【美容ライター監修】シェーディングの人気おすすめランキング19選【プチプラやデパコスも】

記事ID890のサムネイル画像

顔に陰影をつけてはっきりとした顔立ちに見せるシェーディング。今回は美容ライターが厳選したおすすめのシェーディングを、ランキング形式でご紹介します。ケイトやMAC・セザンヌといった人気ブランドやハイライトと一緒になったおすすめコスメも。コスメ選びが難しいブルべさんは必見です。使い方も紹介しているので、参考にしてください。

今回の記事ではシェーディングの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではフェイスパウダーについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

シェーディングの基礎知識を紹介

今回は美容ライターである寒川さんに、シェーディングの基礎知識とおすすめ商品について教えて頂きました。

取材協力

専門家プロフィール画像

【寒川 あゆみ(そうがわ あゆみ)】


1987年生まれ。美容専門学校卒業後、エステティックサロンに就職。その後、海外にてフリーランスでエステティシャンとして活動し、帰国後、大阪にてエステティックサロン「private salon Laule'a」を運営。

美容ライター・美容家としてwebメディア「FYTTE」「朝時間.jp」「anna」などで執筆を行う。


HP:https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa

編集部の画像

編集部

gooランキングセレクト編集部です!本日はよろしくお願いします!

突然なのですが、私は面長でアジア人らしい凹凸の少ない顔なのでシェーディングで立体感を出したり、シュッとしたフェイスラインや目・鼻をくっきり見せたりしたいんです。

でも自分にあったシェーディングが中々見つからなくて...。

寒川さんの画像

寒川さん

こちらこそよろしくお願い致します!

そういう悩みをお持ちの方は多いですね。


シェーディングをうまく活用するだけでパッとお顔立ちがはっきりするので、そういうお悩みを持つ方にはシェーディングをぜひ使っていただきたいです。

自分に合うものを探しにくいとのことでしたので、まずはシェーディングのタイプから紹介しますね!

編集部の画像

編集部

はい!お願いします!

寒川さんの画像

寒川さん

まずシェーディングには「パウダータイプ」「クリームタイプ」「スティックタイプ」があります。


「パウダータイプ」は、チークのようにふんわり仕上げられるので、初心者さんでも簡単にシェーディングできます。

「クリームタイプ」は鼻筋などのような部分使いに向いていて、肌への密着力もあるので化粧直しの手間が減らせます。

「スティックタイプ」はクリームに似た着け心地です。発色がいいので、フェイスラインや目・鼻周りの細かい部分に使うのもおすすめ。しっかり影をつくれますよ。

POINT①

シェーディングの種類で選ぶ


①パウダー→チークのようにふんわり。初心者でも簡単。

②クリーム→部分使いにおすすめ。密着力が高い。

③スティック→クリームに似ている。発色がいい・

編集部の画像

編集部

シェーディングって、パウダータイプだけの印象でした!

ファンデーションと同じで、たくさんのタイプがあって当然ですよね!


次にお聞きしたいのが色選びなのですが、自分に合う色が見つけにくくて...。

寒川さんの画像

寒川さん

最近では「イエローベース」や「ブルーベース」なんて言葉もよく聞かれるようになりましたよね。

もっと細分化するとこれに春夏秋冬がついたりして大きな指標となります。

編集部の画像

編集部

聞いたことはあります!

個人的には、自分はイエローベースかなと思っているのですが...。

寒川さんの画像

寒川さん

ご自分で何となくイエローベースかなとお考えになられる方もいるのですが、実はそうじゃないことも多々あるので、パーソナルカラー診断などを受けて調べてみるのも楽しいと思います!

今回は大まかにイエローベース・ブルーベースに当てはめて似合うお色の説明をしますね。

編集部の画像

編集部

なるほど...。

思い込みで色選びも失敗してしまう可能性がありますね...。

お願いします!

寒川さんの画像

寒川さん

色の表記にベージュ・ピンク・オークルと記載されている場合があります。

イエローベースの方は、肌の色味が黄色かったりやほんのり赤みがあったりするので、黄色味がかったオレンジやベージュ寄りの鮮やかなブラウンが肌になじみやすいです。


ブルーベースの方は肌の色味が青みがかったような肌色ですので、グレーベージュやグレーブラウンなど淡いブラウンがなじみやすいです。

POINT②

肌の色で選ぶ


①イエローベース→オレンジ・ベージュ・鮮やかなブラウン

②ブルーベース→グレーベージュ・グレーブラウン・淡いブラウン

編集部の画像

編集部

なるほど〜!色選びってやっぱり大切なんですね!

