ココナッツバターの人気おすすめランキング8選【効果・栄養などや使い方も解説】

ココナッツバターは、健康や美容に効果がある食品として話題を集めています。しかしどこで買えるのか、どんな効果に期待できるのか、どんな使い方をするのか、またどの商品がいいのかなど疑問はたくさんあります。そこで今回はココナッツバターの疑問点を解説し、おすすめランキングをご紹介します。金額だけでなく、味や質の観点からランキングを作成しました。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

ココナッツバターは健康にいい!?

「ココナッツバターは健康に効果があるため、普段の食事にも取り入れるべき」といった話に聞き覚えはありませんか? 近年、自身の健康や美容に関心を持つ方も多くなっており、ココナッツバターへの注目が集まっています。

 

しかし、いざココナッツバターを取り入れようと思って調べるとたくさんの商品があり、どれを購入すればいいのかわからなくなってしまいます。また「どこで買えるのか」「使い方やレシピをもっと知りたい」など疑問の声も尽きません。

 

そこで今回は、ココナッツバターの選び方やおすすめの商品ランキングをご紹介します。ランキングは、ココナッツバターの質や成分・味といった要素を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

Artisana(アーティサナ)

オーガニック ロー ココナッツバター

ビタミンやたんぱく質も摂取可能!味だけでなく栄養面も優秀

原材料が有機ココナッツのみで作られているココナッツバターでまた、オーガニック、無添加、非加熱が魅力です。約400gと大容量で有機JASにも認定されています。栄養面ではビタミンやたんぱく質も摂取でき、美容にも活用しやすい食品です。

 

この商品を製造しているArtisanaはナッツ系のバターやスプレッド類を主に扱っているため、このようなペースト状の商品には定評があります。シンプルな甘みを売りにしており、「この商品が最もおいしい!」という声も多いです。

基本情報
非加熱
オーガニック
重量 397g
カロリー -
成分 -
グルテンフリー
もっと見る

ココナッツバターの選び方

ここからは、ココナッツバターの選び方をご紹介します。良質なココナッツバターを選ぶための大切な要素です。しっかりおさえておきましょう。

健康重視なら「非加熱」かどうかをチェック

食品は一般的に加熱した方が安心なイメージを持たれがちですが、ココナッツバターは非加熱のものがおすすめです。ココナッツバターは発酵食品であり、体にいい酵素は加熱によって失われてしまいます。

 

海外メーカーのココナッツバターをチェックする際は、非加熱を意味するRawと書いてあるココナッツバターを選ぶようにしましょう。

余計なものが入っていないかで選ぶ

食品を選ぶ際に添加物が気になる方もいるかもしれません。ここでは品質が気になる方にとってココナッツバターを選ぶ際にチェックしたいポイントを解説します。

品質が気になるなら「無添加」がおすすめ

添加物は悪いイメージを持たれがちですが、食品の保存性を高めたり、食べやすくするために必要な成分も添加物に含まれています。そのため自分の健康ニーズに合っているかを判断するためには成分について知り、商品を細かくチェックする必要があります。

 

ただし添加物の知識は専門的な分野になるため、商品パッケージの「無添加」の記載から、何が使われていないか、使われていない成分はどんな成分なのかを調べるだけでも一つの目安になります。

残留農薬が気になるなら「オーガニック」がおすすめ

オーガニックの商品を選べば、残留農薬の心配がなくなります。一般的に日本の市場に出回る商品に関しては、食べて体の健康を著しく害すものはありません。しかし海外メーカーやインターネット通販の場合も同じとは必ずしも言い切れません。

 

自身の健康のために食べるのであれば、できるだけ害のないものを自分で判断して選ぶ必要があります。ココナッツバターを買う際はできるだけオーガニックと書いてある商品を選びましょう。

