吉本ばななの人気おすすめランキング15選【日常を宝物に】

記事ID1589のサムネイル画像

吉本ばななさんは、「普段の日常」の中に、宝物のような一瞬を見つける作家です。迷った時、自分を好きになれない時、人のことが気になってしまう時に、吉本ばななさんの作品を読んで元気をもらいましょう。自分を好きになるためのランキング15選。どうぞご覧ください。

吉本ばなな作品の魅力とは?

1988年に小説「キッチン」でメジャーデビューした吉本ばななさん。いきなり海燕文学新人賞を獲得し、森田芳光監督により映画化もされました。目が醒めるような鮮烈なデビューでした。そんな吉本ばななさんも、デビューしてから30年周年を迎え、最近では小説だけでなくエッセイストとしても活躍の場を広げています。

 

吉本ばななさんは「普段の日常」の中に、宝物のような大切な「一瞬」を描く作家です。彼女にかかると、普段は見過ごしてしまうような日常が、キラキラと輝く、かけがえのない瞬間に変わります。「人間ってみんな同じだと思うのです。だから小説が、自分でも捉え難い部分を表現してくれることによって、知らなかった自分に出会える」(吉本ばなな)。

 

それが、ばななマジックなのですね。ここでは、「普段」を「宝物」に変える小説家・吉本ばななのランキング15選をおとどけします。ランキングの基準は、ばななマジック・キラキラ度・話題性です!

吉本ばなな作品人気ランキング15選

15位

朝日出版社

ムーンライト・シャドウ

価格:359円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小説家・吉本ばななの原点「卒業制作作品」です!

二組の恋人たちがいました。でも事故があり、一組は男の子の方が、もう一組は女の子の方が亡くなってしまいます。恋人の死に向き合うことができない二人。繰り返される代償行為。そんな二人が、ある出来事をきっかけに前を向き、歩き始めます。

 

日大芸術学部文芸学科出身の吉本ばななさんの卒業制作です。この作品で、同年の日大芸術学部長賞を受賞しています。第16回泉鏡花文学賞も受賞。1988年発刊の「キッチン」(ベネッセ)に短編として収録されている他、2003年に「ムーンライト・シャドウ」(朝日出版社)として発刊されています。

発売日1988年1月30日ばななマジック百年に一度の見もの
キラキラ度失われた恋人の再生物語話題性吉本ばなな卒業制作

口コミを紹介

この作品は20年以上前、小学生の頃に読みました。主人公の女性は彼氏を、もう人組のカップルは彼女を事故で失いました。愛する人を亡くした彼女たちは、マラソンを始めたり、女装をしたり、運命の過酷さに耐えるため、喪失感の中でもがき、自分すら保つのが、やっとになる。そんな中、ある女性から教えてもらった奇跡が、彼女たちを再生に導いていきます。

愛する人を失う喪失感は誰にも耐えられるものではありません。この作品は深い悲しみからの再生を描いています。傷ついた人を見つめるばななさんの眼差しは優しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

新潮社

うたかた/サンクチュアリ

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1989年ベストセラー第1位!

私生児として生まれ、父親とうまく関係が作れない少女。少女の父親にひろわれ、育てられた少年。少年はひろってくれた父親を、実の父親ではないかと感じています。そんな微妙な関係の少女と少年が街で出会い、寄り添うように暮らし始めます。少女には、少年との出会いが「突然世間に色がついた」ように感じられたのでした(「うたかた」より)。

 

デビュー翌年の、年間ベストセラー第1位を獲得した作品。中編「うたかた」と「サンクチュアリ」二編を収録した、衝撃の一冊です。この年、小説家・吉本ばななは1989年芸術選奨文部大臣賞を受賞しています。

発売日1988年8月5日ばななマジック花屋の店先での出会い
キラキラ度突然世界に色がついた話題性1989年ベストセラー

口コミを紹介

やわらかなストーリー。でも「まだ人と人はたとえ他人であっても愛し合い、肯定しあうことは出来るんだ」という根底にある暖かさ。これはキッチンでも感じた。それはけして主張してない。いや。主張し合ってはならない。それがばばな氏の本なのではないだろうか。

その愛し合える、肯定しあえるということを「主張しないでも輝かせる」ために相当文をえらんで書いているのだろう。本当に一行が貴重になる。ただ一行で作者の心を伝えられる作家って稀有だと思う。必読の書。ただこの小説を読んで感動するか、これは読者にゆだねられている。これも大事なことだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

幻冬舎

哀しい予感

価格:427円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吉本ばなな初の長編小説!

