中華アクションカメラの人気おすすめランキング15選【2020年最新】

記事ID8442のサムネイル画像

中華アクションカメラは普通のGoProよりもコスパがいいとして人気を集めています。実際にGoProは手が出ないけれど、中華アクションカメラなら!と購入を検討されている方も多いのです。そんな中華アクションカメラのおすすめランキングを本日はご紹介します。

中華アクションカメラはコスパ最強!

中華アクションカメラ最大のメリットはなんといってもそのコスパのよさです。同じアクションカメラで、世界的にも有名なGoProの半額の相場となっているのですから、魅力的ですよね。

 

しかし、中華アクションカメラの購入を検討するときにネックとなるのが「機能性」です。「しっかりと映るのだろうか?」「そもそもカメラとしてしっかりと機能してくれるのだろうか?」などなど、心配な点はいくつかありますよね。

 

そこで今回は中華アクションカメラの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングの基準は発売時期、画素数、防水性能などです。

中華アクションカメラの人気おすすめランキング15選

15位

ARRIS(アリス)

ミニアクションカメラ

価格:4,405円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく小さなアクションカメラ!

とにかく小さなアクションカメラを求めている方におすすめの商品。なんとわずか14gしかない、とにかく小さいカメラでありながら価格はリーズナブル。指でつまめるくらいの極小の中華アクションカメラは興味をそそられますね。

発売時期2018年4月ディスプレイ-
Wi-Fi-画面解像度HD
大きさ9.7×9.4×4.2cm重さ13.6g

口コミを紹介

レンズの前に貼られた傷がつきにくいガラス製。
軽くドローに搭載してもバッテリーを消費しません。
とにかく気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

AKASO

アクションカメラ 2インチタッチスクリーン

価格:11,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチスクリーンが使いやすい

ガジェット系の操作に慣れていない方におすすめの中華アクションカメラです。タッチスクリーンが使いやすく、感覚で操作ができると年配層を中心に人気を集めているアイテムです。

発売時期2019年8月ディスプレイタッチパネル
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ6×1.5×3cm重さ540g

口コミを紹介

以前使っていたアクションカメラが壊れてしまったので新しくこの商品を購入しました。小さく軽く、アクセサリー類も豊富なのでいろんなところに気軽に取り付けることが出来ます。以前使っていたのカメラは遠隔で操作する時、スマホにアプリをダウンロードしてそれをwifeでつないでと少し面倒だったのですが、このカメラはリモコンがついているのでその煩わしさがなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

AUNEX

アクションカメラ

価格:7,288円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自転車などにすぐつけられる

オプションが充実している中華アクションカメラならばこちら。オプションでアタッチメントが付いているためこのまますぐにスポーツ撮影カメラとして使えます。アタッチメントをわざわざ購入するのが面倒な方にぜひともおすすめです。

発売時期2018年10月ディスプレイ-
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ6×2.8×4.2cm重さ40.8g

口コミを紹介

早速使ってみましたが、動画の画質がよくて、満足してます。
付属品も充実しているのもお気に入りで、コスパが良い品だと思います。
運動中の様子は綺麗にとってくれていますので、これからいっぱい

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

COOAU

アクションカメラ

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強

4000円以下で手に入る激安かつ、機能性に優れた中華アクションカメラならこちら。4k、Wi-Fi搭載、40m防水など必要な機能が全てつまっています。アクションカメラをためしてみたい方にはぜひとも検討いただきたい商品です。

発売時期2019年7月ディスプレイ-
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ21×12.2×8.2cm重さ422g

口コミを紹介

この度はリーズナブルで高性能なアクションカメラが欲しく購入させていただきました。
まず驚いたのが付属品の多さです。これだけあれば様々な場面に応じて使う事が出来ると思いました。
サイズもコンパクトで可愛いサイズです。一般的なアクションカメラと同じサイズだと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

BOIFUN

アクションカメラ

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異のフレームスピード

スポーツや車載カメラとして使いたいのであれば、フレームスピードはとても重要ですよね。こちらは、業界トップクラスの速さを誇っています。フレームスピードを追い求めている方はぜひ。

発売時期2019年8月ディスプレイ-
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ24×12×8cm重さ522g

口コミを紹介

とにかく値段がお手頃なこと。全然壊れる気配もないですが、仮に壊れたりなくしたりしても諦められます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

apeman

A66S アクションカメラ

価格:2,533円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オプションがすごい!