寒川さんの画像

寒川さん

そうなんです。人の肌は十人十色、上記の色がどうしてもしっくりこない方も勿論いらっしゃいます。

編集部の画像

編集部

え、それじゃあどうすれば...。

寒川さんの画像

寒川さん

そういうときは、手の甲や首と顔の境目のフェイスラインに気になる商品のテスターを塗り、肌の色となじむかを確認しましょう。

パウダータイプの場合は1,2度塗りをしてみて発色の良さを確認、クリームやスティックタイプならぼかしやすさなどテクスチャーも確認してみてください!

POINT③

テスターを使ってみる


①手の甲・首と顔の境目のフェイスラインに塗って試す。

②パウダーの場合は、1~2度塗りをして発色を確認。

③クリームタイプはぼかしやすさ、テクスチャも確認する。

編集部の画像

編集部

なるほど!でも、ネットで買う場合って試せないですよね?

寒川さんの画像

寒川さん

そうですね。せっかくネットで買って肌に合わない、使えないとなると悲しいですよね。

そうならないために薄づきのパウダータイプなどを選ぶと失敗しにくく、万が一、色選びを失敗してもアイブロウパウダーとして使えます!

POINT④

薄付きのパウダーなら「アイブロウパウダー」として代用できる!

編集部の画像

編集部

失敗しても応用ができるのはいいですね!


次に質問なのですが、シェーディングで肌トラブルを隠すことはできますか...?

寒川さんの画像

寒川さん

できますよ!

シェーディングは、色を暗くするだけに見えますが、実は肌トラブルを隠せる質感のものもあるんですよ!

肌トラブルを隠したい方には「微粒子パール入り」のものがおすすめです!

編集部の画像

編集部

パールですか...?

キラキラしたもの使うと、かえって目立ちやすくなりませんか?

寒川さんの画像

寒川さん

実は微粒子パールが光に反射して、シミやニキビ跡などを目立ちにくくしてくれますが、シェーディングだけパール入りのものを使うと目立ちすぎてしまいます。


化粧下地やファンデーション・フェイスカラーやお粉など肌の質感を作るベースメイクアイテムもパール入りのものにすることで、光の加減で目立ちにくくなります。

POINT⑤

肌トラブルを隠すには...


①ラメやパール入りのシェーディングを使う。

②シェーディング以外のベースメイクにもラメ・パール入りを使う。

編集部の画像

編集部

そうなんですね!それは意外な事実でした!

シェーディングでも肌のトラブルはある程度カバーできるんですね。

寒川さんの画像

寒川さん

そうなんですよ。

他にも自然に仕上げたい方には「マットタイプ」がおすすめです。

マットタイプの場合は肌に馴染みやすいので、シェーディング初心者さんや少し不器用かもしれない...と悩んでいる方におすすめです。

POINT⑥

マットタイプは肌になじみやすいので「初心者」でも使いやすい!

編集部の画像

編集部

シェーディングなんて難しくて私には無理だと思ってましたが、何だかやれそうな気がしてきました!


シェーディングの選び方について理解が深まったところで、次に寒川さんおすすめのシェーディングの紹介をお願いします!

寒川さんの画像

寒川さん

はい!

今回は、「スティックタイプのシェーディング」「プチプラのシェーディング」をそれぞれ15選ずつに分けて紹介します!

最後にシェーディングの効果的な入れ方についても解説していますので是非参考にしてみてくださいね!

【スティック】マットシェーディングの人気おすすめランキング4選

フェイスラインにフィットしやすい形が特徴!

メディフィールのメイクブランドであるメイクヒールのVセラカバースティックは、顔の凹凸に合うような形になっているので塗りやすいことが特徴です。さっとお肌に伸ばしたあとは指の腹やスポンジなどでトントンとなじませるだけなので簡単。

タイプ クリームタイプ カラー SLIM FIT BEIGE/SHRINK FIT BEIGE
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル 立体感、小顔

ハイライトをくすみやニキビカバーに活用!

ハイライトとコントゥアーがスティックになっています。くすみやくま、ニキビ跡などをハイライトでカバーしたり、陰影をつけることで立体感や小顔感を作ることができます。クリームタイプで、塗ったあと指でなじませると自然になじみ浮きにくいところもポイント。

タイプ クリームタイプ カラー 01ライト/02ミディアム/03ディープ/04ユニバーサル
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル くすみ、ニキビ、立体感、小顔感

ホワイトとブラウンを使い分けてツヤ&立体感を演出!

01パール入りホワイトはラメタイプなので、高さを出したい鼻筋や眉尻の下、頬骨などに入れ、肌の色に合う01マットブラウンもしくは02ベージュブラウンで奥行きを出したい部分や引き締めたい部分に入れるのがおすすめです。

タイプ クリームタイプ カラー 01パール入りホワイト/01マットブラウン/02ベージュブラウン
テクスチャ ラメタイプ、マットタイプ 肌トラブル くすみ、ニキビ、立体感、小顔感

一本でナチュラル立体小顔に!

