱くなることもありません。鉄フライパンの中では重い部類ではないので、料理の際のイライラも軽減します。強火で調理して、美味しい料理が楽しめます。

 

元の色が銀色のため、料理をするうちに色が変化しますが、見た目を気にしなければオーケーです。

直径 20〜28cm 重量 650~1,160g
持ち手の素材 フェノール樹脂・アルミ

口コミを紹介

焼きそばも全く、くっつく事なく同じ麺にも関わらずテフロン加工がまだ十分だった頃のフライパンと比較してみても今回購入した鉄フライパンの方が味や食感も全然上です。

出典:https://www.amazon.co.jp

伝統工芸品の南部鉄器

岩手県の伝統工芸品である、南部鉄器の鉄フライパンです。握り手が変わった形をしており、握りやすいです。IHクッキングヒーターにも対応。「鋳鉄」製で蓄熱性が高いため、全体を均一に熱し焼きムラができにくくなっています。

 

きれいでおいしいオムレツができると評判です。伝統工芸品でちょっとおしゃれに料理を楽しみたい方に、おすすめの鉄フライパンです。

直径 22cm 重量 1,100g
持ち手の素材

口コミを紹介

焼け方には関係ないとはいえデザインの美しいものは使っていて楽しいです
皆さんが書かれているように油引きと予熱で焦げ付きもほとんどなくオムレツはもちろんのことチキンステーキ、ハンバーグ、餃子など幅広く使えます

出典:https://www.amazon.co.jp

ちょっとした料理に使える小さなフライパンもいい

小さいサイズがあり値段も安いため、1人暮らしの方や、ちょっとした料理の時に使える鉄フライパンです。IHクッキングヒーターにも対応しています。手持ち部分が短いのが特徴的なので、短いのが好きという方にはおすすめです。フライパンを持ち上げ、ゆすりながらの料理がしやすくなります。

 

大きいサイズもありますが、小さいサイズも魅力的です。卵焼きやウインナーを炒めるとき、しっかり鉄フライパンで炒めたいという方は、選んでみましょう。鍋敷きの上に乗せて、そのままテーブルに並べられます。

直径 15〜21cm 重量 570~1,100g
持ち手の素材

口コミを紹介

家族3人で家でアヒージョをするのに購入。100均のスキレットを使っていましたが小さくて物足りないので一回り大きい物を探した所こちらがちょうど良い大きさでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

重さが美味しさにつながるフライパン

ストウブのずっしりと重い、鉄鋳物のフライパンです。同じストウブのホーロー鍋と同じように、フライパンの内側には黒いマットなエマイユ加工が施されています。表面の細かい凸凹は、食材をジューシーに香ばしく仕上げてくれます

 

フライパンを片手で軽々とあおりながら炒めものを作る、といった使い方は絶対に無理ですが、ステーキやハンバーグなどの肉類にじっくり火を通すような調理法には、とても向いています

直径 20〜28cm 重量 1,500〜2,500kg
持ち手の素材

口コミを紹介

片手ではまず持てません。両手でやっと。
それでも、鉄のフライパンなので、やはり肉、パン、何でもかなりお美味しく焼けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

焚火でも使える丈夫なフライパン

焚火でも使用できるほど丈夫なため、アウトドアが好きな人にはおすすめのフライパンです。持ち手部分は別売りになりますが、GORAシリーズの他の製品と共有できるため、セットで買うのがおすすめです。

 

しっかりと深みがあるので外でも焼きそばや野菜炒めにも使いやすいです。アウトドアではフライパンが焦げてしまうのを心配してしまいますが、鉄のフライパンなら心配する必要はありません。何度使っても頑丈なまま使い続けられます。

 

家庭用フライパンと同じような重量感もあるので、しっかり熱を通し調理ができます。アウトドアでフライパンを使いたいという方、アウトドアが趣味という方はぜひ選んでみてください。

直径 16〜22cm 重量 433~855g
持ち手の素材 別売り

口コミを紹介

GORAとスタッキングできリフターが共用できるフライパンと言う事で買ってみました。

出典:https://www.amazon.co.jp

匠の技と魂の結晶『匠弥』

金属加工の街、新潟県燕三条地区で生まれた匠が生んだこだわりの鉄フライパンです。昔から伝承されてきた技が詰まっています。1.6mmの鉄材が使用されており、食材がこぼれにくいように深めに設計されているのも特徴です。

 

こちらは野菜炒めに最適ですが、サイズは8種類あるので用途に合わせて選んでみるのもいいです。鉄分がほしい方にもおすすめです。鉄フライパンは調理中に鉄分が食材に混ざるため、鉄分ほしさで購入する方も少なからずいます。

