e-bikeの人気おすすめランキング20選【通勤にも!2020年最新】

記事ID14002のサムネイル画像

e-bikeはスポーツタイプの電動アシスト自転車。通勤におすすめの自転車で、ロードバイク・クロスバイク・MTB・ミニベロなど、さまざまな種類があります。Trekやヤマハなどのメーカーが人気です。今回はe-bikeの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。

e-bikeはスポーツタイプの電動付き自転車!

通学・通勤で本格的な自転車に興味があるけど、体力や運動神経に自信がないと購入をためらってしまいますよね。日本だけでなく世界で人気のe-bikeは、スポーツタイプの電動アシスト付き自転車なので、スピードが出しやすく疲れにくいため、体力に自信がなくても爽快なサイクリングを楽しめます。

 

e-bikeなら誰でも気軽にロングライド(長距離走行)やオフロードに挑戦できますよ。また、ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・ミニベロなど、種類が豊富なので目的やニーズに合わせて選べるのも魅力です。どの車種も10万円以上するため、失敗しないためにも慎重に選ばなくてはいけません。

 

そこで今回はe-bikeの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは性能・価格・デザイン・メーカーなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

e-bikeとは

e-bikeとは、スポーツタイプの電動アシスト付きの自転車です。ペダルを踏み込むときに電動で脚力をサポートしてくれるため、通常時はもちろん、発進時・上り坂・向かい風でもラクラク走行できます。海外では既に人気でさまざまなタイプのe-bikeが登場しており、近年、日本でも注目されています。

 

年齢・性別問わず、幅広い世代の方にピッタリな自転車ですが、特に体力に自信がない方・通勤や通学を早くラクにしたい方・家族やカップルでツーリングを楽しみたい方・自転車で通勤や通学がしたい方・新しい趣味を見つけたい方などにおすすめです。

e-bikeと電動自転車の違い

記事番号:14002/アイテムID:6063969の画像

e-bikeも電動自転車も基本的なシステムは同じですが、いくつかの特徴に違いがあります。電動自転車は疲れにくさやメンテナンスのしやすさを重視していますが、e-bikeはその実用性に加えてペダル効率、ダイレクトな推進力、バッテリー容量などを追求しています。

 

ママチャリ型の電動自転車は、ストップゴーが多い街中でゆったりと走ることを想定しているのに対し、e-bikeは、設計だけではなく乗り心地やペダルの踏み込みもスポーツバイク同様になっています。

e-bikeのメリット

e-bikeの魅力について知らない方も少なくないでしょう。ここでは、e-bikeのメリットを挙げていくので、ぜひ参考にしてみてください。

速くてラクに走行できる

e-bikeは、スポーツバイクの「速さ」と電動自転車の「ラクに」を兼ね備えている自転車です。そのため、一般的な自転車よりも早く通勤・通学でき、坂道や長距離でもあまり疲れません。通勤ラッシュの渋滞や満員電車のストレスを感じずに、爽快に出社できるのも大きなメリットです。

スタイリッシュでおしゃれ

e-bikeはスポーツタイプの自転車なので、普通の自転車や電動式のママチャリに比べて、スポーティーなデザインでかっこいいです。かっこいいクロスバイクタイプもあれば、おしゃれなミニベロタイプもあるため、好みのスタイルやシーンに合わせて選べるのも魅力です。

便利な機能・快適なインターフェース

e-BIKEは、ハイテクで近未来的なインターフェース・オプションもメリットの1つです。ハンドルの中央には液晶ディスプレイが搭載されていて、走行距離・バッテリー残量・時刻・消費カロリーなどを表示してくれます。また、LEDライトは本体バッテリーから給電されるため、非常に明るく夜間や夜道でも安心です。

e-bikeの選び方

e-bikeを選ぶときは、種類・走行性能・バッテリー性能・価格・オプションなどのポイントが重要になってきます。ここでは、e-BIKEの選び方を解説していきます。

種類で選ぶ

一口にe-bikeといっても、ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・ミニベロ・折りたたみ自転車・ツーリングバイクなど、さまざまな種類があります。

