ソフトクーラーボックス人気おすすめランキング15選【おしゃれなものも紹介】

記事ID10752のサムネイル画像

ソフトクーラーボックスはキャンプやBBQ、買い物などにも活躍します。普通のクーラーボックスとの違いや、保冷力、持ち運びの便利さ、容量など気になることがありますよね。今回は、選び方のコツを解説し、容量や保冷力を基準におすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

アウトドアや買い物にも活躍のソフトクーラーボックス

まず、ハードクーラーボックスと比べた時のソフトクーラーボックスの特徴は「保冷力は劣る」・「軽量」・「コンパクトに収納」の3つです。日常生活の買い物に使ったり、アウトドアで使う、またハードクーラーボックスのサブとしても活躍できます。

 

保冷力でソフトクーラーボックスは劣ると言っても、十分な保冷力を持ったソフトクーラーボックスはあります。使わないときにはコンパクトに折りたためるので1つは持っていて常に車に常備しておいてもいいものであります。

 

そんな、ソフトクーラーボックスですが実際の保冷力は使ってみないと分からなかったり、どういったものが使いやすいかも分からないと思います。ですので、今回はソフトクーラーボックスの選び方とおすすめの商品をご紹介しますね。

ソフトクーラーボックスの選び方

ソフトクーラーボックスは利用シーンや保冷時間に注目して選んでいきましょう。これから、具体的な選び方をご紹介します

使用時間・日数で選ぶ

使用時間や使用時期によって求める保冷力は変わってきます。そういった、使用シーンに合わせて適切なソフトクーラーボックスを選びましょう。

12時間以上の使用や真夏の使用場合

キャンプで1泊する場合や夏のBBQ等ではできるだけ保冷力のあるソフトクーラーボックスを選びましょう。また、ドリンクをメインで入れるか、肉などの食材をメインに入れるかもある程度考えておきましょう。肉などの生ものですとやはり保冷力は重要となってきます。

 

ソフトクーラーボックス自身と保冷剤を組み合わせることでさら保冷力を上げることができます。上の写真のソフトクーラーボックスは保冷力が非常に高いものです。価格も高くなってきますが、食材を傷めないためにもそういった商品を選びましょう。

気温が25度以下で数時間程度の使用

気温も夏ほど高くなく数時間程度の使用であれば保冷力はそこまで気にしなくてもいいです。一般的なソフトクーラーボックスであれば十分保冷はしてくれるでしょう。

 

保冷力を気にしない分、軽量なものや収納時にコンパクトになるものを選ぶのを心掛けましょう。上の写真のようなリュックタイプのソフトクーラーボックスもありますのでチェックしてみてください。

 

容量で選ぶ

ソフトクーラーボックスの容量は主に15L・30L・50Lあります。それぞれ、2Lペットボトルであれば、4本・6本・16本程度入るので目安にしてください。ソフトクーラーボックスではできるだけ隙間を少なくすることで保冷力を上げることができるので適切なサイズを選びましょう。

少人数のキャンプやハードクーラーボックスのサブの場合

ソロキャンプや2~3人程度のキャンプやハードクーラーボックスのサブとして使用する場合のソフトクーラーボックスの容量は15Lが適切であります。2Lペットボトルを1~2本と残りの隙間に肉などの生ものを入れるとちょうど埋まる具合になります。

 

心配であれば30Lのものを用意して、隙間があれば後は保冷剤や飲み物などで敷き詰めていもいいので30Lも選択肢として入れるといいです。

4人以上のキャンプの場合

4人以上であれば30L以上のものを選びましょう。また、家族でキャンプといった場合では車に荷物も人も多く乗るため、積載スペースが限られると思います。ハードクーラーボックスに合わせて15~30L程度のソフトクーラーボックスを折りたたんで持っていき現地でだけ使用するのも1つの手です。

 

