8インチタブレットの人気おすすめランキング15選【コンパクトで高機能】

    記事ID4654のサムネイル画像

    8インチタブレットはコンパクトでタブレットの中でも扱いやすいです。小型ですが高機能のものも増え、さまざまな用途で使えるようになっています。8インチタブレットの選ぶ方やおすすめランキングをご紹介しますので、8インチタブレットを選ぶ参考にしてください。

    小型で便利な8インチタブレット

    8インチタブレットはどんな場所でも動画などを楽しめ、ビジネス用としても便利なアイテムです。さまざまな用途に使えますが、種類もタイプも多く選ぶのが大変でしょう。

     

    OSや通信方式、ストレージの容量などを基準に8インチタブレットのおすすめランキングを作成しました。

     

    LTE対応とWi-Fi専用の両方がある機種は、通信方式の欄に両方記載しています。 8インチタブレットの選び方もまとめましたので参考にしてください。

    8インチタブレットおすすめランキング15選

    15位

    Shenzhen Wave

    YUNTAB Androidタブレット

    価格:10,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    格安のLTE対応8インチタブレット

    かなりお手頃な価格で購入できる8インチタブレットです。最低限ですが、充分にタブレットとして使用できるスペックになっています。2つのSIMカードを同時に使用できるデュアルSIM機能が便利です。

     

    この価格でWi-Fi専用ではなくLTEに対応しています。LTEでネットに接続できる格安の8インチタブレットが欲しい人にはおすすめです。

    OSAndroid通信方式LTE
    CPU速度1.3GHzメモリ2GB
    ストレージ16GB解像度1280x800

    口コミを紹介

    3年くらい使っているタブレットの反応が悪くなりました。そこで、この商品を見つけて購入してみましたが、良いと思います!さくさく動くし、反応も早いし、音も画質も想像以上で満足です。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    14位

    Teclast

    Teclast P80 Pro タブレット

    価格:14,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    コスパに優れたエンターテインメント用の8インチタブレット

    低価格ながら高解像度でフルHDパネルを搭載した8インチタブレットです。動画や画像をキレイな画面で楽しむことができます。音質は良くないので、音楽を聴くには向いていません。

     

    大容量のバッテリーを搭載しており、8時間稼働するので長時間ゲームや動画などを楽しむことが可能です。ゲーム用の8インチタブレットとしても使えます。

     

    ゲームや動画を快適に楽しむには十分なスペックです。マイクロSDカードも接続できるので、データを大量に印刷可能です。

    OSandroid通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度1.5GHzメモリ3GB
    ストレージ32GB解像度1920 x 1200

    口コミを紹介

    子供用にと購入しました。
    スペックはコスパから見れば充分な内容だし、ゲームや動画などは特にストレスは感じないです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    13位

    BLUEDOT

    タブレット BNT-801W

    価格:12,480円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    格安MicroHDMI対応8インチタブレット

    コストパフォーマンスの高い国内産の8インチタブレットです。低価格なのでスペックは高くありませんが、ネットを見るには十分な性能になっています。ストレージは16GBですが、外部ストレージで400GBまで増やすことができます。

     

    Wi-Fi専用機なので中継器がないとネットに接続できませんが、Bluetoothを搭載しているので対応機器と無線で接続することができます。

     

    MicroHDMIが使用できるので、色々な危機と接続可能です。テレビにつないで大画面で動画を見る時などは重宝します。

    OSAndroid通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度1.3GHzメモリ2GB
    ストレージ16GB解像度1280×800

    口コミを紹介

    コスパだけで言うならfireが良いかとも思ったのですが、Amazonコンテンツを利用するつもりがないなら、この辺りでしょう。普通に普段使いするなら全くもって問題なし。画面も綺麗で動きも良い。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    12位

    マウスコンピューター

    タブレット WN803

    価格:23,492円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    micro SDXCカード対応の8インチタブレット

    ストレージは32GBですが、micro SDXCカード対応なので大容量のデータも安心して保存できる8インチタブレットです。micro HDMI・microUSBにも対応しています。

     

    10点マルチタッチに対応しているので直感的に操作でき、さまざまな操作をスムーズに行えます。24時間365日電話サポートに対応しているので安心です。

     

    バッテリーは約6時間しか持ちませんが、2時間30分で充電が終わる点は便利です。

    OSWindows通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度1.44GHzメモリ2GB
    ストレージ32GB解像度1280×800

