オーガニックチョコレートの人気おすすめランキング10選【無添加やローチョコレートなど】

オーガニックチョコレートはおしゃれでバレンタインやプレゼントに人気です。市販でも見かけますが、さまざまな専門店・高級ブランドや無添加・植物油脂不使用・砂糖不使用などの種類があります。オーガニックチョコレートの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ローカロリーでおしゃれなオーガニックチョコレート

農薬や化学肥料などを使っていない有機栽培されたカカオ豆から作られたオーガニックチョコレートは、ローカロリーでヘルシー志向の女性を中心に人気です。ギフトやプレゼント向けのおしゃれなオーガニックチョコレートも販売されています。

 

「本当に普通のチョコレートより体に良いの?」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、無添加だけではなく植物油脂や砂糖不使用、化学合成農薬まで使用せずに作るものが多く「本当に体に優しいチョコレート」といえます。

 

海外ブランドを中心に市販で安いものやフレーバーも豊富です。選び方やおすすめ商品のランキングをご紹介します。ランキングはカカオの原産地・ブランドなどを基準に作成しました。バレンタインにもぴったりなので、ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

ViVANI (ヴィヴァーニ)

オーガニック エキストラダークチョコレート99%

ハイカカオなのに食べやすい!専門店ViVANIの店舗でも大人気!

ドイツのブランドViVANI はオーガニック栽培について「生態系に対する私たちの責任」といっています。素材が100%有機栽培で、カカオ豆も最高級のものだけを使用し、コンチングも丁寧で、乳化剤などを使用しない徹底ぶりです。

 

ご紹介しているダークチョコレート99%は甘さを極限まで少なくしました。大人向けのチョコレートです。キレ味の良い後味が特徴で、カカオそのものの苦味を味わえます。少し甘みが欲しい方はカカオ75%もおすすめです。

カカオ豆の産地 パナマ産 カカオ豆の濃度 99%
内容量 80g カロリー 672kcal/100g
オーガニック認定 - フェアトレード -

普通のチョコレートと何が違うの?

オーガニックとは化学肥料や農薬を使わずに栽培する有機農法です。オーガニックチョコレートは、原材料にオーガニック(有機栽培)食材を使用しています。ナッツやミルクも含む全ての素材に農薬や合成の肥料、除草剤などの化学製品が使用されていません。

 

余計なものが入っていない分、カカオの自然な風味が感じられるのも魅力です。製造方法も普通のチョコレートと全く異なります。カカオをメインに砂糖等を加えて作られる点は同じですが、油脂や乳化剤、ブドウ糖果糖液糖などの添加物を極力使用せずに作られます。

 

また保存料・人工甘味料・合成着色料・遺伝子組み換え材料なども、使用せずに製造されているほか、製造施設もほかの製品工場とは独立しており、通常のチョコレートの何倍も手間をかけて作られているので、価格は少しお高めですがヘルシー志向の方に人気です。

オーガニックチョコレートの選び方

オーガニックチョコレートは、砂糖不使用のものやハイカカオで高級なものなど、種類やブランドも豊富です。通販で買えるものもあるのでお気に入りを探してみてください。

まずは「オーガニック認定を受けているかどうか」をチェック

例えば、アメリカの場合、有機認証団体の基準をクリアすると「USDAオーガニック」と呼ばれる認証が商品表示されます。ドイツやスイスなどの欧州では、配合されているすべての原料がオーガニックでないと、有機マークは表示できないので基準が厳しめです。

 

このように、オーガニック認証は国によって規格が異なり、現地の基準に基づいたそれぞれの「認証マーク」がつけられています。

国産なら「JASマーク」の有無をチェック

オーガニックチョコレートを選ぶとき「正規の認定を受けているか」、JASマークの有無をチェックしましょう。JASマークとは、農林水産省の規格をクリアした正規品である証拠で、日本政府がオーガニックであると保証しています。

 

国産のオーガニックチョコレートを選ぶ際は、JASマーク付きのものを選べば間違いありません。ただし、日本の有機食品JAS規格でミルクが対象外となっているように、各国の規格によって若干の差があるのも知っておきましょう

