【2021年最新版】シートクッションの人気おすすめランキング15選【車の運転時に!】

記事ID16002のサムネイル画像

車に乗る時に使うシートクッションの人気おすすめランキングを紹介します。運転席や後部座席の椅子にシートを設置することで腰痛の改善に効果があります。シートクッションには高級感があるものやおしゃれなものがあるので選び方も紹介していきます。

車のシートクッションは腰痛対策にもぴったり

車に乗る機会が多い人は、長距離運転になればなるほど腰痛に悩まされていないでしょうか。そんな時、座席のシートクッションを変えるだけで、高級車じゃなくても劇的に改善されるんです!おしゃれな低反発や高反発のクッションで上手に改善させていきましょう。

 

また悩みは腰だけにとどまりません。長時間のドライブで首や背中が痛くなることも多いです。そういった症状をシートクッションで改善することができます。さらに後部座席に乗る人も快適なドライブを楽しみたいものです。

 

そこで今回は車用シートクッションの選び方や、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは後部座席、首や腰を支えるタイプ、運転席用の3つのポイントを基準として作成しました。

シートクッションのおすすめの選び方

狭い車内での長時間のドライブを少しでも快適に過ごせるように、シートクッションの選び方を考えていきましょう。

タイプ、形状で選ぶ

車用のシートクッションにはさまざまなタイプがあります。それによって形状も違っていきます。タイプや形状での選び方を見ていきましょう。

「座布団タイプ」はお尻を保護して快適

車内では長い時間、座ったままでいなければなりません。そうなるとお尻が痛くなってきてしまいます。そういった人におすすめなシートクッションが椅子に敷く座布団タイプです。名前の通り、座布団のような見た目をしています。

 

車の運転では、高級な座席でも高さが合わないと、すぐに疲れてしまいます。座布団タイプのシートクッションを敷くと、座高の高さの調節をすることもできます。難しい取り付け方法をしなくてもよいという点がおすすめのポイントです。

「腰に当てるタイプ」で腰痛解消

車を運転していて腰痛になってしまう原因は、車体の揺れによる振動と言われています。どんなに安全運転をしていても振動は腰に伝わってしまいます。そんな時、椅子の背に置き腰をしっかり支えるシートクッションがおすすめです。

 

身体のカーブと座席が合っていないと、腰の痛みに繋がります。腰のカーブにぴったりとフィットし、身体と座席の空間を無くします。これが腰の疲れや痛みを解消してくれます。ドライブ中の腰痛に悩まされている人は、腰に当てるタイプを選びましょう。

集中力を高めるなら「首を固定するタイプ」

安全な運転をするためには集中力が大事ですが、緊張したまま運転をすると首や肩に痛みが出てきてしまいます。長い時間ハンドルを握っていると、腕も疲れやすいです。

 

首をしっかり固定してくれるシートクッションは、椅子のヘッドレストに装着するタイプが多いです。首の後ろまでしっかりと固定してくれるので、運転していて心地良い姿勢に導いてくれます。首や肩のコリが気になる人はこうしたタイプのクッションがおすすめです。

後部座席には「フィットするタイプ」がおすすめ

ドライブは1人でするものとは限りません。家族そろってドライブに出かける休日は楽しいものです。その時には子供たちは後部座席の椅子に座ることになるでしょう。後部座席も座っていて快適であることが重要になってきます。

 

後部座席のカバーとして車用の長座布団を探しているのなら、あらかじめ椅子のサイズを計っておきましょう。後部座席に乗っていて、身体を動かしてもシートクッションがズレないことは大事です。座面にフィットするものは汚れも防ぎ、見た目もスマートです。

素材、やわらかさで選ぶ

車用のシートクッションを選ぶ上で、素材ややわらかさも大事です。今話題の低反発や高反発クッションを用途に合わせて使っていきましょう。

低反発はシートクッション「初心者」におすすめ

低反発クッションは圧力をかけた時に、時間をかけて少しずつ形が戻っていきます。高反発よりも汎発性が弱く、沈み込みやすくやわらかさを感じることができます。硬めの椅子でも、ふかふかした心地よい感触で利用できるクッションです。

 