    口コミを紹介

    外でwindows10を使いたい。バッテリーのことは考えたくないならこれ。
    スマホの充電用バッテリーで充電できるのはとてもいい。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    11位

    NEC

    LAVIE Tab E PC-TE508HAW

    価格:17,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    初心でも安心のサポートが充実

    NECの8インチタブレットです。サポートが充実しているので、設定が苦手な人でも安心して購入できます。「かんたん!セットアップシート」で初期設定を手軽に行えます。問題が発生しても、電話やチャットでサポートを受けられます。

     

    角度が変わっても画面がキレイに見られる広視野角IPSパネルが搭載されています。薄く作られているので、片手で扱いやすいサイズになっています。マルチタスク機能搭載で、2種類のアプリを同時に表示することも可能です。

    OSAndroid通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度1.4GHzメモリ2GB
    ストレージ16GB解像度1280×800

    口コミを紹介

    元々が出先でのPC代わりに使えればと思い購入しました。最初からofficeが入っているので重宝しています。基本ネットはwi-fi環境でしかつながりませんが、最近は大概の宿や店舗にありますのでそれほど問題は感じませんでした。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    10位

    KEIAN

    KEIAN WIZ KI8-BK

    価格:13,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Windows搭載の8インチタブレット

    1万円台で購入できるWindows搭載の8インチタブレットです。決してハイスペックというわけではありませんが、8インチタブレットとしては十分な性能に作られています。タブレット用のofficeソフト「Microsoft Office Mbile」が付属します。

     

    Word・Excel・PowerPointを使用することができるので、ビジネス用として使える8インチタブレットです。pdfリーダーとして使用するにも向いています。

    OSWindows通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度1.44GHzメモリ2GB
    ストレージ32GB解像度1280×800

    口コミを紹介

    思っていた以上に使い勝手がいい。
    スリープで手元に置いておくと便利だなぁ。
    サクサクだし。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    9位

    エイスース

    ZenPad 8.0 Z380M-BK16

    価格:29,700円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    解像度以上に美しい液晶が搭載された8インチタブレット

    解像度はあまり高くないですが独自の技術により、美しい液晶画面を実現した8インチタブレットです。エイスース独自のTru2Lifeテクノロジーにより、本来の解像度よりも数段クオリティの高い映像や画像を見ることができます。

     

    本来画面に必要な6枚のパネルを2枚に減らすことで、より表示が鮮明になりタッチパネルの操作もスムーズになっています。

     

    タブレットでは世界初のサウンドシステムを採用したことで、ヘッドホンをつけることで映画館のような大迫力の音声を楽しめます。5GBのウェブストレージが使用可能です。最高水準の日本語入力システムを搭載しており、快適に文字入力ができます。

    OSAndroid通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度1.3GHzメモリ2GB
    ストレージ16GB解像度1280x800

    口コミを紹介

    性能はパズルゲームのような軽めのゲームができ、ネット・Youtubeがサクサク動くこと。
    その条件で価格・質・性能のバランスが取れていたこちらを購入しました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    8位

    Teclast

    T8 タブレット MT8176

    価格:23,850円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ゲーム用として使えるコスパの良い8インチタブレット

    CPU・メモリ共にスペックが高いですが、低価格で購入できるコストパフォーマンスの高い8インチタブレットです。解像度もかなり高くなっています。動画やゲームを快適に楽しむには十分なスペックです。

     

    本体のストレージは64GBですが、マイクロSDカードを接続することで128GBのデータを保存することが可能です。ゲームなどのデータを保存する外部ストレージも充実しています。

     

    カメラもハイスペックになっているので、動画や写真をSDカードに保存するのにも便利です。

    OSAndroid通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度2.1GHzメモリ4GB
    ストレージ64GB解像度2560×1600

    口コミを紹介

    半月ほど使ってみたが値段に対して充分すぎる性能で機能的な意味で特に不満はなし。ゲームも大抵のゲームはサクサク動いたし画面も綺麗。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    7位

    Amazon

    Fire HD 8 タブレット

    価格:8,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Amazonのコンテンツが楽しめる8インチタブレット

    Amazonが独自のOSを搭載した8インチタブレットになります。8インチタブレットとしては必要最低限の機能ですが、安価でコストパフォーマンスは高いです。Amazonから受けられるサービスも充実しています。

     

    毎月Amazonのkindle本を1冊無料で読めるほか、Prime Musicの音楽が無料で楽しめるなどAmazonのコンテンツを優先的に楽しめます。解像度は決して高くありませんがサウンドシステムは充実しており、動画や音楽を楽しむのに向いています。