社会貢献するなら「フェアトレードかどうか」をチェック

オーガニックチョコレートを選ぶとき目にする「フェアトレード」とは、カカオ豆の生産者と正当な価格で取引して製造した商品の印です。カカオ豆の生産国はアフリカや南米など発展途上国に多いです

 

過去には、欧米諸国がカカオ豆を法外な安値で取引していた歴史があります。生産者の中には幼い子供まで長時間労働を課されていた事実が発覚し、社会問題になりました。過ちを繰り返さないために、フェアトレード商品を選ぶと生産国を守れます。

 

この仕組みは発展途上国の自立を促すだけでなく、環境保全のためにも重要視されているものです。区別するには、国際フェアトレードマーク・国際団体のフェアトレードマークなどの認証マークが商品に表示してあるか確認しましょう。

カカオに注目して選ぶ

オーガニックチョコレートのメインの原材料はカカオです。使用されるカカオの産地や濃度によって味わいががらりと変わるので、お気に入りのものを見つけましょう。

カカオ豆の味にこだわるなら「お気に入りの原産地」がおすすめ

カカオ豆は産地によって味や濃さが変わります。カカオ豆は世界でも限られた地域、赤道を挟んだ北緯20度から南緯20度までの「カカオベルト」と呼ばれる地帯でしか栽培できません。日本に最も多く流通するガーナ産は酸味・苦味・渋みのバランスが良いのが特徴です。

 

エクアドル産は花のような香りが華やかで、適度な渋みが楽しめる、カカオ感強めになっています。ベネズエラ産は雑味が少なく、渋みや苦味などのバランスが良く、ナッツのような香ばしい香りが特徴です。ペルー産は紅茶のような爽やかな香りがします。

 

ほかにも希少価値の高いマダガスカル産・ベトナム産・ドミニカ共和国産などがあるので、その土地の気候・現地の木や果物・花が風味となって表れるカカオ豆を食べ比べて、ぜひ産地ごとの味の違いを楽しんでみてください。

甘み・苦味を重要視するなら「カカオ濃度」にこだわるのがおすすめ

カカオの濃さによってもチョコレートの味は大きく変わります。オーガニックチョコレートを選ぶときは、ラベルの原材料の名称にも注目しましょう。カカオ濃度の数値が高いほど濃厚で甘みが少なく、カカオ本来の味わいを楽しめます。

 

原材料には主に2種類の表示があり「チョコレート」とは、「カカオ分が35%以上、あるいはカカオ21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上のチョコレート生地を全重量の60%以上使用したもの」です。

 

対して「準チョコレート」とは、「カカオ分が15%以上、あるいはカカオ分7%以上かつ乳固形分12.5%以上の準チョコレート生地を全重量の60%以上使用したもの」をいいます。また、カカオの含有量が70%を超える高濃度タイプだと苦味が強いです。

100%オーガニックにこだわるなら乳化剤不使用の「無添加」がおすすめ

オーガニックチョコレートを選ぶときは「カカオ豆以外の原材料もすべて100%オーガニックかどうか」も重要です。せっかくなら白砂糖や人工的な甘味料、余計な添加物が入っていない無添加を選びましょう。

 

なかには白砂糖・防腐剤・合成着色料入りものもあるので、素材にこだわるなら原材料表示をチェックしてください。成分表示がシンプルなものを選ぶと、乳化剤不使用で添加物の入ってない、カカオ豆本来の味を楽しめるオーガニックチョコレートに出会えます。

 

また素材がすべて有機栽培でも、含有割合が商品によって異なり、ナッツや砂糖の表示が、カカオより先に原材料表示に記載されているものはあまりおすすめしません。1番最初にカカオが記載されている商品こそ、本物のハイカカオチョコレートです。

低GI食品を意識するなら「砂糖不使用」がおすすめ

砂糖不使用のオーガニックチョコレートには、甘味料そのものが入っていないタイプがあります。カカオ本来の苦味を存分に味わえるタイプで、甘いものが苦手な方や、料理に使いたい方におすすめです。砂糖の代わりにはちみつなどを使っているタイプもあります。

 

ダイエット中の方やなるべく体に優しい素材のものを食べたい方におすすめです。さらにオーガニックチョコレートには「低GI食品」である側面もあります。低GI食品は、インスリンの急激な分泌を抑えてくれるため、肥満や糖尿病の予防に良いです

