【2021年最新版】荒れない口紅の人気おすすめランキング15選【プチプラからデパコスまで】

記事ID14761のサムネイル画像

口紅を使うと唇が荒れてしまったり、唇の皮がむけてしまったりする方も多いのではないでしょうか。この記事では、唇が荒れない口紅の選び方や人気おすすめランキングをご紹介します。ドラックストアで買えるプチプラからデパコスのものまで幅広く紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

荒れない口紅で健康的におしゃれしよう!

ひと塗りするだけで顔の印象をガラリと変えてくれる口紅メイクの重要アイテムですが、肌質によっては口紅で唇が荒れてしまうことがありますよね。

 

唇が荒れるため、安いものを塗るのに抵抗がある。でも高いものを買うのはコストがかかる」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。でも、荒れない口紅の選び方さえ知っておけば、納得できる値段で荒れない口紅を手に入れることができます。

 

この記事では、荒れない口紅の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは唇の荒れにくさや発色、色落ちのしにくさを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

口紅で唇が荒れる原因

口紅で唇が荒れる原因を知っていれば、それを回避することで唇が荒れるのをケアすることができます。

皮膚が薄い・タール色素に弱いためもともと荒れやすい

唇は全身の中でも皮膚が薄い部位です。皮膚が薄い分、他の部位よりも肌トラブルが起こりやすい場所だといえます。

 

また、口紅に使われることがある「タール色素」という成分が肌荒れの原因になることも。タール色素が含まれている口紅を使っていて肌が荒れた場合は、その成分を避けるのがおすすめです。

保湿が十分でない

口紅、特にグロスなどのツヤ感の出るものに関して、保湿成分があると誤解されていることがあります。しかし、保湿成分配合と明記されていない商品は、唇を乾燥させる場合が多いです。

 

見た目にツヤ感があるからといって保湿ケアを行わないと、思っている以上に唇が乾燥してしまい荒れる原因になります。

ぶつぶつは病気の可能性も

唇にぶつぶつができている場合、口唇炎や口唇ヘルペスなどの皮膚病の可能性があります。その状態で口紅を使用すると、病気の治癒が遅れたり、自然治癒できなくなったりするので、注意が必要です。

 

心当たりがある場合は、皮膚科を受診したり、市販の薬用保湿リップで乾燥対策をしたりして唇の肌トラブルを治しましょう。

 

また、唇の荒れは内臓の冷えが原因になることもあります。冷たい食べ物や飲み物を控えてお腹をあたためることで口紅を使っても荒れなくなるかもしれません。

荒れない口紅の選び方

唇が荒れない口紅の選び方をご紹介します。様々な注目ポイントがあるので、自分の肌質や状況に合わせてどの項目を重視するか考えてみてください。

口紅の形状・タイプで選ぶ

口紅を選ぶときのポイントとして重要なのが、口紅の形状やタイプです。形状によって使い勝手が異なるので、自分の好みのものを探してみてください

豊富な種類から選びたいなら「スティックタイプ」

スティックタイプは、スタンダードな形状の口紅です。種類が豊富にあるため、様々な商品の中から気に入ったものを選びたいという方におすすめです。プチプラのものから高級なデパコスまで幅広い種類が販売されています。

唇の潤い感・ツヤ感を求めるなら「リキッド or グロスタイプ」

リキッドタイプやグロスタイプの口紅は、塗った後のツヤ感が特徴です。潤いのある唇に仕上げたい場合はリキッドタイプやグロスタイプがいいでしょう。

 

ただし、これらの「潤い感」や「ツヤ感」はあくまで塗った後の見た目に関しての評価です。唇の保湿ができるかどうかは別問題なので、保湿効果を求める場合は成分に注目して選ぶことをおすすめします。