     

    無料の国語辞典を利用できるので、学習用としても活用できます。OSがAmazon独自のため、対応するアプリが少ないのが欠点です。

     

    OSFire OS通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度1.3GHz(4コア)メモリ1.5GB
    ストレージ16GB解像度1280 × 800

    口コミを紹介

    はじめてのタブレットです。小学生の子供が、お勉強系のアプリをするために購入しました。
    勝手に課金したり、怖い動画などを見てしまったら・・等々色々心配がありましたが、機能制限をかけられるのがよかったです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    6位

    エイスース

    ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル Z581KL-BK32S4

    価格:54,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    最高水準の画質の8インチタブレット

    Z380M-BK16と同じく独自のシステムを搭載して解像度以上の高画質を実現した8インチタブレットですが、解像度自体が大幅に上がっています。そのため、非常に画像がキレイな8インチタブレットです。

     

    サウンドシステムも同様で、ライブハウスのような臨場感のある音声を楽しめます。また、LTEに対応しただけでなく、音声プランのSIMカードを接続すれば電話としても使用できます。

     

    CPU・ストレージ・メモリ共にZ380M-BK16と比べてスペックが上がっているので、より快適な操作が可能です。

    OSAndroid通信方式LTE
    CPU速度1.8GHzメモリ4GB
    ストレージ32GB解像度2048×1536

    口コミを紹介

    simフリーかつ電話機能もついており、スペックもそこそこあるのでエクセル等も問題なく動きます。
    スマホとしても利用出来るので、色々なシーンで使用することが出来ると思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    5位

    Lenovo

    TAB4 8 Plus 8.0型 LTEモデル ZA2F0157JP

    価格:32,930円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    家族で共有可能な高品質タブレット

    2GHzのオクタコアプロセッサーと4GBのメモリで、快適な操作を実現した8インチタブレットです。ドルビーアトモスを搭載したサウンドシステムは自然で臨場感に溢れた音声を再現しています。

     

    指紋認証でタブレットにログインできるだけでなく、複数のユーザーを簡単に登録して指紋認証でユーザーを切り替えることが可能です。

     

    家族で共有する8インチタブレットとしても便利な機種といえます。両面に強化ガラスが使われているため、タブレットのボディを守ってくれます。

    OSAndoroid通信方式Wi-Fi専用・LTE
    CPU速度2GHzメモリ4GB
    ストレージ64解像度1920x1200

    口コミを紹介

    バーションアップは問題なくできました。android8.1で安定して動作しています。OCNのSIMも問題なく認識してWifi環境のないところでも活躍しています。スマホのデータ通信量が最小ですむようになり、OCNの料金を加えても今までより安く運用できてます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    4位

    ソニー(SONY)

    Xperia Z3 Tablet Compact SGP612

    価格:71,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ハイクオリティなソニー製8インチタブレット

    XperiaのSGP612は約270gで、iPad miniよりも軽くなっています。CPUはタブレットとしてはかなり高速で、重い動画をダウンロードしてもサクサク動きます。解像度も高めでフルHDなので、映画や動画を高画質で見ることができます。

     

    バッテリーも大容量でWi-Fi通信なら最大12時間、動画再生なら最大15時間使用可能です。防水機能はIPX5/8相当になっています。雨はもちろん、少し水没したくらいでは問題ない防水性があります。

     

    ハイレゾ音源に対応しているため、かなりクオリティの高い音声を聴くことができます。

     

     

    OSAndroid通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度2.5GHzメモリ3GB
    ストレージ32GB解像度1920×1200

    口コミを紹介

    自分はiPad Miniも使用していますが、そちらよりずっと良いです。自分がAndroid派だと言うこともありますが・・・。特にものすごく軽いです。そしてやはりソニーというべきか、プレステともつなげることが出来て、色々楽しめるタブレットです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    3位

    Apple(アップル)

    iPad mini 64GB

    価格:47,466円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    アップルユーザにおすすめのタブレット

    iPad miniの2019年最新モデルです。接続はWi-Fiのみのモデルしかありませんが、facetimを使って最大32人とテレビ電話で話すことが可能です。CPUは約2.5GHz、メモリは3GBと重いアプリも快適に動作します。

     