 

オーガニックチョコレートにココナッツネクターで甘みを加えている商品があります。ココナッツネクターも低GI食品なので同じく健康に良いです。以下の記事では、蜂蜜の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

健康を気遣うなら市販でも「植物油脂不使用」がおすすめ

なめらかなくちどけのチョコレートに欠かせないココアバターの代わりに、安価な植物油脂を使用しているチョコレートも多いです。植物油脂のなかにはトランス脂肪酸が入っているものも多いため、健康に気遣うなら植物油脂不使用のものが適します。

 

市販されているチョコレートの中にも植物油脂不使用のものがあるので、ぜひ原材料をチェックしてみてください。

ヴィーガンの視点で選ぶ

ヴィーガンの方は卵や牛乳、はちみつといった動物性の食品をとりません。ヴィーガンの考え方からも、オーガニックチョコレートを選んでみましょう。

植物性素材にこだわるなら「ヴィーガン食」がおすすめ

ヴィーガンとは「人が動物から搾取せず生きるべき」と考える人々です。なかでも牛乳・チーズなどの乳製品や、はちみつ・卵などの動物性食品を避けて食生活を贈る「ダイエタリー・ヴィーガン」と呼ばれる人々がいます。

 

ヴィーガン食は、肥満や高血圧などの疾患リスクを下げるかもしれません。アスリートのパフォーマンスを向上させる研究結果も出ています。直接的な原材料だけでなく、原材料の製造過程にも厳しい条件があるため、質素倹約な食生活をイメージしがちです。

 

しかし植物性素材のみでできた体に優しいチョコレートや、アイスクリームなどの商品も販売されています。オーガニックチョコレートの原材料に徹底してこだわるなら、ヴィーガンの考え方を参考にしましょう。

乳製品・乳化剤・上白糖不使用なら「ヴィーガンチョコレート」がおすすめ

ヴィーガンチョコレートは「乳製品・乳化剤不使用」です。乳製品の代わりに、ココナッツミルクやカシューナッツミルクを使用して製造しています。また「上白糖不使用」です。てんさい糖やメープルシロップなどを使用して甘みを出します。

 

使用するカカオも特徴的です。プランテーション栽培ではない契約農場から仕入れており、原材料のトレーサビリティが充実しているメーカーと契約しています。トレーサビリティとは製品の流通経路を生産から消費、廃棄の過程まで把握できるような工夫です。

 

原材料の生産過程まで徹底して気を配るヴィーガンの考え方をすれば、自然と100%オーガニックチョコレートに辿り着きます。気になる方は以下の記事もご参考ください。

用途で選ぶ

オーガニックチョコレートは「用途」によっても選び方が変わり、ギフトにおすすめの個包装のものや、お菓子作りに適した板チョコなど、さまざまな種類があります。

自分用なら「好みの甘さ・食感・フレーバー」がおすすめ

オーガニックチョコレートを自分のために買うなら、好みに合ったものを選びましょう。ビターなチョコレートがお好きな方は、ハイカカオチョコレートがおすすめです。砂糖不使用のものもカカオの濃厚な苦味を感じられます。

 

ミルクチョコレートがお好きな方はややカカオの含有量が少なく、砂糖が入っているものがおすすめです。また食感を重視したい方は、ナッツやドライフルーツなどが入っているとザクっとした食感を楽しめます。

 

ほかにもラム酒が入った大人のチョコレートタイプなど、さまざまなフレーバーがあるのでお好みのものをセレクトしてみてください。以下の記事では、タイガーナッツとオーガニックドライフルーツの人気おすすめランキングをご紹介しています。

バレンタインギフト・プレゼント用なら「専門店や高級ブランド」がおすすめ

オーガニックチョコレートはバレンタインのギフトやお祝いなどのプレゼントにもおすすめです。味や素材にこだわりのある方にも大変喜ばれます。いつもより少しお高めの専門店や高級ブランドを選べば、味も素材も見た目も失敗がありません。

 

またギフト用に選ぶときは1個ずつ個包装になっているものや、おしゃれな箱やパッケージ、袋に入っているものが良いです。チョコレートの見た目も美しい模様がコーティングされていたり、トッピングがかわいいものを選ぶとセンスの良いギフトになります。