特徴で選ぶ

口紅で唇が荒れないことも大切ですが、メイクに使うものですので塗ったときの質感や落ちにくさも大切です。質感や落ちにくさを左右する口紅の特徴を確認しましょう。

落ちない・色持ちが良い口紅なら「ティントタイプ」

「荒れないけど色落ちしにくい口紅が欲しい」という方はティントタイプのものを選ぶのがおすすめです。「ティント」とは「染める」という意味で、唇を染めることで色を付けるタイプの口紅を指します。

 

唇自体に色を付けるため、色落ちや色移りをケアすることができるのがメリットです。ただし、唇への負担が大きいため、保湿効果が期待できるかどうかを調べて選ぶようにしましょう。

フェミニンな透明感が欲しいなら「シアータイプ」

シアータイプの口紅は、2019年頃からのトレンドアイテムです。透明感のある仕上がりに仕立ててくれるアイテムで、使用することでフェミニンな印象に近づくことができます。透明感をキーワードにメイクをしたい場合はシアータイプの口紅を選ぶといいでしょう。

価格帯で選ぶ

価格帯ごとの口紅の特徴をご紹介します。安い製品でも上手に選べば肌荒れをケアすることができますし、高級のものだからといって肌荒れが起こらないわけではありません。価格帯ごとの選ぶときのポイントを確認しましょう。

ドラッグストアでも買える「プチプラ」

ドラッグストアなどで多く取り扱われている口紅は、ほとんどが1,500円以下で、プチプラと呼べる価格のものが多いです。色味が豊富で選ぶ楽しさがあります。

 

石油系の成分が含まれることが多いので、敏感肌の方やアレルギーがある方は、選ぶときに注意が必要です。

コスパを考えるなら「売れ筋価格」のものを

2,000円から4,000円くらいの口紅は、手が届きやすいデパコスに多いです。敏感肌でも使いやすい成分を重視して作られている製品も多いので、選びやすい価格帯だといえるでしょう。

 

ただし、誰が使っても肌荒れしないというわけではありません。自分の肌に合う成分がわかっている場合は、成分表を確認するのがおすすめです。

最高級の品質を求めるなら「高級ブランド・デパコス」

高級ブランドからは、一本5,000円を超える口紅が販売されています。高級ブランドというだけあって品質が高く、発色、色持ち、保湿力共に高品質な製品が多いです。

 

一方で、海外のブランド製品では刺激物が使われることも。価格が高いだけに後悔するケースもあるので注意が必要です。

年代別のポイントで選ぶ

使用者の年代別の選び方のポイントをご紹介します。口紅を初めて選ぶという方、年齢の変化に合わせてこれまでと違う口紅を選んでみたいという方はぜひ参考にしてください。

中学生や10代後半は「手が届きやすい価格」のものを

初めて口紅を購入する中学生・高校生や、小学のお小遣いをやりくりしたい方は、手が届きやすい価格のものを選びましょう。プチプラの口紅の中には、一本500円以下のものも多くあります。

 

ただ、安い口紅にはアレルギーの原因になる成分が多いのも事実。気になる場合はタール色素やアレルギー成分が含まれていないかを確認しましょう。

 

また、保湿リップクリームを塗ってから口紅を使用することで肌荒れを軽減することができます。この記事ではケア効果の高いアイテムランキングもご紹介しています。ぜひご確認ください。

20代から30代は「保湿力」がカギ

毎日のようにメイクをする方が多い20代から30代の口紅選びは、保湿力が一つのカギです。仕上がりのツヤ感とは別に、保湿成分が豊富に含まれているかをチェックして選ぶといいでしょう。

 

植物由来の油分・オイルが豊富なものは、一般的に保湿力が高いといえます。

40代・50代・60代は「若見え」ポイントを押さえて

年齢に合わせてこれまでとは違った観点から口紅を選びたいという場合は、若見えポイントを押さえて選ぶのがおすすめです。

 

ポイントの一つは、口紅と肌の色がはっきり異なるような色味を選ぶこと。口角と肌の色の差がぼやけていると老けて見える原因になります。口紅を塗っていることがしっかりわかるような色味がおすすめです。