スティック状にはパール入りのハイライトとマットシェーディングが一本になっているので、クリームタイプなので肌密着もよく、ナチュラルでメリハリの立体感が作れるアイテム。

タイプ クリームタイプ カラー 01ライト/02ミディアム
テクスチャ マット、パールタイプ 肌トラブル ニキビ、くすみ、立体感、小顔

【スティック】マットシェーディングのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7774444の画像

    メイベリン

  • 2
    アイテムID:7774443の画像

    セザンヌ(CEZANNE)

  • 3
    アイテムID:7774442の画像

    NYX

  • 4
    アイテムID:7774441の画像

    メイクヒール(MAKEHEAL)

  • 商品名
  • フェイステュディオ Vフェイス デュオスティック
  • シェーディングスティック マットブラウン
  • ワンダースティック
  • Vセラカバースティック
  • 特徴
  • 一本でナチュラル立体小顔に!
  • ホワイトとブラウンを使い分けてツヤ&立体感を演出!
  • ハイライトをくすみやニキビカバーに活用!
  • フェイスラインにフィットしやすい形が特徴!
  • 価格
  • 1342円(税込)
  • 660円(税込)
  • 1540円(税込)
  • 3488円(税込)
  • タイプ
  • クリームタイプ
  • クリームタイプ
  • クリームタイプ
  • クリームタイプ
  • カラー
  • 01ライト/02ミディアム
  • 01パール入りホワイト/01マットブラウン/02ベージュブラウン
  • 01ライト/02ミディアム/03ディープ/04ユニバーサル
  • SLIM FIT BEIGE/SHRINK FIT BEIGE
  • テクスチャ
  • マット、パールタイプ
  • ラメタイプ、マットタイプ
  • マットタイプ
  • マットタイプ
  • 肌トラブル
  • ニキビ、くすみ、立体感、小顔
  • くすみ、ニキビ、立体感、小顔感
  • くすみ、ニキビ、立体感、小顔感
  • 立体感、小顔

【スティック】ラメ・シアータイプの人気おすすめランキング3選

2色を使ってメイクを楽しめる!

ハイライトとして使えるCopacabanaとシェーディングとして使えるSidari Beachがスティック状になっています。肌になじませると伸びの良いテクスチャーで、自然な光沢のあるシアー感があります。

タイプ Copacabana/Sidari Beach カラー クリームタイプ
テクスチャ ラメ・シアータイプ 肌トラブル くすみ、ニキビ跡、立体感、小顔感

見せたい質感に合わせて選ぶスティックタイプ

3種類のスティックはそれぞれハイライトとシェーディングの色味や質感が違うので、見せたい質感やお気に入りの色に出会えるところがポイント。塗りやすいスティック型なのでリピーター率も高い。

タイプ クリームタイプ カラー 3種類
テクスチャ ラメ・マット 肌トラブル くすみ、立体感、小顔感

透明感をキープしたまま自然な仕上がり

繰り出して使うスティックタイプです。オイルベースで作られているので、シアー感のある発色で肌なじみがとても良く、つけ心地も軽く、自然な仕上がりになります。

タイプ クリームタイプ カラー 01ナチュラルベージュ
テクスチャ シアータイプ 肌トラブル ニキビ、ニキビ跡、立体感、小顔感

【スティック】ラメ・シアータイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7774449の画像

    ルナソル

  • 2
    アイテムID:7774448の画像

    エチュードハウス

  • 3
    アイテムID:7774447の画像

    ナーズ

  • 商品名
  • コントゥアリングスティック
  • プレイ101スティックデュオ
  • スカルプティングマルティプルデュオ
  • 特徴
  • 透明感をキープしたまま自然な仕上がり
  • 見せたい質感に合わせて選ぶスティックタイプ
  • 2色を使ってメイクを楽しめる!
  • 価格
  • 3300円(税込)
  • 1044円(税込)
  • 3600円(税込)
  • タイプ
  • クリームタイプ
  • クリームタイプ
  • Copacabana/Sidari Beach
  • カラー
  • 01ナチュラルベージュ
  • 3種類
  • クリームタイプ
  • テクスチャ
  • シアータイプ
  • ラメ・マット
  • ラメ・シアータイプ
  • 肌トラブル
  • ニキビ、ニキビ跡、立体感、小顔感
  • くすみ、立体感、小顔感
  • くすみ、ニキビ跡、立体感、小顔感

【パウダー】マットシェーディングの人気おすすめランキング10選

お肌に自然になじみ質感もキレイなMACの商品

言わずと知れたMACのシェーディングは彫りの深い目元やフェイスラインのシャープさを演出します。重ねると色がしっかり濃く出るし、ふわっとのせると自然な仕上がりになります。

タイプ パウダータイプ カラー -
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル 立体感、小顔感

色を使い分けてマルチに活用!

