ルーフテントの人気おすすめランキング15選【後悔しない!4人就寝可能なメーカーも】

キャンプや車中泊で人気のルーフテント。イージーキャンパーやマジョリーナ、スカイキャンプやaltair130など多くのモデルがあり選ぶのが難しいですよね。そこで今回はルーフテントの人気おすすめランキング15選と選び方を紹介します。購入後に後悔しないよう是非参考にしてみてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

キャンプデビューにもおすすめ!ルーフテント

アウトドアで宿泊をするなら、普通のテントでの就寝か車中泊が選択肢だと思っていませんか。実は、車の上にルーフテントを設営することで、さまざまなメリットがあるのです!

 

たとえば、ルーフテントは設営が簡単で、すぐにセットアップすることが可能です。しかも軽自動車や乗用車でも二階建てのキャンピングカーのような仕様に手早く変化します。道の駅や高速の駐車場など狭い場所でも設営が出来ると人気なのです!

 

そこで今回は、ルーフテントの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは、タイプ設営の簡単さ対応人数を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ルーフテントの選び方

ルーフテントを買ってから後悔しないように、ルーフテントの選び方をチェックしましょう。タイプ・設営の簡単さ・対応人数などのポイントがあるので詳しく紹介します!

タイプで選ぶ

ルーフテントにはいくつかのタイプ・種類があります。ここでは主なタイプを3つ紹介していきましょう。

「シェル型」はソロキャンプに便利!ワンタッチで組み立てられる

シェル型は、車に乗せてパカッと貝のように開くタイプのルーフテントを指します。ダンパー式という方法で少し力を加えるだけで開閉出来る、手軽さがウリとなっています。複雑な組み立てが苦手なキャンプデビューの方や力が弱い高齢者や女性におすすめです!

 

ただ、テント内の空間が狭いため大人数での使用には向きません。1人や2人など少人数の車中泊やソロキャンプなどに使いやすいでしょう。

「タワー型」なら収容力バツグン!2・3人ならラクに車中泊が出来る

タワー型というのは、4つの支柱により構造を支えているルーフテントです。見た目のとおり、ある程度の広さが確保出来るため、2人から3人などの家族やカップルで使いやすいのが魅力です。

 

四隅の天井が高い分、ルーフテントの室内で動きやすいというメリットもあります。「手動式のタワー型だと収納が大変だ」という人なら、電動式やダンパー式のルーフテントも展開されているので参考にしてください。

「ルーフトップテント型」なら広さとカスタマイズの豊富さで後悔しない!

ルーフトップテント型というのは、普通のテントが車の上に乗ったような形が特徴です。設営が簡単で、ルーフテントの内部の空間がしっかり確保出来ることがメリットでしょう。

 

しかも普通のテントと同じようにオプションでのカスタマイズがしやすいのも嬉しいですね。別売りのオプションを豊富に揃えれば、まるで家で休んでいるかのような快適なアウトドアライフを楽しめますよ。

設営の簡単さ・手軽さで選ぶ

設営の簡単さも、ルーフテントを選ぶ上で大切です!特にこれからキャンプデビューをする方は、組み立てに時間がかかるとネックですよね。継続的に使い続けたくなるよう、設営の手軽なルーフテント選びをしましょう。

「軽量で設営しやすい」手動タイプ

手動のルーフテントはまさに、自分の手で組み立てるタイプです。モーターなどの電源や複雑な仕組みがないので、値段が安く抑えられるというメリットがあります。また、軽量なものが多いのも人気の理由でしょう。

冬でも待ち時間なし!「設営が素早い」自動モデル

自動設営のルーフテントは、スイッチを押せば自動的に室内が組み上がるのが特徴です。手動のものと比較して、短時間で設営できるのが大きな魅力でしょう。ただ、モーターがある分、重量がある、価格が高いといったデメリットも考慮する必要があります。

値段と重要のバランスよし!半自動なら「軽量で設営簡単」

半自動タイプのルーフテントは、ハンドルを回して設営します。ハンドルは手動で動かしますが、モーターを必要としないので、安くて軽いのが特徴です。手動タイプと同じように軽量性があって価格を抑えて購入したい人向けでしょう。

