オーガニック日焼け止めの人気おすすめランキング15選【子供と一緒に使える日焼け止めも】

記事ID20570のサムネイル画像

肌に優しい成分が含まれているオーガニック日焼け止めは、石鹸で落とせるものが多く、子供と一緒に使うこともできます。配合成分や塗り心地、UV効果など様々なので迷う方も多いはず。そこで今回はオーガニック日焼け止めの選び方や人気おすすめランキングをご紹介します。

今回の記事では、オーガニック日焼け止めの人気おすすめランキングをご紹介していますが、下記の記事では、人気の飲む日焼け止めについてご紹介しています。ぜひご覧ください。

ナチュラル成分が魅力的なオーガニック日焼け止め

オーガニックの日焼け止めは、日本製から海外製まで幅広く展開されています。実はオーガニックだからと言って必ずしもお肌に良いとは限らないんです!そのため、配合されている成分をよく見て、自分に合う日焼け止めを正しく選ぶ必要があります。

 

また、さらさら感が魅力的なタイプや、水に強く落ちにくいタイプまで、使用感だけでも多くの種類が存在します。お肌への負担もタイプ別で変わるため、赤ちゃんや敏感肌の方は要注意ポイントですよ。

 

そこで今回はオーガニック日焼け止めの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは使用感・成分・シチュエーションなどを基準に作成しました。

オーガニックだからといって肌にやさしいとは限らない

お肌にも優しく、自然のものを選びたいという方が増え、近年オーガニックブームが続いています。日本では有機栽培の農産物を原料にした化粧品を総称して、オーガニックコスメと呼んでいますが、実は明確な統一基準がありません

 

有機栽培された農産物を1つでも使用していれば、オーガニックコスメと名乗ることができます。オーガニックと記載されているからといって、原材料の全てがオーガニックであるとは限りません。肌への刺激物となるものが配合されていて、肌荒れやアレルギーを引き起こす可能性があります。

 

低刺激など、肌へのやさしさを重視して選ぶのであれば、配合されている成分などをよく確認するようにしましょう。

オーガニック日焼け止めの選び方

オーガニック日焼け止め製品は数多くあるため、選ぶ時の基準がわかりにくいですよね。ここからは、成分・シチュエーション・使用感などから細かく選び方を紹介します。

まずは「オーガニック認証」を取得しているものか確認

オーガニックとは、有機栽培された植物が使用された製品のことを指します。日本では明確な指標や基準がないため、一部しか有機栽培された素材を使っていなくても、オーガニックを名乗ることができてしまいます。

 

しかし、海外には数多くのオーガニック認証機関が存在し、審査を受けることで正式にオーガニック製品と認証されます。機関によって審査基準はまちまちですが、オーガニック日焼け止めを選ぶ上で、認証が取れているかどうかは非常に大切な判断材料となるでしょう。

テクスチャーで選ぶ

オーガニック日焼け止めのテクスチャーはさまざまなタイプがあります。ここでは使用感などから選ぶコツを紹介します。

乾燥肌の方にはしっとりした「クリームタイプ」がおすすめ

しっとりやわらかなクリーム状タイプは、体全体に塗りやすくムラになりにくいのが特徴です。油分が含まれているため保湿力があり、乾燥肌に悩んでいる方におすすめです。ただし少しオフしにくいため、石鹸で落としたい方は避けたほうがいいでしょう。

脂性肌の方にはべたつきにくい「ジェルタイプ」がおすすめ

ジェルタイプはとても伸びがよく、サラッとした使い心地が特徴です。日焼け止め特有のべたつきを感じにくく、石鹸で簡単にオフできます。ぺったり脂性肌タイプの方に向いているテクスチャーです。水や汗には若干弱いので、日常使いで使用するのがおすすめです。

レジャーには「乳液・ローション」のブレンドタイプがおすすめ

乳液(ミルク)のようなぺったりとした使い心地と、美容成分が豊富でスキンケアも兼ねられます。ローションタイプは水にも強いため、海などのレジャーに最適なタイプです。油分と水分が2層に分離しているため、使用前にしっかり振ってから使うようにしましょう。

