【2019年最新版!】おすすめの人気フライヤーランキング20選!

記事ID6421のサムネイル画像

火を使わずに手軽に揚げ物が作れるフライヤー。テーブルの上で使える卓上タイプのフライヤーや、油を使わないノンフライーが人気です。今回は、これから購入を考えている方におすすめしたい人気のフライヤーをランキング形式で紹介していきます!

手軽に揚げ物を楽しめるフライヤー

フライや天ぷら、唐揚げなど揚げ物を調理するとき、油の温度調整が難しいと思うことはありませんか?フライヤーを利用すれば、自動で温度を調節してくれるので失敗することなく揚げ物が楽しめます。また、火を使わないので火事の心配もなく安全です。

 

最近は、いろいろな種類のフライヤーが販売されています。あまりに数が多くて、どれを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、おすすめの人気フライヤーを、タイプ、サイズ、デザイン、機能などを基準にランキングを作成し、全部で20商品ご紹介します。フライヤーの購入を考えている方はぜひ参考にしてください!

 

 

おすすめの人気フライヤーランキング20選!

20位

ROOMMATE

ゼロフライヤー EB-RM1300

価格:6,184円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱と空気で揚げるノンフライヤー

油を使わずに美味しくヘルシーな揚げ物が作れるノンフライヤーです。バスケットは外れるのでそのまま水洗いができるのでお手入れも楽ちんです。タイマー機能搭載なので、食材を入れて温度をセットしておけば揚げ物から肉料理、ケーキまで簡単に作ることができます。

サイズ28.5×38×32cm容量2.2L
重さ5.5kg温度設定80~200℃

口コミを紹介

今まで面倒で揚げ物とか中々やらなかったのですが、これだと気軽にできるし、値段の割に良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

RolliBot

ノンフライヤー 2.5L

価格:7,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい電子操作パネルのノンフライヤー

温度と時間を設定が簡単にできる電子操作パネル搭載のノンフライヤーです。200℃の熱風で料理を調理するので、油不使用でも揚げ物の外はサクッと中はジューシーに仕上がります。バスケットとバスケットパンは取り外し可能で、食器洗い機にも対応しています。

サイズ32×24×30cm容量2.5L
重さ3.5kg温度設定80~200℃

口コミを紹介

実際に使用してみて、油を使っていないけど美味しい!汚れなども気にせず、水洗いが可能でもあるため、綺麗好きの私にとって最高の商品です。大満足です。これは、友人にも紹介して広めたいなと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

わがんせ

RJ874WH

価格:10,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高温の空気でカリッと揚げるノンフライヤー

210℃の熱風と空気で加熱するヒートコンベクション方式で、油を使わずに揚げ物を作ることができます。余分な油をカットできるのでヘルシーな料理を楽しむことができ、調理後の油の処理も不要です。鍋とバスケットは食器洗い機で洗うことができるので、お手入れも簡単です。

サイズ32×29.5×36cm容量2.2L
重さ5.04Kg温度設定90~210℃

口コミを紹介

フライが好きなんですが油の処理がおっくうで控えていましたがこれが手に入り助かりました。
これでいつでも美味しいフライが楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

Innsky

SA35

価格:8,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作が簡単なLEDデイスプレー搭載のノンフライヤー

360°高速空気循環技術により、油を使わなくても食材をカラッと揚げることができます。油の摂取量を減らすことができるので、健康志向の方におすすめです。見やすいLEDデイスプレーにより温度、時間設定が簡単に行えます。

サイズ27.5×31.2×33.6cm容量3.5L
重さ4.75kg温度設定80~200℃

口コミを紹介

簡単に美味しく調理できます。
バスケットが広いので、重ねられないものがたくさん調理できますし焼き魚も美味しくふっくら焼けました。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

フィリップス

ノンフライヤープラス

価格:27,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メニューの幅が広がるノンフライヤー

時間は1分刻み、温度は5℃刻みで細かい設定が可能なノンフライヤーです。バスケットカバーが付属しているのでポップコーンやドライフルーツなどの料理も楽しむことができます。クッキングネットとバスケットカバーが取り外して丸洗いできるから、お手入れも簡単です。

サイズ31.5×28.7×38.4cm容量2.2L
重さ5.7Kg温度設定60~200℃

口コミを紹介

色々料理の幅が広がります
揚げ物が10分でできるしポテトもカリカリになります。掃除もまあまあ楽。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