また、日常生活で使用の場合は持ち運びを考えてもできるだけ1つに荷物を抑えたいと思います。ですので、できるだけ容量のある30L以上を選ぶのがいいでしょう。ちなみに上の写真は35Lのもので2Lのペットボトルですと12本入るくらいの大きさです。

形やデザインで選ぶ

形やデザインもソフトクーラーボックス選びでは重要です。どういったシーンで使うか、などに注目しながら説明します。

アウトドアで使うのなら背負えるタイプ

キャンプやBBQで使う場合ですと荷物も多く、また駐車場からキャンプサイトまで距離があったりすると思います。そういった場合ですとできるだけ持ち運びしやすいものを選びたいですね。ですので、肩掛けタイプやリュックのように背負えるタイプが持ち運びでは便利になります。

 

また、キャリーに乗せたり、キャスター付きのものですと転がして持ち運びできます。大人数のBBQやキャンプですとキャスター付きかキャリーに乗せるのがおすすめです。中に一杯食材や飲み物を詰めていてもこれだと楽になります。

日常生活で使うのならおしゃれなものを

日常生活の買い物で使う場合はデザインとしてもトートバッグのようなものがいいでしょう。トートバッグタイプですと比較的軽量ですし、使用時にもそれほど大きくなりすぎないので、使い勝手がいいです。

 

また、リュックサック型のソフトクーラーバッグもあります。見た目は普通のリュックサックであるものが多く、オシャレな見た目が人気です。徒歩での買い物が多い方には、背負えるリュックサック型の方が楽ですのでおすすめです。

ソフトクーラーボックスの素材について

ソフトクーラーボックスはハードタイプと違い使用している材質も違うので保冷力絵の影響も変わってきます。

保冷力が欲しい人は「アルミ断熱材」

アルミ断熱材を内側の素材として使用しているソフトクーラーボックスもあります。また、アルミ断熱材は新たに購入して、ソフトクーラーボックスの内側に張り付けて保冷力を向上させることもできるので、是非試してみてください。

防水性が高い「PVCターポリン」

PVCターポリンは主にソフトクーラーボックスの外側の素材として使用されています。防水性が高く、表面はツルツルしているので汚れが付きにくいものです。アウトドアで使うのであればこの素材を使用しているものがおすすめです。

コスパ重視なら「ポリエチレン」

ポリエチレンはPVCターポリンと同じで防水性や汚れに対して強い特徴を持っています。しかし、断熱性で劣るため比較的に低価格のものが多いです。買い物や涼しいころのアウトドアですと活躍できるでしょう。

断熱性・保冷性を高める「中綿・PEスポンジ」

中綿・PEスポンジはソフトクーラーボックスの外側と内側の間に使用されていることのある素材です。スポンジのような素材ですので、厚みがあるほど断熱性、保冷性は向上します。中綿・PEスポンジを使用しているものは厚みにも注目して選びましょう。

機能性など

クーラーボックスにもそれぞれで機能性が異なります。下記ではおすすめの機能をご紹介してますので、それらをポイントに選んでみてください。

サイドポケットや仕切りのあるもの

ソフトクーラーボックスの中にはサイドポケットや仕切りのあるものもあります。キャンプなどでは荷物が多くなりがちです。サイドポケットや仕切りがあれば調理器具や調味料を入れたり、食材をきっちり整理整頓できます。

密閉性を高める小窓があるもの

保冷力を保つためにはできるだけクーラーボックスの開け閉めは控えなければいけません。上の写真のような小窓のあるタイプですと、開けた際の空間も小さくなり保冷力を保てるようになっています。真夏などは生ものを傷めないためにこういったものがおすすめです。

ソフトクーラーボックスおすすめランキング15選

15位

YAPASPT

ソフトクーラーボックス 30Lファミリーサイズ

価格:2,119円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価で大容量

価格のわりに高級感のある見た目と大容量のソフトクーラーボックスです。保冷性能では高品質なものより劣りますが、保冷剤をしっかり入れば、それほど長時間でなければ十分に保冷は可能です。

