市販カレールーの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID7264のサムネイル画像

もはや日本人の国民食と言えるカレー。インド人並に毎日カレーという人もいるというカレーですが、市販のカレールーの中で本当に美味しくて人気が高い商品はどれなのかを探ってみようと思います。皆さん、大好きなカレーランキングをお楽しみください。

最高の一皿を実現するカレールーとは

ご自分で料理をしないという方の中には市販のカレルーを使っても本格的なカレーの味は出ないと思っている方が多いかもしれません。でも実際は専門店と比較しても負けないレベルの味を市販のカレールーで楽しんでいる方は多いのです。

 

カレーに求める、辛さ、香り、コク、そして辛い中にも野菜や果物の持つ深い甘みをしっかり実現する為にはやはり基本となるカレーのルーは大切です。そこまでの味を出すのは他に必要な物が多いのではと思うかもしれませんが、それぞれのカレールーの説明書に従って作るだけでもかなりなレベルのカレーが完成します。

 

カレールーの説明書等は読まずに自己流で調理されているという方は一度説明書に従って調理してみると意外な発見や驚きがあるはずです。今回は市販のカレルーについて「辛さ」「コク」「味わい深さ」を吟味して、本格的な味を追求出来るのはどれなのかについてランキング形式で迫ってみたいと思います。

市販カレールーの人気おすすめランキング15選

15位

ハウス食品

こくまろカレー中辛 140g

価格:174円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊かなこくが食欲を刺激する程よい辛さ

二つのルーを混ぜて使うと美味しいカレーになるという主婦のアイデアをヒントにして生まれたというこくまろカレーですが、今ではすっかり定番になっています。「あめ色玉ねぎのコクのルウ」と「生クリームのまろやかなルウ」を一体化したまろやかさで適度な辛さが大人気です。

 

原材料にチーズ加工品、濃縮生クリームが入っている事からもより一層のまろやかさを感じます。辛さもどちらかというと小学生でも大丈夫な程度の中辛です。ここ⚪⚪のカレーを再現できるという都市伝説もあるようで、それにチャレンジするファンの方も多いというカレールーです。

辛さ中辛原産国日本

口コミを紹介

全く飽きずに使っています。
ちょうどいいコクがあってまた食べたくなります。
たまに、こくまろカレー辛口とブレンドして使ったりもしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ハウス食品

バーモントカレー 中辛 230g

価格:214円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お子さんも大好きなりんごとハチミツ入り

昭和な世代には歌が聞こえてきそうなカレーですね。我が家の定番カレーはこれだったという中高年の方々も多いことでしょう。ルーはと言いますと「実際にリンゴとハチミツを使ったまろやかなおいしさのカレー」との事です。この話を真似てオリジナルのルーを作る人も多いみたいです。

 

ルーの中身は100%国産のりんごペーストと風味豊かなハチミツ、乳製品などをミックスしてお子様にも食べやすい味に仕上がっています。少し甘めな味ですが、甘さを感じてもご飯にも良く合うのが人気の秘密とも言えるでしょう。大人になってもやはりこれという女子や男子が多いのにも納得のカレールーです。

辛さ中辛原産国日本

口コミを紹介

色々なカレールーを試したけどコレが辛すぎず1番安定した味になります。
⚫ハウスのカレールーシリーズの中では中からは甘さ2番目位と箱に書いてありました。(辛さが1~5段階あり5が辛い)
⚫小学校低学年でも普通に食べれるのでウチは中辛を使っています。
(子供達いわく、子供用のカレーは甘すぎて余り美味しくないそうです)

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

エバラ

横濱舶来亭 カレーフレーク こだわりの中辛 180g

価格:312円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香味野菜に20種類以上の スパイスをブレンドしたこだわりのカレーフレークルウ