人によっては沈み込み過ぎて、安定性がなくなってしまう場合があります。また通気性が悪く蒸れやすいというデメリットもあります。寒い時期には身体をぴったりとシートに密着させてくれるので、温かく使うことができます

 

以下の記事で、低反発クッションの人気おすすめランキングを紹介しています。こちらも是非参考にしてみてください。

高反発は疲れないので「長距離運転」におすすめ

高反発クッションは弾力性に優れています。圧迫してもすぐに元通りになり、反発の強さで疲れの原因となる姿勢の悪さを改善してくれます。正しい姿勢でしっかりと椅子に固定されるので、長距離運転でも疲れにくいメリットがあります。

 

高反発クッションは通気性に優れています蒸れを気にすることなく使うことができます。またすぐにへたったりしないので、長い期間、使うことができます。ただし通気性に優れて涼しいため、寒がりの人にはあまり向いていないと言えるでしょう。

機能で選ぶ

車用のシートクッションにはさまざまな機能が付いたものがあります。機能性を考えた選び方をしていきましょう。

「温度調節」ができるものは寒がりや暑がりな方におすすめ

車の運転を少しでも快適にするため、電源を使ったシートクッションを選ぶこともおすすめです。シガーソケットから電源を取りシートクッション全体を温かくしたり涼しい状態にできるものがあります。

 

背中が痛くなりがちな人は、温熱効果のあるシートクッションを椅子に使うと、熱によって背中の痛みが和らぎます。また、夏には車内の温度は高くなりがちです。シガーソケットから電源を取って冷風を送るシートクッションで涼しくするのもおすすめです。

常に清潔にしたい人は「丸洗い」できるクッションを

シートクッションは汗や外からのホコリが付着しやすいです。食事をした時に食べこぼしの汚れが付いてしまう場合もあります。これらが原因となり、雑菌や臭いの原因になってしまうこともあります。

 

取り外して丸洗いできるものなら、常に清潔に使うことができます。手洗いだけでなく、洗濯機で洗えるものだと手入れが簡単です。車内の臭い対策にもなるため、常に清潔にしておきましょう。

汗かきや「涼しい」ものを求める人はメッシュタイプ

運転中はずっと同じ姿勢でいなければなりません。座面や背中はずっと身体を触れている箇所なので、蒸れやすくなっています。すぐに汗をかいてしまう方は、カバーがメッシュ素材のシートクッションがおすすめです。

 

メッシュタイプのシートクッションは湿気を逃がしてくれるので、不快さを感じることなく使用できます。背中のシートクッションには、シートと座面の間に空間を作っておくと、そこから湿気を逃すこともできます。

「運転の邪魔にならない」ものから選ぶ

温熱効果で涼しい環境にしたり、温かい座面にしたりすることができるシートクッションですが、運転の邪魔にならないものを選びましょう。どのようなシートクッションが邪魔になるのかは、車によって変わってきます

 

高級なものは特に、購入する前に確認をしておきましょう。運転している時に、どういったところが疲れやすいのかを事前に研究しておくと、車用のシートクッションを上手に選ぶことができます。

「バイク」の運転にもシートクッションはおすすめ

バイクに乗り慣れていない人にはピンとこないかもしれませんが、長い時間のツーリングにはシートクッションがあると便利です。バイクに長い時間乗っていると、お尻が痛くなってきます。そんな時はバイク用のシートクッションがおすすめです。

 

バイクのシートクッションには、空気を含んだパーツが重なっているシートクッションが便利です。またバイク用には「ゲルザブ」と呼ばれるゲル状クッションもおすすめです。メッシュ生地のカバーも涼しいので、こちらもチェックしましょう。

ブランドで選ぶ

車用のシートクッションを展開しているブランドは数多くあります。それぞれにどういった特徴があるのかを見ていきましょう。

「オートバックス」はトラックの椅子にもぴったり

さまざまなカー用品を取り扱っているブランドのオートバックスからは、数多くの車用シートクッションが発売されています。レザータイプからメッシュタイプ、肘掛クッションまで多種多様な展開がされているのが魅力です。

 