手を汚さずに使いたい方には「ミスト・スプレータイプ」がおすすめ

ミスト・スプレータイプは手を汚さずに塗れるのが特徴です。塗りにくい背中や髪の毛にも簡単に塗布できます。メイクの上からもサッと塗布でき、出先での塗り直しにも便利です。ムラになりやすいので、吹きかけた後はしっかりなじませると良いでしょう。

配合されている成分で選ぶ

植物エキス・紫外線散乱剤・紫外線吸収剤・完全無添加など、オーガニック日焼け止めの成分は多岐に渡ります。自分のお肌と相談しながら決めていきましょう。

自分の肌に合う「植物エキス」かチェック

オーガニックの日焼け止めには植物エキスが配合されているものが多いです。ホホバオイルなど保湿力の高い植物エキスは、肌を乾燥から守ってくれます。ただし、植物エキスとの相性が悪いと、アレルギーや肌荒れを引き起こす可能性があります。

 

植物エキスの中には、エキスを抽出するための溶解物質も含まれているので、それを肌が反応してしまう場合があるからです。使用する前にパッチテストをしたり、心配ならシンプルな成分のものを選んだりなどしましょう。

肌への負担を軽減したいなら「紫外線散乱剤」タイプがおすすめ

日焼け止めには大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2タイプあります。紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、化学反応で熱エネルギ―に変えて放出するため肌に負担がかかります。紫外線散乱剤は酸化亜鉛などの無機粉体を肌にまとうことで、紫外線を反射して日焼けを防ぎます

 

散乱剤タイプは優しく塗布できるうえ、化学反応を起こさないため、肌の弱い方にもとてもおすすめです。肌への負担を軽減されたい方は散乱剤タイプを選ぶようにしましょう。欠点として、価格が高めで、肌に粉状にまとっているため白浮きや色うつりがしやすいことがあります。

 

しかし、ナノパウダーを使用しているものは白浮きしにくいため、気になる方はこの項目もチェックしてみてください。

肌が弱い方や子供と使う方には「ノンケミカル」がおすすめ

肌が弱い方や子供と一緒に使う方には、完全無添加・ノンケミカルと表示されたものをおすすめします。添加物とは主に吸収剤タイプを指し、紫外線を熱や赤外線などに変化させる製品です。肌の上で化学反応を起こすため、敏感肌タイプだとお肌に受けつけない可能性があります。

 

見落としがちなのが、アルコールや防腐剤などの添加物が入っていないか確認することです。これらの物質は刺激が強すぎると感じる人も多くいらっしゃいます。不安な場合は、無添加をうたう製品なら安心して使用できます。

 

オーガニック日焼け止めの商品は、ノンケミカルのものが数多くあるため、とても選びやすくなっています。アレルギーなど肌が弱い場合は、すべての成分の合計が20種類以下のものを目安にしましょう。

使用シーンで選ぶ

日焼け止めは肌が黒くなるUVBという紫外線を防ぐ「SPF」、真皮のコラーゲンなどを破壊するUVAを防ぐ「PA」の2つで機能を表します。使用シーンに合わせてSPF・PA値を選びましょう。

炎天下で長時間活動するなら「SPF50+PA++++」のものがおすすめ

暑い時期の紫外線量は一瞬でも肌がダメージを受けてしまうほど強烈なものです。オーガニック日焼け止めのなかでも、汗で落ちにくく紫外線を防ぐ機能が強力なものをおすすめします。

 

肌への刺激が大きいため、使用後はしっかりと日焼け止めをオフすることが大切です。特に乾燥などが大敵なため、同じくオーガニック化粧水などでうるおいをキープしましょう。以下の記事では、オーガニック化粧水の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

短時間の外出の場合は「SPF30・PA+++」でも十分

ゴミ出しや、ちょっとした買い物など短時間の外出であれば、SPF30~、PA+++ほどのものでも十分です。外出先で紫外線にあたる時間が長くなるのであれば、効果を持続するために、2~3時間おきに塗り直すと良いでしょう。

 

曇りの日は紫外線量自体は減りますが、お肌のうるおい維持に必要な物質を壊す「PA」は減少せずに降り注ぎます。オーガニック日焼け止めを使うことで、スキマ時間による肌ダメージを最小限に抑えられます。

室内の窓際で作業する際は「SPF10・PA++」前後がおすすめ

屋内であっても紫外線はガラスを透過するため、外と比べて80%のUVAが入り込んでしまいます。特に10時~14時の時間帯は紫外線量が多く、気づかないうちに日焼けしてしまいます。

