小池真理子の書籍のおすすめ人気ランキング15選【最新刊や代表作も】

小池真理子の書籍のおすすめ人気ランキング15選【最新刊や代表作も】

小池真理子は恋愛小説だけでなく短編のエッセイやミステリー・ホラーなども手がける作家です。今回は小池真理子の書籍の選び方やおすすめ人気ランキングを紹介します。最新刊や直木賞を受賞した代表作『恋』や映画化した作品なども必見です。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

小池真理子とはどんな作家?

小池真理子はは1952年、東京生まれの女性作家であり、「恋」で第114回の直木賞を受賞しました。「短編の名手」と称されるほど短編がおもしろい作家なのですが、実は長編小説でも多くの名作を執筆しています。

 

直木賞を受賞したのは恋愛小説でしたが、作風の幅は広く、ほかにもエッセイやホラー・サスペンス・ミステリーなどさまざまなジャンルの作品を書いている作家です。その中には映画化やドラマ化されたものも多く、作家としての素晴らしさが伺えます。

 

そこで今回は、小池真理子の書籍の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。代表作や新刊情報も紹介するので、購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

小池真理子の短編・エッセイ作品のおすすめ

1位

集英社

妻の女友達

日常的なわずかな愛憎に潜む罠

主人公・広中は田舎の市役所で戸籍係として働く平凡な男です。家族に愛情を感じながら単調で平易な暮らしに満足していましたが、その妻の女友達は図々しくて、広中を不愉快にさせるばかりでした。

 

自分たちの平穏な暮らしに入り込んだ妻の女友達に殺意まで抱いた広中は、その思いを実行してしまいます。しかし、問題はそう単純に解決しませんでした。思わずぞくっとさせられるサスペンス小説です。

基本情報
ジャンル 短編集
発売日 1995/4/13
ページ数 280ページ

小池真理子の恋愛小説のおすすめ

1位

新潮社

直木賞を受賞した代表作であり作家としての最高傑作

単純な恋愛小説でも大人の恋愛でもなく、登場人物たちの純粋な「恋」が描かれています。登場人物は殺人を犯した布美子・大学教授とその妻・殺された若い男性です。服役した布美子が、最期にノンフィクション作家に真実を語ります。

 

一見単純に見える地上のもつれによる殺人事件ですが、実は複雑な感情が隠されていました。第114回の直木賞(直木三十五賞)を受賞して話題となった、小池真理子の代表作であり最高傑作である作品です。

基本情報
ジャンル 恋愛小説
発売日 2002/12/25
ページ数 517ページ

小池真理子のホラー・ミステリー小説のおすすめ

1位

新潮社

神よ憐れみたまえ

シリアスな展開に思わず呼吸が止まる

三井三池炭鉱の爆発と国鉄事故が起きた昭和38年の夜、12歳の黒沢百々子の両親が何者かの手によって惨殺されました。重々しい展開と真実が待っている、スピード感にあふれた大河ミステリーです。

基本情報
ジャンル 大河ミステリー
発売日 2021/6/24
ページ数 570ページ

小池真理子の作品の魅力

小池真理子の作品はリアリティのある心理描写です。登場人物たちに気づいたら感情移入してしまうような表現力があり、その世界に引き込まれてしまいます。背景描写もすばらしく、その風景がはっきりと目に浮かんできます。

 

人間の性・愛・死をテーマにした作品が多く、長編作品が有名ですが、短編も素晴らしい作品が数多くあります。

 

 

小池真理子の作品の選び方

小池真理子の作風は幅広く、どれを読めばいいか迷ってしまう方も多いはずです。ここではどんな視点から作品を選べばいいかをご紹介します。

小説の長さで選ぶ

小池真理子の作品は、大きく分類すると短編と長編に分けられます。それぞれによさがあるため、自分の好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