少々手間は掛かりますが、本格的なカレーを家庭で楽しみたいという方には顆粒タイプのカレールーが人気です。レストランでも内緒で利用している辛さと絶妙なコクのルーです。普通のインスタントタイプと違って手を抜かないで作る事が大切なルーなので、気合を入れてカレーを作る人に向いています。

 

「直火造り」によるおいしさ”へ拘り、製法は大量生産に向いている蒸気釜ではなく、直火釜を使用しています。素材をブレンドするタイミングにも拘り、香りの高いカレーパウダーは温度を低くして最後にブレンドするという徹底した製法です。お店の味を再現する事にどこまでも拘ったカレルーの逸品です。

辛さ中辛原産国日本

口コミを紹介

エバラでカレー粉?と思いましたが、フレーク状が気になり購入。急いでカレーを作ることが多く、子供も大人も美味しく食べることが出来、できるだけ安全なメーカーという条件に合うカレーでした。溶けも早く、適度な辛さとまろやかな甘みがあり、クセもなく、家カレーとして美味しく出来上がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ハウス食品

スープカリーの匠 芳醇辛口 89g×4個

価格:1,538円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

札幌で人気のスープカレー専門店「札幌らっきょ」監修

寒い北海道で生まれたスープカレーは日本全国で愛され、市販のカレールーでも上位の人気になりました。札幌で人気のスープカレー専門店「札幌らっきょ」監修の、特製濃縮スープと香りスパイスオイル、辛味調整スパイスがセットになっているという事でカレーが好きなら一度は試したい逸品です。

 

スープカリーの匠は、鶏もも肉、にんじん、じゃがいも等の具材を切って柔らかくなるまで煮込んで、最後に「特製濃縮スープ」を加えて溶かし、再び火をつけひと煮立ちさせ、火を止めて出来上がります。辛さコクとキレのバランスに優れ、手軽でも美味しく仕上がる事も人気の理由なのでしょう。

辛さ辛口原産国日本

口コミを紹介

赤いパッケージのも試しましたが、こちらのほうが好みでした。
冷蔵庫にある材料を適当に入れるだけで、本格的なスープカリーが楽しめます。
美味しくて幸せな気分になれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

エスビー食品

濃いとろけるカレー中辛 175g

価格:195円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚デミグラスが香るベストセラー

牛肉、香味野菜(玉ねぎ、人参、セロリ)をじっくり煮込んだデミグラスソースに、フランス産発酵バターを合わせる事で生まれたコクが人気のカレールーです。「とろける」か「こくまろ」か発売当初は比較した方も多かったようで、少し楽しい「コクと香り」論争にもなりました。

 

このカレールーも辛さは控えで、小学生ぐらいのお子様のいる一家で皆が好きというカレールーの一つと言えます。圧力鍋でじっくり煮込んだ20種の野菜とビーフブイヨンの旨みとコクで煮込み感をしっかりとしたのも特徴です。ご飯との相性をより高くした事で人気が高まったカレールーです。

辛さ中辛原産国日本

口コミを紹介

しっかりとしたコクと程よい辛味でとっても美味しいです
このコクと旨みにすっかり慣れてしまい、他のカレールーでは物足りなく感じることも。
(辛さが苦手な私は作る時に市販の炒めたたまねぎのペーストを加えたり食べる時にパルメザンやとろけるチーズをトッピングしたり。とっても良く合います)

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ハウス食品

ハウス プライムジャワカレー 中辛 117g

価格:296円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油をカットした爽やかな辛さ

ジャワカレーならではのスパイシーなおいしさと、カロリー50%オフを両立したという健康志向のカレーですが、ジャワカレーの持つ、「辛さ、香り、コク」に妥協はありません。オリジナルのジャワカレーよりもさらっとした、さっぱり感が好きというファンが増えている人気商品です。

 

カレーはオイリーな料理ですが、プライムジャワカレーを食べると「これで良い」と感じるカレーファンが増えています。大人志向で、辛さが苦手な方には向かないかもしれません。ジャワカレーが好き、でもダイエットを考えたい方に是非おすすめです。ルーが顆粒で溶けやすく時短料理に最適です。