 

自宅にいる際はサラサラ感を重視したオーガニック日焼け止めを推奨します。ベタつきのある日焼け止めは、長時間のデイリーユースの際に不快感が残る心配があります。自分にとってつけ心地の良いものを選ぶのがコツです。

落ちにくさで選ぶ

日焼け止めは「落ちにくさ」を重視したもの「落ちやすさ」を重視したものとあります。ニーズに合わせて最適なものを選びましょう。

レジャーで使うなら水・汗に強い「ウォータープルーフ」がおすすめ

日焼け止めは時間の経過と共に落ちてしまうので、なるべく落ちにくい日焼け止めを選ぶのが良いです。特に海やプールなどのレジャーで使用する場合は、水や汗に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。

 

ウォータープルーフタイプは落ちにくい反面、ボディソープなどで強くこすらないと落ちないなど、肌への負担になることもあるので注意しましょう。

肌への摩擦を抑えるなら「お湯・石鹸で落とせる」タイプがおすすめ

お湯や石鹸で落ちるものは、成分自体が優しく肌を包み込んでくれるものが多く、洗浄の際の摩擦ダメージも軽度で済みます。

 

通常の日焼け止めを落とす際、主に専用のクレンジング剤を使用されます。しかし専用のクレンジグ剤は洗浄力がとても強く、何度も使用することで肌にダメージが蓄積してしまいます。肌が未熟な赤ちゃんや、肌が弱い大人では使えない可能性も高いです。

 

水や汗に強いものは落ちにくい反面、肌に密着してしまい成分と体が反応してしまう場合もあります。ウォータープルーフを使わない場面では、落としやすい散乱剤が使用されている製品を選びましょう。

子供も使えるオーガニック日焼け止めの人気おすすめランキング8選

オーガニック保湿成分62%配合

無着色・無香料・紫外線吸収剤不使用・パラベンフリーの日焼け止めです。肌にやさしいので、赤ちゃんや子供にも使用できます。またアロエベラ葉水、シアバター、アルガンオイルなどのオーガニック保湿成分を62%配合しており、しっとりとした使い心地です。

 

天然のアロマの香りを配合しているので、虫除け効果も期待でき、アウトドアでの使用にもおすすめです。

内容量 45g タイプ 乳液
SPF・PA 30・+++

口コミを紹介

香りも付け心地も満足してます。安心して子供に使用してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

babybuba (ベビーブーバ)

オーガニック ベビーUVクリーム

価格: 2,640円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力紫外線もカット!内側からお肌を守る天然成分

世界トップクラスの認証機関からオーガニック認証を受けた、安全性の高い日焼け止めです。オーガニックラベンダーが使用されてるため、殺菌性能にも期待ができます。

 

バオバブ・インカインチ・ホホバのオイルがお肌の水分を逃しません。天然のヒアルロン酸といわれるシロキクラゲも配合することで、お肌の内側からハリをもたらします。ファミリーで使うことができるため、新生児が生まれた家庭にプレゼントすることもおすすめです。

内容量 50g タイプ クリーム
SPF・PA 50+・++++

ウォータープルーフなのでレジャーにおすすめ

独自のナチュラルサンフィルターを使用し、プロポリス・カランジャオイルなどを配合した日焼け止めです。うるおいを与えながら、しっとりとした肌に導きます。赤ちゃんの肌を守るセサミオイルを配合しているので、0歳のお子様から使用できます。

 

水に強いウォータープルーフ処方なので、紫外線にあたる時間が長いレジャーでの使用におすすめです。

内容量 50ml タイプ クリーム
SPF・PA 50・++++
5位

ビーバイイー

Lecura(ルクラ) ベビーUVミルク

価格: 850円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特定アレルギー物質不使用、赤ちゃんの敏感肌を守るスキンケア

オーガニックカモミール成分が、肌を優しくうるおわせる日焼け止めです。カモミールに含まれるカマズレンには、保湿・抗アレルギー・抗炎症作用があるとされています。古くからヨーロッパで使用されているハーブなため、安全性もバッチリです。

 

