鉄フライパンのおすすめ人気ランキング23選【軽い鉄鍋も紹介】

鉄のフライパンはぜひとも1つ用意しましょう。多くのメーカーが安いものから高級品まで製造していて、サイズも豊富に揃っています。焦げ付きやサビが付きにくい商品は扱いやすいので、初心者にもおすすめです。この記事では鉄フライパンの選び方とおすすめ商品ランキングを紹介します。

体に害のないフライパンで本格的な調理を楽しもう

鉄フライパンがあると焼き料理や炒め料理がおいしく作れる便利な調理器具です。使い込むほどに油がなじんで使いやすくなるので、料理の初心者もぜひ1つ手に入れて活用しましょう。体に害のないものをお探しの方にもおすすめです。

 

最近は鉄フライパンも軽いもの・IH対応・キャンプで使うために開発されたものなど種類豊富に出回っています。サイズも豊富でサビや食品の焦げ付きが少ない高級商品もあるので、自分に合うものを探しやすいのもポイントです。

 

今回は、おすすめの鉄フライパンをランキング形式で紹介します。ランキングは重さ・油の馴染みやすさ・使いやすさを基準に選びました。ご自分に合った鉄フライパンを見つけるための参考になりましたら幸いです。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

鉄フライパンのおすすめ

1位

ターク(turk)

ドイツ クラシックフライパン 28cm

ドイツ職人手作りの逸品

ドイツの職人が丹精込めて手作りしたフライパンです。鉄ででき持ち手は長く作られています。調理中に手が厚くなりにくいのがポイントです。空焼きやシーズニングをきちんとして、長く使い続けましょう。

 

本商品はサイズ展開も豊富で、直径20cmから30cmのものまであります。家族の人数に合わせて選びましょう。焚き火でも使えるので、アウトドアで厚みのある肉を焼くのにもおすすめです。

直径 20〜30cm 重量 1,000〜1,800g
持ち手の素材 シーズニング

シーズニング不要の鉄フライパンのおすすめ

シーズニング不要で多くの熱源に対応

シーズニング不要でIH・ガス火・ハロゲンヒーターなど多くの熱源に対応するフライパンです。厚さ1.2mmなので、食材に早く火が通ります。炒め物はもちろん、ステーキなど分厚い食材を焼いてもおいしいのでぜひ試しましょう。

 

本商品は軽量で振り調理もしやすく、使用後はタワシでこすり洗いして乾かすだけで手間がかからないのが特徴です。重さや手入れの問題で鉄フライパンを敬遠している方も前向きに検討してみてください。

直径 26cm 重量 0.8kg
持ち手の素材 シーズニング 不要

IH対応の鉄フライパンのおすすめ

シンプルで上品なデザインのフライパン

インテリアデザイナーの小泉誠が手掛けたおしゃれなフライパンです。シンプルでありながら上品なデザインで、和洋問わずに気軽に使えます。ファイバーライン加工によって、焦げ付きやこびりつきを防げるのもポイントです。

 

また、掴みやすくて水に強いチーク材を取っ手部分に使用しています。オムレツだけでなくさまざまな料理を手軽に調理したい方におすすめです。

直径 24cm 重量 約920g
持ち手の素材 シーズニング

鉄フライパンの選び方

鉄フライパンを選ぶ際は、サイズ・持ち手の種類・厚みなどさまざまなポイントをチェックしましょう。これから解説しますので、参考にしてください。

サイズで選ぶ

フライパンのサイズは家族の人数や用途によって適切なサイズが異なります。小型と大型で解説しますので、参考にしてください。

一人暮らしの方なら「小型サイズ」がおすすめ

一人暮らしの方や朝ごはんをさっと作るためのフライパンが欲しい方には、14cm~20cmのフライパンがおすすめです。早く火が通るので1人分の野菜炒め・ウィンナー・目玉焼きなどが短時間でできあがります。

大家族なら「大型サイズ」がおすすめ

4人以上の家族や、フライパンを動かさない料理を良くする方は大型のフライパンを選びましょう。大量の食材をまとめて調理できるのはもちろん、じっくり火を通す必要がある食材の調理にも使えるので便利です。

おいしさ重視なら「厚み」をチェック

料理のおいしさにこだわる方はフライパンの厚みをチェックしてください。鉄フライパンは熱伝導率が高いので、薄めだと作った料理が短時間で冷めてしまいます。炒め物には1.6mm以下のものを、ステーキなどは厚さ2mm以上のものが適切です。

扱いやすさ重視なら「重さ」をチェック

扱いやすさを重視する方は、フライパンの重さをチェックしましょう。特に年配の方や女性には軽いものがおすすめです。鉄フライパンは1kgが標準ですが、中には900g台の軽量のものがあるので、負担を感じない重さのものを選びましょう。