 

長時間の保冷は向いていませんが、日常の買い物や少人数でのBBQなどで活躍するソフトクーラーボックスとなります。手軽で手ごろな価格のソフトクーラーボックスをお探しの方におすすめです。

容量30L幅×奥行×高さ48×25×33㎝
重量900g保冷力(A~D)D

口コミの紹介

しっかりした素材です。
保冷剤をいれて使用する事で、チョコレートも溶けずに頂けました。
たくさん入るので 子供の試合や、運動会でも活躍出来そうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

保冷バッグ デリス シルバー ソフトクーラー 15L

価格:918円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格なキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)から

低価格なアウトドア商品を多く扱うキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)から販売されているソフトクーラーボックスです。一般的な容量の15Lサイズで1000円をきる価格は非常に魅力的なところです。また、6Lから35Lまでの6つの容量から選べどれも2000円程度で収まります。

 

価格重視でソフトクーラーボックスをお探しの方にはおすすめできる商品です。また、釣り用に使われている方が多く、釣り人の中にも人気のあるソフトクーラーボックスです。

容量15L 幅×奥行×高さ31×26×25㎝
重量400g保冷力(A~D)D

口コミの紹介

現地付近で氷だけ買って使っています。
大きな魚を入れることは出来ませんが、30cmくらいまでの魚だったらZipLockに海水と魚入れて、氷を入れたこのクーラーボックスに入れておくだけで持ち帰りの鮮度が格段に良くなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

スノーピーク(snow peak)

クーラートート ブラウン

価格:8,624円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレなトートバッグタイプ

スノーピーク(snow peak) が販売しているトートバッグタイプのソフトクーラーボックスです。日常の買い物やアウトドアなど様々なシーンで使用したくなるオシャレな見た目としっかりした、素材のトートバッグになっています。

 

アウトドアでも使え、日常の買い物にも使えるということで、アウトドア好きから、主婦にまで幅広く人気のあるソフトクーラーボックスです。オシャレなソフトクーラーボックス、トートバッグをお探しの方には非常におすすめできるものです。

容量16L幅×奥行×高さ59×21×35.5㎝
重量900g保冷力(A~D)C

口コミの紹介

日帰りでのレジャー時に活躍しそうです。
コストコデザインなのでちょっとダサいなと思っていたところにこのトートを見つけたので早速購入しました。
コストコや普段の買い物にも持っていけるので1年十大活躍しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

サーモス(THERMOS)

ソフトクーラー 20L ブルー

価格:1,851円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

比較的安価でしっかりした人気商品

比較的安価で販売していて、容量、保冷性能ともに十分な機能を持っています。Amazonなどネットショッピングの中では非常に人気のある商品です。

 

ソフトクーラーボックスを探していて最初にこれを買ってみたという方も多いです。とりあえず何か1つソフトクーラーボックスを持っておきたいという方に是非おすすめしたい商品です。

容量20L幅×奥行×高さ30×23×34㎝
重量500g保冷力(A~D)C

口コミの紹介

コンパクトに畳むことができ、持ち運ぶ際や使わない時などの収納力は抜群です。保冷剤を数個使うことで丸1日以上冷たさが残ります。気温34度のキャンプ1泊にて野外で使用しました。2日目においても保冷剤は完全に溶けきっておらず、中の生物も全くもって無事でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ロゴス(LOGOS)

クーラーボックスinsulXソフトクーラー15L

価格:1,964円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気アウトドアメーカのソフトクーラーボックス

ロゴス(LOGOS)のソフトクーラーボックスです。ロゴス(LOGOS)らしいポップなデザインがレジャー気分をさらに高まらせてくれます。保冷力もロゴス(LOGOS)の名に恥じない十分な性能を持っています。

 

アウトドア・キャンプ用品の有名メーカーということで、アウトドア好きの中で人気もあり、また、ポップなデザインは女性からの支持も多いです。家族でBBQやキャンプに行く方にはデザイン性も含めおすすめしたい商品です。