背中を支えるタイプのシートクッションは、低反発仕様で腰に優しいです。トラックや通勤のために使う高級車など、車内のインテリアにおしゃれにこだわるなら、車のプロフェッショナルでもあるオートバックスのシートクッションがおすすめです。

「プロファクト」は高級志向の人向け

プロファクトは高級な車用シートクッションを扱っているブランドとして有名です。プロファクトは車用だけでなく、医療用のクッションやシートを開発しています。そのため椅子に設置して腰痛が楽になるシートクッションが用意されています。

 

腰痛が楽になることで有名な「楽シリーズ」が代表的な商品です。高級品質なカークッションブランドの「SUS」などを展開しています。プロファクトが独自に開発したこだわりのシートが揃っています。

おしゃれで女性におすすめの「MOGU」

MOGU(モグ)はパウダービーズクッション専門の人気ブランドです。パウダービーズのクッションは、もっちりした触り心地が気持ちいい人気の商品です。MOGUの車用シートクッションには、腰をサポートするものなど様々な形状のクッションがあります

 

MOGUではカーファッションとして人気の「ドライバーズバックサポーター」という商品も発売しています。左右のウイングがドライバーが受ける重力を分散して、身体のゆがみを軽減してくれます。カラフルなカラーがおしゃれで女性に人気です。

 

以下の記事で、ビーズクッションの人気おすすめランキングを紹介しています。こちらも是非参考にしてみてください。

「ボンフォーム」はキャラクターものにも強い

ボンフォームは車関連のインテリア総合ブランドです。車の中をまるで家の中のような快適で過ごしやすい空間にこだわった、車関連の商品を取り扱っています。創業は昭和25年からのカー用品専門ブランドです。

 

長い歴史の中でつちかわれた豊富な知識から生まれた商品は、カーライフを楽しくサポートしてくれます。特にディズニーやスヌーピー、ハローキティといったおしゃれなキャラクター製品が充実しているブランドです。

 

以下の記事で、ディズニーグッズの人気おすすめランキングを紹介しています。こちらも是非参考にしてみてください。

今話題のジェルクッションも車用シートクッションにおすすめ

最近テレビショッピングで話題のゲルクッションも、長い時間のドライブに最適なシートクッションになります。「無重力クッション」と銘打たれているように、無重力空間にいるような座り心地になります。

 

ゲルクッションは座り心地がいいので、腰痛を持った人や、長い時間ドライブをすることが多い人におすすめです。メッシュの形状はハニカムタイプがおすすめです。またメッシュのグリッド数によって座り心地に大きく影響してくるので注意しましょう。

 

以下の記事で、ゲルクッションの人気おすすめランキングを紹介しています。こちらも是非参考にしてみてください。

「腰痛対策」なら普通の椅子にも使えるものを

お仕事で椅子に長時間座る方は、そちらも腰痛の原因になっている可能性があります。テレワークのように在宅で勤務をする状況も、以前より増えています。腰痛が気になる方は普段使う椅子でも使用できるシートクッションがおすすめです。

 

シートクッションのなかには、簡単に普通の椅子にも取り付けられるものが販売されています。車以外でも利用を考えている方は、普通の椅子でも使用可能かチェックしておきましょう。

「正しい姿勢」で運転を行う

運転をする際には、正しい姿勢であることが重要です。間違った姿勢での運転は腰痛や肩こりの原因です。ここではシートクッションを用いて、簡単に姿勢を正しくする方法を解説します。

腰とシートの隙間を埋める

運転席に座るときは、なるべく深めに座りましょう。シートクッションを用いてシートと腰の隙間を埋めることで、しっかりと座ることができます。

 

運転席に浅く座ってしまうとブレーキを踏み込みにくくなりとても危険です。腰痛の原因にもなるので、シートクッションを使って正しく座るようにしましょう。

座席の高さを調節する

肩こりの原因はハンドルの握り方にもあります。座席に正しい姿勢で座り、肘が少し曲がるようにハンドルを握りましょう。上手く握れないときは、座席の位置を調節しましょう。

 

上手く調節ができないときは、シートクッションを用いて微調整するのもおすすめです。シートクッションで座る位置を高くできます。高くなりすぎないように、購入する際には注意しましょう。