ROOMMATE

ゼロフライヤーミニ

価格:5,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズのノンフライヤー

コンパクトサイズなので温度の上昇が早く、 スピーディーに調理できるノンフライヤーです。シンプルなデザインなので、キッチンに置いていても邪魔にならず持ち運びも簡単です。バスケットパンとフライバスケットは取り外して丸洗いできます。

サイズ21.4×22.9×26.7cm 容量1.0L
重さ2.8kg温度設定120~200℃

口コミを紹介

大好きなから揚げが、カラッとサクッと揚がります。
フライドポテトも揚げられて、重宝しています。
掃除も、いろいろ分解出来て一個一個キレイに洗えて清潔です。
床掃除もいらなくなったので、後片付けも楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

太知ホールディングス

KFM-2500

価格:8,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプル設計で安全に使える電気フライヤー

フタを閉めたまま安心安全に調理ができる、シンプル設計の電気フライヤーです。油はねの心配がなく、気になる油のニオイも軽減することができます。フタ、容器を取り外して水洗いすることができ、いつでも清潔に使用することができます。

サイズ28×36×26cm容量2.5L
重さ4.4kg温度設定130~190℃

口コミを紹介

容量もかなり大きく一気に大量に調理できて大変便利です。
油はねがなく快適に調理ができます。これは買って正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ライソン

KDFY-12AB

価格:2,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食卓で手軽に揚げ物が楽しめるフライヤー

食卓で揚げたてが食べれる電気フライヤーです。便利な温度調節機能付きでメニューに合わせて油の温度を設定することができ、誰でも簡単に揚げ物を調理できます。ふたをしたまま調理ができるので、油はねの心配や油汚れを気にすることなく快適に調理することができます。

サイズ25×19.5×19.5cm容量1.2L
重さ1.2kg温度設定140~190℃

口コミを紹介

コンパクトで邪魔にならないので、使わない時も普通に食卓に置いてます。油が温まるまで少々時間がかかりますが、少ない油でカラッと美味しい揚げ物が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ショップジャパン

カラーラ

価格:12,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘルシー&おいしい調理を楽しめるノンフライヤー

理想的な対流を作るウインドキャッチャーが、カラッと食材を加熱するノンフライヤーです。脂肪分最大83%カットでヘルシー調理を実現します。油を使わないので、油の後処理や油汚れの掃除などの手間もかかりません。

サイズ26×31.5×33cm容量-
重さ4kg温度設定60~200℃

口コミを紹介

使い方さえモノにすれば、とても健康的で毎日美味しい料理を食べられます。油のとりすぎを防ぐ事ができ、しかもサクッと美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

フィリップス

HD9216/66

価格:16,896円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界で800万台売れたノンフライヤー

高速空気循環技術とスターフィッシュデザインによるらせん熱風により、食材を均一に加熱し、ヘルシーに揚げることができます。揚げ物だけでなく、グリル、ベイク、ローストにも対応しています。バスケットはノンスティック加工となっており、食洗機でも洗うことができ、後片付けも簡単です。

サイズ38×35×35cm容量2.2L
重さ7kg温度設定80~200℃

口コミを紹介

とてもいいです
調理方法は幅広いし、使いやすく、なにしろ洗いやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ROOMMATE

EB-RM6400A

価格:6,939円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れを気にせず揚げ物調理ができるフライヤー

蓋を閉めて揚げ物調理と油切りができる電気フライヤーです。2.4Lと大容量タイプなので、さまざまな揚げ物を短時間で大量に調理できます。蓋を閉めてもガラス窓が付いているの
で、調理中の様子を見ることができ便利です。

サイズ26.6×23.7×36.5cm容量2.4L
重さ3.4kg温度設定130~190℃

口コミを紹介

揚げ物が楽になりました!油の節約にもなります。早く揚がります!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

和平フレイズ

ほんわかふぇ

価格:3,814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

卓上で楽しめるコンパクトなフライヤー

揚げたての揚げ物料理を手軽に楽しめる、卓上用コンパクトフライヤーです。温度調節機能により油温を一定に保ってくれるので、加熱しすぎることもなく安全です。串揚げ用の串掛けリングを外せば、天ぷらや唐揚げなども作ることができます。

サイズ24×20.5×20cm容量0.5L
重さ1.05kg温度設定140~180℃

口コミを紹介

温度も機械で調整できるので、簡単。
テーブルの上で見ながら食べれるので、楽しく熱々が食べれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ライソン

