ビンディングシューズの人気おすすめランキング15選【初心者でも選びやすい】

クロスバイクやロードバイクをもっと楽しむためには、ビンディングシューズが欠かせません。しかし、最初はどんなビンディングシューズを選んだらいいか難しいですよね。今回は、ビンディングシューズの種類や選び方をはじめ、おすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

今回の記事ではビンディングシューズの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではスポーツウェアについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

もっとサイクリングが楽しくなるビンディングシューズ

クロスバイクやロードバイクに慣れてくると、ビンディングシューズに挑戦したいけれど、どのようなものを選べばいいかわからないという人が多いですよね。

 

実はビンディングシューズは、自分の自転車やライディングスタイルにあった選び方をしてこそ力を発揮するんです。自分の足にぴったりの靴を選ばないと、足を痛めてしまったりもしかねないので、選び方が重要になってきます。

 

そこで今回は、初めての人から慣れている人まで、自分に合ったビンディングシューズの選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方は参考にしてみてください。ランキングは経験値、足の形、自転車の種類、コスパの4つのポイントを基準として作成しました。

ビンディングシューズとは?

ビンディングシューズとは、自転車を漕ぐことに特化したシューズのことです。靴底にクリートという留め具を付けることで、ペダルと靴を固定できるようになっています。ロードバイクやクロスバイクを漕ぐ際、力がペダルに伝わりやすくなります。

 

靴底とペダルが固定されることで、ペダルを踏み込むときだけでなく、引き上げることもできるので、楽に長距離を漕ぎ続けられます。種類も様々あり、スピード重視の人向けや、街乗りメインの人向けなどラインナップが豊富です。

ビンディングシューズの選び方

様々なメーカーから発売されているビンディングシューズは、初めての人にはどれが自分に合うのかわからないと思います。ここでは、ビンディングシューズの選び方のポイントをご紹介します。

クリートをつけるねじ穴の数で選ぶ

ビンディングシューズは、靴底にクリートを取り付けるためのねじ穴が開いています。ねじ穴の数によって特徴が変わってくるので、サイクリングスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

街乗り派におすすめ!歩きやすさを重視するなら「2穴タイプのSPD」

ねじ穴が2つのタイプのビンディングシューズは、SPDとも呼ばれています。着脱が簡単なので、乗降が頻繁なマウンテンバイクやクロスバイクを愛用している人、街乗りメインの人におすすめです。

 

ビンディングシューズは、歩くことを想定して作られていないので、クリートを付けた状態では歩きにくいのですが、3つ穴タイプに比べると歩きやすくなります。

スピード重視!ロードバイクで長距離走行派なら「3穴タイプのSPD-SL」

ねじ穴が3つ穴のタイプは、SPD-SLとも呼ばれています。SPDに比べると、ペダルとの固定力が高まるため、ロードバイクで本格的に長距離を走る人、スピード重視の人におすすめです。

 

SPDよりも大きくクリートが出っ張る形になるので、普通に歩くことは難しいです。SPDとSPD-SLどちらにも対応しているビンディングシューズもあるので、どちらにするか迷っている方は選択肢のひとつに入れるのもいいでしょう。

より強力に固定したいなら「4穴・5穴タイプ」

2穴・3穴タイプに比べると少ないですが、より強力にペダルと固定できる4穴や5穴のタイプのビンディングシューズもあります。5穴タイプは、SPDとSPD-SLにも対応ができるタイプもあるので、汎用性を求める人におすすめです。

 

穴が多ければ多いほどプロ向きというわけではないので、自分にあったスタイルを選ぶようにしたいですね。

留め具の種類で選ぶ

ビンディングシューズは、留め具による締め付けの調整も重要になってきます。簡単に締め付けが調整できるものから、脱着のしやすいものまで様々です。

脱着しやすさを重視するなら「ベルクロタイプ」

主流のベルクロタイプは、マジックテープで調整するタイプのビンディングシューズです。普通の靴のように脱着がしやすいので、初心者さんにもおすすめです。ベルクロが2本のものと3本のものがあり、3本の方がより強く固定できます。

 

