ココナッツバターの人気おすすめランキング8選【ダイエット向けのものも!】

記事ID20638のサムネイル画像

今回はココナッツバターのおすすめランキングをご紹介します。ココナッツバターは、健康によいとされ、気になっている方も多いと思います。そこで金額だけでなく、味や質の観点からランキングを作成しました。ココナッツバターの効果やココナッツオイルとの違いも説明します。

ココナッツバターは健康にいい!?

「ココナッツバターは健康によいため、普段の食事にも取り入れるべき」

 

この記事を読んでいる方であれば、一度は聞いたことのある話ではないでしょうか? 近年、自身の健康に関心を持つ方も多くなっており、ココナッツバターが気になっているという方も多いでしょう。

 

しかし、いざココナッツバターを取り入れようと思って調べるとたくさんの商品があり、どれを購入すればよいのかわからなくなってしまいます。一方「たくさん商品があるから適当に選ぼう!」となってしまうと、良質なココナッツバターなのか、本当に健康に良いものなのか不安になりますよね。

 

そこで今回は、ココナッツバターの選び方やおすすめの商品ランキングをご紹介します。ランキングは、ココナッツバターの質や成分、味といった要素を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ココナッツバターの選び方

ここからは、ココナッツバターの選び方をご紹介します。良質なココナッツバターを選ぶための大切な要素です。しっかりおさえておきましょう。

「求める効果」で選ぶ

最初に、求めている効果の違いが挙げられます。実は、同じココナッツバターでも、商品によって成分の含有量は異なります。その含有量によって、得られる効果の大きさは少なからず変わって来てしまいます。

 

自分の求めている効果に対応する有効成分が少ない商品を選んでしまい損をしてしまうということは誰しも避けたいものです。得られる効果とその有効成分を紹介しますので、自分が求めている効果に合う有効成分が多いココナッツバターを選んでみてください。

「ダイエット」ならラウリン酸などの中鎖脂肪酸

ココナッツバターを食べることで、ダイエット効果が期待できます。なぜかとというと、ココナッツバターには、中鎖脂肪酸という成分が含まれているからです。中鎖脂肪酸は最近ダイエットに役立つと話題になっているので、一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

中鎖脂肪酸の成分として、ラウリン酸が該当します。この中鎖脂肪酸は、サラダ油などの長鎖脂肪酸よりも消化と吸収がされやすく、ダイエットに向いていることが特徴です。また、脂質ですので血糖値をあげないことからもダイエット効果が期待できます。

 

特に、ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸の割合を見るとラウリン酸が最も多く、中鎖脂肪酸を取り入れるには最適な食材と言えるでしょう。ですので、ココナッツバターをダイエット目的で購入するならば、中鎖脂肪酸が多い商品を探してみると期待できる効果が高まります。

「便秘解消」なら食物繊維

次に、便秘解消効果が期待できます。ココナッツバターは、ココナッツの果実をそのまま利用しているため、食物繊維が豊富な食材です。食物繊維は、腸内環境を整える働きがあると言われています。

 

腸内環境の悪化を改善したいのであれば、食物繊維が多く含まれているココナッツバターを買うようにしましょう。ちなみに、食物繊維は炭水化物から糖質を抜いたものとされているので、炭水化物の成分の下に書かれていることが多いです。

 

また、食物繊維以外にも中鎖脂肪酸のうちのラウリン酸も代謝される過程で腸内環境を整える物質に変わることがわかっているそうです。食物繊維と同様に、中鎖脂肪酸の量も欠かさずにチェックしたいですね。

「非加熱」かどうかで選ぶ

次に、非加熱であることです。食品ですと、加熱していたほうが安心なのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、ココナッツバターは非加熱であることがとても大切なんです。

 

実は、ココナッツバターは発酵食品です!そのため、発酵させるために酵素が含まれています。そして、発酵食品中の酵素が体によいと言われていることからも、酵素は健康によいということは想像できると思います。

 

しかし、この酵素は高温下にさらされると働きを失ってしまいます。酵素の働きを失わないためにも、非加熱を意味するRawと書いてあるココナッツバターを選ぶようにしましょう。