辛さ中辛原産国日本

口コミを紹介

中の小袋が2人前で、4P入っているので作るようによって使い分けられて便利です。
溶けやすく、固形ルーより少量の単位で使えること、油脂ガン量も少なくエネルギーダウンということで最近はずっとこれを使っています。
我が家では、中辛がお気に入りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ハウス食品

ハウス ベジタベルカレー 117g×5個

価格:1,339円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動物性の原料不使用・野菜だけで作るカレー

野菜だけで作るカレーでもルーに動物性の原料が含まれるという方には困るのでと登場したらファンが急増しているカレールーです。ジンジャー、ガーリックの香りと「醤(ジャン)」の旨みにより「濃厚な旨みとコク」を出す事で、野菜の種類や量に関わらず、しっかりとした味が出るのが特徴です。

 

英文のコメントの中に「美味しい、でも私はベジタリアンでは無い」というのがあります。動物性の材料を使わなくても十分に美味しい辛さとコクのカレールーが出来るのだと、多くが驚きを隠せないようです。カレー好きを自称する方には是非一度食べて頂きたいと思います。本当に美味しいのです。

辛さ中辛原産国日本

口コミを紹介

ベジタリアンで、こちら愛用しています。
ココナッツの風味がとても美味しかったです。
動物性のものが入ってないカレーは味が薄いものばかりですが、こちらはコクがありとても美味しいです。毎回箱買いしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

江崎グリコ

江崎グリコ カレーZEPPIN 中辛 175g

価格:302円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

辛さが響く本格的な辛さのカレー

このカレーは辛いものが苦手な方には絶対におすすめできない本格的に辛い逸品です。グリコのカレーは他の2社に押されてあまり上位にはなり難いのですが、一部では隠れた名作として、確かな辛さだけでなく、コクや香りが良くて根強いファンが多いのも事実です。

 

辛いという事では更に辛いカレールーもあるのですが、ZEPPINの辛さは辛さ以上に甘さも感じるコクがある辛さですので、辛いものが好き過ぎる人には食べやすい辛さと言えるかもしれません。マッシュルームと香味野菜を炒めたデュクセルソースと40数種スパイスで仕上げた本物の味を是非ご堪能ください。

辛さ辛口原産国日本

口コミを紹介

パッケージのイメージからかなり辛い目(ジャワスパイシーブレンド)を想像していましたが、そこまで刺激的ではなく中辛程度の辛さでした。辛さよりは香りやこくの深さを追求するコンセプトであるように感じました。おいしかったです。
内容物はプレミアム熟カレーのように1皿分ずつではなく2皿分ずつのパッケージングでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ハウス食品

ハウス 印度カレー 辛口 230g×3個

価格:933円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カレーにスパイス、チキンの旨味を加えただけのシンプルなルー

インドカレーと言いますと欧風のカレーと違い、サラッとしたカレーという雰囲気を感じますが、シンプルで純粋なカレー粉をベースにしてスパイスを配合し、他のルーと比較するとベーシックな雰囲気を感じる仕上がりです。カレーに様々なスパイスを揃えるのは大変。そこまでは完成というルーです。

 

このルーにはスパイス以外に唯一チキンの旨味だけは加えています。それでも野菜や牛脂や魚介などまで煮込んで出来ているカレールーとはかなり違います。スパイスは揃っていて、後は自分の好みで味を仕上げたいというカレーの調理には最適です。辛さやキレは本格的に仕上がります。

辛さ-原産国日本

口コミの紹介

昨今、色々な種類のカレーが出回っている中、非常にシンプルな味だと思います。
逆に云うと自分流に味付けが出来ます。
私はあっさりとした軽い感じのカレーが好きなので印度カレーをベースに色々とアレンジしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ギャバン