ソフトスリムは肌の色に近いベージュタイプなので、くすみやニキビなどをカバーすることができ、肌の色に合わせてミディアムタイトもしくはジェントルシャドウで立体感を演出することで小顔に見せることができるシェーディングパウダーです。

タイプ パウダータイプ カラー ソフトスリム/ミディアムタイト/ジェントルシャドウ
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル くすみ、ニキビ、立体感、小顔

パフでフェイスラインを小顔に!

フェイスパウダーのようなシェーディングパウダーなので、引き締めたい部分をパフでトントンとなじませるだけ。初心者でも簡単にできるところが人気の秘訣。

タイプ パウダータイプ カラー ナチュラルブラウン
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル 立体感、影感、小顔

これ一つでシェーディングもチークもアイシャドウにも!

どのような肌の色のタイプでもなじみやすいベージュでマットな質感なので、ナチュラルメイクからモードメイクまで上質な印象を演出することができます。少しお値段は高い印象ですが、万能に使えて優秀!

タイプ パウダータイプ カラー リネンベージュ
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル 立体感、小顔感

作りたい顔、見せたい肌に合わせられる

立体的な骨格や小顔に見せたいときはマットな質感のEX-1ナチュラルタイプ、肌のツヤ感を協調しながら肌トラブルを隠したいときはEX-2グロウタイプがおすすめ。

タイプ パウダータイプ カラー EX-1ナチュラルタイプ/EX-2グロウタイプ
テクスチャ マット・ラメ感 肌トラブル ニキビ、くすみ、立体感、影感、小顔

影感を作る単色シェーディング

フェイスラインに影感を作ることで立体感や小顔効果が演出でき、ノーズシャドウに入れるとパーツの立体感を出すことが出来ます。色味も濃くなりすぎないので、シェーディング初心者で立体感を作りたい方におすすめです。

タイプ パウダータイプ カラー 4マットブラウン
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル 立体感、影感、小顔
4位

メイベリン

フェイステュディオ Vフェイス デュオパウダー

ほんのり立体感を出したい人向け

ハイライトとしても使えるブラウンと深みのあるブラウンの2色が入ったシェーディングパウダー。くっきりと立体感を出すのではなく、ごく自然なシェーディングを作りたいという方におすすめです。

タイプ パウダータイプ カラー 01ライト/02ミディアム
テクスチャ マットタタイプ 肌トラブル 立体感、影感、小顔

人気のキャンメイクから影感を作る単色シェーディングが登場

影感を作ることで立体感や小顔効果が演出できます。01デニッシュブラウンは全ての肌色向け、03ハニーラスクブラウンはイエローベース向け、04アイスグレーブラウンはブルーベース向けになっているので色選びがしやすいです。

タイプ パウダータイプ カラー 01デニッシュブラウン/03ハニーラスクブラウン/04アイスグレーブラウン
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル 立体感・影感・小顔

セザンヌの初心者向け人気商品

粒子の細かいパウダータイプ。イエローベース、ブルーベースの方でも使える4色のパレットタイプ。肌の色や影感に合わせて色味を調整できます。

タイプ パウダータイプ カラー 20 シェーディング
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル くすみ、ニキビ、肌のキメ、立体感

初心者でも使いやすい

粒子が細かいパウダータイプで自然な薄づき。パレットタイプになっているので肌の色に合わせて単色使いや色を混ぜて使えること、ハイライトもシェーディングも作れるので自然な立体感を演出することが出来ます。

タイプ パウダータイプ カラー 01ナチュラルブラウン/02ダークブラウン
テクスチャ マットタイプ 肌トラブル くすみ、ニキビ、肌のキメ、立体感

【パウダー】マットシェーディングのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7774461の画像

    キャンメイク(CANMAKE)

  • 2
    アイテムID:7774460の画像

    セザンヌ(CEZANNE)

  • 3
    アイテムID:7774459の画像

    キャンメイク(CANMAKE)

  • 4
    アイテムID:7774458の画像

    メイベリン

  • 5
    アイテムID:7774457の画像

    セザンヌ(CEZANNE)

  • 6
    アイテムID:7774456の画像

    ケイト (KATE)

  • 7
    アイテムID:7774455の画像

    エトヴォス

  • 8
    アイテムID:7774454の画像

    資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

  • 9
    アイテムID:7774453の画像

    エチュードハウス

  • 10
    アイテムID:7774599の画像

    M・A・C(マック)

