【2024年最新版】ツーリングテントの人気おすすめランキング20選【持ち運びに便利!】

バイクツーリング・キャンプツーリングにおすすめのツーリングテントには、自立式やワンタッチテント、軽量でコンパクトに収納できるものからコスパの高い商品までさまざまな種類があります。そこで今回はツーリングテントの選び方とおすすめ商品をランキング形式でお届けします。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

自転車・バイクツーリングにはツーリングテントがおすすめ

待ちに待った暑い夏がやってきます。寒い冬になかなか乗る気になれなかったバイク・自転車の楽しい時期がやってきます。自転車・バイクツーリングへ出掛けた先でテントを張ってキャンプを楽しむキャンプツーリングに絶好の時期が到来します。

 

キャンプツーリングを行うなら通常のテントより収容可能人数を減らして重量を落とした専用のツーリングテントを買うのがおすすめ。自分に合ったものを選べば快適にキャンプが楽しめます。しかし何をポイントに選べば良いか分からないという方も多いはず。

 

そこで今回はツーリングテントの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはサイズ・重量・機能性・価格を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

前室有りのおすすめ

1位

コールマン(Coleman)

ツーリングドームST

価格: 21,000円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人でもラクラク設営・撤収できる

たくさんのツーリングテントを扱うコールマンの中でも人気の高い商品。ポールポケット式でコンパクトサイズかつ自立式なので設営・撤収が一人でもラクラク行えます。持ち運びしやすいのも魅力。

 

前室が高く開放感がありコンパクトサイズテントなのに広く使えるのも嬉しいポイント。ソロ向けにおすすめのツーリングテントです。

基本情報
サイズ(展開時) 210×120×100cm
サイズ(収納時) 直径23×54cm
前室
重量 4.4kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 1500mm
もっと見る

前室無しのおすすめ

1位

Naturehike

star-river

価格: 13,930円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

急成長中ブランドの良コスパテント

Naturehike(ネイチャーハイク)というブランドはご存知でしょうか。コストパフォーマンスが抜群のアウトドアグッズを数多く発売している中国のブランドです。どの商品も品質が高いのに低価格という事もありレビュー評価も上々です。

 

こちらのツーリングテントの特徴は重量が驚異の1.79kgという点です。バイクや自転車に積載するのであれば重量は軽ければ軽いほど助かります。またNaturehikeのテントに共通して言えるのは最低耐水圧が非常に高い数値になっています。

基本情報
サイズ(展開時) 215×255×110cm
サイズ(収納時) 45×15×15cm
前室
重量 1.79kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 4000mm
もっと見る

1.5万円以下のおすすめ

1位

Naturehike

CloudUp1

価格: 13,900円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適性をアップさせた良コスパテントの改良版

密閉性が高いテントは入口を完全に閉めると通気性が悪く湿気がこもりがち。通気性をアップするためにはベンチレーター(通気孔)を設ける必要があります。低価格帯にありがちなそんな問題を解消かつリーズナブルなのが魅力

 

防水性は申し分ありませんし新しく追加されたベンチレーターのおかげで閉め切ったテント内の環境も格段と快適になりました。ソロキャンプで高機能テントを使用したい方に是非おすすめしたいツーリングテントです。

基本情報
サイズ(展開時) 295×110×100cm
サイズ(収納時) 45×12×12cm
前室
重量 1.62kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 4000mm
もっと見る

ツーリングテントの選び方

ツーリングテントを選ぶ際には道交法に合ったコンパクトなものが必須。その他にも機能や価格などいろいろなポイントがありますので以下でご紹介していきます。

積載できるのもので選ぶ

ツーリングテントに必ず求められる要件は「2~5kg程度の重量」「コンパクトさ」の2点です。これらの選択を誤るとバイクや自転車に積載出できません。

バイクや自転車にも積載できるものは「2~5kg程度の重量」がおすすめ

ツーリングテントを選ぶ上で重要なのが重さです。2~5kg程度が目安となります。バイクや自転車といった2輪車に積載しますので重量があると移動時にそれだけ負荷が発生します。バランス面においても不安が出てきますので極力軽いものがおすすめです。

 

通常のキャンプで使用するテントは車での持ち運びを前提としており重量に制限はありません。その分ツーリングテントと比べて高機能です。重量があるためバイク操作に影響を与える可能性がありおすすめしません。

バイクや自転車に収まる「コンパクト」なものがおすすめ

バイクに荷物を積載する場合道路交通法において積載物の重量やサイズに制限が設けられています。バイクに積載する場合は荷台から左右それぞれ15cm以内に収める必要があります。車種によって正確な数値は変わりますが選ぶ目安は横幅60cm程度の商品です。

