キーボードの人気おすすめランキング20選【スマホやタブレット用も】

記事ID11461のサムネイル画像

ゲームやパソコンで欠かせないキーボード。最近は自宅で仕事する人が多くなったこともあり、使いやすいキーボードに注目が集まっています。一般的な有線タイプから折り畳んで持ち運べるものまでその種類は様々。今回はキーボードのおすすめランキング20選と選び方を紹介します。

仕事するのにもゲームで遊ぶのにも欠かせないキーボード

パソコンを使うときに欠かせない「キーボード」。「どれを使っても大して変わらない」とパソコンに付属しているキーボードをそのまま使っている人も多いのではないでしょうか?

 

実は、自分に合ったキーボードを選ぶことで作業効率の向上がかなり期待できるんです。タイプした時の感触やキーの形状、本体のサイズなど、種類によって変わってくるポイントはたくさんあります。中には丸洗いできるものや折り畳んで運べるものなどもあるんですよ。

 

そこで今回は、キーボードの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは接続方式キー配列キースイッチなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

キーボードの選び方

ここからは、接続方式キースイッチキーピッチキーストロークメーカーやOSといった視点から、キーボードの選び方のポイントを紹介します。

接続方式で選ぶ

キーボードには、有線タイプワイヤレスBluetoothやコンパクトタイプと種類があります。それぞれの特徴について知り、自分に合ったものを選びましょう。

 

遅延なく快適に使いたいなら「有線タイプ」

有線タイプのキーボードは、反応速度が高いのが特徴です。素早く安定して入力できるのでストレスなく使うことができます。最も一般的に販売されているUSBで接続するタイプなので入手しやすいのが魅力。

 

ペアリングなどの設定もいらず電池切れの心配がありません。接続方法は、USBで簡単に抜き差しできるので手軽に使えます。ただ、デスク周りにケーブルが広がることになるので見た目がスッキリしません。コードをまとめるなど工夫をしてみましょう。

コードが邪魔ならUSBワイヤレスレシーバーを使う「無線タイプ」

USBワイヤレスレシーバーを使う無線タイプのキーボードは、デスク周りをきれいに片づけたい方におすすめです。パソコンに小型のUSBレシーバーを接続して使用するので、USBポートがないスマホやタブレットには使用できないものがあります

 

ペアリングの設定をせず、USBポートにさすだけで使えるので、思ったほどの手間はありませんが、電池切れをおこすことがあったり、遅延が発生したりするので選ぶ際に参考にしてください。

スマホやタブレット用として持ち運びたいなら「Bluetooth」

Bluetoothを使う接続は、キーボード・パソコン・スマホ・タブレットなどをペアリングし使えるようにする方法です。ペアリングの設定が必要ですが、消費電力を抑えられ長時間使えるのが魅力です。スマホやタブレットでの入力作業が多い方におすすめです。

 

キースイッチで選ぶ

キースイッチには、メンブレン式パンタグラフ式メカニカル式静電容量無接点方式と4つの種類があります。打鍵音や耐久性に違いがあるので、できるだけ触って確認しましょう。

リーズナブルで一般的な「メンブレン式」

最も一般的でリーズナブルなのはメンブレン式です。キーを押し下げた時に上下のシートが触ることで入力を判断しますが、接点となる部分にラバー素材が使われており反発でキーが戻ってくる構造なため、若干疲れやすさを感じる場合もあります。

薄型でタイピングしやすく静音性に優れた「パンタグラフ式」

パンタグラフ式のキーボードは、ノートパソコンに多く採用されているのが特徴です。キーの端を押してもきちんと入力されるので、タイピングがしやすいのが魅力。キーストロークが浅く打鍵音が静かなのでオフィスや自宅でのリモートワークにおすすめです。

ライターやプログラマなど使い倒す方には丈夫な「メカニカル式」

メカニカル式のキーボードにはさらに細かく、色で識別された軸に分けることができます。それぞれ軽いキータッチな赤軸しっかりとしたスイッチ感な青軸反発の高さがある黒軸バランスが良い茶軸になります。

 

キーが独立しているので、不具合が起きたキーだけを交換すれば引き続き使えるのがメリット。しかし複雑な構造をしているため、キーに厚みがあり重くなります。打鍵音も大きめなことから静かにしたいオフィスで使う場合は注意が必要です。