容量15L幅×奥行×高さ30×22.5×28cm
重量700g保冷力(A~D)B

口コミの紹介

凍らせたペットボトルとその他ジュースとかお菓子などを入れて海水浴に持って行きましたが、かなりペットボトルの氷が持ちました。サイズもちょうどよくて持ち運びも楽でした。肩掛け紐と取っ手の両方が付いているのもGoodポイントです。期待を裏切りませんでした。長く使っていきたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

コールマン(Coleman)

クーラー デイリークーラートート 25L ミント

価格:2,318円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛らしいデザインで大きく丈夫

トートバッグタイプですが、お肉のパックを水平に入れられるくらいの大きさがあります。デザインや形から、夏のスポーツ時や運動会の時に使用する方も多くいます。また、普段の買い物にもアウトドアにも持っていきたくなるデザインですので様々な人から人気があります。

容量25L幅×奥行×高さ52×22×35㎝
重量500g保冷力(A~D)C

口コミの紹介

業務用スーパーなどのお肉や魚の大きめパックを水平に入れたかったので
25Lを買ってちょうど良かったです。持ち手部分もしっかり頑丈に縫われていたので安心。
保冷も厚みがある(これまでサーモスのを使ってましたが同じ位ふかふかしています)ので問題なく使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

スノーピーク(snow peak)

ソフトクーラー11 FP-111

価格:8,470円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでドリンク入れとしておすすめ

価格は容量の割に高くなりますがコンパクトで保冷力があります。肩にかけて楽に持ち運びができるのでどこに行くときにもスマートに持っていけます。夏のスポーツをするときやレジャーに行くときにはドリンクをこのソフトクーラーボックスにいれ冷えた飲み物を飲むと最高です。

 

サブのクーラーボックスや真夏のスポーツの時などにドリンク入れとして人気があり続けるソフトクーラーボックスです。1つ持っていて様々なシーンで使用するといいでしょう。

容量11.4L幅×奥行×高さ23×23×29㎝
重量680g保冷力(A~D)A

口コミの紹介

屋外での夏のスポーツ時に利用しています。きっちりチャックを閉めておくと、保冷剤が翌日までもちます。1Lのペットボトルであれば4本は入ります。2Lだと、2本が限界かと思います。見た目も安っぽくなく、汚れも付きづらく洗いやすいです。もう一回り大きくても良かったかなと思いましたが、とてもオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ロゴス(LOGOS)

クーラーバッグinsul10 キャリークーラー35X

価格:9,130円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスター付きで持ち運び楽々

キャスター付きですので持ち運びが楽々です。35Lの大容量ですが中一杯に入れてもキャスター付きで持ち運びに困らないのでおすすめです。保冷力もロゴス(LOGOS)ということで十分な力を持っています。

 

ハードクーラーボックスよりは保冷力は劣るため、大人数のBBQなどでサブとしてドリンクを一杯に入れて使うという方も多いです。これだけの容量があれば、使い方も様々で持ち運びの利便性もあります。

容量35L幅×奥行×高さ37×34×89㎝
重量2600g保冷力(A~D)B

口コミの紹介

キャスター付きクーラーバックを探してしましたが、サイズ、使い勝手、頑丈さ、全て完璧でした。夏場の買い物に大活躍しそうです。ただ値段がちょっと高すぎて、購入を決めるまでに数ヶ月かかりました。あとは値段相応の耐久力を期待したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

サーモス(THERMOS)

保冷 買い物カゴ用バッグ 約25L ブルー

価格:1,982円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レジのカゴに直接セットできる主婦に人気のバッグ

レジのカゴに直接セットできるサイズです。スーパーでの買い物のときにレジで、食材を直接このクーラーバッグに入れてもらえます。この買い物時の手軽さが主婦にとって嬉しいソフトクーラーボックスです。