持ち手で選ぶ

鉄フライパンは持ち手の素材も重要です。握り心地や調理のしやすさに直結しますので、これから解説を参考に選んでください。

調理中のやけどを防ぎたいなら「ステンレス素材」がおすすめ

調理中に持ち手でやけどをするのを防ぎたい方にはステンレス素材がおすすめです。ステンレスは熱が伝わりにくいため、料理中も気にせず握り続けられます。耐久性の高い素材でもあるので前向きに検討しましょう。

ゆすって調理するなら「木製」がおすすめ

フライパンをゆすって料理をするのが多い方には木製がおすすめです。木製の持ち手は手になじみやすく、快適に料理ができます。持ち手がゆるみやすい商品もありますが、何度も締め直すと長く使えて愛着がわきやすいのが特徴です。

握りやすくて軽いものなら「樹脂素材」がおすすめ

握りやすくて軽い持ち手なら樹脂製がおすすめです。熱が伝わりにくいので熱い思いをせずに調理ができます。木製と同じで熱や火に弱く、メンテナンスが必要になるケースもありますが、扱いやすいのがメリットです。

初心者なら「シーズニング不要」タイプをチェック

新しい鉄フライパンを使う前には、原則シーズニング作業が必要です。シーズニングは製造過程で使ったサビ止めを焼き切り、食用油をなじませる作業ですが難しい部分があるので、鉄フライパンの初心者はシーズニング不要の商品を選びましょう

機能性で選ぶ

鉄フライパンも最近は便利な機能が付いた商品が増えています。長く使うものだからこそ、必要な機能が付いた良いものを選んでください。

収納やおしゃれ感を意識するなら「着脱式ハンドル」がおすすめ

収納やおしゃれ感を意識する方は着脱式ハンドルになっている鉄フライパンを選びましょう。調理した後にハンドルを外してそのまま食卓に出すとおしゃれな感じがします。取っ手を外すとコンパクトになり、狭いスペースでも収納できるのもポイントです。

レシピの幅を広げたいなら「網・ふた付き」がおすすめ

レシピの幅を広げたい方は、ふたと網が付いている商品を選びましょう。鉄はじっくり火を通せるので、燻製料理や蒸し料理も自宅で簡単に作れるようになります。手に入れたら、さまざまな料理に挑戦してみましょう。

手間を省きたいなら「手入れ不要の鉄製フライパン」がおすすめ

空焼き・油返し・錆び防止不要のフライパンは鉄フライパンを使いたいけど、面倒くさい手入れは嫌いな方におすすめです。特殊な加工をされているので手入れ不要で、お手入れは使い終わった後に普通に洗うだけで済みます。

 

錆びたまま使用していると体に影響を及ぼしてしまうため、清潔に使いたい方も検討してみてください。

オール電化住宅なら「IH対応の鉄フライパン」がおすすめ

オール電化の住宅にお住まいの方はIH対応のフライパンを選びましょう。加熱ムラが生じるので、フライパンのサイズはIHの範囲より小さいものが適しています。直火にも対応する商品なら、どこでも使えて便利です。

卵料理が好きなら「卵焼き用」がおすすめ

卵料理が好きな方はぜひとも卵焼き用フライパンを用意しましょう 。じっくり火が通るので、焼きあがりが全然違います。卵は味が移りやすいので、卵焼き用のフライパンではほかの食材を調理しないのがおすすめです。

メーカー・ブランドなどで選ぶ

鉄フライパンは人気メーカーやブランドから選ぶのも良い方法です。メーカーごとに商品の特徴が異なるので、紹介します。

サビや焦げ付きが気になるならリバーライト社の「極JAPAN」がおすすめ

リバーライト社の「極」と「極JAPAN」は、サビや焦げ付きが発生しにくいフライパンの代表格です。鉄板の表面に特殊な窒化処理を行い、鉄の性質はそのままに耐食性を高めています。

 

リバーライト社は1976年の創業以来、家庭用の鉄フライパンひと筋にこだわってきた会社なのもポイントです。

日本製の高級品なら「燕三条」がおすすめ

日本製で優秀な高級鉄フライパンが欲しい方は、「燕三条」製と記載されている製品を選びましょう。燕三条地区は新潟県にあり、金属加工の中心地として古くから知られています。IH対応や樹脂加工など、機能的な商品があるのもポイントです。

アウトドアやキャンプで使うなら「ジュウ」がおすすめ

アウトドアやキャンプで使う鉄フライパンなら、ジュウ(JIU)がおすすめです。お皿としても使えるので、焼きあがった料理をフライパンのままで食べられます。スタッキング可能で収納も便利です。