お菓子作り用なら「板チョコやタブレットタイプ」がおすすめ

お菓子作りの材料としてオーガニックチョコレートを選ぶときは、板チョコタイプやタブレットタイプのシンプルなものが適しています。特にタブレットタイプは必要な量だけ取り出しやすく、残りを保存するのも便利です。

 

また厚みがなく、湯煎で溶かすのも楽なので、お菓子作り初心者でも扱いやすくなります。お子様にもオーガニックチョコレートを使ったお菓子なら安心です。

安いものならスーパーなどの「業務用・大容量パック」がおすすめ

クッキーやケーキ・パン・チョコレートドリンクなどには、意外と多くのチョコレートを使用します。お菓子作りをよくされる方なら、スーパーなどで市販されている製菓用の大容量パックを選びましょう。

 

「チョコレートが好き・毎日ポリフェノールを摂りたい・仕事や家事の休憩用にストックしておきたい」方も、少量のものより業務用のオーガニックチョコレートを買うのをおすすめします。価格も大量に消費すると考えれば、業務用の方が安い価格でお得です。

有名ブランド・店舗で選ぶ

世界には、数多くのオーガニックチョコレートブランドがあります。初めてオーガニックチョコレートを買う方は、有名なブランド店や輸入食品の店舗で選んでみましょう。

ヴィーガンの方も安心のものなら「ViVANI(ヴィヴァーニ)」がおすすめ

「ViVANI(ヴィヴァーニ)」オーガニック先進国でもあるドイツで100年以上の歴史をもつブランドです。有機栽培されフェアトレードで取引された原料、バナナの葉で覆って発酵したカカオを使用するなど、伝統的な製法を採用しています。

 

包装も適切に管理された森林の木材を使用している「FSC」認証を取得したパッケージを採用しており、中のビニールも約6週間で土へ還る植物性のフィルムを使うなど、徹底したこだわりを持つメーカーです。

 

板チョコタイプと食べきりサイズのバータイプがあり、有機ココナッツシュガーやライスミルクを使用した商品など、ヴィーガンの方も安心して食べられるチョコレートがあります。おしゃれなパッケージが多いので、ギフトやプレゼントにもおすすめです。

カカオを焙煎しないローチョコレートなら「Raaka(ラーカ)」がおすすめ

「Raaka(ラーカ)」は、造船所や港に並ぶ、赤レンガ倉庫がおしゃれなニューヨーク、ブルックリンの港町レッドフックにあるチョコレートメーカーです。原料がほぼオーガニックかつ動物性のものは使わない「ヴィーガンスタイル」を採用しています。

 

また使用するカカオ豆の選定から一貫して行う「ビーントゥバー」を採用しているのも特徴です。カカオ豆を焙煎しないで使用する強いこだわりによって「加熱すると失われてしまう栄養素」と産地ごとのカカオの特徴を残せます。

 

Raakaが作っている「ローチョコレート」は、1970年代にアメリカ西海岸で作り始めたといわれる、低音処理されたカカオを使用したチョコレートです。ポリフェノール・ビタミン・ミネラルなどが多く含まれたチョコレートになり、抗酸化作用が期待できます。

フェアトレードの先駆けなら「Stella Burnrain(ステラバーンレイン)」がおすすめ

スイスの「Stella Burnrain(ステラバーンレイン)」は世界に先駆けて1991年に、フェアトレードチョコレートを開発したブランドです。カカオの苗から育て加工までこだわり抜いて作られたチョコレートは、カカオの旨味を存分に味わえます。

 

小ぶりなサイズのチョコレートなので食べやすく上品なパッケージなので、オーガニック食品がお好きな方へのギフトやプレゼントにもおすすめです。ステラのチョコレート6種類のなかで4種類が「有機JAS認証」を取得しています。

罪悪感なく食べたいなら「NOX ORGANICS(ノックスオーガニックス)」がおすすめ

スウェーデンの製薬会社メソファーマが開発したブランド「NOX ORGANICS」は、「究極の美容系チョコ」としてTV番組などでも紹介されるほど有名です。低カロリー・低GI食品なので、ダイエット中の方や女性にもおすすめします。

 