  • 商品名
  • マットフルールシェーディング
  • ミックスカラーチーク
  • シェーディングパウダー
  • フェイステュディオ Vフェイス デュオパウダー
  • フェースコントロールカラー
  • スリムクリエイトパウダー
  • ミネラルマルチパウダー
  • フォルムリメイカー
  • フェイスカラー シェーディング
  • ミネラライズ ブラッシュ
  • 特徴
  • 初心者でも使いやすい
  • セザンヌの初心者向け人気商品
  • 人気のキャンメイクから影感を作る単色シェーディングが登場
  • ほんのり立体感を出したい人向け
  • 影感を作る単色シェーディング
  • 作りたい顔、見せたい肌に合わせられる
  • これ一つでシェーディングもチークもアイシャドウにも!
  • パフでフェイスラインを小顔に!
  • 色を使い分けてマルチに活用!
  • お肌に自然になじみ質感もキレイなMACの商品
  • 価格
  • 862円(税込)
  • 748円(税込)
  • 748円(税込)
  • 1350円(税込)
  • 440円(税込)
  • 1229円(税込)
  • 2530円(税込)
  • 1420円(税込)
  • 880円(税込)
  • 2150円(税込)
  • タイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • カラー
  • 01ナチュラルブラウン/02ダークブラウン
  • 20 シェーディング
  • 01デニッシュブラウン/03ハニーラスクブラウン/04アイスグレーブラウン
  • 01ライト/02ミディアム
  • 4マットブラウン
  • EX-1ナチュラルタイプ/EX-2グロウタイプ
  • リネンベージュ
  • ナチュラルブラウン
  • ソフトスリム/ミディアムタイト/ジェントルシャドウ
  • -
  • テクスチャ
  • マットタイプ
  • マットタイプ
  • マットタイプ
  • マットタタイプ
  • マットタイプ
  • マット・ラメ感
  • マットタイプ
  • マットタイプ
  • マットタイプ
  • マットタイプ
  • 肌トラブル
  • くすみ、ニキビ、肌のキメ、立体感
  • くすみ、ニキビ、肌のキメ、立体感
  • 立体感・影感・小顔
  • 立体感、影感、小顔
  • 立体感、影感、小顔
  • ニキビ、くすみ、立体感、影感、小顔
  • 立体感、小顔感
  • 立体感、影感、小顔
  • くすみ、ニキビ、立体感、小顔
  • 立体感、小顔感

【パウダー】ラメ・シアータイプの人気おすすめランキング2選

ブロンズ肌でツヤ感をアップさせたいなら!

ピンク系のブラウンと深みのあるブロンズブラウンの2色になっているので、チークやフェイスラインにさっと入れることで顔の立体感と小顔感を演出できます。

タイプ パウダータイプ カラー シェード
テクスチャ ラメ・ブロンズタイプ 肌トラブル 立体感、小顔感

マスクにつかない自然かつツヤのある立体感を作りたいなら!

ライトカラーとシェイドカラーがパレットになっています。ライトカラーにはオイルコーティングされた2種類のパールが入っています。

 

シェードカラーはオイルによる薄膜でフィット感を重視しているので、透明感やツヤ感を長時間キープすることや、マスクをつけても崩れにくいことで人気のアイテムです。

タイプ パウダータイプ カラー ライトカラー/シェイドカラー
テクスチャ マット・ツヤタイプ 肌トラブル くすみ、ニキビ、立体感、小顔感

【パウダー】ラメ・シアータイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7774465の画像

    ESPRIQUE(エスプリーク)

  • 2
    アイテムID:7774464の画像

    Visee AVANT(ヴィセ アヴァン)

  • 商品名
  • ハイライト&シェーディング
  • パーフェクトフィニッシュ
  • 特徴
  • マスクにつかない自然かつツヤのある立体感を作りたいなら!
  • ブロンズ肌でツヤ感をアップさせたいなら!
  • 価格
  • 1189円(税込)
  • 1980円(税込)
  • タイプ
  • パウダータイプ
  • パウダータイプ
  • カラー
  • ライトカラー/シェイドカラー
  • シェード
  • テクスチャ
  • マット・ツヤタイプ
  • ラメ・ブロンズタイプ
  • 肌トラブル
  • くすみ、ニキビ、立体感、小顔感
  • 立体感、小顔感

シェーディングの選び方

シェーディングは、自分の理想としている顔になれたり、いつもと違う印象にしてくれるとっても重要なメイクアイテムなので、自分にピッタリのシェーディングを見つけることが大切です。

 