 

保冷力もサーモス(THERMOS)ということで十分にあり、また、2000円程度の低価格でコスパも最高です。利便性・性能・コスパの面の良さから主婦の人気を集めているソフトクーラーボックスです。

容量25L幅×奥行×高さ42×28.5×26.5㎝
重量600g保冷力(A~D)C

口コミの紹介

厚みがあり持っていく時はかさばりますが買い物レジからは大活躍です。
朝10時に買い物をしてスーパーの無料提供のクラッシュ氷を2袋入れて、ついつい用事と買い物で夕方まで車に置きっぱなしの状態でしたが氷はまだ残っていましたし購入した冷蔵商品も冷えていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

トリウト(TOURIT)

保冷リュック 保冷バッグ

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなリュックタイプで保冷

こちらは、知る人ぞ知るトリウト(TOURIT)の保冷リュックです。見た目はオシャレなリュックですので、男女問わずオシャレに使えます。普段の買い物でついついか過ぎてもこれなら、背負って帰れるので楽で良いです。

 

普段は買い物に使って、休日BBQなどレジャーにも使えるので汎用性の高いソフトクーラーボックスです。普通のソフトクーラーボックスの見た目が満足いかない方は是非こちらをチェックしてみてください。

容量25L幅×奥行×高さ30×18×40㎝
重量748g保冷力(A~D)B

口コミの紹介

全体的に保冷バッグになっているので助かります。ペットボトルは縦に入るし、牛乳1Lパックは横にしても入るので使い勝手も良いです。1日分の買い出しくらいは野菜類もこのバッグに全て入ります。数日分まとめて買う場合は、要冷蔵のものはコレで背負って、野菜類はショッピングバッグに入れて持ち帰ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

FIELDOOR(フィールドア)

ソフトクーラーボックス クーラーバッグ キャスター付 32L

価格:5,490円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスター付きで大容量でも持ち運び楽々

32Lの大容量ですので、大人数のBBQや一泊のキャンプなどアウトドアに向いているソフトクーラーボックスです。大容量で中一杯に食材を詰めてもキャスター付きですので、持ち運びには困りません。サイドポケットもついていて機能性は抜群です。

 

大人数でのキャンプやBBQで重宝されています。よく、家族などでキャンプやBBQなどアウトドアをされる方にはこれくらい大きなソフトクーラーボックスもおすすめです。

容量32L幅×奥行×高さ44×35×41㎝
重量2400g保冷力(A~D)B

口コミの紹介

とにかく大きいです。家族四人分の食材は余裕で入ります。
ビールなども余裕。帰り道では道の駅で購入すると産物をお土産にしていますが
この中に入れて持って帰っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

DOD(ディーオーディー)

バベコロ2 冷蔵庫型 ソフトクーラー ボックス

価格:11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷蔵庫型で本格的なキャンプを

知る人ぞ知る、個性的なキャンプ、アウトドア用品を展開するDOD(ディーオーディー)から販売されている冷蔵庫型のソフトクーラーボックスです。このソフトクーラーボックスは横から扉を開くように開け中4段と上1つの合計5つの保冷スペースがあります。また、3つのサイドポケットもあり非常に機能性の良い製品です。

 

本格的なキャンプ好きの中で密かに人気を集めているソフトクーラーボックスです。他の人とは違った、変わり種のソフトクーラーボックスをお探しの方は、機能性も抜群のこちらのソフトクーラーボックスをおすすめします。

容量50L幅×奥行×高さ47×37×52㎝
重量6400g保冷力(A~D)B

口コミの紹介

思っていたよりサイズが大きくてびっくりした。イメージとしては一人用の冷蔵庫にキャリーがついている感じです。BBQのときに大活躍なのはもちろんですが、ファミリーでアウトドアに行くとき(車での移動がメイン)などには良いでしょう。問題は、使わないときの保管場所です。折りたたんだりはできないので、そこそこのスペースを取ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コールマン(Coleman)