 

手入れの手間はかからず、空焼きをきちんをすることで、長く使い続けられます。本格的な鉄フライパンがほしいという方におすすめです。

直径 18〜28cm 重量 558~1,290g
持ち手の素材 木製

口コミを紹介

今まで使っていたテフロン加工のフライパンの、発がん性のあるテフロンが薄くなってきたのと、鉄分を補うために思い切って購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

大きいのに軽く調理しやすさがGOOD

こちらも新潟県燕三条地区で生まれた日本産の鉄フライパンです。IHクッキングヒーターにも対応しています。何より軽いのが使いやすくて嬉しいです。使い始めはコート焼きとシーズニングが必要ですが本格的な鉄フライパンを使いたい方にはおすすめです。

 

 

たわしでゴシゴシ洗っても処理をきちんとすれば傷つくこともありません。さらに嬉しいのがお値段。丈夫でしっかりした鉄フライパンを安く手に入れられます。コスパも良し、軽さも良しの鉄フライパンです。

直径 18〜28cm 重量 520〜1,000g
持ち手の素材

口コミを紹介

金ダワシでゴシゴシやっても、その後の処理をしっかりやれば赤さびが出ることはありません。もちろん素材がフライパンにくっつくこともありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

デザインにもこだわった美しいフライパン

デザイナーがフライパン工場・メーカーと話し合いを重ねて作り上げた美しい鉄フライパン。海外でも多く使われています。日本のモノづくりへの情熱がつまっています。IHクッキングヒーターにも対応。

 

性能も優れており、オキシトナイト加工が施され、錆びや焦げが付きにくい作りになっています。持ち手部分は手に優しい木製で、見た目もおしゃれです。薄く、軽く、持ち手も程良い長さで、料理する時も快適に使用できます。

 

使用後は、焦げ付きにくい素材なので手入れに時間がかかりません。使いやすく、手入れも簡単、おしゃれな鉄フライパンをお探しの方にはおすすめです。

直径 20〜26cm 重量 620〜975g
持ち手の素材 天然木

口コミを紹介

使ってみて驚きました。料理がさらに楽しくなりました。テフロン加工に比べ焦げやすい所に注意が必要ですが、それは使っていくうちになれるかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

焦げにくく手入れが楽ちん

これまでの鉄フライパンの焦げやすい、錆びやすい、手入れが面倒…というイライラを解決しれくれる優れた鉄フライパンです。窒化処理で「焦げにくく錆びにくい」を実現。面倒な空焼きやシーズニングも必要ありません。とても丈夫で30年は使い続けられます。

 

持ち手がないため、オーブンやグリルでも大活躍、様々な調理に使用できます。調理後はそのままテーブルに並べられます。持ち手は別売り。セットで購入すると重ねての収納も可能です。

 

セットでも購入できるので、自宅パーティーで数品を調理してそのままテーブルに並べれば、見た目もおしゃれな料理を堪能できます。丈夫で機能性もすぐれているため、アウトドアでも楽しめます

直径 20〜28cm 重量 343〜1,070g
持ち手の素材 別売り

口コミを紹介

空焼き不要、サビつかず、焦げ付かず、耐久年数30年以上、言わば一生モノ。
インドアでもアウトドアでも使える逸品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

料理研究家が監修した使いやすいフライパン

料理研究家の有元葉子さんが監修する「ラバーゼ(la base)」ブランドのフライパンです。鉄の表面に焼き入れを施したブルーテンパー材を採用。フライパンの表面には細かい凹凸があって油がよく馴染むので、料理が美味しくできます。もちろんIHでも使用可能。

 

また他のフライパンに比べて、持ち手が短いのも特徴です。これは、下ごしらえした食材をオーブンにそのまま入れられるようにするためです。使い方を工夫することで、バラエティに富んだ料理を作れるのも、このフライパンの特徴です。

直径 18〜26cm 重量 425〜975g
持ち手の素材 アルミニウム合金

口コミを紹介

取手の短さが、使いやすく、意外に重さを感じさせない構造です。

出典:https://www.amazon.co.jp

面倒な手入れが不要の使いやすさ

窒化4層加工が施されている「錆びにくく、こびりつきにくい鉄フライパン」です。調理後の「油引き」などの手入れも不要。材料は鉄だけなので、剥がれることもありません。優れた技術とこだわりの品質管理が徹底された優れモノ。

 