首を正しい位置に保つ

ヘッドレストの位置も、運転では重要なポイントです。ヘッドレストの位置が正しくないと首に負担がかかるだけでなく、事故に遭ったときの怪我に繋がってしまいますヘッドレストの中心と、後頭部の中心を合わせるように調節しましょう。

 

ネックパッドを併用することで、首の位置を安定させて負担を軽減できます。事故の際にも首や頭が受ける衝撃を減らしてくれるため、安心して運転ができますね。

安全な旅を楽しむために「こまめな休憩」も大切

長時間の運転は身体の負担になるだけではなく、事故の原因でもあります。シートクッションで負担の軽減も重要ですが、こまめな休憩も意識しましょう。なるべく1時間おきに休憩するのが理想です。

 

休憩を取らない状態で、2時間以上の運転は危険です。必ずこまめな休憩を取るようにしましょう。休憩のときは軽くストレッチをして、身体をほぐすのがおすすめです。

後部座席用シートクッションの人気おすすめランキング5選

5位

ボンフォーム(BONFORM)

シートクッション メッシュフィット

価格: 2,211円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全面メッシュでムレ解消

ボンフォームの「シートクッション メッシュフィット」は、低反発ウレタンで体圧を分散してくれる、おすすめの後部座席用シートクッションです。落ち着いたカラーで車の中のインテリアとしてもマッチします。

 

取り付けや取り外しが簡単な点も、おすすめできるポイントです。後部座席にしっかりフィットして、座ってもズレにくいです。メッシュ素材なので、肌触りがさらさらで気持ちいいです。軽自動車から普通車向けなのでサイズをしっかり計っておきましょう。

タイプ シートクッション 素材 ポリエステル、ウレタンフォーム
便利機能 メッシュ 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

タイトルの通り、何の問題もなし。グシャッと座っても 何もせずに元どおり(よれない)になる。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

StorePocket

低反発 フリーシートクッション

価格: 4,990円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

疲れにくく快適

Lene(リーネ)の「低反発 フリーシートクッション」はカジュアルにもシックにも合わせやすい、おすすめの後部座席用シートクッションです。車の中だけでなく、お部屋のインテリアにも映えるおしゃれなクッションです。

 

クッションの中身は低反発ウレタンフォームで、圧力を均一に吸収し分散してくれます。そのため長時間使い続けても、疲れにくい点が魅力です。この製品は手洗いが可能なため、常に清潔に使うことができる点も見逃せません。

タイプ 座布団 素材 綿麻風生地、ウレタンフォーム
便利機能 カバー取り外し可能 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

価格相応の質感であると感じます。低反発ですので長時間座っていれば凹むことは確かにありますが、数時間外に干したりしておけばもとに戻ります。概ね満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ファブリズム(Fabrizm)

フリーシートクッション

価格: 4,950円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

座る!もたれる!寝転がる!

ファブリズム(Fabrizm)の「フリーシートクッション」は日本製の、おすすめの後部座席用シートクッションです。車の後部座席だけでなく、普通に部屋で使っても、インテリアに映えるおしゃれな柄のシートクッションです。

 

水玉模様が特徴的なバニラン生地は、美術館にあるようなデザインです。珍しい北欧風の柄で、個性をアピールできます。中身はテイジンの綿を使った、安心の日本製です。コットン100%で肌触りもよく、車内が遊び心のあるアートな空間になります。

タイプ 座布団 素材 綿100%、ポリエステルわた
便利機能 反発タイプ

口コミを紹介

いろいろ悩んで、分厚そうだからこれにした。大きさもちょうどいいし、何より弾力のある触り心地がオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ココトリコ(cocotorico)

ロングシートクッション

価格: 4,064円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンスでおしゃれ

ココトリコの「ロングシートクッション」は後部座席にぴったりのロングサイズの、おすすめの後部座席用シートクッションです。ハイセンスでおしゃれなキリム風ラパス柄です。無機質で味気なくなりがちの車内がおしゃれな空間に変身します。

 

ゴムバンドでくるっとまとめてたたむと、リボン型のクッションに早変わりします。後部座席のシートを汚すことなく清潔に保つことができ、手洗いも可能な商品です。シートカバーやハンドルカバーとコーディネートもできます。