ダンパー式なら「ロックを外すだけ」

ダンパー式のルーフテントというのは、ロックを解除することで一瞬で組み上がるモデルのことです。手間や作業が必要なく組み上がりますが、収納する際にコツや力がいるモデルもあるので注意しましょう。

メーカー・販売店で選ぶ

ルーフテントのメーカーや販売店によって、それぞれ特徴や機能が違います。評判の高いメーカーなら、ルーフテントの品質にも安心できるでしょう。

「ZIFER JAPAN(ジファージャパン)」はマジョリーナなど人気のブランドを扱う

ルーフテントはイタリアで開発されたものですが、それを日本に普及させたと言われているのが、輸入代理店のジファージャパンです。イタリア国内でも人気な「AUTOHOME」などを扱っていて、過酷なテストに耐えた高品質の商品が揃います。

 

「マジョリーナ」「コロンブス」もジファージャパンが扱うブランドです。防水性や耐久性、通気性の高さからアウトドア愛好者から高い支持を集めています。

イージーキャンパーシリーズが有名な「ダイキ」はメンテナンスもおまかせ

ダイキはルーフテントやカーサイドオーニングを扱うメーカーで、コンパクトで軽量なイージーキャンパーシリーズが有名です。次々と新シリーズが登場し、メンテナンスや相談にも乗ってくれるのが魅力でしょう。

「フジカーズジャパン」は販売店が多く入手しやすい

キャンピングカーメーカーとして知られるフジカーズジャパンでは、ルーフテントのラインナップも充実。中でも、開閉が簡単な「マグシェル」や居住性の高い「マグタワー」は人気の製品で、対応する車種が多い点もポイントです。

 

キャンピングカーよりリーズナブルなので、ここでルーフテントに興味を持ち始める人も多いようです。日本全国に店舗を展開しているので、不具合があったら相談が可能なのも安心して購入出来る要素ですよね。

altair130モデルが人気の「ルーフテントジャパン」

軽量ルーフテントをお探しなら、ルーフテントジャパンの商品がおすすめです。軽量の「altair130」や、ソロキャンプ用の「altair80」などがよく知られていますね。防水性が高く、組み立てや取り付けが簡単な点も魅力です。

ワイルドなデザインが魅力「アドベンチャーキング」

アドベンチャーキングはオーストラリアのブランドで、セットアップが簡単なので初心者キャンパーさんにおすすめです。ワイルドな見た目やカラーリングも、人気のポイントと言えるでしょう。

「マッツ」はレンタルしてから購入ができるので後悔しない

イージーキャンパーシリーズやi-kamperの製品を取り扱うルーフテントの販売代理店です。1か月間のルーフテントのお試しレンタルも行っているので、購入を迷っている人でも十分検討できます。

「EasyCamp(イージーキャンプ)」は少人数におすすめ

デンマーク発のイージーキャンプは少人数向けのピクニック・キャンプ用品を作っているメーカーです。コンパクトなものが多く、ソロキャンプや2人でのキャンプを中心にする方におすすめ。手軽に組み立てられるのにおしゃれな商品もあります。

ソロから大人数まで!対応人数で選ぶ

ルーフテントの対応人数も選ぶ前にチェックしておきたいポイントですね。一緒に出掛ける人数によって、対応人数やテントのサイズも変わるので確認しておくべきです!

ソロキャンプや道の駅での車中泊に便利な「1人用」

1人用のルーフテントにもさまざまなタイプがありますが、設営が簡単で、収納もラクに出来るシェル型タイプなどがおすすめです。道の駅でパッと設営して車中泊することも可能ですよ。

コンパクトなタワー型も!友達・夫婦・シニアなど「少人数用」

2~3人など少人数で使えるルーフテントを選べば、友達や夫婦、シニアも満足して過ごせるような空間が完成するでしょう。たとえば、小ぶりなルーフトップテント型や、コンパクトなタワー型などがおすすめです!