 

ポイントの二つ目は、自分のパーソナルカラーに合う色を選ぶこと。肌と相性のいい色は顔色を明るく見せてくれます。

成分で選ぶ

口紅の成分が唇荒れの原因になることも多いため、購入前に確認することが大切です。油分などのあった方が良い成分、タールなどの避けるべき成分をご紹介します。

「油分」・「美容保湿成分」があるものがおすすめ

唇が荒れる原因のひとつが乾燥です。乾燥するのをケアすることができる成分が多く含まれる口紅を選べば、荒れのケアが期待できます。油分やセラミド、ヒアルロン酸などの美容保湿成分が多く含まれているものを選びましょう。

 

ただし、油分ならどれが含まれていてもいいというわけではありません。ヒマシ油などの油分にアレルギー症状を起こす人もいるため、自分に合った成分を知ることが大切です。

敏感肌には「オーガニック口紅」

化学肥料・農薬を使わずに作られた製品のことをオーガニック製品と呼びます。オーガニック製品を使って作られているのがオーガニック口紅です。

 

オーガニック製品を使用して製造しているため、使用時の体への負担を軽減することができます。アレルギーが起こりにくいといわれているので、荒れない口紅をお探しの方はオーガニック口紅を探してみるのもいいかもしれません。

唇の皮がむけない「タールなし」

「口紅が原因で唇が荒れてしまう」という人の多くは、口紅に含まれるタール色素が原因だといわれています。タール色素へのアレルギー反応で肌荒れが起こっているので、タール不使用の口紅を選べば解決することも多いです。

 

成分表では、タールは色の名前と数字の組み合わせで表記されます。「赤2」「緑色3号」などの表記がある場合はタールが含まれているので避けた方が良いでしょう。

もっと用心するなら「ヒマシ油」・「ミツロウ」を避ける

ヒマシ油やミツロウなどは油分として使われることの多い成分です。乾燥をケアする目的で使用され、唇の荒れをケアしてくれることも多いですが、アレルギーの原因になることがあります

 

ヒマシ油やミツロウが含まれているものを使用して肌荒れが起こった場合や、いろいろ試しても肌荒れが直らない場合には避ける方が良い成分です。

敏感肌なら「低刺激のもの」がおすすめ

唇は皮膚が薄い部分なので、刺激に敏感です。強い刺激を感じる口紅は、口唇ヘルペスなどの原因になることがあります。敏感肌の方は低刺激の口紅を選ぶようにしましょう。

 

一般的に、タール系の色素や石油系界面活性剤、ラメが含まれているものは刺激が強いといわれています。これらを避けて選ぶだけでも、荒れない口紅に出会いやすくなるでしょう。

外出するなら「UVケア」ができるもの

日焼けが唇の荒れの原因になることがあります。唇の日焼け対策として、UVケアできる口紅を選ぶのがおすすめです。日焼け止め成分配合のもの、SPF値の記載があるものを選べば、日焼け止めが原因の唇荒れを減らすことができます。

手の甲で「相性」を確認しよう

口紅を選ぶ際にも、パッチテストをしておくのがおすすめです。実際に手の甲に塗ってみてその経過を見ることで、自分に合う口紅かどうかを確かめましょう。

 

一般的に荒れ対策にいいとされる成分ばかり使っているものでも、アレルギーの場合は肌荒れの原因になります。可能な限り購入前に相性を確認するようにしましょう。

ブランドから選ぶ

唇は荒れやすい部位だということもあり、各ブランドが様々な工夫を施して荒れない口紅を開発しています。その中でも、特に敏感肌の方から好評を集めているブランドをご紹介します。

肌の健康にこだわるなら「ORBIS」

様々な肌の悩みに寄り添ったコスメを販売しているブランド・ORBIS。長く製品を愛用している方も多く、ファンからの信頼が厚いブランドです。

 

