デッサン人形の人気おすすめランキング15選【2020年最新】

記事ID5238のサムネイル画像

モデルになってくれる人がいない。そんな時頼りになるのがデッサン人形です。色んなポーズを取らせることで作品のモデルにもなるしデッサン練習による画力向上にも一役買ってくれます。このランキングでは後悔しないデッサン人形選びと人気ランキングをご紹介していきます。

自身の目的や予算に合ったデッサン人形を見つける

デッサン人形と一口に言っても種類や用途によって適性が違いますし値段もかなり変わってきます。パッと見ただけでは適正はわかりにくく、なんとなく良さそうと思って買ってみたものの使ってみたらイマイチだったという経験もあるのではないでしょうか。

 

ここでは、使ってみたらイマイチだったと後悔しないように用途や値段に合わせてどんなデッサン人形が適切かを説明していくと同時に買って後悔しないデッサン人形ランキングをご紹介していきます。

 

ランキングの基準とさせていただいているポイントは、値段リアリティ可動域の三点です。

デッサン人形の人気おすすめランキング15選

15位

Andux

MRMX-01

価格:1,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく安価な基本形

デッサン人形といえばこれというくらい見慣れた型のデッサン人形です。関節は14か所。ざっくりとしたポーズを取らせることは出来ますが座ったりアクションシーンのような躍動感のあるポーズは取らせることが出来ません。

 

大まかな身体のパーツバランスを学ぶ分には申し分ないのでデッサン練習初級用として購入すると良いでしょう。また、このシンプルな見た目がインテリアとしても人気なので練習が終わり次のステップに行く際はインテリアとして活躍してもらってもいいかもしれません。

材質木製サイズ感人形部20cm

口コミ紹介

文具店で3000円で買ったのが、すぐ手のネジが外れて困ってました。
値段が安いので不安でしたが、
こんなに安く買えて信じられません。
品物も変わりなく使えます。初めからこちらで買えば良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ホビーベース(HOBBY BASE)

素材ちゃん

価格:1,756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デッサン人形としても使えるフィギュアパーツ

こちらの製品は主目的がデッサン人形ではありませんが、安価の代わりになるということからランキングに入れさせていただきました。

 

本来はフィギュア作成や改造のためのパーツですのでデッサン人形として売られているものに比べるとパーツ換装などにフィギュア作成の専門知識が必要となり扱いにくい場合があります。しかし、十分な可動域とリアリティはかなりレベルが高い製品です。

材質PVCサイズ感1/12

口コミ紹介

何かを作る素材という事は、扱う人間にそれなりの模型製作技術があるのが前提の商品だという事です。上記の関節の接着作業などは、接着剤が可動部に流れ込まないよう慎重な作業が要求されます。特に一番小さい4㎜関節などは非常に細かく、使う接着剤の選択や塗布する量の調節などにある程度の経験値が必要です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

オビツ製作所

オビツドール

価格:1,847円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このお値段でかなりの可動域

こちらもデッサン人形として販売されている製品ではありませんが、しっかりとした人体バランスをチェックすることができ、尚且つ広い可動域を持っているのでご紹介させていただきます。

 

フィギュア素体ですので頭部は別売りですが、とにかく可動域が凄い。正座や足を組んで座るといったかなりの可動域が無いと出来ない姿勢もやってのける優れものです。筋肉の付き方の資料には物足りないかもしれませんが細身の男性の資料であれば申し分ない性能です。

材質ソフトビニールサイズ感27cm

口コミ紹介

ボディ本体は、かなりの可動域を誇ります。
大きく広く脚や腕の曲げ伸ばしが可能で、頬杖、脚を組む、結跏趺坐及び胡座、正座も、ほぼ可能でございます。膝も、きちんと合わさります。
立て膝は、足の裏を地面に平行にすると、膝の角度が急となり、やや仰け反る形となります。そして爪先の可動が無い為、深く膝を曲げますと、爪先立ち状態となります。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Uni estela