3人・4人以上で車中泊が楽しめる「ファミリー用」

3人、4人に対応したファミリータイプのルーフテントは、家族やグループでのアウトドア向きですね。テント内と車内で分かれて宿泊すれば、大勢でのキャンプでも快適に過ごすことができます。

悪天候でも安心「耐水圧1500mm以上」

初心者キャンパーさんやキャンプデビューをしたばかりの人は、まだそこまでルーフテントの機能にこだわる必要はありませんが、耐水性は確認しておいた方がよいでしょう。

 

テント生地の耐水性は、耐水圧1500mm以上あれば十分と言われています。特に、雨が多い季節や、天候が変わりやすい山中での宿泊が多い場合は要チェックです。

強風に弱いデメリットをカバー!「耐風性・耐久性」に注目

車の上にセットアップするルーフテントは、高さがあるため風の影響を直に受けてしまいます。安全性を考慮するのであれば、耐風性や耐久性の高いルーフテント選びが大切です。

取り付け可能な車種で選ぶ

ルーフテントを買って後悔しないためには、取り付けが可能な車種を知っておくことが大事です。車の幅や高さや耐久重量などもあるので、購入前にチェックしておきましょう。

「ジムニー」はコンパクトで小回りがきく

凸凹した道や雪道でも問題なく走って、コンパクトで小回りがきくのでアウトドア愛好者やキャンパーに人気の車種です。天井部分がフラットで、ルーフテントの取り付けのしやすさも群を抜いています!

「ハスラー」は女性からの評価がバツグンな軽自動車!

ハスラーはカラーバリエーションが豊富なので、女性にも人気がある車種です。コンパクトですが、車内の作りが広いので、車中泊でも比較的快適に過ごせるでしょう。

 

また、荷物の積載量も多いので、キャンプなどアウトドアが趣味の人におすすめです。ハスラーもジムニーと同様に天井が平らなので、ルーフテントの設営がしやすいと言われています。

ルノーの「カングー」はベテランキャンパーにも高評価

フランスを代表する自動車メーカー、ルノーのカングーは、ルーフテントが取り付けられる車種としても人気です。貨物輸送に特化した商業利用向けに開発されているので、荷物の積載量に秀でています。

 

広い室内空間と、荷物の出し入れがしやすいダブルバックドアで、キャンパーから評価の高い車種です。アレンジ次第で、キャンピングカーのようにカスタマイズでき、自分仕様に工夫できる点も魅力と言えるでしょう。

「N-VAN」はルーフテントもカスタマイズ方法も多数!

ホンダの軽バンとして有名なN-VANは、フルフラットになる荷室と積載量の多さが特徴です。床の高さが低いので、荷物の出し入れが簡単で、キャンプ道具も余裕で詰み込むことができます。

 

車の上に設置するルーフテントのほか、側面の出入り口に設営するカーサイドテントも人気なので参考にしてみてくださいね。

大人4人でもラクに車中泊がOKな軽自動車「エブリィ」

エブリィは、スズキが開発したワンボックスタイプの軽自動車です。エブリィは車内がとても広いので、ルーフテントを合わせることで、4人以上でもラクラク就寝できる空間が作れるのが魅力ですね。大人数でのアウトドアにおすすめです!

荷物運びににも最適な「フリード」

フリードは、アウトドアに最適なようにトランクの上下に荷物を載せることができる仕様になっています。また十分な広さも確保されているので、ルーフテントを設置しても余裕があるのも魅力です。

走行に問題の無いサイズで選ぶ

ルーフテントは意外とサイズが大きくなるので、高さ制限に注意が必要です。また、ルーフテントは50kg以上ある製品もあるので、車両の最大積載量も確認してから購入しましょう。

高さ制限を順守した「サイズ」

ルーフテントを取り付けると、車高が高くなり、普段通れる場所が通行できなくなることがあります。トンネルや立体駐車場に侵入するときは、高さ制限を確認しましょう。取り付け後に後悔しないよう、購入前にどのくらいの高さになるか知っておきましょう。

最大積載量を意識した「重量」

自動車には最大積載量が決められており、軽自動車であれば最大積載量は350kgです。これを超過すると法律に違反することになってしまいます。ルーフテントには50kgを超えるものもあり、最大積載量の数割を占めるため、注意が必要です。

 