 

通常のキャンプテントをキャンプツーリングに使用する際はこのサイズ制限に注意が必要です。制限を超えた積載を行うとツーリング中に警察から確認される可能性があることと、なにより危険です。必ず制限は守りましょう。

設営タイプで選ぶ

ソロツーリングや少人数なら設営方法は特にに重要。なるべく簡単に立てられるものがおすすめです。

設営や撤収が簡単なものは「自立式・ワンタッチ・ポップアップテント」がおすすめ

風を身体に感じながらツーリングすると思った以上に体力を消耗します。疲れた状態でのテント設営は非常に面倒であり危険でもあります。キャンプを楽しむためにも設営が簡単な自立式テント・ワンタッチテント・ポップアップテントを選びましょう。

 

なお移動を車で行う通常のキャンプでは、車輌の周囲や上にテントを設けるルーフテントという選択肢があります。車移動で重量に制限がない分、車に取り付けるだけでかんたんに設営できる高機能な商品が多くなっています。

慣れた上級者なら軽量の「非自立式」もおすすめ

非自立式テントの特徴は自立式よりポールが少ない、もしくは使わずに設営するタイプであること。ペグや張り縄は必要になりますがポールが少ない分軽くてコンパクトに収納できるものが多いのが魅力です。

 

ペグダウンができない場所には設営できませんが、慣れれば設営が簡単で木を利用したアレンジもきくので上級者でテントにこだわりがある方におすすめのタイプです。

形状・サイズで選ぶ

ツーリングテントを選ぶ際は前室の有無やサイズもチェックしましょう。快適に楽しむために欠かせないポイントです。

目的に合わせて「前室の有無や大きさ」を確認するのがおすすめ

前室とはインナーテントの前に設けられたスペースのこと。キャノピー(ひさし)セットならタープ代わりになりちょっとした屋根付きの空間に。荷物を置いたり、イスを置いてくつろぎの場にすることができます。

 

またバイクや自転車を前室に入れることも可能で雨除けや防犯上安心です。車高が高いバイクの場合は高さ調整できるかチェックするのがおすすめ。前室が無いタイプはそれだけかさばらずコンパクトに収納できるのがメリット。

 

自分のスタイルに前室が必要か不要か考えてから選びましょう。

テントの「サイズ」は使用人数+αのゆとりがあるものがおすすめ

どんなテントでも選択する際には「最大収容人数」を想定する必要があります。何人で利用するのか、どれくらいゆとりが欲しいのかを検討しましょう。テントが広ければ広いほどゆとりは生まれますが、その分組み立てが複雑になり機材が重く大きくなります。

 

一つ注意していただきたいのが、あくまで「最大で収容できる人数」です。表示された人数の方が、ゆとりを持って利用できるわけではありません。ゆとりを持たせたいならプラス1名(2人で使うなら3人用など)で考えるのがおすすめ

 

ただしキャンプよりもソロツーリングに重きを置かれている方は、少しでも走行に影響が出ないよう1人用の軽いツーリングテントを選ぶのがおすすめです。

機能性で選ぶ

テントでの時間を快適に過ごすためには機能性も大事。チェックすべきポイントをご紹介していきます。

雨対策には防水レベルの目安「耐水圧」があるものがおすすめ

屋根の役割を果たすテントですが、雨が降れば当然水に濡れてしまいます。シートが水に濡れば中に染み込み、雨漏りを起こす可能性があります。そういった問題を起こさないためにも耐水圧に注目しましょう。

 

耐水圧とは、水が生地に染み込もうとする力にどれだけ耐えられるかを表した性能値です。耐水圧が3,000mmであれば、普通の雨には耐えられるが大雨では染み込んでくると決められています。一般的な傘は250mm程度の耐水圧だと言われています。

 

ただし耐水圧は高ければ良いというものでもありません。耐水圧が高いほど通気性が悪くなり、テント内が蒸し暑くなる場合があります。高機能なテントであれば、通気孔を設けるなどして通気性を向上させている場合があります。

「通気性・快適性」はシングルウォール・ダブルウォールがおすすめ

先述の「耐水圧」にて通気性が悪いとテント内が蒸し暑くなるとご紹介しました。通気性が良いテントとはどのようなものなのでしょうか。それはメッシュ生地が使用されているか・通気口が用意されているかです。

 

メッシュ生地は入口に使われていることがほとんどで入口から外気を取り込むことで通気性を向上させています。反対側に通気口が用意されている場合が多く、テント内の空気を出して通気性をより向上させています。結露防止にもつながり快適にすごせます。

 