特定原材料等を使わないことで、アレルギー体質の方にも安心できる作りになっています。吸収剤を使っていないノンケミカル商品のため、敏感肌の方にも大変おすすめです。SPFとPAも高く、お出かけやお散歩に向いています。

内容量 70 g タイプ ミルク
SPF・PA 35 ・+++
4位

エルバビーバ(erbaviva)

ベビー サンスクリーン

価格: 3,100円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんや敏感肌の大人の方におすすめ

ビタミン・ミネラル成分を失わないコールドプレス製法を採用し、植物エキスなどの自然の恵みを最大限に引き出した日焼け止めです。アロエ、ヒマワリ、ホホバオイルにカモミールとラベンダーの有機エッセンシャルオイルを配合しており、穏やかで心地よい香りが特徴です。

 

「アロエベラ液汁」を配合し、うるおいを与えながら、肌荒れを防ぐ。化学物質を使用していないので、サンゴ礁などの海洋生態系への影響も配慮された地球にやさしい日焼け止めです。赤ちゃんにもサッと塗れ、敏感肌な大人の方の化粧下地としても使用できます。

内容量 75g タイプ クリーム
SPF・PA 30・+

口コミを紹介

安心して子ども達に使えるので、毎年購入しています。
塗ると少し肌が白くなりますが、塗っているところと塗れていないところが一目で分かるので気に入っています。
シンプルなパッケージもいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SOLIA

アロベビー UV モイスト ミルク

価格: 2,640円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お湯で落とせるから安心、オール天然素材を使用

高保湿成分でもちもちお肌を守りながら日焼け止めができます。ホホバ・バオバブ種子油に、ミルクローションがお肌の保水をアップさせ、紫外線による乾燥を防ぎます。持続力が高いため外出中も安心です。

 

すべてオーガニックによる天然素材でできているため、誤って子供のお口のなかに入ってしまっても大丈夫です。ヴェールのように優しくお肌にまとわれるため、お湯で軽く洗い流すだけで簡単にオフできます。

内容量 90g タイプ クリーム
SPF・PA 15・++
2位

ビーバイイー

ママバター UV ケアクリーム

価格: 1,320円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保湿力抜群!ノンケミカルがうれしいソフトなつけ心地

シアバターを配合することで高保湿ながら、やわらかな塗り心地となっています。シアは1000年以上使用され、赤ちゃんのへその緒のケアにも使われる素材です。多少伸びが良くないため、肌面積の狭い赤ちゃんや、化粧下地などポイント使いすることをおすすめします。

内容量 45g タイプ クリーム
SPF・PA 25・++
1位

ヴェレダ・ジャパン

エーデルワイスUVプロテクト

価格: 2,530円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供と一緒に使える!デリケート肌にもしっかりとマッチ

白浮きしにくいため、よく動く子供からパパ・ママまで幅広く使えるオーガニック認証済みの日焼け止めです。4種類の植物から抽出された美容成分が、お肌のキメをしっかりキープしてくれます。日焼け止め特有のニオイが少なく、塗るときに優しいシトラス系の香りがします。

 

ローション系のようにとても伸びが良いため、広範囲塗るときにも便利なテクスチャーです。しっとり感が強いため乾燥肌の人におすすめの商品です。

内容量 50ml タイプ ローション
SPF・PA 38・++

子供も使えるオーガニック日焼け止めのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 内容量 タイプ SPF・PA
1
アイテムID:7983512の画像
エーデルワイスUVプロテクト 2,530円