また、車両の高い位置に重量物を載せると重心が高くなります。ルーフテントを設置する前に比べて、ブレーキのかかり具合や、カーブでの操作に影響が出やすいので、様子を見ながら運転することが大事です。

初心者キャンパーさんは「手ごろな価格」から

ルーフテントは、普通のテントと比較すると値段が高価です。初心者キャンパーさんは、まずは手ごろな価格のモデルを揃えるのがおすすめです。その後、アウトドアに慣れてきたら高価格モデルを購入するのもアリでしょう。

「オプション製品」も追加すればアウトドアライフが快適に

ルーフテントで宿泊するなら、カーサイドタープやオーニングなどのオプション製品も組み合わせれば、より快適なキャンプが楽しめます。大型テントやタープよりも設営の手間が簡単で、荷物の積み下ろしや運搬が楽にできる点もメリットです。

ルーフテントの人気おすすめランキング15選

15位

ポップアップ式ルーフテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

コンパクトで取り付けが簡単

軽量で取り付けやすい1~2人用のルーフトップテントです。開閉は手動で行いますが、モーターなどが無い分全体の重量が抑えられており、メンテナンスの手間もかかりません。出入り口全体を覆うキャノピーで、強い日差しや雨の日でも快適に過ごせます。

 

タワー型としては、価格もリーズナブルなので、ルーフテント入門者にもおすすめです。

タイプ タワー型 設営の簡単さ △(手動)
対応人数 1~2人 耐水性 -

口コミを紹介

取り付けが簡単で、室内も広々していて気に入っています。価格に比べてはるかに高い品質で、多くの人におすすめしたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

スミッティビルト(SMITTY BILT)

オーバーランダーテント

コンパクトに折りたためて高さ制限も安心

油圧式で折りたたみ・組み立てが簡単なタワー型ルーフテントです。折りたたむとルーフボックスのようにコンパクトになるので、高さ制限が心配な場合にもおすすめです。

タイプ テント型 設営の簡単さ ◎(油圧昇降式)
対応人数 2~3人 耐水性 -

ひさし付きの大きな窓が特徴

折りたたむとルーフボックスのようにコンパクトになるシェル型ルーフテントです。パネルを引き出して組み立てると、210x 210cmの広い空間に拡張でき、3~4人収容できます。

 

大きなひさしのついた窓が特徴で、強い日差しや雨の吹込みを防いで、居室内を快適に保ちます。耐紫外線、防カビ加工が施されており、年間を通じて使用可能です。

タイプ シェル型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 3〜4人 耐水性 ◎(耐水圧2000mm)
12位

DARCHE

ハイビュー1400 ルーフトップテント

大きな窓から景色を楽しめる。

車で寝泊まりするアウトドアレジャーが盛んなオーストラリアのメーカーの製品です。大人2人がゆったり過ごせる余裕のスペースで、ひさしのついた大きな窓から景色が楽しめます。はしごを囲む、別売りのアネックステントを導入して拡張も可能です。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 2人 耐水性 -
11位

鹿島創建

Car roof tent Roof tent Series 1

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

結露を軽減するポリコットン生地使用

防水加工を施したポリエステルとコットンの混紡生地を使用しており、居室内の結露を軽減して快適に過ごせるルーフテントです。窓にはメッシュパネルを備えており、通気性を確保しながら、虫の侵入も防止します。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 2人 耐水性
10位

通商国際

ルーフトップテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

アネックステントと組み合わせて快適な空間に

ルーフトップテントと、はしごの周りを囲むアネックステントの組み合わせで、居住性に優れた空間が特徴です。通気性が高く虫の侵入を防げるメッシュパネルを採用しながら、2000mmの高い防水性能を持つのも魅力です。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 大人2人+子ども3人 耐水性

口コミを紹介

購入してよかったです。期待した以上の機能を備えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ROAM

ロームアドベンチャー ベガボンド

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

しっかりした生地で頑丈

テント本体、フライシートとも、分厚い耐水性生地を使用しており、大雨でも居室内は快適です。大きな窓は、フルオープン・フルクローズにできる他、キャノピーのように立てることも可能です。雨や埃が居室内に入り込むのを防ぎながら、景色を楽しめます。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 3~4人 耐水性