GABAN 純カレーパウダー

価格:790円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スパイスの専門メーカーのカレールウ

S&Bの赤いカレールーと同様にカレー粉と最低限の香辛料で仕上げたカレールーです。ではS&Bと同じかと言いますと香辛料などの配合が違いますので、違う味に仕上がっています。コメントの中には両者を比較したものも幾つかあって、辛さや香りはGABANが好きという方が多いようです。

 

GABANのパウダーは「油脂や調味料等が入っている市販のカレールウとは違い、スパイス100%のカレーパウダー」というものですから、中に含まれている内容は「辛味スパイスである、ブラックペッパー・ジンジャー・唐辛子」となっています。専門店でも使われている本格的なカレーパウダーです。

辛さ中辛原産国-

口コミを紹介

牛肉、もやしを煮込み、卵を落としたところに大さじ一杯、カレーの香りが部屋いっぱいに広がりました。香りの強さに驚きでした。そして、塩コショウで味を調え、スープカレーもどきの完成です。味のバランスも良く、体もポカポカ。固形ルーのように小麦粉、片栗粉、砂糖ハチミツ等は入っていないため、インド人が食べているシャバシャバカレー作りにも適しているでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

エスビー食品

みんなのとろけるカレー(アレルギー特定原材料等27品目不使用) 81.6g×5個

価格:1,285円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アレルギー成分をカットした誰でも食べれるカレー

とろけるカレーの美味しさをアレルギーのある方にも楽しんで頂きたいという、メーカーの努力と優しさから生まれたカレールーです。27種類のアレルギー品目を入れない事で誰でも美味しくとろけるカレーを味わっていただけます。アレルギー品目を外して美味しく出来た秘密を見てみましょう。

 

じっくり煮込んだ10種類の野菜、そして3種類の果実(マンゴー、パイナップル、パッションフルーツ)が入り、スパイスは(こしょう、コリアンダー、赤唐辛子、カルダモン、クミン、クローブ、シナモン)がコクと香りを演出し、大人用に辛味スパイスが添付された安全で優しい辛さの逸品です。

辛さ甘口原産国日本

口コミを紹介

ベジタリアンにとってもそうでない方にとってもとてもおいしくいただける味です。
先日のホームパーティーでおいしいって喜んでいただけました。
チキンやお肉が入っていなくても濃い味を楽しめます。
辛さが足りないときは付属のスパイスを入れられます。
リピ買いしています♫

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

エスビー食品

ゴールデンカレー 動物性原材料不使用 1kg

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベストセラーゴールデンカレーの動物性原料レス

ベジタリアンの方を対象に作られたカレールーですが、油脂成分は含んでいますのでカロリーを気にする方は特に注意してください。動物性の原料を含まないだけですが、限りなくオリジナルのゴールデンカレーの味、辛さやコクやキレに近づけるように味を調整したカレールーです。

 

動物性原料(牛肉・豚肉・卵・乳などの畜産物、魚介るいいを含む原材料)を使わずに作られ、魚や乳製品も含まれません。アレルギーで困る方にも(推奨アレルギー物質は小麦のみ)と他のアレルギー原料も含まず、様々な方が集まる場所でカレーを用意する場合にも良いカレールーと言えます。

辛さ中辛原産国日本

口コミをご紹介

こんな商品をさがしにさがしていた。私は哺乳類全般が食べモノとして見れません。他のカレー品だと主原料が牛の脂だったりするので、カレーのいい匂いを嗅いで食欲が刺激されてつらい思いをしていました。この商品に出会ったので思う存分カレーを食べれます。ありがとうございます<(_ _)>

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ハウス食品

海の幸カレー 中辛 120g

価格:239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

魚介類の味を引き立てるカレー

がっつり系の男子にはシーフードカレーではちょっと物足りないかもしれませんが、ワインを傾けながら美味しい魚介類でカレーをという夜に、シーフードのおいしさを引きだす別添『ミックススパイス』が決め手の少し辛口で香りやコクが豊かなカレールーとしておすすめです。