KDFY-06AB

価格:1,776円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしにぴったりのコンパクトフライヤー

食卓で揚げながら食べられるコンパクトサイズの電気フライヤーです。メニューに合わせて油の温度を設定できるので、簡単に美味しい揚げ物を作ることができます。少量の揚げ物も手軽に調理できるので、一人暮らしの方にぴったりです。

サイズ13×14×18cm容量0.6L
重さ0.51kg温度設定80~190℃

口コミを紹介

想像通りのサイズで、少量の揚げ物を楽しめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ティファール

FZ205088

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台で多彩な料理が作れる電気フライヤー

揚げ物だけでなく、炒め物、煮込みなどにも対応した多機能電気フライヤーです。熱風循環、自動かく拌調理方式で脂肪分ひかえめなヘルシー料理を手軽に作ることができます。見やすい液晶パネル搭載で操作も簡単です。

サイズ40×27×25cm容量1L
重さ3.7kg温度設定145~180℃

口コミを紹介

気に入りました。好きな事をしながら、料理が一品できるのが、とても嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

クイジナート

CDF-100JBS

価格:6,995円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に揚げ物を楽しめるフライヤー

油の温度を設定できるので、失敗なく揚げ物が調理できる電気フライヤーです。バスケット付きだから一度に揚げることができ、油切りもまとめてできるので便利です。さらに脱臭フィルター付きなので、嫌な油の臭いを軽減する事ができます。

サイズ19.5×28.5×20.5cm容量1.0L
重さ2.3kg温度設定90~190℃

口コミを紹介

座って揚げたてが食べれる。パチパチと油も飛ばないし、ほんと、早くに買ったら良かったです❗

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

タイガー

はやあげ

価格:6,277円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テーブルで揚げ物ができる電気フライヤー

油の温度を常に適温を保ってくれるので、簡単に美味しい揚げ物を楽しむことができる電気フライヤーです。なべは汚れに強いフッ素加工を施しており、フタ、油受けもすべて丸洗いすることができるので、お手入れも簡単です。

サイズ26.4×21.1×22.4cm容量1.0L
重さ2.1kg温度設定-

口コミを紹介

家で気軽に揚げ物ができるため、買って良かったと思える商品です。内釜が取り外せ洗えるのも後片付けがしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

山善

揚げ物の達人

価格:5,072円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温度調節機能を搭載した電気フライヤー

揚げ物料理が手軽に楽しめる、温度調節機能搭載の電気フライヤーです。フライドポテトなど小物揚げに使えるバスケットや、串揚げに使える串ホルダーが付属しており便利です。内釜はフッ素加工でふき取るだけでOKなので、お手入れも簡単です。

サイズ29×20×18.5cm容量1.1L
重さ2.4kg温度設定160~200℃

口コミを紹介

サイズがコンパクトだけれど、深さもあり美味しく揚がります。温度設定すれば失敗無く、串のホルダーがあり揚げやすいし、飛び跳ねもなくテーブルも汚れず、子供も一緒に楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ツインバード

EP-4694

価格:3,274円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポット型のコンパクト電気フライヤー

少人数の家庭におすすめのコンパクトな電気フライヤーです。メニューに合わせた低・中・高の温度設定が可能で、フライ、天ぷら、お菓子などの様々な調理を楽しめます。ポット型なので、油の処理も片手でできます。

サイズ25×25×25cm容量0.5L
重さ1.8kg温度設定160~190℃

口コミを紹介

少ない油で、手軽に揚げ物ができます。
温度調節機能があるので、鶏の唐揚げなど簡単に美味しく作ることができます。
また、油の飛び散りも少なく、お手入れも簡単で使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

山善

YAD-F800

価格:4,151円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油ハネしない蓋付き電気フライヤー

油ハネの心配のない設計の電気フライヤーです。蓋をして調理するので、から揚げや天ぷらなどの揚げ物料理が安全に手軽に楽しめます。また温度調節は簡単に操作できるダイヤル式で、使いやすさが魅力です。

サイズ24.5×25.5×21.5cm容量1.5L
重さ2.2kg温度設定160~190℃

口コミを紹介

温度調整が楽で、加熱も早い、匂いが少ない、油の痛みが少ないなど、メリットしかないです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

象印

EFK-A10

価格:6,637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油の温度が下がりにくいハイパワーな電気フライヤー