また通気性の面では軽量で透湿機能が高いシングルウォールテントもおすすめ。しかし外の暑さや寒さが直接伝わるので注意が必要です。外張りのあるダブルウォールなら快適ですが重量があるというデメリットも。自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

悪条件に備えて「耐久性」が高いものがおすすめ

通常の雨だけでなくゲリラ豪雨や強風など突然に悪天候に見舞われる場合もあるでしょう。そんなときに備えて耐水圧だけでなく耐久性の高いツーリングテントを選ぶのもおすすめ。値段は少し高くなりますが有名な登山メーカー・アウトドアメーカーの商品だと安心です。

ポールの素材は「強度と重さ」があるものがおすすめ

ツーリングテントの骨組みに使用されるポールにはさまざまな種類がありますが、よく使われている素材はジュラルミングラスファイバー(FRP)です。ジェラルミンはアルミニウム合金とも呼ばれ軽量かつ引張強度と耐圧力の高さが特徴です。

 

グラスファイバーはガラス繊維などが入ったプラスチックでジェラルミンには劣りますが軽量さが特徴で価格が安いのが魅力。このようにポールの素材は強度と重さに関係するのでツーリングテントを選ぶときには一緒にチェックするのがおすすめです。

安いものから高いものまで「価格帯」をチェック

一般的には安ければ素材などのレベルを落とした機能控えめ、高ければ素材やシステムにこだわり抜いた高機能と言えます。手頃な値段の目安は1.5万円ぐらいまでで、最低限の機能が付いており軽量コンパクトなのでおすすめです。

 

初心者でハマるか分からない方にもこの価格帯がおすすめです。1.5万円を超えるようなテントはテントは、ツーリングテントの中でも高価格・高機能に該当します。機能を重視したテントや、デザインにこだわったオシャレなテントはこの価格帯になるでしょう。

寒い冬や北海道のキャンプツーリングは「冬用テント」をチェック

冬の時期や、秋以降の北海道でキャンプツーリングをするなら防寒性に優れた冬用テントを選ぶのがおすすめです。多くは二重構造になっており防風使用で丈夫な素材を使って作られています。またほとんどがスカート付きという特徴も。

 

その分冬以外の3シーズン用テントと比べて重いのがデメリットですが、寒い時期や寒い土地へ行くならぜひ揃えてほしいアイテムです。しっかり防寒して快適にキャンプを楽しんでくださいね。

人気メーカー・ブランドで選ぶ

選び方をいろいろとご紹介してきましたが、まだ迷ってしまう方は人気メーカーから選ぶのもおすすめ。以下でそれぞれの特徴をご紹介していきます。

コスパ重視なら「Coleman(コールマン)」がおすすめ

アウトドアグッズメーカーのコールマン。そのツーリングテントは低価格なのにコンパクトで軽量とコストパフォーマンスの良さで人気があります。他のグッズと合わせてコールマンで揃えるのもおすすめ。

キャンプ初心者には「DOD(ディーオーディー)」がおすすめ

キャンプ用品ブランドのDODは設営や撤収が簡単なワンタッチテントが人気。またシンプルでおしゃれなワンポールテントも扱っており、キャンプ初心者向けのブランドと言えます。慣れない方はぜひDODをチェックしてみてください。

リーズナブルで安いテントなら「BUNDOK(バンドック)」がおすすめ

アウトドアレジャー用品ブランドのバンドッグは「より手軽に快適なアウトドアライフを楽しんでもらいたい」というコンセプトのもとリーズナブルな価格設定が特徴です。設営の簡単さや軽量化・収納性にもこだわっておりコストパフォーマンスの良さが魅力です。

 

キャンプ初心者はもちろん、コスパ重視の方シンプルなテントを求めている方におすすめのブランドです。

コンパクトになるテントなら「Groovy(グルービー)」がおすすめ

デザイン性と機能性にこだわったアウトアグッズの商品開発をしているGroovy。ツーリングテントも使いやすい設計とコンパクトに収納できる点が魅力の人気ブランドです。収納性が高いツーリングテントをお探しならGroovyもチェックしてみてください。

本格的なものがいいなら「mont-bell(モンベル)」がおすすめ

モンベルは登山向けのアウトドアブランドです。ウェアをはじめトレッキングやサイクリング、フィッシングやキャンプまで、高品質な製品を多数ラインナップしています。価格は少し高いですが本格的なものが欲しい方におすすめです。

前室有りツーリングテントの人気おすすめランキング9選

9位

Featherstone

ツーリングテント

価格: 16,900円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かんたんで丈夫な頼れるツーリングテント