シェーディングを初めて使う方はもちろん、長年使ってるけどいまいちしっくりこないという方にも必見の、買ってから残念とならないように、シェーディングの選び方をいくつかご紹介します。

タイプで選ぶ

シェーディングの種類は、大きく分けるとパウダー・クリーム・スティック・リキッドの4種類。それぞれ適した使い方や特徴が異なります。ここでは、それぞれについて詳しく紹介していきます。

初心者にはブラシを使う「パウダータイプ」がおすすめ

パウダータイプのシェーディングは、シェーディング初心者にもおすすめ。一般的には、ブラシを使って顔にふんわりとのせられるので、全体のバランスを見ながら仕上げることができます。

 

薄付きのものが多いので、厚塗り感が出て不自然になることが少ないのもポイント。マットに仕上がるものだと、より自然な印象に仕上がります。1つのパレットに数種類の色が入ったものもあるので、好みや気分によって色を調節できることもメリットです。

 

もし色選びに失敗しても、アイブロウパウダーとして応用できます。比較的簡単に使えることや使い勝手のよさから、初心者におすすめです。

鼻筋など、部分使いには「クリームタイプ」を

クリームタイプは、肌への密着力や発色の良さが特徴です。メイク直しの手間が省けるので、メイクが崩れたら困るときなどに適しています。

 

指で塗れるため、鼻周りなどの細かい部部への使用にはクリームタイプがおすすめ。一方で、伸びにくいというデメリットがあり、広範囲には使いにくいタイプです。広範囲にはパウダー、部分使いにはクリームというように、使い分けてみましょう。

指を汚さずに使える「スティックタイプ」も人気

スティックタイプは密着力・発色力が高く、クリームのような使用感ですが、手を汚さずにサッと使えることがポイント。目や鼻の周りでも手を汚さずに使えるので、化粧直し用におすすめです。

油分が少なくてマスクにつかない「リキッドタイプ」も

油分が少なくサラサラとした肌触りが特徴のタイプです。油分が少ないためファンデーションなどがよれて崩れてしまうのを防いでくれます。適量手に出してトントンと付けて伸ばすことで綺麗に仕上がります。

 

こちらも初心者の方に優しいシェーディングです。自分に好みの色量を決めれるので簡単にシェーディングが馴染んでくれるのでおすすめです。マスクをつけても付きにくいのもうれしいですね。

カラーで選ぶ

シェーディング選びでは、カラーは超重要。自分にあったカラーのものがあるかをチェックしましょう。肌の色は人それぞれですが、ここではカラー選びでポイントをご紹介します。

ローライトとハイライトが一緒になった「セット」も

ハイライトとシェーディング。効果は真逆ですが、2つのアイテムがセットになっている便利なアイテムもあります。シェーディング・ローライトとハイライトがセットになっていれば、1本で立体感のある小顔に仕上げられることがポイントです。

「グラデーション」ならより自然な立体感を出せる

シェーディングの中には、ひとつのパレッドに複数の色が入っている場合があります。混ぜて使うことにより、ふんわりとした雰囲気を演出してくれることがポイント。既製品の色に合うものがないは、自分で色を作れるのでおすすめです。

 

また立体的な影を作りたいときにもおすすめ。様々な色を使うことで、自然な陰影を作ることができます

初心者には使いやすい「単色」がおすすめ

スティックタイプやクリームタイプは、ほとんどの商品が単色です。しっかりとした影が簡単に作れるので、時短メイクなどに重宝します。何度か重ね付けしたり、ぼかしたりしてある程度のグラデーションを自分で作れます

 

あまり色彩に自信がない方や、毎日グラデーションを作るのは大変という方は単色の方がおすすめです。

肌の色で選ぶ

人それぞれ、肌の色、質感など全く違いますよね。自分に合うものを使えば自然に馴染みますし、逆に自分に合わないものを使っていたら不自然に。今回は、イエベ・ブルべに分けておすすめの色合いをご紹介します。

イエベさんは「明るいブラウン系」がおすすめ

イエベさんには、黄色みがかったオレンジ系やベージュ寄りのブラウン系がおすすめです。肌が黄色みを帯びてたり、ほんのり赤みがかったりしている方は、それに近い色を選ぶと肌になじみやすくなります。オークルとベージュならベージュがおすすめです。

ブルベさんには「グレー系」が馴染みやすい

肌が青みを帯びているブルべさんには、淡いブラウン系がおすすめ。グレーベージュやグレーブラウンといった、比較的に暗い色合いのシェーディングが馴染みやすい傾向にあります。ブラウン系は区別がつきにくいと思いますが、黄色みが少ない色がおすすめです。

