ハリーポッター映画の人気おすすめランキング10選【2019年最新版】

記事ID6199のサムネイル画像

魔法界を舞台にした大人気児童小説でその映画化は社会現象をまき起こしました。今なお最新作が作られるハリー・ポッターシリーズは魅力的な世界に溢れています。本記事ではおすすめハリー・ポッターシリーズをランキング形式で紹介します。

大人気シリーズ『ハリー・ポッター』

『ハリー・ポッター』シリーズは大人気児童小説とその映画化シリーズのことです。ずっとモグル(魔法を使えない一般人)として育てられたハリー・ポッターはある日、自身が魔法使いの一族であることを知ります。

 

そんなハリー・ポッター目線で描かれている魔法の世界と魔法学校ホグワーツでの生活は輝きに満ち溢れています。そんなハリー・ポッターシリーズは全世界で大ヒットし、今や知らない人がいないほど社会現象を巻き起こしました。

 

そんなハリー・ポッターシリーズは今なお映画などで最新作が作られています。その一つが『ファンタスティック・ビースト』シリーズです。本記事では媒体・シリーズ・監督などを基準にハリー・ポッターシリーズをランキング形式で紹介したいと思います。

人気ハリー・ポッターシリーズおすすめランキング10選

10位

静山社

ハリー・ポッターと呪いの子

価格:842円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハリー・ポッターシリーズまさかの最新作

『ハリー・ポッターと呪いの子』その名に聞き覚えのない人も多いのではないでしょうか。それもそのはず、『ハリー・ポッターと呪いの子』はハリー・ポッターシリーズ最終作『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後の世界を描いた話なのです。

 

そんなハリー・ポッターシリーズ8作目である『ハリー・ポッターと呪いの子』でのハリー・ポッターーはもう大人。良き夫であり良き父である大人です。しかしそれと同時に彼はハリー・ポッターでもあります。

 

また息子も同様に『ポッター一族』という重圧に悩まされています。そんな彼らがどんな深い闇に直面するか、是非本書で確かめてください。最新作なだけに入り口には適さないかもしれませんが、間違いなくおすすめの一冊です。

コンテンツ単行本発売日/公開日2016年11月11日

口コミを紹介

舞台作品の台本であるということは理解していましたが、予想以上のストーリー展開に驚きました。
読みにくさを指摘される方がいますが、個人的にはそこまで不便は感じず、スラスラ読み進めていきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

価格:356円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハリー・ポッターシリーズの話題作

映画版『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』はハリー・ポッターシリーズにおける一つの転換期だと言えます。ハリーは少年から青年となり、さらに他の魔法学校と魔力を競い合う「三大魔法学校対抗試合」が行われます。

 

ハリーはなんの因果か、参加資格がないはずなのに「三大魔法学校対抗試合」に参加することとなります。本作ではそんなハリーの葛藤と「三大魔法学校対抗試合」での活躍を見ることができます。

 

映画版では原作に忠実でありながら主演で青年期に差し掛かったダニエル・ラドクリフの演技を楽しむことができます。本作でハリーが直面する恐ろしい真実はまさに記憶に残る衝撃作だと言えます。

コンテンツ映画発売日/公開日2005年11月26日

口コミを紹介

このシリーズはつい買ってしまいます…でも毎回期待を裏切りませんね!!全7作の折り返しの作品でもあり、今後のハリー達の成長も楽しみになっています。あ〜早く次回作が観たいな〜。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

価格:549円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

破滅のはじまり

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』もまたハリー・ポッターシリーズで人気の作品の一つです。なんと本作ではダンブルドア校長がクビになってしまい、性悪なドローレスが校長に就任し、圧政を敷きます。

 

そんな中、ハリーは迫りくる脅威の中、ダンブルドア軍団を結成して秘密裏にヴォルデモートに対抗する防衛術を教えます。息苦しい学園生活に確実に闇の迫る日常。そんな中でハリーは確かに青春を謳歌します。

 

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ではあまりにも多くの出来事が作中で起こります。その中にはハリーにとって耐えがたき悲劇も。それ故に評判のいい作品となっています。おすすめのハリー・ポッターシリーズの一つです。