口コミを紹介

このルーフトップテントはとても簡単に装着でき、寝心地も快適です。かなりおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

YAKIMA

SkyRise HDテント S

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

耐水性が高く厳しい環境でも安心

耐水圧3000mmのしっかりとした生地を使用した、耐久性に優れるルーフトップテントです。大雨や寒さにも強く、年間を通して使用できます。ロープ付きで、風が強い場合は、飛ばされないよう対策が可能です。

 

フライシートは簡単に取り外すことができるので、天気が良ければ、大きな窓から景色が楽しめます。分厚いマットレス付きで寝心地がよく、マットレスのカバーは取り外し可能なので、衛生面も安心です。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 2人 耐水性 ◎(耐水圧3000mm)
7位

iKamper

X-COVER ルーフトップテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

軽自動車にぴったりのルーフトップテント

ジムニーなど軽自動車にも設置できるルーフトップテントです。パネルを引き出せば、幅230cmまで拡張でき、大人2人、子供1人なら余裕で宿泊できます。

 

折りたたんだ状態のテントの上はキャリアバーを装備しているので、テントの上にさらに荷物を載せることが可能です。低反発マットレスが標準装備されているので、寝心地も快適で、車内に積載する荷物も軽減できます。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 4人 耐水性 -
6位

CampGear(キャンプギア)

ファミリールーフトップテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

家族で過ごせる居室スペースの広さが魅力

大人2人と子供2人の最大4人まで宿泊可能な、ファミリーサイズのルーフテントです。組み立てが簡単なシェル型で、女性でも数分で設営できます。

 

別売りのオーニングを組み合わせれば、自動車横はリビング、上は寝室として快適なキャンプが楽しめます。大きな窓がついており、地面に張るテントでは味わえない景色を眺めながら宿泊できます。

タイプ シェル型 設営の簡単さ 〇(手動)
対応人数 4人 耐水性 -
5位

Feldon Shelter

クロウズネスト ルーフトップテント レギュラーサイズ

風雨に強い耐久性の高さが特徴

豊かな自然が豊富で、アウトドアレジャーが盛んなニュージーランドのメーカーFeldon Shelterの製品です。大人2人と子供1人のファミリーにちょうどよいサイズで、はしごを引き出すだけで簡単に設営できます。

 

雨が溜まりにくいドーム型の屋根や、耐風性に優れた形状など、厳しい気候条件でも対応できる耐久性の高さが特徴です。テント内部は、通気性が十分確保されているので、結露を防いで快適に宿泊できます。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(半自動)
対応人数 2人 耐水性 〇(防水、防カビ、抗菌処理済み)
4位

SANPERCY

ルーフテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

折りたたみ収納ですぐに収納OK!

車の上に設営することで、普通の車がいとも簡単にキャンピングカーになるのが、このルーフテントの良いところでしょう!しかも折りたたみ収納式タイプで、金属バックルでしっかり閉じられるので走行中の風の抵抗も受けにくいですよね。

 

そのうえ、『油圧昇降式』なので複雑な組み立ての必要がありません。力を入れなくともスムーズに設営が可能なので、キャンプ初心者さんにおすすめです。

タイプ タワー型 設営の簡単さ ◎(油圧昇降式)
対応人数 2人~ 耐水性 ◎(PU2000の防水性)

口コミを紹介

造りがしっかりとしているので安心です。テント内のマットの下はアルミ板がすいてあるので床抜けなどの心配はありません。テント生地も結構厚みがあるので簡単には破けないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

YAKIMA

スカイライズ ルーフトップテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

大人2人なら余裕のスペース!キーロック付きなので安眠に

サイズがSですが、大人2人程度であれば余裕がたっぷりあるルーフテントです!天窓付きなので、冬に田舎に出かけてキレイな星空を眺めるのもロマンチックですね。夫婦やカップル、小さな子供と使っても楽しいはずですよ。

 

キーロック付きなので防犯性も高くて安心して眠れます。そのままでも撥水性はありますが、しっかり雨が降ったときのために防水カバーも完備して便利ではないでしょうか。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ △(手動)
対応人数 2人 耐水性 ◎(防水カバー完備)