さまざまなジャンルを楽しみたいなら「短編集」

小池真理子の短編は、一瞬一瞬を鮮明に切り抜いたような描写の巧みさが魅力です。短編集には短い時間で読める物語がいくつも収録されているので、隙間時間で本を読みたい方や長時間の読書が苦手な方に向いています。

 

小池真理子の短編集は、「夏の吐息」や「妻の女友達」などが有名です。ほかにもミステリー系の短編集「会いたかった人」や、40代の女性の恋愛短編集「夜の寝覚め」、記憶と家にまつわる物語を描いた「記憶の隠れ家」などもおすすめできます。

恋愛や死生観が描かれた世界に浸りたいなら「長編小説」がおすすめ

小池真理子の長編作品には「恋」「狂王の庭」「冬の伽藍」などの恋愛ものが目立ちます。そのどれもが秀逸で、多くの人々に愛されている作品です。一方で、死生観と真っ向から立ち向かった「死の島」などの作品もあります。

 

長編小説は物語が長い分、ストーリーにのめりこめるのがポイントです。小池真理子の描く世界にしっかり浸かりたい方に向いています。下の記事では、大人向けの恋愛小説を紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

ジャンルで選ぶ

小池真理子は恋愛小説だけでなく、ミステリーやホラー、家族関係を描いた小説も評価が高いです。また、自身も波瀾万丈な人生を送っているエッセイも読み応えがあります。

日常に潜む恐怖感なら「ホラー・ミステリー・イヤミス小説」がおすすめ

小池真理子のミステリー・イヤミス小説は、日常に潜むホラーや恐怖・不快感をテーマにしたものが多くみられ、恐怖がより身近に感じられる特徴があります。また、恐怖すらも愛おしく感じさせる作品も見ものです。

 

妻の女友達と妻によってはめられてしまう「妻の女友達」、ノスタルジックなホラー「怪談」、ストーカーものをいち早く書いた「間違われた女」、異世界をしっとりと描いた「異形のものたち」など、名作揃いです。

作者独自の表現を楽しみたいなら「恋愛小説」

小池真理子の王道であるジャンル・恋愛小説には多くの代表作があります。小池真理子のよさを楽しみたいのであれば一番に読むのをおすすめするジャンルです。短編から長編まで、そのどれもに作者独自の表現や感性が散りばめられています

 

恋愛小説「蜜月」は一人の天才画家をめぐる6人の女性の物語が描かれており、それぞれの視点の違いを利用した印象深い作品です。また、「恋」「欲望」などの短編集でもさまざまな恋愛を楽しめます。

実話をもとにした父親など「家族」についての作品は40代以上におすすめ

小池真理子は家族についての作品も多く残しています。父親の死後の遺品から書いた小説「沈黙の人」や、夫の死を書いたエッセイ「月夜の森の梟」など、実体験を書いているため思わず共感してしまう作品ばかりです。

 

小池真理子は、執筆を通して自分自身を整理してきたそうです。彼女の経験したさまざまな出来事が、深みを増して迫ってきます。同じく人生に深みを増した40代以降の方には特におすすめのジャンルです。

ベストセラーが気になるなら「エッセイ」がおすすめ

小池真理子が有名作家になったきっかけは、ベストセラーのエッセイ「知的悪女のすすめ」でした。そのため、小池真理子の作品を読む上でエッセイは欠かせないジャンルです。本書は冷たく鋭い言葉も見受けられますが、そこには女性への温かい視線が感じられます。

 

また、「感傷的な午後の珈琲」では歯切れよく世の中の事象を切り取るほか、自身の小説についても語っています。小池真理子の人物像が知りたい方にもおすすめです。以下の記事では、エッセイの人気作品をご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

映像化された作品を選ぶ

小池真理子作品には映画・ドラマ化されたものもたくさんあります。初めて読む方は映像化された作品からチェックしてみるのもおすすめです。

高評価を得ている「映画化作品」がおすすめ

小池真理子さんの作品で映画化されているのは、「無伴奏」や「二重生活」「無花果の森」などです。斉藤工さんや菅田将暉さん、リリー・フランキーさんなどの有名俳優が出演しており、どれも高評価を得ています