「余計なものが入っていないか」で選ぶ

続いて、余計なものが入っているかどうかです。ここでの余計なものとは、農薬や添加物のことを指します。

 

オーガニックの野菜や無添加の食品は、なんとなく体によいとわかっていても、金額が原因で買わないという方もいらっしゃると思います。しかし、ココナッツバターを買う際は、できるだけオーガニックかつ無添加の商品を購入するようにしましょう。

「オーガニック」のものを選ぶ

オーガニックの商品を選ぶことで、残留農薬の心配がなくなります。オーガニック野菜はできるだけ化学肥料や農薬を使わずに栽培されているため、それらを直接口にするというリスクは低くなります。

 

野菜であれば、食べる直前に洗うことが一般的なため、農薬が仮に付着していたとしてもおおよそ洗い流されてしまうでしょう。しかし、ココナッツバターは食べる直前に洗い流すということはできません。そのまま食べるため、万が一使用している原材料に農薬が付着していた場合はそのまま摂取してしまうことになります。

 

農薬の摂取を気にしない方もいらっしゃるかと思いますが、やはり自身の健康のために食べるのであれば安心して良質なものを食べたいですよね。ですので、ココナッツバターを買う際はできるだけオーガニックと書いてある商品を選びましょう。購入前に是非確認してみてください。

「無添加」のものを選ぶ

無添加のココナッツバターを選ぶべき理由も、やはり安全性です。

 

先程のオーガニックとも関連していますが、ココナッツバターはそのまま食べることが多いため、添加物が入っていた場合もそのまま摂取してしまうという恐れがあります。特に、添加物の場合は、人体への危険性があると考えられているものもあります。

 

そういった添加物を含んでいる食品を健康のために食べても、あまり気持ちよくないですよね。そうであれば、やはり無添加のココナッツバターを選んで購入すべきでしょう。栄養表示に100%ココナッツを使っているような記載があれば大丈夫でしょう。

「コスパ」も重要

続いては、コスパの良さです。オーガニックや無添加のものを選ぶとなると、値段が高くなってしまいますが、それらの中でも値段の差があります。ココナッツバターは決して安いものではないため、質が同じならばできるだけ安いものを購入したいですよね。

 

実際に、オーガニック無添加かつ非加熱の商品と、非加熱と明記されていない商品をくらべても後者のほうが高いこともあるそうです。良質なココナッツバターを求めるあまり、値段を気にしすぎないということがないようにしましょう。

「好みの味・食感」で選ぶ

最後に味と食感です。

 

さっぱりとした味わいが好きな方がいる一方、コクのある味わいを好む方もいらっしゃるかと思います。実際に、ココナッツバターには少なからず商品による味や食感の違いがあります!

 

自分の好みと合わないココナッツバターの購入を避けるためにも、どのような味や食感があるのかを見ておきましょう。

ココナッツバターはチョコの味?

ココナッツバターは無味ではなく、ココナッツの果実由来の甘さがあると言われています。湯煎し、固めるとホワイトチョコレートのような味わいになるそうです。基本的にはほんのりとした甘みがあるのですが、商品によってはココナッツの香りが強かったり甘みが抑えられているものもあるそうです。

 

ダイエットの際におやつ代わりに食べる方は甘みが強い商品。ココナッツがあまり好きではないけれど試してみたいという方は、ココナッツの香りが控えめな商品といったように、商品を決めることも有効だと思います。口コミやレビューを見てみるととても参考になりますよ。

「繊維の多さ」も食感に影響

味以外の決め手として、食感があると思います。ココナッツバターは名前にバターとありますが、油っぽさはあまりなく食べやすいことが特徴です。おすすめの商品を見ても、たべやすいというレビューが多い印象を受けます。

 

しかし、商品によってサラッとしている、クリーミーであるといったような違いもあります。購入する際には、レビューや口コミからどのような味わいなのかということを事前に確認してから購入するようにしましょう。

 

また、ココナッツバターには果実由来の繊維質が含まれています。これは、便秘解消といった健康によい働きがあります。しかし、中には繊維が多く食べにくいという方もいらっしゃるそうです。商品が自分の好みと合うか不安な方は、できるだけ繊維が多いという言及がないものを選ぶようにしましょう。

ココナッツバターのおすすめランキング8選

8位

Artisana(アーティサナ)

Artisana オーガニック ロー カシュ―ナッツバター(16oz)[海外直送品][並行輸入品]

変わり種を求める方はコレ!

