テレビ録画対応外付けHDDの人気おすすめランキング10選【安いものや4K対応の録画機器も】

ブラビア・ビエラなどのテレビには、録画用ハードディスクがあるとテレビ番組をより快適に楽しめます。また、ブルーレイレコーダーよりも手軽に録画環境を用意できるのがテレビ用外付けHDDの特徴です。今回はテレビ用外付けHDDの選び方や、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

テレビ録画対応外付けHDDを活用して録画番組を楽しもう

テレビの番組を録画保存していると、いつの間にか容量がいっぱいになってしまいます。そんなときに、USBケーブル1本を接続するだけで手軽に容量を増やせるのがテレビ録画対応外付けHDDです。外付けHDDがあれば、録画容量を気にせずに録画番組を楽しめます。

 

しかし実は、テレビ用ハードディスクにはさまざまな種類があるため、使用しているテレビで使用できない場合もあるのです。また、レグザ・ブラビア・ビエラ用や、NASやミラーリングなどの機能もたくさんあり、選ぶのが難しくなっています。

 

そこで今回は、テレビ用録画対応外付けHDDの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは安定性・価格・耐久性を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

テレビ・レコーダーに外付けHDDを接続する必要性

最近のテレビには録画機能がついているものがほとんどです。特定キーワードが入った番組を自動で録画できるものや、録画予約なしでも全チャンネルをまるごと録画し、好きなときに過去の番組を楽しめるタイムシフトマシン録画など、便利な機能も多くあります

 

便利な機能が増えた結果、内部ストレージ容量だけでは足りなくなる機会も増加してきました。ストレージ容量が足りなくなると、新たな録画は行われません。後から見返したいときに、シリーズドラマで途中の話数だけ録画できていなかったなんて場合もあります。

 

そうならないよう、事前に外付けHDDでストレージ容量を拡張すると便利です。容量に余裕があれば、「録画した番組を早くチェックして削除しなきゃ」と時間に追われません。ぜひ、外付けHDDを活用して録画番組を楽しんでください。

以下の記事では、テレビのおすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

テレビ録画対応外付けHDDの選び方

テレビ録画対応外付けHDDは、メーカーや容量で選ぶ方法もありますが、用途に適したモデルで選ぶのも重要です。選び方のポイントを紹介しますので参考にしてください。

テレビメーカーの動作確認済みの商品から選ぶ

パナソニックビエラやソニーブラビアなど、各テレビメーカーが外付けHDDの動作確認一覧表を提示しています。その中から選ぶのも1つの方法なので、チェックしてみてください。

バッファローやアイ・オー・データなら「パナソニックのビエラ公式サイト」がおすすめ

パナソニックのビエラ公式サイトが動作確認をしている外付けHDDはパナソニック・バッファロー・アイ・オー・データの3メーカーです。どのメーカーも日本で有名なメーカーですので、ご不安な方は3メーカーの商品から選んでください。

 

また、パナソニックは独自に録画用の外付けHDDを開発していますので、外付けHDDの選び方に迷ったらパナソニック製のものがおすすめです。自社製品同士の組み合わせなので、保証・サポートも充実しています。

 

以下の記事では、Panasonicテレビの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

バッファロー・エレコムなら「ソニーブラビア公式サイト」がおすすめ

ソニー ブラビア公式サイトに掲載されている外付けHDDメーカーは、ソニー・バッファロー・アイ・オー・データ・エレコムの4メーカーです。ソニー以外のメーカーはあくまで掲載しているだけで、ソニーが情報の保証をするわけではない点は気をつけてください。

 

下記リンクはソニー公式サイトへのリンクで、そのなかに「各メーカーがソニーブラビアで実際に動作確認をした結果」のリンクが掲載されています。外付けHDDを購入する前に、テレビの型番をチェックして確認してください。

 