豪華キャストで多くの方に愛された「ドラマ化作品」がおすすめ

小池真理子さんのドラマ化作品には、「隣の女」や「喪服を着る女」「モンローが死んだ日」などがあります。特に鈴木京香さん・草刈正雄さんが出演した「モンローが死んだ日」は話題となりました。恋愛サスペンス小説が好きなら読んで損はない作品です。

 

以下の記事では、ドラマ化・映画化された小説について紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

初めて読むなら直木賞などの「受賞作品」をチェック

小池真理子はさまざまな賞を受賞しています。受賞作品は多くの方に愛され読み継がれてきた作品ばかりなので、初めて小池真理子作品を手に取る方におすすめです。1989年には「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞しています。

 

また、1995年には代表作「恋」で直木賞を受賞しました。ほかにも「欲望」で島清恋愛文学賞、「虹の彼方」で柴田錬三郎賞、「無花果の森」で芸術選奨文部科学大臣賞など多くの賞を受賞しています。

 

以下の記事では、芥川賞受賞作品について紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

恋をはじめとする「代表作」もチェック

1995年直木賞をとった「恋」は小池真理子の代表作です。本書は浅間山荘事件の裏で起きた殺人事件にノンフィクション作家が迫るといった構成で書かれています。何から読もうか迷ったら、ぜひ最初に「恋」をチェックしてみてください。

どこでも手軽に本が読める「電子書籍版」も確認

本には単行本・文庫本などさまざまなサイズのものがありますが、さまざまなところで本を読みたい方には電子書籍がおすすめです。小池真理子の作品は多くが電子書籍版が発売されており、スマホや電子書籍端末が一台あればどこでも手軽に読めます

小池真理子の短編・エッセイ作品人気おすすめランキング5選

1位

集英社

妻の女友達

日常的なわずかな愛憎に潜む罠

主人公・広中は田舎の市役所で戸籍係として働く平凡な男です。家族に愛情を感じながら単調で平易な暮らしに満足していましたが、その妻の女友達は図々しくて、広中を不愉快にさせるばかりでした。

 

自分たちの平穏な暮らしに入り込んだ妻の女友達に殺意まで抱いた広中は、その思いを実行してしまいます。しかし、問題はそう単純に解決しませんでした。思わずぞくっとさせられるサスペンス小説です。

基本情報
ジャンル 短編集
発売日 1995/4/13
ページ数 280ページ

口コミを紹介

どこでもありそうな状況設定なのですが、結末の「意外性」に重きが置かれているように思います。それだけに、それぞれの作品の読後感に好き嫌いが出てきそうですが、個人的には大好きな作品群でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

文藝春秋

ソナチネ

一瞬の心の揺れを描いた短編集

夫とある女性が一瞬見つめ合う瞬間を目撃した、妻の心の揺れから物語が紡ぎだされます。心が揺れる数秒は誰にでも経験があるはずですが、その先の表現に小池真理子がレジェンドといわれる所以が感じられる短編集です。

 

恋愛から離れられない人間や欲望を捨てきれない人間の性が、面白おかしくまたしっとりと描かれています。小池真理子の円熟味がたっぷり味わえる作品集です。

基本情報
ジャンル 短編集
発売日 2017/2/10
ページ数 283ページ

口コミを紹介

短編集であるが十分小池真理子の世界を堪能できました。映画のワンシーンというより動いてゆく絵画のように、彼女の描く世界がパラパラと目の前を通り過ぎていくよう。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

講談社

夏の吐息

Amazon での評価

(2024/07/12調べ)