タイプ 座布団 素材 綿、ウレタン・ポリエステル綿、ポリエステル
便利機能 反発タイプ

口コミを紹介

エスニック柄が好きなので、いろいろ探してて柄が気に入って購入しました。ただ、私の車のシートには少し小さかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ボンフォーム(BONFORM)

シートクッション ディズニー トリプル

価格: 2,327円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぷっくりアートがかわいい

ボンフォームの「シートクッション ディズニー トリプル」はミッキーマウスのキャラクターがかわいい、おすすめの後部座席用シートクッションです。可愛いキャラクターのおかげで車内のインテリアとしても映えて、ドライブが楽しくなります。

 

表面はベロア調で、ミッキーマウスの柄がくっきりと浮き出ています。座面が固めなシートに敷くと、肌触りもよく、気持ちよく過ごすことができます。スタイルによってサイズが違うので、事前に後部座席のサイズを計っておきましょう。

タイプ シートクッション 素材 ポリエステル、ウレタンフォーム
便利機能 ストッパー付き 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

肌触り良く気持ち良いです。
厚みは薄めですが、シートにフィットする感じで安定して使えます。買って正解です。

出典:https://www.amazon.co.jp

後部座席用シートクッションのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6766004の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 2
    アイテムID:6766001の画像

    ココトリコ(cocotorico)

  • 3
    アイテムID:6765998の画像

    ファブリズム(Fabrizm)

  • 4
    アイテムID:6765995の画像

    StorePocket

  • 5
    アイテムID:6765992の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 商品名
  • シートクッション ディズニー トリプル
  • ロングシートクッション
  • フリーシートクッション
  • 低反発 フリーシートクッション
  • シートクッション メッシュフィット
  • 特徴
  • ぷっくりアートがかわいい
  • ハイセンスでおしゃれ
  • 座る!もたれる!寝転がる!
  • 疲れにくく快適
  • 全面メッシュでムレ解消
  • 価格
  • 2,327円(税込)
  • 4,064円(税込)
  • 4,950円(税込)
  • 4,990円(税込)
  • 2,211円(税込)
  • タイプ
  • シートクッション
  • 座布団
  • 座布団
  • 座布団
  • シートクッション
  • 素材
  • ポリエステル、ウレタンフォーム
  • 綿、ウレタン・ポリエステル綿、ポリエステル
  • 綿100%、ポリエステルわた
  • 綿麻風生地、ウレタンフォーム
  • ポリエステル、ウレタンフォーム
  • 便利機能
  • ストッパー付き
  • カバー取り外し可能
  • メッシュ
  • 反発タイプ
  • 低反発
  • 低反発
  • 低反発

以下の記事で、さまざまな場面で使える長座布団の人気おすすめランキングを紹介しています。こちらも是非参考にしてみてください。

腰・首を支えるシートクッションの人気おすすめランキング5選

5位

ACBAGI

ランバーサポート 腰 クッション

価格: 2,439円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新世代ランバーサポート

ACBAGIの「ランバーサポート 腰 クッション」は美しい姿勢を保つ新世代のランバーサポートタイプクッションです。確かな品質かつ、安心の一年保証も見逃せません。よく運転をする人におすすめのシートクッションです。

 

長さの調節が可能なゴムバンド仕様なので、さまざまな椅子にワンタッチで取り付けることができ、取り外しも簡単です。通気性のいいメッシュ生地で季節を問わず快適に使用することができます。

タイプ 素材 ウレタンフォーム
便利機能 姿勢矯正、メッシュ 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

運転手として転職したばかり、毎日長距離、長時間運転していると腰が痛く始めた、クッションは低反発で ちょうどよい硬さ、運転中の姿勢が安定し、疲れにくいになり、腰の痛みも緩和しました。とでもよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

MOGU(モグ)

ドライバーズバックサポーター

価格: 2,556円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライバーのバックサポーター

MOGU(モグ)の「ドライバーズバックサポーター」は高さ調節が可能な、おすすめの腰を支えるシートクッションです。左右のウイングで、ドライバーが受ける重力をしっかり受け止めます