 

ジュウの鉄フライパンは木製の持ち手を採用しています。独特の温かみを感じられると評判です。

シンプルなデザインが好きなら「無印良品」がおすすめ

シンプルなデザインの鉄フライパンなら、無印良品がおすすめです。シーズニングをしてじっくり育てるものからセラミックコートなど便利機能がある商品まで展開していて、どれも低価格で手に入れられます。

味わい深い艶が出るものなら「ターク」がおすすめ

タークのフライパンは、職人の手によって作られているクラシックシーズが有名です。見た目は荒々しいのですが、使いこむにつれて味わい深い艶が出てきます。クラシックシリーズのフライパンは野菜・お肉・卵焼きなどをムラなく焼けるのも魅力です。

食材がくっつかないものなら「柳宗理」がおすすめ

柳宗理のフライパンは、左右が張った形状・窒化加工・ダブルファイバーライン加工などが特徴です。窒化加工・ダブルファイバーラインで食材が調理面にくっつきにくいので、調理や後片付けをスムーズにしたい方に適しています。

油の吸収性が良いものなら「ビタクラフト」がおすすめ

ビタクラフトの鉄フライパンは、独自の窒化4層加工を施しているのが特徴です。錆びにくくて丈夫なうえに油の吸収性が良いため食材が焦げ付きにくく、料理がよりおいしく仕上がります。お手入れが簡単なのもポイントです。

初心者でも使いやすいものなら「藤田金属」がおすすめ

藤田金属の鉄フライパンは独自のハードテンパ-加工を採用しているのが特徴です。使い始めにシーズニングをする必要がないので、初心者でも簡単に扱えます。食材がこびりつきにくく、サビにくいのもポイントです。

より旨味を引き出したい方なら「山田工業所」がおすすめ

山田工業所の鉄フライパンは、国内唯一である打ち出し式を採用しているのが特徴です。手作りのぬくもりを感じられるだけでなく、蓄熱や保温性にも優れています。食材にしっかりと熱を伝え、旨味を最大限に引き出すのがポイントです。

焦げにくく油馴染みが良いものなら「南部鉄器」がおすすめ

南部鉄器のフライパンは使い込むほど焦げにくく油馴染みも良くなるのが特徴です。熱伝導が良いうえに厚みもあるので、強火での調理にも問題なく使えます。最近の南部鉄器商品は低価格なものも増えているので、興味のある方は探してみてください。

使いやすくて値段が安いものなら「ニトリ」がおすすめ

値段が安くて使いやすい鉄フライパンを手に入れたい方にはニトリがおすすめです。ニトリのフライパンは一般家庭で使うのを前提にしながら、アウトドアでの使用にも対応するものもたくさんあります。

鉄フライパンの人気おすすめランキング4選

厚さ1.5mmの鋳鉄フライパン

鋳鉄製で厚さ1.5mmのフライパンです。高い熱伝導率で、炒め物もステーキも食材の旨味を逃さずに調理できます。重さは一般的な鋳鉄製フライパンの3分の1程度なので、女性にもおすすめです。

直径 24〜28cm 重量 850〜1,150g
持ち手の素材 シーズニング -

口コミを紹介

商品のセールスコピーには、時々「あれ、違うじゃん」と思うもの多いのですが、本品は期待通りの使い勝手でした。推薦いたします。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

イービーエム(EBM)

鉄厚板 ブルーテンパー フライパン

業務用に作られた本格派

業務用の鉄フライパンを探している方におすすめです。フライパン向きに加工した鉄板「ブルーテンパー」で作られています。サビに強く、表面に細かい凹凸があって、油馴染みが良いのも特徴です。始めに空焚きすると長く使えます。

直径 18〜45cm 重量 600〜4,000g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

大阪・日本橋の道具屋筋でオムレツ専用のフライパンを買って使っていましたが少し大きなサイズが必要となり、今回購入しましたが調理の速さに、驚きです。熱ムラもなく、プロの料理人のような仕上がりで、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

和平フレイズ(Wahei freiz)

鉄炒め鍋 28cm 匠弥(たくみや)

深めに設計されていても軽い日本製フライパン

新潟県燕三条地区で匠がこだわりを持って製造した鉄フライパンです。始めに空焚きをすると長く使えます。深めに設計されているので食材がこぼれにくいのも特徴です。本格派でも軽量で手入れが簡単ですので、ぜひとも1つ手に入れましょう。

直径 18〜28cm 重量 558~1,290g
持ち手の素材 木製 シーズニング

口コミを紹介

今まで使っていたテフロン加工のフライパンの、発がん性のあるテフロンが薄くなってきたのと、鉄分を補うために思い切って購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ターク(turk)