幼い時の記憶がない一人の少女が主人公です。少しだけ超能力がある少女は、導かれるように「おば」に会いに行きます。少女とおばの間には、ひとつの「秘密」がありました。その「秘密」が二人の間を、長い間隔てていたのでした。二人は失った時間を越えて、関係を取り戻せるのでしょうか。

 

小説家・吉本ばななの初長編です。二人が長く隔てられていた時間を越えて、ほんとうの関係を取り戻す、奇跡のような一夜の物語。2007年に映画監督・塚本晋也の演出で、舞台化されています。

発売日1988年12月15日ばななマジックデイリー超能力
キラキラ度奇跡の一夜話題性塚本晋也監督舞台化

口コミを紹介

両親の愛に包まれ育った弥生さん。なぜか、小さかった頃の記憶がない。ゆきのおばさん、親戚の中でちょっと浮いた感じの若いおばさん。そんなおばさんのことが、弥生は好きだった。弥生とゆきのおばさんを中心に、弟哲生が絡んで、話が進んでゆく。 やがて、忘れ去っていた弥生の過去が・・・・・
読者の心に語りかけてくるようだ。家族って、血のつながりって、なんなんだろう。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

中央公論新社

TUGUMI(つぐみ)

価格:494円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

平成初のミリオンセラー!

西伊豆を舞台に、二人の少女が過ごした一夏の出来事を描いた物語です。少女の名前は、まりあとつぐみ。エキセントリックなつぐみと、つぐみに振り回されるまりあ。夏の夜が、二人を外へと誘います。胸が切なくなるような一夏の青春物語。純粋でまっすぐなつぐみにこころを重ねるうちに、読者はかつての「夏」の中にいる自分に気づきます。

 

山本周五郎賞受賞作。1990年には、石川準監督で映画化されています。吉本ばななさんの人気は最初のピークを迎え、ひとつの社会現象として「ばなな現象」なる言葉が生まれるほどでした。

発売日1989年3月20日ばななマジックお化けのポスト
キラキラ度夏の西伊豆の物語話題性市川準監督映画化
11位

幻冬舎

不倫と南米

価格:576円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドゥマゴ文学賞受賞作!

1990年代に一気に人気作家となった吉本ばななさん。2000年代に入ると、自分を見つめる作風が少し変わり、旅をテーマにした作品が目立つようになります。「不倫と南米」はその代表作。南米を舞台にした短編集です。鮮烈な南米の雰囲気の中で、ばななマジックがスパークします。

 

どんな場所でも、どんな時でも、まっすぐなココロとカラダで「日常」を見つめる視線。南米を舞台に繰り広げられる7人の狂おしい恋。生身の欲望に対して、達観するのではなく、身を任せていくような物語。宝石のような短編集です。第10回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。

発売日2000年3月10日ばななマジック死ぬと予告された日
キラキラ度恋をしない方が難しい話題性押絵:原マスミ

口コミを紹介

7つの短編集なのですが、どの物語も少し寂しさと現実離れした部分があり、これが『ばななワールド』だなぁと思わせてくれる本でした。本の題名だと何となく情熱的な感じや後ろめたさを感じるのですが、内容としては全く違っていて心の底に雫が落ちてくるような物語です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

幻冬舎

アルゼンチンババア

価格:535円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

役所広司&鈴木京香で映画化!