薬剤師が「食べないより食べた方が良いチョコレート」をモットーに作った健康志向のチョコレートです。100%オーガニックなのに味・香り・食感に一切妥協していません。アサイーやチアシードなどのスーパーフードが配合されているのもポイントです。

 

さらにトランス脂肪酸・乳製品・白砂糖不使用と、まさに究極のオーガニックチョコレートなので、一番オーソドックスな赤いパッケージのプレミアムオーガニックチョコレートを、ぜひ一度お試しください。

馴染みのある輸入食品ショップなら「KALDI(カルディ)」がおすすめ

輸入食品のショップで有名なKALDIもおすすめブランドです。全国的に店舗数も多いKALDIはこだわりのオーガニックチョコレートも取り扱っています。ネット通販はもちろん、実際に店舗に行ってオーガニックチョコレートを選びたい方にも良いです。

 

オーガニックチョコレートに合うコーヒー豆や、チョコレート以外のオーガニック食品を一緒に買えます。プレゼントをお探しの方も実店舗であれば、ギフトの相談もしやすいです。

質の高さ重視なら「成城石井」がおすすめ

成城石井は、全国に店舗を展開する高級スーパーです。チョコレート専門店よりもリーズナブルな価格で購入できるのがメリットで、オーガニックチョコレートの品ぞろえも豊富になっています。価格と質のバランスを重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

オーガニックチョコレートの人気おすすめランキング10選

10位

ネイチャーズ パース

ラブクランチ オーガニックグラノーラ ダークチョコレート&レッドベリー

カルディなど市販で買える!業務用など大容量をお探しの方にも

ネイチャーズ パースのグラノーラはアメリカの消費者が選ぶオーガニック朝食製品No.1のブランドです。全ての製品がオーガニック認証・遺伝子組換作物不使用の認証を取得し、シリアルには植物由来のスーパーフードが使用されています。

 

グラノーラはサクサクした食感で飽きのこない人気のフレーバーです。グラノーラを使ってチョコレートブラウニーなどのお菓子作りにも使えます。お好みのスムージーにトッピングしても美味しいです。お気に入りの食べ方を見つけてください。

カカオ豆の産地 - カカオ豆の濃度 -
内容量 325g カロリー 130kcal
オーガニック認定 ◯(有機JAS認定) フェアトレード -

口コミを紹介

バランスの取れたパーフェクトな味です。ラブクランチ好きで、この味をまだ試していないなら食べて損はないです。安定の美味しさで、食べやすいテイストです。ヨーグルトなどと合わせても邪魔にならず、程よい塩気と甘み、食べ応えがあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Stella Burnrain(ステラバーンレイン)

フェアトレード&オーガニックチョコレート ショコラステッラ ダーク

バレンタインのギフトにおすすめ!おしゃれなパッケージも魅力

スイスのStella Burnrainは1991年に世界で初めてフェアトレードチョコレートを製造、1994年にオーガニックチョコレートを製造・販売しました。チョコラステッラ ダーク味もフェアトレード&オーガニックチョコレートです。

 

カカオの力強い香りとコク、上質な苦味とほのかな甘みがあり、少量でも満足感を得られます。ほかにもさまざまなフレーバーがあり、パッケージもおしゃれでかわいいので、プチギフトにもおすすめです。

カカオ豆の産地 - カカオ豆の濃度 80%
内容量 50g カロリー 307.5kcal
オーガニック認定 ◯(JAS認定・ヴィーガン対応) フェアトレード

口コミを紹介

カカオ含有量の高いチョコに良くある酸味が嫌いですが、こちらは酸味がなくて美味しくいただけました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ナチュラル エディフイック

アーモンドチョコスナック

おやつ感覚で気軽にチョコレートを楽しめる

こちらの商品はナッツにオーガニックチョコレートがコーティングされています。タブレットでチョコレートを食べるのが難しい方でも、おやつ感覚で気軽に摂取可能です。乳製品不使用・グルテンフリーなので安心できます。

カカオ豆の産地 - カカオ豆の濃度 -
内容量 25g カロリー 580kcal(100g当たり)
オーガニック認定 ◯(有機JAS認定) フェアトレード -
7位

Raaka(ラーカ)