慣れてしまえば4分、初心者の方でも10分で設営できるワンタッチテントです。しっかり厚めの生地が使用されており、縫い目の部分には丁寧にシームテープが貼られていますので驚くほど防水性能が高い商品です。それなのに重量は2.72kgと優秀です。

基本情報
サイズ(展開時) 250×250×110cm
サイズ(収納時) 41×10×10cm
前室
重量 2.72kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 3000mm
もっと見る

口コミを紹介

ツーリングキャンプで使用するために購入しました。
生地の細かいところまでシーム加工され、生地も厚め。
さすが防水性をアピールしてあるだけはあるなと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

モンベル(mont-bell)

クロノスドーム1型

価格: 25,800円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広い居住空間を実現した本格登山ブランドモンベルのテント

ポールを直角に交差させる特許システム採用で広い居住空間を実現した3シーズン対応モンベルのテントです。ショックコードでポールとソケットが一体になっておりスピーディーに設営・撤収できます。通気性の高さも魅力です。

基本情報
サイズ(展開時) 220×100×105cm
サイズ(収納時) 16×16×33cm
前室
重量 1.95kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 2000mm(フロア1500mm)
もっと見る

口コミを紹介

初めてのテント泊のため購入しましたが、説明書を見ながら10分そこそこで設営できました。
重量2キロほどで、ザックにもすっぽり収まり重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

アライテント(ARAITENT)

トレックライズ0

価格: 42,350円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きな入口で通気性良し

テントの広いパネルに解放感のある大きな半月型の入り口が特徴の3シーズン用テントです。大きな入口は換気性が良く、夏の暑い日中でも熱がこもりにくいので快適な居住性を保つことができます。

 

設営が簡単でスピーディーに行えるのも嬉しいポイント。さらにコンパクトに収納できるので持ち運びもラクラク。値段は高めですが機能性重視の方におすすめです。

基本情報
サイズ(展開時) 205×80×100cm
サイズ(収納時) 28×直径13cm
前室
重量 1.25kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧
もっと見る

口コミを紹介

国内では四国のお遍路さん、海外ではボリビアのウユニ塩湖等々、猛烈な強風や悪天候の中で助けてもらいました。皆さんが言われるように少し高額でしたが買ってしまえばそんなこと忘れてしまいました。それくらい買って良かったということでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ogawa(オガワ)

ステイシー ST-2

価格: 45,738円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペアキャンプでもゆったり寝られるゆとりサイズ

1914年創業の老舗アウトドアブランドが発売している前室付きテントです。ツーリングテントとしてサイズ・重量共に申し分ありません。サイズに余裕がありますので、タンデムツーリングなどでペアキャンプにおすすめです。

基本情報
サイズ(展開時) 300×230×130cm
サイズ(収納時) 52×19×19cm
前室
重量 3.9kg
収容可能人数 3人
最低耐水圧 1800mm
もっと見る

口コミを紹介

10月初旬の体感温度10度前後ぐらいの山の中で使用しましたが、暖かいです。あれ?今日暖かかったかな?って表出て寒ってなりました。
ソロには少し大きいかなと思いましたが、子供つれていくかもしれないと考えたら、購入して正解かなという感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

カワセ(Kawase)

バンドック ソロベースBDK-79TC

価格: 19,647円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア感あふれる軍幕風テント

軍幕とはパップテントとも呼ばれる軍用テントです。ヴィンテージ感があるワイルドなデザインはキャンプ場で目立つこと間違いなし。ツーリングテントとしてサイズ・重量共に優れています。

 

前室が非常に広い作りなのが特徴。大きなバイクであれば1台収納できますし小さなバイクであれば2台並べて収納も可能です。

基本情報
サイズ(展開時) 360x190x110cm
サイズ(収納時) 40x20x20cm
前室
重量 4.4kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 3000mm
もっと見る

口コミを紹介

初めてのパップテントなので他と比べられませんが、使っていて満足感あります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

DOD(ディーオーディー)

ライダーズバイクインテント T2-466

価格: 27,491円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプツーリングを想定して作られたコンパクト設計

キャンプツーリングを想定して作られたかゆいところに手が届く商品です。ワンタッチテントはどうしても重く収納時のサイズが大きくなりがち。5.5kgに抑えられており収納もバイクへの積載を前提に作られているコンパクト設計です。

 

前室のサイズもしっかり確保されており大きなバイクも収納可能。シートを下ろせば前室内に1台収納でき、シートを上げておけば屋根下に2台収納可能。前室が無いテントを使用している友人のバイクも置けます。

基本情報
サイズ(展開時) 215×260×140cm
サイズ(収納時) 58×20×20cm
前室
重量 5.5kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 3000mm
もっと見る

