押しやすい!ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング7選

記事ID2066のサムネイル画像

ゲーマーの方には欠かせないゲーミングキーボード。普通のキーボードとは全然違うんです!押しやすく手が疲れにくい他にも、ショートカットキーのカスタマイズやキーの複数同時認識などがあります。それでは、皆さんにおすすめ人気ゲーミングキーボードをご紹介致します!

ゲーミングキーボードとは

PCゲーマが使うキーボードとして販売されているゲーミングキーボードとは一体どういうキーボードなのか知っていますか?ゲーミングキーボードには、スタイリッシュで見た目がかっこいいキーボードが多いですが、ゲーミングキーボ度の魅力はそれだけではありません。

当然、見た目がいいということはモチベーションアップにも欠かせないことなので重要な要素ですが、PCゲーマーとしてもっと重要視すべき特徴やがあります。

簡単にご紹介させていただくと、キー配置がゲーム用に特化しているキー入力の遅延が少ない長時間使用しても疲れが溜まりにくいといった特徴があります。

PCゲームをもっと快適に遊びたい!という方に、ゲーミングキーボードの選び方、そしておすすめのゲーミングキーボードを紹介していきます。

ゲーミングキーボードの選び方ポイント4つ

数多くあるゲーミングキーボードの中から、ご自分に合ったゲーミングキーボードを選ぶために、確認したいポイントを4つにまとめました。この4つを確認した上で、自分にぴったりなゲーミングキーボードを探してみてください。

ポイント①:種類を確認

ゲーミングキーボードには、大きく分けて3種類存在します。3種類それぞれに特徴やメリットがあるので、紹介していきます。メカニカル方式メカニカル方式は、キーの内側に特殊なスイッチ、またはバネを使用しており、押し心地が良いのが特徴の一つです。

現在販売されているゲーミングキーボードのほとんどがメカニカル方式のもので、価格は一般のキーボードと比べると高めです。ゲーム用に特化しているため、価格と引き換えに快適にゲームを遊びたい方向けのキーボードとなっています。

メンブレン方式

メンブレン方式は、メカニカル方式と比べてシンプルなキーボードです。特別なバネがついてれているわけでありません。一般向けキーボードによく使われているため、押し心地などはイメージしやすいと思います。シンプルな分、価格も安いため、コストを抑えてPCゲームを遊びたいという方はこちらのキーボードを選ぶことになります。

静電容量無接点方式

こちらはひとことで言うと、タッチキーボードです。メカニカル方式やメンブレン方式と異なり、キーボードが平面であり、物理的なキーが存在しません。キーを押す必要はなく、タッチするだけであるため、長時間使用しても疲れにくい特徴があります。

そのかわりに、3種類の方式の中で一番高く、決して安い買い物ではありません。さらにタッチ操作である分、操作に癖があるため、その点は類しておいてください。

ポイント②:押圧を確認

メカニカル方式を採用しているゲーミングキーボードには大きく分けて茶軸・赤軸・青軸と呼ばれるものがあります。これはキーの素材の色のことを表しており、それぞれ性能も異なるためゲーミングキーボード選びの指標として使われています。実際にはこれら3色以外にも色がありますが、メジャーなものはこの3色です。

赤軸

赤軸は、キーのバネをかなり軽くすることで、一般キーボードにありがちなスイッチ感をなくしたキーボードです。キーがとても軽いので疲れることはないですし、音も小さいです。そのかわりに押し心地はかなり失われているため、押し心地重視の方には、次に紹介する青軸がオススメです。

青軸

赤軸とは異なり、バネを少し強いものにすることで押し心地を良くしています。その分キーは重くなっていますが、キーボード操作時のカチャカチャ音が好きな方には最高のタイプです。このカチャカチャ音はマイクで拾えるぐらい大きいため、ゲーム実況でも操作していることを音で伝えることできるためなにかと活躍します。

茶軸

茶軸は一言で言うと青軸と赤軸の中間にあたるキーボードです。キーボードは重くもなく軽くもない、そして押し心地もそこそこあり、操作音もそこそこなるバランスを取ったキーボードです。青軸と赤軸の中間であるぶん癖は少なく、万人向けのゲーミングキーボードと言えます。

ポイント③:接続方法を確認

ゲーミングキーボードは、PCゲームをなどと接続する方法が複数通りあります。1つ目がUSBで物理的に接続する方法です。これは一般的なキーボードであり遅延が少ない接続方法です。2つ目がBluetoothを用いた無線接続です。

こちらはキーボードとPCゲームをなどを繋ぐケーブルが必要ないため、置き場所に困らない特徴があります。そのかわり、USB接続タイプと比べるとわずかに遅延があります。3つめがPS2などと接続する特殊な接続方法です。

ゲーミングキーボードによっては、PS2などUSB接続に対応していないゲーム機でも接続できるようにコンバータが付属しているキーボードもあり、PS2などで使う機会がある方は重要です。なお、PS4はUSB接続対応であるため、特殊な接続は不要です。