母親を亡くしたばかりの少女が主人公です。石屋を営んでいた父親は、近所に住む「アルゼンチンババア」というあだ名の名物おばさんと関係を持ち、一緒に「幽霊ビル」で暮らし始めます。まっすぐに生きているが故に、周囲とのトラブルも多いアルゼンチンババア。でも少女は、そんなババアに魅かれ、母親の死を乗り越えていきます。

 

家族を失った悲しみから再生していく父と娘の物語。2005年に長尾直樹監督、父役に役所広司、少女に堀北真希、アルゼンチンババア鈴木京香で映画化されました。

発売日2002年12月24日ばななマジック幽霊ビル
キラキラ度亡き母からの贈り物話題性押絵:奈良美智

口コミを紹介

「人間には、いろんな生き方があって、正解も不正解もない。他人の尺度で計った幸せは、本当の幸せじゃない」。それがとても活き活きとした文体で、綴られている。強烈な個性をもつアルゼンチンババアに惹かれる自分の父親。それを最初は笑い飛ばしつつも、いつのまにか、その世界に、自分も引き込まれていく。18歳という年齢の女の子ならではの純粋さが、あちこちにちりばめられている。奈良美智さんのイラストが、これまたステキ。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

中央公論新社

海のふた (中公文庫)

価格:535円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

菊池亜希子主演で映画化!

まりちゃんとはじめちゃんという二人の女の子の物語。都会での仕事をやめて故郷・西伊豆に戻ってくるまりちゃん。故郷を大切に思うまりちゃんは、大好きなかき氷屋を始めます。そんなまりちゃんのところに、大切な人を亡くしたばかりのはじめちゃんがやってきます。二人の少女の、一夏の再生の物語です。

 

小説「海のふた」は吉本ばななさんが大好きな西伊豆の物語です(TUGUMI(つぐみ)もそうですね)。幼い頃の吉本ばななさんが、ご家族と一緒に夏を過ごしていた西伊豆・土肥へのオマージュです。2015年に、豊島圭介監督で待望の映画化されました。

発売日2004年6月24日ばななマジックかき氷屋をやろう!
キラキラ度西伊豆・土肥へのオマージュ話題性豊島圭介監督映画化

口コミを紹介

西伊豆の故郷の町。子供の頃は、楽しかった思い出がいっぱいで、繁栄してた町が、いまや寂れてしまった。
ばななさんは、この本で人生についての考えも述べてます。人は思い出を作りながら生き、やがて闇に吸い込まれ、何も残らない。淋しい気持ちにさせる言葉だが、この年になるとなるほどと思えてくる。 私が死んだあと、誰が私のことを覚えててくれるだろう。私だけの大切な思い出のつまった箱。それが私という人間の生きた証し。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

文藝春秋

ジュージュー

価格:443円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吉本ばななが紡ぐ群像劇です!

2010年代を迎えた頃から、吉本ばななさんの作風は1対1で向かい合う関係から、群像劇へと移ってきます。「ジュージュー」は両親から引き継いだステーキ&ハンバーグの店ジュージューに集う、風変わりなお客さんたちの物語。どのお客さんも悩みや苦しみを抱え、それでも前を向くことで元気を取り戻す物語です。

 

ここは下町。いろいろあるけれど、おいしいハンバーグを食べれば大丈夫!そんな吉本ばななさんの声が聞こえてきそうな作品です。

発売日2011年7月15日ばななマジック地獄のサラミちゃん!
キラキラ度下町の店ジュージュー話題性腹が減る恋愛小説

口コミを紹介

表紙のコミカルな絵と、本の薄さからは想像できないほど、深くて濃い内容でした。
さすが、よしもとばななさんですね。
死んでしまった大切な人、生きているけど自分との関係が大きく変わった人、いつも変わらず自分の傍にいてくれる人、自分の前から消える命と、新しく生まれる命。
そういう、自分と人との関係、人間臭さを感じるお話しでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