    動画のダウンロードも快適です。画面も高解像度で、暗くても読めるようになっています。厚さは6.1ミリと薄く、約300gの軽さでかなり携帯しやすくなっています。バッテリーも10時間持つので、安心して屋外で使うことができます。

    OSiOS通信方式Wi-Fi専用
    CPU速度2.49GHzメモリ3GB
    ストレージ64GB解像度2048x1536

    口コミを紹介

    携帯もアンドロイド一筋だったため、初めてアップルの端末を手にした。
    今まではアンドロイドのタブレットを使ってきたが、それに比べて動きがなめらかでストレスなく使える(容量の違いもあるだろうが)

    出典:https://www.amazon.co.jp

    2位

    HUAWEI(ファーウェイ)

    MediaPad M3 LTE

    価格:41,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    映像も音声も優れたタブレット

    8インチクラスのタブレットとしては最高ランクの高解像度のディスプレイが搭載されており、寝室の暗い明りでも何の問題もなく読書が可能です。また、太陽光の下でも画面が見えるように画面を自動調整する機能も搭載しています。

     

    業界で最高水準のオーディオチップセットを搭載することでCDの6.5倍の音質を実現しただけでなく、タブレットの向きに合わせてスピーカーの再生が切り替わるなどサウンド面でも非常に優れています。

     

    片手で持てる大きさで軽量なため、片手作業することも可能です。

    OSAndoroid通信方式Wi-Fi専用・LTE
    CPU速度2.3GHzメモリ4GB
    ストレージ32GB解像度2560x1600

    口コミを紹介

    スマホ(honor8)と共に最高のパフォーマンスをしてくれてます。
    値段とスペックから考慮して、コスパ高いと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    1位

    HUAWEI(ファーウェイ)

    MediaPad M5 Lite Touch タブレット

    価格:22,688円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    高機能でコスパの良い8インチタブレット

    HUAWEI独自のシステムが搭載された8インチタブレットです。OSはandroidですが、独自OSのEMUI9.0も同時に搭載されています。高精細の液晶を採用したことに加えてオリジナルの画像調整アルゴリズムにより、画面が非常に見やすくなっています。

     

    さらに、ブルーライトをカットすることで目の疲れを軽減する機能もついています。サウンド面でもコンサートホールような臨場感を再現することに成功しています。映像と音楽を場所を選ばずに堪能できる8インチタブレットになっています。

    OSAndroid通信方式Wi-Fi専用・LTE
    CPU速度2.2GHzメモリ3GB
    ストレージ32GB解像度1920×1200

    口コミを紹介

    M3の8インチサイズに物足りなさを感じ始めたので購入しました
    スペック的には劣ると思って買いましたが思った以上にサクサクで動画も綺麗に映ります

    出典:https://www.amazon.co.jp

    8インチタブレットの選び方

    8インチタブレットはOSの種類も多く、通信方式の違いや性能など選ぶ際に考えるべきポイントが多いです。通信方式の違いはどこで8インチタブレットを使うかという意味でも重要になってきます。

     

    さまざまな観点から、8インチタブレットの選び方についてご紹介していきます。

    OSから選ぶ

    OSは8インチタブレットを操作するために必要なソフトウェアです。OSの種類によって操作性やアプリ、機能なども変わってきます。用途に合った使いやすいOSの8インチタブレットを選びましょう。

    Androidから選ぶ

    Googleが開発したOSです。拡張性が高いOSになっています。8インチタブレットを自分に扱いやすいように変更したいならおすすめです。androidOSを採用している8インチタブレットは多く、リーズナブルなものも数多く作られています。

    iOSから選ぶ

    iOSはMacやiPhoneでおなじみのアップル社製のOSです。セキュリティー性が高くウィルスに関連するリスクが低いのがメリットです。直感的に操作しやすいのも特徴で、iPhoneを使い慣れているいるなら、操作しやすいです。

    Windowsから選ぶ

    おなじみのマイクロソフトのOSです。採用している8インチタブレットは少ないですが、WordやExcelをそのまま使用できます。キーボードを取り付け可能な機種も多く、ビジネスで8インチタブレットを使う人にはおすすめです。

    Fire OSから選ぶ

    Amazonが開発したOSになります。採用している機種が少ないですが、Amazonのサービスを利用する機会が多いなら便利なOSです。

     

    androidがベースのOSでGoogleサービスのアプリは利用できますが、それ以外が開発したアプリの互換性は保証されていないのが、デメリットです。

    通信方式から選ぶ

    8インチタブレットをインターネットに接続するには、Wi-FiとLTEの2つがあります。通信方法はかなり重要です。メリットとデメリットをしっかり把握して、自分の用途に合った通信方式の8インチタブレットを選びましょう。