ベルクロタイプは多くのメーカーから発売されているので、自分好みのデザインを探しやすいのもポイントです。

普段履きにもおすすめ!フィット感重視なら「シューレースタイプ」

シューレースタイプは、普通の靴と同じように靴紐で締め付けを調整するタイプのビンディングシューズです。脱着は少し手間がかかりますが、全体的なフィット感を自分の力加減で調整できるのが人気のポイントです。

 

デザインもパッと見ただけではビンディングシューズとはわからないようなものもあります。いかにもなデザインに抵抗がある人や、カジュアル志向の人、街乗りメインの人に特におすすめです。

簡単に調整したいなら「ダイヤルタイプ」

ダイヤルタイプは、近年人気を集め主流になりつつあるビンディングシューズです。ダイヤルを回すことでワイヤーが巻き上がり締め付けが調整できるようになっています。片手で簡単に締め付けを調整できるので、走行中でもセッティングできます。

 

ベルクロタイプと併用されているデザインも多いです。複雑なデザインのビンディングシューズは、よりしっかり締め付けることができるので、長距離を走るプロにも人気のタイプです。

しっかり固定したいなら「ラチェット(バックル)タイプ」

ラチェット(バックル)タイプは、マジックテープではなく、スキー靴のようにカチカチと締めるタイプのビンディングシューズです。脱着は手間がかかりますが、しっかりと足にフィットするように締め付けることができます。

 

ベルクロタイプと併用になっているモデルも多く、つま先に近い部分がベルクロで、足首辺りをバックルで締めることで、固定力が高まり、ペダルに力が伝わりやすくなります。本格的にレースに出たり、長距離を走る人におすすめです。

ソールの素材で選ぶ

ビンディングシューズの靴底は普通の靴に比べて硬くなります。そのため、履きなれないうちは足が痛くなったりしやすいですが、その分ペダルに伝わる力が強くなります。

初心者にもおすすめ!歩きやすい「ナイロン」

ナイロン素材のソールは、普通の靴に比べると硬いですが、歩くことも想定されています。そのため街乗りメインで乗降を頻繁にする人や、初心者におすすめです。

 

耐久性が高いので、初心者さんはまずナイロン製のビンディングで練習をして慣れていくようにしましょう。歩きやすいといえば、ラバー素材のソールも柔らかさがあり、普段使いしやすいです。

ほどよい硬さを求めるなら「ハイブリッド」

カーボンとナイロンを組み合わせたハイブリッドタイプは、硬すぎず柔らかすぎず軽さもあります。しならせたい部分にはナイロンを使用し、ペダルに力を伝える部分には硬いカーボンが使われているので、長距離でも疲れにくいソールです。

 

ハイブリッドも種類があり、組み合わせる素材によって特徴が変わってくるので、自分の乗り方、履き心地で選ぶようにしましょう。

ペダリング重視で軽くて長距離派におすすめの「カーボン」

カーボン素材のソールは、軽いのが特徴です。硬さがあることで、ペダルとの一体感が生まれ、こいだ時の力がしっかりペダルに伝わるようになっているので、長距離ライダーにおすすめです。

 

ナイロン製のものより価格はあがりますが、それだけ性能は上がります。しかし、硬ければいいというわけではないので、しっかり自分の足にあったものを選ぶことが大切です。

 

下記サイトでは、ビンディングシューズを選ぶにあたってのソール選びの大切さ、カーボンソールの剛性などを詳しく書かれていますので、ぜひご覧になってみてください。

長距離走行するなら疲れにくい「重量」もチェック!