詳細を見る

子供と一緒に使える!デリケート肌にもしっかりとマッチ

50ml ローション 38・++
2
アイテムID:7983511の画像
ママバター UV ケアクリーム 1,320円

詳細を見る

保湿力抜群!ノンケミカルがうれしいソフトなつけ心地

45g クリーム 25・++
3
アイテムID:7983510の画像
アロベビー UV モイスト ミルク 2,640円

詳細を見る

お湯で落とせるから安心、オール天然素材を使用

90g クリーム 15・++
4
アイテムID:7984836の画像
ベビー サンスクリーン 3,100円

詳細を見る

赤ちゃんや敏感肌の大人の方におすすめ

75g クリーム 30・+
5
アイテムID:7983509の画像
Lecura(ルクラ) ベビーUVミルク 850円

詳細を見る

特定アレルギー物質不使用、赤ちゃんの敏感肌を守るスキンケア

70 g ミルク 35 ・+++
6
アイテムID:7984848の画像
アコレル サンプロテクションクリーム 50+ 3,400円

詳細を見る

ウォータープルーフなのでレジャーにおすすめ

50ml クリーム 50・++++
7
アイテムID:7983508の画像
オーガニック ベビーUVクリーム 2,640円

詳細を見る

強力紫外線もカット!内側からお肌を守る天然成分

50g クリーム 50+・++++
8
アイテムID:7984850の画像
アロマサンミルク 2,420円

詳細を見る

オーガニック保湿成分62%配合

45g 乳液 30・+++

石鹸で落ちるオーガニック日焼け止めの人気おすすめランキング7選

無添加&美容成分配合のUVミルク

振って使用する2層タイプの日焼け止めです。塗りムラがなく、伸びが良いので全身に使いやすいです。 99%以上が自然由来原料で、天然のミネラルパウダーで紫外線をカットします。美容成分もたっぷり配合されているので、ツヤのあるお肌へと導きます。

 

また紫外線吸収剤・シリコーン・ミネラルオイル・石油系界面活性剤・パラベン類・合成香料・合成色素は不使用なのでお肌にやさしく、石鹸で落とせます。

内容量 50ml タイプ ミルク
SPF・PA 30・+++

口コミを紹介

メイク前に塗り、顔色がトーンアップし、毛穴も薄くなるので、市販の毛穴カバーいらず、購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

oil in water処方だから落としやすい

12種類の美容成分配合で、スキンケア効果の高い日焼け止めです。日焼け止め特有のべたつきや白浮きなく使えて、伸びが良いです。オーガニック認証成分を7種類配合し、植物アロマの香りが心地良いです。oil in water処方なので、お肌を傷めることなく、石鹸で簡単に落とせるのがポイントです。

 

また合成香料・合成着色料・鉱物油・パラベン・サルフェート・石油系界面活性剤が不使用なので、敏感肌の方でも安心して使用できます。

内容量 50g タイプ クリーム
SPF・PA 50・++++

口コミを紹介

サラサラしていてベタつかず、白浮きもしません。
夏場に日焼け止め塗る時に汗で首とかベタベタするのが嫌なんですが、日焼け止め塗らず日焼けするのはもっと嫌なので今まで違う商品で我慢してましたが、こちら買って大正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ネイチャーズウェイ

ナチュラグラッセ  UVプロテクションベースN

価格: 3,100円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すこやかなお肌を守り、みずみずしい仕上がり

独自に配合された植物成分が、角質細胞内に深く浸透する製品です。散乱剤の酸化チタンが、まんべんなく肌に広がることで白浮きを防止します。もったりとしたテクスチャーですがベタつきは少なく、時間をおいていくうちに肌になじんでいきます。

内容量 30ml タイプ ミルク
SPF・PA 50・+++
4位

スタイラ

シンピュルテ パーフェクトUVミルク プロテクション

価格: 4,180円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

屋外での活動もこれ一つでOK!

強力紫外線から肌を守り抜く、レジャーにも最適なオーガニック認証済みの日焼け止めです。しなやかな伸びで体全体どこでも使用できます。ベタつきが強いため、人によっては好き嫌いは分かれるかもしれません。

 

日焼け止め独特のニオイが抑えられ、レモングラスのような爽やかな香りがします。水をはじき、汗にも強いですが石鹸で落とすことができます。

内容量 30ml タイプ ミルク
SPF・PA 50+・++++
3位

AMRITARA(アムリターラ)

オールライトサンスクリーンクリーム

価格: 4,180円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

植物パワーでワンランク上の白さへ

太陽や電気など、さまざまな明るさに負けないようにお肌を自然に輝かせます。肌なじみがよく自然なトーンアップができます。保湿成分はホホバオイルやセラミドなど高保湿成分を配合。

 

美容ミネラルのセリウムがブルーライトもカットしてくれるため、屋内での使用に最適です。基本的に石鹸で落ちますが、重ね塗りをした場合などは優しくクレンジングも足すとスルリと洗浄できます。

内容量 40g タイプ クリーム
SPF・PA 18・+
2位

えそらフォレスト株式会社

HANA ORGANIC ウェアルーUV

価格: 4,400円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるでスキンケア用品のような心地よさ

天然のミネラルを使用した光の反射を利用して、お肌を明るく見せるオーガニック日焼け止めです。油分感も少なく、ナノパウダー不使用にもかかわらず白浮きしにくくなっています。