オーガニックバーボンキャス・ローチョコレート

成城石井などスーパーで買える!バーボンの香りを閉じ込めたローチョコレート

Raakaの名前の由来はフィンランド語で「生」を意味します。大胆でワイルド、遊び心のある独特なチョコレートを作っているブランドです。ご紹介している商品は2013年アメリカのGood Food Award を受賞しています。

 

カカオ豆本来の味を保つため、未焙煎で2ヶ月熟成して使用し、チョコバーにするためカカオ豆を砕き、4週間空のバーボンバレルでカカオニブを熟成しました。サトウキビなどのハウスブレンドと混ぜ、香りの深い濃厚なチョコレートの完成です。

カカオ豆の産地 タンザニア カカオ豆の濃度 82%
内容量 55g カロリー -
オーガニック認定 ◯(有機JAS認定) フェアトレード -

口コミを紹介

素晴らしい!とても濃い良い味です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

レインフォレストハーブ

有機JASオーガニックダーク100%チョコレートチップ

有機カカオマス100%!砂糖不使用でお菓子作りや業務用におすすめ

有機カカオマス100%・砂糖不使用の有機JAS認定オーガニック商品です。カカオ豆の栽培に化学由来の除草剤・化学肥料が使用されていません。カカオ豆は一般の収穫物と異なる工場で保管・加工するよう管理されています。

 

人工香味料・合成着色料・乳化剤などの添加物も使用していません。一粒のサイズが約1cmと小さいのでお菓子作りに使いやすく、容量も多いので業務用にも適します。味は苦めなので甘みを加えると食べやすいです。

カカオ豆の産地 ペルー カカオ豆の濃度 100%
内容量 500g カロリー -
オーガニック認定 ◯(有機JAS認定) フェアトレード -

口コミを紹介

美味しかったです。また購入します。販売されてる100%チョコの中でも、1グラムあたりがかなり安くて添加物も無しとなると、このチョコがおそらくトップだと思っています。仕事や、勉強の合間に食べると集中力が持続します。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

超有名高級ブランド!フランスのオーガニック認定「エコサート認証」取得

1897年創業、フランスの老舗ブランドDardenneはオーガニックチョコレートといえば必ず名前が挙がる有名ブランドです。創業者が薬剤師だったため体に良いものが作られており、2005年から全ての商品をオーガニック製造しています。

 

カカオ豆はドミニカ共和国のフェアトレードのもので、一番有名な有機アガベチョコレートは砂糖の代わりにアガベを使用し、甘さは砂糖の1.5倍、GI値は26と低いのが特徴です。ダイエット中の方に適します。

カカオ豆の産地 ドミニカ共和国 カカオ豆の濃度 70%
内容量 100g カロリー 590kcal
オーガニック認定 ◯(フランスのオーガニック認定「エコサート認証」取得) フェアトレード

口コミを紹介

数少ない低GIチョコが手軽に食べられるのが嬉しいです。ビターが好きなので、とってもおいしく頂きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

People Tree(ピープルツリー)

フェアトレードチョコ 抹茶ホワイト

まとめて買うと安い!国産抹茶とスイスのハーモニー

スイスのブランドPeople Treeは、フェアトレードのパイオニア的存在で有名です。板チョコのフレーバーが豊富で、シンプルなミルク・シナモンフレーバーや、フィリングタイプなどがあり、甘めで黒糖独特の癖のある風味を楽しめます。

 

抹茶ホワイト味は、九州産の本格抹茶を使用しており、深みのある味わいです。ホワイトチョコに抹茶を加えたベースに、お米とキノア(キヌア)のパウダーから作ったパフが入っており、サクサクした食感と香ばしい香りが広がります。

カカオ豆の産地 カカオ豆の濃度 -
内容量 50g カロリー 256kcal
オーガニック認定 フェアトレード

口コミを紹介

いい商品です。オーガニック、フェアトレードでこのお値段。さらにこのおいしさですので大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

プレス・オールターナティブ

第3世界ショップ ミルクチョコレート

植物油脂や乳化剤を使わずなめらかな口溶けを楽しめる

こちらの商品はドミニカ共和国原産のカカオを使用した、スイスのチョコレートです。植物油脂や乳化剤不使用で、カカオバターでなめらかさを作り出しています。甘味には粗糖や黒糖を使用しており、ナチュラルな甘さが特徴です。