このココナッツバターは、この後紹介する1位のココナッツバターと同じ会社で製造されており、非常に良質な商品です。違いとしては、中に有機カシューナッツパウダー入っていて、通常のココナッツバターとはまた違った風味が楽しめるということです。ココナッツバターを使っている方々の間でも、カシューナッツの風味が美味しいと話題になっています。

 

オーガニックの商品なのですが、やはり有機カシューナッツパウダーなどが入っている分金額は高めです。しかし、ココナッツバターをずっと使い続けていると飽きてしまう方も多いため、少し気分を変えたいというときに役立つ商品でしょう。

非加熱 オーガニック
重量 227g

口コミを紹介

良質な脂質源とダイエットを目的にに食べています。油分が分離しても混ぜやすく、おすすめです。

出典:https://www.amazon.com

コスパの良さで選ぶならコレ!

Kevalaのココナッツバターもメジャーな商品ではありませんが、しっかりUSDA認定機関よりオーガニック認定をとっており、無添加のココナッツバターです。

 

おいしいというレビューが多いのですが、非加熱とは明記されておらず、酵素の働きがほしいという方には不向きです。また、他の商品よりも値段が高めですのでご購入前に確認してみてください。

非加熱 オーガニック
重量 453g

口コミを紹介

以前はココナッツバターが苦手でしたが、この商品を試してみました。大満足です!絶対に試してほしいです!

出典:https://www.amazon.com

6位

ダイレックス

ココナッツファクトリー オーガニックエキストラバージンココナッツバター 200g

珍しいものを求めるならコレ!

ココナッツファクトリーのココナッツバターは、200gで900円とあまりコスパ面では良くない印象を抱きます。しかし、ココナッツバター使用者で人気の高い商品なんです!

 

この商品に使われているココナッツは、特に土壌の質がよいと言われている地域で育てられた良質なものを使っています。もちろん、数多くのオーガニック認定がされており、無添加の商品です。

 

また20℃ほどになると、オイルの部分とバターの部分が分離することもポイントです。ココナッツオイルとしての楽しみ方もあります!

非加熱 オーガニック
重量 200g

口コミを紹介

ココナッツ特有の食感の癖はもちろんありますが、なんにでも使えます。
小麦や乳製品がとれないので、甘いものが欲しいときクルミやデーツと混ぜておやつにしたり、ノンカフェインのコーヒーに混ぜたり色々使えて便利です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

5位

イーグルアイ・インターナショナル株式会社

エクーア ココナッツバター

オーガニックを追求するならコレ!

エクーアのココナッツバターも。美味しいと評判なのですが、なんといっても、有機認定JASやEUオーガニック、米国農務省認定オーガニックといった様々オーガニック認定を受けていることが特徴です。また非加熱とは明記されていませんが、無添加ですので、安心して召し上がっていただけると思います。

 

また、他の商品より中鎖脂肪酸が多いことやココナッツの匂いが少ないといった特徴もありますので、チェックする価値ありです。

非加熱 オーガニック
重量 250g

口コミを紹介

私がこの商品を選んだのは、中鎖脂肪酸が豊富だから。ココナッツの臭いはあまり気になりません。味はサラッとしていて、ココナッツらしさを求める人には少し、物足りないと感じるかも知れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ココナッツの甘さを楽しみたいならコレ!