 

2つのリングが3段階のボリュームを作り出します。パウダービーズの流動性によって、ヒップ・腰・背中をしっかり支えます。普段はそのまま使い、腰や背中が疲れた時は最下段のボリューム部分を背中に当ててもたれると、姿勢がより楽になります。

タイプ 背中サポート 素材 ナイロン85%、ポリウレタン15%、中材:パウダービーズ
便利機能 高さ調整機能 反発タイプ

口コミを紹介

レクサスのNXで使っていますが、なかなか良さげです。腰の負担もなんとなく軽くなった気がします。使い方も直感で使えるぐらいシンプルなものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Aoomiya

ランバーサポート

価格: 3,298円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腰から背中を支える

Aoomiyaの「ランバーサポート」は立体カーブが自然なS字型を作ってくれる、おすすめの腰に当てるタイプのシートクッションです。長時間のドライブは腰に負担を与えます。腰や背中の疲労を取ってくれるおすすめのシートクッションです。

 

上下のゴムバンドで座席にしっかりとフィットさせることができます。ワンタッチで取り付けと取り外しが可能です。通気性のよいポリエステル素材のカバーで、長い時間のドライブにおすすめです。

タイプ 素材 ポリエステル100%、低反発ウレタンフォーム
便利機能 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

20年前の手術跡の引き攣れの影響か、医者へ行っても効き目のないシップしかくれない腰痛が、車の振動+コレで日々軽減しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Aoomiya

Aoomiya ネックパッド

価格: 1,899円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧力を吸収、疲れを緩和

「Aoomiya ネックパッド」は人体の頸椎曲線に合わせて設計された、おすすめの首を支えるシートクッションです。ヘッドレストと首の隙間を埋め、やや凹んだネットパッドで頭部を安定させることで、頸椎への負担を軽減してくれます。

 

高密度低反発ウレタンを採用しており、振動吸収効果とクッション性が高くなっています。カバーは二重構造で、ウレタンフォームの劣化や汚れを防ぎます。カバーは取り外して洗うことができるので、常に清潔に使えるのも嬉しいですね。

タイプ 首サポート 素材 ポリエステル100%、低反発ウレタンフォーム
便利機能 カバー二重構造 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

C-HRに取り付けました長身スリムは私にはヘッドレストを調整しても運転中に首が痛くなり長距離ドライブしたときなどは頭痛に悩まされていました。本日より使用してますが、頭が適度に固定され心地よく運転ができ感激しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

IKSTAR

低反発 ランバーサポート

価格: 3,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいたアーチ型デザイン

IKSTARの「低反発 ランバーサポート」は有害物質を含まない安心で安全な、おすすめの腰を支えるシートクッションです。人間工学に基づいたアーチ形設計なので、腰や背中のカーブに優しくフィットして負担を減らしてくれます。

 

通常の腰用シートクッションより縦のサイズが長く大きめサイズのため、腰や背中を広範囲にサポートします。高品質ウレタンで柔らかすぎず硬すぎない、心地良い反発力で長時間ドライブしていても疲れません。

タイプ 素材 ポリエステル100%、ウレタンフォーム
便利機能 メッシュ、洗える 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

以前は普通のクッションを使ってましたが、低反発クッションの方が腰にフィットする感じがしました。サイズもちょうど良く使いやすいです。購入して良かったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

腰・首を支えるシートクッションのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6766023の画像

    IKSTAR

  • 2
    アイテムID:6766020の画像

    Aoomiya

  • 3
    アイテムID:6766017の画像

    Aoomiya

  • 4
    アイテムID:6766014の画像

    MOGU(モグ)