求める効果で選ぶ

同じココナッツバターでも、商品によって成分の含有量やその成分による効果は異なります。ますは最初に栄養成分に基づく選び方について解説していきます。

ダイエット・美容の栄養補給に「ラウリン酸」がおすすめ

ココナッツバターには、中鎖脂肪酸(ラウリン酸)が含まれています。中鎖脂肪酸はサラダ油などの長鎖脂肪酸よりも消化と吸収がされやすいのが特徴です。また、脂質ですので血糖値をあげません。ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸の割合ではラウリン酸が最も多いです。

 

ラウリン酸は腸活との相性も良く、美しくなるための努力を重ねていく際の栄養補給におすすめできます。ダイエット・美容の目標がある方は、ココナッツバターを選ぶ時にどれくらい中鎖脂肪酸が含まれているかチェックしましょう。

便秘で悩む方・腸活の栄養補給には「食物繊維」がおすすめ

ラウリン酸が腸活との相性がいい点は既に解説しましたが、ココナッツバターはココナッツの果実をそのまま利用しているため食物繊維も豊富です。乱れた食生活を見直す際に、食物繊維が多く含まれるココナッツバターを取り入れるのをおすすめします。

 

もちろんココナッツバターは整腸剤とは異なるため、直接便秘を改善させるわけではありません。しかし腸に優しい生活を送るために、栄養面での役割に期待できます。

好みの味・食感で選ぶ

ココナッツバターには商品による味や食感の違いがあります。自分の好みと合うココナッツバターを選べるよう、どのような味や食感があるのかをチェックしておきましょう。

チョコ風味・香りの強さは「口コミ・評判」のチェックがおすすめ

ココナッツバターは無味ではなくココナッツの果実由来の甘さがあり、その甘さはホワイトチョコレートによく例えられます。基本的にはほんのりとした甘みがあるのですが、商品によってはココナッツの香りが強かったり甘みが抑えられていたりします。

 

ダイエットのおやつ代わりに食べる方は甘みが強い商品。お試しで食べたい方はココナッツの香りが控えめな商品がおすすめです。口コミやレビューを見てみるととても参考になります。

食べやすさ重視なら「繊維質は少な目」がおすすめ

ココナッツバターは油っぽさはあまりなく食べやすい点が特徴です。しかし、商品によってサラッとしている、クリーミーであるといったような違いもあります。食感に影響するものには食物繊維もあり、好みを左右します。

 

食感についても味や香り同様に口コミのチェックを推奨しますが、繊維質が多いと食べにくいと感じる人は、食物繊維の少ないココナッツバターがおすすめです。

「コスパ」をチェック

オーガニックや無添加のものを選ぶとなると、値段が高くなってしまいますが、それらの中でも値段の差があります。ココナッツバターは決して安いものではないため、質が同じならばできるだけ安いものを購入したいものです。

 

実際に、オーガニック無添加かつ非加熱の商品と、非加熱と明記されていない商品をくらべても後者のほうが高いケースもあります。良質なココナッツバターを求めるあまり、予算を大きくオーバーしないように気をつけましょう。

悩んだら「abios(アビオス)」をチェック

どれを選んだらいいかわからなくなってしまったら、アビオスをチェックしてみましょう。アビオスはスーパーフードサプリメントや健康食品において日本ではパイオニア的存在のブランドです。

 

100%ナチュラルを掲げ、化学的なオイルや人工的な添加物を一才用いません。健康や美容に気をつかっている方で、どのココナッツバターを選べばいいかわからないという方にはぜひアビオスのココナッツバターを試していただきたいです。

ココナッツバターのおすすめランキング8選

8位

Artisana(アーティサナ)

Artisana オーガニック ロー カシュ―ナッツバター(16oz)[海外直送品][並行輸入品]

カシューナッツのクリーミーさ、バターもちにもおすすめ

このココナッツバターは、この後紹介する1位のココナッツバターと同じ会社で製造されており、非常に良質な商品です。違いとしては、中に有機カシューナッツパウダーが入っていて、通常のココナッツバターとはまた違った風味が楽しめます。

 

オーガニックの商品なのですが、やはり有機カシューナッツパウダーなどが入っている分金額は高めです。ココナッツバターよりもクリーミーさが評判で、口コミではサンドイッチのレシピに活用する方も見られます。