持ち手は持ちやすく熱くなりにくいステンレス製。シンプルで美しいです。使い始めの焼き入れも必要ないため、購入後は即座に使用できます。面倒なお手入れを避けたい、でも鉄フライパンを使いたい、という方に本当におすすめのフライパンです。

直径 20〜28cm 重量 660〜1,100g
持ち手の素材 ステンレス

口コミを紹介

お手入れも面倒臭がりの自分でも問題なく出来る程度、というか洗剤を使わずに洗うという点も楽で良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドイツ職人手作りの逸品

ドイツの職人がこだわりぬいたフライパン。持ち手の部分まで鉄でできている本格的な鉄フライパンです。持ち手はとても長くなっているので、熱が届かず安心して使えます。空焼きの必要はありますが、それさえきちんとしていれば長く使い続けられます。

 

焦げ付きにくいので、使った後は水を流しながらたわしでゴシゴシこすって、ガス火で乾かして終わりです。サイズの種類も豊富で、直径20cmから30cmまで幅広く、好きな種類を選べます。

 

職人の手作りのためサイズには多少の誤差がありますが、それもまた味わいのひとつです。ドイツで作られた職人の魂がこもったフライパンで、料理を味わってみませんか。

直径 20〜30cm 重量 1,000〜1,800g
持ち手の素材

口コミを紹介

フライパンにくっつく事なく大変美味しいハンバーグができました。
テフロンのフライパンより焼き上がりが良く、何故かいつもよりハンバーグが美味しく感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーガニックビーワックスで酸化を防ぐ

オーガニックビーワックス(蜜蝋)が塗られており、天然成分でフライパンの酸化を防ぎます。使い始めはこのビーワックスを洗い流し、油慣らしを行って油の馴染みを良くします。使いこんでいくうちにだんだん黒くなり、油の馴染みも良くなっていきます。

 

使いながら育てられる、愛着の湧くフライパンです。フライパンの重みと厚さもしっかりしていてムラなく調理ができ、食材の旨味を閉じ込めるつくりになっています。その優れた技術は、今でもプロが愛用しているほどです。

 

デバイヤーはフランスで生まれた老舗の調理器具メーカーです。本格的な鉄フライパンで料理を楽しみたいという方、おいしい料理に挑戦したい方におすすめです。

直径 20〜28cm 重量 1,042~2,180g
持ち手の素材

口コミを紹介

不都合なく、焦げ付きもなく、他社の鉄フライパンと比べてもとても良いコンディションです。

出典:https://www.amazon.co.jp

独自のデザインが人気の秘密

人気の柳宗理の鉄フライパン。フライパンと言えば円形が一般的ですが、左右に張り出している特徴的な形です。これは容器に移す時に注ぎ口となり、また右利き・左利きどちらの人でも使いやすい便利な形です。

 

表面には凹凸が浮いた特殊なマグマプレート加工がされています。油馴染みが良くなり、焦げ付きやこびりつきを防いでくれます。焼き込みが不要でそのまま使用できます。お手入れも面倒ではなく、長く使い続けられます。

直径 18〜25cm 重量 660〜1,400g
持ち手の素材 フェノール樹脂

口コミを紹介

IHで使用してますが、まずフライパンの形が、お湯を捨てるときや、お皿に盛るときに便利です。左右両方が「く」の字型になっているので右利き左利きどちらの方でも使いやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

王道の鉄フライパン

フライパンの表面に窒化鉄層と酸化鉄層が形成された、錆びにくく強いフライパンです。表面の硬さは通常の鉄のなんと5倍。面倒な手入れが不要の逸品です。毎回使う前に油返しを行い、使用後は洗剤を使わずにたわしで洗います。その後は水滴をふき取って仕舞うだけ。

 

厚板を使用しているので重く感じますが、本格的な鉄フライパンを長く、大切に使いたいという方におすすめです。使いやすく、初心者にも人気です。何より作った料理がとにかくおいしいです。この鉄フライパンで、より美味しい料理を楽しんでください。

直径 16〜28cm 重量 390~1,300g
持ち手の素材

口コミを紹介

半年使っての感想:とにかく肉と餃子と卵料理が美味しくなりました。
お使いのIHでタイマーを活用して余熱時間、火力、油を入れるタイミングをいろいろ試してください。

出典:https://www.amazon.co.jp

鉄フライパンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8149934の画像

    リバーライト(Riverlight)

  • 2
    アイテムID:8149931の画像

    柳宗理(Yanagi Sori)

  • 3
    アイテムID:8149928の画像

    deBUYER(デバイヤー)

  • 4
    アイテムID:8149925の画像

    turk(ターク)