  • 5
    アイテムID:6766011の画像

    ACBAGI

  • 商品名
  • 低反発 ランバーサポート
  • Aoomiya ネックパッド
  • ランバーサポート
  • ドライバーズバックサポーター
  • ランバーサポート 腰 クッション
  • 特徴
  • 人間工学に基づいたアーチ型デザイン
  • 圧力を吸収、疲れを緩和
  • 腰から背中を支える
  • ドライバーのバックサポーター
  • 新世代ランバーサポート
  • 価格
  • 3,999円(税込)
  • 1,899円(税込)
  • 3,298円(税込)
  • 2,556円(税込)
  • 2,439円(税込)
  • タイプ
  • 首サポート
  • 背中サポート
  • 素材
  • ポリエステル100%、ウレタンフォーム
  • ポリエステル100%、低反発ウレタンフォーム
  • ポリエステル100%、低反発ウレタンフォーム
  • ナイロン85%、ポリウレタン15%、中材:パウダービーズ
  • ウレタンフォーム
  • 便利機能
  • メッシュ、洗える
  • カバー二重構造
  • 高さ調整機能
  • 姿勢矯正、メッシュ
  • 反発タイプ
  • 低反発
  • 低反発
  • 低反発
  • 低反発

運転席用シートクッションの人気おすすめランキング5選

5位

Newsty

シートクッション

価格: 3,299円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

座り心地抜群

Newstyの「シートクッション」は記憶フォームを採用した座り心地抜群の、おすすめの運転席用のシートクッションです。弾力性が高いチューブ状の繊維を複雑に絡ませた3次元スプリング構造で、長時間の運転でも疲れません。

 

お尻の圧力を深く吸収してくれるので、腰や足の疲れを軽減してくれます。すぐれた通気性と耐久性もあり、暑い季節から寒い季節まで快適な運転をサポートします。高級感のあるパイピングが施されて、摩耗や傷から保護してくれる点も魅力です。

タイプ 座布団 素材 ポリウレタン100%、
便利機能 滑り止め、体重分散 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

冬でも椅子が冷たくなくなり、良かったです。厚さ大きさともに満足した商品でした。安っぽくなくいい感じです。長時間座っても疲れにくく快適なすわり心地。お勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

TanYoo

シートクッション

価格: 1,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性に優れた抜群の座り心地

TanYooの「シートクッション」は低反発と高反発の2層ウレタンを採用した座り心地のいい、おすすめの運転席用シートクッションです。2つの素材のいいところを活かした2層構造で、疲れにくく快適なドライブを楽しむことができます。

 

通気性や保湿性に優れたワッフル生地の外カバーは、四季を通して快適に使用することができます。取り外しが可能な外カバーは丸洗いができるので、清潔に使うことができます。日光を当てても色やけしにくい加工が施されているのも嬉しいですね。

タイプ 座布団 素材 低反発ウレタン、高反発ウレタン
便利機能 反発タイプ 二層ウレタン

口コミを紹介

届いた時、早速、床の上に置き座ってみましたが軟すぎかな思いました。しかし車のシートに置いて座ってみるとシートの硬さと相まって良い感じな反発力でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Big Ant

車用シートクッション

価格: 2,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質な素材で四季汎用

Big Antの「車用シートクッション」は高級感あるデザインが魅力な、おすすめの運転席用シートクッションです。通気性が良く、長い時間座っていてもお尻がしびれてくることがありません

 

素材は通気性とデザイン性に富んだパンチングレザーを採用し、快適な座り心地で身体に馴染むホールド性を実現しています。低反発ウレタンなので、嫌な臭いを感じることもありません。タオルで拭き取るだけで、汚れを簡単に落とせる点もポイントです。

タイプ 座布団 素材 PUレザー、低反発ウレタン
便利機能 ストッパー、収納ポケット付き 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

値段がお手ごろなの“ハズレ”でないといいな…と思って購入しました。私的にはアタリだと思っています。軽自動車(wagon R )に取り付けていますが、お尻が痛くなりにくくなりました。さらっとしていて真夏も快適でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ボンフォーム(BONFORM)

シートクッション メッシュフィット

価格: 802円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低反発ウレタンで体圧分散

ボンフォーム「シートクッション メッシュフィット」は低反発ウレタンで体圧を上手に分散させることができる、おすすめの運転席用シートクッションです。ストッパーが付いているので、クッションのズレを防止することができます。

 

おしゃれなカラーで、車内のインテリアによく映えます。全面メッシュ加工で蒸れることがなく、四季を通して気持ちよく使うことができます。手洗いも可能なので、清潔に保つことも簡単です。

