醤油の人気ランキング15選!あなたの好みにあったおすすめ商品を紹介

記事ID40のサムネイル画像

醤油は、煮物や親子丼、お刺身などさまざまな料理に使える便利な調味料。どの醤油を選ぶかが料理の仕上がりを左右することもありますので、正しい選び方で作りたい料理に合った醤油を選ぶことが大切です。今回は、おすすめの醤油と選び方をご紹介します。

最新記事はこちら!

全国の男女500人に実施したアンケート調査をもとに、2019年最新版の醤油人気おすすめランキングを作成しました。愛用の醤油はランクインしているのか、是非チェックしてみてください!

醤油はどんな素材にも馴染む万能調味料!

醤油は、野菜からお肉までどんな具材でも馴染み、味を強く主張しすぎないことから万能調味料として親しまれています。下味の味付けや最後の仕上げなど調理中のさまざまな場面で使うことができるので、日本の家庭では定番の調味料ですよね。

 

そんな醤油ですが、味付けだけでなく他の素材と調和して味を整える効果があることをご存知でしょうか。また、醤油には強い塩気を弱めたり、隠し味に少し加えることで他の素材の味を強める効果もあります。

 

本記事では、醤油の種類、使われている大豆、製造方法、等級といった観点から、人気の醤油や知る人ぞ知るおいしい醤油をランキング形式でご紹介します。

醤油の人気ランキング15選

15位

井上醤油店

井上古式じょうゆ

価格:572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産原料にこだわったコクのある醤油

井上醤油店は、島根県にある醤油店。原料は全て国内産を使うことにこだわりをもち、さまざまな種類の醤油を製造しています。

 

その中でも、今回ご紹介するのは濃口醤油です。一般的な量の2倍の大豆を加えて作られているため、大豆の風味が豊かなことが特徴。醤油本来の味わいはもちろん、大豆のまろやかな旨味も感じられるので、煮物や唐揚げの下味などに最適です。

 

また、製造方法には食品添加物を使用しない本醸造を採用していますので、普段から食品添加物の有無を気にしている方でも安心して使えます。

種類濃口大豆の種類丸大豆
製造法本醸造等級表示なし
内容量360ml

口コミを紹介

材料全てがこだわりの日本製。
味、香り、本物です。
何にでも合う、料理そのものの素材を最大限引き出せる本物の醤油です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

チョーコー

超特選むらさき

価格:668円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

米や大豆など原料の旨味を活かした深みのある味わいを楽しめる醤油

チョーコーは、長崎県に本社を構える老舗醤油メーカー。日本で添加物を加えた醤油の販売が盛んだった時期に、いち早く無添加の醤油を開発し販売した実績を持っています。

 

そんなチョーコーの濃口醤油は、米ならではのマイルドな旨味を活かした味わいが特徴。製造過程で使用する水を少なくした結果、等級の判断基準となる旨味成分を豊富に含むことに成功し、超特選醤油に認定されています。

 

また、一般的な濃口醤油よりも使用する大豆や小麦の量が多く、大豆の旨味や小麦の甘さを活かした深みのある味わいも楽しめます。

種類濃口大豆の種類丸大豆
製造法本醸造等級表示超特選
内容量1L

口コミを紹介

この醤油をつかいはじめたら、他の醤油を買えなくなりました。美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ヤマサ

有機丸大豆の吟選しょうゆ

価格:478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーガニック栽培の大豆を使用した濃口醤油

ヤマサ醤油は、1642年に千葉県で創業された醤油メーカー。ヤマサ醤油独自の麹菌である「ヤマサ菌」を使った醤油作りをしています。ヤマサ醤油の醤油は一般家庭だけでなく、料理店でも多く採用されています。

 

そんなヤマサ醤油が販売している醤油の中でも、今回ご紹介する濃口醤油はオーガニック栽培の大豆が使用された濃口醤油。大豆の旨味や、深みのあるマイルドな味わいが特徴です。

 