加熱が速いハイパワータイプの電気フライヤーです。160~200℃までの油温調節機能を搭載しており、難しい温度調節をしなくても油の温度がずっとキープされ、どんな食材でも美味しく簡単に揚げることが出来ます。大容量で間口が広いので、19cmの海老もまるごと調理できます。

サイズ30×17×18cm容量1.0L
重さ2.1㎏温度設定160~200℃

口コミを紹介

手軽にできる大きさで、飛び散りもそこまでひどくなく、揚げ物がしやすくなりました!
これでよく、唐揚げを作ってあげたり、豚カツ、天ぷらも作ります!いい商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

フライヤーの選び方

フライヤーには様々な種類があり、用途や使用する人数などに合わせて選ぶ必要があります。今回は、どんなフライヤーを選べばいいのかわからないという方のために、フライヤーを選ぶ際に重視したいポイントを解説していきます。

種類で選ぶ

フライヤーには、電気で加熱して食材を揚げる電気フライヤーと、油を使わずに調理できるノンフライヤーがあります。違いは、油を使用するかしないかなので、フライヤーを使ってどのような料理が作りたいのか、用途に合わせて選びましょう。

電気フライヤーを選ぶ

火を使わずに、電気ヒーターで加熱して揚げ物を調理するオーソドックスなタイプです。食卓で揚げたてを食べることもでき、火を使わないので、油ハネによる火傷の心配もありません。油を使用するタイプのため、お手入れの手間がかかります。

ノンオイルフライヤーを選ぶ

高温の熱風で揚げ物を調理するタイプで、油を使用しないためヘルシーな料理がつくれます。油汚れの心配がないので、後片付けやお手入れも楽ちんです。揚げ物だけでなく、焼く、煮る、蒸すなど多機能なタイプもあります。熱風でじっくり加熱するので調理に時間がかかります。

容量で選ぶ

フライヤーを購入する際は容量をしっかりチェックしましょう。容量が大きいほど一度にたくさん揚げることができますが、収納スペースも必要になります。家族の人数やキッチンの広さなども考慮し、最適なサイズのものを選ぶようにしましょう。

0.5L程度を選ぶ

お弁当用など少量の揚げ物を作りたい場合や、1人暮らしの方におすすめの大きさです。容量が小さいぶん本体のサイズも小さめになるので、十分な収納スペースがないという方にもおすすめです。

1.0L以上を選ぶ

3~4人のご家庭で使用する場合は、1.0L以上のフライヤーがおすすめです。容量が大きければ大きいほど、たくさんの量を調理できます。ただし本体サイズも大きくなり、場所をとります。置くスペースの広さも考慮して選びましょう。

大容量タイプを選ぶ

大人数でのパーティーやイベントなど、揚げ物を一度に大量に調理したい時は、業務用としても使える大容量タイプのフライヤーをおすすめします。パワーもあるので、短時間で出来上がるのも便利です。

機能で選ぶ

フライヤーには、揚げ物を揚げるだけでなく様々な機能を搭載したものがあります。温度調節ができるものや、タイマー機能があるもの、揚げ物以外の調理ができるものなど、各メーカーからいろいろな製品が発売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

温度調節機能つきを選ぶ

揚げ物は油の温度が難しいですが、温度調節機能が搭載されたフライヤーなら、食材に合わせて最適な温度を一定に保ってくれるので、どなたでも簡単に揚げ物を調理できます。温度調節は、低・中・高の3段階のシンプルなタイプから、5℃刻みで細かく設定できるものなどがあります。

タイマー機能つきを選ぶ

タイマー機能を搭載したフライヤーなら、タイマーのセットをしておくだけで、設定した時間になると自動停止してくれるので安心です。同時進行で他の調理をすることができるので、家事の時短にも役立ちます。

温度制御機能つきを選ぶ

温度制御機能とは、温度が上がりすぎた場合に自動的に電源がオフになる機能です。小さなお子様のいる家庭など、より安全なフライヤーを使用したいときは温度制御機能の有無をチェックしておくと良いでしょう。

内釜が取り外せるタイプを選ぶ

頻繁に使用するなら、やはり使用後のお手入れが簡単なフライヤーを選びたいですよね。内釜を取り外して丸洗いができるタイプなら、汚れを気にせずいつでも清潔に使用することができます。

多機能タイプを選ぶ

フライヤーの中には揚げる以外にも焼く、炒めるといった多機能に使えるタイプものも販売されています。1台あれば色々な料理にチャレンジすることができるので、便利です。ただし、シンプルなフライヤーに比べると価格は高めになります。