デッサンフィギュア

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめのスケールと豊富なパーツで分かりやすい

デッサン人形のなかではかなり大きめの1/6スケール。さらに三種の手パーツ、体格を変えられる二種の太腿パーツなどが付いておりかなり表現できるポーズの幅が広いのが魅力の商品です。

 

関節部の作りに不満やトラブルが多いデッサン人形ですが値段の割にこちらはかなりしっかりとした造りでレビューでもかなり高評価が多い所もポイントです。

材質サイズ感1/6スケール(26cm)

口コミ紹介

関節が多く、接続部も適度に固めなので、角度をしっかり調節してあげれば立てかけずに直立させる事もできます。
また、足はつま先まで曲げる事が可能です。
手の追加パーツも、軽く握ったバージョン、しっかり握ったバージョンと3つ付いております。また、身体つきを変える為の筋肉質な足つきにできるパーツも別途ついております。筋肉感がリアルな所が◎だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

iikuru(イイクル)

デッサンドール3点セット

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お得な三点セット

木製のデッサン人形と、左右の手のマネキンの三点セットです。木製特有の可動域の狭さではありますが、大きな手の模型とセットでかなりお手軽なお値段となっております。このサイズでこの可動域の手の模型はあまりありませんので手を目的に購入するのも有り。

 

イラスト練習を始めたばかりの方やイラスト練習で躓きやすい手の練習をしたいという方には特におすすめです。

材質木製サイズ感人形:30cm 手:28.5cm

口コミ紹介

値段が値段なので、動かすのにちょっと固いのと、いろんな動きができるわけではないので星を1つ減らしましたm(_ _)m
戦闘などアクションの動きを望む人は、もっと動きができるのを選んだ方がいいと思うけど、
でも、この値段で3つ揃ってて、必要最低限の動きができるので、絵の勉強を始めたばかりの子供にはちょうどいいと思います(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

LUCINA JEWEL

デッサンフィギュア

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンドを使って作業らくらく

かなりのリアリティと豊富なパーツ、でこの低価格。間違いなくコスパはこれが一番です。パーツがうまくはまらないといったレビューがちらほらありますが総合的な満足度はかなり高いです

 

付属のスタンドを使うことでジャンプなどの浮かんでいる状態を簡単にキープ出来るため使い勝手がかなり良いのもポイント。

材質サイズ感1/18

口コミ紹介

絵を描くのが趣味でデッサン用に少し本格的な素体フィギュアをと購入しました。
体の角度や筋肉のつき方などポージングさせながら描くととても捗ります。
色もこの暗い色の方が部屋に普通に置きやすいので良いと思います。(家族に変な目で見られにくいです)
手の変換パーツが何種類もついているので自分の好きなポージングをとらせることが可能で重宝します。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

LUCINA JEWEL

デッサンフィギュア

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性バージョンもコスパ良

10位のデッサン人形の女性バージョンがこちらです。女性のデッサン人形はかなりアニメ寄りな体系が多い中リアリティのある筋肉質なデッサン人形です。

 

男性バージョンと同様ある程度の使いやすさと低価格となっております。女性と男性では筋肉の付き方が異なりますのでいっそ両方買ってしまうというのも有りです。二体合わせても4000円以下というかなりお求めやすいお値段となっております。

材質サイズ感1/18

口コミ紹介

値段が値段なので使えれば
いいかなという感じだったのですが
無理な方向に動かさなければ
パーツもとれることはありませんし、
パーツとスタンドがついていて満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

ボディちゃん

価格:4,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィギュアーツシリーズのデッサン人形

バンダイの可動式フィギュアシリーズ、フィギュアーツのシリーズから作られたデッサン人形です。イラストを描く方はリアル思考よりもより可愛くデフォルメされたアニメ体系のモデルを望む方も多くいます。その場合はこちらがおすすめです。

 