ドイツ クラシックフライパン 28cm

ドイツ職人手作りの逸品

ドイツの職人が丹精込めて手作りしたフライパンです。鉄ででき持ち手は長く作られています。調理中に手が厚くなりにくいのがポイントです。空焼きやシーズニングをきちんとして、長く使い続けましょう。

 

本商品はサイズ展開も豊富で、直径20cmから30cmのものまであります。家族の人数に合わせて選びましょう。焚き火でも使えるので、アウトドアで厚みのある肉を焼くのにもおすすめです。

直径 20〜30cm 重量 1,000〜1,800g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

フライパンにくっつく事なく大変美味しいハンバーグができました。
テフロンのフライパンより焼き上がりが良く、何故かいつもよりハンバーグが美味しく感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

鉄フライパンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 直径 重量 持ち手の素材 シーズニング
アイテムID:11725573の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ドイツ職人手作りの逸品

20〜30cm

1,000〜1,800g

アイテムID:11725670の画像

楽天

Amazon

ヤフー

深めに設計されていても軽い日本製フライパン

18〜28cm

558~1,290g

木製

アイテムID:11725667の画像

楽天

Amazon

ヤフー

業務用に作られた本格派

18〜45cm

600〜4,000g

アイテムID:11725664の画像

楽天

Amazon

ヤフー

厚さ1.5mmの鋳鉄フライパン

24〜28cm

850〜1,150g

-

シーズニング不要の鉄フライパン人気おすすめランキング5選

多様な熱源に対応する初心者向け商品

鉄に特殊加工を施したフライパンです。油が馴染みやすく熱伝導率が高いので、快適に調理ができます。耐久性があり、200VのIH・ハロゲンヒーター・シーズヒーター等多くの熱源に対応するのもポイントです。

直径 25cm 重量 765g
持ち手の素材 木柄 シーズニング 不要

口コミを紹介

ほかの鉄のフライパンと比べるとレビューも少なかったし、安いしで不安だったのですが、今のところ買って満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

焦げ付きやサビが付きにくい

窒化処理で「焦げにくく錆びにくい」を実現した鉄フライパンです。空焼きやシーズニングも必要がないうえにとても丈夫で、30年は使い続けられます。取っ手がないのでオーブンやグリルで調理したらそのままテーブルに出しましょう。

直径 20〜28cm 重量 343〜1,070g
持ち手の素材 別売り シーズニング 不要

口コミを紹介

空焼き不要、サビつかず、焦げ付かず、耐久年数30年以上、言わば一生モノ。
インドアでもアウトドアでも使える逸品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ビタクラフト(Vita Craft)

炒め鍋 深型フライパン

有名なメーカーの扱いやすいフライパン

窒化4層加工が施されて「錆びにくく、こびりつきにくい鉄フライパン」です。メーカーの優れた技術を生かすのはもちろん、品質管理も徹底して行われています。使い始めのシーズニングや調理後の油引きが不要なのがポイントです。

直径 20〜28cm 重量 660〜1,100g
持ち手の素材 ステンレス シーズニング 不要

口コミを紹介

お手入れも面倒臭がりの自分でも問題なく出来る程度、というか洗剤を使わずに洗うという点も楽で良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

柳宗理(Yanagi Sori)

マグマプレート鉄フライパン

独自のデザインで左利きの方にもおすすめの高級品

非常に人気がある柳宗理の鉄フライパンです。左右に張り出している特徴的な部分は、食材を容器に移すときに注ぎ口になります。右利き・左利きどちらでも使いやすいよう配慮されているのがポイントです。

 

表面はマグマプレート加工で凸凹していて、油が良く馴染みます。シーズニングが不要なうえ焦げ付きやこびり付きが少ないので、お手入れの手間をなるべく少なくしたい方におすすめです。

直径 18〜25cm 重量 660〜1,400g
持ち手の素材 フェノール樹脂 シーズニング 不要

口コミを紹介

IHで使用してますが、まずフライパンの形が、お湯を捨てるときや、お皿に盛るときに便利です。左右両方が「く」の字型になっているので右利き左利きどちらの方でも使いやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

シーズニング不要で多くの熱源に対応

シーズニング不要でIH・ガス火・ハロゲンヒーターなど多くの熱源に対応するフライパンです。厚さ1.2mmなので、食材に早く火が通ります。炒め物はもちろん、ステーキなど分厚い食材を焼いてもおいしいのでぜひ試しましょう。

 

本商品は軽量で振り調理もしやすく、使用後はタワシでこすり洗いして乾かすだけで手間がかからないのが特徴です。重さや手入れの問題で鉄フライパンを敬遠している方も前向きに検討してみてください。