 

散乱剤がお肌に当たらないようにコーティング処理がされてるためとても優しい肌触りとなっています。抗炎症作用のあるイザヨイバラエキスに、6種類の花精油がフローラルな香りと美肌を演出してくれます。

内容量 30ml タイプ 化粧下地
SPF・PA 30・++
1位

ネイチャーズウェイ

チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター

価格: 4,340円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

塗るときに突っぱらない、無農薬ナチュラルハーブ配合の日焼け止め

SPFが高いのにもかかわらず、しっかりと肌に定着します。ベタつきがとても少なく、お肌のキシミ感がほとんどありません。無香料のため生活の邪魔もしません。

 

配合されているハーブエキスは無農薬で栽培された100%自社栽培のものです。さらに天然のオイルも含まれているため、乾燥知らずのお肌になってくれます。スキンケアの最後に使うことで、化粧下地にもなってくれるすぐれものです。

内容量 60ml タイプ ミルク
SPF・PA 43・++

石鹸で落ちるオーガニック日焼け止めのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 内容量 タイプ SPF・PA
1
アイテムID:7983519の画像
チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター 4,340円

詳細を見る

塗るときに突っぱらない、無農薬ナチュラルハーブ配合の日焼け止め

60ml ミルク 43・++
2
アイテムID:7983518の画像
HANA ORGANIC ウェアルーUV 4,400円

詳細を見る

まるでスキンケア用品のような心地よさ

30ml 化粧下地 30・++
3
アイテムID:7983517の画像
オールライトサンスクリーンクリーム 4,180円

詳細を見る

植物パワーでワンランク上の白さへ

40g クリーム 18・+
4
アイテムID:7983516の画像
シンピュルテ パーフェクトUVミルク プロテクション 4,180円

詳細を見る

屋外での活動もこれ一つでOK!

30ml ミルク 50+・++++
5
アイテムID:7983515の画像
ナチュラグラッセ  UVプロテクションベースN 3,100円

詳細を見る

すこやかなお肌を守り、みずみずしい仕上がり

30ml ミルク 50・+++
6
アイテムID:7984929の画像
日焼け止めクリーム 2,037円

詳細を見る

oil in water処方だから落としやすい

50g クリーム 50・++++
7
アイテムID:7984919の画像
UVプロテクトミルク 3,190円

詳細を見る

無添加&美容成分配合のUVミルク

50ml ミルク 30・+++

オーガニック日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めは正しく塗らないとムラができたり、塗り残しができてしまいます。そうならないために部位別に塗り方を紹介していきますね。

デリケートな顔

おでこ・鼻の頭付近・両ほほ・あご、全部で5ヶ所に2cm大のテクスチャーを塗布します。最初はほほのテクスチャーを塗りひろげ、次におでこ部分を生え際に向かってなじませます。

 

鼻の頭のテクスチャーを上から下へ伸ばし、あごからフェイスラインをなぞるようなじませます。再び同量のテクスチャーを手にとって、二重塗りをすれば顔は完成です。目元は敏感なためやさしく塗ってくださいね。

 

日焼け止めを塗る前に、できるなら一度洗顔してスキンケアをおこなってください。顔は皮脂くずれがしやすいため、保湿せずに塗ると思わぬ肌トラブルを招きます。

意外と目立つ首

日焼け止めは塗り忘れがちな首は、年齢がダイレクトに出る箇所です。2cm大のテクスチャーを前後に数ヶ所置いたら、下から上へ優しく塗り拡げていきます。この時なるべく摩擦を与えないように、ゆっくりマッサージするように伸ばしましょう。

面積の大きい体

腕や足に塗るさいは、思い切ってたっぷりと線状にテクスチャーを絞り出します。たくさんの量を使うため、大容量タイプや伸びが良いテクスチャーのものを使用しましょう。

 

手のひら全体をふんわりとフィットさせるように、やわらかくテクスチャーを広げていきます。大きい丸を描くように塗れば、ムラが少なくきれいになじませられます。

 