 

魚介類の風味をルーに閉じ込め、シーフードの旨さがカレーに引き出されるミックススパイスの配合と相まって海の幸を堪能出来るカレーに仕上がります。原料油には植物油脂を使用し、専用のカレールーで作る「本格シーフードカレー」は如何でしょうか。二人世帯で適量な6皿分と配慮されています。

辛さ中辛原産国日本

口コミを紹介

イカ、アサリ、ホタテの缶詰を入れて作ったら驚異的に美味しかった。
ちょっとびっくりしました。
同じ具材で別のカレールーで作ったら、不味くはないが…でした。
偉大なルーです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

オリエンタル

即席カレー 95g

価格:151円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直火焼粉末タイプのロングセラー

昭和20年の発売から変わらない製法で作られたシンプルなカレーパウダーとして、絶大なファンが多い製品です。調味料脂肪分が少ないパウダー状で、カレーの具材として入れた肉や魚介、野菜などカレーに入れる具材により味が大きく変わり、それがカレーの個性になるのが何よりの特徴です。

 

家庭でカレー作るのは手間のかかる作業。オリエンタルの創業者・星野益一郎氏が、カレーが家庭料理として普及しつつあることに着目し、小麦粉にバターや牛脂を混ぜて焼き、カレー粉と調味料まで入ったカレールーを考案したのが原点です。未だに同じ製法を残す中辛なカレールーです。

辛さ中辛原産国日本

口コミの紹介

夫が東海地方へ出張に行き、何となくお土産に買って来たので食べて見たらあまりの美味しさに驚きました。あっさりしているのに、しっかりと香辛料が効いていて、本当に美味しいです。もう普通の固形ルーには戻れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ハウス食品

スープカリーの匠 濃厚スープ 4個

価格:1,386円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スープカレーの濃厚で辛口

本当にあの味が簡単に作れるのかと疑問に思う人が多いのが、この札幌の名店「らっきょ」の店主が監修した「スープカリーの匠 濃厚スープ」です。実際に購入し作って食べた方が、やはり「びっくりするくらい簡単なんです」と言われる位に簡単に作れるとコメントされていますので、ご紹介します。

 

1.好みの具材を煮込む、2.特性濃厚スープを入れる、3.香りスパイスオイルを入れて盛りつける、3ステップで完成です。辛味調整スパイスを入れる前なら3歳のお子さんでも美味しいと食べてくれるそうですが、スパイスを入れると本格的な辛さとキレの本物の「らっきょ」の味になります。

辛さ辛口原産国日本

口コミの紹介

スパイスの効いたノーマルなスープカレーです。気に入っています。うちでは、スープと一緒に鶏肉、ジャガイモ、人参、玉ねぎを煮てしまい、トッピングにピーマンやナスを油で揚げ焼きにして後でのせます。簡単でオススメです。ただ2人前のお値段なので、安くはないと思います。お店に行かずにスープカレーが食べられると考えれば、安いですし手軽で他の商品よりこちらが好みです。

出典:https://www.amazon.co.jp

市販カレールーの選び方

カレールーのランキングは如何でしたでしょうか。本当に様々なアプローチから作られるカレールーですが、その選び方についてご紹介したいと思います。

好みで選ぶ

カレーのルーは「辛さ」や「香り」そしてマイブームな定番メーカーがあるという方が多くて、より辛い製品が登場するのを心待ちにしている方、より良い香りのスパイスがを使用した製品の登場を待っている方など様々でしょう。お気に入りのメーカーだからこその味も多いので、選択肢が多くて悩みます。

辛さ

刺激的な辛さのカレーが好きな人にとっては甘口のカレーは別の食べ物だと考えているものです。やはりカレーを食べる目的は辛さという人が多いのは事実でしょう。でも辛い事だけが全てでは無くて、辛いのが無理という方にも理解して欲しい辛さだけでは無い旨い製品があります。