以下の記事では、ソニーテレビの人気おすすめランキング10選をご紹介しています。ぜひご覧ください。

主要3メーカーなら「LG公式サイト」がおすすめ

LG公式サイトに掲載されている接続確認済みの外付けHDDメーカーは、「アイ・オー・データ・バッファロー・エレコムの3メーカーです。外付けHDDといえばこの3社といわれるほど有名なメーカーで、購入後のサポートも充実しています。

 

下記にLG公式サイトへのリンクがありますので、お持ちのテレビで外付けHDDが使えるかを事前にチェックが必要です。サイトにはそれぞれのメーカーへのリンクが掲載されていて、手軽に検索できますのでぜひご確認ください。

 

以下の記事では、LGテレビの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

アイ・オー・データやエレコムなら「東芝公式サイト(レグザ)」がおすすめ

東芝の公式サイト(レグザ)に掲載されている外付けHDDメーカーは、東芝・エレコム・アイ・オー・データ・バッファローの4メーカーです。東芝以外のメーカーはあくまで掲載しているだけで、外付けHDDメーカーの接続確認済みテレビ一覧表を参照してください。

 

接続確認済み以外の外付けHDDを使用した場合、東芝の無償保証が受けられない場合があります。テレビの型番で簡単に対応外付けHDDを検索できますので、外付けHDDのご購入前に必ずチェックしてください。

 

以下の記事では、東芝テレビの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

録画番組の時間が決まっているなら「HDD容量」をチェック

外付けHDDを購入する際、最も注目すべき点が容量です。容量が多ければ多いほど、録画できる番組の数が増えます。容量の多さに比例して価格も高額になりますので、ご予算に合った容量のものを選んでください。

 

テレビ番組を録画・保管するのに使うのであれば、容量は「1~2TB以上」のものを目安にすると良いです。2TBの場合、地デジの画質を落とさない状態で約250時間ほどのテレビ番組を録画できます。以下に容量と録画時間の対応表を用意しましたので、参考にしてください。

HDD容量 録画可能時間(地デジ画質)
100GB 約12時間
500GB 約62時間
1TB(1000GB) 約125時間
2TB(2000GB) 約250時間
3TB(3000GB) 約375時間
4TB(4000GB) 約500時間

オプションで選ぶ

外付けHDDには、データ保存する機能だけではなく、便利に使うためのオプション機能が搭載された商品も豊富にあります。より使いやすくするために好みのものを探してください。

静音性の高さなら「ファンレス設計」がおすすめ

テレビ録画用の外付けHDDならファンレス設計のものがおすすめです。外付けHDDのファンの回転音は意外と大きく、テレビの音声が聞き取り辛くなる場合もあります。静音性の高いファンレス設計なら、そんな稼働音を気にせずテレビに集中できるのもポイントです。

 

デメリットは、外付けHDD内部を冷却する機能がないため、故障する原因になる場合があります。ファンレスのものは、エアーフロー設計がきっちりされていて、熱が外に放出される構造になっているか、しっかりとチェックしてください。

耐久性を求めるなら「放熱性が高い」ものがおすすめ

外付けHDDはその構造の性質上、内部に熱がこもりやすい設計です。内部ディスクにほこりなどが付着するだけで安定した動作ができなくなるので、ほぼ密閉状態で熱がこもりやすくなっています。HDDの耐久性を求める方は、放熱性があるものを選んでください。

 

設置した際に、外付けHDDと設置面との間にスキマができるものをおすすめします。また、アルミ製などの放熱性に優れた素材を使用しているものもぴったりです。商品説明で放熱性の機能を記載している商品もありますので、確認してみてください。

タイムシフト機能を活用するなら「24時間連続テレビ録画対応」がおすすめ

長時間のテレビ録画をしたり、テレビまたはレコーダーに搭載されているタイムシフト機能を活用するなら、24時間連続録画に対応した外付けHDDがおすすめです。

 

外付けHDDを何度も取り外したり電源を入れたり切ったりするのは故障の原因にもなりますが、24時間連続録画対応の外付けHDDなら、そんな心配がなくなります。耐久性が高く、長時間の稼働に耐える高い冷却機能が備わっています。