デザインで選ぶ

フライヤーには、キッチンやテーブルの上に出しっぱなしにしておけるような、おしゃれなデザインのものも多く売り出されています。お部屋の雰囲気に合わせて好みのデザインのフライヤーを見つけてください。

オプションのあるものを選ぶ

細かいものを揚げるときに便利なバスケットや、煮物や蒸し料理が作れる鍋などのオプションつきのフライヤーなら、いろいろな調理を楽しむことができます。本体とセットになっているものと、別売りで購入できるものがありますので、チェックしてみてください。

メーカーで選ぶ

フライヤーは、さまざまなメーカーから販売されています。それぞれのメーカーに特徴があり、メーカーにこだわって購入するという方も多いのではないでしょうか。フライヤーを展開している主なメーカーをご紹介します。

象印を選ぶ

炊飯器、電気ポットなどの家庭用調理器具を販売している日本の老舗メーカーです。お手頃価格でありながらハイパワーで機能性にも優れた電気フライヤーは、人気のロングセラー商品となっています。

ツインバードを選ぶ

調理家電や掃除機などを製造販売している家電メーカーです。コンパクトサイズでシンプルな機能のフライヤーは、少量の揚げ物を気軽に楽しみたい一人暮らしの方や、ご高齢のご夫婦に人気です。

タイガーを選ぶ

魔法瓶や炊飯器、ホットプレートなどの調理家電を販売している家電メーカーです。人気の電気フライヤー「はやあげ」は、なべを取り外して丸洗いできる使い勝手の良さと、マグネット式プラグを採用するなど安全性にこだわった設計が人気を集めています。

ティファールを選ぶ

世界で初めて「こびりつかないフライパンを」発売したことで知られる、フランスの調理家電ブランドです。揚げる・煮る・炒めるなどの多彩な調理ができる多機能フライヤー、「アクティフライ」は、世界で700万台売り上げた大人気製品です。

フィリップスを選ぶ

ノンフライヤーの先駆けとして知られる、オランダの家電メーカーです。フィリップスのノンフライヤーは、2013年の発売開始から健康志向が強い方々を中心に高い関心を集め、入荷待ちになるほどの爆発的なヒットとなりました。

ROOMMATEを選ぶ

生活家電や調理家電を販売しているネット通販に特化したメーカーです。フタを閉めて調理できる「ディープフライヤー」や油を使わないノンフライヤー「ゼロフライヤー」は、かわいらしくおしゃれなデザインと使いやすさ、購入しやすいリーズナブルな価格が人気です。

山善を選ぶ

扇風機などの家電製品や電子レンジなどの調理器具、家具などを販売する日本のメーカーです。電気フライヤー「揚げ物の達人」は、使いやすいコンパクトサイズでありながら、温度調節機能を搭載するなど使いやすさが人気の製品です。

フライヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5196335の画像

    象印

  • 2
    アイテムID:5196336の画像

    山善

  • 3
    アイテムID:5196337の画像

    ツインバード

  • 4
    アイテムID:5196339の画像

    山善

  • 5
    アイテムID:5196341の画像

    タイガー

  • 6
    アイテムID:5196342の画像

    クイジナート

  • 7
    アイテムID:5196348の画像

    ティファール

  • 8
    アイテムID:5196353の画像

    ライソン

  • 9
    アイテムID:5196355の画像

    和平フレイズ

  • 10
    アイテムID:5196361の画像

    ROOMMATE

  • 11
    アイテムID:5196364の画像

    フィリップス

  • 12
    アイテムID:5196372の画像

    ショップジャパン

  • 13
    アイテムID:5196366の画像

    ライソン

  • 14
    アイテムID:5196375の画像

    太知ホールディングス

  • 15
    アイテムID:5196379の画像

    ROOMMATE

  • 16
    アイテムID:5196383の画像

    フィリップス

  • 17
    アイテムID:5196384の画像

    Innsky

  • 18
    アイテムID:5196387の画像

    わがんせ

  • 19
    アイテムID:5196390の画像

    RolliBot

  • 20
    アイテムID:5196394の画像

    ROOMMATE

  • 商品名
  • EFK-A10
  • YAD-F800
  • EP-4694
  • 揚げ物の達人
  • はやあげ
  • CDF-100JBS
  • FZ205088
  • KDFY-06AB
  • ほんわかふぇ
  • EB-RM6400A
  • HD9216/66
  • カラーラ
  • KDFY-12AB
  • KFM-2500
  • ゼロフライヤーミニ
  • ノンフライヤープラス
  • SA35
  • RJ874WH
  • ノンフライヤー 2.5L
  • ゼロフライヤー EB-RM1300
  • 特徴
  • 油の温度が下がりにくいハイパワーな電気フライヤー
  • 油ハネしない蓋付き電気フライヤー
  • ポット型のコンパクト電気フライヤー
  • 温度調節機能を搭載した電気フライヤー
  • テーブルで揚げ物ができる電気フライヤー
  • 手軽に揚げ物を楽しめるフライヤー
  • 1台で多彩な料理が作れる電気フライヤー
  • 一人暮らしにぴったりのコンパクトフライヤー
  • 卓上で楽しめるコンパクトなフライヤー
  • 汚れを気にせず揚げ物調理ができるフライヤー
  • 世界で800万台売れたノンフライヤー
  • ヘルシー&おいしい調理を楽しめるノンフライヤー
  • 食卓で手軽に揚げ物が楽しめるフライヤー
  • シンプル設計で安全に使える電気フライヤー
  • コンパクトサイズのノンフライヤー
  • メニューの幅が広がるノンフライヤー
  • 操作が簡単なLEDデイスプレー搭載のノンフライヤー
  • 高温の空気でカリッと揚げるノンフライヤー
  • 使いやすい電子操作パネルのノンフライヤー
  • 熱と空気で揚げるノンフライヤー
  • 価格
  • 6637円(税込)
  • 4151円(税込)
  • 3274円(税込)
  • 5072円(税込)
  • 6277円(税込)
  • 6995円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 1776円(税込)
  • 3814円(税込)
  • 6939円(税込)
  • 16896円(税込)
  • 12999円(税込)
  • 2790円(税込)
  • 8580円(税込)
  • 5300円(税込)
  • 27980円(税込)
  • 8990円(税込)
  • 10599円(税込)
  • 7680円(税込)
  • 6184円(税込)
  • サイズ
  • 30×17×18cm
  • 24.5×25.5×21.5cm
  • 25×25×25cm
  • 29×20×18.5cm
  • 26.4×21.1×22.4cm
  • 19.5×28.5×20.5cm
  • 40×27×25cm
  • 13×14×18cm
  • 24×20.5×20cm
  • 26.6×23.7×36.5cm
  • 38×35×35cm
  • 26×31.5×33cm
  • 25×19.5×19.5cm
  • 28×36×26cm
  • 21.4×22.9×26.7cm 
  • 31.5×28.7×38.4cm
  • 27.5×31.2×33.6cm
  • 32×29.5×36cm
  • 32×24×30cm
  • 28.5×38×32cm
  • 容量
  • 1.0L
  • 1.5L
  • 0.5L
  • 1.1L
  • 1.0L
  • 1.0L
  • 1L
  • 0.6L
  • 0.5L
  • 2.4L
  • 2.2L
  • -
  • 1.2L
  • 2.5L
  • 1.0L
  • 2.2L
  • 3.5L
  • 2.2L
  • 2.5L
  • 2.2L
  • 重さ
  • 2.1㎏
  • 2.2kg
  • 1.8kg
  • 2.4kg
  • 2.1kg
  • 2.3kg
  • 3.7kg
  • 0.51kg
  • 1.05kg
  • 3.4kg
  • 7kg
  • 4kg
  • 1.2kg
  • 4.4kg
  • 2.8kg
  • 5.7Kg
  • 4.75kg
  • 5.04Kg
  • 3.5kg
  • 5.5kg
  • 温度設定
  • 160~200℃
  • 160~190℃
  • 160~190℃
  • 160~200℃
  • -
  • 90~190℃
  • 145~180℃
  • 80~190℃
  • 140~180℃
  • 130~190℃
  • 80~200℃
  • 60~200℃
  • 140~190℃
  • 130~190℃
  • 120~200℃
  • 60~200℃
  • 80~200℃
  • 90~210℃
  • 80~200℃
  • 80~200℃

まとめ

いかがでしたか?今売れていれるおすすめのフライヤーと、フライヤーの選び方についてご紹介しました。フライヤーが1台あれば、面倒な揚げ物も気軽に楽しむことができます。今回記事を参考に、ぜひお気に入りのフライヤーを探してみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