独自に海水を蒸発させて作った塩を使用していることから、独特なコクの深さも魅力的。色も鮮やかなので、さまざまな料理に活用できます。

種類濃口醤油大豆の種類丸大豆
製造法本醸造等級表示特選
内容量1L

口コミを紹介

調味料は、お値段が張っても良いものを使うようにしていますが、こちらは有機ですが普通のお醤油と比べてもそう高くありません。近所のスーパーには売っていないので、いつもまとめ買いしてます。濃いめですが、使い勝手がよく、何より有機なので安心して食べられることが幸せです。ありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ヒガシマル醤油

うすくちしょうゆ

価格:600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

甘みがあるのでさまざまな料理に使える薄口醤油

ヒガシマル醤油は、兵庫県に本社のある醤油メーカー。厳しい品質管理にこだわっており、醤油業界では国内で初めて品質管理に関する認証を取得しています。

 

そんなヒガシマル醤油の薄口醤油は、独自に熟成して作られた米由来の甘酒による旨味が特徴です。甘酒により薄口醤油独特の塩気も抑えられ、甘みを感じられる味わいとなっています。一般的に、濃口醤油を使って作る魚の煮付けにもおすすめの薄口醤油です。

 

また、和食だけでなく中華など他のジャンルの料理の味付けにも使えます。少しの量でもさまざまな料理の味付けができるので、コスパが抜群です。

 

種類薄口醤油大豆の種類脱脂加工大豆
製造法本醸造等級表示特級
内容量1.8L

口コミを紹介

鍋ものに「うすくちしょうゆ」は欠かせません。
それと合うのが、豆腐と焼き魚!焼き魚に「うすくちしょうゆ」をかけて味わったら、
二度と濃い口醤油には戻れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ヤマシン

金完熟白醤油

価格:836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特有のクセを抑えているので初心者でも使いやすい白醤油

ヤマシンは、愛知県にある1802年創業の老舗白醤油メーカー。創業以来200年続く伝統を守りつつ、白醤油の使い方を拡大することを目標に数多くの白醤油を販売しています。

 

そんなヤマシンの白醤油は、白醤油特有の麹による味のクセを抑えた白醤油。他の白醤油よりもクセが少ないことから、初めて白醤油を使う方でも使いやすくておすすめです。醤油独特の香りも抑えられているので、洋食料理の塩代わりとしても使えます。

 

ヤマシンによる選りすぐりの大豆と小麦が使われており、だしとして使うことで深みのある上品な味わいに仕上がります。

種類白醤油大豆の種類脱脂加工大豆
製造法本醸造等級表示特級
内容量1.8L

口コミを紹介

凍り豆腐の煮物が風味よく白く仕上がりました。野菜だけの煮物をよく作りますが、白だしでは独特の角が立った味で苦手でしたが、昆布出汁にこの白醤油でまろやかな味わいの煮物に。おせち料理にも活躍しそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

イチビキ

小麦を使わない丸大豆醤油

価格:279円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小麦が使われていないことから大豆の旨みが楽しめる濃口醤油

イチビキは、愛知県にある調味料メーカーです。醤油はもちろん、お味噌や甘酒なども販売しています。

 

今回ご紹介するイチビキの醤油は、大豆、食塩、アルコールのみを使ったシンプルな醤油。長期熟成で生まれる大豆本来の旨味を楽しめ、煮物やつけ麺のスープなどいろいろな使い方ができます。

 

大豆本来の味わいが深く、だしを使わなくても美味しくいただけるという口コミも。一般的に醤油に含まれる小麦が含まれていないので、小麦グルテンを摂取しないグルテンフリーにこだわっている方や、小麦アレルギーの方にもおすすめです。

 

 

種類濃口醤油大豆の種類丸大豆
製造法本醸造等級表示なし
内容量500ml

口コミを紹介

なんでだろう…かなり美味しいです。
ダシを使わなくても十分な旨さがあります。
毎日、ドレッシングにも活躍。
煮物にも炒めものにも合います。
リピ5回目です(^-^)

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

マルヱ醤油

特級うまくち

価格:443円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

九州で親しまれる万能な甘口醤油

マルヱ醤油は、福岡県の醤油メーカー。安全安心を第一とした「マルエ品質」をモットーに、品質管理にこだわった醤油作りがされています。全国醤油品評会では農林水産大臣賞を6回受賞した実績も。