使用感だけは妥協したくない!「静電容量無接点方式」

静電容量無接点型のキーボードは、キーを押し下げた時の物理的な接点がないので、内部の部品が消耗しづらく長く使えるのが魅力です。また、打鍵音は独特のスコスコという音なのでとても静かなのが特徴。

 

静音性と耐久性を兼ね備えているので、こだわりたい方におすすめです。ただ、お値段は少し高めで種類も多くはありません。

キーピッチ・キーストロークで選ぶ

キー同士の間隔のことをキーピッチキーを押し下げた時の深さのことをキーストロークといいます。それぞれがタイピングのしやすさに関わってくるのでよく確認して選びましょう。

打ちやすさとサイズのバランスで決めたい「キーピッチ」

キーピッチは、キーの中心から隣り合うキーの中心までの距離を表し、デスクトップ向けのキーボードでは19mmが標準的です。男性など指が太めの方におすすめなのが、キーピッチが広めのものを選ぶと良いでしょう。

 

一方、持ち運びをしたいときなどはキーピッチが狭めのコンパクトサイズを選ぶと良いでしょう。入力のしやすさに響いてきますので、現在使用中のキーボードと比べてみて選ぶと間違いが少なくなります。

タイピングミスしづらいのはキーストロークが「深めなタイプ」

入力が浅くからぶりしてしまったり、隣のキーを押してしまったりする方におすすめなのが、キーストロークが深めのタイプ。高速タイピングには向きませんが、しっかりと気を押した感覚があるので、タイピングミスしづらくなります

タイピングが速いのはキーストロークが「浅めのタイプ」

タイピング速度を速めたい方には、キーストロークが浅めのタイプがおすすめです。入力時に指先がひっかかるような感触がなくスムーズにタイピングできます。キーを押し下げた感覚がすくないので、タイピングミスが多くなる場合があります。

 

ただし、タイプミスやタイピングが遅いといったことは、他にもさまざまな要因がありますので、ひとつの目安にすると良いでしょう。

日本語・英語配列どちらでも使い慣れている方で選ぶのがコツ

キーボードには、日本語配列と英語配列があります。パッと見ただけでは区別がつきづらく間違えて買ってしまうことも。日本語配列キーボードには、「全角/半角」「変換/無変換」「カタカナ/ひらがな」「ローマ字」などのキーがありますが、英語キーボードにはありません。

 

また「Enter」「スペースキー」「Shiftキー」の形状も違います。日本のPCに慣れているなら日本語配列をといったように使い慣れた方を選ぶことがポイントです。

機能で選ぶ

キーボードは、どんな機能が欲しいかによって選ぶ際の基準がかわってきます。コンパクトタイプ完全防水タイプ特殊形状のもの折りたためるタイプなどについて見ていきましょう。

コンパクトにしたいなら「テンキー・ファンクションキー」がないもの

デスク周りをシンプルにしたいならテンキー・ファンクションキーがないコンパクトなタイプがおすすめです。テンキーが付いてない分、一般的なキーボードに比べて幅が狭くなるので、デスクを広く使いたい方はチェックしてみてください。

 

ただし、数字を頻繁に入力する方は、テンキーやファンクションキーが付いているものを選ぶと良いでしょう

飲み物をこぼしても安心!丸洗いできる「完全防水タイプ」

ついうっかり飲み物をこぼすことってありますよね。そんなときに便利なのが完全防水タイプのキーボードです。PCで作業中に飲み物を同じデスクの上に置いて作業していても万が一の時に安心です。

 

完全防水タイプのキーボードなら、汚れが気になった時に丸洗いが可能なので、ホコリや皮脂で汚れやすいキーボードを清潔にしておけるのがメリットです。

使うシーンで選ぶ

キーボードを使いたい場面は色々あります。ビジネス普段使いゲームなど使いたいシーンで最適なキーボードを選ぶことが大切です。それぞれ特徴があるので解説します。

疲れにくさを重視したいなら「エルゴノミクスキーボード」

エルゴノミクスキーボードは、人間工学に基づいて設計されたキーボードです。より自然な姿勢で作業ができるように考えられているので、手首や方への負担が少なく疲れにくいのが特徴です。