正座等かなりの可動域を要する動きは出来ないようですがイメージを作るのには十分な動きをしてくれます。

材質ABS&PVCサイズ感13.5cm

口コミ紹介

身体やポーズを描くのがとても苦手なので買ってみました。等身もちょうどイラストやアニメキャラには良い感じに思います。
正座等のシビアな姿勢はできないものの、イメージだけでは表現できなかったポーズの参考になるのでとても重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

ボディくん

価格:6,555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可動域がリアルで耐久性も良し

こちらもフィギュアーツシリーズのデッサン人形です。仮面ライダー等のフィギュアを多く産出しているシリーズ故か男性のデッサン人形の方が質が良いようです。

 

凄く体が柔らかい人のようなポーズまでは無理ですが一般的な動きであれば十分に再現可能との事。リアルな動きが出来るということでデッサンの練習にはかなり向いていると言えるでしょう。

材質ABS&PVCサイズ感15cm

口コミ紹介

可動域制限がリアルで、アタリの練習に最適。
自分が間違えて認識していた可動域を理解でき、のびのびとしたポージングが描ける様になってきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

ボディくんDXSET

価格:8,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

嬉しい小道具がワンセット

こちらはランキング7位のフィギュアーツシリーズボディくんに様々な小道具パーツがセットになっている商品です。刀のような武器からスマホなどの日用品まであります。手のパーツも豊富なので武器を持ったアクションから日常的なポーズまで幅広く対応できます。

 

可動域もかなり広く漫画でよく見るポーズは一通り再現できるレベルの可動域を持っています。

材質ABS&PVCサイズ感15cm

口コミ紹介

4日いじってとりあえず言える事は、目安として、85-90%の人間のポーズを取れると思ってください。
かっこいい漫画ポーズ、普通の日常的なポーズ、全部で85-90%。
腰と脚( 前後 )の部分の可動範囲が狭いから、自分の思い通りにポーズが取れない場合もあります( これがフィギュアの限界かな?)。
主に脚の柔らかい人 ( ストレッチ、ヨガ ) のポーズは再現しにくいです( ここでやはり残念だなと思い星4つ )。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Max Factory

archetype next

価格:6,775円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクションが得意なデッサン人形

こちらもフィギュアシリーズの大手、figmaが手掛けたデッサン人形です。特徴としては柔軟な動きが得意で、アクションシーンがあまり得意ではないデッサン人形が多い中逆にアクションシーンが得意なデッサン人形です。アクロバティックな動きの参考にしたいと考えてる方におすすめです。

 

しかし逆に日常的な動きは若干苦手なようです。ニーズに合わせて購入すれば役に立つこと間違いなしです。

材質ABS&PVCサイズ感13.5cm

口コミ紹介

可動が滑らかで、直感的なポーズ要求によく応えてくれます。
おおらかで自然な表情が得意で、ファッション誌のようなポーズは実に自然に決まります。
ただ、万能ではなく、角度のついたポーズは苦手。特に腕の可動域は少し残念です。肘と手首は曲がる角度が今ひとつ。
また、肩幅が狭いのと胸が干渉する関係で、胸に手を当てる、正面で腕をクロスするなど、腕が内側に向かうポーズができません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

super&star

TBLeague

価格:7,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シームレスでリアリティ抜群

デッサン人形や可動式フィギュア特有の関節ではなく本物の人間のような滑らかな見た目なのがこのシームレス。こちらはデッサン人形として売っているわけではありませんが女性体でこのリアルさはデッサン人形でも十分に通用します。

 

ただ造形があまりにもリアルかつ28cmとかなりの大きさのため他のデッサン人形と比べると置く場所に困りそうなのが難点と言えば難点です。

材質サイズ感1/6

口コミ紹介

デッサン用に購入。 本物の人間みたいです。 細すぎず太すぎずといった安定感のある体型になってます。脚が細くてきれい。ウエストはもうちょっと細い方が良かったけど、自然な体型を求める方なら買いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Neinei