テクスチャで選ぶ

シェーディングはテクスチャで選ぶことも重要。テクスチャを把握しておかないと、自分が求めるメイクはできません。ここでは、「マットタイプ」と「微粒子パール入り」の2種類についてご説明します。

自然になじませるなら「マットタイプ」がおすすめ

肌を自然に馴染ませたい方はマットタイプがおすすめです。マットタイプは肌に馴染みやすく一見シェーディングしているのか分からない程です。影を入れるのが苦手、やシェーディングがうまくいかない方は一度マットタイプを試してみて下さい。

シミ・ニキビ跡を隠すなら「ラメ・パール入り」を

肌トラブルで悩んでる方はパール入りのものがおすすめです。ニキビ跡やシミといった肌トラブルは、パールタイプに含まれている微粒なパールが光に反射することにより目立たなくしてくれます。

 

ただし、シェーディングだけにパールが入っていると目立ってしまうので注意が必要です。下地やファンデーションといったベースメイクアイテムにも、パールが入っているものを選びましょう。

価格で選ぶ

メイクアイテムは消耗品だから安い方がいいと思う人もいれば、メイクアイテムはとっても重要だから高い方がいいと思う人もいますよね。今回は、プチプラ商品とデパコス商品それぞれのいいところをお教えします。

セザンヌ・ケイト・キャンメイクといった「プチプラ」も人気

プチプラ商品のメリットは、なんといっても安くてコスパが高いこと。気分転換にいつもと違う色を使ってみたり、色選びに失敗したりしても大きな痛手にならないことがポイントです。

 

最近では、韓国コスメやセザンヌといったプチプラコスメブランドも多く、非常に人気を集めています。初めてシェーディングを買うという方や、自分にあった色味がはっきりしないという方は、プチプラシェーディングがおすすめです。

「デパコス」ならMAC・NARSなどがおすすめ

デパコスブランドの特徴はメイク持ちのよさ。プチプラにも優秀なコスメが豊富ですが、持ちのよさや品質ではデパコスブランドの方に分があります。発色の良さなどもデパコスの方が良い場合があるので、質のいいシェーディングが欲しいという方におすすめです。

敏感肌なら「肌にやさしい」タイプがおすすめ

敏感肌の方やお肌が傷みやすい方は、シェーディングに含まれる成分にも注目することをおすすめします。天然由来の成分が含まれていたり、保湿成分が配合されている場合は敏感肌の方にも使用しやすい商品といえるでしょう。

フェイスシャドウの使い方

シェーディングって思った以上に難しいですよね。どこに影を入れればいいのか分からないし、やりすぎると厚化粧気味になってしまいます。一から直すのも大変ですよね。今回はシェーディングの効果的な入れ方をご紹介します。

面長気味の方はおでこと顎あたりに

顔が面長気味だからフェースラインにたっぷりシェーディングを入れてしまいがちですが、実はそれあまりよくないかもしれません。面長気味な方がフェースラインに影を入れてしまうとかえって縦長が強調してしまいます。

 

面長気味さんは、おでこと顎のあたりにシェーディングを入れてみて下さい。そうすることで上下の余白を立体的に見せることができ、狭く見せられます。他にもチークを少し広めに塗ることで、丸顔に近く付くので試してみてください。

丸顔さんはフェイスラインのサイドに入れる

丸顔さんはフェイスラインの部分サイドにシェーディングを入れることにより、顔がスッキリして見えることがポイント。また、頬骨の上にも薄く入れることで、リフトアップ効果が期待でき小顔に見えます。

 

丸顔さんは、おでこや顎にシェーディングを入れてしまうと丸さを強調してしまいますので注意して下さい。

エラが張り気味な方はエラの部分にだけ使う

エラの部分を外側に絞るようにシェーディングを入れていきます。頰まで入れてしまうと目立ってしまうので、あくまでエラの部分のみに入れてください。また、チークは入れない方が頰を主張せずスッキリ見せれるのでおすすめです。

 

目頭・目尻・眉と眉の間にハイライトを入れることによりはっきりした顔立ちになります。

卵型の方は耳の下あたりから顎に入れる

卵型さんは、理想のフェイスラインともいわれています。特別な悩みがない限り、シェーディングは必要ないでしょう。耳の下あたりから顎にかけてシェーディング入れることによって、顔を引き締めて見せます。

ノーズラインの入れ方はこちら

ノーズラインを入れるときには、眉頭の凹んでいる部分にシェーディングを入れます。シェーディングを入れたら指でぼかしつつ鼻の側面に伸ばしていきます。鼻先にはV字にシェーディングを入れ鼻頭にハイライトを入れます。こうすることによりメリハリの鼻にします。

 