ビンディングシューズは、250g~300gくらいの重量が平均です。軽量モデルの中には100g台のものもあります。ソールやアッパーの素材によって重さが左右されます。

 

同じモデルでもサイズによっても重量が変わってくるので、自分のサイズの重量をしっかり確認してから購入することをおすすめします。

レギュラーからワイドまで足の形に合う「デザイン」にも注目

ビンディングシューズは、色や形によっても見た目の印象が大きく変わります。サイクリング用なので、スタイリッシュなデザインが多いですが、中には普段使いもしやすいようなカジュアルなものもあります。

 

タイプは、レギュラーとワイドがあります。幅広さんが細身のレギュラータイプを選ぶと、足を痛めてしまうこともあります。見た目のデザインばかりにとらわれず、仕様を確認して、自分の足に合うビンディングシューズを選びましょう。

メーカーで選ぶ

様々なメーカーから発売されているビンディングシューズは、モデルによってもサイズや仕様が変わります。参考程度に特徴を知ってみてください。

安心の国産「シマノ(SHIMANO)」はメンズ・レディースともに豊富

海外メーカーのビンディングシューズが多い中、日本人によって作られたシマノ(SHIMANO)は、信頼度が高い国産のメーカーです。初心者さんも扱いやすいモデルから、レーサーモデルまで、幅広いモデルのビンディングシューズを展開しているので、自分のレベルに合わせて選びやすいです。

 

ヨーロッパの自転車競技選手も愛用している世界的に有名なメーカーです。

軽いシューレースデザインを探しているなら「GIRO」

GIROは、特にシューレース仕様のビンディングシューズが有名なアメリカのメーカーです。ダイヤル式が主流になった近年でも、あえてシューレースを使うことで話題にもなりました。モデルによって使い分けられたアッパーの素材とシューレースで、好みの締め具合にできることが人気の秘密です。

 

軽いシューズの権威でもあり、これまでビンディングシューズの世界最軽量の記録を作ってきました。

足の形に悩みがあるメンズ・レディースには「SIDI」

SIDIは、イタリアの老舗メーカーです。多くの自転車競技選手にビンディングシューズを提供し、フィードバックを反映してきた歴史があり、長年にわたって積み重ねてきたノウハウがあります。

 

人気モデルのALBAは、レディース用のALBA WOMANも展開しています。単にサイズが違うだけではなく、女性の特徴である甲が高くて幅が狭い形を再現しているので、なかなか自分の足に合うビンディングシューズが見つからない女性におすすめです。

プロも支持する高品質を求めるなら「(フィジーク)fi'zi:k」

自転車のサドルメーカーとして有名な(フィジーク)fi'zi:kは、2010年からビンディングシューズを展開しています。スタイリッシュでクールなデザインにも定評があり、人気です。

 

デザインだけではなく、もちろん熟練の職人が作るビンディングシューズは、品質や性能面も優れています。初心者さんからプロレーサーまで、自転車愛好家に愛されているメーカーです。

デザイン×素材×技術をバランスよく考えるなら「DMT」

DMTは、Design(デザイン)×Material(素材)×Technology(技術)の頭文字を取ってつけられたブランド名です。名前の通り、デザイン・素材・技術が3つ合わさったクオリティの高いビンディングシューズを展開しています。

 

時代に合わせて使う素材を変えたり、新技術を採用したりして、常に新しい商品を世に送り出しています。使い勝手だけではなく、デザインもスタイリッシュで人気です。

価格で選ぶ

ビンディングシューズの値段はピンキリです。自分の使う頻度や用途を考えて、価格にも注目してみましょう。

「安いモデル」と「高いモデル」の違い

数千円から数万円まで価格の幅が広いビンディングシューズですが、大体が軽さや強度、素材で決まります。軽くて丈夫なカーボンソールは、スピード重視の人におすすめのモデルですが、価格は高い傾向です。

 

一方で、ナイロン素材のビンディングシューズは安い傾向ですが、誰にでも悪いというわけではなく、初心者さんでも扱いやすいので、安いモデルから慣れていくのがおすすめです。

「コスパ抜群」をヘビロテもおすすめ

ビンディングシューズは自転車を長時間にわたって漕ぐことによって、普通の靴より酷使するので、劣化も早いです。ソールが減ってきたり、留め具が痛んだりしたら、買い替えの目安です。無理して履いていると、ソールとアッパーが分離してしまうこともあります。

 

安かろう悪かろうで、ヘビロテしてあまりにすぐ壊れてしまうものは考えものですが、安くても耐久性に優れているビンディングシューズも多いです。軽くて、自分の足に合うコスパのいい商品を定期的に買い替えるのもおすすめです。