すべてのリップで、キサンテン系色素を使わないという徹底ぶり。保湿成分も配合されているので、肌の健康にこだわりたい方はぜひ試してみてください。

敏感肌にも優しいマットな口紅なら「THREE」

THREEは、「肌荒れしやすい私でも荒れなかった!」という喜びの声の多いブランドです。しっかりとした発色と、コスメ容器のかわいらしさ、肌荒れのしにくさを兼ね備えています。

 

マットな質感の口紅は乾燥しやすく敏感肌の人には挑戦しにくいといわれることが多いもの。THREEの口紅ならマットなものでも保湿力が高くておすすめです。

保湿ケアが優秀なブランドなら「エトヴォス」

エトヴォスは、ヒトに合うセラミドを使った保湿ケアが高評価を集めるブランドです。ネットでは敏感肌の人からの「エトヴォスの口紅なら荒れない」という心強い口コミも広まっています。

 

ミツロウが含まれていない口紅も販売しているので、乾燥が気になる方やミツロウアレルギーの方にもおすすめです。

プチプラの荒れない口紅の人気おすすめランキング7選

高発色できれいが続く!

鮮やかでヘルシーな色味が特徴の口紅です。無香料で酸化しやすい油分不使用のため、唇への刺激が少ないのが特徴。高密着成分・水添ポリイソブテンによって、色持ちが良いのも嬉しいポイントです。

色数 8 タイプ スティック
保湿成分 ワセリンなど 備考 水添ポリイソブテン配合

色素沈着しにくい天然色素を使用

ミネラル+天然由来成分100%処方のルージュスティック。ヒマシ油、オリーブ果実油などの5種のボタニカルオイルとハチミツで、保湿・うるおい効果が期待できます。また、天然色素で色づけしているので色素沈着しにくく、石けんで落とせるのもポイント。

色数 ブリックレッド タイプ ツヤ感、スティック
保湿成分 ヒマシ油・オリーブ果実油など 備考
5位

唇フローラを整えて自ら潤う唇に!

うるおい菌とも呼ばれる肌の常在菌に働きかける乳酸菌「ラ・フローラ」を世界で初めて配合したリップスティック。「唇フローラ」を整えるので、取れた後も自ら潤い続ける唇を育てます。リッチで密着力があるテクスチャーと溶けるな塗り心地が特徴です。

色数 ‐2 タイプ セミマット、スティック
保湿成分 ラ・フローラ 備考

薬用リップで知られるメンソレータムのカラーリップ

薬用リップといえばメンソレータムを思い浮かべる人は多いでしょう。そんなメンソレータムのリップベビークレヨンは、高発色で口紅として使えます。唇のケアをしながらカラーメイクをしたい方におすすめです。

色数 8 タイプ リップクレヨン
保湿成分 ペパーミントオイル、ライスブラウンワックス 備考

綺麗に色づく王道モテリップ

モテリップとして人気を集めるオペラのリップティントです。ティントタイプですが保湿力が高いのが特徴で、リピートする方も多くいます。ツヤ感を求める方におすすめです。

色数 8 タイプ ティント
保湿成分 不明 備考

綺麗な色と肌への優しさが魅力

スキンケアをしながらメイクができるよう設計された、スキンケア発想の美発色ルージュ唇荒れに悩む人からおすすめの声が多いリップです。低価格で高発色、肌荒れしにくい口紅をお探しの方におすすめです。

色数 13 タイプ スティック
保湿成分 リンゴ酸ジイソステアリルなど 備考

プチプラの王道!保湿しながらメイクできる

プチプラの王道・CANMAKEのステイオンバームルージュは、保湿ケアをしながらメイクできる口紅です。カサカサの唇にもそのまま使えるお手軽さも魅力。デパコスと比べ価格が安いので、リピートする方も多くいます。