カカオ豆の産地 ドミニカ共和国 カカオ豆の濃度 約38%
内容量 100g カロリー 595kcal
オーガニック認定 ◯(有機JAS認定) フェアトレード

口コミを紹介

なめらかで、砂糖が精製糖ではないのに、くせもなく美味しいです。いつも常備している。

出典:https://www.amazon.co.jp

コクと深みのあるおいしいオーガニックチョコレート

人と環境にやさしいチョコレートを目指して作られた商品です。低カロリーでヘルシーなので、罪悪感なくチョコレートを食べたい方に適しています。白イチジクと合わせたバージョンもあり、さまざまな味が楽しめるのも魅力です。

 

それぞれのバージョンで素材の良さを引き出すための各種工夫がなされており、味わもちろん食感も異なります。おいしいオーガニックチョコレートのさまざまな種類を楽しみたい方はぜひチェックしてみましょう。

カカオ豆の産地 - カカオ豆の濃度 -
内容量 - カロリー 100gあたり550kcal(アーモンド)
オーガニック認定 JAS基準クリア フェアトレード -
1位

ViVANI (ヴィヴァーニ)

オーガニック エキストラダークチョコレート99%

ハイカカオなのに食べやすい!専門店ViVANIの店舗でも大人気!

ドイツのブランドViVANI はオーガニック栽培について「生態系に対する私たちの責任」といっています。素材が100%有機栽培で、カカオ豆も最高級のものだけを使用し、コンチングも丁寧で、乳化剤などを使用しない徹底ぶりです。

 

ご紹介しているダークチョコレート99%は甘さを極限まで少なくしました。大人向けのチョコレートです。キレ味の良い後味が特徴で、カカオそのものの苦味を味わえます。少し甘みが欲しい方はカカオ75%もおすすめです。

カカオ豆の産地 パナマ産 カカオ豆の濃度 99%
内容量 80g カロリー 672kcal/100g
オーガニック認定 - フェアトレード -

口コミを紹介

カカオ99%と聞くと超苦い味を想像してしまいますが、本品は嫌な苦みがなくとても美味です。国産大手メーカーのダークチョコレートと比べ高価ですが、その分味が良いので納得できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーガニックチョコレートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 カカオ豆の産地 カカオ豆の濃度 内容量 カロリー オーガニック認定 フェアトレード
アイテムID:11282365の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ハイカカオなのに食べやすい!専門店ViVANIの店舗でも大人気!

パナマ産

99%

80g

672kcal/100g

-

-

アイテムID:11282358の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コクと深みのあるおいしいオーガニックチョコレート

-

-

-

100gあたり550kcal(アーモンド)

JAS基準クリア

-

アイテムID:11279395の画像

楽天

Amazon

ヤフー

植物油脂や乳化剤を使わずなめらかな口溶けを楽しめる

ドミニカ共和国

約38%

100g

595kcal

◯(有機JAS認定)

アイテムID:11279392の画像

楽天

Amazon

ヤフー

まとめて買うと安い!国産抹茶とスイスのハーモニー

-

50g

256kcal

アイテムID:11279389の画像

楽天

Amazon

ヤフー

超有名高級ブランド!フランスのオーガニック認定「エコサート認証」取得

ドミニカ共和国

70%

100g

590kcal

◯(フランスのオーガニック認定「エコサート認証」取得)

アイテムID:11279385の画像

楽天

Amazon

ヤフー

有機カカオマス100%!砂糖不使用でお菓子作りや業務用におすすめ

ペルー

100%

500g

-

◯(有機JAS認定)

-

アイテムID:11279382の画像

楽天

Amazon

ヤフー

成城石井などスーパーで買える!バーボンの香りを閉じ込めたローチョコレート

タンザニア

82%

55g

-

◯(有機JAS認定)

-

アイテムID:11279381の画像

楽天

Amazon

ヤフー

おやつ感覚で気軽にチョコレートを楽しめる

-

-

25g

580kcal(100g当たり)

◯(有機JAS認定)

-

アイテムID:11279378の画像

楽天

Amazon

ヤフー

バレンタインのギフトにおすすめ!おしゃれなパッケージも魅力

-

80%

50g

307.5kcal

◯(JAS認定・ヴィーガン対応)