初心者向けビンディングシューズの人気おすすめランキング4選

初めてでも手を出しやすい価格

最初からいきなり高いビンディングシューズを買えないという人におすすめです。ソールは、グラスファイバーと強化ナイロンで、ほどよい硬さで軽く、扱いやすいです。ベルクロタイプのデュアルストラップで、安定感があり、しっかりフィットします。

 

SPD、SPD-SL両タイプに対応しているので、オールラウンドに向いていて、シーンに合わせて使い分けることもできます。

タイプ SPD,SPD-SL 留め具 ベルクロ
サイズ 25.2~29.2cm 重量 約255g
ソール グラスファイバー・強化ナイロン

口コミを紹介

ジャストフィットな感じでとても履きやすい。足が細身なので試着は必須でした。これが初めてのロード用のシューズなので詳しく違いなどは分かりませんが、初心者の自分には満足がいくシューズを買えたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

降車時クリートをつけたままでも歩きやすい

一見するとビンディングシューズには見えないほどのカジュアル感があります。SPD対応で、歩行にも適しているので、スニーカー感覚で履くことができます。

 

それでもスニーカーとは違い、ナイロンソールの内側に隠れているシャンクプレートにより、足の力がしっかりペダルに伝わるので、快適なサイクリングが楽しめます。初心者さんだけではなく、乗降を頻繁にする街乗りメインの人にもおすすめです。

タイプ SPD 留め具 シューレース
サイズ 24.5~28.5cm 重量 約347g
ソール ナイロン

口コミを紹介

最大の推しポイントは自転車を降りて歩いてる時にクリートが地面にガリガリ当たらないところです。無音で歩けます。これだけでも相当に価値があるシューズだと思いました。この点を気にされる方も潜在的に多いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

快適に歩けて初心者も安心

ビブラムソールを採用していて、自転車だけではなく、歩きやすさも追及して作られています。山道でも安心して歩けるようになっています。デザインもシューレースタイプでカジュアルなので、街乗りメインの人にも人気です。クリートはSPDタイプ対応です。

 

アッパー部分がメッシュになっているので、通気性が抜群です。サイズは大きめのものを選ぶのがおすすめです。

タイプ SPD 留め具 シューレース
サイズ 24~27.7cm 重量 約425g
ソール ラバー

口コミを紹介

私の様な、にわかライダーにはいい商品です。本格的なシューズは何だかなーっと思っている人には見た目的にも価格的にも文句の付けようがありません。ビブラムソールで歩きやすいですし!

出典:https://www.amazon.co.jp

カジュアルで履きやすい

カジュアルな見た目は、一見ビンディングシューズには見えません。ソールはグラスファイバー製で、程よく硬さがあるので、しっかりペダルを踏みこむことができます。硬すぎないので、歩行にも最適です。

 

シューレースで自分の足に合わせて締め付けやすいので、ビンディングシューズの扱いになれていない初心者さんも、フィットさせやすいです。自転車で通勤する人にも人気です。

タイプ SPD 留め具 シューレース
サイズ 25~29cm 重量 約340g
ソール ナイロン

口コミを紹介

見た目が漆黒で、かっこいいです。
見た目重視で選びましたが、機能的にも申し分なく、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向けビンディングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 留め具 サイズ 重量 ソール
1
アイテムID:5715283の画像
TRUK

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

カジュアルで履きやすい

SPD シューレース 25~29cm 約340g ナイロン
2
アイテムID:5715256の画像
RUMBLE VR

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

快適に歩けて初心者も安心

SPD シューレース 24~27.7cm 約425g ラバー
3
アイテムID:5715234の画像
CT5

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

降車時クリートをつけたままでも歩きやすい

SPD シューレース 24.5~28.5cm 約347g ナイロン
4
アイテムID:5715215の画像
RP1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初めてでも手を出しやすい価格

SPD,SPD-SL ベルクロ 25.2~29.2cm 約255g グラスファイバー・強化ナイロン

幅広ワイドサイズビンディングシューズの人気おすすめランキング4選

軽くて丈夫で履きやすい

先進のボリュームコントロールフィットを採用していて、幅広さんでもフィットするように作られています。ソールにカーボン強化ナイロンが使われているので、しっかり硬さがあり、軽いのが特徴です。