フルHDで40mの防水機能を搭載、さらには自撮り棒をはじめとしたたくさんのオプションやアクセサリが付属されているとってもお得な中華アクションカメラ。とにかく価格を抑えたい方にうってつけでしょう。

発売時期2019年9月ディスプレイ-
Wi-Fi-画面解像度フルHD
大きさ24.6×11.8×7.6cm重さ99.8g

口コミを紹介

今回はレジャー専用に使用したいと思い購入させていただきました。
初めてのアクションカメラなので初めは安いのを探してこの商品にたどり着きました。
この内容でこの値段て凄くないですか?
アタッチメントが豊富で追加で購入する必要がなく重宝しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Victure

アクションカメラ 4K/30fps

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4kの高画質をこの値段で楽しめる!

5000円前後で妥協することなく素晴らしい映像を楽しめるアクションカメラをお探しならばこちら。超高画質というだけではなく、豊富な付属品もついてきます。中華アクションカメラに迷ったらとりあえずこちらがおすすめです。

発売時期2018年11月ディスプレイ-
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ6×2.5×4cm重さ72.6g

口コミを紹介

アクションカメラが欲ししくてこちらの商品を購入しました。
まだまだ使い始めですがこの低い価格でこの性能は十分だと思います。
まだスポーツをしながらの動画撮影はしていませんが、撮影するのがとても楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

YI Technology

YI 4K アクションカメラ

価格:18,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目もスタイリッシュな高級品

中華アクションカメラの中でも、高級品の部類に入るのがこちら。画面が大きく見やすいだけではなく、映像の綺麗さも納得。静止画もすばらしいので、カメラとアクションカメラ両方の機能を備えたガジェットとして活用するのがおすすめです。

発売時期2017年1月ディスプレイ-
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ10.3×10.2×5.6cm重さ95.3g

口コミを紹介

よくできたカメラで、性能も申し分ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Victure

アクションカメラ 2インチタッチパネル

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ちょっと映像にこだわりたいなら

映像にこだわりたい、スポーツをしていても楽しめるものがほしい、とにかく機能が充実しているものがいい、アタッチメントがたくさん付属しているものがいい。そんなユーザーの願いを叶えてくれる中華アクションカメラです。

発売時期2019年1月ディスプレイタッチパネル
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ5×3×1.5cm重さ72.6g

口コミを紹介

試しに愛犬と、友達犬の写真を何枚か撮りましたが、かなり綺麗に写っています。
若干暗さを感じますが、アクションカメラでは充分すぎる映像だと思います。
また、手ブレ等の補正も充分すぎる機能で、愛犬のちょっとしたシャッターチャンスも、手を固定する事なく撮影してこの映像です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

apeman

A80 アクションカメラ

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4k高画質!光学4倍ズームを搭載

とにかくレンズの機能が充実している中華アクションカメラ広角度170度、140度と調節して楽しめるだけではなく、綺麗な写真を撮るために開発されたレンズを採用しています。動画だけではなく、写真を撮ることにも重点をおきたいならぜひ。

発売時期2018年3月ディスプレイタッチパネル
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ5×3×2cm重さ63.5g

口コミを紹介

この値段でこの画質、大満足です。
主に海の中で撮影しています。
友達5人くらいに勧めて、みんな買ってました^^

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

MUSON

アクションカメラ

価格:6,034円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自撮り棒などの付属品がついてくる

外部マイクも自撮り棒も付属品として付いてくるのがこちら。2000万画素で映像の鮮明さはもちろんのこと、手ブレ補正などの必要な機能も問題なく搭載。さらにタッチパネルも搭載されています。

 

またバッテリーが長持ちする特徴がありますので、長時間のアウトドアをするときなどに大変おすすめだといえるでしょう。

発売時期2019年10月ディスプレイタッチパネル
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ23.4×17.6×8cm重さ862g

口コミを紹介

まずつけてみて画質が綺麗すぎて驚きました。
リモコン操作も出来るようになっているので 少し距離があいていても写真が撮れる!
バッテリー持ちも良い為とても長く使えて良いと思います。
防水にもなっているところから 来年の夏にも海に行く際に水中に潜って動画を撮ったりしようと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

muson

アクションカメラ

価格:6,390円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライブレコーダーとしても活用できる

美しい4k映像を楽しめる中華アクションカメラといえばこちら。手ブレ補正機能や170度広角レンズもとうさいしている優れもの。車載カメラやドライブレコーダーとして愛用している方も多いアクションカメラです。