直径 26cm 重量 0.8kg
持ち手の素材 シーズニング 不要

口コミを紹介

初めて鉄フライパンを買いました。
扱いやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

シーズニング不要の鉄フライパンおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 直径 重量 持ち手の素材 シーズニング
アイテムID:11725690の画像

楽天

Amazon

ヤフー

シーズニング不要で多くの熱源に対応

26cm

0.8kg

不要

アイテムID:11725687の画像

楽天

Amazon

ヤフー

独自のデザインで左利きの方にもおすすめの高級品

18〜25cm

660〜1,400g

フェノール樹脂

不要

アイテムID:11725684の画像

楽天

Amazon

ヤフー

有名なメーカーの扱いやすいフライパン

20〜28cm

660〜1,100g

ステンレス

不要

アイテムID:11725681の画像

楽天

Amazon

ヤフー

焦げ付きやサビが付きにくい

20〜28cm

343〜1,070g

別売り

不要

アイテムID:11725678の画像

楽天

Amazon

ヤフー

多様な熱源に対応する初心者向け商品

25cm

765g

木柄

不要

IH対応の鉄フライパン人気おすすめランキング14選

自宅でもキャンプでも使える

焚火で調理ができる丈夫なフライパンが欲しい方におすすめです。自宅でもキャンプでも食材にしっかり火を通せます。別売りの持ち手を付けたり、GORAシリーズの他製品と共有したりしてメニューの幅を広げましょう。

直径 16〜22cm 重量 433~855g
持ち手の素材 別売り シーズニング

口コミを紹介

GORAとスタッキングできリフターが共用できるフライパンと言う事で買ってみました。

出典:https://www.amazon.co.jp

一人暮らしにおすすめの小さいフライパン

一人暮らしの方におすすめの小さくて低価格なフライパンです。IHクッキングヒーターにも対応しています。卵焼きやウインナーのようなおかずを短時間で調理できるのもポイントです。持ち手が短くておしゃれなので、そのまま食卓に並べられます。

直径 15〜21cm 重量 570~1,100g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

家族3人で家でアヒージョをするのに購入。100均のスキレットを使っていましたが小さくて物足りないので一回り大きい物を探した所こちらがちょうど良い大きさでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

料理研究家が監修したフライパン

料理研究家の有元葉子さんが監修したラバーゼブランドのフライパンです。鉄の表面に焼き入れを施したブルーテンパー材を採用しています。表面の細かい凹凸で油が良く馴染み、料理がおいしく仕上がると評判です。IHでもオーブンでも使えます。

直径 18〜26cm 重量 425〜975g
持ち手の素材 アルミニウム合金 シーズニング

口コミを紹介

取手の短さが、使いやすく、意外に重さを感じさせない構造です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

deBUYER(デバイヤー)

鉄フライパン 26cm ミネラルビー エレメント

オーガニックビーワックスで酸化防止

フランスの老舗調理器具メーカー「デバイヤー」の商品です。オーガニックビーワックスが使用開始までフライパンの酸化を防いでいます。使い込むほどにだんだん黒くなり、油の馴染みが良くなるのがポイントです。

 

野菜はシャキッと、肉類は旨みを閉じ込め香ばしく焼き上がるのでプロの料理人も愛用しています。軽量で女性や力の弱い方でも振り調理がしやすいと評判です。ぜひとも手に入れて家庭で、アウトドアで活用しましょう。

直径 20〜28cm 重量 1,042~2,180g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

使ってみて驚きました。料理がさらに楽しくなりました。テフロン加工に比べ焦げやすい所に注意が必要ですが、それは使っていくうちになれるかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

底面を厚くした鉄フライパン

底面は2.3mmと厚く作られているフライパンです。多くのプロの意見を聞いて開発されました。側面は薄くして軽量化を実現しています。鉄板の表面は多孔質なので、使い込むほど油馴染みが良くなるのが特徴です。

直径 16〜40cm 重量 400〜2,500g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

強火でもフライパンを気にすることもないので料理が早く作れるし、ほとんどこびりつかない。何より目玉焼きがおいしい。手入れも金属たわしで水洗いして内側をキッチンペーパーで水気をふきとるだけで良いので買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

IH対応できちんと蓋ができる

200VのIHクッキングヒーターにも対応するフライパンです。持ち手は樹脂製で、調理中に手が熱くならないように作られています。隙間なくきちんと蓋ができるのもポイントです。炒め物から焼き物まで、幅広く使いましょう。