集英社

鳥たち

価格:518円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高く高く飛ぶ「鳥たち」のような二人の物語

「鳥たち」はともに自殺で母親を失った女の子と男の子の物語です。二人とも20代そこそこ。どちらの母親もひとつのコミュニティ・理想主義者が率いるアリゾナの共同体メンバーでした。コミュニティのリーダーが亡くなった後、二人の母親は相次いで自殺します。

 

二人は日本に帰国し、新しい人たちとの出会いを通じてゆっくりと親の死の乗り越え、寄り添いながら前を見つめるようになっていきます。宿命的な二人と、二人を取り巻く人たちの群像劇。「自分たちの人生を、自分たちが取り戻す」そんな魂の救済を描いた物語です。空高く飛んでいく鳥たちのように。

発売日2014年10月24日ばななマジック特殊な能力の女の子
キラキラ度空高く飛ぶ鳥たち話題性聖地セドナ

口コミを紹介

親の自殺を止められなかった、家族を失った、そんなつらい過去を持つ双子のような主人公たち。欠けているものを埋めるように、子どもが欲しいという気持ちはわかります。過去から現在、そして未来へ生きる姿に優しい気持ちになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

幻冬舎

サーカスナイト

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バリ島の気持ちのいい空気を感じます!

主人公さやかは、亡くなった夫の両親と、一粒種の娘・みちると一緒に暮らしています。幼い頃に両親を亡くしバリで育ったため、人との関係よりも、物の気持ちがわかるようになった、少し変わったところのある女性です。そんなさやかに、一通の手紙が届きます。

 

バリ島のおだやかで気持ちのいい空気を感じることのできる作品です。毎日をていねいに生きることが心を浄化する道。そんなことが信じられるようになる物語です。「主人公にはいろいろなことがあったけど、今は振り返って人生を味わう時。先のことを少し楽観的に考えていい時。そんな感じです」(吉本ばなな)。

発売日2015年1月22日ばななマジック曲がったままの左手親指
キラキラ度バリ島の空気感話題性地方新聞で連載

口コミを紹介

「ほんとうの暴力」が出てくる、珍しい設定。でも、主人公さやかのまわりにはやさしさや幸せに満ちている。ばなな氏は小さな幸せを見つけ、表現することがほんとうに巧い。登場人物たちのセリフ、さやかの心理描写、いつもながらきらきらとしている。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

KADOKAWA

N・P

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ばななワールド全開!

高瀬皿男という小説家が書いた「N.P」という小説をめぐる物語です。英語で書かれた「N.P」はアメリカでヒットするのですが、日本でこの本を翻訳しようとした人は、次々に引き込まれるように自殺してしまいます。「N.P」は97の物語からなる短編集。でも実は98番目の幻の短編があったのです。

 

オカルト・宗教・テレパシー・シンパシー・同性愛・近親愛など、小説家・吉本ばななならではの主題がふんだんに盛り込まれ、独特の気配を感じさせる一冊。小説のことを書いた小説、物語をめぐる波紋を描いた物語。高いテンションの中で、吉本ばななワールドにひたりたい読者におすすめです。

発売日1990年12月25日ばななマジック98番目の短編
キラキラ度一夏のできごと話題性ばななワールド全開!

口コミを紹介

物語の進み方や構成は、『キッチン』を思わせる。文中には、ふんだんに”ばなな節”が盛りこまれている。作者は、土俵をしっかりと設定し、20代前半の若者たち、男性ひとりと女性3人のひと夏の物語を書いてゆく。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

福武書店

白河夜船

価格:497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安藤サクラ&井浦新で映画化!