コンテンツ映画発売日/公開日2007年7月20日

口コミを紹介

魔法界の闇が見えてくる。とても楽しい。どんどんスリリングになるが、これがまた良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターと秘密の部屋

価格:529円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

秘密の部屋の謎を解き明かせ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』はハリー・ポッターシリーズの第二作目です。ホグワーツの2年生となったハリーは様々な謎や脅威と直面します。そのうちの一つがホグワーツのどかにあるとされている秘密の部屋です。

 

ホグワーツではマグル出身の生徒や猫などが次々石化する事件が発生します。そして多くの生徒がこう噂します。「スリザリンの継承者があらわれて秘密の部屋の扉を開けた」と。そんな中ハリーはヘビ語を話したことでスリザリンの継承者ではないかと疑われます。

 

ホグワーツの謎と深い闇に挑む本作はまさに魅力的なミステリーに溢れています。空飛ぶ車でホグワーツに向かったりなど、冒険色の強い一作です。大人から子供まで誰でも楽しめる作品です。

コンテンツ映画発売日/公開日2002年11月23日

口コミを紹介

ワクワクします。今でも。
全く色褪せない映画。
子供と楽しく見れます。
映像美、ストーリー、友情、ありとあらゆる事が素晴らしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターと謎のプリンス

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃の結末

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』はハリー・ポッターシリーズの第六作目の作品です。この作品ではヴォルデモート復活が完全に世の中に広がり渡っており、ハリーは選ばれし者なのではと注目されてしまいます。

 

そんな中、ハリーは尊敬するダンブルドア校長と共にヴォルデモートを打ち倒すため分霊箱を探します。そんな中、ハリーの借りた魔法薬学の教科書には「半純血のプリンス」と自称した人物の研究が書かれていました。

 

そんな最終作品の一つ前の作品である『ハリー・ポッターと謎のプリンス』はそんな立ち位置の作品なだけに衝撃的な展開となっています。ハリーを待ち受ける衝撃の展開の数々を是非その目でご覧になってください。

コンテンツ映画発売日/公開日2009年7月15日

口コミを紹介

シリーズ終盤に向けての意味ある作品。ドキドキしました。ハリーは決して優等生ではなくごく普通のお茶目な男子なんですよね。これから先、どんどんシリアスになっていくんだろうなぁ。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

静山社

ハリー・ポッターと賢者の石

価格:2,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てのはじまし

ハリー・ポッターと言えばやはりこの作品。全てのシリーズのはじまりである『ハリー・ポッターと賢者の石』でしょう。ハリー・ポッターサーガの始まりであり、同時に大人から子供まで大人気の作品でもあります。

 

叔父と叔母にいじめられながら暮らしていた心優しき少年ハリー・ポッターはある日、魔法学校ホグワーツからの入学許可書が届いたことから自身が魔法使いであることを知ります。しかしそれは同時に自身の過酷な運命のはじまりでもありました。

 

『ハリー・ポッターと賢者の石』の原作であるこの小説版は、子供の小説デビューとして間違いなく最適です。その煌めくような魔法の世界は間違いなく多くの人を虜にしています。おすすめのハリー・ポッター小説でしょう。

コンテンツ単行本(20周年記念版)発売日/公開日1999年12月8日

口コミを紹介

子どもは自閉症スペクトラムです。集中力が続かず小さな字を読むの苦手です。ですが、この本のお陰で楽しんで一冊読了でき、ものすごい自信になったようです。美しいイラスト、広い行間、ふりがな、何もかもが素晴らしく。もっとこのシリーズを増やしてほしいと切に願います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハリー・ポッターの最新シリーズ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はハリー・ポッターの作者J.K.ローリング脚本の映画で、ハリー・ポッターを内包する魔法ワールドシリーズの第一弾です。新たな魔法ワールド作品として多くの人の注目を集めました。

 

主人公はハリー・ポッターシリーズ作中に登場する書物『幻の動物とその生息地』の作者ニュート・スキャマンダー。舞台はハリー・ポッターが生まれるはるか昔、1920年代。そこで様々な魔法生物を巡るニュート・スキャマンダーの活躍が描かれています。