発売時期2019年10月ディスプレイタッチパネル
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ23.4×17.6×8cm重さ862g

口コミを紹介

GoPro買うのは高いけどアクションカメラは使ってみたい、ということで中華製モデルを選択。画質は日中屋外なら問題無し。屋内でもまずまず撮れます。手振れ補正が無いため、手持ちだとかなりブレますがこれも想定内です。自転車やバイクにつけて使うと楽しそう。何よりも最初から殆どのオプションが付属してるため、割り切って使う分には快適に使えます。はじめての一台におすすめできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Crosstour

アクションカメラ 4K高画質2000万画素

価格:5,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この価格でこの画質は反則!

5000円代にして4Kかつ、2000万画素という驚異のコスパの良さを誇っている中華アクションカメラ。広角度も170度で豊富なアクセサリー類も充実。さらには防水機能も搭載されています。

 

画質、コスパ、機能性、何をとっても申し分のない中華アクションカメラといえるでしょう。

発売時期2018年10月ディスプレイ-
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ6×2.5×4cm重さ608g

口コミを紹介

この価格で、これだけ使えれば大満足です。
電池の持ちは十分とは言えませんが、2個付属しているし、USBで充電しながら使用できるので
あまり問題ではありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MUSON

カメラアクション ウェアラブルカメラ

価格:5,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大絶賛の嵐!MUSONのハイスペックカメラ

5000円代の中華アクションカメラの最高峰と言っても過言ではない、超ハイスペックカメラがこちら。2000万画素の映像美のほか、170度広角度対応でさらに40m防水も実現しています。

 

外部マイクにも対応していてリモコンまで付いているというハイスペック中華アクションカメラ。普段使いのものが欲しい方や、日常生活の記録用としては十分すぎるといえるでしょう。

発売時期2019年3月ディスプレイタッチパネル
Wi-Fi画面解像度4k
大きさ5.2×4×6cm重さ739g

口コミを紹介

子供の動きが早いので、スマホだとどうしてもブレてしまって綺麗に映らないのですが、こちらのカメラだと、鮮明に撮れます。
アプリをダウンロードすれば撮った画像をスマホで見れます。
リモコンが付いてるので、遠隔で写真なども撮れるので、こちらは家族で出かけた時などにみんなで撮れるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Crosstour

アクションカメラ 4K 20MP解像度

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の画質と防水深度40m対応!

特にマリンスポーツをする方から定評のある中華アクションカメラがランキングの第1位に見事輝きました。40mの水深でも耐えられるためスキューバダイビングでもへっちゃらです。さらに広角レンズも搭載されており170度まで対応。

 

ワイド、ミディアム、ナローなど様々な角度から楽しめます。さらに価格も1万円以下とmさらに夢のようなアクションカメラです。迷ったならこれで決まりといってもよいでしょう。

発売時期2019年9月ディスプレイタッチパネル
Wi-Fi画面解像度4K
大きさ6.1x 2.4 x 4.5cm重さ721g

口コミを紹介

アクションカメラ!子供の成長記録を残すために、どうしても欲しくてようやく購入しました!初めてのスイミングも残したいので防水にはこだわり、水深40メートルとかなり深くまで行っても大丈夫!とのことで決め手になりました!
手始めにお風呂に持ち込み、初めてのシャンプーハットの映像を残せました!
湯船にポチャンと漬けても全く問題ありませんでした!!

出典:https://www.amazon.co.jp

中華アクションカメラの選び方

中華アクションカメラのランキングだけでは、どの商品がいいのかいまいちわからないという方も多いでしょう。そこで最後は中華アクションカメラの上手な選び方をご紹介します。選び方の基準は価格、ディスプレイ、画素数などです。

機能で選ぶ

中華アクションカメラで忘れてはいけないポイントが機能性です。アクションカメラには撮影するために便利な機能がたくさんついています。自分の撮影スタイルにあった機能を選ぶことで、より素晴らしい映像を撮影できます。

手ブレ補正機能

画面のブレをしっかりと減らしてくれる手ブレ補正機能はアクションカメラに必須の機能と言っても過言ではありません。中華アクションカメラを使うときはレジャーだったり、スポーツをしているときなど、激しく動いている時に使う方が多いでしょう。

 