別の録画機器でも視聴するなら「SeeQVault対応」がおすすめ

テレビ番組の著作権を保護する理由で、テレビ・レコーダーと外付けHDDは接続と同時に紐づけされ録画を行った機器以外での再生ができない仕様になっています。そのため、テレビが2台以上ある方は、外付けHDDも2台用意する必要がありました。

 

SeeQVault対応の外付けHDDでは、別の録画機器でも録画番組を共有して楽しめます。他の部屋のテレビで視聴できるだけでなく、テレビ・レコーダーが故障した際に録画番組の保護が可能です。万が一のときのため、SeeQVault対応のものを準備してください。

高画質の番組も録画するなら「4K対応のHDD」がおすすめ

外付けHDDは、2K番組も4K番組も録画できます。しかし、4K番組はデーター転送容量が大きく、転送スピードの速さ要求されます。4K対応のHDDでは、転送スピードが速く音飛びや画素抜けを防いでくれるので、4K番組を録画するなら4K対応のHDDがおすすめです。

 

なお、4K番組は地デジなどの2K番組の約2倍の容量が必要になるので、4K番組も録画される方は、外付けHDDの容量もチェックしておいてください。

重要な番組があるなら「ミラーリング機能」がおすすめ

ハードディスク内のデータを保護する方法として、ミラーリング機能があります。2台のHDDに同一のデータを保存すると、万が一どちらかが故障してもデータが残る仕組みです。重要な番組を保存したい方は、ミラーリング機能をチェックしてください。

 

外付けHDDを2台準備するのも良いですが、外付けHDDをミラーリングするとよりスマートです。テレビ・レコーダーの故障に備えられ、重要な番組を消失する心配をせずに録画番組の視聴を楽しめます。

スマホ対応で便利にデータ共有をするなら「NAS機能」がおすすめ

「NAS機能」搭載の外付けHDDなら、ネットワークを介して録画データを共有可能です。外付けHDDを取り外さず、別の部屋のテレビで録画した番組を視聴できます。ご家族がそれぞれの部屋で楽しめるので、2~3台のテレビを設置しているご家庭に特におすすめです。

 

最近ではスマホ・タブレット視聴対応の商品もあります。外出先でも気軽に録画番組を視聴できるため、時間を有効活用可能です。大人数でのご使用をお考えなら、NAS機能搭載モデルを検討してみてください。

用途に適したモデルを選ぶ

外付けHDDディスクには、大きく分けて録画用とデータ用の2種類があります。それぞれの商品にしっかりとしたメリットがありますので、ぜひご確認ください。

テレビやブルーレイレコーダーなら「録画用ハードディスク」がおすすめ

録画用ハードディスクは、テレビ番組を録画するのに適したモデルです。テレビやブルーレイレコーダーで録画するのを前提に製造されているので、安定した録画ができます。メーカー側が動作確認をしているため、テレビでちゃんと使えるかが事前にチェック可能です。

 

録画データの読み込み・書き込みの安定性や、転送速度なども事前に確認できます。3年前後のメーカー保証があるのも多く、故障の心配を気にせず使えるのが特徴です。価格が高価になりがちですが、サクサクとテレビ番組を録画したい方におすすめします。

PCには「データ保存用ハードディスク」がおすすめ

データ保存用ハードディスクは、主にPC用として使用するモデルです。録画用より、大容量で価格はリーズナブルです。テレビでも使用は可能ですが、動作確認がされていない場合があります。

 

PCで使用する際は、対応フォーマット・セキュリティチェック機能の確認が必要になります。対応フォーマットは、Windows・Mac間で相互に使えるexFAT・FAT32のものが便利です。