アルバイト先の上司との不倫、自殺してしまった親友のショックから遠ざかるように、深く、深く眠りにおちる一人の女性の物語です。ちなみに「白河夜船(しらかわよふね)」とは、「前後がわからなくなるくらい深く眠ること」との意味。どんどん深くなる眠り。そんな主人公が、眠りから覚めるきっかけは・・・

 

収録された三つの中編は「眠り三部作」と呼ばれています。「白河夜船」「夜と夜の旅人」「ある体験」。夜をいつもより身近かに感じる時、夜を見つめるひとときの読書におすすめの一冊です。2015年に若木信吾監督で映画化された作品は、原作者・吉本ばななに「完璧!」と絶賛されています。

発売日1989年7月ばななマジック「眠り」を見つめる
キラキラ度明けない夜はない話題性若木信吾監督映画化

口コミを紹介

吉本ばななの小説にはいい加減でろくでもない人物がたくさん登場する。それを等身大と思える程の生き方をしてきた読者(私も)の共感を呼んで、酩酊したような日常からおぼつかなくてもあしたへと踏み出す一歩があることを思い起こさせてくれる。
深い眠りや酩酊やあの世を垣間見ること。そこに生き続けることを選ぶのか、あるいはそこから何かを持ち帰り、または捨て去って目覚めることを望むのか。目覚めたとしても、そこに残されたもの達を想い続ける人が吉本ばななであり、私でもあるのだろう。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

新潮社

アムリタ

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紫式部文学賞受賞作!

一人ひとり少しはぐれてしまった家族が、寄り添うように暮らしています。頭を打って記憶がうまくかない主人公・朔美、不登校の弟・由男、妹・真由は半年前に自殺。そして二度目の離婚をした母。母の友人・幹子さんといことの純子が同居中。

 

記憶を失い「半分死んだようなもの」な朔美は、ふとしたきかっけで妹の恋人だった竜一郎と関係を持ちます。二人はサイパンに向かい、もう一度家族の「記憶」を取り戻そうとします。ちなみに「アムリタ」とは、インド神話に登場する、飲むものに不死を与える飲み物のことです。

発売日1994年1月12日ばななマジック失われた記憶
キラキラ度新しい家族の記憶話題性紫式部賞

口コミを紹介

吉本ばななの最高傑作だと思っている。非日常の日常を描いた作品。
手にしてはコボレ、コボレてはまた手にしていく砂の様な人生の絶対的なはかなさが持つ美しさ。日々生きていく力は何よりも強いのだ。
作者あとがきのメッセージは人生にもがき苦しむ人々の救済にもなり得る。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

角川書店

キッチン

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デビュー作にして海燕新人文学賞受賞作!

「私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う」。大事な人を亡くした、女子大生の再生の物語です。キッチンで眠るみかげが主人公。一緒に暮らしていた祖母が亡くなり、祖母の知り合いの雄一宅に居候します。少し風変わりなところのある雄一と母が暮らす家で、みかげはもう一度「自分の居場所」を見つけるのでした。

 

小説家・吉本ばななのデビュー作にして、海燕新人文学賞受賞。1989年には森田芳光監督で映画化。1997年には香港のイム・ホー監督で香港・日本合同で映画化されています。「私のすべてが入っている大事な作品」(吉本ばなな)。

発売日1988年1月30日ばななマジックキッチンで眠る主人公
キラキラ度自分の居場所を見つける話題性日本・香港で映画化

口コミを紹介

力任せに人の心を打つのではなく、そっと心に染みてくる、そんな小説でした。
大切な人を失った人間同士の交流が丁寧に描かれています。登場人物の中では、雄一の父であり母でもあるえり子さんが一番好きです。泣けました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

幻冬舎

吹上奇譚

価格:1,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吉本ばなな最新シリーズです!

「その街では死者も生き返る」。「キッチン」から30年を経て、吉本ばななが初めて書いた「渾身のホラーファンタジー」です。2017年10月第一話「ミミとこだち」、2019年1月第二話「どんぶり」発売!

 

舞台は異世界への扉がある不思議な街・吹上町。主人公である双子の姉妹ミミとこだちは、現実を夢で知る「夢見」、屍人を自在に動かす「屍人使い」の二つの能力を持っています。決して器用ではない二人は、この能力を通じて、吹上町と母の秘密に向き合うことになります。ばなな流ホラーファンタジーに心を癒されましょう!

発売日2017年10月13日ばななマジック双子の超能力
キラキラ度家族再生の物語話題性初のホラー小説!