そんな時に手ブレ補正機能がついていれば、画面の乱れを軽減してくれます。手ブレ機能には映像のブレを補正してくれる「電子式」と、光の加減を補正してくれる「光学式」があります。一般的に光学式のほうが優れていますので覚えておきましょう。

フレームルート

フレームの処理数、いわゆる静止画のコマ数を単位時間あたりどれくらいで処理できるかという数値を「フレームルート」といいます。1秒あたりの数値をfpsという単位で表記しています。つまり1秒間に60フレームの処理が可能な場合は60fpsとなります。

 

一般的なフレームルートは30fpsだといわれていますので、中華アクションカメラでも60fpsとなればかなり滑らかな映像を楽しめることになります。映像美にこだわるならば、ぜひともチェックをしておきたい項目ですね。

広角レンズ

広範囲の撮影をしたいのであれば、広角レンズが搭載されているものをチョイスしましょう。人間の目よりも広範囲を撮影できるレンズで、臨場感あふれる動画を撮影できます。人間の視覚は180~200度です。

 

画角が170度もあれば、リアルな映像が撮れますよ。さらに広角レンズには遠近感を強調する効果もあります。全体的にピントの合った映像を撮影できるのも広角レンズのメリットだといえるでしょう。

画面解像度

画面解像度は動画の映像美に直接関係する重要なポイントです。よりクオリティの高い映像を撮影したいのであれば、妥協せずにチョイスするのがおすすめです。何を重要視して選ぶのかを考えながらポイントをみてみましょう。

完璧を求めるなら「4K」

映像の鮮明さや画質の美しさにこだわるならば断然「4K」を選ぶのがおすすめです。4Kとは画面解像度が3840×2160ピクセルということ。一般的なフルHDよりも4倍綺麗に映ると解釈してもよいでしょう。

 

とにかく映像の美しさにこだわるのであれば価格が少々高くなっても「4K」をチョイスするのがおすすめです。中華アクションカメラも最近は4K対応の商品がたくさん出ていますので、ぜひ検討してください。

コスパ最強「フルHD」

価格をとにかく抑えたい、コスパのいい中華アクションカメラがほしい、という方はフルHDがおすすめです。画像解析度は1920×1080ピクセルと4Kにおとりますが、それでも十分綺麗な映像が撮れます。

 

さらに価格も大変リーズナブルで、ものによっては5000円代で購入できる場合もあります。ある程度、きれいな映像がとれたならそれでいい!という考えをお持ちならばフルHDを考えてみましょう。

防水機能

サーフィンやスキューバダイビングなどのマリンスポーツはもちろんのこと、スノボーなどのウィンタースポーツ時に役立つのが防水機能です。

 

また防水機能がついていれば急な雨のときや、川などの近くで作業をするアウトドア時にも水に濡れる心配をせずに楽しめます。潜水深度によって防水性能は大きく変わります。中華アクションカメラをどのように使うのかによって違いが出てきます。

タッチパネル機能

スマホやタブレットのように画面をタッチして操作できるタッチパネル機能は、あると大変便利です。直感的な操作ができるためストレスもほとんど感じませんし、何よりも作業中にボタン操作をしなくてもいいので便利です。

 

また機会が苦手方でもタッチパネルは感覚で操作できるので、とても使いやすいと感じるようです。アクションカメラの操作に自信がないという方は、少々価格が上がってもタッチパネル搭載のものを検討するとよいでしょう。

Wi-Fi機能

Wi-Fi機能の有無についてもしっかりとチェックをしておきましょう。Wi-Fi機能がついていれば、撮影した画像や映像をすぐにパソコンやスマホへ送れるだけではなくSNSへの投稿も非常に簡単です。

 

また、離れた場所から中華アクションカメラを操作することも可能です。スマートフォンからアクションカメラの映像を確認したりもできますので、できれば付いていてほしい機能だといえるでしょう。

装着方法で選ぶ

中華アクションカメラはどのように装着するか、またはどのように使うかによって大きく変わります。自分が撮りたい映像を想像しながら装着方法についても考えるようにしてくださいね。

同じ目線なら「頭部」

自分が見ている風景と同じものを撮りたいのであれば頭部に装着するのがおすすめです。目に映る雄大な自然や、スリル満点な視界を画面で楽しめるのは格別です。オプションで頭部に装着できるアイテムを購入するのが一般的です。

 

しかし、最近では頭部に装着する専用の中華アクションカメラもあります。また固定するバンドがもともと付いている場合もありますので、購入するときは実際の装着方法を想像しながら選ぶとよいでしょう。