香り

カレーの香りはスパイスの配分でベースは決まります。最近はスープカレーの中に特に香りの良いと言われる製品が増えています。絶妙なスパイスの配合で辛さだけでなく、香りがどこまでも素晴らしいカレーは魅力的です。

メーカー

昭和の時代まではカレーと言えば「ハウス」と「S&B」が定番で、マイナーなオリエンタル程度でしたが、最近は「グリコ」や「エバラ」が新興勢力として着実にファンを増やしています。新興勢力は昔からの定番を凌駕する「辛さや香り」を追求した製法が新たなカレールーの魅力を作り出してくれています。

生活習慣・体質で選ぶ

食文化は育った国や環境、宗教、そして体質などによって大きく左右されます。カレールーは世界的にも国民食の色合いが強く、メーカーも色々と対応してます。日本の大手メーカーのカレールーにはどのような方にも最適な製品がありますので、嬉しい限りです。

アレルギーに対応

カレーは誰もが好きな食事です。だからこそアレルギーがあって食べる事が出来ないと特にお子さんは可愛そうですよね。最近はアレルギーに関わる食材を不使用にして出来ている製品も増えています。アレルギーに関わる食材が使われていないと味が物足りないという話は一昔前の事になりつつあるようで、皆さんのコメントも美味しいがずらっと並ぶのはメーカーの努力によるものなのでしょう。

動物性の材料を使わない

宗教上の理由もあって、動物性の材料を食べないベジタリアンやイスラム教の戒律 「ハラル」という方々に向けたカレールーも増えています。ただしアレルギーに対応では無く、動物や魚介類を一切使わないカレールーです。最近は大手食品メーカーでも対応しているカレールーが増えています。

油脂を使わない

意外に少ないのが油脂成分を使わない、もしくはカットしたカレールーです。ハウスのプライム・ジャワカレーは貴重な存在と言えるかもしれません。カロリーはオフですが、アレルギーに対応では無く、動物性原料も使われているので注意が必要です。

ルーのタイプで選ぶ

カレールーは製法で幾つかに分かれ、最近では更に種類も増えています。目指すカレーは同じですが、そのプロセスの違いでじっくり作るタイプだったり、時短を目指すものなどあって悩みます。

カレー粉

最もシンプルなカレーがこれです。一般的には古くからカレー粉と呼ばれていますが、スパイスの調合でカレーの味を作り出しているのがカレー粉です。S&Bの製品はそこに多少味のエキスが入っています。基本的に組み合わせる材料の個性を邪魔しないでカレーが仕上がりますので、好みでじっくりカレーを作りたい場合には最適と言えます。

カレーパウダー

カレー粉がスパイスを調合しているだけなのに対して、更に小麦粉も入れてより調理の手間を省いているのがカレーパウダーです。製品によっては60年以上同じ製法で作られていて、未だに愛用者が多いものもあります。

カレーフレーク

フレークと言うタイプも製品が増えています。成分は固形と大体同じですが、製法が違っていて、火の通し方により味が落ちてしまうスパイス等に配慮した工程で作られ、固形の製品を発売しているメーカーではより本格的な味が楽しめると説明しています。

レトルトタイプ

具材まで全て入ったレトルトカレーのルーの部分だけをカレールーとして製品化したタイプです。具材を用意して煮込んで加えるだけで本格的なカレーが楽しめるので、手軽さが人気です。フレッシュな具材と良く調理されたカレーソースの組み合わせでプロの味が楽しめる、今後は益々増えるカレールーと言えるでしょう。

固形タイプ

今でも一番多いのが固形タイプのカレールーです。種類も豊富でロングセラーも多いので、誰でも知っているカレールーは味も分かっていてお手軽です。味の進化も進み種類も増えていますので、選ぶ楽しみが益々広がっています。保存性も高いのも助かる理由でしょう。一つの箱の中で複数に分けて密封されて、より使いやすくなったルーも増えています。