高性能な電動付き自転車が欲しいなら「ロードバイク型」

ロードバイク型のe-bikeは、高性能・高価格のプロ仕様の電動アシスト付き自転車です。最高速度が速くスピードを出しやすく、長距離ライドでもバッテリー切れを起こすことなく快適にアシストしてくれます。自転車の基本性能・走行性能を重視する方におすすめします。

スタンダードなe-bikeが欲しい方は「クロスバイク型」

クロスバイク型のe-bikeは、バッテリーをフレームに内蔵した無駄のないデザインが特徴です。街乗りでもロングライドでも快適なクロスバイクタイプから、買い物に最適なシティサイクルタイプまで、ラインナップが豊富なのもポイントです。スタンダードなe-bikeなので、迷っている方におすすめします。

段差や悪路が多い道を走行するなら「マウンテンバイク型」

マウンテンバイク型のe-bikeは、高性能なエアサスペンション、グリップ力のあるタイヤが特徴で走行中の衝撃を吸収してくれます。山道・坂道・悪路などのオフロードで真価を発揮しますが、段差の多い街中でも快適に走行できます。アシスト性能が高く、スポーツバイクとしてハードな使い方が可能です。

小回りが効くおしゃれなモデルを選びたいなら「ミニベロ型」

ミニベロ型のe-bikeは、街乗りや通勤・通学におすすめの自転車です。タイヤが小さいのが特徴で小回りが利きますし、おしゃれなイタリアンデザインが魅力です。カゴ付きのモデルもあるため買い物にもピッタリでしょう。電動アシストにより、ミニベロの弱点である長距離をカバーしているのもポイントが高いです。

旅先や旅行で持ち運びたいのあれば「折りたたみ自転車型」

折りたたみ自転車型のe-bikeは、三つ折りにしてコンパクトに折りたためるのが最大の特徴です。ローラー付きで畳んだ状態で転がすことができるため、持ち運びが簡単です。バッテリーやアシストユニットが目立たないデザインなのも魅力的。旅先・観光・旅行などのシーンにおすすめします。

 

以下の記事では、折りたたみ自転車の人気おすすめランキングを紹介しています。興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。

ロングライドしたいなら「ツーリング型(長距離)」

ツーリング型(長距離)のe-bikeは、最大航続距離200km以上の大容量バッテリーと荷台が付属されているのが特徴です。荷台にもライトが付いているため、夜間やトンネルなどの暗い道でも明るく照らして、安全・安心して走行できます。快適にロングライドしたい方におすすめします。

走行性能で選ぶ

e-bikeの特長である速さ・ラクさ・走行性能に影響します。走りやすい自転車に乗りたいのであれば、走行性能が高いモデルを選びましょう。

混雑した市街地なら「取り回し」が良いe-BIKEを

人や車が多い混雑した市街地を走行するなら、取り回しが良いe-bikeがおすすめです。信号での停止・発進、段差の上り下りなどが行いやすい自転車は、街乗りに適しています。通勤や通学でe-bikeを利用するなら、取り回しが良く短距離性能が高いモデルを選ぶと良いでしょう。

長距離走行するなら「疲れにくい」設計の自転車を

20km以上の長距離走行・ロングライドするのであれば、ツーリングタイプのe-bikeがおすすめです。長時間自転車を漕ぎ続けても疲れにくく、快適に走行できるモデルが望ましいでしょう。直線でのスピードが出しやすい車体を選んでくださいね。

坂道をラクに上るならギアや重量が「軽い」e-BIKEを

坂道は重力が掛かるため、力を入れてペダルを踏み込まないといけませんが、電動アシスト付きのe-bikeならラクに坂道を上れます。坂道をより快適に走行したいのであれば、ギアや重量が軽く、スムーズに細かいギアチェンジが可能なモデルを選びましょう。

凹凸のある道路を走るなら「振動を吸収する」ものを

段差や砂利道、オフロードなど凹凸がある場所を走行すると、手やお尻に振動が伝わります。そのため、凹凸のある道路を快適に走りたいのであれば、フレーム、サドル、サスペンション、タイヤなどで振動を吸収できるe-bikeを選びましょう。乗り心地の良い自転車で心地よくサイクリングを楽しんでくださいね。