  • 5
    アイテムID:8149922の画像

    Vita Craft(ビタクラフト)

  • 6
    アイテムID:8149919の画像

    ラバーゼ(La Base)

  • 7
    アイテムID:8149916の画像

    ここ

  • 8
    アイテムID:8149913の画像

    プリンス工業(Prince Industry)

  • 9
    アイテムID:8149910の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 10
    アイテムID:8149907の画像

    和平フレイズ(Wahei freiz)

  • 11
    アイテムID:8149904の画像

    ソト(SOTO)

  • 12
    アイテムID:8149901の画像

    Staub

  • 13
    アイテムID:8149898の画像

    イシガキ産業

  • 14
    アイテムID:8149895の画像

    岩鋳(Iwachu)

  • 15
    アイテムID:8149892の画像

    藤田金属(Fujita-kinzoku)

  • 16
    アイテムID:8149889の画像

    島本製作所

  • 17
    アイテムID:8149886の画像

    ロッジ(Lodge)

  • 18
    アイテムID:8149883の画像

    イービーエム(EBM)

  • 19
    アイテムID:8149880の画像

    山田工業所

  • 20
    アイテムID:8149877の画像

    錦見鋳造

  • 21
    アイテムID:8160348の画像

    杉山金属

  • 商品名
  • 極 ジャパン 26cm
  • マグマプレート鉄フライパン 25cm
  • 鉄フライパン 26cm ミネラルビー エレメント
  • ドイツ クラシックフライパン 28cm
  • 炒め鍋 深型フライパン 28cm
  • 鉄フライパン 26cm
  • 極 SONS ベーシック 28cm COCOpan
  • 鉄のフライパン FDスタイル 26cm
  • 鉄フライパン 28cm 鉄職人
  • 鉄炒め鍋 28cm 匠弥(たくみや)
  • GORA フライパン 22cm
  • ウッドハンドル フライパン 26cm
  • フライパン 15cm
  • オムレット22
  • 鉄フライパン 28cm 匠の技
  • フライパン 24cm 味一鉄
  • スキレット 8インチ
  • 鉄厚板 ブルーテンパー フライパン 24cm
  • 打出し 鉄フライパン 26cm
  • 魔法のフライパン 24cm
  • 匠味 鉄製フライパン 26cm KS-3044
  • 特徴
  • 王道の鉄フライパン
  • 独自のデザインが人気の秘密
  • オーガニックビーワックスで酸化を防ぐ
  • ドイツ職人手作りの逸品
  • 面倒な手入れが不要の使いやすさ
  • 料理研究家が監修した使いやすいフライパン
  • 焦げにくく手入れが楽ちん
  • デザインにもこだわった美しいフライパン
  • 大きいのに軽く調理しやすさがGOOD
  • 匠の技と魂の結晶『匠弥』
  • 焚火でも使える丈夫なフライパン
  • 重さが美味しさにつながるフライパン
  • ちょっとした料理に使える小さなフライパンもいい
  • 伝統工芸品の南部鉄器
  • IH対応の便利な鉄フライパン
  • 底だけ厚い鉄フライパン
  • メイド・イン・アメリカの鉄フライパン
  • 業務用に作られた本格派
  • 打ち出し製法が料理を美味しくする
  • 厚さ1.5mmの鋳鉄フライパン
  • 鉄に特殊加工がされている鉄フライパン
  • 価格
  • 4,280円(税込)
  • 4,446円(税込)
  • 6,800円(税込)
  • 15,950円(税込)
  • 8,000円(税込)
  • 4,400円(税込)
  • 5,902円(税込)
  • 6,827円(税込)
  • 1,980円(税込)
  • 2,327円(税込)
  • 2,750円(税込)
  • 21,389円(税込)
  • 816円(税込)
  • 6,599円(税込)
  • 1,627円(税込)
  • 2,360円(税込)
  • 2,130円(税込)
  • 1,505円(税込)
  • 3,689円(税込)
  • 17,000円(税込)
  • 1,813円(税込)
  • 直径
  • 16〜28cm
  • 18〜25cm
  • 20〜28cm
  • 20〜30cm
  • 20〜28cm
  • 18〜26cm
  • 20〜28cm
  • 20〜26cm
  • 18〜28cm
  • 18〜28cm
  • 16〜22cm
  • 20〜28cm
  • 15〜21cm
  • 22cm
  • 20〜28cm
  • 16〜40cm
  • 16.5〜30.5cm
  • 18〜45cm
  • 22〜30cm
  • 24〜28cm
  • 25cm
  • 重量
  • 390~1,300g
  • 660〜1,400g
  • 1,042~2,180g
  • 1,000〜1,800g
  • 660〜1,100g
  • 425〜975g
  • 343〜1,070g
  • 620〜975g
  • 520〜1,000g
  • 558~1,290g
  • 433~855g
  • 1,500〜2,500kg
  • 570~1,100g
  • 1,100g
  • 650~1,160g
  • 400〜2,500g
  • 880〜3,600g
  • 600〜4,000g
  • 1,015〜1,865g
  • 850〜1,150g
  • 765g
  • 持ち手の素材
  • フェノール樹脂
  • ステンレス
  • アルミニウム合金
  • 別売り
  • 天然木
  • 木製
  • 別売り
  • フェノール樹脂・アルミ
  • 木柄