クーラーボックス アルティメイトアイスクーラー2 25L

価格:4,894円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力抜群のソフトクーラーボックス

コールマン(Coleman)のソフトクーラーボックスの中で一番保冷力のあるシリーズです。容量の割に重量があるがその分の保冷力を持っています。また、丈夫に小さな小窓があり、そこから食材を取り出しすれば、内側の冷気を逃がさないようにできます。

 

ハードクーラーボックス並みの保冷力が欲しいが、折り畳み軽量といった特徴にも魅力を感じている方はこちらのソフトクーラーボックスを一度チェックしてみてください。

容量25L幅×奥行×高さ42×32×33㎝
重量1300g保冷力(A~D)A

口コミの紹介

折り畳んでも分厚いがとても軽い。上部に別蓋がありジュースなどの出し入れはしやすい。気温15度程度の日の車内。割にポカポカ陽気だか、保冷剤代わりに購入したカチ割り氷小袋が12時間位経っても半分も溶けていなかった。恐らく板氷ならかなり保冷力を維持出来そう。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

スノーピーク(snow peak)

ソフトクーラー38

価格:15,713円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量で安定の保冷力

38Lの大容量ですので、大人数のBBQなどで活躍するソフトクーラーボックスです。いっぱいに食材を詰めて重たくなっても、左右に頑丈なハンドルがついているので2人での持ち運びもできる点もいい所です。価格は高いですが相応の強度、保冷力などを持っています。

 

価格以上に品質の良いソフトクーラーボックスを求めている方から人気のあるソフトクーラーボックスです。ソフトクーラーボックス選びで失敗したくない方は、人気アウトドアギアメーカーのこの商品をおすすめします。

容量38L幅×奥行×高さ53×31×32㎝
重量1740g保冷力(A~D)A

口コミの紹介

ソフトなので車のトランクにも入りやすいし、保冷性も十分です。値段と汎用性を考えると、このサイズが一番使い勝手がいいです。ハードクーラーを使うことは年に数えるほどですが、これはいろんな用途に使えます。サイズ、機能面、汎用性から考えてソフトクーラーとしてはベストだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ロゴス(LOGOS)

クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラーMサイズ

価格:7,107円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力で不動の1位を守り続けるソフトクーラーボックス

保冷力ではロゴス(LOGOS)のハイパー氷点下クーラーが最も良いでしょう。同じくロゴス(LOGOS)から販売されている保冷剤、氷点下パックを使用すると、中に入れていたものが凍ってしまうこともあるくらいの力をもっています。

 

保冷力がウリですので、できるだけ小さいサイズで本当に冷やしたいものだけ入れるといいでしょう。保冷力を求める人から圧倒的人気のあるソフトクーラーボックスですのでランキング1位とさせていただきます。

容量12L幅×奥行×高さ30×24×24㎝
重量900g保冷力(A~D)A

口コミの紹介

専用の保冷剤と一緒に使うことで、このバッグの中は、冷蔵以上冷凍庫以下の、信じられない空間が出来上がります。しかも、より冷凍庫寄りの冷凍庫以下。出先での冷凍物の購入は勿論、常温のペットボトルを入れて出掛けても、冷えるどころか、たまに凍る始末。
あと、折り畳み出来るので、使わないときにコンパクトになる点は素晴らしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソフトクーラーボックスおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5560393の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 2
    アイテムID:5560367の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 3
    アイテムID:5560345の画像

    コールマン(Coleman)

  • 4
    アイテムID:5560306の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 5
    アイテムID:5560248の画像

    FIELDOOR(フィールドア)

  • 6
    アイテムID:5560223の画像

    トリウト(TOURIT)

  • 7
    アイテムID:5560190の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 8
    アイテムID:5560170の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 9
    アイテムID:5559646の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 10
    アイテムID:5559556の画像

    コールマン(Coleman)