口コミを紹介

読んでよかった、と、読み終える前から感じました。いつも、読み終えた本はたいてい手放すのですが、この本は、バイブルのように、ずっと手元に置いておきたいと思う。
「読んだ人の心に命の水のように染み込んで、魔法をもたらすような秘密の書き方をしています。」という言葉通り、この本を読んで、心に力をもらえる人が、私以外にも沢山いるんじゃないかな、と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

吉本ばなな作品の選び方

1988年「キッチン」でデビューして以来、昨年30周年を迎えた吉本ばななさん。その作風は、どのように進化してきたのでしょうか。まず気づくことは、だいたい10年単位で、その作風がひとまわりずつ大きくなっていることです。円熟味を増していると言っても良いでしょう。

 

二番目に、小説に加えてエッセイのウェイトがだんだんと大きくなっていることです。かっては「小説が本業、エッセイは副業」(吉本ばなな)と語っていたのですが、最近では「小説とエッセイは両輪」と語ることが多くなっています。つまり、エッセイもだんだん見逃せなくなっているということです。

 

三番目に、映画の世界とのコラボレーションが深くなっていることがあげられます。特に2015年に映画化された「白河夜船」は、吉本ばななさんも太鼓判!小説から入っても、映画から入っても、その世界観を体験できるくらい、関係が深くなっています。吉本ばなな作品は、若い映画監督にとっても魅力的なコンテンツなのですね!

創作時期で選ぼう!

創作時期で、吉本ばなな作品を選んでみましょう。大きく三つの時期に別れます。1990年代まではばななワールド確立期。生と死の気配の中で、まっすぐに自分に問いかけるような作品が目立ちます。

 

2000年代はばななワールドの拡大期。日本から飛び出して、新しい世界との関係の中で紡がれた作品が増えます。物語の登場人物も増えて、少しだけずれているが故に真実が見えてしまう人たちの群像劇が多くなります。

 

2010年代はばななワールドの充実期。「実りの時期」と言ってもいいでしょう。この時期には、ファンタジーやホラーの世界まで越境しつつある吉本ばななさんを感じることができます。それぞれの時期の代表作を見ていきましょう。

ばななワールド確立期

1988年の「キッチン」から1994年の「アムリタ」まで。小説家・吉本ばななさんの代表作も多く書かれた時期です。吉本ばななさん自身が「アムリタまではひとかたまりの作品群」(吉本ばなな)と語っています。

 

まっすぐな視線で日常の生と死を見つめた作品群。真摯な姿勢に貫かれている作品群ですが、どの作品も吉本ばななさんらしい「再生の物語」になっています。この時期の作品から入れば、小説家・吉本ばななの原点に心を重ねることができるでしょう。

ばななワールド拡大期

1999年の「ハードボイルド/ハードラック」から2011年の「ジュージュー」まで。初期のまっすぐに自分を見つめる作風に、周囲の愛すべき人たちを見つめる目線が加わります。人と少し違っているからこそ人と違うものが見えてしまう人、人にない特別な能力が少しだけ備わっている人、あるいは何かが少しだけ欠けてしまっている人。

 

そんな登場人物鵜たちが、失われた絆を回復していく物語が並びます。再生の物語。この時期の作品からばななワールドに入れば、豊かな普段の中で前を向く登場人物たちから元気をもらえるでしょう。

ばななワールド充実期

現在進行形のばななワールド。「吹上奇譚」がその代表です。「もはや小説というジャンルからも逸脱してしまっているかもしれない」(吉本ばなな)とご本人が語っているように、読み方を読者に委ねているような傾向が強くなります。

 

それはまずジャンルがあって、そのジャンルの中で書くのではなく、本当のことを書こうとしたら、新しいジャンルに至ったと言えるような作風です。現在進行形のばななワールドは、どこに向かうのか。期待は高まる一方です。

エッセイも見逃せない!