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

詩的な余韻が心地よく電子書籍版もおすすめ

生・死・愛のみをテーマにし、退廃的な死の香りを漂わせている6つの短編集です。自分自身を生きる・生かすことについて考えさせてくれます。作者は「この6編を超える作品は、もう書けないかもしれません」と述べました。

 

私的な余韻に溢れる作品ばかりで、ふとした瞬間にまた読みたくなってしまいます。筆者の世界観が詰まっているので、電子書籍版をスマホや電子書籍端末の中に入れておき小池真理子の世界に浸りたくなったときに読むのもおすすめです。

基本情報
ジャンル 短編集
発売日 2008/6/13
ページ数 296ページ

口コミを紹介

大人の恋は、ひっそりして深い。
喜びも切なさも物憂いで、どこか秘めているような艶かしい雰囲気が漂っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

集英社

肉体のファンタジア

肉体のパーツに着目したエッセイ

本作は膨らみはじめた乳房・性的な魅力を感じる毛など、身体のパーツについて書かれたエッセイ集です。中には中年男性の背中や女性にしかない子宮などについても書かれています。目の前にパーツがあるような気になるほど丁寧な描写が魅力です。

 

エッセイが好きな方はもちろん、官能美を味わいたい方にもおすすめです。非常に艶めかしくも美しい表現を味わえます。

基本情報
ジャンル エッセイ
発売日 2003/11
ページ数 150ページ

口コミを紹介

小池真理子さんの感性がまさにドライに、時にウエットに書き綴られる。
そしてエロティックでもあり中性的でもある。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

KADOKAWA

知的悪女のすすめ

小池真理子のデビュー作でベストセラーの作品

小池真理子のデビュー作で、大ヒットした作品です。30年以上も前でありながら男女平等に覚悟を決めて生きていくと語った小池真理子の先見性と正直さが感じられます。

 

本書の中で小池真理子は、いたずらに権利ばかり主張するのではなく男性社会の中で賢く生きるべきだといった考えています。自分自身の物差しでものを見ていく大切さや、それを勧めるメッセージが感じられる一冊です。

基本情報
ジャンル エッセイ
発売日 1981/07
ページ数 190ページ

口コミを紹介

「結婚にこだわるな」とか「子供を産む必要はない」など、女性は職業人としての自分の「仕事」を真剣に捉えよと作者は説いている。

出典:https://www.amazon.co.jp

小池真理子の短編・エッセイ作品おすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 ジャンル 発売日 ページ数
1位 アイテムID:15247851の画像

楽天

Amazon

ヤフー

日常的なわずかな愛憎に潜む罠

短編集

1995/4/13

280ページ

2位 アイテムID:15247917の画像

楽天

Amazon

ヤフー

一瞬の心の揺れを描いた短編集

短編集

2017/2/10

283ページ

3位 アイテムID:15247914の画像

Amazon

ヤフー

詩的な余韻が心地よく電子書籍版もおすすめ

短編集

2008/6/13

296ページ

4位 アイテムID:15247908の画像

Amazon

楽天

ヤフー

肉体のパーツに着目したエッセイ

エッセイ

2003/11

150ページ

5位 アイテムID:15247911の画像

Amazon

ヤフー

小池真理子のデビュー作でベストセラーの作品

エッセイ

1981/07

190ページ

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

小池真理子の恋愛小説人気おすすめランキング5選

1位

新潮社

直木賞を受賞した代表作であり作家としての最高傑作

単純な恋愛小説でも大人の恋愛でもなく、登場人物たちの純粋な「恋」が描かれています。登場人物は殺人を犯した布美子・大学教授とその妻・殺された若い男性です。服役した布美子が、最期にノンフィクション作家に真実を語ります。

 

一見単純に見える地上のもつれによる殺人事件ですが、実は複雑な感情が隠されていました。第114回の直木賞(直木三十五賞)を受賞して話題となった、小池真理子の代表作であり最高傑作である作品です。