基本情報
非加熱 -
オーガニック
重量 227g
カロリー -
成分 -
グルテンフリー
もっと見る

口コミを紹介

良質な脂質源とダイエットを目的にに食べています。油分が分離しても混ぜやすく、おすすめです。

出典:https://www.amazon.com

7位

フジフードサービス

BuQa(ブックァ) ココナッツペースト 130g ×3個

つい食べ過ぎてしまうほど美味しい!カルディで買える台湾製ペースト

トーストに塗っておいしく食べられるココナッツペーストでカルディでも購入できます。大容量の本格的なココナッツバターを買うのに抵抗がある方にも手軽なサイズ感と価格が魅力です。優しいココナッツ風味も高評価につながっています。

基本情報
非加熱 -
オーガニック
重量 130g
カロリー 639kcal/100gあたり
成分 -
グルテンフリー
もっと見る
6位

Dastony

オーガニックココナッツバター

濃厚で滑らか!味わい深いココナッツバター

砂糖を含まない純粋なココナッツバターです。ブラジルナッツを使用しており、石挽きという方法を採用して作られています。1つの原料のみで製造するため、ナッツ本来の風味が塩分・糖類・油分で薄れることがありません

基本情報
非加熱 -
オーガニック
重量 227g
カロリー -
成分 -
グルテンフリー
もっと見る
5位

ブラウンシュガーファースト

オーガニック ココナッツバター

美容・ダイエットに効果的でレシピ・使い方も豊富

オーガニックにこだわるブラウンシュガーファーストのココナッツバターです。有機JAS規格認定・農薬不使用・non-GMOなど品質面についてしっかり明記されています。公式サイトではレシピも掲載されており、フル活用したい人にもおすすめです。

 

また栄養面では、中鎖脂肪酸39g・食物繊維15g(100gあたり)含まれ、グルテンフリー・シュガーフリーなのでダイエット・美容のための食生活に取り入れやすく作られています。

基本情報
非加熱 -
オーガニック
重量 165g
カロリー 707kcal(100gあたり)
成分 中鎖脂肪酸,食物繊維,タンパク質
グルテンフリー
もっと見る

口コミを紹介

忙しい朝でもトーストに塗ってフルーツを添えればおしゃれ朝ごはんに早変わりするし、自粛中の今は、子どもたちと一緒にケーキを焼いたり、クッキーを焼いたりと大活躍しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Nutiva

Nutiva - 有機ココナッツ マナ - 15ポンド

ココナッツ本来の甘さが楽しめコスパも比較的良好

この商品は、ココナッツ加工製品を取り扱うNutivaが販売しています。特にココナッツオイルが有名だそうです。オーガニックで無添加の商品となっています。特徴は、使用している有機ココナッツ本来の甘みです。

 

他の商品よりも、なめらかで優しい甘みがあり、クセになるそうですよ。また400gで1600円代ですので、比較的お得な商品です。

基本情報
非加熱 -
オーガニック
重量 400g
カロリー -
成分 -
グルテンフリー
もっと見る

口コミを紹介

少し繊維が多いからか喉に引っかかる感じがあり、水分欲しくなりますがこれはこれで美味しくて、瓶ごとの方もフォークでザクザクと1口サイズにしてそのままぱくぱく。なんと届いて10日くらいで食べてしまいました……

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Kevala

有機ココナッツ バター

お菓子のようなほんのりした甘さを感じられるココナッツバター

プレミアムオーガニックココナッツの果肉を使用しており、滑らかな舌触りで、ほんのり甘さが感じられるココナッツバターです。グルテンフリー・コレステロールゼロ・乳製品不使用と、健康に気を使っている方にもおすすめの製品となっています。

