ベッドマットの人気おすすめランキング15選【腰痛持ちの方にも!】

記事ID11137のサムネイル画像

ベッドフレームや床の上に置くことで、睡眠中の身体をしっかりと支えてくれるベッドマットレス。かたさはもちろん、ウレタンを使用したものやコイルを使ったものなど、その種類は実に様々です。今回は、そんなベッドマットレスの選び方と人気おすすめランキングをご紹介します。

人生の3分の1を過ごすベッドマットレス

実は、人生の3分の1は睡眠時間といわれています。それほどの時間を過ごす寝具、ベッドマットレスは、やはり自分に合った、快適なものを選びたいですよね。

 

しかし、一口にベッドマットレスといっても、本当に数多くの種類が販売されています。「ベッドマットレスを購入したいが、どれを買えばいいのかわからない。」といった方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、かたさやメーカーなど、さまざまな観点からおすすめのベッドマットレスをランキング形式で紹介します。どのベッドマットレスを買おうか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ベッドマットレスの選び方

ベッドマットレスは様々な種類のものが販売されているため、ただ人気商品を選ぶだけでは、快適に眠ることができない恐れがあります。ここからは、購入の際にチェックすべきポイントをご紹介していきます。

素材・構造で選ぶ

ベッドマットレスは、使用されている素材、構造によって、横になった時の感覚が大きく異なります。ここでは、代表的な6種類の特徴をそれぞれご紹介します。

腰痛持ちなら「高反発ウレタン」

適度に弾力のある高反発ウレタンを使用したベッドマットレスは、自然な姿勢で眠ることができるタイプです。最も体重のかかる腰回りが沈み込み過ぎないため寝返りも打ちやすく、不自然な姿勢になることがありません。

 

かための寝具を好む人にはもちろん、体重のある方や腰痛にお悩みの方にとっても負担が軽減される、おすすめのベッドマットレスとなっています。

 

ちなみに、商品にもよりますが、こちらのタイプは使っていくうちに交換が必要です。購入した時よりも反発力が無くなったと感じたら交換の目安なので、日頃から寝心地を意識するといいでしょう。

適度な沈み込みの「低反発ウレタン」

低反発ウレタンが使用されたベッドマットレスは、寝具に柔らかさを求める方や、硬いものでは眠れないという方におすすめです。身体を押し返す力が控えめで、特に体重のかかる腰回りや頭などは深く、ふくらはぎや腕などの軽い部分は沈みが浅いという特性があります。

 

体重が重いと沈み過ぎてしまう素材のため、女性やお子様など、体重が軽い方におすすめのタイプとなっています。

緩やかにフィットする「ボンネルコイル」

ボンネルコイルを使用したベッドマットレスは、コイルを上下左右に連結した構造で、力が加わると全体がゆったりと沈み込む作りをしています。身体を面で支えるため、緩やかにフィットするのが特徴で、適度な硬さと沈み込み感を好む方におすすめのタイプです。

 

身体の負担を分散するため一点に負荷がかかりにくく、理想の寝姿勢を保ちやすいというのも嬉しいポイントです。価格も手ごろで耐久性も高いため、初めてマットレスを使用する方にも向いているタイプとなっています。

 

ただし、身体を面で支えるという特徴から、寝相の悪い人は逆に疲れてしまうというデメリットがあるため、注意が必要です。

身体に負担のかかりにくい「ポケットコイル」

ポケットコイルのベッドマットレスは、身体を点で支えるところが特徴です。コイルは独立型のため、腰や頭などの重い場所だけがピンポイントで沈み込み、身体に負担がかからない構造となっています。


つまり、身体のラインに沿って沈み込むため、包み込まれるようなフィット感を得たい方には非常におすすめのタイプとなっています。リラックスした自然な状態で眠ることができるのも嬉しいポイントです。


コイルが個々で独立しているため、寝返りを打った時の振動も伝わりにくく、2人で使用する場合にもおすすめです。ただし、ボンネルコイルのものと比べると価格帯は高い傾向にあります。また、やや通気性も劣るため、できるだけ軽くて干しやすいものがおすすめです。