口コミを紹介

他のルーフテントはボルトでキャリアと固定するだけのタイプなのでキーロックできるこのタイプはすごくいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Thule(スーリー)

テプイ エクスプローラー クケナム3

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ルーフボックスメーカーが手掛ける安定感

ルーフボックスなどのカーパーツメーカーとして有名なThule(スーリー)の製品です。アメリカのルーフテントメーカー、Tepui(テプイ)との共同開発により、2020年に販売開始されました。

 

クケナム3は、3人用のルーフテントで、高さが132cmあるゆったりとした室内空間が特徴です。ルーフキャリアやルーフボックスを手掛ける実績あるメーカーの製品だけあって、安定感も信頼できます。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ 〇(半自動)
対応人数 3人 耐水性 〇(防水・通気加工済み)
1位

Smittybilt

オーバーランダーテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

サンルーフ付きで開放感あり!

サンルーフ付きなので開放感があり、通気性もいいのがウリのルーフテントです。大人2人が入っても余裕の広さで、足を伸ばした状態で眠ることができるでしょう。

 

車両がフラットタイプのルーフラック付きであれば、どんな車にも取り付けられます。車を新しく買わなくても、キャンピングカーや車中泊カーとして使えちゃうのが便利です。

タイプ ルーフトップテント型 設営の簡単さ
対応人数 2人~ 耐水性

口コミを紹介

風への耐久性は普通に使う分には問題なし。北海道の真冬の海岸で、タープが飛ぶほどの強風の中でも使用できる程度には頑丈。展開は約2分、収納は慣れれば5分強で可能。

出典:https://www.amazon.co.jp

ルーフテントのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 設営の簡単さ 対応人数 耐水性
1
アイテムID:7861858の画像
オーバーランダーテント 189,000円

詳細を見る

サンルーフ付きで開放感あり!

ルーフトップテント型 2人~
2
アイテムID:7861857の画像
テプイ エクスプローラー クケナム3 347,954円

詳細を見る

ルーフボックスメーカーが手掛ける安定感

ルーフトップテント型 〇(半自動) 3人 〇(防水・通気加工済み)
3
アイテムID:7861854の画像
スカイライズ ルーフトップテント 198,000円

詳細を見る

大人2人なら余裕のスペース!キーロック付きなので安眠に

ルーフトップテント型 △(手動) 2人 ◎(防水カバー完備)
4
アイテムID:7861851の画像
ルーフテント 148,880円

詳細を見る

折りたたみ収納ですぐに収納OK!

タワー型 ◎(油圧昇降式) 2人~ ◎(PU2000の防水性)
5
アイテムID:7861850の画像
クロウズネスト ルーフトップテント レギュラーサイズ 385,000円

詳細を見る

風雨に強い耐久性の高さが特徴

ルーフトップテント型 〇(半自動) 2人 〇(防水、防カビ、抗菌処理済み)
6
アイテムID:7861849の画像
ファミリールーフトップテント 367,400円

詳細を見る

家族で過ごせる居室スペースの広さが魅力

シェル型 〇(手動) 4人 -
7
アイテムID:7861848の画像
X-COVER ルーフトップテント 437,800円

詳細を見る

軽自動車にぴったりのルーフトップテント

ルーフトップテント型 〇(手動) 4人 -
8
アイテムID:7861847の画像
SkyRise HDテント S 336,202円

詳細を見る

耐水性が高く厳しい環境でも安心

ルーフトップテント型 〇(手動) 2人 ◎(耐水圧3000mm)
9
アイテムID:7861844の画像
ロームアドベンチャー ベガボンド 458,500円

詳細を見る

しっかりした生地で頑丈

ルーフトップテント型 〇(手動) 3~4人
10
アイテムID:7861841の画像
ルーフトップテント 124,599円

詳細を見る

アネックステントと組み合わせて快適な空間に

ルーフトップテント型 〇(手動) 大人2人+子ども3人
11
アイテムID:7861840の画像
Car roof tent Roof tent Series 1 134,980円