通常時・緊急時にも「安全性」が高い自転車を

e-bikeは、誰でも簡単に速いスピードで走行できますが、スピードを出していても通常時・緊急時問わずしっかり停止できるブレーキ性能がなくてはいけません。どんな天候・場所にかかわらずピタッと止まれる、安全性の高い自転車に乗ることが大切です。

頻繁に使用するなら「バッテリー性能」が高く、「補助走行距離」が長いものを

1回の走行距離が長い人、頻繁に使用する人、長期間の使用を前提としている人は、バッテリー容量が大きく、補助走行距離が長いe-bikeがおすすめです。補助走行距離とは、電動アシストを効かせて走行できる距離のことです。

 

バッテリー容量が同じでも、本体重量やパーツなどによって補助走行距離が違うこともあるため、両方をチェックして購入するようにしましょう。通勤・通学などで毎日乗る場合は、充電時間が短いものを選ぶと便利です。

コスパにこだわるなら「安い価格」のe-bikeがおすすめ

e-bikeは通常の自転車に比べると、遥かに高価な乗り物で、10~60万円くらいが相場になっています。高価格な分、高性能で快適で爽快な乗り心地でサイクリングを楽しむことができるので、購入する価値は十分にあるといえます。

 

比較的安い価格でe-bikeを購入しようと考えているのであれば、10~15万円ほどのモデルがおすすめです。スポーツタイプらしいデザインと走行性能を備えていながら、カゴやライトが付いていたりと、街乗りや普段使いに適した自転車がラインナップしています。

 

本格的なスポーツバイクに乗りたい方や軽快なサイクリングを追求する方は、30万円以上のモデルを購入してみてはいかがでしょうか。ヒルクライムやロングライドに向いている高性能なe-bikeが多く、コンポーネントやオプションなどにもこだわることができますよ。

デザインで選ぶ

e-bikeはデザイン性の幅が広く、デザインで車種を選ぶ方も少なくありません。好みやスタイルに合わせて、e-bikeのデザインにもこだわりましょう。

かっこいい見た目が好みなら「スポーティーなデザイン」を

かっこいいものが好みなら、スポーティーでスタイリッシュなデザインを、普段使いするなら、クラシカルかつカジュアルでおしゃれなデザインをおすすめします。派手すぎるカラーリングや目立つデザインだと、通勤やビジネスシーンに不向きなので注意してくださいね。

「女性」には明るいカラー・かわいいデザインのミニベロ型がおすすめ

モノトーンカラーや落ち着いたカラーのe-bikeは定番ですが、ブルーやピンクなどの明るいカラーのモデルは女性に人気があります。ミニベロ型でかわいいカラーリングのe-bikeは、女性にピッタリといえるでしょう。

 

26、27インチ以上の大きなタイヤサイズのモデルだと、小柄な女性は乗り降りがしづらく、乗ったときに高く感じてしまうので、タイヤサイズが小さく小回りが効きやすいミニベロ型のe-bikeを選ぶことをおすすめします。

用途や目的に合わせて「オプション」が付けられるかチェックしよう

e-bikeは、普通の自転車であればもともと搭載されている、カゴ、スタンド、ライト、泥除け、ベルなどの付属オプションが付いていないモデルがほとんどです。必要に応じて別売りのオプションを取り付けることもできますが、車種によっては取り付けられないオプションもあるため注意してください。

長距離走行なら「タイヤサイズ」が大きいものを、街乗りなら小さいものを

e-bikeのタイヤサイズは、20~27インチほどです。20~22インチほどの小さいタイヤは、小回りが利きやすく、重心が低いため安定感があります。24~27インチほどの大きなタイヤは、スピードを出しやすく長距離走行しても疲れにくいというメリットがあります。シーンや目的に合わせて最適なタイヤサイズを選んでください。