また、眉間から鼻先まで薄めのハイライトでふんわり色をつけると、シュッと通った鼻になります。

シェーディング以外のおすすめアイテムはこちら

顔を立体的にみせるシェーディングですが、ノーズシャドウでも代用できます。ハイライトと一緒に使うとこでより立体的な顔立ちにできることも。ブロンザーとの違いが分からないという方もいるのではないでしょうか。ここでは、ブロンザー・ノーズシャドウ・メイクブラシセット・ハイライトについてご説明します。

ブロンザーは日焼け肌にみせるアイテム

ブロンザーとシェーディングは似ていますが、目的が異なります。シェーディングは顔に陰影をつけパーツをはっきりさせるコスメ。一方、ブロンザーは日焼けした健康的な肌に見せるためのコスメです。

 

使おうと思えば、シェーディングの代用品としてブロンザーを使うこともできます。おすすめのブロンザーを知りたいという方は、下記の記事を参考にしてください。アイシャドウ代わりや日焼けメイクなど、用途に合わせたブロンザーを紹介しています。

鼻筋をシュッとみせるならノーズシャドウも

シェーディングもノーズシャドウも顔の陰影を出すコスメです。ただし、この2種類は使う場所に違いがあります。シェーディングは顔の広範囲に使いますが、ノーズシャドウは眉頭から鼻筋にかけて使うのが一般的です。

 

目的は同じものなので、シェーディングをノーズシャドウとして使う場合やその逆も。下記では、ノーズシャドウの人気おすすめランキングを紹介しています。アートクラスやケイトのノーズシャドウも紹介しているので、ぜひチェックしてください。

シェーディングブラシならキレイに塗れる

シェーディングはクリームやパウダー・スティックといった種類があります。それぞれ使い方が少しずつ異なりますが、シェーディングをふんわりのせるならシェーディングブラシを使うのもおすすめです。

 

厚塗り感をなくし、自然な質感を演出できます。下記は、おすすめのメイクブラシセットを紹介している記事です。中には、シェーディングブラシが付いたセットもあるので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

立体感を作るならハイライトもおすすめ

ツヤ肌感を出すために使われることが多いハイライト。シェーディングと一緒に使うことで、顔の陰影をはっきりと出すことができるおすすめアイテムです。立体的な顔を作りたいという方は、セットで持っておくことをおすすめします。

 

下記の記事では、おすすめのハイライトをランキング形式でご紹介。小顔に見せたい方や美肌感といった、自分好みの肌を演出できるアイテムを多数紹介しています。韓国コスメの代表「エチュードハウス」やプチプラブランド「セザンヌ」の商品も。ぜひ参考にしてくだしさい。

ブルべとイエベの見分け方

寒川さんの画像

寒川さん

肌の色が黄色寄りであればイエベ(イエローベース)で、手のひらや手首の血管が緑っぽく見え、ラウン・ベージュ・オレンジ・コーラルピンク・ゴールドラメが肌になじみやすく、肌がくすみにくいです。


肌の色が青色寄りであればブルベ(ブルーベース)で、手のひらや手首の血管が青っぽく見え、グレー・ココアブラウン・モーブピンク・シルバーラメ・パールラメが肌になじみやすく、肌がくすみにくいです。

まとめ

シェーディングのおすすめランキング19選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分に合ったシェーディングを見つけられれば、いつもの自分とは違う自分になれるチャンスです。ぜひ、いろいろなものを試してみてください。自信に満ち溢れた顔はとても魅力的です。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【美容の専門家監修】ノーズシャドウの人気おすすめランキング17選【鼻が高く見える・落ちにくい】

【美容の専門家監修】ノーズシャドウの人気おすすめランキング17選【鼻が高く見える・落ちにくい】

フェイスパウダー
【現役美容ブロガー監修】単色アイシャドウの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

【現役美容ブロガー監修】単色アイシャドウの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

アイシャドウ
【あほ毛を抑える】ヘアオイルの人気おすすめランキング27選【2021年夏最新】

【あほ毛を抑える】ヘアオイルの人気おすすめランキング27選【2021年夏最新】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年最新版】メイクブラシセットの人気おすすめランキング15選【プレゼントに】

【2021年最新版】メイクブラシセットの人気おすすめランキング15選【プレゼントに】

メイク雑貨・小物
【美容ライター厳選】パウダーファンデーションの人気おすすめランキング22選【カバー力が凄い】

【美容ライター厳選】パウダーファンデーションの人気おすすめランキング22選【カバー力が凄い】

ファンデーション
【2021年最新版】40代向けフェイスパウダー人気おすすめランキング22選【ツヤ肌を作る・マスクにつかないものなど】

【2021年最新版】40代向けフェイスパウダー人気おすすめランキング22選【ツヤ肌を作る・マスクにつかないものなど】

フェイスパウダー