口コミを紹介

超楽々で手早く設営完了して、小雨が降りだしても全然濡れずにすみました。
前室で煮炊きも楽々。風を受けないだけで凄く暖かくすごせます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コールマン(Coleman)

クイックアップドーム W+

価格: 19,999円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設営簡単!機能性も高く快適に過ごせる

基本情報
サイズ(展開時) 210×120×100cm
サイズ(収納時) 直径60×6cm
前室
重量 3.5kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 3000mm(フロア約1500mm)
もっと見る

口コミを紹介

設営がとにかく楽です。
風が強い日にキャンプしたんですが丈夫ですし見た目も気にいってるのでいい買い物が出来たと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

カワセ(Kawase)

Amazonベストセラー 5位  スポーツ&アウトドア ドームテント部門

(2024/05/08調べ)

BUNDOK ソロドーム BDK-08

価格: 12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納ケース付きで持ち運びに便利

多機能かつ高性能な一人用のソロドームテントです。約3000mmと高い耐水圧ですがインナーテントに通気性抜群のオールメッシュ素材を採用しているので結露や蒸し暑さが少なく快適に過ごせます。

 

折りたたみ可能で収納ケースも付いており持ち運びに便利。ポールは軽量で強度の高いアルミ合金を使用しているのも嬉しいポイント。バイクはもちろん、自転車でのソロキャンパーにも人気のテントです。

基本情報
サイズ(展開時) 200x150x110cm
サイズ(収納時) 38x15x15cm
前室
重量 1.88kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 3000mm
もっと見る

口コミを紹介

自転車での移動が目的でどうしてもテントの設営、撤収は雑になる為、コンパクト・軽量・安い価格はありがたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コールマン(Coleman)

ツーリングドームST

価格: 21,000円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人でもラクラク設営・撤収できる

たくさんのツーリングテントを扱うコールマンの中でも人気の高い商品。ポールポケット式でコンパクトサイズかつ自立式なので設営・撤収が一人でもラクラク行えます。持ち運びしやすいのも魅力。

 

前室が高く開放感がありコンパクトサイズテントなのに広く使えるのも嬉しいポイント。ソロ向けにおすすめのツーリングテントです。

基本情報
サイズ(展開時) 210×120×100cm
サイズ(収納時) 直径23×54cm
前室
重量 4.4kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 1500mm
もっと見る

口コミを紹介

雨が降りしきる中での使用でしたが組み立て自体は非常に簡単で特に迷う事なく建てる事ができました。
前室がありますので靴を置いても濡れる事なく、またプライバシー性とセキュリティー的にもGoodです。

出典:https://www.amazon.co.jp

前室有りツーリングテントのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ(展開時) サイズ(収納時) 前室 重量 収容可能人数 最低耐水圧
アイテムID:11879793の画像

楽天

Amazon

ヤフー

一人でもラクラク設営・撤収できる

210×120×100cm

直径23×54cm

4.4kg

2人

1500mm

アイテムID:11854589の画像

楽天

Amazon

ヤフー

収納ケース付きで持ち運びに便利

200x150x110cm

38x15x15cm

1.88kg

1人

3000mm

アイテムID:11854586の画像

楽天

Amazon

ヤフー

設営簡単!機能性も高く快適に過ごせる

210×120×100cm

直径60×6cm

3.5kg

1人

3000mm(フロア約1500mm)

アイテムID:11854583の画像

楽天

Amazon

ヤフー

キャンプツーリングを想定して作られたコンパクト設計

215×260×140cm

58×20×20cm

5.5kg

2人

3000mm

アイテムID:11854580の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アウトドア感あふれる軍幕風テント

360x190x110cm

40x20x20cm

4.4kg

1人

3000mm

アイテムID:11854577の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ペアキャンプでもゆったり寝られるゆとりサイズ

300×230×130cm

52×19×19cm

3.9kg

3人

1800mm

アイテムID:11854574の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大きな入口で通気性良し

205×80×100cm

28×直径13cm

1.25kg

1人

アイテムID:11854571の画像

楽天

Amazon

ヤフー

広い居住空間を実現した本格登山ブランドモンベルのテント

220×100×105cm

16×16×33cm

1.95kg

2人

2000mm(フロア1500mm)

アイテムID:11854568の画像

楽天

Amazon

ヤフー

かんたんで丈夫な頼れるツーリングテント

250×250×110cm

41×10×10cm

2.72kg

2人

3000mm

前室無しツーリングテントの人気おすすめランキング5選

5位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アルミワンポールテント300UVUA-16

価格: 12,700円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに収納可能でバイクツーリングに最適