 

ハリー・ポッターシリーズの入り口として、あえて最新シリーズとして『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から見るのも一つの手かもしれません。そこには魔法の驚きと喜びで満ち溢れています。

コンテンツ映画発売日/公開日2016年11月23日

口コミを紹介

アマゾンビデオでレンタルしました。子供と映画館でも見たのですが、また見たくなりましたので。
トランクの中の飼育施設がとても描き方が素敵で、主人公の人柄がよく現れているナイスな場面で大好きです。ファンタジー好きで動物好きならば、子供でも楽しめますよ。暗い場面もありますが、そのへんはバビューンと飛ばせるのも、ビデオのいいところ。ある程度大きくなってからまた見ればより楽しめるのではないかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

名監督が手掛けたハリー・ポッターシリーズ

ハリー・ポッターシリーズで最も評価が高いのが『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』でしょう。本作では、『ゼロ・グラビディ』や『ROMA』などでアカデミー賞を総なめにしてきたアルフォンソ・キュアロンが監督を務めています。

 

前二作で監督を務めたクリス・コロンバスが降板したことによってアルフォンソ・キュアロンが起用された本作は前二作より演出が洗練され大人向けになったと話題になりました。それでいてホラーの要素も色濃くハリー・ポッターシリーズでは際立った作品となりました。

 

そんな名作映画監督による本作はまさにおすすめのハリー・ポッターシリーズだと言えます。映画芸術としてハリー・ポッターシリーズを楽しみたいのなら間違いなく『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』がおすすめでしょう。

コンテンツ映画発売日/公開日2004年6月26日

口コミを紹介

映画公開時、学生の時に見たのが最初だったけれど、シリーズ最終作まで見えおえた後で見返してみて改めて物語の面白さを再認識。また映像美や魔法の授業、魔法学校などワクワクしてみられる本当によくできた映像でしょぼいところがないなあと関心が深まった。シリーズ後半のシリアスなドラマも巧みで単純な児童文学とは違う苦さや深さをもっていて素晴らしいと思う。一方で、シリアスな展開を心配することを忘れ、ただただワクワクできる魔法ファンタジーとしては1,2作目と本作までの前半3作というのは間違いないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

価格:1,414円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

魔法ワールド最新作

現在、ハリー・ポッターシリーズ、すなわち魔法ワールドで最も新しい作品は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』です。公開日が2018年11月23日とほんとうに最新の最新作です。

 

前作では逃げ出した魔法動物の収集がメインだった『ファンタスティック・ビースト』ですが、グリンデルバルトというヴォルデモート以前の悪の魔法使いによる魔法界の分断が描かれます。

 

ハリー・ポッターシリーズには様々な入り口が存在しますが、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』もその入り口の一つでしょう。どこから入るべきか迷うくらいなら、最新作から見るのが一番です。

コンテンツ映画発売日/公開日2018年11月23日

口コミを紹介

エディレッドメインも1作目は冒険もの、2作目はスリラーといっていたがまさにそう!
1作目でスキャマンダーが旅へ出たわけもわかるし、新たな真実とキャラクター描写もあり3作目が楽しみになる作品。
ハリポタの世界では子供たちの冒険劇が繰り広げられそれを糧として成長していく様を見れるが、この作品も過去にいた魔法使いたちの苦悩や友情を描いている、死の秘宝の雰囲気にどっと近づいた大人のファンタジー。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ハリー・ポッターと賢者の石

価格:1,851円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全ての子供たちの夢のはじまり

全てにおいて一番ハリー・ポッター入門におすすめできるのはやはり映画シリーズ第一弾『ハリー・ポッターと賢者の石』でしょう。始まりの物語である賢者の石。その映画化作品です。

 

ハリー・ポッターが世界中に社会現象を巻き起こしたその一因の一つは間違いなく本作でしょう。映像化された魅力あふれる魔法の世界は、活字が苦手なお子様にもこの物語の世界を体感することができます。

 