弾力性のある「ラテックス」

ラテックスは、天然ゴムを成形して作られている素材です。高い弾力性が特徴で、適度に体が沈み込み、体の重みに応じたサポートをしてくれるベッドマットレスとなっています。抗菌でダニが繁殖しづらいというのも嬉しいポイントです。

 

かたさは低反発と高反発のちょうど中間くらいで、寝返りもしやすく快適な寝心地となっています。価格も手ごろで、大衆向けのベッドマットレスといえるでしょう。


ただしゴムでできているため、通気性がよくないというデメリットがあります。夏場などは特に湿気がたまりやすく、ムレを感じることが多いかもしれません。ゴム素材のため、天日干しができない点や、ゴムアレルギーの人は使用できないという点にも注意が必要です。

かたさで選ぶ

自分に合ったマットレスを選ぶうえで、かたさを考えることも重要です。主に、寝る時の姿勢によって、適したかたさが異なります。

仰向き寝なら「硬め」

仰向き寝の方には、硬めのベッドマットレスがおすすめです。仰向き寝はベッドマットレスに対して体のラインが平坦になりやすく、沈み込む必要性が薄いためです。

 

また、睡眠時は寝返りを打ちますが、寝返りの時はすべて仰向きの姿勢を通るため、仰向きで寝ている時間が必然的に多くなります。ちなみに、日本人は仰向き寝が多いとも言われています。

横向き寝なら「柔らかめ」

横向き寝の方には、柔らかめのベッドマットレスがおすすめです。横向き寝の場合、肩や腰が深く沈み込む必要があり、柔らかい方が負担がかからないためです。

 

また、欧米人は横向き寝が多いため、欧米向けのベッドマットレスは全体的に柔らかめで作られている傾向があります。

持ち運べるものを選ぶ

ベッドマットレスのデメリットの一つに、模様替えや引越しの際に手間が掛かることがあげられます。大型なものでは、一人での持ち運びはとても難しいです。

 

そのため折りたたみができ、一人でも簡単に持ち運べるかどうかというのも、ベッドマットレスを選ぶ際には重要なポイントです。

寝心地のいいものを選ぶ

寝心地の良さをチェックする際は、睡眠中の姿勢で最も多い、仰向けで寝た時の姿勢をチェックするのがポイントです。まずは、仰向けでの寝姿勢が心地良いと感じるものを選びましょう。

 

具体的には、仰向けで寝た状態で腰とマットとの間にできる空間が2〜3cm程度となるS字が理想です。立っている時よりも体が少し伸びたような姿勢になります。

 

背中や腰が沈み込みすぎないかどうか、ベッドマットレスが体に密着しすぎないか、体に余計な力が入っていないかなどを確認しましょう。横向きで寝ることが多い方は、横向きでの寝心地もしっかりと確認しておきましょう。

寝返りがしやすいものを選ぶ

寝返りのしやすさも、ベッドマットレスを選ぶにあたっては非常に重要なポイントです。睡眠中にスムーズに寝返りができないと、血流が悪くなったり、体温調節がうまくできなくなってしまうためです。

 

実際にベッドマットレスの上で動いてみて、寝返りをする際に余計な筋力を使わずにスムーズにできるかどうかを確認しておきましょう。

通気性のいいもの・干しやすいものを選ぶ

日本は湿気が多いため、ベッドマットレスが劣化しやすい環境です。通気性のよくない素材は湿気がこもり、カビが発生することもあります。少しでも長く快適に使い続けられるよう、通気性や干しやすさも確認しておきましょう。


商品にもよりますが、ボンネルコイルや高密度スプリングを使用したベッドマットレスは、重くて干しづらい代わりに、コイルの隙間を空気が通りやすく、通気性に優れているといわれています。
 
逆に、ポケットコイルやノンスプリングを使用したものは、一般的に通気性は優れていないといわれています。その代わり移動させやすく、干したり裏返して湿気を逃がしやすい商品もあるため、しっかりと確認しておきましょう。

不快なゆれ・きしみ音がないものを選ぶ

不快なゆれがないかどうかも、ベッドマットレス選びでは非常に重要です。横揺れがひどいと、睡眠が妨げられてしまう恐れがあります。特に、2人で同じベッドで休むという方は、相手が寝返りを打つたびに揺れが起きてしまうので、注意が必要です。