吉本ばななさんは膨大な数のエッセイを書いています。小説が吉本ばななの新しい「世界観」を表現するものなのに対し、エッセイは吉本ばななの「普段」を記録し続けようとしているかのようです。

 

吉本ばななさんのエッセイには、いくつかの方向性があります。まずは「普段」を長く記録し続けているもの、それから「旅」という非日常を記録したもの、また読者の「相談」に答えたものなどがあげられます。

「普段」に気づく

2000年代から書き続けているエッセイ集です。最新刊は2017年発刊の「人生の旅をゆく3」です。最新刊では「私と旅」「敬意」「いのちをつなぐ」という章立てで、きらめくような吉本ばななさんの「普段」が描かれています。

 

キーワードは「喪失」「再生」「かけがえのないもの」。毎日の中に「本当にすごい!」を見つける吉本ばななさんのエッセイの真髄が並びます。時期を選んで子育てのエッセイを集中的に読むなど、ばななファンならではの読み方もおすすめです。

「旅」で気づく

「旅」のエッセイも吉本ばななファンの楽しみの一つですね。「旅」と言っても名所をめぐる旅であるはずもなく、旅先での「普段」を味わうのがばなな流。旅先でも暮らすように過ごし、人と交流し、新しい「普段」を見つける。

 

吉本ばななさんのエッセイには「私はびっくりした」というセリフが頻繁に出てきます。それだけ素直な気持ちになれれば、新しい発見が向こうからやってくる。

「読者」に応える

吉本ばななさんのエッセイにはもうひとつ、「読者」の問いに応えることをテーマにしたものがあります。「私であれば、このように対処します」。まっすぐな目線で、まっすぐに自分に問いかけたら、こう思いました。そんな内容に満ちています。

 

そういえばお父様である吉本隆明さんも、「私ならこう思います」と語り続けた、人に優しい批評家でした。吉本ばななさんの相談本には、どこかお父様の面影を感じてしまう人も多いでしょう。

映画化作品をチェック!

若い監督が原作に選ぶことが多いのも、吉本ばなな作品の特徴です。ここでは新しいものから3作品をご紹介しましょう。どの作品も、吉本ばななさん独特の空気感を、深く表現しています。

海のふた

2015年7月18日公開。原作:吉本ばなな、監督:豊島圭介、主演:菊池亜希子。もともと海の香りがする吉本ばななさんの原作ですが、実際に映画のシーンで海のそばの物語として観ると、いっそう感じることができます。「ここで生きていく」という二人のセリフに、蘭華さんの「はじまりの歌」が流れます。

白河夜船

2015年4月25日公開。原作:吉本ばなな、監督:若木信吾、主演:安藤サクラ・井浦新。映画を見た吉本ばななさんが「こんな完璧な映画化は奇跡的!」と絶賛したコメントが残されています。深く眠り、そして眠りから覚める。映画はそんな原作の雰囲気を深く再現していました。

アルゼンチンババア

2007年3月24日公開。原作:吉本ばなな、監督:長尾直樹、主演:役所広司・鈴木京香・堀北真希。この原作のキーワードのひとつが「幽霊ビル」。映画では栃木県那須町の牧場に、ビルのセットを実際に建てて撮影が行われました。

吉本ばななのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4868101の画像

    幻冬舎

  • 2
    アイテムID:4868096の画像

    角川書店

  • 3
    アイテムID:4868091の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:4868088の画像