PS4・PS5のゲームに使うなら「USB3.0以上」がおすすめ

PS4・PS5に外付けHDDを使用する場合、スペックをチェックしておいてください。スピードはUSB 3.0以上で、容量は250GB以上のものがおすすめです。PS4・PS5に接続したいときは、必ずメーカー公式サイトなどでスペックと対応可否の確認してください。

 

また、ゲーム用として長時間の使用を考えるなら「MTBF」にも注目してください。外付けHDDの安定性を示す数値で、長いほど高品質の目安になります。事前にしっかりとチェックして、容量を気にせずさまざまなゲームを快適に楽しんでください。

寿命や故障が気になるなら「保証・サポート」もチェック

外付けHDDは長時間の使用が前提のため故障のリスクが高くなりがちです。故障してしまうと今までのデータは消えてしまい、がっかりする方も多いです。データの復旧には専門業者への依頼が必要になる場合もあり、高額な修理代がかかる場合もあります。

 

そんなとき、メーカーの保証・サポートが充実しているかがポイントになります。保証は、購入から1年間前後のものが多いです。また、データ復旧を無料でしてくれるサービスもあるので、購入前にはメーカーの保証がついているかをしっかりと確認してみてください。

種類で選ぶ

外付けHDDは、主に据え置き型とポータブル型に区別されていて、それぞれにメリット・デメリットがあります。どちらがご自身に合っているのかチェックしてください。

容量が大いものなら「据え置き型」がおすすめ

据え置き型はどっしりとした見た目をしています。ハードカバーの小説と同じくらいのサイズ感で、設置後は基本的にあまり動かさずに使用する種類です。手ごろな安い価格で大容量の商品が多く、たくさんのテレビ番組を録画・保存するのにかかるコストが低くなります。

 

また、静音設計などのオプションがついている商品など、豊富なラインナップも魅力です。本体が大きいため場所をとりますが、その他の便利な機能から使い勝手の良いモデルになります。テレビ周りのスペースに余裕がある方は、据え置き型を選んでください。

手軽に持ち運んで使いたいなら「ポータブル型」がおすすめ

小さいものはスマートフォンぐらいのサイズ感で、そのコンパクトさが特徴のポータブル型です。持ち運びがしやすく、録画したテレビ番組を別の部屋で鑑賞する際に役立ちます。電源ケーブルが必要ないものが多く、ケーブル1本で使用できる手軽さも魅力です。

 

コンパクトなため、容量が少ない商品が多く、ラインナップもあまり豊富ではありません。高度な技術が使われているため、価格も高くなりがちです。テレビ周りをすっきりさせたい方や、Windows・Macなどのパソコンでも使いたい方におすすめできます。

テレビ用外付けHDDの人気おすすめランキング10選

10位

BUFFALO(バッファロー)

外付けHDD 2TB HDV-SQ2.0U3/VC

別の録画機器でも視聴できるSeeQVault対応

こちらは、SeeQVaultに対応していて、別の録画機器でも録画番組を再生できる外付けHDDでです。テレビ・レコーダーの故障や買い替えの際にも、録画番組の引継ぎができるので、大切なデータをしっかりと保存できます。

商品サイズ 12.3×20.7×4.1cm 重量 900g
ストレージ容量 2TB SeeQVault対応 あり

口コミをご紹介

静音でとても気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ELECOM(エレコム)

外付けハードディスク 4TB ブラック ELD-QEN2040UBK

縦置き・横置きどちらでもしっかり放熱

静音のファンレス設計で、深夜の録画も快適です。縦置き・横置きのどちらでも対応できる放熱性があり、本体内に熱がこもりにくく耐久性があります。SeeQVaultにも対応しているので、使い勝手の良い外付けHDDです。

商品サイズ 12×18.3×3.5cm 重量 100g
ストレージ容量 4TB SeeQVault対応 あり

口コミをご紹介

東芝のDBR-W1007とDBR-Z620で使用していますが、静かで、ハブを経由しても安定動作し、ほぼ24時間動作させても故障しません。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

I-O DATA(アイ・オー・データ)