市販カレールーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5249071の画像

    ハウス食品

  • 2
    アイテムID:5249066の画像

    オリエンタル

  • 3
    アイテムID:5249059の画像

    ハウス食品

  • 4
    アイテムID:5249053の画像

    エスビー食品

  • 5
    アイテムID:5249003の画像

    エスビー食品

  • 6
    アイテムID:5248997の画像

    ギャバン

  • 7
    アイテムID:5248973の画像

    ハウス食品

  • 8
    アイテムID:5248963の画像

    江崎グリコ

  • 9
    アイテムID:5248956の画像

    ハウス食品

  • 10
    アイテムID:5248946の画像

    ハウス食品

  • 11
    アイテムID:5248928の画像

    エスビー食品

  • 12
    アイテムID:5248907の画像

    ハウス食品

  • 13
    アイテムID:5248892の画像

    エバラ

  • 14
    アイテムID:5248880の画像

    ハウス食品

  • 15
    アイテムID:5248814の画像

    ハウス食品

  • 商品名
  • スープカリーの匠 濃厚スープ 4個
  • 即席カレー 95g
  • 海の幸カレー 中辛 120g
  • ゴールデンカレー 動物性原材料不使用 1kg
  • みんなのとろけるカレー(アレルギー特定原材料等27品目不使用) 81.6g×5個
  • GABAN 純カレーパウダー
  • ハウス 印度カレー 辛口 230g×3個
  • 江崎グリコ カレーZEPPIN 中辛 175g
  • ハウス ベジタベルカレー 117g×5個
  • ハウス プライムジャワカレー 中辛 117g
  • 濃いとろけるカレー中辛 175g
  • スープカリーの匠 芳醇辛口 89g×4個
  • 横濱舶来亭 カレーフレーク こだわりの中辛 180g
  • バーモントカレー 中辛 230g
  • こくまろカレー中辛 140g
  • 特徴
  • スープカレーの濃厚で辛口
  • 直火焼粉末タイプのロングセラー
  • 魚介類の味を引き立てるカレー
  • ベストセラーゴールデンカレーの動物性原料レス
  • アレルギー成分をカットした誰でも食べれるカレー
  • スパイスの専門メーカーのカレールウ
  • カレーにスパイス、チキンの旨味を加えただけのシンプルなルー
  • 辛さが響く本格的な辛さのカレー
  • 動物性の原料不使用・野菜だけで作るカレー
  • 油をカットした爽やかな辛さ
  • 濃厚デミグラスが香るベストセラー
  • 札幌で人気のスープカレー専門店「札幌らっきょ」監修
  • 香味野菜に20種類以上の スパイスをブレンドしたこだわりのカレーフレークルウ
  • お子さんも大好きなりんごとハチミツ入り
  • 豊かなこくが食欲を刺激する程よい辛さ
  • 価格
  • 1386円(税込)
  • 151円(税込)
  • 239円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 1285円(税込)
  • 790円(税込)
  • 933円(税込)
  • 302円(税込)
  • 1339円(税込)
  • 296円(税込)
  • 195円(税込)
  • 1538円(税込)
  • 312円(税込)
  • 214円(税込)
  • 174円(税込)
  • 辛さ
  • 辛口
  • 中辛
  • 中辛
  • 中辛
  • 甘口
  • 中辛
  • -
  • 辛口
  • 中辛
  • 中辛
  • 中辛
  • 辛口
  • 中辛
  • 中辛
  • 中辛
  • 原産国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • -
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本

まとめ

市販のカレールーは本当に種類が多くて個性的な製品も多いので、選ぶのには本当に迷います。好みや生活に合ったカレールーは発見出来ましたでしょうか。皆さんのカレーライフにぴったりのカレールが見つかるお手伝いができれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