 

手と手首の位置が自然な状態になるように作られているので、正確なタイピングが可能になります。ビジネスシーンで長時間キーボードを使う方におすすめです。

ゲーム用に使いたいなら「ゲーミングキーボード」

FPSなどのシビアなゲームをする場合、反応速度の速さと安定した接続が必要になってきます。複数のキーを同時に押しても的確に反応するタイプや、一連の動作をマクロ化する機能が備わったゲーミングキーボードがおすすめです。

 

ワイヤレスのキーボードよりは有線タイプのキーボードが安定して接続できるので好まれる傾向にあります。以下の記事では、ゲーミングキーボードのおすすめ商品をご紹介しています。ぜひご覧ください。

持ち運びたいなら「折りたためるキーボード」

モバイル端末でキーボードを使う方におすすめなのが、折りたためるキーボードです。広げた状態でも薄くコンパクトにつくられているのが特徴ですが、持ち運び時に折りたたむとさらにコンパクトになり、バッグの中でも邪魔になりません

メーカーやOSで選ぶ

キーボードを選ぶのに迷ったら、メーカーで選ぶのも1つの方法です。MacOS用ロジクールエレコムと人気のメーカーを紹介しますので選ぶ時の参考にしてくださいね。

Macユーザーなら専用の「Mac用キーボード」

Macユーザーの方なら純正のキーボードを使っている方が多いでしょう。しかし純正以外のMac用キーボードの中には、純正のキーボードにはない便利な機能や、打鍵感にこだわったものが選べたりするのが魅力です。

パソコンやゲーム用に使いたい方に「ロジクール」

PC周辺機器のメーカーとして世界的に知られるロジクールは、スイスに本社を置くデジタルデバイスを提供する日本法人です。性能の良さと使いやすさからゲーマーだけではなく、普段使いやオフィスで使う方にも選ばれているメーカーです。

知名度のあるメーカーを使いたい方に「エレコム」

大阪市に本社を置くコンピュータ周辺機器メーカーのエレコム。PC周りやモバイル周りのことで商品を選ぶ際に、エレコムのメーカー名を見たことがある方は多いと思います。PC周辺機器では定評があるので、何にしたらいいか迷ってしまったら買っておいて損はないでしょう

ワイヤレスキーボードの人気おすすめランキング4選

4位

エレコム

ワイヤレスコンパクトキーボード

価格:1,652円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電池残量を目視確認できる

エレコムのこちらのキーボードは、コスパが良いのが魅力です。テンキーが無くレシーバーが本体裏面に収納できるコンパクト設計。デスク周りがすっきりするのが魅力です。単3電池1本で約4年間電池交換がいらない電池長持ち設計がポイントです。

 

電池の交換時期を知らせるランプも装備しているので電池が減っても目視確認でき、安心して使用できます。

接続方式USBレシーバー式キーストローク3.5mm
キーピッチ19.0mmキースイッチメンブレン式

口コミを紹介

サイズ感は大きすぎず小さすぎずといった丁度いいサイズで
打ち心地も普通、ワイヤレスによる遅延なども特に感じない。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

iClever

ワイヤレスキーボードマウスセット

価格:4,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネイルをしていても使いやすい

iCleverのワイヤレスキーボードは、パンタグラフ式で薄型で静音性があるのが特徴です。女性が爪のおしゃれを楽しむネイルアートをしていても、キーストロークが浅いので、入力しやすいのが魅力。WindowsだけでなくMacOSにも互換性があります。

接続方式USBレシーバー式キーストローク1.8mm
キーピッチ19mmキースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

使用方法も無線受信機のUSBを指すだけですぐに使用できます。
無線なので使用しないときは好きな場所に
避けて置けるのがとても良いですね笑

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Arteck

ワイヤレスキーボード

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

英語配列を使い慣れている方に

Arteckのワイヤレスキーボードは、英語配列でテンキーがないタイプです。パンタグラフ式なので薄くてコンパクトなため持ち運びがしやすいのが魅力です。英語配列に使い慣れてて、持ち運びたい方におすすめのキーボードです。