組み立てやすいティピー型ワンポールテントです。軽くて丈夫なアルミポールを使用し、付属のキャリーバッグにコンパクトに収納できるのでバイクツーリングの際も簡単に持ち運びできます。

 

開閉可能なベンチレーションが2ヶ所ついており通気性抜群です。

基本情報
サイズ(展開時) 300×250×180cm
サイズ(収納時) 68×17×17cm
前室
重量 3kg
収容可能人数
最低耐水圧 1000mm(フロア3000mm)
もっと見る

口コミを紹介

バイクツーリングで軽量化したくて購入しました。パッキングは正直長細いので、載せやすいしにくいはあるかと思います。ワンポールは楽です。慣れれば、設営5分で終わります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コールマン

ツーリングドームLX+

価格: 7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温度上昇を抑えるから涼しいままぐっすり眠れる

日光による温度上昇を抑えてくれるので、涼しくぐっすり眠れるコンパクトテントです。大人2人でもゆったりと過ごせるサイズで、ソロキャンプなら、広々快適に過ごせます。1人でも設営しやすいポールポケット式です。

基本情報
サイズ(展開時) 約210×180×110(h)cm
サイズ(収納時) 約φ21 X 49cm
前室
重量 5.7kg
収容可能人数 1〜2人
最低耐水圧 フライ/約3,000mm フロア/約1,500mm
もっと見る

口コミを紹介

今まで使用していたテントよりサイズは小さくなったけど、一人なら余裕のテント内空間でした。設営も楽。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ロゴス(LOGOS)

ROSY ツーリングドーム

価格: 8,778円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ブランドのお手頃ツーリングテント

ファミリーキャンプグッズが人気のブランド・LOGOS(ロゴス)のツーリングテントです。なんといっても魅力は初心者の方でも気軽に購入できるお手頃な価格です。必要な条件は満たしており最初の1張り目としては最適なテントです。

基本情報
サイズ(展開時) 210×100×110cm
サイズ(収納時) 52×12×12cm
前室
重量 2.4kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 1000mm
もっと見る

口コミを紹介

ひじょうに軽量でコンパクト。組み立て簡単。最高のテントだと思います。中の居住空間もソロ用ですが余裕があり圧迫感はありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DOD(ディーオーディー)

Amazonベストセラー 2位  スポーツ&アウトドア フレームテント部門

(2024/05/09調べ)

ワンポールテントS T3-44-BK

価格: 10,260円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレなのにパーツが少ない優良テント

スタイリッシュな形のワンポールテントです。普通のワンポールテントであれば設営に少しコツがいりますが本商品は軽めに作られているので一人でもらくらく設営ができます。テントの中が広く、ゆとりを持って寝泊まりできます。

基本情報
サイズ(展開時) 320×270×170cm
サイズ(収納時) 52×14×14cm
前室
重量 3.1kg
収容可能人数 3人
最低耐水圧 2000mm
もっと見る

口コミを紹介

インナーテント6箇所をペグダウンしてセンターポールを立てるだけ。あとは、フライシートをかぶせてフックをペグに引っ掛けていくだけで設営完了します。
フライシートトップにループがついているのでタープも連結できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Naturehike

star-river

価格: 13,930円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

急成長中ブランドの良コスパテント

Naturehike(ネイチャーハイク)というブランドはご存知でしょうか。コストパフォーマンスが抜群のアウトドアグッズを数多く発売している中国のブランドです。どの商品も品質が高いのに低価格という事もありレビュー評価も上々です。

 

こちらのツーリングテントの特徴は重量が驚異の1.79kgという点です。バイクや自転車に積載するのであれば重量は軽ければ軽いほど助かります。またNaturehikeのテントに共通して言えるのは最低耐水圧が非常に高い数値になっています。

基本情報
サイズ(展開時) 215×255×110cm
サイズ(収納時) 45×15×15cm
前室
重量 1.79kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 4000mm
もっと見る

口コミを紹介

良い点、設営が簡単、慣れてば10分ほど。広さは1人には充分。左右の2箇所から出入りできる。ポケットが便利。キャンプ場でカブらない、型違いは時々ありますが。収納も小さい。

出典:https://www.amazon.co.jp

前室無しツーリングテントのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ(展開時) サイズ(収納時) 前室 重量 収容可能人数 最低耐水圧
アイテムID:11854609の画像