 

また、きしみ音がしないかどうかも重要です。睡眠は毎日のことのため、きしみ音が気になるようでは、積もり積もってストレスとなってしまいます。何度か寝返りを打つなどして、きしみ音の有無もしっかりと確認しておきましょう。

サイズで選ぶ

基本的なことかもしれませんが、ベッドマットレスを選ぶうえでは、サイズも重要なポイントです。目安としては、身体の幅よりも30cm以上大きなサイズを選ぶといいとされています。これより小さいサイズだと、寝返りをうつ際に落ちてしまう恐れがあるためです。


寝返りでベッドから落ちてしまうと、睡眠時にストレスとなり、深い眠りを取ることができなくなってしまいます。ゆとりをもったサイズ選びをするといいでしょう。

 

そのため、二人でベッドを使用する際は、二人の体幅よりも60cm以上大きなサイズを選ぶと安心です。

予算に合ったものを選ぶ

ベッドマットレスは、高級なものからリーズナブルなものまで、価格帯が非常に広いです。
高価なベッドマットレスは高性能で高品質なものが多いですが、あまりにも高価な場合、購入のハードルが高くなってしまいます。


逆に、安さにこだわったベッドマットレスも存在しますが、毎日使用するもののため、
安さのあまり粗悪なものを使用することもおすすめはできません。


もちろん、リーズナブルでも質の良いベッドマットレスは存在するため、性能などをよく確認しながら、自分の予算に合ったものを購入するのがベストといえるでしょう。

メーカーで選ぶ

どのベッドマットレスを買えばいいか迷ってしまう方は、メーカーで選ぶというのも一つの方法です。さまざまなメーカーがベッドマットレスを販売しているので、その特徴を見ていきましょう。

日本人の体系に合った「モットン」

モットンは、日本人の体系を研究し、素材の特性を活かした日本人向けのベッドマットレスを作り出したメーカーです。

 

素材は、アメリカの航空宇宙局「NASA」が開発した形状記憶ウレタンフォームである高反発ウレタンを採用しています。人の体温や体圧によって変化し、最もベストな状態で体圧を分散することが可能です。

 

また、モットンのベッドマットレスは、3種類の硬さの中から選ぶことが可能です。使用後に硬さが合わない場合は交換ができる点も、嬉しいポイントです。

家具総合メーカーの「ニトリ」

ニトリは、1967年に地方の家具店から始まり、現在では400店舗を構える、日本で最大手の家具小売店メーカーです。ニトリのベッドマットレスは、価格以上の機能に定評があり、とても人気があります。

 

特に、ニトリの理想の眠りを追求したオリジナルブランドの「Nスリープシリーズ」は、ポケットコイルが二層になった贅沢構造でありながら、価格がそれほど高くなく、非常におすすめのベッドマットレスとなっています。

高密度連続スプリングの「フランスベッド」

フランスベッドは、日本人に好まれる寝心地や、日本独特の住居環境に合った商品開発をしている日本企業です。国内において、資本力と商品ラインナップが最も豊富なメーカーといわれています。

 

最大の特徴は、日本で唯一「高密度連続スプリング」を製造・販売できるライセンスを持っていることです。高密度連続スプリングは、耐久性が非常に高く、体格が大きい人からは特に支持されています。

腰痛持ち向けのベッドマットレス人気おすすめランキング3選

3位

DEKINMAX

シングル 高反発 ベットマット

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新開発高反発素材を採用

やや硬めの新開発高反発素材を採用したベッドマットレスです。高反発のため、腰や背中に集中しがちな圧力が全身に分散され、体の曲線に合わせてフィットするため、理想的な寝姿勢をキープすることができ、腰痛改善にもつながるベッドマットレスとなっています。

サイズ厚さ4cm×幅100cm×長さ200cm重量約4kg

口コミを紹介

低反発マットはゆっくり沈み込む様なイメージですが、高反発って何だろうという感じで、手頃な値段のこちらのマットレスを購入しました。寝心地ですが凄く良いです。体重のかかる部分だけ沈みますが、その分ウレタンの心地よい反発力があって、体が変に曲がらず心地よい。初めての体験でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