接続方式USBレシーバー式キーストローク浅め
キーピッチ19mmキースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

キーサイズの割りにスリムかつコンパクトな印象です。
上部に厚みがあり、傾斜が確保されるのも「考えているな」と思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスキーボード KX800

価格:14,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分の好みに合わせてカスタマイズ

ロジクールのアドバンスドワイヤレスキーボードは、USBレシーバーでもBluetoothでも使えるタイプのキーボードです。ボタン1つでデバイスの切り替えが可能で使いやすいのが魅力。無料ソフトのLogicool Optionsを使ってキーを自分の好みに合わせてカスタマイズできます。

 
接続方式USBレシーバー/Bluetoothキーストローク1.8mm
キーピッチ19mmキースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

質感、感触は文句なく バックライトもボタンの周囲からの光漏れも
並以下で、周囲がまぶしく字が見にくいと言うことも無くK740よりはっきり見えます

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイヤレスキーボード比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5647323の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 2
    アイテムID:5647317の画像

    Arteck

  • 3
    アイテムID:5647300の画像

    iClever

  • 4
    アイテムID:5647287の画像

    エレコム

  • 商品名
  • ワイヤレスキーボード KX800
  • ワイヤレスキーボード
  • ワイヤレスキーボードマウスセット
  • ワイヤレスコンパクトキーボード
  • 特徴
  • 自分の好みに合わせてカスタマイズ
  • 英語配列を使い慣れている方に
  • ネイルをしていても使いやすい
  • 電池残量を目視確認できる
  • 価格
  • 14500円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 4699円(税込)
  • 1652円(税込)
  • 接続方式
  • USBレシーバー/Bluetooth
  • USBレシーバー式
  • USBレシーバー式
  • USBレシーバー式
  • キーストローク
  • 1.8mm
  • 浅め
  • 1.8mm
  • 3.5mm
  • キーピッチ
  • 19mm
  • 19mm
  • 19mm
  • 19.0mm
  • キースイッチ
  • パンタグラフ式
  • パンタグラフ式
  • パンタグラフ式
  • メンブレン式

有線タイプのキーボード人気おすすめランキング4選

4位

サンワサプライ

有線USBキーボード

価格:620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

余分なところをカットしコンパクトサイズに

サンワサプライの有線USBキーボードは、コスパが良いのが最大の魅力です!日本語配列のスタンダードなタイプで、入力しやすい形状になっています。余分なところをカットしコンパクトサイズにしたので、デスク周りが広く使えますよ。

接続方式有線USBキーストローク2.4±0.1mm
キーピッチ19mmキースイッチメンブレン式

口コミを紹介

あまりにも安いので品質もそれなりだろうなと思っていましたが意外としっかりした作りで、
キーも引っかかりなくスムーズに入力できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

バッファロー

有線スリムキーボード

価格:1,616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄型でもしっかりとしたキータッチを実現

iBUFFALOの有線スリムキーボードは、スリムでコンパクトなデザインなのが特徴です。キー下にアルミプレートを採用しているので、薄型なのにしっかりとしたキータッチを実現。ノートPCに近いサイズなため普段ノートPCを使い慣れている方は違和感なく快適に使えます。

接続方式有線USBキーストローク2.5mm
キーピッチ19mmキースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

もうかれこれ先代と合わせて6年ほど愛用しております
とにかく個人的にはとっても使いやすく疲れ知らずなんです
プライベート~仕事 肌身離さずです

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

エレコム

コンパクトキーボード

価格:2,255円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりとした打ち心地と安定感

エレコムのコンパクトキーボードは、パンタグラフ式なのでノートPCのように薄く、静音性があるのが特徴です。キートップ下に鉄板を入れてあるので、しっかりとした打ち心地と安定感を実現しています。

接続方式有線USBキーストローク2.0mm
キーピッチ19.0mmキースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

価格がお手頃なのが何より。
ノート、モバイル系PCに慣れた方ならこのくらいのサイズやキー配置は気
にならないでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

東プレ(Topre Corporation)

REALFORCE S R2

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5000万回のキー入力耐久試験をクリア

東プレのREALFORCE SR2は、5000万回のキー入力耐久試験をクリアし丈夫で長持ちなのが特徴です。少々コストがかかりますが、各列に段差のあるステップスカルプチャー構造で入力しやすく、長時間使用しても快適です。