外付けHDD 4TB EX-HDAZ-UTL4K

静音性の高い4K対応の録画用ハードディスク

こちらは、静音性の高い録画用ハードディスクです。本体の放熱性を高めるために防振ゴムを採用したケースで限りなく作動音を小さくしています。4K対応のHDDなので、キレイな映像を静かな環境見れるのがポイントです。

商品サイズ 17.2×3.4×11.5cm 重量 800g
ストレージ容量 4TB SeeQVault対応 なし

口コミをご紹介

今回で3回目の購入になりますが、やっぱり小型で安定してて良いですね、

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ADATA(エイデータ)

ポータブルHDD スリムタイプ 1TB ブラック AHV620S-1TU3-CBKEC

USB1本で手軽に容量を増やせるコンパクトタイプ

こちらは、USBケーブル1本を接続するだけで手軽に容量を増やせるポータブルHDDです。  厚さ約1.15cmとコンパクトながらリーズナブルな価格で、スタイリッシュなデザインなのでインテリアにマッチします。

商品サイズ 11.5×7.8×1.15cm 重量 152g
ストレージ容量 1TB SeeQVault対応 なし

口コミをご紹介

お値段も安いしオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ELECOM(エレコム)

外付けハードディスク 2.0TB ELD-ETV020UBK

リビングに馴染んでくれるシンプルデザイン!

スリムでコンパクトなシンプルデザインで、インテリアにも自然に馴染みやすく、すっきりした設置ができます。LEDが後方に配置されているので、テレビの視聴や夜間の使用にも配慮しているのも嬉しいポイントです。

商品サイズ 22.8×21.8×9cm 重量 1.18kg
ストレージ容量 2TB SeeQVault対応 なし

口コミをご紹介

素晴らしい

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

I-O DATA(アイ・オー・データ)

外付けHDD 2TB AVHD-AUTB2

厳しい基準をクリアした高品質なテレビ用ハードディスク

データ領域検査により、録画失敗のリスクを大幅に軽減した高品質なテレビ用ハードディスクです。据え置き型ですが、電源コードが不要なのでスッキリ使えます。公式サポートもあるので、初心者の方にもおすすめの商品です。

商品サイズ 12.4×19.6×4.3cm 重量 1.5kg
ストレージ容量 2TB SeeQVault対応 なし

口コミをご紹介

ハードディスクとしては存分に機能を発揮していると思ったので満点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

SONY(ソニー)

BDZ-FBT2100 4Kブルーレイレコーダー 2TB

3番組同時録画可能!1か月前から録画予約できるブルーレイレコーダー

新作のアニメやドラマを1か月前から録画予約できるブルーレイレコーダーです。3番組同時録画も可能なので、見たい番組がかぶっても見逃しません。4Kで長時間録画ができるため、綺麗な映像を楽しめるのもポイントです。

商品サイズ 22.4x43x5.6cm 重量 3.7㎏
ストレージ容量 2TB SeeQVault対応 あり

口コミを紹介

快適に使えています。HDDの音は気になりません。メニュー画面や番組表の表示の背景が濃い色なので見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

東芝映像ソリューション

D-M210 タイムシフトマシンハードディスク 2TB

タイムシフトマシン対応!ブラビア・ビエラも動作確認済み

レグザはもちろん、ブラビア・ビエラなど数多くのテレビで動作確認済みの商品です。タイムシフトマシンで全チャンネル丸ごと録画したり視聴していた番組の続きをスマホで見られるなど、魅力的な機能がたくさんあります。

商品サイズ 285×59×218mm 重量 約1.8kg
ストレージ容量 2TB SeeQVault対応 あり

口コミをご紹介

起動時間が早く、操作レスポンス、画質設定を中ぐらいにしても十分に鑑賞に耐えられます。外部HDDも増設しましたが、特に問題なく動作しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BUFFALO(バッファロー)