メーカーで選ぶ

e-bikeは、国内外問わずさまざまなメーカーが発売していますが、ここでは、特に注目してもらいたいYAMAHA・Trekの2つのメーカーについて紹介します。

クイックでスムーズな走行を求めるなら「Trek(トレック)」

Trekはアメリカのスポーツバイクブランドであり、世界的なe-bikeブームの火付け役です。Trekのe-bikeは、精度の高い設計、操作しやすいアシスト力、長寿命バッテリーなどが特長で、クイックでスムーズな走りを提供してくれます。あなたの可能性を広げてくれるような車種がラインナップしていますので、要チェックです。

走りのフィールドに合わせて選びたいなら「ヤマハ(YAMAHA)」

YAMAHAの「YPJシリーズ」は、日本国内のe-bikeを代表するブランドです。オフロードに適した車種からオンロードに適した車種など、走りのフィールドに合わせやすく、スピード性能重視、アシスト性能重視など、性能バランスが異なる車種を展開しているため、自分に合ったe-bikeを見つけやすいです。

 

以下の記事では、ヤマハ電動自転車の人気おすすめランキングを紹介しています。興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。

女性向けのe-bikeの人気おすすめランキング4選

4位

ヤマハ(YAMAHA)

PAS CITY-C PA20CC

価格:115,900円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くてコンパクトだから女子にも扱いやすい!おしゃれなカジュアルテイスト

軽くてコンパクトなYAMAHAのPAS CITY-Cです。軽くて小回りが効く20インチのミニベロ型は、カジュアルテイストな見た目でとってもおしゃれです。価格も比較的リーズナブルで購入しやすいのもポイント。独自のトリプルセンサーシステムも見逃せません。

タイプミニベロ変速段数3段変速
タイヤサイズ20インチ本体重量21.4kg
3位

ブリヂストン

アシスタファイン A6FC19

価格:89,800円(税込)

ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い世代におすすめな電動アシスト自転車!普段使いしやすい機能が充実

性別・世代問わず乗りやすいブリヂストンの電動アシスト自転車です。24インチと26インチの2サイズが展開されており、身長135cm以上の方から乗ることができます。多くの荷物が収まる大きめのバスケット、タイヤとハンドルの両方をロックする施錠などで、普段使いしやすいです。

タイプママチャリ変速段数3段変速
タイヤサイズ26インチ本体重量25.2kg
2位

Besv(ベスビー)

CF1 LENA

価格:171,050円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラー・乗りやすさ・フォルムのすべてが女性にピッタリ!

女性も乗り降りしやすいL字型フレームを採用した、ベスビーのCF1です。フォルムや走りも優しいためe-bike初心者や女性の方にピッタリです。新色のターコイズブルーは華やかなカラーでフェミニンな印象を与えてくれますよ。

タイプミニベロ変速段数-
タイヤサイズ-本体重量21.5kg
1位

トランスモバイリー(TRANS MOBILLY)

E-BASIC CITY TM-CITY200E

価格:59,999円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

e-bike・電動アシスト自転車初めての女性におすすめ!

6万円という非常にリーズナブルな価格で購入できるミニベロ型のe-bikeです。価格以上の乗りやすさと快適さを実現しているモデルで、20インチの小さめのタイヤサイズなので小柄な女性にピッタリです。軽やかなアシスト性能で乗り心地抜群ですよ!

タイプミニベロ(折りたたみ)タイヤサイズ20インチ
変速段数-本体重量-

女性向けのe-bikeのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6017834の画像

    トランスモバイリー(TRANS MOBILLY)

  • 2
    アイテムID:6017867の画像

    Besv(ベスビー)

  • 3
    アイテムID:6017882の画像

    ブリヂストン

  • 4
    アイテムID:6017908の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 商品名
  • E-BASIC CITY TM-CITY200E
  • CF1 LENA
  • アシスタファイン A6FC19
  • PAS CITY-C PA20CC
  • 特徴
  • e-bike・電動アシスト自転車初めての女性におすすめ!
  • カラー・乗りやすさ・フォルムのすべてが女性にピッタリ!
  • 幅広い世代におすすめな電動アシスト自転車!普段使いしやすい機能が充実
  • 軽くてコンパクトだから女子にも扱いやすい!おしゃれなカジュアルテイスト
  • 価格
  • 59999円(税込)
  • 171050円(税込)
  • 89800円(税込)
  • 115900円(税込)
  • タイプ
  • ミニベロ(折りたたみ)
  • ミニベロ
  • ママチャリ
  • ミニベロ
  • タイヤサイズ
  • 20インチ
  • -
  • 26インチ
  • 20インチ
  • 変速段数
  • -
  • -
  • 3段変速
  • 3段変速
  • 本体重量
  • -
  • 21.5kg
  • 25.2kg
  • 21.4kg