 

ダイヤルとベルクロの併用で、簡単に締め付けを調整できます。

タイプ SPD-SL 留め具 ダイヤル・ベルクロ
サイズ 25.7~28.3cm 重量 約254g
ソール カーボン強化ナイロン

口コミを紹介

実店舗で41を試着して「これは大きい」と感じ、39.5と40で悩んだ挙句に通販で40を買いました。40に決めたきっかけはBike innのサイトのサイズチャートです。
あのサイズチャートは本当に良く出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

縦横調整でジャストフィットサイズに

外反母趾がある人でもしっかりフィットするように作られています。縦にも横にも調整ができるケーブルダイヤルで、幅広さんや、左右のサイズが違う人でもぴったり調節ができます。

 

SPD、SPD-SLどちらにも対応しているので、初心者さんからプロまで、幅広い人におすすめです。

タイプ SPD,SPD-SL 留め具 ケーブルダイヤル
サイズ 23.2~29.3cm 重量 約306g
ソール グラスファイバー強化ナイロン

口コミを紹介

約1000キロ走った感想です。私は少し外反母趾気味で、普段は横幅が広いスニーカーを履いているのですが、このシューズはダイアルをグリグリと回すと私の足には凄くフィットしてくれます。色もバイクに合うので購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

足を包み込むフィット感

一つのダイヤルで段階的に締め付けを調整したり、フルリリースも可能で、幅広・甲高さんの足にもピッタリフィットします。アッパー部分は超軽量の次世代素材を使っていて、薄いので、通気性も抜群です。

 

ソールはカーボンに強化レイヤーを追加しているので、ペダルに漕ぐ力がしっかり伝わり、パフォーマンス力を向上させます。

タイプ SPD-SL 留め具 ダイヤル
サイズ 24.5~28.6cm 重量 約220g
ソール ウルトラライトカーボン

口コミを紹介

色々なメーカーを試したが、これはすごい。
元々幅広甲高の私ですが、これならぴったり。
独特のホールドシステムのおかげで痛くない。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイヤルとストラップ併用で簡単操作

締め付けの調整がダイヤルとベルクロの併用で、簡単に締め付けの調整ができるので、幅広さんでも痛くなりにくいです。フィット感があり、通気性にも優れているので、長距離走行にも向いています。幅広タイプは、歩行時も安定するので、初心者さんにもおすすめのビンディングシューズです。

 

ソールはグラスファイバーで補強されたナイロンで、軽くて長距離走行時も快適です。

タイプ SPD-SL 留め具 ダイヤル・ベルクロ
サイズ 22.5~31.2cm 重量 約258g
ソール ナイロン

口コミを紹介

運動靴のワンサイズ大きいものでピッタリでした。初めてのビンディングペダルで立ちゴケなど心配してましたが、練習は少し必要ながら思っていたよりも簡単に脱着出来るようになりロードバイクの醍醐味を味わっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広ワイドサイズビンディングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 留め具 サイズ 重量 ソール
1
アイテムID:5713603の画像
RP4

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ダイヤルとストラップ併用で簡単操作

SPD-SL ダイヤル・ベルクロ 22.5~31.2cm 約258g ナイロン
2
アイテムID:5714030の画像
EXTREME RR

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

足を包み込むフィット感

SPD-SL ダイヤル 24.5~28.6cm 約220g ウルトラライトカーボン
3
アイテムID:5713973の画像
ADJUST ROAD COMP(2020)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

縦横調整でジャストフィットサイズに

SPD,SPD-SL ケーブルダイヤル 23.2~29.3cm 約306g グラスファイバー強化ナイロン
4
アイテムID:5714016の画像
R4B UOMO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽くて丈夫で履きやすい