 

同時押ししてもすべて入力されるので、タイピングの速いプロが使っていても快適なおすすめのキーボードです。

接続方式有線USBキーストローク4mm
キーピッチ-キースイッチ静電容量無接点式

口コミを紹介

フワフワのキータッチで、手の負担が軽くなり痛みも楽になってきました。
価格はお高いですが、腱鞘炎で通院したり仕事ができなくなる損失額を考えると、十分もとがとれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線タイプのキーボード比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5647602の画像

    東プレ(Topre Corporation)

  • 2
    アイテムID:5647366の画像

    エレコム

  • 3
    アイテムID:5647353の画像

    バッファロー

  • 4
    アイテムID:5647336の画像

    サンワサプライ

  • 商品名
  • REALFORCE S R2
  • コンパクトキーボード
  • 有線スリムキーボード
  • 有線USBキーボード
  • 特徴
  • 5000万回のキー入力耐久試験をクリア
  • しっかりとした打ち心地と安定感
  • 薄型でもしっかりとしたキータッチを実現
  • 余分なところをカットしコンパクトサイズに
  • 価格
  • 24800円(税込)
  • 2255円(税込)
  • 1616円(税込)
  • 620円(税込)
  • 接続方式
  • 有線USB
  • 有線USB
  • 有線USB
  • 有線USB
  • キーストローク
  • 4mm
  • 2.0mm
  • 2.5mm
  • 2.4±0.1mm
  • キーピッチ
  • -
  • 19.0mm
  • 19mm
  • 19mm
  • キースイッチ
  • 静電容量無接点式
  • パンタグラフ式
  • パンタグラフ式
  • メンブレン式

ロジクールのキーボード人気おすすめランキング4選

4位

Logicool(ロジクール)

ロジクール ワイヤレスキーボード K780

価格:6,309円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利なスタンド付き

ロジクールのワイヤレスキーボードは、PC・タブレット・スマホにペアリングするとワンボタンで切り替えしながら使えるのが特徴です。スマホとタブレットが立てかけられるスタンドが装備されています。Windowsだけでなく、Android・iOS・Macにも対応しています。

接続方式USBレシーバー/Bluetoothキーストローク-
キーピッチ-キースイッチ-

口コミを紹介

使い心地はとてもいいです。
丸いキーは最初から何の違和感もありませんでした。
こんなに違和感がなくていいのかと思うくらい普通でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Logicool(ロジクール)

有線キーボード

価格:1,244円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手首への負担が少ない薄型デザイン

ロジクールの有線キーボードは、手首への負担がすくない薄型デザインで、静かなのが特徴です。曲線上のスペースキーでより自然な位置に手を置くことができるため、快適なタイピングが可能です。

接続方式有線USBキーストローク2.8mm
キーピッチ19mmキースイッチメンブレン式

口コミを紹介

やっぱり有線最高

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスキーボード

価格:4,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなデザインが特徴

ロジクールのワイヤレスキーボードは、薄くコンパクトでキーが丸い形状なのが特徴です。スリムでかわいいデザインは女性を中心に注目が集まっています。接続はBluetoothを採用しているので、スマホやタブレットに簡単に接続できます。

接続方式Bluetoothキーストローク1.5mm
キーピッチ18mmキースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

丸いキーがどうなのかなとおもいましたが、普通のキーボードを変わらず違和感なく使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Logicool(ロジクール)

ウォッシャブル有線キーボード

価格:2,943円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全防水で丸ごと水洗い可能

ロジクールのウォッシャブル有線キーボードは、丸ごと水洗いできるのが最大の特徴です。ユニークなデザインは、こだわりの強い方におすすめです。UVコートが施されているキーは耐久性が高く、経年での黄ばみがほとんどないのが魅力です。