ポイント④:機能を確認

ゲーミングキーボードはより快適に遊べるようにショートカットキー、マクロ、全キー同時押しなど一般のキーボードにはない機能が備わっていることがあります。特にマクロは単純なゲーム操作を効率化するために必要不可欠ですので、どのようなマクロ機能があるのか調べることも重要です。

ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるゲーミングキーボードの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:NPETゲーミングキーボード

NPETゲーミングキーボード

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しいバックライトで演出する弧を描いたキーボード

USB接続タイプのゲーミングキーボードです。操作時の負荷を減らすために、キーボードの表面がアーチを描いており、疲れが溜まりにくい設計になっています。

 

さらに、キーボード本体が美しく光るため、良いキーボードでゲームをやっているというモチベーションアップにもつながっています。 同時押しも26キーまで対応しており、ゲームを通常プレイするこちにおいて全くストレスを感じない機能性を誇っています。

ブランドNPET重さ1.04kg
キーボードサイズ43.5×13.0×3.5cm型番K10
配列日本語配列

2位:AnkerウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボード

AnkerウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボード

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーの浅いシンプルなBluetoothキーボード

キーが浅く、指が疲れにくいキーボードです。キーボード本体も軽く、非常に持ち運びやすいため、少し配置を変えたい場面でも片手ですんなりと移動させることが出来ます。

 

キーボードサイズが小さいので、キー入力の際にあまり腕を動かさないのも特徴の一つあり、腕を動かさない分疲れにくいという効果もあります。メカニカル方式ではないため、安いという特徴もあります。

ブランドAnker重さ0.19kg
キーボードサイズ28.4x12.2x1.9cm型番AK-A7726121
配列日本語配列

1位:ゲーミングキーボードロジクール

ゲーミングキーボードロジクール

価格:5,055円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーミングデバイスで有名なブランドであるロジクールによる機能性重視のキーボードです。キー入力遅延を極限にまで抑え、専用のメディアコントロール機能(音量操作など)もあります。

 

同時押しは最大で10キーまで対応しており、片手はキーボード、もう片手はマウス操作という形であればまず同時押し上限を超えることはありません。

ブランドロジクール重さ1.4kg
キーボードサイズ3.3x45.2x21.8cm型番G213
配列日本語配列

その他のおすすめゲーミングキーボード4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

VENKIMゲーミングキーボード

VENKIMゲーミングキーボード

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

指が疲れない青軸キーボード 掃除が簡単になるキャッププーラー付

指を乗せただけで押せてしまう軽いキーを持つVENKIMのキーボードです。しっかり防水加工もされているため、飲み物をこぼしてしまっても安心です。

 

さらに防塵加工もしているので細かいホコリ等による劣化も防げます。そして掃除も簡単にできるように、キーキャップを簡単に取り外せるキャッププーラーも付属しているため、掃除も簡単です。

ブランドVENKIM重さ0.73kg
キーボードサイズ35.5×13.5×4cm配列日本語配列

ゲーミングキーボード Siensync

ゲーミングキーボード Siensync

価格:3,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性抜群!5000満開のキー入力にも耐えられるゲーミングキーボード

USBで接続するタイプのキーボードで何年もずっと利用し続けることができるコスパの良いキーボードです。キーボードはLEDはバックライトにより照らされるほか、その照らし方を自由に変えることも出来ます。

 

また、高音低音にも強く-20度~60土度間で正常に利用することが出来ます。アルミ可能のため軽いのも特徴の一つです。

ブランドSiensync重さ0.99kg
キーボードサイズ43.5x14x4.5cm型番SN-003GKB1J
配列日本語配列

ゲーミングキーボードロジクール

ゲーミングキーボードロジクール

価格:10,055円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルイズベスト!世界中で利用されているFPS向けのキーボード

世界中のeSportsでも使われるほどの実績を誇っており、プロゲーマーも数多く使用しています同時押しも26キー対応しており、高速なレスポンスも実現していますファンクションキーにマクロを設定することができるため、操作の自動化も可能です。

何よりキー入力遅延が殆どないため、格闘ゲームやFPS・TPSにオススメです
ブランドロジクール重さ1.3kg
キーボードサイズ39.7x21.9x5.6cm型番G-PKB-001
配列日本語配列

ゲーミングキーボードロジクール

ゲーミングキーボードロジクール

価格:14,412円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性を最大限まで高めたキーボード マクロをプログラミング可能!

マクロを独自にプログラミングして複雑な処理の自動化まで出来てしまうロジクール製のキーボードです。キーボード本体にArxコントロールと呼ばれるディスプレイを取り付けることで、ゲーム内データやPCのCPUやメモリ使用状況まで見ることができます。

 

機能性を重視するユーザーには特におすすめできるキーボードです。

ブランドロジクール重さ1.96kg
キーボードサイズ52.2x25.2x4cm型番G910r
配列日本語配列

ゲーミングキーボードの売れ筋ランキングをチェック

参考までにゲーミングキーボードの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?一概にゲーミングキーボードといっても種類によって性能が大きく異なります。ですので、キーが重いキーボードがいいのか、キーが軽いキーボードがいいのかしっかり考えて、自分にあったキーボードを選ぶようにしましょう。これで快適にゲームを遊ぶことができるに違いありません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