TOKYO BEST SLEEP CENTER

マットレス トッパー シングル

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高反発ウレタンと低反発ウレタンの二重構造

高反発ウレタンと低反発ウレタンの二重構造をしているベッドマットレスです。双方の良さが取り入れられることにより、程良い弾力性と復元力で体圧が効果的に分散されます。睡眠時の肩や腰、寝返り等の負担が軽減されるため、腰痛持ちの方にもおすすめです。

サイズ幅97cm×奥行195cm×高さ3cm重量約3.0kg

口コミを紹介

二層式のマットレスがしっかりと体重を受け止めてくれる感じがすごくいい!!!マットレス敷いただけなのに…なんで?って思うくらい不思議でした。疲れて帰ってきた日は、横になると直ぐに寝てしまうぐらい気持ちいいです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Mahomato

マットレス シングル 高反発

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100%の24D高反発ウレタンフォーム

100%の24D高反発ウレタンフォームを採用しているベッドマットレスです。高反発のため体圧が均一に分散されるほか、押し上げる力もあるため、負担がかかりやすい腰回りも持ち上げてくれ、過度な沈み込みのない寝姿勢を作り出してくれます。

サイズ幅100cm×長さ200cm×高さ3cm重量約3.0kg

口コミを紹介

今回、こちらのマットレスを購入したきっかけが、以前から腰痛で悩んでいたので、体全体を支えてくれる布団かマットレスを探してました。点で押すと反発はないんじゃ無いかな?って思いましたが、体全体で寝転んでみると、しっかり支えてくれて寝心地も良く、深く眠れるようになりました!寝起きも腰の痛みも薄らいだ様に感じます!

出典:https://www.amazon.co.jp

腰痛持ち向けのベッドマットレスおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5604246の画像

    Mahomato

  • 2
    アイテムID:5604231の画像

    TOKYO BEST SLEEP CENTER

  • 3
    アイテムID:5604151の画像

    DEKINMAX

  • 商品名
  • マットレス シングル 高反発
  • マットレス トッパー シングル
  • シングル 高反発 ベットマット
  • 特徴
  • 100%の24D高反発ウレタンフォーム
  • 高反発ウレタンと低反発ウレタンの二重構造
  • 新開発高反発素材を採用
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 5280円(税込)
  • サイズ
  • 幅100cm×長さ200cm×高さ3cm
  • 幅97cm×奥行195cm×高さ3cm
  • 厚さ4cm×幅100cm×長さ200cm
  • 重量
  • 約3.0kg
  • 約3.0kg
  • 約4kg

ポケットコイルのベッドマットレス人気おすすめランキング3選

3位

Vesgantti

ポケットコイルマットレスシングル

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CertiPUR-US認証

インナーの材質、エミッションコンポーネント、耐久性が厳密に検査された、CertiPUR-US認証のベッドマットレスです。ポケットコイルのため体圧分散に優れ、身体の部位に合った支え方により、過度な負担を軽くするベッドマットレスとなっています。

サイズ幅97cmx奥行195cmx厚み25cm重量約22kg

口コミを紹介

寝具をグレードアップさせようと購入させていただきました。もともと薄いマットレスを使っていたのですが、これはホテルのベッドみたいな弾力でぐっすり眠れるようになりました。朝起きてすぐの疲れの取れ方が全然違うと感じました。昼前眠くなることがあったのですが、これで寝始めてからそれがなくなり、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Inofia

ポケットコイル マットレス セミダブル

価格:20,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

並行配列を採用

安定性と体圧分散性に優れた並行配列を採用したポケットコイルのベッドマットレスです。コイル同士の隙間が適度に広くなることで空気の流れがスムーズになるため、通気性も良いです。スプリングが一つ一つ独立しているため、 横揺れも抑えられています。

サイズ幅140cm×奥行195cm×高さ25cm重量32 Kg

口コミを紹介

硬さがちょっといいと思います。80㎏の自分が寝てみたところそんなに沈まず快適でした。
寝返り時のきしみ音も無く、肌触り良く。よく眠れることができる。価格に対して品質が高い。とても良い買い物と思っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