外付けHDD 2TB HDV-SAM2.0U3-BKA

24時間連続録画対応!HDD使用量も一目でわかる

24時間の連続録画に対応した高耐久の外付けHDDです。放熱性に優れたボディ設計で、振動を軽減するシリコンゴムを搭載しています。HDDの使用量が一目でわかるLED通知機能が付いているのも嬉しいポイントです。

商品サイズ 11.4×3.3×17.1cm 重量 約900g
ストレージ容量 2TB SeeQVault対応 なし

口コミをご紹介

HDDの動作音も聞こえなくとても静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BUFFALO(バッファロー)

外付けハードディスク 8TB HD-AD8U3

魅力の大容量!静音・防振設計で快適に映像を楽しめる

4K画質対応と8TBの大容量が魅力になります。従来品より26.5%の小型化を実現し、スッキリ設置できるコンパクトサイズです。静音・防振設計で録画中でも稼働音が気にならず、しっかりとテレビ番組に集中できます。

商品サイズ 17.1×11.4×3.3cm 重量 900g
ストレージ容量 8TB SeeQVault対応 なし

口コミをご紹介

音は静か。縦置き横置きどちらでもゴム脚がしっかりと振動を吸収してくれそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

テレビ用外付けHDDのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 商品サイズ 重量 ストレージ容量 SeeQVault対応
1
アイテムID:10340423の画像
外付けハードディスク 8TB HD-AD8U3

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

魅力の大容量!静音・防振設計で快適に映像を楽しめる

17.1×11.4×3.3cm 900g 8TB なし
2
アイテムID:10340420の画像
外付けHDD 2TB HDV-SAM2.0U3-BKA

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

24時間連続録画対応!HDD使用量も一目でわかる

11.4×3.3×17.1cm 約900g 2TB なし
3
アイテムID:10340417の画像
D-M210 タイムシフトマシンハードディスク 2TB

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

タイムシフトマシン対応!ブラビア・ビエラも動作確認済み

285×59×218mm 約1.8kg 2TB あり
4
アイテムID:10340414の画像
BDZ-FBT2100 4Kブルーレイレコーダー 2TB

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

3番組同時録画可能!1か月前から録画予約できるブルーレイレコーダー

22.4x43x5.6cm 3.7㎏ 2TB あり
5
アイテムID:10340411の画像
外付けHDD 2TB AVHD-AUTB2

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

厳しい基準をクリアした高品質なテレビ用ハードディスク

12.4×19.6×4.3cm 1.5kg 2TB なし
6
アイテムID:10340408の画像
外付けハードディスク 2.0TB ELD-ETV020UBK

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リビングに馴染んでくれるシンプルデザイン!

22.8×21.8×9cm 1.18kg 2TB なし
7
アイテムID:10340405の画像
ポータブルHDD スリムタイプ 1TB ブラック AHV620S-1TU3-CBKEC

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

USB1本で手軽に容量を増やせるコンパクトタイプ

11.5×7.8×1.15cm 152g 1TB なし
8
アイテムID:10340402の画像
外付けHDD 4TB EX-HDAZ-UTL4K

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

静音性の高い4K対応の録画用ハードディスク

17.2×3.4×11.5cm 800g 4TB なし
9
アイテムID:10340399の画像
外付けハードディスク 4TB ブラック ELD-QEN2040UBK

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

縦置き・横置きどちらでもしっかり放熱

12×18.3×3.5cm 100g 4TB あり
10
アイテムID:10340396の画像
外付けHDD 2TB HDV-SQ2.0U3/VC

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

別の録画機器でも視聴できるSeeQVault対応

12.3×20.7×4.1cm 900g 2TB あり

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

外付けHDDの容量が足りないときはダビング・バックアップを!