直径 20〜28cm 重量 650~1,160g
持ち手の素材 フェノール樹脂・アルミ シーズニング

口コミを紹介

焼きそばも全く、くっつく事なく同じ麺にも関わらずテフロン加工がまだ十分だった頃のフライパンと比較してみても今回購入した鉄フライパンの方が味や食感も全然上です。

出典:https://www.amazon.co.jp

打ち出し製法で持ち手も金属製

鉄を叩き出す独自の「打ち出し製法」によって作られたフライパンです。表面の細かな凹凸がフライパンに油を馴染みやすくします。焦げ付きを抑え、料理をスピーディーに仕上げられるのが特徴です。

 

鉄板の厚さ2.3mmなのでステーキやローストビーフなど、じっくりとムラなく火を通したいメニューに適しています。重さは1,100g程度で扱いやすく、長く使い続けられるおすすめの逸品です。

直径 22〜30cm 重量 1,015〜1,865g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

打ち出し製法によって鉄が鍛錬されて、鍋底の周囲には鉄の波紋が広がっています。無骨だけど美しい、鉄の工芸品です。これから毎日使って育てていくのが楽しみです。こんな気持ちになれるとは、買って良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

大きいのに軽くて調理しやすい

新潟県燕三条地区生まれの日本産鉄フライパンです。IHにも対応しています。軽くて使いやすいのがポイントです。使い始めはコート焼きとシーズニングが必要ですが、本格的でコスパの良い鉄フライパンが欲しい方は前向きに検討しましょう。

直径 18〜28cm 重量 520〜1,000g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

金ダワシでゴシゴシやっても、その後の処理をしっかりやれば赤さびが出ることはありません。もちろん素材がフライパンにくっつくこともありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

プリンス工業(Prince Industry)

鉄のフライパン FDスタイル

デザイナーが作った美しいフライパン

デザイナーがフライパン工場・メーカーと話し合いを重ねて開発した美しい鉄フライパンです。海外でも多く使われています。表面にオキシトナイト加工を施し、錆びや焦げが付きにくくしているのもポイントです。

直径 20〜26cm 重量 620〜975g
持ち手の素材 天然木 シーズニング -

口コミを紹介

不都合なく、焦げ付きもなく、他社の鉄フライパンと比べてもとても良いコンディションです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

軽量で後片付けが簡単なフライパン

軽量で後片付けが簡単な鉄フライパンです。油馴染みが良く、少量の油で調理ができます。優れた熱伝導と蓄熱性で食材の旨味を逃さず、外はカリっと中はジューシーに仕上がるのもポイントです。

 

料理初心者の方でもおいしいおかずを作れるので、初めて一人暮らしをする方にも適しています。調理後に汚れを落とした後、食用油を塗る必要がないのもメリットですので、家事の時間を短縮したい方も検討しましょう。

直径 26cm 重量 約860g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

電磁調理器用として安くて使いやすいです。同じものを2個買って使いまわしています。不満はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

身体に害のないptfe・pfoaフリーの王道鉄フライパン

フライパンの表面に窒化鉄層と酸化鉄層を形成した、錆びにくいフライパンです。表面の硬さは鉄の5倍あります。短時間で調理ができるうえ面倒な手入れが不要な逸品です。本格的な鉄フライパンを長く大切に使いたい方はぜひとも手に入れましょう。

 

深めに設計されているので食材がこぼれにくく、煮る・茹でる・蒸す調理法にも対応します。金属製のお玉やヘラが使えるのもメリットです。また、ptfe・pfoaフリーで体に影響もありません。

直径 16〜28cm 重量 390~1,300g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

半年使っての感想:とにかく肉と餃子と卵料理が美味しくなりました。
お使いのIHでタイマーを活用して余熱時間、火力、油を入れるタイミングをいろいろ試してください。

出典:https://www.amazon.co.jp

食材の旨味を閉じ込める人気フライパン

食材を均等に加熱しムラなく焼き上げられる人気のフライパンです。油馴染みも良く、素早く食材に熱が伝わる為、旨味も逃がさずに調理できます。また、鉄の表面を特殊熱処理しているため、傷にも強く錆びにくいのもポイントです。

 

また、柄の握りやすさも人気の理由の1つで、快適に調理ができます。より美味しい料理を作りたい方はチェックしておきましょう。

直径 26cm 重量 950g
持ち手の素材 シーズニング

口コミ紹介

使い勝手はいいと思います
私には初めての鉄フライパンです

出典:https://www.amazon.co.jp

オール熱源対応の高品質なフライパン

強火で一気に調理ができるオール熱源対応のフライパンです。通常の鉄製フライパンよりも軽量で長時間調理しても手が疲れません。また、フライパン自体の深さもあるため、焼き料理はもちろん、煮込み料理などにも活用できます。

 

食材がフライパンにくっつきにくくなっているため、さまざまな食材を焼きたい方にもおすすめです。使い勝手の良いフライパンをお探しの方は是非検討してみてください。

直径 26cm 重量 779g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

初の鉄フライパン。一人暮らしなら20センチで事足りる。深めのフライパンというのも良い!牛肉が美味しく焼けて感動!