GOKUMIN

マットレス ポケットコイル

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心安全の日本メーカー

常に商品を改良し、購入後8年のメーカー保証もついている、日本企業GOKUMINのベッドマットレスです。通常よりも太いコイルを使用しているため、長く使用することが可能です。表面には抗菌・防臭ニット生地が採用されているため、衛生面においても優秀です。

サイズ幅約97cm×奥行約195cm×高さ約20cm重量約20kg

口コミを紹介

寝た瞬間にコイルが体に沿って沈んでいるのがわかり、包み込まれている感じです。肩に痛みがあるので、以前の物は横向きに寝れず、寝返りを打つのが痛かったのですが、このマットレスに変えて寝返りもしやすく、肩への負担が少なくて、途中で起きる事がなくなり朝までぐっすり寝られた事が1番嬉しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ポケットコイルのベッドマットレスおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5606377の画像

    GOKUMIN

  • 2
    アイテムID:5606279の画像

    Inofia

  • 3
    アイテムID:5604264の画像

    Vesgantti

  • 商品名
  • マットレス ポケットコイル
  • ポケットコイル マットレス セミダブル
  • ポケットコイルマットレスシングル
  • 特徴
  • 安心安全の日本メーカー
  • 並行配列を採用
  • CertiPUR-US認証
  • 価格
  • 15800円(税込)
  • 20999円(税込)
  • 14800円(税込)
  • サイズ
  • 幅約97cm×奥行約195cm×高さ約20cm
  • 幅140cm×奥行195cm×高さ25cm
  • 幅97cmx奥行195cmx厚み25cm
  • 重量
  • 約20kg
  • 32 Kg
  • 約22kg

折りたたみのできるベッドマットレス人気おすすめランキング3選

3位

エアウィーヴ(airweave)

スマート 025 高反発 マットレスパッド シングル

価格:27,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衛生的な折りたたみベッドマットレス

薄型で折りたたみやすく、収納も簡単なベッドマットレスです。通気性も抜群で、夏や涼しく、冬は暖かい、使い勝手のいい製品となっています。カバーはもちろん、中のエアファイバーも洗うことができるため、衛生面でも優秀です。

サイズ幅 約100×長さ 約195×厚さ 約3.5cm重量約4kg

口コミを紹介

初めてマットレスを買いましたが、大満足です。すんなり寝付けますし、寝起きもバッチリです。安物を買うより断然こちらをオススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Magniflex(マニフレックス)

三つ折り マットレス 高反発

価格:34,485円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこでも使える折りたたみベッドマットレス

マニフレックス独自開発の高反発フォーム「エリオセル」を使用した折りたたみのベッドマットレスです。取っ手が付いているため、持ち運びがしやすいことも嬉しいポイント。厚みが11cmあるため、ベッドはもちろん、畳やフローリングでも底つき感なく使用できます。

サイズ約W97×D198×H11cm重量約7kg

口コミを紹介

当方体重が約78kgあり、本商品購入以前に利用のマットレスでは、腰部が床面へ底つきを起こしてしまう状態でした。本商品への変更後は体の床面への底つきは全くなく、マット自体のややハードな反発力と厚みのおかげで快眠できています。三つ折りに出来るため収納等も捗ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タンスのゲン

三折 純 高反発マットレス シングル

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな3つ折りタイプ

コンパクトな3つ折りタイプのベッドマットレスです。立てかけることで、用意に湿気を飛ばすことができます。高反発のオリジナルウレタンフォームを使用しているため、クッション性と復元性も優秀で、理想の寝姿勢を保つことが可能です。

サイズ幅97x長さ195x厚み10cm重量5.83kg

口コミを紹介

快適です。やっぱり敷布団だけでは腰が痛くて、毎朝しんど買ったんですが、このマットレスを買って使ってからすごく楽になりました!折れるので収納も掃除も楽なので、三つ折りタイプがオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

折りたたみのできるベッドマットレスおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5607072の画像

    タンスのゲン

  • 2
    アイテムID:5606594の画像

    Magniflex(マニフレックス)

  • 3
    アイテムID:5606553の画像

    エアウィーヴ(airweave)