より臨場感あふれる映像なら「顎部」

より臨場感あふれる映像を求めるならば顎部に取り付けるのもおすすめです。ヘルメットなどに装着をすれば、頭部から撮影したのとはまた違った映像美を楽しむことができます。

 

中華アクションカメラの需要が高まるにつれて、オプションセットもメーカーによって増えてきました。頭部セットだけではなく、顎部セット用のバンドがあれば、さらにリアルな映像を楽しめますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

自撮りするならアクセサリを活用しよう

スポーツをしている自分を自撮りできる中華アクションカメラもあります。多くの場合は、専用のアクセサリが別売り販売、あるいは付属のセット用品として販売されています。

 

装着場所は頭部につけるタイプ、首からかけるタイプのほか、スノボやサーフィンの板に装着できるもの、手に装着できるものなどがあります。どのスポーツを楽しむかによって違いますので好みのものを選んでみましょう。

ペットに装着するのもおすすめ

最近ではペットに装着をして楽しむ人も増えています。超軽量タイプの中華アクションカメラをペットの体に装着して、ペットが毎日みている世界を楽しむというものです。動画サイトなどにも多くあげられていますので、興味のある方は調べてください。

 

ただし、超軽量タイプの中華アクションカメラを選んだとしても、ペットの体にかかる負担は人間が考えるよりも大きいはずです。体の大きな動物ならよいでしょうが、小型犬や猫などのウェイトが軽い動物に装着をするのは自己責任でおこないましょう。

デザインで選ぶ

デザイン性についても、ぜひともチェックしていただきたい項目です。見た目が気に入っていると、撮影意欲もテンションも上がりますし、用途に合った形のものを選ぶと撮影もしやすくなります。

スマートタイプ

中華アクションカメラを使うタイミングといえば、多くの場合はアクティビティ中やスポーツ中でしょう。そんな時に大きくて重いアクションカメラは使いにくいですよね。また、頭などに装着するためあまりにも大きすぎると上手に使えないです。

 

中華アクションカメラを選ぶときは特段の理由がなければ、スマートな軽量タイプを選ぶのがベターです。また軽量タイプを選べば、高性能なカメラとしても活用できるはず。アクティブに楽しむためにも、やはり軽量タイプはおすすめですね。

ヘビータイプ

重い中華アクションカメラは、機能性に優れている傾向があります。それだけたくさんの機能をつけているということですから当然かもしれませんね。特に注目していただきたいのが、防水深度です。

 

大きな中華アクションカメラの中には深度60mまで耐えられるものもあります。スキューバダイビングを楽しみたい人や、マリンスポーツで中華アクションカメラを海の中に落とす心配のある方は検討しても良さそうです。

価格で選ぶ

中華アクションカメラを選ぶときに、多くの人が関心を寄せているのが価格についてでしょう。アクションカメラの中でもっとも有名な「GoPro」はほしいけれど、あまりにも金額が高くて躊躇している方にもおすすめです。

 

そんな中華アクションカメラですが、備わっている機能によって大きく金額が変わってきます。リーズナブルなことに変わりはありませんが、自分の予算にあった商品を選べるように考えてみましょう。

中華アクションカメラは1000円代から手に入る

中華アクションカメラは機能性や画質などにこだわらないのであれば、3000円代から販売されています。タイミングによっては1000円代で購入できる場合もあります。

 

しかし、それだけ安いということはビデオカメラとほとんど変わらない機能しか望めない可能性もあります。臨場感あふれる映像を撮影したい方や、アクションカメラならではの映像を楽しみたいのであれば、やはりもう少し金額を出したほうがいいでしょう。

5000円〜2万円代

GoProの主流商品は3〜5万円代なのに対して、中華アクションカメラは5000円〜2万円代が主流です。これだけでも半額以下の相場となっているのですから、驚きですよね。機能もそれなりに充実しているため、問題なくアクションカメラとして使えます。

 

GoProがはやっているからほしい、けれど本当に活用できるかわからない!なんていう悩みを抱えている方や、まずはアクションカメラに慣れたいという方にはうってつけだといえるでしょう。

3万円代〜

中華アクションカメラの機能性や性能を重視すると3万円代をこえることもあります。最近では4K対応や完全防水カメラなども増えているため、価格が上昇傾向にあるのだとか。

 