 

今回ご紹介するマルヱ醤油の醤油は、九州で親しまれている甘口の醤油。九州以外の出身の方だと馴染みのない方が多い甘口の醤油ですが、実は卵かけご飯やお刺身、すき焼きのたれなどさまざまな料理に使えてとても便利でおすすめです。

 

九州だけでなく関東や関西からの購入者も多いので、使ったことがない方はぜひ購入されてみてください。

種類濃口醤油大豆の種類脱脂加工大豆
製造法本醸造等級表示特級
内容量1L

口コミを紹介

九州の醤油は甘いよ。と、聞いて購入しました。程良い甘味で、たまごかけご飯から、煮物、さしみ、イロイロ使えて便利で美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

麻生醤油醸造場

再仕込み醤油 万年

価格:913円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生醤油の濃厚な旨味を味わえる再仕込み醤油

麻生醤油醸造場は、大分県の醤油メーカー。担当者の厳しい目によって選別された国内産の原料と地元の地下水を使い、木樽内で熟成して醤油を製造しています。

 

そんな麻生醤油醸造場の再仕込み醤油は、醤油の製造過程で作られた生醤油が使われています。一般的な再仕込み醤油は塩を使って作られているので、生醤油が生み出す濃厚で特別な旨味を楽しめます。

 

コクがあるので、煮物やお漬物におすすめ。料理の仕上げに少し加えるだけで味を引き立たせることができます。

 

 

種類再仕込み醤油大豆の種類脱脂加工大豆
製造法本醸造等級表示特級
内容量1.8L

口コミを紹介

思ってた通りの美味しさで、満足しました。
価格もよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

7位

井上醤油店

うすくち仕立てじょうゆ

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

塩分が控えめで甘みのある薄口醤油

一般的な薄口醤油よりも塩分を3%から4%抑えた薄口醤油。一般的な薄口醤油は塩気が特徴ですが、本製品は塩気を抑えながらも時間をかけて熟成された大豆や小麦による旨味や香りが料理の味を引き立ててくれます。

 

塩気が抑えられていることから全体的にマイルドな味わいで、そのままおでんの出し汁にも使えます。また、甘酒も使われているので甘みがあり、数の子やお吸い物にぴったりです。まろやかな甘みがあることから、どんな料理にも使えるという口コミも寄せられています。

種類薄口醤油大豆の種類丸大豆
製造法井上こはく等級表示なし
内容量720ml

口コミを紹介

お醤油の味がとんがってなくてまろやかです。やわらかな甘みもありどんなお料理にもあうと思います。いままで使った薄口醤油の中で一番です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ヤマサ

減塩しょうゆ

価格:375円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

塩分が少なくても普通の醤油と変わらない味わいの濃口醤油

今回ご紹介するヤマサの濃口醤油は、塩分を通常の半分に減らした状態で本醸造醤油の味わいを残すことに成功した醤油。減塩された醤油だと味が変わると感じる方もいますが、本製品には、減塩された醤油だと気づかれることなく家族が美味しく食べてくれたという口コミも。

 

塩分の摂取制限がある方はもちろん、最近では健康志向の方も料理に取り入れることが多い減塩された濃口醤油。ヤマサの減塩された濃口醤油を使えば、いつも通りのお食事をしながらも体に優しい食生活ができます。ぜひ1度取り入れてみてはいかがでしょうか。

種類濃口醤油大豆の種類脱脂加工大豆
製造法本醸造等級表示特級
内容量1L

口コミを紹介

家族で腎臓病の人が居るので購入しました。
減塩だと ご飯がまずくなると言われていたのですが
こっそり使っていたら 気付かずに おいしいといって料理を食べてくれます。
普通においしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

割主烹従 飛竜

オーガニックたまり

価格:1,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無農薬や無添加の原料を天然熟成したオーガニック醤油