上半身の露出している部分、肩から胸にかけてのラインは紫外線を受けやすく焼けやすいため、厚く塗ることを心がけてください。

どんな保湿成分が入っているか確認しよう

オーガニック日焼け止めのなかには、補助的に含まれている保湿成分があります。自分のお肌のお悩みと比べてトラブルを回避しやすくしましょう。

高保湿に欠かせない"セラミド"

表皮の角質層内で細胞間のすき間を埋めている成分をセラミドと呼びます。角質層の50%を占めるセラミドは、肌の保湿能力・バリア機能をそなえる大事な成分です。

 

セラミドは年齢を重ねていくうちに減少してしまうため、外側からの摂取をすることも大切です。乾燥肌の方の場合は、あえてセラミド配合のものを選ぶことで、肌荒れなどのトラブルを回避しやすくなります。

 

圧倒的なカバー力の"シアバター"

とても強い油膜成分で、お肌の中に水分を閉じ込める性能が魅力的です。最大の特徴は人間の皮脂成分によく似ているため、肌なじみが最高に良いということです。赤ちゃんの肌とも相性が良く、親子で使用することもできます。

 

オレイン酸・ステアリン酸など脂肪酸が主成分のおかげで、とても酸化しにくくなっています。また、古くから食料として使われてきたため、口の中にいれてしまっても害になりません。

 

お肌のハリ感を高める"ヒアルロン酸"

ヒトの真皮の中で細胞のクッションとなっているのがヒアルロン酸です。水分を保つ機能があり、お肌のハリやもちもち感と深く関わってきます。

 

お肌に塗る際は角質表面でヒアルロン酸は働いてくれます。ヒアルロン酸がお肌の上にある間は、保水能力を向上させ、肌のターンオーバーの正常化など多くのうれしい効能があります。持続力は低いため定期的な塗布が不可欠です。

使用期限を守って早めに使い切ろう

無添加・ノンケミカルと表示されているオーガニック日焼け止めは、通常のものよりも消費期限が早くなっています。基本的に防腐剤が使用されていないため、酸化などが早く進んでしまうせいです。

 

未開封であっても、使用する際に油分と水分の分離が起こっていたり、変なニオイがしたり、色が変わっていたりした場合は劣化が進んでいる可能性があります。使わずに思い切って捨ててしまいましょう。

 

劣化したオーガニック日焼け止めを使用してしまうと、お肌に深刻なダメージを与えてしまい、老化や困難な肌荒れを引き起こす場合があります。特に真夏などは湿気が少ない日陰に保管して、雑菌の増殖を防ぎましょう。

 

以下の記事では、日焼け止め美容液の内容を記載しておりますので、併せて参考にしてみてください。

まとめ

オーガニック日焼け止めの選び方や、用途別におすすめの商品を紹介させていただきました。これらの製品は、天然成分100%だからこそ使用する方の肌質と相談しながら選ぶ必要があります。自分に合ったオーガニック日焼け止めを見つけて快適にすごしてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

専門家監修!乳液の人気おすすめランキング30選【毛穴・ニキビ・プチプラ】

専門家監修!乳液の人気おすすめランキング30選【毛穴・ニキビ・プチプラ】

乳液
【2021年最新版】紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの人気おすすめランキング15選【プチプラからデパコスまで!】

【2021年最新版】紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの人気おすすめランキング15選【プチプラからデパコスまで!】

日焼け止め・UVケア
【2021年最新版】日焼け止め下地の人気おすすめランキング20選【敏感肌用や崩れにくいタイプも】】

【2021年最新版】日焼け止め下地の人気おすすめランキング20選【敏感肌用や崩れにくいタイプも】】

日焼け止め・UVケア
ブライトエイジの口コミ&評判を調査!シミへの効果は?真相を検証してみた

ブライトエイジの口コミ&評判を調査!シミへの効果は?真相を検証してみた

ビューティー・ヘルスケア
【2021年最新版】デパコスファンデーションの人気おすすめランキング25選【乾燥肌向けも】

【2021年最新版】デパコスファンデーションの人気おすすめランキング25選【乾燥肌向けも】

ファンデーション
【2021年最新版】日焼け止めパウダーの人気おすすめランキング20選【UVカット効果も】

【2021年最新版】日焼け止めパウダーの人気おすすめランキング20選【UVカット効果も】

日焼け止め・UVケア