    LTEで接続するタイプから選ぶ

    LTEは携帯電話の通信規格です。携帯電話が使用する回線を使うため、屋外でネットに接続するには便利です。ただし、通信会社と契約するため、毎月の通信量が必要になります。

     

    8インチタブレット本体の価格もWi-Fi専用機よりも高くなります。 また、LTEで接続する8インチタブレットのほとんどはWi-Fiを利用して、ネットに接続可能です。

    Wi-Fi専用のタイプから選ぶ

    Wi-Fi専用で接続する8インチタブレットはWi-Fiが利用できる場所でしかネットに接続できませんが、8インチタブレット自体の通信量はかからないのがメリットです。

     

    屋外で使用する場合は、フリーWi-Fiを利用できる場所にいくかモバイルWi-Fiルーターを持っていれば接続が可能です。テザリング機能のあるスマホなどを使うことでも、ネットに接続できる機種もあります。

    性能から選ぶ

    8インチタブレットを選ぶなら快適さに影響するCPUやメモリは重要なポイントです。画面の解像度も検討する必要があります。8インチタブレットを性能から選ぶポイントをご紹介します。

    CPUから選ぶ

    CPUは8インチタブレットの処理速度を表します。CPU性能が高いほど処理が速く、作業を快適に行えます。また計算処理を行うコアの数が多いほうが、CPUの性能も高くなります。

     

    GHz(ギガヘルツ)の数字が高いほど、CPUの処理速度が速いことを表します。ゲームを楽しみたいなら、1.8GHz以上かヘキサコア(6コア)以上のCPUのタブレットを選んだ方がいいでしょう。

    メモリから選ぶ

    プログラムを一時的に記録するメモリは机に例えられることがありますが、メモリの数値が低いと作業が遅くなってしまいます。2㎇以上の8インチタブレットなら快適といわれますが、ゲームをするつもりなら4GB以上のメモリがあった方がいいでしょう。

    ストレージから選ぶ

    タブレット本体に記録できるデータの容量を表すストレージもチェックするのを忘れてはいけません。マイクロSDカードなどにデータを記録することもできますが、データを保存する機会が多いなら、本体のストレージ容量が高い方がいいでしょう

     

    8から64GBくらいの容量のものが多く、ストレージ要領には結構幅があります。64GB以上あれば映像データや音声を本体に記録しても、快適に使用することができるでしょう。

    画面解像度から選ぶ

    8インチタブレットの画面の解像度はWXGA(1280×720)・WUXGA(1920×1200ドット)・QXGA(2048×1536ドット)・WQXGA(2560x1600ドット)などに分けられています。数字が高いほど、解像度が高く画面が鮮明になります。

     

    8インチタブレットは画面が小さいので、解像度は高くなくてもそこまで困ることはありません。ただ、ゲームや動画をしっかり頼みたい人は、解像度が高いものを選んだ方がいいでしょう。

    付加機能で選ぶ

    8インチタブレットには防水性などの付加機能がついているものもあります。8インチタブレットの付加機能を解説します。便利な付加機能がついた8インチタブレットも選択肢に入れておきましょう。

    防水性で選ぶ

    8インチタブレットは持ち運ぶことが前提です。水のある場所に持ち出す場合は防水性のあるものの方が安心できます。防水性の高さはIPXのXの後ろに来る数字の高さで表します

     

    IPX4のものなら雨で水に濡れるくらいなら問題ありませんが、水没が心配ならIPX8の完全防水の物が安心です。

    通話機能で選ぶ

    8インチタブレットには携帯電話のように音声通話が可能な機種もあります。通話用のSIMカードを契約して、差し込むことで電話のように利用できます。ただの電話としてではなく、テレビ電話として使用できるので便利です。

    8インチタブレットのおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5064291の画像

      HUAWEI(ファーウェイ)

    • 2
      アイテムID:5064300の画像

      HUAWEI(ファーウェイ)

    • 3
      アイテムID:5064344の画像

      Apple(アップル)

    • 4
      アイテムID:5064398の画像

      ソニー(SONY)