この商品は、ココナッツ加工製品を取り扱うNutivaが販売しています。特にココナッツオイルが有名だそうです。オーガニックで無添加の商品となっています。

 

特徴は、使用している有機ココナッツ本来の甘みだそうです。他の商品よりも、なめらかで優しい甘みがあり、クセになるそうですよ。また400gで1600円代ですので、比較的お得な商品です。

非加熱 オーガニック
重量 400g

口コミを紹介

少し繊維が多いからか喉に引っかかる感じがあり、水分欲しくなりますがこれはこれで美味しくて、瓶ごとの方もフォークでザクザクと1口サイズにしてそのままぱくぱく。
なんと届いて10日くらいで食べてしまいました……

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

出典:

  • アイテムID:6413312の画像1枚目

シェフズチョイスジャパン

シェフズチョイス(Chef's choice) オーガニックRAWココナッツバター

高品質で低価格ならコレ!

オーストラリア由来のこの商品は安全性はもちろん、300gで1200円代という安さも特徴の商品です。良質かつ安価ですので、ココナッツバターは初めてという方でも気軽に試すことができます。

 

この商品ももちろん、オーガニック認定を受け無添加です。さらに非加熱ということが明記されています。この安心性を備えた中で、最もコスパがいいですね。

非加熱 オーガニック
重量 300g

口コミを紹介

瓶ごと湯煎で溶かし、ココアを混ぜたものと、混ぜてないものと、バットに流して固めてチョコとホワイトチョコっぽく仕上がりました。美味しい!
オーガニックだし、使い切りやすいサイズで良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

王道を選ぶならコレ!

こちらもオーガニックで無添加、そして非加熱の商品です。1400年前からスリランカで栽培されているココナッツを使用した、伝統のあるココナッツバターです。ローフードやスーパーフードの専門家の方々も愛用する一品です。

 

クリーミーさがあるもののサラリとしており、食べやすいと評判です。こちらも安心して美味しく食べていただけると思います。

非加熱 オーガニック
重量 200g

口コミを紹介

固まるまえのトロトロの時点で、全部飲めそうなくらいの美味しさでしたが、我慢して製氷に入れて固めて、主人のケトン食のおやつとして食べてもらいました。好評でした!コーヒーにそのまま入れてももちろん美味しいです!また購入したいと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

完璧な安心を求めるならコレ!

原材料が有機ココナッツのみで作られているココナッツバター。また、オーガニック、無添加、非加熱という非の打ち所がない商品です。有機JASにも認定されており、安全性はココナッツバターの中でもピカイチ。また、約400gと比較的大容量な商品となっています。

 

この商品を製造しているArtisanaはナッツ系のバターやスプレッド類を主に扱っているため、このようなペースト状の商品には定評があります。ココナッツのシンプルな甘みを売りにしている商品で、「この商品が最もおいしい!」という声も多く、美味しく安心して食べられるココナッツバターと言えるでしょう。

非加熱 オーガニック
重量 397g

口コミを紹介

この商品は、私が食べた中で最も美味しいココナッツバターだと思います。とても濃厚で、ココナッツオイルよりも便利です。

出典:https://www.amazon.com

ココナッツバターの商品比較比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6411734の画像

    Artisana(アーティサナ)

  • 2
    アイテムID:6413210の画像

    アビオス

  • 3
    アイテムID:6413312の画像

    シェフズチョイスジャパン

  • 4
    アイテムID:6413449の画像

    Nutiva

  • 5
    アイテムID:6413507の画像

    イーグルアイ・インターナショナル株式会社

  • 6
    アイテムID:6413573の画像

    ダイレックス

  • 7
    アイテムID:6413610の画像

    Kevala

  • 8
    アイテムID:6413701の画像

    Artisana(アーティサナ)