詳細を見る

結露を軽減するポリコットン生地使用

ルーフトップテント型 〇(手動) 2人
12
アイテムID:7861839の画像
ハイビュー1400 ルーフトップテント 181,500円

詳細を見る

大きな窓から景色を楽しめる。

ルーフトップテント型 〇(手動) 2人 -
13
アイテムID:7861838の画像
Thule Tepui HyBox 478,500円

詳細を見る

ひさし付きの大きな窓が特徴

シェル型 〇(手動) 3〜4人 ◎(耐水圧2000mm)
14
アイテムID:7861837の画像
オーバーランダーテント 258,000円

詳細を見る

コンパクトに折りたためて高さ制限も安心

テント型 ◎(油圧昇降式) 2~3人 -
15
アイテムID:7861834の画像
ポップアップ式ルーフテント 175,992円

詳細を見る

コンパクトで取り付けが簡単

タワー型 △(手動) 1~2人 -

ルーフテントのメリット

ルーフテントには、さまざまなメリットがあります。普段の車利用は日帰りのお出かけや通勤に使い、車中泊旅をする時だけルーフテントを設営して車内と別れて寝れば広々と寝ることができます。

 

また、ルーフテントは夏にも活躍してくれます。気温はそこまで変わらないのですが、湿度が上がらず蒸し蒸しすることがありません。ルーフテントの四方が網戸になるので、風が吹き抜け熱がこもることが少なく快適です。


湿度が下がって、風通しが良いだけで、かなり体感温度は変わるので、夏にルーフテントはおすすめです。

購入者が後悔した理由とは?事前に知って備えておこう!

中には「ルーフテントを買って後悔した」という人も。後悔した人の多くが、使用するたびに屋根に乗せたり降ろしたりするのが億劫という理由でした。では、どうすれば後悔せずにルーフテントを使用できるでしょうか。

 

おすすめなのは、屋根にそのまま乗せておくという方法。ルーフテントは丈夫なので、雨風にさらされても平気です。それは気になるという方は、降ろしたり乗せたりしやすい軽めのものを選ぶといいですね。満足して使えるように、買ったあと・使ったあとのことを考えておきましょう

ルーフテントを取り付けるには

ルーフテントは本体が50kg以上のものもあり、DIYでの取り付けは難しい場合があります。カー用品店や自動車整備工場などで、持ち込みによる取り付けが依頼できるところもありますので、無理せずプロにまかせましょう。


ルーフテントを取り付けるには、ルーフキャリアやルーフボックスを取り付けるときと同様、ベースキャリアの上に設置します。ベースキャリアは自動車に直接固定する2本以上のバーで、ルーフテントなどを設置する土台となります。


ベースキャリアの固定方法は、自動車のルーフレールを使用する場合や、レインガーターに挟む方法など、車種によって異なります。こちらの記事ではルーフキャリアの選び方や人気商品をランキング形式で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ルーフテントには多くのタイプや種類があることが分かりましたよね。自分が持っている車種によって、サイズや高さが適合するルーフテントを選び、1年中快適に過ごせるように配慮してくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ルーフキャリアの人気おすすめランキング15選【ジムニーなどメーカーのおしゃれなものを紹介】

ルーフキャリアの人気おすすめランキング15選【ジムニーなどメーカーのおしゃれなものを紹介】

カー用品
ルーフボックスの人気おすすめランキング13選【大型やおしゃれタイプも】

ルーフボックスの人気おすすめランキング13選【大型やおしゃれタイプも】

カー用品
【2021年最新版】ツーリングテントの人気おすすめランキング20選【持ち運びに便利!】

【2021年最新版】ツーリングテントの人気おすすめランキング20選【持ち運びに便利!】

テント
ロゴスのテントの人気おすすめランキング15選【口コミや評判も】

ロゴスのテントの人気おすすめランキング15選【口コミや評判も】

テント
【2021年最新】小川テントのおすすめ人気ランキング15選【ソロ・2ルームタイプも】

【2021年最新】小川テントのおすすめ人気ランキング15選【ソロ・2ルームタイプも】

テント
アウトドアチェアの人気おすすめランキング26選【キャンプなどに!ハイバックチェアも紹介】

アウトドアチェアの人気おすすめランキング26選【キャンプなどに!ハイバックチェアも紹介】

アウトドアチェア・ベンチ