そういう意味では間違いなく『ハリー・ポッターと賢者の石』は映画史に残る映画だと言えます。全ての子供たちのために作られた物語。夢のような映像と共に魔法の世界へと入って見ませんか。

コンテンツ映画発売日/公開日2001年12月1日

口コミを紹介

やっぱハリポタいいです。コレクションになってます。旦那さんと何度も見てユニバーサルいきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハリー・ポッターシリーズの選び方

ハリー・ポッターシリーズはかつては一本道の物語シリーズでしたが、今では『魔法ワールド』として枝分かれするように世界が広がっています。本項ではハリー・ポッターシリーズの選び方を紹介します。

媒体で選ぶ

ハリー・ポッターシリーズは様々な媒体で発表されています。それぞれの媒体にそれぞれの強みがあります。

小説で選ぶ

『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J.K.ローリングはまず最初に小説という形で『ハリー・ポッター』シリーズ第一作目である『ハリー・ポッターと賢者の石』を発表しました。

 

様々なメディアミックスをされている『ハリー・ポッター』シリーズですが、原作小説が一番情報量が多く、物語の密度が高いと言えます。また、その文章は子供にも読みやすいように配慮されており、お子様の活字デビューにも最適です。

 

単行本で出ている『ハリー・ポッター』シリーズは全8巻出ており、最新作である『ハリー・ポッターと呪いの子』は台本形式ですが、いまだ映像化されていません。様々な魅力があるのが小説版ハリー・ポッターなのです。

映画で選ぶ

『ハリーポッター』シリーズと言えばなんと言っても映画でしょう。世界中に社会現象を巻き起こし、最も成功した映画シリーズの一つであります。第一作はホーム・アローンの監督であるクリス・コロンバスが監督を担当しました。

 

そんな映画版『ハリー・ポッターと賢者の石』は原作が売れていたこともあって世界中で社会現象級の大ヒットしました。小説より敷居が低いため大人から子供まで誰もが楽しむことができます。

 

やはり活字は読みづらいという人にもおすすめなのが映画版『ハリー・ポッター』シリーズでしょう。J.K.ローリングが生み出した魅力的な世界観を惜しみなく映像化し、夢のような映画体験となっています。

舞台で選ぶ

これはややコアな楽しみ方ですが、『ハリー・ポッター』シリーズには舞台版が存在します。舞台版のためにJ.K.ローリングが脚本を書きおろし、『ハリー・ポッター』シリーズのその後の物語を描いております。

 

それが『ハリー・ポッターと呪いの子』になります。残念ながら舞台版は映像化されておらず、実際にその物語を見るのはオーストラリアなどでやっている公演などを見に行く必要があります。当然、日本語字幕などありません。

 

しかし。そんな『ハリー・ポッターと呪いの子』の物語を日本でも楽しむことができるのが舞台版の脚本を書籍化したものです。完全に台本形式なので読み慣れるのに時間がかかるかもしれません。しかし、間違いなく新しいハリー・ポッターの世界を楽しむことができます。

主人公で選ぶ

魔法ワールドとしてどんどん世界観が広がってきた『ハリー・ポッター』シリーズは主人公も一人ではありません。『ハリー・ポッター』シリーズの魅力の一つがキャラクターです。主人公によって物語の特色が異なります。

ハリー・ポッター

『ハリー・ポッター』シリーズの主人公といえばやはりハリー・ポッターでしょう。全8作を通じて主人公を務めました。ハリー・ポッターと共に大人になったという人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも『ハリー・ポッター』シリーズはハリー・ポッターの数奇な運命と青春を描いた物語です。ヴォルデモートによって両親を殺されたハリー・ポッターはヴォルデモートを赤子でありながらヴォルデモートを打ち負かし、伝説となります。

 

しかし、同時にハリー・ポッターは魔法を使えない一般人、マグルに育てられ魔法の世界を知らずに育ちました。それゆえに読者は魔法の世界へハリー・ポッターと共に入ることができるのです。

ニュート・スキャマンダー

『ハリー・ポッター』シリーズのはるか昔。1920年代が舞台の物語が『ファンタスティック・ビースト』シリーズです。主人公はハリー・ポッターシリーズに登場する教科書『幻の動物とその生息地』の作者ニュート・スキャマンダーです。