安い価格のe-bikeの人気おすすめランキング4選

4位

PELTECH(ペルテック)

TDA-207Z

価格:64,800円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

装備が豪華なe-bike!購入しやすい価格でおすすめ

お買い物や通勤通学にも便利な前カゴ、施錠が容易な後輪錠、フロントLEDライト、泥除けなど、普段使いに最適なオプションが装備されたe-bikeです。デザインもシンプルでおしゃれです。幅広い方におすすめできるモデルなので、是非チェックしてみてくださいね!

タイプクロスバイク変速段数6段変速
タイヤサイズ27インチ本体重量約27kg
3位

Panasonic(パナソニック)

ハリヤ (HURRYER)

価格:131,980円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格以上のこだわりが感じられるe-bike

スポーティーなクロスバイクに電動アシストを搭載したPanasonicのハリヤです。衝撃を吸収するフロントサスペンション、珍しい外装7段ギア、高剛性・軽量性に優れたアルミフレームなど、こだわりが詰まったモデルで価格以上の価値があります。

タイプクロスバイク変速段数7段変速
タイヤサイズ26インチ本体重量23.2kg
2位

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

TB1e

価格:125,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通勤・通学に最適な電動クロスバイク!長距離走行にもおすすめ

通勤・通学向けの装備が充実しているブリヂストンのe-bikeです。1回の充電で驚くほど長く走行できるため、長距離の通勤通学でも安心です。パンクに強いタイヤや両輪駆動を採用しているのも、おすすめするポイントです。最新の電動クロスバイクなので要チェック!

タイプクロスバイク変速段数7段変速
タイヤサイズ27インチ本体重量22.3kg
1位

Panasonic(パナソニック)

BE-ELVS772F

価格:103,240円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽にスポーツが楽しめるe-bike!コスパが高くおすすめ

手軽に電動スポーツバイク・e-bikeを楽しめるPanasonicのベロスターです。走行距離・バッテリー残量などを表示するエコナビ液晶スイッチ、スポーティーなアルミダイヤモンド型フレームなどがおすすめポイントです。通勤通学をスポーツ変えてくれますよ!

タイプクロスバイク変速段数7段変速
タイヤサイズ700×38C本体重量-

安い価格のe-bikeのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6017693の画像

    Panasonic(パナソニック)

  • 2
    アイテムID:6017715の画像

    ブリヂストン(BRIDGESTONE)

  • 3
    アイテムID:6017746の画像

    Panasonic(パナソニック)

  • 4
    アイテムID:6017774の画像

    PELTECH(ペルテック)

  • 商品名
  • BE-ELVS772F
  • TB1e
  • ハリヤ (HURRYER)
  • TDA-207Z
  • 特徴
  • 手軽にスポーツが楽しめるe-bike!コスパが高くおすすめ
  • 通勤・通学に最適な電動クロスバイク!長距離走行にもおすすめ
  • 価格以上のこだわりが感じられるe-bike
  • 装備が豪華なe-bike!購入しやすい価格でおすすめ
  • 価格
  • 103240円(税込)
  • 125800円(税込)
  • 131980円(税込)
  • 64800円(税込)
  • タイプ
  • クロスバイク
  • クロスバイク
  • クロスバイク
  • クロスバイク
  • 変速段数
  • 7段変速
  • 7段変速
  • 7段変速
  • 6段変速
  • タイヤサイズ
  • 700×38C
  • 27インチ
  • 26インチ
  • 27インチ
  • 本体重量
  • -
  • 22.3kg
  • 23.2kg
  • 約27kg