タイプ 座布団 素材 ポリエステル、ウレタンフォーム
便利機能 メッシュ、ストッパー付き 反発タイプ 低反発

口コミを紹介

とても座り心地が良くなります。これに慣れるとシート直にはもう座れなくなりますね。某カー用品店で何気なく買って、良かったので助手席用に買い足しました。何よりもこのお値段、迷う必要はありませんね。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ボンフォーム(BONFORM)

シートクッション スヌーピーハートフル

価格: 870円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スヌーピーのデザインがおしゃれ

ボンフォームの「シートクッション スヌーピーハートフル」はスヌーピーのキャラクターがおしゃれな、おすすめの運転席用シートクッションです。キャラクターものですが子供っぽくなり過ぎず、大人っぽい雰囲気の車内にすることができます。

 

硬すぎず柔らかすぎない、絶妙の固さの座面です。運転に支障をきたさない、丁度いい厚さも魅力のひとつです。価格もリーズナブルなので、運転席以外にも助手席や後部座席も合わせて揃えると、車内がおしゃれになります。

タイプ 座布団 素材 ポリエステル、ウレタンフォーム
便利機能 反発タイプ

口コミを紹介

娘にプレゼントしました。厚みが有りすぎず運転の邪魔しません。色合い等とても気に入ってくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

運転席用シートクッションのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6766040の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 2
    アイテムID:6766037の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 3
    アイテムID:6766034の画像

    Big Ant

  • 4
    アイテムID:6766031の画像

    TanYoo

  • 5
    アイテムID:6766028の画像

    Newsty

  • 商品名
  • シートクッション スヌーピーハートフル
  • シートクッション メッシュフィット
  • 車用シートクッション
  • シートクッション
  • シートクッション
  • 特徴
  • スヌーピーのデザインがおしゃれ
  • 低反発ウレタンで体圧分散
  • 上質な素材で四季汎用
  • 通気性に優れた抜群の座り心地
  • 座り心地抜群
  • 価格
  • 870円(税込)
  • 802円(税込)
  • 2,999円(税込)
  • 1,999円(税込)
  • 3,299円(税込)
  • タイプ
  • 座布団
  • 座布団
  • 座布団
  • 座布団
  • 座布団
  • 素材
  • ポリエステル、ウレタンフォーム
  • ポリエステル、ウレタンフォーム
  • PUレザー、低反発ウレタン
  • 低反発ウレタン、高反発ウレタン
  • ポリウレタン100%、
  • 便利機能
  • メッシュ、ストッパー付き
  • ストッパー、収納ポケット付き
  • 滑り止め、体重分散
  • 反発タイプ
  • 低反発
  • 低反発
  • 二層ウレタン
  • 低反発

まとめ

今回は車用のシートクッションの選び方と、人気のおすすめランキングを紹介しました。車のシートクッションは、毎日運転する人にとっては重要なアイテムです。座り心地や肌触りなどを口コミで見て、自分に合った腰に優しいシートクッションを選びましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ゲーミングチェア用クッションの人気おすすめランキング15選【座布団タイプもご紹介】

ゲーミングチェア用クッションの人気おすすめランキング15選【座布団タイプもご紹介】

家具
【2021年最新版】背もたれクッションの人気おすすめランキング15選【腰痛対策にも!】

【2021年最新版】背もたれクッションの人気おすすめランキング15選【腰痛対策にも!】

インテリアファブリック
【2021年最新版】無印良品のクッション人気おすすめランキング10選【腰痛対策にも!】

【2021年最新版】無印良品のクッション人気おすすめランキング10選【腰痛対策にも!】

インテリアファブリック
腰痛の方におすすめしたい椅子の人気おすすめランキング16選【リモートワークに】

腰痛の方におすすめしたい椅子の人気おすすめランキング16選【リモートワークに】

家具
クッションタイプの座椅子人気おすすめランキング15選【腰痛持ちの方にも】

クッションタイプの座椅子人気おすすめランキング15選【腰痛持ちの方にも】

家具
低反発クッションの人気おすすめランキング15選【長座布団も!】

低反発クッションの人気おすすめランキング15選【長座布団も!】

インテリアファブリック