SPD-SL ダイヤル・ベルクロ 25.7~28.3cm 約254g カーボン強化ナイロン

ロードバイク向けビンディングシューズの人気おすすめランキング4選

パワー伝達に優れた長距離向き

ナイロンソールを軽量カーボンで補強しているので、しっかりペダルに力が伝わります。アッパー部分はしっかりと足にフィットして、足を包み込んでエネルギーロスを防ぐので、長距離ライディングに向いています。

 

SPD-SLタイプ対応ですが、丈夫なヒールパッドで歩行もしやすいのが特徴です。

タイプ SPD-SL 留め具 ベルクロ・ダイヤル
サイズ 25.2~25.8cm 重量 約275g
ソール カーボンファイバー・強化ナイロン

口コミを紹介

結構タイトな作りですが、しっかりとフィットします。
つま先に空気穴があるので足蒸れしにくいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フィット感抜群でパフォーマンス力アップ

アッパー部分がニット素材なので、通気性が良く足にピッタリフィットし、究極のパフォーマンス力を発揮します。ダイヤルで簡単に締め付けることができ、足が痛くならないと好評です。

 

SPD-SL対応のソールはカーボンファイバー製で、硬さがあるタイプなので、レースにも向いています。

タイプ SPD-SL 留め具 ダイヤル
サイズ 23.7~29cm 重量 約255g
ソール カーボン

口コミを紹介

Boaで締め付けもしやすく、締め込んでも足が痛くならないです

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量でジャストフィット

超軽量カーボンで作られたソールは、硬さが充分あり、漕ぐ力をしっかりとペダルに伝えることができるので、長距離ライダーにおすすめです。

 

袋縫いという技術を採用していて、ソールとアッパーが一枚の布で成型されています。そうすることで、シューズが緩やかな曲線状になり、靴下をはいているようなフィット感を味わえます。

タイプ SPD-SL 留め具 ダイヤル
サイズ 23~27cm 重量 約225g
ソール カーボン

口コミを紹介

スペシャの41を履いていたのですが、若干の大きさを 感じていたのですが、DMTの41は、ジャストフィット

出典:https://www.amazon.co.jp

長時間のレースにも最適

ソールはフルカーボンでできているので、硬さが充分にあります。そのため、しっかりとペダルに足の力が伝わり、長時間のレースにも向いています。

 

アッパーは通気性が優れているので、蒸れにくいです。限定カラーはデザインもスタイリッシュで人気があります。

タイプ SPD-SL 留め具 ダイヤル
サイズ 25.5~28cm 重量 約320g
ソール カーボン

口コミを紹介

踵がうまくホールドされるので、この部分が非常に良い。FIT感は今まで履いていたS-WORKSよりも良いと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

ロードバイク向けビンディングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 留め具 サイズ 重量 ソール
1
アイテムID:5715502の画像
SHOT Air Bahrain MERIDA

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

長時間のレースにも最適

SPD-SL ダイヤル 25.5~28cm 約320g カーボン
2
アイテムID:5715615の画像
R1 ロード 169981

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量でジャストフィット

SPD-SL ダイヤル 23~27cm 約225g カーボン
3
アイテムID:5715690の画像
INFINITO R1 KNIT

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

フィット感抜群でパフォーマンス力アップ

SPD-SL ダイヤル 23.7~29cm 約255g カーボン
4
アイテムID:5715452の画像
RP5

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

パワー伝達に優れた長距離向き

SPD-SL ベルクロ・ダイヤル 25.2~25.8cm 約275g カーボンファイバー・強化ナイロン

コスパ抜群ビンディングシューズの人気おすすめランキング3選

街乗り・ロードバイクどちらにも向いている

SPD、SPD-SLどちらも対応しています。ソール部分は、グラスファイバーとナイロンのハイブリッドで、耐久性に優れています。アッパー部分は通気性もいいので、蒸れにくく、足が疲れにくい仕様です。

 

クロスバイク、ロードバイクのどちらでも扱いやすくて、1万円以下なので、コスパがいいです。

タイプ SPD,SPD-SL 留め具 ベルクロ
サイズ 24.5~27.5cm 重量 約330g
ソール ナイロンガラスファイバー

口コミを紹介

見た目は値段相応の感じがします。履き心地はまずまずです。初心者の私には十分だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