通勤・通学向けのe-bikeの人気おすすめランキング4選

4位

evol(イーボル)

evol C700

価格:213,840円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オフシーンから通勤・通学までに活用できる都会派e-bike

AFANG製M400パワーユニットを装備した都会派e-bikeです。ドレッシースタイルやスーツスタイルにもマッチするシンプルなデザインなので、通勤通学にも活用できますよ。パワフルな走行性能と繊細な制御性能にもこだわったモデルなのでおすすめです。

タイプクロスバイク変速段数9段変速
タイヤサイズ700×32C本体重量21.3kg
3位

benelli(ベネリ)

miniFold16

価格:119,790円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街乗りにピッタリな16インチのミニベロe-bike!

イタリアのオートバイメーカー「Benelli(ベネリ)」が開発した、街乗りにピッタリな折りたたみ式のe-bikeです。モダンでスタイリッシュなデザインのミニベロ型で、小回りのしやすさと安定感がある16インチのタイヤサイズがポイントです。

タイプミニベロ変速段数-
タイヤサイズ-本体重量17.0kg
2位

ジック株式会社

TRANS MOBILLY NEXT 140 AL-FDB140E-N

価格:94,990円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用性・コンパクトさ・軽量性がトップクラスのe-bike

持ち運ぶために作られた最小・最軽量を追求したe-bikeです。約11.3kgしかないためバスや電車に持ち運ぶ場合に最適です。携帯性に優れたバッテリーはLEDライト付きで、スマホ・タブレットなどを充電することも可能です。

タイプミニベロ変速段数-
タイヤサイズ-本体重量11.3kg
1位

YAMAHA(ヤマハ)

YPJ-C

価格:190,025円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽快な乗り心地とアシストの恩恵をバランスが最高!通勤通学にピッタリな1台

本格的なスポーツバイクの性能に電動アシスト性能をプラスしたYAMAHAのe-bikeです。スポーツバイク本来の爽快感とアシストによる心地よい走行性能を両立しています。カラーはマッドブラック・ピュアホワイトの2色で、どちらも通勤通学にピッタリです。

タイプクロスバイク変速段数18段変速
タイヤサイズ28インチ本体重量16.1kg

通勤・通学向けのe-bikeのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6017622の画像

    YAMAHA(ヤマハ)

  • 2
    アイテムID:6017650の画像

    ジック株式会社

  • 3
    アイテムID:6017660の画像

    benelli(ベネリ)

  • 4
    アイテムID:6017669の画像

    evol(イーボル)

  • 商品名
  • YPJ-C
  • TRANS MOBILLY NEXT 140 AL-FDB140E-N
  • miniFold16
  • evol C700
  • 特徴
  • 軽快な乗り心地とアシストの恩恵をバランスが最高!通勤通学にピッタリな1台
  • 実用性・コンパクトさ・軽量性がトップクラスのe-bike
  • 街乗りにピッタリな16インチのミニベロe-bike!
  • オフシーンから通勤・通学までに活用できる都会派e-bike
  • 価格
  • 190025円(税込)
  • 94990円(税込)
  • 119790円(税込)
  • 213840円(税込)
  • タイプ
  • クロスバイク
  • ミニベロ
  • ミニベロ
  • クロスバイク
  • 変速段数
  • 18段変速
  • -
  • -
  • 9段変速
  • タイヤサイズ
  • 28インチ
  • -
  • -
  • 700×32C
  • 本体重量
  • 16.1kg
  • 11.3kg
  • 17.0kg
  • 21.3kg

ミニベロ型のe-bikeの人気おすすめランキング4選

4位

TERN(ターン)

VEKTRON S10

価格:295,020円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感と走行性能を両立したミニベロ型のe-bike

安定性とスポーティーな走行性能を両立しているミニベロ型のe-bikeです。計算され配置されたモーター・バッテリー、太めのタイヤと低重心フレームが特徴です。素早く簡単に折り畳める収納性の高さもおすすめしたいポイントです。