JOK-11C-YS

価格:5,439円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなりリアル!男性版シームレスも

シームレス特有のリアリティの高さ。思ったより値段もお手頃なのもポイントです。セット内容に関してはツッコミどころ満点ですがネタという意味ではかなり好評の様子です。

 

4位の女性版シームレスでもそうですが、シームレス系はとにかく見た目がリアルなため普通のデッサン人形では見えないところも勉強できるのが最大の強みですがとにかく置き場所に困るというデメリットがあります。

材質サイズ感1/6

口コミ紹介

概ね満足です。スタンドの他、足、ハンドパーツ、下着が入っていました
局部パーツは5個もありましたが、面白いだけで必要はないです。簡単なソフビ靴でも入れてくれた方が嬉しいかな。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

ULTRA-ACT ウルトラマン

価格:10,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウルトラマンは絵描きの心強い味方だった!?

何故ここでウルトラマンなのかと不思議に思った方も多いでしょう。しかし、このウルトラマンのフィギュアは人間の動きを全て再現できるくらいの高い可動域とポーズを維持するための高い関節の耐久性を持っています。

 

さらに見た目がピッチリとしたスーツのため体のラインや筋肉がわかりやすく非常にデッサン向きです。それなりのお値段ではありますが、シームレス系よりも置く場所に困らないしかっこいいポーズをさせておけばインテリアとしても見栄えします。

材質サイズ感16cm

口コミ紹介

デッサン人形に良いと評判があったので、購入してみました。
首以外の関節は、とにかくグリグリ動きます。
背中を反らせるポースや、上を向くポーズは苦手なようですが、猫背や三角座りなど前に縮こまるポージングはびっくりするほどできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

(C)東亜重工

合成人間

価格:17,878円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可動域と身体のバランスは随一

買って間違いなく後悔したくないというのであればいいお値段ですがこれがダントツでおすすめです。普通の人間では無理なポーズ(ジョジョ立ち等)とかも可能なレベルで可動域は広いです。さらに体のバランスも抜群で、普通のデッサン人形では自立できないようなポーズでも自立出来るほどにバランスが整っています。

 

さらにシームレス系以外では珍しい関節部分の凸凹が少なく滑らかなためアウトラインがとりやすいという利点も持ち合わせています。現在販売しているデッサン人形の最高峰と言っても過言ではありません。

材質PVC&ABSサイズ感1/12

口コミ紹介

くねくねと可動した後にピタッと止まり、安定感あります。
HGUCガンプラと大きさも変わらないので、 とてもかわいいです。
噂通り、デッサン人形としてはかなり性能がいいのではないでしょうか。

触ってるうちにじわじわと満足感が来てます。

出典:https://www.amazon.co.jp

デッサン人形の選び方

デッサン人形は値段も使用感もかなり幅広く用途によって特性をよく把握していないと実際に触ったときに思っていたのと違う…となってしまいやすいです。ここではそんな後悔を少しでもしないようにするために様々な観点からデッサン人形を見て満足のいくデッサン人形と出会うためのポイントを解説していこうと思います。

サイズで選ぶ

サイズは大きければ大きいほどモデルとして見やすくはなります。しかし、大きくなればなるほどデッサン人形はバラして保管することもできませんので当然スペースを大きくとることになります。

 

使っているときだけでなく、使っていないときのことも考えておくとより良い選び方が出来るでしょう。

1/18

デッサン人形では最小サイズがこのくらいでしょう。およそ10cmくらいの大きさで手のひらにも乗るサイズです。

 

かなり小さく収納や使っていないときの管理が非常に楽な反面細かい部分が見づらいというデメリットもあります。さらにこのサイズ帯は種類がとにかく少なく選択肢も狭くなってしまいやすいです。

1/12

次に小さいサイズがこのスケール1/12です。およそ13cmくらいのおよそデッサン人形で一番ポピュラーなスケールと言えるでしょう。

 