落ち着いたデザインで耐久性もアリ

安いビンディングシューズは微妙なテカリが気になるという人が多いですが、マットで安っぽくないと好評です。ベルクロの留め具が3本あるので、しっかり固定することができます。

 

SPD-SL対応のソールは強化ナイロンを使用していて、耐久性にも優れています。

タイプ SPD-SL 留め具 ストラップ
サイズ 25.5~29cm 重量 約490g
ソール 強化ナイロン

口コミを紹介

てかてかしてなくてマッドな感じになっているのが気に入りました。
コスパがいいので初めてのピンディングにはいいのでは

出典:https://www.amazon.co.jp

軽くて安くて使いやすい

グラスファイバーとナイロンでできているソールは、軽くて初心者でも疲れにくくなっています。アッパーは通気性があるので、蒸れにくいです。耐久性もありますが、1万円以下のコスパが魅力的です。

 

ソールとアッパーが一体構造になっているので、安定してペダルを漕ぐことができます。留め具はバックルで、しっかり足を固定することができます。

タイプ SPD-SL 留め具 バックル
サイズ 24.5~27cm 重量 約300g
ソール ナイロン

口コミを紹介

きちんとした箱に入っていて、靴の作りもしっかりとしていて、安っぽさも無く、値段よりも良いものに感じました。しっかりフィットしていい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ抜群ビンディングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 留め具 サイズ 重量 ソール
1
アイテムID:5715379の画像
SANTICビンディングシューズ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽くて安くて使いやすい

SPD-SL バックル 24.5~27cm 約300g ナイロン
2
アイテムID:5715429の画像
SD013-RD-BKGY-42

Amazon

詳細を見る

落ち着いたデザインで耐久性もアリ

SPD-SL ストラップ 25.5~29cm 約490g 強化ナイロン
3
アイテムID:5715397の画像
tiebaoビンディングシューズ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

街乗り・ロードバイクどちらにも向いている

SPD,SPD-SL ベルクロ 24.5~27.5cm 約330g ナイロンガラスファイバー

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ビンディングシューズの正しい洗い方は?

長距離サイクリングなどで頻繁に履くビンディングシューズは、臭いや汚れが気になりますよね。クリートを取り付けるねじ穴があるので、洗っていいのか不安だという人も多いようです。

 

濡れることは前提なので、洗うことはできますが、洗濯機や乾燥機は使用できないと説明書に書かれているものもあるので、注意が必要です。おすすめは、中性洗剤を入れた水につけ置きしたのちに、ブラシでこすってからよくすすぐ方法です。

 

以下の記事で、中性洗剤の人気おすすめランキングを紹介しています。ビンディングシューズのお手入れ用にも参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

ビンディングシューズに合うバイクもチェック!

以下の記事ではおすすめのロードバイク・クロスバイクをご紹介しています。バイクは中々乗り換えられないアイテムですが、この機会にぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここまでビンディングシューズのおすすめランキングを15選紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。より快適にクロスバイクやロードバイクを楽しむためにも、自分に合ったビンディングシューズを取り入れていきたいですね。今回の記事を参考に選んでみてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ビンディングペダルの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

ビンディングペダルの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

自転車
クロスバイクペダルの人気おすすめランキング15選【フラットペダルもご紹介!】

クロスバイクペダルの人気おすすめランキング15選【フラットペダルもご紹介!】

自転車
ペダルレンチの人気おすすめランキング10選【ペダル交換の最強工具】

ペダルレンチの人気おすすめランキング10選【ペダル交換の最強工具】

自転車
ロードバイク用ペダルの人気おすすめランキング【シマノ・MKS】

ロードバイク用ペダルの人気おすすめランキング【シマノ・MKS】

自転車
シューズラックの人気おすすめランキング16選【2022年最新版】

シューズラックの人気おすすめランキング16選【2022年最新版】

収納家具・収納用品
【2022年最新版】お取り寄せジュースのおすすめ人気ランキング15選【美味しい無添加も!】

【2022年最新版】お取り寄せジュースのおすすめ人気ランキング15選【美味しい無添加も!】

その他のギフト