色数 18 タイプ スティックバーム
保湿成分 ホホバ種子油 オリーブ果実油 ブドウ種子油 ザクロ種子油など 備考 SPF11・PA+

プチプラの荒れない口紅のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6964424の画像

    井田ラボラトリーズ

  • 2
    アイテムID:6964421の画像

    オルビス (ORBIS)

  • 3
    アイテムID:6964418の画像

    オペラ

  • 4
    アイテムID:6964415の画像

    ロート製薬

  • 5
    アイテムID:6965603の画像

    フローフシ 

  • 6
    アイテムID:6965608の画像

    YA-MAN(ヤーマン)

  • 7
    アイテムID:6964412の画像

    オルビス (ORBIS)

  • 商品名
  • ステイオンバームルージュ
  • ピュアルージュリッチ
  • リップティント N
  • リップベビークレヨン リップライナー
  • UZU BY FLOWFUSHI 38°C / 99°F リップスティック
  • オンリーミネラル ミネラルルージュN
  • ルージュネス
  • 特徴
  • プチプラの王道!保湿しながらメイクできる
  • 綺麗な色と肌への優しさが魅力
  • 綺麗に色づく王道モテリップ
  • 薬用リップで知られるメンソレータムのカラーリップ
  • 唇フローラを整えて自ら潤う唇に!
  • 色素沈着しにくい天然色素を使用
  • 高発色できれいが続く!
  • 価格
  • 638円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 1717円(税込)
  • 632円(税込)
  • 2420円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 1870円(税込)
  • 色数
  • 18
  • 13
  • 8
  • 8
  • ‐2
  • ブリックレッド
  • 8
  • タイプ
  • スティックバーム
  • スティック
  • ティント
  • リップクレヨン
  • セミマット、スティック
  • ツヤ感、スティック
  • スティック
  • 保湿成分
  • ホホバ種子油 オリーブ果実油 ブドウ種子油 ザクロ種子油など
  • リンゴ酸ジイソステアリルなど
  • 不明
  • ペパーミントオイル、ライスブラウンワックス
  • ラ・フローラ
  • ヒマシ油・オリーブ果実油など
  • ワセリンなど
  • 備考
  • SPF11・PA+
  • 水添ポリイソブテン配合

デパコスの荒れない口紅の人気おすすめランキング8選

荒れにくく落ちにくいつややかなオイル

オイルベースなのにべたつかない、軽いテクスチャーが魅力のリップオイルインテンス。サッとひとぬりで高発色が実現する、クラランスの自信作です。なめらかかつつややかな輝きは、食事中でも色褪せが気になりません。マスク生活のおともに。

色数 03 タイプ オイルグロウ
保湿成分 備考

乾燥感を感じさせない上質な潤い

ふわっとやわらかなタッチと、なめらかなフィット感が魅力の高発色リップです。表面に膜を形成し、しっとり潤うのに仕上がりは上質なソフトマット。内側からやわらかな輝きを放つような潤い感と美しい発色を長時間キープしてくれます。
色数 RD402 タイプ マット、スティック
保湿成分 備考

ヘルシーで立体的な唇に

植物性オイルなどの美容液成分を75%以上配合した潤いたっぷりの口紅です。全12色の豊富なカラー展開で、あなたに合う色がきっと見つかります。もともとの唇の色を生かしながらメイクできるという点も人気です。

色数 12 タイプ スティック
保湿成分 植物性オイル 備考 モイストオイルヴェール処方

肌に優しい高発色

肌をどこまでも美しく魅せる色にこだわった、天然美発色カラーメイクアップシリーズ。合成色素一切不使用で、クリアな発色と上品なツヤ感を叶えます。唇に溶け込むように軽やかになじんでくれます。