タイプミニベロ変速段数10段変速
タイヤサイズ20インチ本体重量22.1kg
3位

Panasonic(パナソニック)

BE-ELVS072-G

価格:114,310円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽なe-bikeでおすすめ!モダンなデザインがおしゃれ

手軽にスポーティーな走行が楽しめるPanasonicのベロスター・ミニです。普段使いしやすいおしゃれなデザインと手軽に施錠できるサークル錠がポイントです。価格もリーズナブルなので是非チェックしてみてくださいね。

タイプミニベロ変速段数7段変速
タイヤサイズ20インチ本体重量21.0kg
2位

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

LGS ASCENT e-sports

価格:319,440円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い走行・シーンに適したミニベロe-bike!おしゃれなフォルムも魅力的

街乗りからスポーツ走行までにおすすめのe-bikeです。小さな車輪によるキビキビとした走行を得意としています。ミニベロが苦手とするロングライドも大容量バッテリーにより最長115kmの走行が可能です。ルイガノならではのおしゃれなフォルムも魅力的です。

タイプミニベロ変速段数10段変速
タイヤサイズ-本体重量18.0kg
1位

Besv(ベスビー)

PSA1

価格:203,500円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グッドデザイン賞2017受賞のe-bike!デザインも走行性能もおすすめ

余計なものを取り払ったすっきりと美しいフォルムが魅力のミニベロ型のe-bikeです。海外で数々のデザイン賞を受賞しており、日本でもグッドデザイン賞2017を受賞しています。デザイン・走行性能どちらにおいてもハイパフォーマンスを実現していますよ!

タイプミニベロ変速段数7段変速
タイヤサイズ-本体重量19.6kg

ミニベロ型のe-bikeのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6017532の画像

    Besv(ベスビー)

  • 2
    アイテムID:6017560の画像

    LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

  • 3
    アイテムID:6017571の画像

    Panasonic(パナソニック)

  • 4
    アイテムID:6017584の画像

    TERN(ターン)

  • 商品名
  • PSA1
  • LGS ASCENT e-sports
  • BE-ELVS072-G
  • VEKTRON S10
  • 特徴
  • グッドデザイン賞2017受賞のe-bike!デザインも走行性能もおすすめ
  • 幅広い走行・シーンに適したミニベロe-bike!おしゃれなフォルムも魅力的
  • お手軽なe-bikeでおすすめ!モダンなデザインがおしゃれ
  • 安定感と走行性能を両立したミニベロ型のe-bike
  • 価格
  • 203500円(税込)
  • 319440円(税込)
  • 114310円(税込)
  • 295020円(税込)
  • タイプ
  • ミニベロ
  • ミニベロ
  • ミニベロ
  • ミニベロ
  • 変速段数
  • 7段変速
  • 10段変速
  • 7段変速
  • 10段変速
  • タイヤサイズ
  • -
  • -
  • 20インチ
  • 20インチ
  • 本体重量
  • 19.6kg
  • 18.0kg
  • 21.0kg
  • 22.1kg

マウンテンバイク型のe-bikeの人気おすすめランキング4選

4位

Panasonic(パナソニック)

XM1(BE-EXM240)

価格:341,550円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

想像を超えた走行を楽しめるe-bike!高性能を追求する方におすすめ

想像以上のスペックを備えたPanasonicのハイエンドモデルです。スポーツバイクらしいフォルムを実現したセミインテグレーテッドバッテリーや、クランク軸に直接駆動力を伝えるダイレクトドライブ機構などが特徴です。

タイプマウンテンバイク変速段数10段変速
タイヤサイズ27.5cm本体重量22.1kg
3位

BESV(ベスビー)

TRS2 AM

価格:489,500円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまなフィールド・セクションを走行できるMTB型e-bike

オリジナルバッテリーを内蔵したMTB型のe-bikeです。150mmトラベルのフルサスペンション、27.5×2.6タイヤを採用しています。アシストの力を余す事なくパワフルな推進力に変えるので、様々なフィールド・セクションを走行可能です。

タイプマウンテンバイク変速段数10段変速
タイヤサイズ27.5インチ本体重量23.2kg
2位

YAMAHA(ヤマハ)