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルで上品なデザインのフライパン

インテリアデザイナーの小泉誠が手掛けたおしゃれなフライパンです。シンプルでありながら上品なデザインで、和洋問わずに気軽に使えます。ファイバーライン加工によって、焦げ付きやこびりつきを防げるのもポイントです。

 

また、掴みやすくて水に強いチーク材を取っ手部分に使用しています。オムレツだけでなくさまざまな料理を手軽に調理したい方におすすめです。

直径 24cm 重量 約920g
持ち手の素材 シーズニング

口コミを紹介

商品自体はとてもしっかりしていて良いものだと思います。
見た目のデザインもgood.

出典:https://www.amazon.co.jp

IH対応の鉄フライパンおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 直径 重量 持ち手の素材 シーズニング
アイテムID:11725734の画像

楽天

Amazon

ヤフー

シンプルで上品なデザインのフライパン

24cm

約920g

アイテムID:11725731の画像

楽天

Amazon

ヤフー

オール熱源対応の高品質なフライパン

26cm

779g

アイテムID:11725728の画像

楽天

Amazon

ヤフー

食材の旨味を閉じ込める人気フライパン

26cm

950g

アイテムID:11725725の画像

楽天

Amazon

ヤフー

身体に害のないptfe・pfoaフリーの王道鉄フライパン

16〜28cm

390~1,300g

アイテムID:11725722の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量で後片付けが簡単なフライパン

26cm

約860g

アイテムID:11725719の画像

楽天

Amazon

ヤフー

デザイナーが作った美しいフライパン

20〜26cm

620〜975g

天然木

-

アイテムID:11725716の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大きいのに軽くて調理しやすい

18〜28cm

520〜1,000g

アイテムID:11725713の画像

楽天

Amazon

ヤフー

打ち出し製法で持ち手も金属製

22〜30cm

1,015〜1,865g

アイテムID:11725710の画像

楽天

Amazon

ヤフー

IH対応できちんと蓋ができる

20〜28cm

650~1,160g

フェノール樹脂・アルミ

アイテムID:11725707の画像

楽天

Amazon

ヤフー

底面を厚くした鉄フライパン

16〜40cm

400〜2,500g

アイテムID:11725704の画像

楽天

Amazon

ヤフー

オーガニックビーワックスで酸化防止

20〜28cm

1,042~2,180g

アイテムID:11725701の画像

楽天

Amazon

ヤフー

料理研究家が監修したフライパン

18〜26cm

425〜975g

アルミニウム合金

アイテムID:11725698の画像

楽天

Amazon

ヤフー

一人暮らしにおすすめの小さいフライパン

15〜21cm

570~1,100g

アイテムID:11725695の画像

楽天

Amazon

ヤフー

自宅でもキャンプでも使える

16〜22cm

433~855g

別売り

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「フライパン」ランキング 鉄

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

鉄フライパンのメリット・デメリットを知っておこう

鉄フライパンのメリットは熱伝導率の高さと本体の丈夫さです。熱伝導率が高いと温まるのが早く、火をつけてすぐに調理を始められます。高温に耐えられるうえ衝撃にも耐えるので、アウトドアで使うのにもおすすめです。

 

デメリットとしては重量があり、シーズニングなど手間のかかる点が挙げられます。

鉄フライパンの使い方・お手入れ方法をチェック

鉄フライパンの使い始めにはシーズニング作業が必要です。使い方やお手入れ方法を覚えて、しっかりと行いましょう。

使い始めには原則シーズニングを行う

シーズニングは買ってきた鉄フライパンを使う前に必要な作業です。サビ止めの塗料やワックスを焼き切り、新たに食用油を馴染ませるために行います。始めに、新しい鉄フライパンを白い煙が出るまで空焼きをしましょう。

 

煙が出なくなったらフライパンをゆっくり冷まして粗熱を取り、お湯とスチールタワシできれいに洗って乾燥させます。鉄フライパンを再び火にかけたら食用油をたっぷり入れて、フライパンの表面に馴染ませてください。

 

食用油が良く馴染んだら油をオイルポットに空けましょう。最後にフライパンをペーパータオル等で拭いて完了です。油ならしはフライパンが焦げ付きにくくなるまで、繰り返しおこなうと調理が快適になります。