 

ニュート・スキャマンダーはハリー・ポッターと違い登場時から大人の主人公です。魔法動物を愛する魔法動物学者であり、魔法動物たちが暮らしている不思議なトランクを持ち歩いています。

 

その性格は変人と言ってもいい性格で、穏やかで心優しい性格だったハリー・ポッターとは大違いです。しかし彼にも確かなやさしさと正義の心を備えています。ハリー・ポッターシリーズの新しいヒーローです。

その他書物から選ぶ

その膨大で考え抜かれた魔法ワールドの世界観はもはやファンタジーでありながら強烈なリアリティを感じます。

魔法ワールドの書物

『ハリー・ポッター』シリーズをご存じなら作中に『幻の動物とその生息地』や『吟遊詩人ビードルの物語』などの書物が存在することもご存知でしょう。それらの書物は実際にこの世界でも発刊されています。

 

著者はハリー・ポッターシリーズの生みの親であるJ.K.ローリングです。『幻の動物とその生息地』や『吟遊詩人ビードルの物語』の他にも『クディッチ今昔』などが出版されえています。

 

どれほどJ.K.ローリングがハリー・ポッターシリーズの世界観を深く考え抜かれているかよくわかる例です。物語世界を補完したり、物語世界の中にいるような感覚に浸ることのできる書物です。

シリーズの脚本

『ファンタスティック・ビースト』シリーズには原作小説が存在しませんが、映画ではなんとJ.K.ローリング自ら脚本を書いております。そんな『ファンタスティック・ビースト』シリーズの脚本は出版されています。

 

映像と文章では摂取できる情報量が圧倒的に違います。『ファンタスティック・ビースト』シリーズの脚本を読めば映画では知ることができなかった裏側をしることができるかもしれません。

 

また、映画業界に入るのを目指す人なら『ハリー・ポッター』シリーズの脚本など喉から手が出るほど欲しいでしょう。物語をより楽しむのにも勉強するのにも使えるおすすめの書物媒体です。

人気ハリー・ポッターシリーズおすすめランキング比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5184873の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 2
    アイテムID:5184859の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 3
    アイテムID:5184791の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 4
    アイテムID:5184781の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 5
    アイテムID:5181627の画像

    静山社

  • 6
    アイテムID:5179400の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 7
    アイテムID:5178074の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 8
    アイテムID:5178068の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 9
    アイテムID:5178061の画像

    ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

  • 10
    アイテムID:5178057の画像

    静山社

  • 商品名
  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • ハリー・ポッターと呪いの子
  • 特徴
  • 全ての子供たちの夢のはじまり
  • 魔法ワールド最新作
  • 名監督が手掛けたハリー・ポッターシリーズ
  • ハリー・ポッターの最新シリーズ
  • 全てのはじまし
  • 衝撃の結末
  • 秘密の部屋の謎を解き明かせ
  • 破滅のはじまり
  • ハリー・ポッターシリーズの話題作
  • ハリー・ポッターシリーズまさかの最新作
  • 価格
  • 1851円(税込)
  • 1414円(税込)
  • 713円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 594円(税込)
  • 529円(税込)
  • 549円(税込)
  • 356円(税込)
  • 842円(税込)
  • コンテンツ
  • 映画
  • 映画
  • 映画
  • 映画
  • 単行本(20周年記念版)
  • 映画
  • 映画
  • 映画
  • 映画
  • 単行本
  • 発売日/公開日
  • 2001年12月1日
  • 2018年11月23日
  • 2004年6月26日
  • 2016年11月23日
  • 1999年12月8日
  • 2009年7月15日
  • 2002年11月23日
  • 2007年7月20日
  • 2005年11月26日
  • 2016年11月11日

まとめ

ハリー・ポッターシリーズの素晴らしさはその深く広いリアリティ溢れる世界観と魅力的なキャラクターたちです。どこから入っても間違いなく楽しむことのできるシリーズです。是非、魔法ワールドに足を踏み入れてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