見やすさ、管理しやすさ共にベストなバランスなので初めて買うので勝手が分からないという場合はこのくらいのものを買ってみればサイズ的には問題ないでしょう。種類も豊富で選びやすいのもメリットと言えます。

1/6

デッサン人形に限らずフィギュア界隈を見てもあまりないくらい大きなサイズです。およそ20cm以上のサイズとなっておりかなり存在感があります。

 

見やすさ、動かしやすさは抜群ですがとにかく大きいので収納、管理はそれなりに大変です。しかし、シームレス系のデッサン人形はほとんどこのサイズですので、シームレス系が欲しいと考えている方は20cm以上のサイズになると考えていた方がいいでしょう。

用途で選ぶ

デッサン人形で重要な要素の1つが可動域です。しかし、そのデッサン人形によってそもそもの可動域に制限があったり、割とよく動くけど得意な可動域が違ったりとまちまちです。

 

どのようなポーズを描きたいのかがこの点では重要になっていきます。それに応じて適切な可動域を持つデッサン人形を選ぶようにしましょう。

アタリを取る

ざっくりとしたおおまかなイメージを固めるために使いたい。あくまでデッサン人形を参考程度に使うことを考えているという方はあまり可動域にこだわる必要はないでしょう。勿論よく動くに越したことはありませんが予算などの都合を加味して安価なもので済ませてしまうという手も有りです。

ポーズ練習

様々なポーズ練習をしたい方は可動域が広く、様々なポーズを自在にとってくれるタイプのものを選ぶと良いでしょう。しかし可動域が広く関節の耐久性も良いものとなるとそれなりのお値段となります。

 

デッサン人形の中には、5位でご紹介させていただいたようなアクションシーンは得意だけど日常的な動きが苦手のようなタイプや逆に日常的な動きは問題なくできるけれど複雑なアクションシーンは苦手というそれぞれ得意分野を持ったデッサン人形もいます。

 

どのような動きを練習したいかがはっきり決まっている場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

筋肉、骨格練習

動きが加わった時に筋肉がどのような形になるのかを学びたいときにもデッサン人形は役立ちます。このような用途が目的の場合は筋肉がハッキリわかるマッチョタイプのものを選んだり、シームレス系のものを選ぶと良いでしょう。

 

しかしこの目的の場合はデッサン人形の中でもかなり体格の差や筋肉の付き方に差がありますので、写真をよく見て自分の理想とする体のデッサン人形を選ぶのが一番いいと言えるでしょう。

リアリティを追求する

リアルなデッサンをしたい場合は、シームレスタイプのデッサン人形がおすすめです。関節部分が樹脂で覆われていて、継ぎ目が無く人間により近い作りになっています。

アニメや漫画系のイラストを描く

アニメや漫画系のイラストを描きたい方は、ドールタイプのデッサン人形がおすすめです。人間に近い自然な動きがしやすく、イメージが湧きやすいです。また、性別や体型などの種類も多くあります。

パーツを描く

デッサン人形には、手や足などのパーツのみのものもあります。一つの部分を大きな人形で動かしながらじっくりと観察することができます。細かい部分までこだわったデッサンをしたい方や、特定のパーツを描きたい方におすすめです。

インテリア適正で選ぶ

デッサン人形はデッサンの練習をするものですが、中にはインテリアとして購入を検討している方や使っていないときはインテリアとして活躍してほしいと考えている方も多くいます。そのため、フィギュアーツシリーズのような可動式のお気に入りフィギュアを鑑賞用兼デッサン人形として購入する方もいらっしゃいます。

 

インテリアとして見栄えするのはどのようなタイプのデッサン人形なのでしょうか。

フィギュア

ウルトラマンフィギュアはその代表格と言えるでしょう。デッサンしてよし、飾ってよし。まさに一石二鳥な商品です。お子さんがいる場合やパートナーがウルトラマンファンであればさらに嬉しさ増し増しです。