アイテムID:11279375の画像

楽天

Amazon

ヤフー

カルディなど市販で買える!業務用など大容量をお探しの方にも

-

-

325g

130kcal

◯(有機JAS認定)

-

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\フラッシュクーポン開催中/ 楽天 「チョコレート」ランキング 有機JAS

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

コンビニでも買える!オーガニックチョコレート

ナチュラルローソンは自然派食品を取り扱っています。毎年秋冬になると「ピープルツリー」のオーガニックチョコレートを販売しており、人気商品です。温度に敏感なココアバターを贅沢に使用しており、暑さに弱いため秋冬だけ店舗で取り扱っています。

 

「ピープルツリー」はNGO団体「グローバル・ヴィレッジ」が母体になっている、フェアトレードのパイオニア的存在です。チョコレートだけでなく、オーガニックコットンなどの天然素材を使ったファッション・インテリア雑貨なども展開しています。

 

カカオ豆はペルー産、砂糖はコスタリカ産など、フェアトレードの原材料にこだわり、スイスの工場で、乳化剤を使わずに丁寧なコンチングを行い、なめらかな口溶けです。かわいいパッケージの板チョコをぜひ1度お試しください。

美容と健康のためにオーガニックチョコレートを食べよう!

オーガニックチョコレートは体にやさしい素材でできているだけではありません。美容と健康に嬉しい働きをしてくれる優秀な食べ物です。積極的に摂るようにしましょう。

カカオの効果とは?

オーガニックチョコレートの主原料カカオは、古代アステカ帝国などでは「神々の食べ物」とされ、不老長寿などの薬として食べられていました。砂糖や添加物の入っていない、カカオ含有率の高いオーガニックチョコレートは美容と健康にも良いです。

 

目安としては1日に約200〜500mg、数回に分けて摂りましょう。甘いものを食べたいときはオーガニックチョコレートを選べば、罪悪感なくチョコレートを食べられます。美容にも健康にも良い、まさに一石二鳥です。

オーガニックチョコレートはネット通販がおすすめ!

オーガニックチョコレートを買うのはネット通販をおすすめします。もちろん、専門店の実店舗やデパートの催事場などで選ぶのも楽しいですが、オーガニックチョコレートの有名ブランド店はまだまだ日本に出店していないところが多いです。

 

その点ネット通販では、有名ブランドのオーガニックチョコレートを手軽に購入できます。何店舗もはしごする必要もなく、お好きなブランドの商品をセレクトしてまとめ買いも可能です。

 

ただしネット通販の場合、正規品かどうか必ずチェックしましょう。また、贈り物の場合はギフト対応しているかも重要です。自分用も、プレゼント用も「美味しい・ヘルシー・安全」なオーガニックチョコレートを見つけてください。

まとめ

オーガニックチョコレートの人気おすすめランキング10選を紹介しましたが、いかがでしたか。オーガニックチョコレートは今後も注目の健康食品です。ぜひ今回ご紹介した選び方やランキングを参考に、お気に入りのオーガニックチョコレートを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

国産チョコレートのおすすめ人気ランキング10選【日本一美味しいのはどれ?】

国産チョコレートのおすすめ人気ランキング10選【日本一美味しいのはどれ?】

菓子・スイーツ
ゴディバのバレンタイン人気おすすめランキング20選【人気のブランド】

ゴディバのバレンタイン人気おすすめランキング20選【人気のブランド】

バレンタインデー
バレンタインチョコの人気おすすめランキング15選【おしゃれな商品も紹介】

バレンタインチョコの人気おすすめランキング15選【おしゃれな商品も紹介】

バレンタインデー
成城石井のおすすめ人気ランキング29選【せんべいやおつまみ・お酒も】

成城石井のおすすめ人気ランキング29選【せんべいやおつまみ・お酒も】

その他食品
友チョコの人気おすすめランキング8選【バレンタイン用に必見】

友チョコの人気おすすめランキング8選【バレンタイン用に必見】

菓子・スイーツ
チョコレートギフトのおすすめ人気ランキング21選【プレゼントもご紹介!】

チョコレートギフトのおすすめ人気ランキング21選【プレゼントもご紹介!】

その他のギフト