YPJ-XC

価格:346,500円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型軽量・パワフルなe-bike!MTB向けのドライブユニット搭載

MTB向けのラッグシップドライブユニット[PW-X]を採用した、YAMAHAのYPJ-XCです。パワフルかつコントローラーブルなアシスト性能を楽しむことができます。縦横無尽に駆け回るポテンシャルをぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

タイプマウンテンバイク変速段数11段変速
タイヤサイズ27.5インチ本体重量-
1位

EVOL(イーボル)

evol M275

価格:237,600円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街乗りからアウトドアまでにおすすめなmtb型のe-bike

BAFANG製M400パワーユニットを装備した本格派オフロードのe-bikeです。快適な街乗りからアウトドアユースまで幅広く活躍します。どんなシーンにもマッチするシンプルかつワイルドなデザインも魅力的なポイントです。

タイプマウンテンバイク変速段数11段変速
タイヤサイズ27.5インチ本体重量23.6kg

mtb型e-bikeのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6017476の画像

    EVOL(イーボル)

  • 2
    アイテムID:6017487の画像

    YAMAHA(ヤマハ)

  • 3
    アイテムID:6017503の画像

    BESV(ベスビー)

  • 4
    アイテムID:6017515の画像

    Panasonic(パナソニック)

  • 商品名
  • evol M275
  • YPJ-XC
  • TRS2 AM
  • XM1(BE-EXM240)
  • 特徴
  • 街乗りからアウトドアまでにおすすめなmtb型のe-bike
  • 小型軽量・パワフルなe-bike!MTB向けのドライブユニット搭載
  • さまざまなフィールド・セクションを走行できるMTB型e-bike
  • 想像を超えた走行を楽しめるe-bike!高性能を追求する方におすすめ
  • 価格
  • 237600円(税込)
  • 346500円(税込)
  • 489500円(税込)
  • 341550円(税込)
  • タイプ
  • マウンテンバイク
  • マウンテンバイク
  • マウンテンバイク
  • マウンテンバイク
  • 変速段数
  • 11段変速
  • 11段変速
  • 10段変速
  • 10段変速
  • タイヤサイズ
  • 27.5インチ
  • 27.5インチ
  • 27.5インチ
  • 27.5cm
  • 本体重量
  • 23.6kg
  • -
  • 23.2kg
  • 22.1kg

今回の記事では数ある電動自転車の中から「e-bike」に着目しておすすめの電動自転車をご紹介させていただきます。しかし、魅力的な電動自転車は「e-bike」だけではありませんよね。e-bikeも魅力的ですが、それ以外にも魅力的な電動自転車はたくさんあります。そこで、下記記事ではe-bikeに限らず幅広くおすすめの電動自転車をご紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

単位・値で見るスペック(性能)の確認方法

Vは電圧、Ahはバッテリー容量、Wはモーターの出力を表しています。V・Ahの数値が大きいほど補助走行距離が長くなりますが、本体重量が重くなる傾向にあります。Wの値が大きいほどパワーがあるため、軽い踏み込みでもスピードが出しやすいです。

国内と海外のe-bikeの比較

国内と海外のe-bikeを比較すると、安全基準が違うため、アシスト性能に少し差があります。海外では25km/hまでフルパワーでアシストしてくれますが、日本では10~24km/hの間で段階的にアシスト力が緩やかになります。海外製のほうがアシストの恩恵を受けやすいですが、バッテリー消耗の面は日本製の方が優れています。

まとめ

e-bikeの選び方や人気おすすめランキングはいかがだったでしょうか。ますますe-bikeに乗って爽快で快適なサイクリングをしてみたくなったのではないでしょうか。今回の記事を参考にしていただき自分にピッタリなものを選んでくださいね。

 

また、今回の記事では数ある電動自転車の中から「e-bike」に着目しておすすめの電動自転車をご紹介させていただきました。しかし、e-bikeはもちろん、それ以外にも魅力的な電動自転車はたくさんありますよね。そこで、下記記事ではe-bike以外にも幅広くおすすめの電動自転車を紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年10月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