お手入れに洗剤は使わない

鉄フライパンを使い終わったら、洗剤を使わずお湯をかけながらタワシなどを使って洗いましょう。洗剤を使うとせっかく馴染んだ油が落ちてしまい、また油慣らしの作業が必要になります。

 

汚れが落ちたら再び火にかけて乾燥させ、薄く油を塗ってください。繰り返すと、鉄フライパンはどんどん「育って」使いやすくなります。

くっつく焦げやサビへの対処は適切な方法で行う

鉄フライパンに焦げがくっついたら、フライパンに水を張ってしばらく置き、焦げを浮かして落としましょう。金属ブラシで削るのは最後の手段にするのがおすすめです。サビはクレンジング剤を使って落としてください。

 

下記の記事ではタワシやサビ取り剤の選び方と人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

特別な育て方をする必要はない

鉄フライパンは日々の調理で使う油が浸み込んだり、お手入れで表面の傷を防いだりするうちに、だんだん育っていきます。特別な育て方をする必要はありませんので、毎回のメンテナンスを怠らず、長く使い続けて自分だけのフライパンにしましょう。

ゴキブリを寄せ付けない対策をしておこう

鉄フライパンはゴキブリを寄せ付けやすいのもデメリットです。保管する時はフライパンを箱・袋・ケースの中に片付ける、フタを閉めてフライパンの表面に近づけないようにするなど何だかの対策をしましょう。

 

下記の記事では、フライパン用フタの選び方や人気おすすめランキングをご紹介しています。併せてご覧ください。

フライパンはさまざまな種類の素材がある

フライパンの素材には鉄だけでなく、ステンレス・チタン・セラミックなどさまざまな種類の素材を採用されています。素材によってそれぞれ長所や短所がありますので、よく確認して、自分に合ったものを購入しましょう。

 

以下の記事では、さまざまな素材のフライパンの選び方やおすすめランキングを紹介しています。気になる方は、ぜひご覧ください。

鉄フライパンを使ったおすすめ料理

鉄フライパンで調理をするならステーキのようなシンプルなものがおすすめです。火が均等に回るので焼きムラが生じず、特にフッ素加工のフライパンならより高温に耐えられるので「外側はカリッと、内側はソフトでジューシーな」状態に仕上げられます。

 

基本的に鉄フライパンはどんな料理にも使えますが、鉄は酸には弱いので、トマトなど酸味の多い食材は長時間入れっぱなしにしないようにしましょう。

鉄フライパンをやめたくなったら

鉄フライパンを使うのをやめたくなったら、調理前の処置と洗い方を見直しましょう。調理前には必ず油返しをしてください。中火にかけながら多めに食用油を入れて回し、良く油を馴染んだら不要な油を捨ててから調理を始めましょう。

 

使用後は正しい洗い方を実践していれば油が落とされないので、次回からはさらに食材の滑りが良くなります。フライパンが重いと感じる場合は、購入時に重さをしっかり確認するようにするのがおすすめです。

体に害のない別のptfe pfoaフリーフライパンもチェック

安全なフライパンをお探しなら、鉄フライパン以外のptfe pfoaフリーな商品もチェックしてみてください。ptfe・pfoaフリーのフライパンにはコーティングなしのアルミ製やステンレス製のフライパンもあります。

 

どのフライパンも熱伝導率や特徴が異なるので、安全に使えるフライパンを増やしたい方は検討してみてください。

まとめ

鉄フライパンの選び方や人気おすすめランキングをご紹介しました。長く使うからこそ、好みに合うものを選びたいですね。記事を参考にして、自分に合ったものを選んでください。より快適で楽しい料理の時間になるはずです。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

フライパンセットの人気おすすめランキング15選【リュッカ・ティファールのセットも!】

フライパンセットの人気おすすめランキング15選【リュッカ・ティファールのセットも!】

調理器具
【2023年版】IH対応フライパンのおすすめ人気ランキング15選【取っ手が取れる安いものも】

【2023年版】IH対応フライパンのおすすめ人気ランキング15選【取っ手が取れる安いものも】

調理器具
高級フライパンの人気おすすめランキング20選【一生ものの日本製も!】

高級フライパンの人気おすすめランキング20選【一生ものの日本製も!】

調理器具
【プロ監修】フライパンのおすすめ人気ランキング25選【焦げ付かない!】

【プロ監修】フライパンのおすすめ人気ランキング25選【焦げ付かない!】

調理器具
チタン製フライパンのおすすめ人気ランキング10選【くっつくのを防ぐものも!】

チタン製フライパンのおすすめ人気ランキング10選【くっつくのを防ぐものも!】

調理器具
ステンレスフライパンの人気おすすめランキング21選【日本製も!】

ステンレスフライパンの人気おすすめランキング21選【日本製も!】

調理器具