  • 商品名
  • 三折 純 高反発マットレス シングル
  • 三つ折り マットレス 高反発
  • スマート 025 高反発 マットレスパッド シングル
  • 特徴
  • コンパクトな3つ折りタイプ
  • どこでも使える折りたたみベッドマットレス
  • 衛生的な折りたたみベッドマットレス
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 34485円(税込)
  • 27500円(税込)
  • サイズ
  • 幅97x長さ195x厚み10cm
  • 約W97×D198×H11cm
  • 幅 約100×長さ 約195×厚さ 約3.5cm
  • 重量
  • 5.83kg
  • 約7kg
  • 約4kg

安いベッドマットレスの人気おすすめランキング3選

3位

インズコーポレーション

日本製 3ツ折り マットレス

価格:2,783円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの安さ

どんなに安いベッドマットレスでも、価格帯の平均は5000円前後であるのに対し、こちらのベッドマットレスは圧倒的な安さをほこります。海外製ウレタンよりも臭いも少なく、耐久力に優れた日本製ウレタンを使用しているのも嬉しいポイントです。

サイズ横幅97cm×長さ200cm×厚さ4cm重量約1.7Kg

口コミを紹介

腰痛持ちなのですが、硬さもちょうどよく、熟睡できるようになりました。コンパクトに折り畳めるので片付けるのも楽です。コスパ考えても買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

HOMEIN CO.,LTD

高反発 ベッドマット

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安いながらも高品質

国際基準ISO9001認定済みの工場が生産したベッドマットレスです。使用されている繊維素材も、世界トップレベルの厳しい基準OEKO-TEXスタンダード100を取得済みで、人体に有害な物質を含まないため、お子様用としても安心です。

サイズ幅100cm×奥行200cm×高さ4cm重量4.22kg

口コミを紹介

初めての高反発マットレスでしたが、今までよりも寝付きが良くて驚きました。床の上に敷いても全く問題なかったです。来客用のマットレスにしようと思っていましたが、あまりに使用感が良かったのでメインにしようと思います。笑

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

HOKEKI

マットレス 高反発 シングル

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質のパイル生地を使用

低価格でありながら、身体に負担の少ない高反発ウレタンフォームを100%使用したベッドマットレスです。また、高品質のパイル生地が使用されているため、肌ざわりが良いことも嬉しいポイントです。

サイズ幅100cm×奥行200cm×高さ3cm重量約3.0kg

口コミを紹介

【新世代高反発マットレス・極上の寝心地】と書いてある通り、とても寝心地よかったです。他社のマットレスを使用したときに腰が痛くなり目が覚めたことがありましたがこちらはそれがなかったです。体の疲れが取れるとのとこなので今後も継続して使ってみたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

安いベッドマットレスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5607213の画像

    HOKEKI

  • 2
    アイテムID:5607193の画像

    HOMEIN CO.,LTD

  • 3
    アイテムID:5607146の画像

    インズコーポレーション

  • 商品名
  • マットレス 高反発 シングル
  • 高反発 ベッドマット
  • 日本製 3ツ折り マットレス
  • 特徴
  • 高品質のパイル生地を使用
  • 安いながらも高品質
  • 驚きの安さ
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 2783円(税込)
  • サイズ
  • 幅100cm×奥行200cm×高さ3cm
  • 幅100cm×奥行200cm×高さ4cm
  • 横幅97cm×長さ200cm×厚さ4cm
  • 重量
  • 約3.0kg
  • 4.22kg
  • 約1.7Kg

フランスベッドのベッドマットレス人気おすすめランキング3選

3位

フランスベッド

マルチラススプリングマットレス シングル

価格:32,592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衛生と環境負荷に配慮したベッドマットレス

材料に、抗菌・防臭加工が施されているほか、遊離ホルムアルデヒド溶出量の基準を満たすなど、衛生と環境負荷に配慮したベッドマットレスです。また、人間工学に基づいたマルチラススプリングを採用しているため、身体への負荷が少ない点も嬉しいポイントです。

サイズW97×D195×H16cm重量17kg

口コミを紹介

体重95kgの私の感想、表面のフェルト部分2cmほど沈むがその奥のシッカリとした層に達すると面で体重を分散して支えてくれてるようだ。石の板/厚い木の板の上に2枚の毛布を敷いてその上に寝そべっているよう。感触は優しいが奥はシッカリとかたい。板の下のバネの強さも感じられる。硬さを求めている人にはとても良い商品。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