色数 PK303 タイプ ツヤ感、スティック
保湿成分 ヒマシ油 備考 合成色素・パール剤不使用

7種類の保湿オイルを配合

果実油などの7種類もの保湿オイルを贅沢に配合した、荒れないと話題の濃密リップバーム。にじみ出るようなツヤと潤い感を実現。高発色ながら透明感のあるシアーな色づきが特徴です。毎日のメイクに抜け感をプラスしてくれます。

色数 10 タイプ シアー、スティック
保湿成分 ブドウ種子油、アンズ核油、カニナバラ果実油など 備考

内側からほんのり色づく血色感

内側から血色感がアップする色付きリップトリートメント。唇を守り整えながら、頑張りすぎない自然な血色感をプラスしてくれるナチュラルなアイテムです。高機能スキンケアで、落とした後もツヤツヤの唇に。

色数 #ヌード タイプ スティック
保湿成分 ココナッツオイル、ヤシ油、レモン果皮油 備考
2位

全世代におすすめできるオーガニックリップ

植物のうるおいと大地のミネラルで彩る、スキンケア発想のナチュラルグラッセのルージュ。透き通るように繊細なのに印象的な口元を叶えます。なめらかに溶け込む自然な血色や 立体感を引き出してくれます。

色数 02 タイプ マット、スティック
保湿成分 オリーブ果実油、ホホバ種子油など 備考

石鹸で落ちる敏感肌用の口紅

敏感肌用と呼ばれるほど、低刺激で原材料にこだわった口紅です。唇荒れの原因になるタール色素、ミツロウ、ヒマシ油は使っていません。他の口紅を試して駄目だった方にも、最後にもう一度だけチャレンジしてほしい商品です。

色数 #⃣ベロアレッド タイプ ソフトマット、クレヨン
保湿成分 アルガニアスピノサ核油、ひまわり油、アロエベラ葉エキス 備考 タール色素、ミツロウ、ヒマシ油なし

デパコスの荒れない口紅のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6964441の画像

    エトヴォス

  • 2
    アイテムID:6965480の画像

    ネイチャーズウェイ

  • 3
    アイテムID:6965597の画像

    Kiehl's

  • 4
    アイテムID:6966142の画像

    SUQQU(スック)

  • 5
    アイテムID:6965469の画像

    江原道

  • 6
    アイテムID:6964435の画像

    THREE(スリー)

  • 7
    アイテムID:6964438の画像

    コーセー

  • 8
    アイテムID:6964432の画像

  • 商品名
  • ミネラルクレヨンルージュ
  • ナチュラグラッセ モイストバーム ルージュ
  • バター スティック リップトリートメント
  • モイスチャー リッチ リップスティック
  • マイファンスィー リップスティック
  • デアリングリィデミュアリップスティック
  • コスメデコルテ ザ ルージュ ベルベット
  • コンフォート リップオイル インテンス
  • 特徴
  • 石鹸で落ちる敏感肌用の口紅
  • 全世代におすすめできるオーガニックリップ
  • 内側からほんのり色づく血色感
  • 7種類の保湿オイルを配合
  • 肌に優しい高発色
  • ヘルシーで立体的な唇に
  • 乾燥感を感じさせない上質な潤い
  • 荒れにくく落ちにくいつややかなオイル
  • 価格
  • 3300円(税込)
  • 3520円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 5995円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 3525円(税込)
  • 2897円(税込)
  • 色数
  • #⃣ベロアレッド
  • 02
  • #ヌード
  • 10
  • PK303
  • 12
  • RD402
  • 03
  • タイプ
  • ソフトマット、クレヨン
  • マット、スティック
  • スティック
  • シアー、スティック
  • ツヤ感、スティック
  • スティック
  • マット、スティック
  • オイルグロウ
  • 保湿成分
  • アルガニアスピノサ核油、ひまわり油、アロエベラ葉エキス
  • オリーブ果実油、ホホバ種子油など
  • ココナッツオイル、ヤシ油、レモン果皮油
  • ブドウ種子油、アンズ核油、カニナバラ果実油など
  • ヒマシ油
  • 植物性オイル
  • 備考
  • タール色素、ミツロウ、ヒマシ油なし
  • 合成色素・パール剤不使用
  • モイストオイルヴェール処方