割主烹従飛竜(かっぽうほうじゅうひりゅう)は、小麦や食品添加物、遺伝子組み換え食品を一切使わない食品メーカー。

 

そんな割主烹従飛竜の本製品は、3年間桶の中で天然熟成した大豆と、食塩の生み出すコクのある味わいが特徴。たまり醤油ならではのとろみとのバランスが抜群で、刺身醤油にもぴったりです。

 

また、日本、ヨーロッパ、アメリカから認定を受けた有機大豆が使われていることから、オーガニック愛好者の方からも人気を集めています。無農薬や無添加の食塩と大豆のみを使用していますので、添加物が気になる方にもおすすめです。

 

 

種類たまり醤油大豆の種類丸大豆
製造法本醸造等級表示なし
内容量360ml

口コミを紹介

グルテン摂取したくないので小麦なしのたまり醤油ってことでこの商品を購入。
味はどうでもいいと思ってたんですけどかなり濃厚で美味しいです。
おまけにオーガニックで一石三鳥でした。
この値段でこのパフォーマンスなら文句ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

フンドーキン

吉野杉樽天然醸造醤油

価格:578円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

深みのある味わいや芳醇な香りが人気でリピーターの多い醤油

フンドーキンから販売されている本製品は、大豆、小麦、食塩のみというシンプルな原料で作られた醤油。すべて国内産を使用しており、食品添加物も入っていません。

 

木樽での長期熟成により生み出される芳醇な醤油の香りや深みのある味わいが特徴。塩気ではなく旨味の主張が強いので、卵かけご飯、ほうれん草のおひたし、焼き魚などに最適です。少しかけるだけでしっかり醤油の味がつくので、コスパが良いのも嬉しいポイント。

 

口コミには、他の醤油を使っても結局本製品に戻ってきたり、この醤油を使うだけで料理がレベルアップしたという良い口コミが目立ちます。初めて購入した人はもちろんリピーターからも評価の高い口コミが多いので、ぜひ1度使ってみてください。

種類濃口醤油大豆の種類丸大豆
製造法本醸造等級表示特級
内容量500ml

口コミを紹介

何度もリピートしちゃうくらいおいしいです。
もっといいのがあるはずだと他にもいろいろ試しましたが、
結局これに戻ってきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

山川醸造

浅五分溜醤油

価格:725円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長期熟成で生まれる旨味と濃厚な味わいが特徴のたまり醤油

山川醸造は、岐阜県にあるたまり醤油メーカー。一般的なボトル入りのたまり醤油だけでなく泡状に出てくるたまり醤油など、ユニークなたまり醤油も販売しています。

 

そんな山川醸造のたまり醤油は、メーカーで1番人気の醤油。杉を使った独自の木桶で、2年以上熟成された旨味と濃厚な味わいが特徴です。たまり醤油ならではのとろみや甘みもありますので、特に刺身醤油に最適な一品。

 

口コミには他のメーカーのお醤油よりもコクがあって美味しいという声もあります。濃厚でコクのあるたまり醤油をぜひ一度試してみてください。

種類たまり醤油大豆の種類脱脂加工大豆
製造法混合方式等級表示なし
内容量500ml

口コミを紹介

個人的に大手メーカーよりコクがあって
イチオシの溜まり醤油です。
その他の醤油も良いですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キッコーマン

いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ

価格:254円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時間が経っても新鮮な味わいが楽しめる醤油

キッコーマンは、日本を代表し海外にも進出している醤油メーカー。キッコーマンの醤油は、製造から出荷までの過程において安全な食品を届けるためのシステムを構築し、徹底した品質管理のもとで作られています。

 

そんなキッコーマンから販売されている本製品は、旨味がありながらもあっさりした口当たりが特徴。煮物はもちろんステーキにも使える万能な濃口醤油です。

 

酸化を防げる「やわらか密封ボトル」に入っているので、開封後時間が経っても鮮度が落ちず長く新鮮な味わいが楽しめます。また、ボトルの両端を押して使うので醤油の量を調整でき、出し過ぎも防げます。