  • 11
    アイテムID:5559530の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 12
    アイテムID:5559402の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 13
    アイテムID:5559483の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 14
    アイテムID:5559587の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 15
    アイテムID:5559508の画像

    YAPASPT

  • 商品名
  • クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラーMサイズ
  • ソフトクーラー38
  • クーラーボックス アルティメイトアイスクーラー2 25L
  • バベコロ2 冷蔵庫型 ソフトクーラー ボックス
  • ソフトクーラーボックス クーラーバッグ キャスター付 32L
  • 保冷リュック 保冷バッグ
  • 保冷 買い物カゴ用バッグ 約25L ブルー
  • クーラーバッグinsul10 キャリークーラー35X
  • ソフトクーラー11 FP-111
  • クーラー デイリークーラートート 25L ミント
  • クーラーボックスinsulXソフトクーラー15L
  • ソフトクーラー 20L ブルー
  • クーラートート ブラウン
  • 保冷バッグ デリス シルバー ソフトクーラー 15L
  • ソフトクーラーボックス 30Lファミリーサイズ
  • 特徴
  • 保冷力で不動の1位を守り続けるソフトクーラーボックス
  • 大容量で安定の保冷力
  • 保冷力抜群のソフトクーラーボックス
  • 冷蔵庫型で本格的なキャンプを
  • キャスター付きで大容量でも持ち運び楽々
  • おしゃれなリュックタイプで保冷
  • レジのカゴに直接セットできる主婦に人気のバッグ
  • キャスター付きで持ち運び楽々
  • コンパクトでドリンク入れとしておすすめ
  • 可愛らしいデザインで大きく丈夫
  • 人気アウトドアメーカのソフトクーラーボックス
  • 比較的安価でしっかりした人気商品
  • オシャレなトートバッグタイプ
  • 低価格なキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)から
  • 安価で大容量
  • 価格
  • 7107円(税込)
  • 15713円(税込)
  • 4894円(税込)
  • 11000円(税込)
  • 5490円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 1982円(税込)
  • 9130円(税込)
  • 8470円(税込)
  • 2318円(税込)
  • 1964円(税込)
  • 1851円(税込)
  • 8624円(税込)
  • 918円(税込)
  • 2119円(税込)
  • 容量
  • 12L
  • 38L
  • 25L
  • 50L
  • 32L
  • 25L
  • 25L
  • 35L
  • 11.4L
  • 25L
  • 15L
  • 20L
  • 16L
  • 15L
  • 30L
  • 幅×奥行×高さ
  • 30×24×24㎝
  • 53×31×32㎝
  • 42×32×33㎝
  • 47×37×52㎝
  • 44×35×41㎝
  • 30×18×40㎝
  • 42×28.5×26.5㎝
  • 37×34×89㎝
  • 23×23×29㎝
  • 52×22×35㎝
  • 30×22.5×28cm
  • 30×23×34㎝
  • 59×21×35.5㎝
  • 31×26×25㎝
  • 48×25×33㎝
  • 重量
  • 900g
  • 1740g
  • 1300g
  • 6400g
  • 2400g
  • 748g
  • 600g
  • 2600g
  • 680g
  • 500g
  • 700g
  • 500g
  • 900g
  • 400g
  • 900g
  • 保冷力(A~D)
  • A
  • A
  • A
  • B
  • B
  • B
  • C
  • B
  • A
  • C
  • B
  • C
  • C
  • D
  • D

まとめ

ソフトクーラーボックスは軽量、収納時はコンパクトで普段の買い物からアウトドアまで使えるので1つ持っていても損はないものです。是非、今回の記事を参考に、ご自身に合った、容量や保冷力などを持ったソフトクーラーボックスを選んでみてください。

 

今回の記事ではソフトタイプのクーラボックスに厳選しておすすめのクーラボックスをご紹介させていただきました。下記記事ではソフトタイプのクーラボックス以外にも幅広くおすすめのクーラーボックスをご紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