基本情報
ジャンル 恋愛小説
発売日 2002/12/25
ページ数 517ページ

口コミを紹介

学生運動の時代を過ごした女性の物語。目の前に広がる光景は、客観的に見れば爛れたものかもしれないが、甘やかさと美しさを放っているのが素晴らしい…

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

新潮社

欲望

観念の中で愛するのは可能なのかを問う一冊

図書館司書の類子は、妻子ある男性と肉体の欲望におぼれています。そこへ同級生の美しい青年正巳が登場し、類子は惹かれていきますが正巳は事故がきっかけで性的不能になっていて、二人が性的な関係が結べません

 

恋愛をするのに性的欲求を叶えられないのは障害になるのか、「観念の中で愛する」のは可能なのか。じっくりと考えさせられる作品で、ラストシーンでは涙が止まらない方も多い一冊です。

基本情報
ジャンル 恋愛小説
発売日 2000/3/29
ページ数 493ページ

口コミを紹介

まず、読み終わったときに身動きが取れなくなった。こんなにも引き込まれ、まるで主人公の人生を自分がたどったかのような感覚になるのはこの本が初めてだった。そして、未だにこれ以上の恋愛小説に出会えていないと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

講談社

冬の伽藍

静謐な読後感に酔える作品

「伽藍」とは、仏道の修行者が集まって修行する清浄で閑静な場所を指します。この作品では、舞台となる軽井沢の静謐な雪景色や主人公の修行する場面が描かれますが、タイトルの意図がどこにあるのかは読んだ方によってまちまちかもしれません。

 

小池真理子の真骨頂である官能的で審美的な表現は、一見突飛な設定に必然性を与え徐々に感情移入させられるものです。読み終わったあとには染み入るような感動が心に残ります。

基本情報
ジャンル 恋愛小説
発売日 2002/6/14
ページ数 608ページ

口コミを紹介

読み終えた時にはなんだか脱力してしまった、というか、しばらく余韻で動けなかったほど。入り込んで読んでいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

新潮社

無伴奏

映画版も話題!破滅的な四角関係の行く末

舞台は1960年代、主人公の響子は渉と交際していましたが、渉が実は友人である祐之介を愛しているとわかります。当時は同性愛がオープンでなく、渉はなんとか女性と付き合って気持ちを紛らわそうとしていたのでした。

 

退廃的な欲望や恋愛感情が描かれており、さまざまな思いを抱かされるストーリーに仕上がっています。2015年には成海璃子を主演として映画化され、そちらも評判となりました。

基本情報
ジャンル 恋愛小説
発売日 2005/3/2
ページ数 347ページ

口コミを紹介

特殊な恋の世界が繰り広げられています。それぞれの心理状態が極限まで追いつめられていって、とんでもない行動を起こしてしまう。自分では経験したことないけれど、人間ってあんな風になるのかなぁ。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

集英社

虹の彼方

蟻地獄のような大人の不倫の話

48歳の人気女優と43歳の売れっ子作家のW不倫を描いた小説です。普通の人が手に入れられない名誉を手にしている2人が、その立場をふいにしてまで恋を優先する理由が描かれます。

 

一見いい年をして恋愛にうつつを抜かす幼稚な二人のようにも見えますが、丁寧に綴られた心理描写を読むとお互いを愛すしかなかった二人の心が理解できるようになっていきます。小池真理子の筆力が感じられる一冊です。

基本情報
ジャンル 恋愛小説
発売日 2008/7/18
ページ数 680ページ

口コミを紹介

最後までぐいぐいと感情移入して読みました。二人の感情の変化がとても面白かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

小池真理子の恋愛小説おすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 ジャンル 発売日 ページ数
1位
アイテムID:15247937の画像