基本情報
非加熱 -
オーガニック
重量 453g
カロリー -
成分 -
グルテンフリー
もっと見る
2位

アビオス

Coconati ココナッツバター 200ml

ココナッツバター王道ブランド「アビオス」の人気商品

こちらもオーガニックで無添加、そして非加熱の商品です。1400年前からスリランカで栽培されているココナッツを使用した、伝統のあるココナッツバターです。ローフードやスーパーフードの専門家の方々も愛用する一品です。

 

クリーミーさがあるもののサラリとしており、食べやすいと評判です。こちらも安心して美味しく食べていただけると思います。

基本情報
非加熱
オーガニック
重量 200g
カロリー 725kcal(100gあたり)
成分 中鎖脂肪酸(ラウリン酸)
グルテンフリー
もっと見る

口コミを紹介

固まるまえのトロトロの時点で、全部飲めそうなくらいの美味しさでしたが、我慢して製氷に入れて固めて、主人のケトン食のおやつとして食べてもらいました。好評でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Artisana(アーティサナ)

オーガニック ロー ココナッツバター

ビタミンやたんぱく質も摂取可能!味だけでなく栄養面も優秀

原材料が有機ココナッツのみで作られているココナッツバターでまた、オーガニック、無添加、非加熱が魅力です。約400gと大容量で有機JASにも認定されています。栄養面ではビタミンやたんぱく質も摂取でき、美容にも活用しやすい食品です。

 

この商品を製造しているArtisanaはナッツ系のバターやスプレッド類を主に扱っているため、このようなペースト状の商品には定評があります。シンプルな甘みを売りにしており、「この商品が最もおいしい!」という声も多いです。

基本情報
非加熱
オーガニック
重量 397g
カロリー -
成分 -
グルテンフリー
もっと見る

口コミを紹介

この商品は、私が食べた中で最も美味しいココナッツバターだと思います。とても濃厚で、ココナッツオイルよりも便利です。

出典:https://www.amazon.com

ココナッツバターの商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 非加熱 オーガニック 重量 カロリー 成分 グルテンフリー
1位 アイテムID:13156207の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ビタミンやたんぱく質も摂取可能!味だけでなく栄養面も優秀

397g

-

-

2位 アイテムID:13150252の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ココナッツバター王道ブランド「アビオス」の人気商品

200g

725kcal(100gあたり)

中鎖脂肪酸(ラウリン酸)

3位 アイテムID:13150249の画像

Amazon

お菓子のようなほんのりした甘さを感じられるココナッツバター

-

453g

-

-

4位 アイテムID:13150246の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ココナッツ本来の甘さが楽しめコスパも比較的良好

-

400g

-

-

5位 アイテムID:13150243の画像

Amazon

楽天

ヤフー

美容・ダイエットに効果的でレシピ・使い方も豊富

-

165g

707kcal(100gあたり)

中鎖脂肪酸,食物繊維,タンパク質

6位 アイテムID:13150242の画像

Amazon

濃厚で滑らか!味わい深いココナッツバター

-

227g

-

-

7位 アイテムID:13150241の画像

Amazon

楽天

ヤフー

つい食べ過ぎてしまうほど美味しい!カルディで買える台湾製ペースト

-

130g

639kcal/100gあたり

-

8位 アイテムID:13150238の画像

Amazon

楽天

ヤフー

カシューナッツのクリーミーさ、バターもちにもおすすめ

-

227g

-

-

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

【カルディ・コストコなど】ココナッツバターはどこで買える?

ココナッツバターがどこで買えるのかわからない方も多いと思いますが、ココナッツバターを実店舗で購入したい場合は、カルディやコストコなどをチェックするのがおすすめです。ただし店舗によって欲しいメーカーの商品を取り扱っているとは限りません。

 

また近隣のスーパーにおいてもココナッツバターを取り扱っている可能性はありますが、海外メーカー品を幅広く押さえているわけではなく、過度な期待は禁物です。品揃え豊富で手間をかけずにチェックするならインターネット通販が最も効率的と言えます。

ココナッツバターは太る?