  • 商品名
  • オーガニック ロー ココナッツバター
  • Coconati ココナッツバター 200ml
  • シェフズチョイス(Chef's choice) オーガニックRAWココナッツバター
  • Nutiva - 有機ココナッツ マナ - 15ポンド
  • エクーア ココナッツバター
  • ココナッツファクトリー オーガニックエキストラバージンココナッツバター 200g
  • 有機ココナッツ バター - 16ポンド
  • Artisana オーガニック ロー カシュ―ナッツバター(16oz)[海外直送品][並行輸入品]
  • 特徴
  • 完璧な安心を求めるならコレ!
  • 王道を選ぶならコレ!
  • 高品質で低価格ならコレ!
  • ココナッツの甘さを楽しみたいならコレ!
  • オーガニックを追求するならコレ!
  • 珍しいものを求めるならコレ!
  • コスパの良さで選ぶならコレ!
  • 変わり種を求める方はコレ!
  • 価格
  • 1,900円(税込)
  • 1,720円(税込)
  • 1,280円(税込)
  • 1,712円(税込)
  • 1,580円(税込)
  • 900円(税込)
  • 3,980円(税込)
  • 3,510円(税込)
  • 非加熱
  • オーガニック
  • 重量
  • 397g
  • 200g
  • 300g
  • 400g
  • 250g
  • 200g
  • 453g
  • 227g

ココナッツオイルとの違い

ところで、ココナッツバターとココナッツオイルの違いはご存知でしょうか?名前が似ているため、両者とも同じようなイメージを持っている方も多いと思います。しかし、栄養価や使うシーンなどでやはり違いがあります。

ココナッツバターの方が栄養価は高い

 

ココナッツバターは、ココナッツの果実をそのままペーストにしたものを指します。一方、ココナッツオイルは、果実を搾った後抽出させたものを指しますミランダ・カーさんといった著名人が健康のためにココナッツオイルをとっていることもあり、ココナッツオイルの方が有名かもしれませんね。

 

両者を比べても、ココナッツの果実を使っているため一見違いはないように感じますが、そうではありません。ココナッツバターには、ココナッツオイルには含まれていない食物繊維やタンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。果実をそのまま使っているため、ココナッツバターのほうがココナッツオイルよりも栄養価は高いです。

 

ちなみに、ラウリン酸などの中鎖脂肪酸の含有量に有意差はないそうです。ダイエット効果を求める方は、ココナッツオイルとココナッツバターのどちらかを使用するだけでもダイエットに貢献してくれるはずです。

 

ココナッツオイルも気になるという方は、ココナッツオイルの人気おすすめランキングについての記事もありますので、ぜひご覧ください!

シーンにあった使い分けを

では、なぜココナッツバターはココナッツオイルよりも栄養価が高いにも関わらず普及しないのでしょうか?

 

それは、ココナッツオイルのほうが使いやすいという特徴があるからです。ココナッツオイルはココナッツ果実の油分のみを利用するため、料理にも使うことができます。一方で、ココナッツバターには食物繊維が含まれているため調理用としては使いにくいことは想像できるかと思います。

 

つまり、シーンによって使い分けが必要ということになります。まとめると、調理用であればココナッツオイルを使うようにしましょう。それに対し、バターコーヒーや固めて間食として食べる場合には、ココナッツバターを使うようにするとよいですね。

まとめ

ここまで、おすすめのココナッツバター8選を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。気になるココナッツバターは見つかりましたか?

 

どの商品もおすすめできる商品となっていますので、決まらないという方は、今回紹介した中から色々試してみるのも面白いですよ。ぜひ良質なココナッツバターを生活に取り入れて、健康的な生活を目指していきましょう!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ヘアフレグランス人気おすすめランキング20選【プチプラからデパコスまで】

ヘアフレグランス人気おすすめランキング20選【プチプラからデパコスまで】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年最新版】バターコーヒーダイエットアイテムの人気ランキング

【2021年最新版】バターコーヒーダイエットアイテムの人気ランキング

健康食品・サプリメント
【ダイエットアドバイザーに聞いた!】生酵素サプリの人気おすすめランキング7選【市販で購入できるサプリもご紹介】

【ダイエットアドバイザーに聞いた!】生酵素サプリの人気おすすめランキング7選【市販で購入できるサプリもご紹介】

健康食品・サプリメント
【トレーナー監修】2021年最新版プロテインバーの人気おすすめランキング18選

【トレーナー監修】2021年最新版プロテインバーの人気おすすめランキング18選

健康食品・サプリメント
健康!食用油の人気おすすめランキング13選【ごま油から米油まで】

健康!食用油の人気おすすめランキング13選【ごま油から米油まで】

調味料
ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

日用品