楽天

Amazon

ヤフー

直木賞を受賞した代表作であり作家としての最高傑作

恋愛小説

2002/12/25

517ページ

2位 アイテムID:15247934の画像

楽天

Amazon

ヤフー

観念の中で愛するのは可能なのかを問う一冊

恋愛小説

2000/3/29

493ページ

3位 アイテムID:15247931の画像

楽天

Amazon

ヤフー

静謐な読後感に酔える作品

恋愛小説

2002/6/14

608ページ

4位 アイテムID:15247928の画像

楽天

Amazon

ヤフー

映画版も話題!破滅的な四角関係の行く末

恋愛小説

2005/3/2

347ページ

5位 アイテムID:15247925の画像

楽天

Amazon

ヤフー

蟻地獄のような大人の不倫の話

恋愛小説

2008/7/18

680ページ

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

小池真理子のホラー・ミステリー小説人気おすすめランキング5選

1位

新潮社

神よ憐れみたまえ

シリアスな展開に思わず呼吸が止まる

三井三池炭鉱の爆発と国鉄事故が起きた昭和38年の夜、12歳の黒沢百々子の両親が何者かの手によって惨殺されました。重々しい展開と真実が待っている、スピード感にあふれた大河ミステリーです。

基本情報
ジャンル 大河ミステリー
発売日 2021/6/24
ページ数 570ページ

口コミを紹介

作家魂を感じさせる作品でした。文章を書く力がすごい人だなぁと改めて思います。長くて、読むのも根性が要りますが、最後まで読み切らせる魅力があると思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

角川書店

狂王の庭

狂った世界での恋物語

三島由紀夫の作品「春の雪」の香りが感じられる作品です。まだ華族や貴族の名残があった戦後の日本を舞台としています。新しい時代をたくましく生きようとする人と、古き良き時代にすがっている人がすれ違っていたような時代です。

 

小池真理子は退廃的な生き方に着目し、自分の美学に固執した繊細な青年と人妻の不倫の恋物語を描いています。

基本情報
ジャンル 恋愛・時代・サスペンス小説
発売日 2005/9/22
ページ数 512ページ

口コミを紹介

耽美の極み!!
この濃密の空間の描き方は小池真理子さんの武器ですね。
美しい日本語を使われるので眠れる美意識が刺激されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

新潮社

モンローが死んだ日

Amazon での評価

(2024/07/12調べ)

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

独特の作風!心を寄せた男の謎に迫る心理ミステリー

主人公は、軽井沢の外れで管理人兼案内人の仕事をしている鏡子です。夫を亡くし心身のバランスを崩しており、意を決してメンタルクリニックを受診し、そこで独身の医師と恋に落ちていきます。

 

小池真理子の作品としては珍しく素直な恋ごごろを描いていると思いきや、やはりそうはうまくいきません。医師は突然鏡子の前から姿を消してしまいます。男の謎を描く心理サスペンスです。

基本情報
ジャンル 恋愛サスペンス
発売日 2018/10/27
ページ数 683ページ

口コミを紹介

一気に読みました
一見、穏やかな大人の恋物語ですが、不穏な空気が漂い、それが何なのか読み進めずにはいられなくなってしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

文藝春秋

死の島

生き方について考えさせられるイヤミスの傑作長編

人間の心理描写に長けている小池真理子ならではの魅力が詰まった、傑作長編作品です。自らの問題で妻子と別れて以降も必死に生きてきた主人公は、69歳にしてがんに侵され、余命宣告をされてしまいます

 

そこに登場するのが、主人公が運営する小説のカルチャースクールに参加する若い女性です。タブー視されがちな尊厳死について、真っ向から向き合っています。刻々と近づいてくる死が主人公をどのように変えるのかは必見です。

基本情報
ジャンル ミステリー
発売日 2021/3/9
ページ数 453ページ

口コミを紹介

夢中になって、話の中に入っていけました。
小池さんの世界観がたまらなく好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