楽天

Amazon

ヤフー

急成長中ブランドの良コスパテント

215×255×110cm

45×15×15cm

1.79kg

2人

4000mm

アイテムID:11854606の画像

楽天

Amazon

ヤフー

オシャレなのにパーツが少ない優良テント

320×270×170cm

52×14×14cm

3.1kg

3人

2000mm

アイテムID:11854603の画像

楽天

Amazon

ヤフー

人気ブランドのお手頃ツーリングテント

210×100×110cm

52×12×12cm

2.4kg

1人

1000mm

アイテムID:11854600の画像

楽天

Amazon

ヤフー

温度上昇を抑えるから涼しいままぐっすり眠れる

約210×180×110(h)cm

約φ21 X 49cm

5.7kg

1〜2人

フライ/約3,000mm フロア/約1,500mm

アイテムID:11854597の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コンパクトに収納可能でバイクツーリングに最適

300×250×180cm

68×17×17cm

3kg

1000mm(フロア3000mm)

1.5万円以下のツーリングテント人気おすすめランキング6選

6位

Bears Rock ( ベアーズロック )

ハヤブサテント TS-201

価格: 11,550円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者から上級者まで使いやすい

シンプルな設計で軽量でありながら頑丈な耐久性にも優れたハヤブサテント。風に強く、アウトドア上級者から初心者まで幅広く使いやすいのが特徴です。前室・後室・出入口は2ヶ所あり開放的な空間と通気性の良さを実現しています。

基本情報
サイズ(展開時) 210×140×120cm
サイズ(収納時) 45×20cm
前室
重量 2.6kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧 2000mm
もっと見る

口コミを紹介

お値段が手頃な割にしっかりした作りをしてると思います。
良かった点としては、インナーは上半分がメッシュになってますが、入口はシートとメッシュの2重になってます。このお値段でポールがアルミ製なのも嬉しい点ですね。安心の日本製ですし。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

カワセ(Kawase)

バンドック ツーリングテント BDK-18

価格: 4,720円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格のテントをお探しなら

前方後方どちらからも出入りができるタイプのテントです。インナーテント上部はメッシュ製で通気性に優れているのが魅力。多少の雨もしのぐフライシートは紫外線から守るUV加工が施されています。

基本情報
サイズ(展開時) 210×210×115cm
サイズ(収納時) 46x13.5x13.5cm
前室
重量 2.3kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧
もっと見る

口コミを紹介

小さくて軽量(2.3kg)なので、ツーリングやソロキャンプに向いています。
前室もあり、テント内に入れるまでもない物を置くのに便利です。
設置や撤収の手間は、標準的な1~2用のドームテントと同様だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Naturehike

プロフェッショナルテント

価格: 8,330円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能を絞った完全ソロ用ツーリングテント

コストパフォーマンスが優秀なNaturehikeの中でも1万円を切るツーリングテントです。1人での使用にあわせて設計されていますので高機能でありながら低価格を実現しています。

 

最低耐水圧も他のモデルと遜色がありませんのでソロキャンプをされる方は、このモデルでも視野に入るでしょう。

基本情報
サイズ(展開時) 295×110×100cm
サイズ(収納時) 45×12×12cm
前室
重量 1.86kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 4000mm
もっと見る

口コミを紹介

自分はツーリングキャンプを行うので、道具の重量はとても重要な要素のためこのテントの値段と性能と重量と収納時の大きさを加味して考えると、ポテンシャルはとても高いと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

BUNDOK(バンドック)

ソロティピーBDK-75

価格: 12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプでもおしゃれなこだわりテント

オシャレなデザインが特徴のティピーテントです。ティピーテントとは円錐型のテントを指しインディアンテントとも呼ばれています。ポール1本でテントを支えますので組み立てがかんたんです。

 

白地に水色ラインというポップなカラーリングでキャンプ場でも映えるでしょう。ソロキャンプでもデザインにはこだわりたい方に是非ともおすすめしたいおしゃれテントです。

基本情報
サイズ(展開時) 240×240×150cm
サイズ(収納時) 42×19×19cm
前室
重量 2.2kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 3000mm
もっと見る

口コミを紹介

ソロにはもってこいです。広さも問題無いです。
土砂降りで使いましたが、雨漏りもせず、防水性は問題無いと思います
このテントに限ったことではないですが、設営・撤収が楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

リベロツーリングテントUV M-3119

価格: 7,073円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性が高くUVカット加工付き

1mmメッシュを採用し、インナーテント天井の通気性が高いツーリングテントです。紫外線95%カットの素材も嬉しいポイント。軽量でコンパクトに収納でき持ち運びラクラク。フライの前・後面に荷物室があって便利です。

基本情報
サイズ(展開時) 210×260×130cm
サイズ(収納時) 40×16×16cm
前室
重量 3kg
収容可能人数 2人
最低耐水圧
もっと見る

口コミを紹介

コストパフォーマンスの面からみて、このテント以上に良い製品を見たことがありません!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Naturehike