鉄フライパンのお手入れ

鉄フライパンの使い始めには「シーズニング」という作業をする必要があります。しかし最近は、表面に特殊加工が施されていてシーズニングが不要な鉄フライパンもあります。

使い始めには原則シーズニングを行う

鉄フライパンを買ってきたら、シーズニングが必要です。なぜなら売り場にあるフライパンにはサビ止めのための塗料やワックスが塗ってあるからです。サビ止めを焼き切ってしまうために、新しい鉄フライパンを白い煙が出るまで空焼きをします。

 

煙が出なくなったらフライパンをゆっくり冷まして、粗熱が取れたらお湯とスチールタワシできれいに洗い、乾燥させます。そして鉄フライパンを再び火にかけて食用油をたっぷり入れて、フライパンの表面に馴染ませます

 

油ならしが終わったら、油をオイルポットに空けて、ペーパータオルで拭いて終わりです。油ならしはフライパンが焦げ付きにくくなるまで、繰り返しおこなうのがベターです。

洗うのに洗剤は使わない

鉄フライパンの日常の手入れには、洗剤を使ってはいけません。せっかくフライパンに馴染んだ油をきれいに落としてしまい、また油ならしから始めてフライパンをならす必要が出るからです。

 

使用後のフライパンはお湯をかけながらタワシなどを使って、ごしごしと汚れを洗い落とします。汚れが落ちたら再び火にかけて乾燥させ、薄く油を塗って終わりです。これを繰り返すことで、鉄フライパンはどんどん「育って」使いやすくなるのです。

鉄フライパンを使ったおすすめ料理

鉄フライパンには火が均等に回るため、焼きムラが生じません。また、フッ素樹脂加工されたフライパンより高温に耐えるので、肉などを焼くと「外側はカリッと、内側はソフトでジューシーな」状態に仕上げられます。

 

鉄フライパンを使ってどんな料理を作ってみても構わないのですが、そのようなわけで、鉄フライパンを使った料理の美味しさを味わうためには、ステーキのようなシンプルなメニューが一番適しているといえます。

 

一方、鉄フライパンには不得手な料理はありません。ただ鉄は酸には弱いので、トマトを使った料理などをあまり長くフライパンに入れておくのはよくないかもしれません。

フライパンにもいろいろな種類がある

フライパンは、もちろん鉄製のものばかりではありません。以下の記事に、その代表的な例が記載されているので、興味のある方はご一読ください。どのフライパンも、鉄フライパンと同様に、一長一短があります。

まとめ

鉄フライパンには「職人の技が凝縮されている」「使い心地が変化する」など、魅力がぎゅっと詰まっています。長く使うからこそ、好みと一致したものを選びたいものです。選び方も紹介したので、参考にしてください。より快適で楽しい料理の時間になるはずです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

すき焼き鍋の人気おすすめランキング15選【家族みんなで囲もう】

すき焼き鍋の人気おすすめランキング15選【家族みんなで囲もう】

【2021年最新版】揚げ物鍋の人気おすすめランキング20選【一人暮らし向けの小さいサイズも】

【2021年最新版】揚げ物鍋の人気おすすめランキング20選【一人暮らし向けの小さいサイズも】

【2021年最新版】台所・食器用洗剤の人気おすすめランキング28選【手荒れしない安全なものも!】

【2021年最新版】台所・食器用洗剤の人気おすすめランキング28選【手荒れしない安全なものも!】

キッチン雑貨・消耗品
【2021年最新版】中華鍋の人気おすすめランキング20選【本格料理から家庭料理まで】

【2021年最新版】中華鍋の人気おすすめランキング20選【本格料理から家庭料理まで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水
【2021年最新】天ぷら鍋の人気おすすめランキング15選【ステンレスも】

【2021年最新】天ぷら鍋の人気おすすめランキング15選【ステンレスも】