 

あくまでポーズの参考程度に使うという場合でしたらお気に入りのキャラクターを使えば練習のテンションも上がること間違いなしです。最近では水着等の薄着のキャラクターも多いのでお気に入りを使いやすいのではないでしょうか。

木製

木製タイプのデッサン人形はデッサン人形としてはイマイチという評判が多いですが、兼インテリアとしてならば一番の性能です。木製の簡素なボディは可愛げがありますし、手製のちょっとした服を着せてあげても可愛らしく着こなしてくれます。複数そろえて様々なポーズで並べて見ても面白いでしょう。

 

また、手のタイプのデッサン人形は指輪やブレスレットなどのアクセサリースタンドとしても活用できます。ハンドメイドのアクセサリーショップなどでは展示として使用されている場合もあるくらいです。

 

木製タイプのデッサン人形は工夫次第でいくらでも遊べる楽しいアイテムと言えるでしょう。

予算で決める

何事にも重要なのが予算です。高いものを買えばいいのはもちろんわかっているけれど予算的にそうもいかない場合や学生さんでそもそも使える金額に制限があるかたもいるでしょう。

 

そんな中、少しでも安くて良いものをと思うのは自明の理でしょう。ここでは予算によるデッサン人形の見方を考えていきます。

5000円以下

このくらいの予算であれば、9,10位で紹介させていただいたフィギュアがおすすめです。少し小型ですがリアリティのある体格と可動域で値段以上の働きをしてくれます。

 

男女それぞれ、練習したい方のみを購入してもいいですが両方購入しても予算内に収まりますのでこれから人体デッサンをしっかり勉強していきたいと考えている学生さんなどには特におすすめです。

5000円以上1万円未満

このくらいの予算であればこのランキングで紹介させていただいたデッサン人形はおおむねどれでも購入圏内ですので余裕があればこのくらいを目安に考えるのが一番良いでしょう。希望に合ったデッサン人形を選ぶことが出来ます。

 

しかし、このくらいの予算で考えているのであればもう一息、プラス1000円頑張ってウルトラマンフィギュアを購入出来れば一番理想的でしょう。

1万円以上

十分な予算が確保できるのであれば1位の合成人間を強くおすすめします。デッサン人形としては最高峰の性能なのは紹介欄でも書かせていただいた通りです。ご紹介させていただいたデッサン人形の中では一番高額ですが絶対に後悔はしないでしょう。

オプションパーツ付きのものを選ぶ

デッサン人形にはオプションパーツがついているものがあります。

 

例えば、スタンドがついているものでは、自立することが難しいポージングも置いたままデッサンすることが可能です。躍動感のあるイラストを描きたい方などにはおすすめです。

 

また、初めからヘッドパーツがついているデッサン人形とついていないデッサン人形があります。ヘッドパーツがなくてもデッサンは可能ですが、必要だと思う方は事前に確認しましょう。

デッサンに必要な道具は?

デッサンに必要な道具と聞かれたら、紙と鉛筆と答える方が多いでしょう。しかし、繊細な作業や表現が必要なデッサンでは、一言に鉛筆と言っても性質や特徴に合わせて使い分ける必要があります。

 

その他に大事なものとして、まずは消しゴムです。基本だと思いがちですが、デッサンでは通常のプラスチック消しゴムと練り消しゴムを使います。練り消しゴムでは、消す作業の他に鉛筆の粉を撮ったり転がしたりと、鉛筆で書いたものを薄くする役目もあります。また、白い線を描くという使われ方もします。

 

他にもガーゼやさっぴつ、ティッシュや綿棒を使ってこすったりすることで表現を豊かにすることができます。

鉛筆の削り方のご紹介

鉛筆を使う際、通常は鉛筆削りを使って削りますが、デッサンに使う際はカッターを使って鉛筆を削ります。カッターで削り芯を長めに出すことで、広い面積を塗るときに芯を寝かせて塗りやすくなります。そこで、カッターを使った鉛筆の削り方をご紹介します。