双葉社

ノスタルジア

父親の友人と恋に!サスペンスホラーの要素も詰まった恋愛小説

主人公・繭子は妻子ある父の友人と恋をし、さらにその死まで看取りました。その後ひっそりと暮らす繭子のもとへ訪ねてきたのは、その不倫相手とうり二つの息子でした。二人は当初の胸騒ぎの通り、自然に惹かれあっていきます

 

その惹かれあう課程で描かれる微妙な仕草や感覚の表現が美しく、小池真理子の真骨頂を味わえます。サスペンスやホラー風の要素も含まれますが、耽美な雰囲気はやはり恋愛小説のものだと感じさせられるのが魅力です。

基本情報
ジャンル 恋愛サスペンス
発売日 2005/12/15
ページ数 368ページ

小池真理子のホラー・ミステリー小説おすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 ジャンル 発売日 ページ数
1位 アイテムID:15247951の画像

Amazon

楽天

ヤフー

シリアスな展開に思わず呼吸が止まる

大河ミステリー

2021/6/24

570ページ

2位 アイテムID:15247945の画像

Amazon

楽天

ヤフー

狂った世界での恋物語

恋愛・時代・サスペンス小説

2005/9/22

512ページ

3位 アイテムID:15247948の画像

Amazon

ヤフー

独特の作風!心を寄せた男の謎に迫る心理ミステリー

恋愛サスペンス

2018/10/27

683ページ

4位 アイテムID:15247942の画像

Amazon

楽天

ヤフー

生き方について考えさせられるイヤミスの傑作長編

ミステリー

2021/3/9

453ページ

5位 アイテムID:15247954の画像

Amazon

楽天

ヤフー

父親の友人と恋に!サスペンスホラーの要素も詰まった恋愛小説

恋愛サスペンス

2005/12/15

368ページ

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazon 売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

小池真理子さんの現在・近況は?

小池真理子さんは2020年6月から2021年6月まで朝日新聞でエッセイ「月夜の森の梟」を連載するなど、現在も精力的に活動しています。「月夜の森の梟」は連載終了後、書籍化されました。また、2022年には第25回日本ミステリー文学大賞を受賞しています。

小池真理子の最新刊・新作はこちら

朝日新聞出版

月夜の森の梟

累計12万部突破のエッセイ本

新聞連載時から反響を呼んでいたエッセイです。長年連れ添ったかけがえのない人の病と死にどのように向き合い過ごしてきたのか、蘇る過去の記憶に苦しみながらも生き抜てきた著者の想いが52編のエッセイで綴られています。

基本情報
ジャンル エッセイ
発売日 2024/2/7
ページ数 192ページ

まとめ

ここまで小池真理子の作品について紹介してきました。小池真理子は作品を通してずっと人の心を掴み続け、今でも人気作家の一人として活躍しています。たくさんの作品の中から自分に合った作品を見つけ、自分にとって最高の一冊を見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年07月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年版】林真理子作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作やエッセイも】

【2024年版】林真理子作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作やエッセイも】

本・雑誌
【バリスタ監修】ドリップコーヒーのおすすめ人気ランキング21選【美味しい!プロが選ぶ市販も】

【バリスタ監修】ドリップコーヒーのおすすめ人気ランキング21選【美味しい!プロが選ぶ市販も】

茶葉・インスタントドリンク
【プロ監修】コーヒー豆のおすすめ人気ランキング21選【美味しい専門店の商品も】

【プロ監修】コーヒー豆のおすすめ人気ランキング21選【美味しい専門店の商品も】

茶葉・インスタントドリンク
ホラー小説のおすすめ人気ランキング50選【短編や海外のものも】

ホラー小説のおすすめ人気ランキング50選【短編や海外のものも】

本・雑誌
吉本ばなな作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作やエッセイ・小説も紹介】

吉本ばなな作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作やエッセイ・小説も紹介】

本・雑誌
【専門家監修】コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動もキャンプ用も】

【専門家監修】コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動もキャンプ用も】

ゲーム