フランスベッド

マットレス ホワイト シングル ZT-030

価格:44,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いスプリング性能

“しなやか弾性"にこだわった新開発の「ゼルト」スプリングを使用したベッドマットレスです。世界初のDET加工により、高いスプリング性能をほこります。連続スプリングへ電気トリートメントを施すことで、しなやかでコシのあるスプリング性能が実現されています。

サイズ幅97x長さ195x厚さ22cm重量15kg

口コミを紹介

他社のちょっと安めのポケットコイルベッドを1年使ってみて思ったのは、やっぱりフランスベッドが良いです。通気性も良いですし、ベッドの端もしっかりしてます。寝返りもしやすい。本当は、これよりもっともっと固いマットレスにしようと思いましたが、こちらでも大正解でした。また、マットレスを買い換えるときにはフランスベッドでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

フランスベッド

マットレス ホワイト シングル

価格:69,642円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高衛生ベッドマットレス

銀イオンでキレイが続く、除菌機能糸「アグリーザ」の生地と、通気性にすぐれた「高密度連続スプリング」の組み合わせによって生まれた、高衛生ベッドマットレスです。 本格的なスプリングマットレスでありながら簡単に折りたためる点も嬉しいポイントです。

サイズ195 x 97 x 12 cm重量14 Kg

口コミを紹介

切れ目がないマットレスで、腰のスプリングがシッカリしていて、部分的に体が落ち込まず、寝心地に違和感がなく、快適睡眠です。銀除菌で清潔で、臭いも発生しないです。折り畳みバンドで固定して押入れに保管しても良いし、伸ばした状態で壁に立てかけてもイイです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フランスベッドのベッドマットレスおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5607273の画像

    フランスベッド

  • 2
    アイテムID:5607263の画像

    フランスベッド

  • 3
    アイテムID:5607258の画像

    フランスベッド

  • 商品名
  • マットレス ホワイト シングル
  • マットレス ホワイト シングル ZT-030
  • マルチラススプリングマットレス シングル
  • 特徴
  • 高衛生ベッドマットレス
  • 高いスプリング性能
  • 衛生と環境負荷に配慮したベッドマットレス
  • 価格
  • 69642円(税込)
  • 44800円(税込)
  • 32592円(税込)
  • サイズ
  • 195 x 97 x 12 cm
  • 幅97x長さ195x厚さ22cm
  • W97×D195×H16cm
  • 重量
  • 14 Kg
  • 15kg
  • 17kg

ベッドマットレスの掃除方法

ベッドマットレスを清潔に保つためには、自宅で定期的に掃除することが重要です。

基本は掃除機を使用

ベッドマットレスを掃除する時は、基本的には掃除機を使用し、ほこりや髪の毛、ダニの死骸、フン、卵などを吸い取ります。使用する掃除機は、通常の家庭用掃除機で問題ありません。

 

掃除機をかけるときは窓を開けて換気をし、吸引力設定を「強」にして、表だけではなく、裏、側面も時間をかけてゆっくり吸い込みましょう。髪の毛がつきやすい枕元は、特に念入りに掃除することがポイントです。

 

掃除機をかける時間が無い場合は、コロコロなどの粘着テープの使用もおすすめです。ほこりや髪の毛をこまめに取り除くようにしましょう。

湿気を逃がす

ベッドマットレスは、湿気によってカビが繁殖する恐れがあります。カビ対策には、湿気を逃がすことがポイントです。

 

湿気を逃がすためには、ベッドマットレスを上下・表裏と向きを変えて使います。ベッドマットレスの向きを変えるだけで、湿気がこもるのを防ぐことができるのです。3カ月に1回程度を目安に実践するといいでしょう。

 

ベッドマットレスが重い場合は、寝室の風通しをよくして、湿気対策を行いましょう。湿気が最もたまりやすいのはマットレスの下のため、四隅を本などで持ち上げておくだけでも効果的です。

まとめ

ベッドマットレスのおすすめ人気ランキング15選をご紹介いたしました。ベッドマットレスは、それぞれの特徴を理解し、自身の好みや体系に合ったものを選ぶことがポイントです。最適なベッドマットレスを選び、快適な睡眠を手に入れましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