 

まず、鉛筆の六角形の角を粗く削り落とします。左手の親指でカッターを押し出すように削りながら、鉛筆を少しずつ回します。続いて、奥の方からも同じように六角形の角を削ります。

 

芯は斜めにカッターをあて、先端に向けてすべらせて少しずつ鋭くなるように削ります。左手で鉛筆を転がすように回し、均等に削れるようにしましょう。鉛筆の芯を長めに削ることができたら完成です。

デッサン人形のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5106936の画像

    (C)東亜重工

  • 2
    アイテムID:5106896の画像

    BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

  • 3
    アイテムID:5105124の画像

    Neinei

  • 4
    アイテムID:5105039の画像

    super&star

  • 5
    アイテムID:5104993の画像

    Max Factory

  • 6
    アイテムID:5104917の画像

    BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

  • 7
    アイテムID:5104837の画像

    BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

  • 8
    アイテムID:5104779の画像

    BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

  • 9
    アイテムID:5104716の画像

    LUCINA JEWEL

  • 10
    アイテムID:5104653の画像

    LUCINA JEWEL

  • 11
    アイテムID:5104612の画像

    iikuru(イイクル)

  • 12
    アイテムID:5103375の画像

    Uni estela

  • 13
    アイテムID:5103361の画像

    オビツ製作所

  • 14
    アイテムID:5102982の画像

    ホビーベース(HOBBY BASE)

  • 15
    アイテムID:5102958の画像

    Andux

  • 商品名
  • 合成人間
  • ULTRA-ACT ウルトラマン
  • JOK-11C-YS
  • TBLeague
  • archetype next
  • ボディくんDXSET
  • ボディくん
  • ボディちゃん
  • デッサンフィギュア
  • デッサンフィギュア
  • デッサンドール3点セット
  • デッサンフィギュア
  • オビツドール
  • 素材ちゃん
  • MRMX-01
  • 特徴
  • 可動域と身体のバランスは随一
  • ウルトラマンは絵描きの心強い味方だった!?
  • かなりリアル!男性版シームレスも
  • シームレスでリアリティ抜群
  • アクションが得意なデッサン人形
  • 嬉しい小道具がワンセット
  • 可動域がリアルで耐久性も良し
  • フィギュアーツシリーズのデッサン人形
  • 女性バージョンもコスパ良
  • スタンドを使って作業らくらく
  • お得な三点セット
  • 大きめのスケールと豊富なパーツで分かりやすい
  • このお値段でかなりの可動域
  • デッサン人形としても使えるフィギュアパーツ
  • とにかく安価な基本形
  • 価格
  • 17878円(税込)
  • 10600円(税込)
  • 5439円(税込)
  • 7600円(税込)
  • 6775円(税込)
  • 8500円(税込)
  • 6555円(税込)
  • 4240円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 1847円(税込)
  • 1756円(税込)
  • 1180円(税込)
  • 材質
  • PVC&ABS
  • ABS&PVC
  • ABS&PVC
  • ABS&PVC
  • ABS&PVC
  • 木製
  • ソフトビニール
  • PVC
  • 木製
  • サイズ感
  • 1/12
  • 16cm
  • 1/6
  • 1/6
  • 13.5cm
  • 15cm
  • 15cm
  • 13.5cm
  • 1/18
  • 1/18
  • 人形:30cm 手:28.5cm
  • 1/6スケール(26cm)
  • 27cm
  • 1/12
  • 人形部20cm

まとめ

以上15選いかがでしたでしょうか。絵を描くうえでデッサン人形はかなり良いパートナーになってくれますし、使い方によっては大きく画力を向上させてくれる良き教材でもあります。更なる上達、快適なお絵かき生活を考えているならば一体は居て損はないでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