何度も見返したいドラマや映画を保存していると、いくら大容量の外付けHDDでもいつかは容量がいっぱいになります。せっかく外付けHDDでストレージ容量を拡張したのに、大切なテレビ番組のデータを消すのはもったいないです。

 

そういったときに便利なのが、SeeQVault対応の外付けHDDです。保存したテレビ番組を、USBケーブルをとおしてダビングできます。録画したテレビでなくても再生できるので、バックアップ手段としてもおすすめです。

 

ダビング方法はテレビや外付けHDDによって異なりますが、基本的にはテレビ画面で操作するだけの簡単なものがほとんどです。大切なデータの長期保存や、容量不足・故障の際のバックアップにSeeQVault対応の外付けHDDを活用してください。

PCのデータ移行にも便利な外付けHDD

外付けHDDは、PCの買い替え時のデータ移行にも便利です。外付けHDDを古いパソコンにを接続して、ファイルをコピーします。次にその外付けHDDを新しいパソコンへ接続して、コピーを行ってください。データをフォルダに移動させたら、移行が完了です。

USBの差し込み口もこまめなお手入れが重要

HDD内にほこりが入り込んでしまうと、故障の原因になります。そのため綿棒などを使用して、USBの差し込み口をこまめに掃除してください。またHDDは熱に弱く、熱を放出するテレビの裏に設置しない方が良いです。

テレビ用ハードディスクを認識しない場合の対処法

テレビ番組の録画にテレビ用ハードディスクを使っていると、突然認識しない場合があります。番組が録画されていなかったり、楽しみにしていた録画を見れずにがっかりする場合もあるかもしれません。そんなときは焦らずに、落ち着いて接続状況の確認が大切です。

 

まず最初に、テレビとHDDのケーブルが正しく接続されているかを確認してください。お掃除などのちょっとした振動で、ケーブルが抜けてしまう場合があります。また、HDD本体のスイッチがONになっているかも、あわせてチェックしてください。

 

以上の確認後も認識していない場合は、テレビとHDDの電源を1度切ってください。電源コードも抜いて無通電状態にします。数分間待ってから電源を入れると、テレビ用ハードディスクを無事認識する場合があります。

レコーダーと外付けHDDはどっちがいい?2番組同時録画する場合

レコーダーと外付けHDDはどっちがいいのか迷います。外付けHDDは録画機能だけあればいい方におすすめで、例えば同じ時間にいろいろな番組を録画するぐらいテレビを見ない方や、番組を録画した際に編集をしない方におすすめです。

 

一方ブルーレイレコーダーはテレビ大好きで、お気に入りならディスクへ焼いて保管をする方におすすめです。2番組同時録画したり、再生時にCMを飛ばしたい場合には適しています。

まとめ

ここまでテレビ用の外付けHDDのおすすめランキングを紹介してきました。ストレージ容量を拡張すれば、時間に追われず録画番組を視聴できます。自分にピッタリの外付けHDDを選んで、たくさんのテレビ番組を楽しんでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新】NAS用HDDの人気おすすめランキング10選

【2022年最新】NAS用HDDの人気おすすめランキング10選

NAS
ポータブル外付けHDDの人気おすすめランキング7選【コンパクトな品も】

ポータブル外付けHDDの人気おすすめランキング7選【コンパクトな品も】

外付けハードディスク
HDDレコーダーのおすすめ人気ランキング16選【TVの録画に!】

HDDレコーダーのおすすめ人気ランキング16選【TVの録画に!】

ブルーレイ・DVDレコーダー
【2022年】スマホ連携ブルーレイレコーダーの人気おすすめランキング10選【外出先で操作!】

【2022年】スマホ連携ブルーレイレコーダーの人気おすすめランキング10選【外出先で操作!】

ブルーレイ・DVDレコーダー
【専門家監修】ブルーレイレコーダーのおすすめ人気ランキング13選【メーカーもご紹介!】

【専門家監修】ブルーレイレコーダーのおすすめ人気ランキング13選【メーカーもご紹介!】

ブルーレイ・DVDレコーダー
レグザ外付けHDDの人気おすすめランキング20選【接続方法も】

レグザ外付けHDDの人気おすすめランキング20選【接続方法も】

外付けハードディスク