しかし、同じ性能のGoProを購入しようと思うと2倍、3倍以上の価格になってしまいますので、安いことに変わりはありません。予算はあまりないけれど、できる限り高性能でハイスペックなアクションカメラがほしい!という方ならば、検討がおすすめです。

中華アクションカメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5341203の画像

    Crosstour

  • 2
    アイテムID:5341262の画像

    MUSON

  • 3
    アイテムID:5341225の画像

    Crosstour

  • 4
    アイテムID:5341357の画像

    muson

  • 5
    アイテムID:5341294の画像

    MUSON

  • 6
    アイテムID:5341345の画像

    apeman

  • 7
    アイテムID:5341362の画像

    Victure

  • 8
    アイテムID:5341383の画像

    YI Technology

  • 9
    アイテムID:5341378の画像

    Victure

  • 10
    アイテムID:5341307の画像

    apeman

  • 11
    アイテムID:5341389の画像

    BOIFUN

  • 12
    アイテムID:5341398の画像

    COOAU

  • 13
    アイテムID:5341406の画像

    AUNEX

  • 14
    アイテムID:5341413の画像

    AKASO

  • 15
    アイテムID:5341423の画像

    ARRIS(アリス)

  • 商品名
  • アクションカメラ 4K 20MP解像度
  • カメラアクション ウェアラブルカメラ
  • アクションカメラ 4K高画質2000万画素
  • アクションカメラ
  • アクションカメラ
  • A80 アクションカメラ
  • アクションカメラ 2インチタッチパネル
  • YI 4K アクションカメラ
  • アクションカメラ 4K/30fps
  • A66S アクションカメラ
  • アクションカメラ
  • アクションカメラ
  • アクションカメラ
  • アクションカメラ 2インチタッチスクリーン
  • ミニアクションカメラ
  • 特徴
  • 最高の画質と防水深度40m対応!
  • 大絶賛の嵐!MUSONのハイスペックカメラ
  • この価格でこの画質は反則!
  • ドライブレコーダーとしても活用できる
  • 自撮り棒などの付属品がついてくる
  • 4k高画質!光学4倍ズームを搭載
  • ちょっと映像にこだわりたいなら
  • 見た目もスタイリッシュな高級品
  • 4kの高画質をこの値段で楽しめる!
  • オプションがすごい!
  • 驚異のフレームスピード
  • コスパ最強
  • 自転車などにすぐつけられる
  • タッチスクリーンが使いやすい
  • とにかく小さなアクションカメラ!
  • 価格
  • 9980円(税込)
  • 5580円(税込)
  • 5780円(税込)
  • 6390円(税込)
  • 6034円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 18990円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 2533円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 7288円(税込)
  • 11999円(税込)
  • 4405円(税込)
  • 発売時期
  • 2019年9月
  • 2019年3月
  • 2018年10月
  • 2019年10月
  • 2019年10月
  • 2018年3月
  • 2019年1月
  • 2017年1月
  • 2018年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2018年10月
  • 2019年8月
  • 2018年4月
  • ディスプレイ
  • タッチパネル
  • タッチパネル
  • -
  • タッチパネル
  • タッチパネル
  • タッチパネル
  • タッチパネル
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • タッチパネル
  • -
  • Wi-Fi
  • -
  • -
  • 画面解像度
  • 4K
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • フルHD
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • 4k
  • HD
  • 大きさ
  • 6.1x 2.4 x 4.5cm
  • 5.2×4×6cm
  • 6×2.5×4cm
  • 23.4×17.6×8cm
  • 23.4×17.6×8cm
  • 5×3×2cm
  • 5×3×1.5cm
  • 10.3×10.2×5.6cm
  • 6×2.5×4cm
  • 24.6×11.8×7.6cm
  • 24×12×8cm
  • 21×12.2×8.2cm
  • 6×2.8×4.2cm
  • 6×1.5×3cm
  • 9.7×9.4×4.2cm
  • 重さ
  • 721g
  • 739g
  • 608g
  • 862g
  • 862g
  • 63.5g
  • 72.6g
  • 95.3g
  • 72.6g
  • 99.8g
  • 522g
  • 422g
  • 40.8g
  • 540g
  • 13.6g

まとめ

中華アクションカメラはコスパが良いだけではなく、最近では機能性も充実してきています。コスパのよいアクションカメラを購入したいのであれば、ぜひ中華製のものも視野に入れて検討してくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