接続方式有線USBキーストローク2.4mm
キーピッチ19mmキースイッチメンブレン式

口コミを紹介

レゴブロックのようなデザインは他社をさがしてもなく唯一の存在です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ロジクールのキーボード比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5647635の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 2
    アイテムID:5647626の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5647615の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 4
    アイテムID:5647612の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 商品名
  • ウォッシャブル有線キーボード
  • ワイヤレスキーボード
  • 有線キーボード
  • ロジクール ワイヤレスキーボード K780
  • 特徴
  • 完全防水で丸ごと水洗い可能
  • おしゃれなデザインが特徴
  • 手首への負担が少ない薄型デザイン
  • 便利なスタンド付き
  • 価格
  • 2943円(税込)
  • 4300円(税込)
  • 1244円(税込)
  • 6309円(税込)
  • 接続方式
  • 有線USB
  • Bluetooth
  • 有線USB
  • USBレシーバー/Bluetooth
  • キーストローク
  • 2.4mm
  • 1.5mm
  • 2.8mm
  • -
  • キーピッチ
  • 19mm
  • 18mm
  • 19mm
  • -
  • キースイッチ
  • メンブレン式
  • パンタグラフ式
  • メンブレン式
  • -

メカニカルキーボードの人気おすすめランキング4選

4位

DREVO

メカニカルキーボード

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫な作りのコンパクトなタイプ

DREVOのメカニカルキーボードは、丈夫な作りのコンパクトなタイプで、100%Cherryメカニカルスイッチです。普段使いはもちろん、ゲーミングキーボードにも最適で、プロのゲーマーにも選ばれています。

接続方式有線USBキーストローク4.00mm
キーピッチ-キースイッチメカニカル式青軸

口コミを紹介

仕事用に買いましたが打ち心地も良く、コンパクトでいい買い物ができたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Razer(レイザー)

BlackWidow Lite JP Mercury White

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白を基調としたデザイン

Razerのメカニカルキーボードは、白を基調としたデザインでスタイリッシュです。静かでも確かなタッチ感のオレンジ軸で、個別バックライトが付いたキーを備え明るさを制御することができます。白でインテリアを統一されている方におすすめのキーボードです。

接続方式有線USBキーストローク4.0mm
キーピッチ-キースイッチメカニカル式オレンジ軸

口コミを紹介

主にゲーム用で使用してますが使いやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アーキサイト

ProgresTouch TKL

価格:9,729円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づく安定した使用感

ARCHISSのメカニカルキーボードは、人間工学に基づいたアーチ状のステップスカルプチャで、入力しやすいのが特徴です。Cherryメカニカルスイッチを採用しており、安定の使用感が得られます。

接続方式有線USBキーストローク4mm
キーピッチ19mmキースイッチメカニカル式茶軸

口コミを紹介

私用にもコーディング用にも使いますがタイプ速度が1.5倍くらいになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

FILCO

Majestouch2

価格:20,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段使いやゲームにも

FILCOのキーボードは、従来のものより耐久性・信頼性・打鍵感が向上しています。Nキーロールオーバーで複数のキーを同時に押してもすべて反応するので、操作感が違います。普段使いやゲームにも使えるのが魅力です。

接続方式有線USBキーストローク4mm
キーピッチ-キースイッチメカニカル式茶軸

口コミを紹介

買って1か月ほどですが非常に快適にタイピングできています。

出典:https://www.amazon.co.jp

メカニカルキーボード比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5647701の画像

    FILCO

  • 2
    アイテムID:5647686の画像

    アーキサイト

  • 3
    アイテムID:5647677の画像

    Razer(レイザー)

  • 4
    アイテムID:5647669の画像

    DREVO

  • 商品名
  • Majestouch2
  • ProgresTouch TKL
  • BlackWidow Lite JP Mercury White
  • メカニカルキーボード
  • 特徴
  • 普段使いやゲームにも
  • 人間工学に基づく安定した使用感
  • 白を基調としたデザイン
  • 丈夫な作りのコンパクトなタイプ
  • 価格
  • 20040円(税込)
  • 9729円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 接続方式
  • 有線USB
  • 有線USB
  • 有線USB
  • 有線USB
  • キーストローク
  • 4mm
  • 4mm
  • 4.0mm
  • 4.00mm
  • キーピッチ
  • -
  • 19mm
  • -
  • -
  • キースイッチ
  • メカニカル式茶軸
  • メカニカル式茶軸
  • メカニカル式オレンジ軸
  • メカニカル式青軸