魅力的な唇の作り方

荒れない口紅を手に入れても、使用方法が間違っていたり、唇のケアを怠っていると肌荒れは治りません。肌トラブルのない健康的で魅力的な唇の作り方を確認しましょう。

荒れない口紅の塗り方

口紅を塗るときのポイントをご紹介します。普段当たり前のようにやっていることでも、それが唇荒れの原因になっているかもしれません。唇の荒れに悩んでいる人は、ぜひおすすめの使い方を確認して実践してみてください。

リップブラシを使って塗る

実は口紅は、直接唇につけるのはおすすめできません。唇に付着した汚れなどによって、口紅の表面で細菌が繁殖する可能性があるからです。リップブラシを使って口紅を塗るようにすれば、これをケアすることができます。

 

使用するリップブラシもこまめに洗浄して清潔に保ちましょう。

リップクリームを併用する

口紅を塗る前にリップクリームをベースとして塗っておくことで、保湿ケアができます。さらに、口紅の発色がよくなったり唇のシワを隠す効果があったり嬉しい効果も。

 

下地用として販売されているものでも、日々のケアで使う保湿リップでも構わないので、口紅を塗る前にぜひ試してみてください。

日々のケア方法

顔全体の保湿ケアやクレンジングをしっかり行っている人でも、唇のケアを行っていない場合があります。唇は顔の中でも特に皮膚が薄く、肌トラブルが起こりやすい部位。魅力的な唇を作るには、重点的なケアが必要です。

専用リムーバーを使う

ティントなどの色が落ちない口紅は何かと重宝されるアイテムですが、クレンジングの際は曲者です。そうでない口紅でも、しっかりクレンジングを行わないと、唇に残った油分や色素が肌トラブルを引き起こすことがあります。

 

唇専用のリムーバーでしっかりクレンジングをしましょう。

リップパックでケアする

唇のパックを使ったことはありますか。リップパックを使用することで保湿ケアや、荒れてしまった唇のケアを行うことができます。専用商品も多数販売されているので、健康的な唇を目指して使用してみてはいかがでしょうか。

 

下記の記事ではリップパックをはじめとした、リップケア製品の人気おすすめ15選をご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

荒れない口紅の人気おすすめ15選をご紹介しました。口紅に含まれる成分には、人によって肌に合うものや合わないものがあります。毎日を健康的で魅力的な唇で過ごすために、ぜひ自分に合った口紅を見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】リップクリームの人気おすすめランキング30選【色付きも】

【2021年最新版】リップクリームの人気おすすめランキング30選【色付きも】

リップクリーム・リップケア
【2021年最新版】リップコートの人気おすすめランキング15選【マスクにつかない!】

【2021年最新版】リップコートの人気おすすめランキング15選【マスクにつかない!】

口紅・グロス・リップライナー
デパコスリップクリームの人気おすすめランキング16選【色なし・色付き・UVカットも!2020年最新】

デパコスリップクリームの人気おすすめランキング16選【色なし・色付き・UVカットも!2020年最新】

リップクリーム・リップケア
【2021年最新版】メンズのリップクリームの人気おすすめランキング15選【プチプラも】

【2021年最新版】メンズのリップクリームの人気おすすめランキング15選【プチプラも】

リップクリーム・リップケア
【2021年最新版】オペラリップの人気おすすめランキング15選【人気色をご紹介!】

【2021年最新版】オペラリップの人気おすすめランキング15選【人気色をご紹介!】

口紅・グロス・リップライナー
ほくろ隠しのコンシーラー人気おすすめランキング15選【メンズ用やプチプラも】

ほくろ隠しのコンシーラー人気おすすめランキング15選【メンズ用やプチプラも】

コンシーラー