    • 5
      アイテムID:5064378の画像

      Lenovo

    • 6
      アイテムID:5064414の画像

      エイスース

    • 7
      アイテムID:5064425の画像

      Amazon

    • 8
      アイテムID:5064494の画像

      Teclast

    • 9
      アイテムID:5064436の画像

      エイスース

    • 10
      アイテムID:5064482の画像

      KEIAN

    • 11
      アイテムID:5064453の画像

      NEC

    • 12
      アイテムID:5064463の画像

      マウスコンピューター

    • 13
      アイテムID:5064476の画像

      BLUEDOT

    • 14
      アイテムID:5064447の画像

      Teclast

    • 15
      アイテムID:5064434の画像

      Shenzhen Wave

    • 商品名
    • MediaPad M5 Lite Touch タブレット
    • MediaPad M3 LTE
    • iPad mini 64GB
    • Xperia Z3 Tablet Compact SGP612
    • TAB4 8 Plus 8.0型 LTEモデル ZA2F0157JP
    • ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル Z581KL-BK32S4
    • Fire HD 8 タブレット
    • T8 タブレット MT8176
    • ZenPad 8.0 Z380M-BK16
    • KEIAN WIZ KI8-BK
    • LAVIE Tab E PC-TE508HAW
    • タブレット WN803
    • タブレット BNT-801W
    • Teclast P80 Pro タブレット
    • YUNTAB Androidタブレット
    • 特徴
    • 高機能でコスパの良い8インチタブレット
    • 映像も音声も優れたタブレット
    • アップルユーザにおすすめのタブレット
    • ハイクオリティなソニー製8インチタブレット
    • 家族で共有可能な高品質タブレット
    • 最高水準の画質の8インチタブレット
    • Amazonのコンテンツが楽しめる8インチタブレット
    • ゲーム用として使えるコスパの良い8インチタブレット
    • 解像度以上に美しい液晶が搭載された8インチタブレット
    • Windows搭載の8インチタブレット
    • 初心でも安心のサポートが充実
    • micro SDXCカード対応の8インチタブレット
    • 格安MicroHDMI対応8インチタブレット
    • コスパに優れたエンターテインメント用の8インチタブレット
    • 格安のLTE対応8インチタブレット
    • 価格
    • 22688円(税込)
    • 41800円(税込)
    • 47466円(税込)
    • 71800円(税込)
    • 32930円(税込)
    • 54800円(税込)
    • 8980円(税込)
    • 23850円(税込)
    • 29700円(税込)
    • 13980円(税込)
    • 17800円(税込)
    • 23492円(税込)
    • 12480円(税込)
    • 14000円(税込)
    • 10999円(税込)
    • OS
    • Android
    • Andoroid
    • iOS
    • Android
    • Andoroid
    • Android
    • Fire OS
    • Android
    • Android
    • Windows
    • Android
    • Windows
    • Android
    • android
    • Android
    • 通信方式
    • Wi-Fi専用・LTE
    • Wi-Fi専用・LTE
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用・LTE
    • LTE
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • Wi-Fi専用
    • LTE
    • CPU速度
    • 2.2GHz
    • 2.3GHz
    • 2.49GHz
    • 2.5GHz
    • 2GHz
    • 1.8GHz
    • 1.3GHz(4コア)
    • 2.1GHz
    • 1.3GHz
    • 1.44GHz
    • 1.4GHz
    • 1.44GHz
    • 1.3GHz
    • 1.5GHz
    • 1.3GHz
    • メモリ
    • 3GB
    • 4GB
    • 3GB
    • 3GB
    • 4GB
    • 4GB
    • 1.5GB
    • 4GB
    • 2GB
    • 2GB
    • 2GB
    • 2GB
    • 2GB
    • 3GB
    • 2GB
    • ストレージ
    • 32GB
    • 32GB
    • 64GB
    • 32GB
    • 64
    • 32GB
    • 16GB
    • 64GB
    • 16GB
    • 32GB
    • 16GB
    • 32GB
    • 16GB
    • 32GB
    • 16GB
    • 解像度
    • 1920×1200
    • 2560x1600
    • 2048x1536
    • 1920×1200
    • 1920x1200
    • 2048×1536
    • 1280 × 800
    • 2560×1600
    • 1280x800
    • 1280×800
    • 1280×800
    • 1280×800
    • 1280×800
    • 1920 x 1200
    • 1280x800

    まとめ

    8インチタブレットはさまざまなメーカーから販売されており、幅広い機能を持った機種が作られています。価格もかなり幅広いです。用途や機能、スペックを検討して自分に合った8インチタブレットを選びましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