ココナッツバターは、バターやマーガリンの代用として使われるケースも多く、商品によりますが基本的にはバターやマーガリンよりもカロリーが抑えられます。その意味ではココナッツバターは太りにくい食品としてダイエットや美容に活用しやすいです。

 

しかし前提の話として、ココナッツバターに限らず食品は摂取すれば栄養面・カロリー面などなにかしら体にプラスされます。活動量を超えるカロリーだけ摂取すれば当然太るので、ダイエットではココナッツバターの栄養を過信せず、生活を見直す努力も大切です。

ココナッツオイルとバターはどっちがいい?

ココナッツオイルとバターはどっちの方が使用するメリットが多いかはご存知ですか?ここでは両者の栄養価の違いとココナッツバターの使い道について解説します。

ココナッツバターの方が比較的栄養価は高い

ココナッツバターは、ココナッツの果実をそのままペーストにしたものを指し、ココナッツオイルは、果実を搾った後抽出させたものを指します両者を比較しても、ココナッツの果実を使っているため一見違いはないように感じますが、そうではありません。

 

ココナッツバターには、ココナッツオイルには含まれていない食物繊維やタンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。果実をそのまま使っているため、ココナッツバターのほうがココナッツオイルよりも栄養価は高いです。

 

しかしココナッツオイルは油分のみを使用しており、料理に応用しやすい点で人気です。以下の記事では、ココナッツオイルの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ココナッツバターの使い方・レシピ例

簡単レシピ例 概要
ココナッツバターコーヒー コーヒーにココナッツバターを混ぜるだけ
スコーン ホットケーキミックスでも作れる簡単スコーン
トリュフチョコ 板チョコ不要でココアパウダーでも作れる

 

ココナッツバターはパンやクラッカーに塗る以外にもさまざまな使い方があります。ネット上には100種類以上のレシピが掲載されていますが、上の表は簡単にできるものを例としてまとめています。詳細はネット上にあるレシピを参照してください。

 

ダイエットのサポートに近年に人気を集めるバターコーヒーもココナッツバターで簡単に作れます。また以下の記事では、バターコーヒーダイエットコーヒーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

お菓子作りやココナッツバターもちにも

ココナッツバターはナッツの風味が効いているので、普通の料理だけでなくお菓子作りなどに使用することもあります。また、一般的にココナッツオイルを使用するココナッツバターもちというおやつなどもあるので、ココナッツバターで挑戦してるのもおすすめです。

食べ過ぎには注意!

いくらココナッツバターが健康や美容に効果的だからといって食べ過ぎは良くありません。何事も過度になると良くない結果をもたらします。栄養も摂りすぎは体に毒なので、ココナッツバターを使用する際は量にも気をつけましょう。

まとめ

ここまで、おすすめのココナッツバター8選を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。ぜひ良質なココナッツバターを生活に取り入れて、おいしく健康的な生活を目指していきましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年05月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ココナッツシュガーの人気おすすめランキング10選【コクのある味が魅力】

ココナッツシュガーの人気おすすめランキング10選【コクのある味が魅力】

調味料
【専門家監修】ココナッツオイルのおすすめ人気ランキング21選【顔やボディに!】

【専門家監修】ココナッツオイルのおすすめ人気ランキング21選【顔やボディに!】

調味料
【プロ監修】パターのおすすめ人気ランキング19選【よく入るパターをご紹介】

【プロ監修】パターのおすすめ人気ランキング19選【よく入るパターをご紹介】

ゴルフ用品
美味しいバターのおすすめ人気ランキング15選【種類の解説・体にいい商品も!】

美味しいバターのおすすめ人気ランキング15選【種類の解説・体にいい商品も!】

乳製品・卵
【PING】ピン型パターのおすすめ人気ランキング11選【合う人は?名器も】

【PING】ピン型パターのおすすめ人気ランキング11選【合う人は?名器も】

ゴルフ用品
【離乳食にも】無塩バターの人気おすすめランキング10選|スーパーで買える市販品や小さいサイズなど

【離乳食にも】無塩バターの人気おすすめランキング10選|スーパーで買える市販品や小さいサイズなど

乳製品・卵