CloudUp1

価格: 13,900円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適性をアップさせた良コスパテントの改良版

密閉性が高いテントは入口を完全に閉めると通気性が悪く湿気がこもりがち。通気性をアップするためにはベンチレーター(通気孔)を設ける必要があります。低価格帯にありがちなそんな問題を解消かつリーズナブルなのが魅力

 

防水性は申し分ありませんし新しく追加されたベンチレーターのおかげで閉め切ったテント内の環境も格段と快適になりました。ソロキャンプで高機能テントを使用したい方に是非おすすめしたいツーリングテントです。

基本情報
サイズ(展開時) 295×110×100cm
サイズ(収納時) 45×12×12cm
前室
重量 1.62kg
収容可能人数 1人
最低耐水圧 4000mm
もっと見る

口コミを紹介

人生初のテントですが、かなり気に入りました。
最初、組み立てる時、こんな不器用な俺はできるのかと心配したのですが、5分もかからずに出来たので、嬉しかったです。収納サイズがコンパクト、移動はとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1.5万円以下のツーリングテントおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ(展開時) サイズ(収納時) 前室 重量 収容可能人数 最低耐水圧
アイテムID:11854629の画像

楽天

Amazon

ヤフー

快適性をアップさせた良コスパテントの改良版

295×110×100cm

45×12×12cm

1.62kg

1人

4000mm

アイテムID:11854626の画像

楽天

Amazon

ヤフー

通気性が高くUVカット加工付き

210×260×130cm

40×16×16cm

3kg

2人

アイテムID:11854623の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ソロキャンプでもおしゃれなこだわりテント

240×240×150cm

42×19×19cm

2.2kg

1人

3000mm

アイテムID:11854620の画像

楽天

Amazon

ヤフー

機能を絞った完全ソロ用ツーリングテント

295×110×100cm

45×12×12cm

1.86kg

1人

4000mm

アイテムID:11854617の画像

楽天

Amazon

ヤフー

お手頃価格のテントをお探しなら

210×210×115cm

46x13.5x13.5cm

2.3kg

2人

アイテムID:11854614の画像

楽天

Amazon

ヤフー

初心者から上級者まで使いやすい

210×140×120cm

45×20cm

2.6kg

2人

2000mm

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ツーリングテントを購入する際は自分がどういったキャンプツーリングをしたいのかを考え、それに見合ったものを選ぶのがポイントです。選び方やおすすめ商品ランキングを参考に自分に合ったテントを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年07月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキング20選【コスパ最強も】

ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキング20選【コスパ最強も】

テント
ロゴスのテントの人気おすすめランキング15選【ワンタッチでできるものも】

ロゴスのテントの人気おすすめランキング15選【ワンタッチでできるものも】

テント
4人用テントのおすすめ人気ランキング19選【2ルームやワンタッチテントも】

4人用テントのおすすめ人気ランキング19選【2ルームやワンタッチテントも】

テント
ガレージテントのおすすめ人気ランキング6選【簡易カーポート・折りたたみ車庫】

ガレージテントのおすすめ人気ランキング6選【簡易カーポート・折りたたみ車庫】

DIY・工具・住まい
5人用テントのおすすめ人気ランキング15選【ワンタッチテントも】

5人用テントのおすすめ人気ランキング15選【ワンタッチテントも】

テント
【最強】登山用テントの人気おすすめランキング15選【ソロからファミリー向けまで】

【最強】登山用テントの人気おすすめランキング15選【ソロからファミリー向けまで】

テント

アクセスランキング

ポップアップテントのおすすめ人気ランキング25選【スノーピークにある?】のサムネイル画像

ポップアップテントのおすすめ人気ランキング25選【スノーピークにある?】

テント
エアーテントのおすすめ人気ランキング8選【デメリットも紹介】のサムネイル画像

エアーテントのおすすめ人気ランキング8選【デメリットも紹介】

テント
4人用テントのおすすめ人気ランキング19選【2ルームやワンタッチテントも】のサムネイル画像

4人用テントのおすすめ人気ランキング19選【2ルームやワンタッチテントも】

テント
5人用テントのおすすめ人気ランキング15選【ワンタッチテントも】のサムネイル画像

5人用テントのおすすめ人気ランキング15選【ワンタッチテントも】

テント
ツールームテントのおすすめ人気ランキング16選【他の人とかぶらないデザインも】のサムネイル画像

ツールームテントのおすすめ人気ランキング16選【他の人とかぶらないデザインも】

テント
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。