Mac用向けのキーボード人気おすすめランキング4選

4位

-Ewin

キーボード

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホやタブレットに最適

こちらのキーボードは、Mac純正のキーボードに近いデザインなので違和感なく使えるのが魅力です。最大3台までペアリングできるので、スマホやタブレットに最適。スリムでコンパクトなので携帯にも便利です。

 
接続方式Bluetoothキーストローク-
キーピッチ-キースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

単4電池2本使いますが、いつも充電のこと考えなくていいのでかえって気が楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

PFU

PFU HHKB Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな静電容量無接点式

こちらのキーボードは、マルチペアリングにより最大4台まで使用することが可能です。キーピッチが標準型ですがコンパクトに設計しており、デスク上も幅をとることなく快適に使えます。静電容量無接点式を採用し、入力しやすいのが魅力です。

接続方式Bluetoothキーストローク4.0mm
キーピッチ19.05mmキースイッチ静電容量無接点式

口コミを紹介

矢印キーが無く最初は使いにくいなと思っていましたが
慣れてくると非常に快適ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

エレコム

ミニキーボード

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetoothで接続するミニキーボード

エレコムのミニキーボードは、Bluetoothで接続するタイプのものです。最大3台までデバイスをペアリングでき、切り替えボタンで瞬時に切り替えることができるのが魅力。コンパクトで軽量なので持ち運びにも便利です。

接続方式Bluetoothキーストローク2.0mm
キーピッチ19.0mmキースイッチパンタグラフ式

口コミを紹介

打鍵感は悪くなく、指を滑らせてもカチャカチャと音を立てることもなく、十分な作りです。
好みが分かれる部分ですので、実物を確認することをお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

東プレ

REALFORCE R2 for MAC

価格:24,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nキーロールオーバー対応

東プレのこちらのキーボードは、キースイッチの押しごこちを追求した独自のキー荷重特性により、入力しやすいのが魅力です。異なるキー入力情報に変換されてしまうことを防ぐNキーロールオーバー対応。キートップの印字には、Macに合わせてシンプルなフォントを採用しています。

 
接続方式有線USBキーストローク4mm
キーピッチ-キースイッチ静電容量無接点式

口コミを紹介

静電容量無接点方式とこの打鍵音、打ち心地、素晴らしいキーボードです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Mac向けのキーボード比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5647951の画像

    東プレ

  • 2
    アイテムID:5647944の画像

    エレコム

  • 3
    アイテムID:5647936の画像

    PFU

  • 4
    アイテムID:5647926の画像

    -Ewin

  • 商品名
  • REALFORCE R2 for MAC
  • ミニキーボード
  • PFU HHKB Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B
  • キーボード
  • 特徴
  • Nキーロールオーバー対応
  • Bluetoothで接続するミニキーボード
  • コンパクトな静電容量無接点式
  • スマホやタブレットに最適
  • 価格
  • 24900円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 接続方式
  • 有線USB
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • キーストローク
  • 4mm
  • 2.0mm
  • 4.0mm
  • -
  • キーピッチ
  • -
  • 19.0mm
  • 19.05mm
  • -
  • キースイッチ
  • 静電容量無接点式
  • パンタグラフ式
  • 静電容量無接点式
  • パンタグラフ式

キーボードのお手入れの仕方

キーボードは手で触るので皮脂がつきやすいもの。そこにホコリが付いてしまって意外と汚れやすいものです。キーボードの隙間に入ってしまったホコリが固まって、使いづらくなってしまうことも。そうならないために、掃除はこまめにしておきましょう

 

隙間に入ってしまったホコリは、エアダスターを使うと楽に吹き飛ばせます。細いノズルをキーボードの隙間に近づけ、シュッとひと吹きしてみましょう。それでも取り切れないホコリは、専用の道具が売っていますので利用するのもひとつの方法です。

 

以下の記事ではキーボードの掃除に便利なエアダスターも紹介しています。興味のある方は是非チェックしてみてください。

まとめ

ここまで、キーボードについて選び方のポイントやおすすめの商品を紹介してきました。キーボードの性能はさまざまですので、自分に合うキーボードが見つかればストレスを軽減し作業効率をアップさせることができます。ぜひ本記事を参考にお気に入りのキーボードを探して下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