    福武書店

  • 5
    アイテムID:4868079の画像

    KADOKAWA

  • 6
    アイテムID:4868082の画像

    幻冬舎

  • 7
    アイテムID:4868074の画像

    集英社

  • 8
    アイテムID:4868069の画像

    文藝春秋

  • 9
    アイテムID:4868066の画像

    中央公論新社

  • 10
    アイテムID:4868063の画像

    幻冬舎

  • 11
    アイテムID:4868057の画像

    幻冬舎

  • 12
    アイテムID:4868052の画像

    中央公論新社

  • 13
    アイテムID:4868046の画像

    幻冬舎

  • 14
    アイテムID:4868038の画像

    新潮社

  • 15
    アイテムID:4868033の画像

    朝日出版社

  • 商品名
  • 吹上奇譚
  • キッチン
  • アムリタ
  • 白河夜船
  • N・P
  • サーカスナイト
  • 鳥たち
  • ジュージュー
  • 海のふた (中公文庫)
  • アルゼンチンババア
  • 不倫と南米
  • TUGUMI(つぐみ)
  • 哀しい予感
  • うたかた/サンクチュアリ
  • ムーンライト・シャドウ
  • 特徴
  • 吉本ばなな最新シリーズです!
  • デビュー作にして海燕新人文学賞受賞作!
  • 紫式部文学賞受賞作!
  • 安藤サクラ&井浦新で映画化!
  • ばななワールド全開!
  • バリ島の気持ちのいい空気を感じます!
  • 高く高く飛ぶ「鳥たち」のような二人の物語
  • 吉本ばななが紡ぐ群像劇です!
  • 菊池亜希子主演で映画化!
  • 役所広司&鈴木京香で映画化!
  • ドゥマゴ文学賞受賞作!
  • 平成初のミリオンセラー!
  • 吉本ばなな初の長編小説!
  • 1989年ベストセラー第1位!
  • 小説家・吉本ばななの原点「卒業制作作品」です!
  • 価格
  • 1180円(税込)
  • 432円(税込)
  • 562円(税込)
  • 497円(税込)
  • 562円(税込)
  • 702円(税込)
  • 518円(税込)
  • 443円(税込)
  • 535円(税込)
  • 535円(税込)
  • 576円(税込)
  • 494円(税込)
  • 427円(税込)
  • 432円(税込)
  • 359円(税込)
  • 発売日
  • 2017年10月13日
  • 1988年1月30日
  • 1994年1月12日
  • 1989年7月
  • 1990年12月25日
  • 2015年1月22日
  • 2014年10月24日
  • 2011年7月15日
  • 2004年6月24日
  • 2002年12月24日
  • 2000年3月10日
  • 1989年3月20日
  • 1988年12月15日
  • 1988年8月5日
  • 1988年1月30日
  • ばななマジック
  • 双子の超能力
  • キッチンで眠る主人公
  • 失われた記憶
  • 「眠り」を見つめる
  • 98番目の短編
  • 曲がったままの左手親指
  • 特殊な能力の女の子
  • 地獄のサラミちゃん!
  • かき氷屋をやろう!
  • 幽霊ビル
  • 死ぬと予告された日
  • お化けのポスト
  • デイリー超能力
  • 花屋の店先での出会い
  • 百年に一度の見もの
  • キラキラ度
  • 家族再生の物語
  • 自分の居場所を見つける
  • 新しい家族の記憶
  • 明けない夜はない
  • 一夏のできごと
  • バリ島の空気感
  • 空高く飛ぶ鳥たち
  • 下町の店ジュージュー
  • 西伊豆・土肥へのオマージュ
  • 亡き母からの贈り物
  • 恋をしない方が難しい
  • 夏の西伊豆の物語
  • 奇跡の一夜
  • 突然世界に色がついた
  • 失われた恋人の再生物語
  • 話題性
  • 初のホラー小説!
  • 日本・香港で映画化
  • 紫式部賞
  • 若木信吾監督映画化
  • ばななワールド全開!
  • 地方新聞で連載
  • 聖地セドナ
  • 腹が減る恋愛小説
  • 豊島圭介監督映画化
  • 押絵:奈良美智
  • 押絵:原マスミ
  • 市川準監督映画化
  • 塚本晋也監督舞台化
  • 1989年ベストセラー
  • 吉本ばなな卒業制作

まとめ

まっすぐな目で「普段」を見つめ、「普段」の豊かさを書き続ける吉本ばななさん。創作の舞台は自分から私たちへ、そしてみんなへと広がり続けていますが、その作風は揺るぎません。特定のジャンルにとらわれない自由奔放さも魅力です。小説でも、ホラーでも、ファンタジーでもいい。「私はほんとうにびっくりした!」そんな素直な目線でいる限り、吉本ばななさんの創作は止まりません!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