種類濃口醤油大豆の種類脱脂加工大豆
製造法本醸造等級表示超特選
内容量450ml

口コミを紹介

いつも新鮮、美味しいと家族も喜んで使っています。
押し加減で量も調整できますので、使いすぎ防止や減塩にもよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

大徳醤油

淡口丸大豆醤油

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すっきりしながらもコクもある薄口醤油

大徳醤油は、兵庫県にある醤油メーカー。食品添加物を加えず、昔から伝わる本醸造醤油にこだわった醤油作りが特徴です。

 

そんな大徳醤油の薄口醤油は、国内産で無添加の小麦、大豆、塩を使用し、本醸造で長期間熟成された醤油。長期熟成によるコクの深さや、国内産のにがりを使用して作られた塩によるマイルドな味わいが楽しめます。

 

基本的に味や色が薄い薄口醤油と、本製品の特徴である深みのある味わいは一見矛盾しているようですが、本製品はコクのある味わいとすっきりとした口当たりを両立していますので、素材の美味しさをより引き立たせることができます。

種類薄口醤油大豆の種類丸大豆
製造法本醸造等級表示なし
内容量500ml

口コミを紹介

無添加の醤油が欲しくて買いました。スーパーで売っている商品とはレベルが違う。美味しい、安全、申し分なし!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

醤油の選び方

醤油の選び方には、醤油の種類で選ぶ方法や、醤油に使われている大豆の種類で選ぶ方法など、合わせて4つの選び方があります。ぜひ購入時の参考にしてください。

醤油の種類で選ぶ

醤油は、製造工程や使われている素材の違いにより主に6種類に分かれています。種類ごとの特徴や最適な料理を参考に、醤油に求めるニーズに合った種類の醤油を選びましょう。

豚の角煮など色味や醤油ベースの味を求めるなら「濃口醤油」

濃口醤油は、醤油の独特の色や製造過程で使われる麹の香りが強く、濃い味わいが特徴です。濃口醤油の特徴を活かして、豚の角煮、肉じゃが、すき焼きなど、醤油の色味やコクを活かしたい料理に使うと良いでしょう。

 

その昔、関東以北では臭いが強い魚が多く出回っていたことから、濃口醤油は魚の臭い消しのために作られたという歴史があります。濃口醤油は全国で多く流通していますが、この歴史から、現在でも特に関東、東北、北海道地方では濃口醤油が多く用いられています。

お吸い物など具材の色や味わいを活かしたいなら「薄口醤油」

薄口醤油は、醤油独特の色、香り、味は控えめな分、上品な甘さや塩気が特徴の醤油。「淡口醤油」という表記もあります。料理に加えても色や味がほとんど変わらないので、お吸い物、親子丼、茶碗蒸しなど具材の色や風味をそのまま活かしたい料理に最適です。

 

薄口醤油と濃口醤油の違いが気になる方も多くいらっしゃるでしょう。薄口醤油は濃口醤油と比べると製造期間が短いことや、色を薄くする塩を多く使うため、色や香りなどが控えめになります。また、仕上げに甘酒などの甘みを加えるので上品な甘さを感じられることが大きな違いです。

照り焼きチキンなど赤みを帯びた色や醤油の香りが欲しいなら「たまり醤油」

たまり醤油は、濃口醤油と同様に色、香り、味が強く、火にかけると色が少し赤みを帯びた茶色になる醤油。大豆をメインに使用していることから大豆特有の旨味や香り、とろみもあります。

 

たまり醤油は、こういった特徴を活かせる照り焼きチキンやせんべいなどに最適です。酒やみりんなどを加えて甘さを加え、たまり醤油特有のとろみを活かすことで刺身醤油としても使えます。

 

主に中部地方や九州地方で使われており、何年もかけて熟成した大豆や麹などから出た旨味成分を使って作られています。

トンカツなど味の主張が強い具材や料理にとろみを求めるなら「再仕込み醤油」

再仕込み醤油は、味、色、香りが強く、醤油独特の旨味がとても強い醤油。地域によっては、甘露醤油とも呼ばれています。冷奴などあっさりとした味の料理に少し加えるだけで、より深みのある味わいになりおすすめです。

 

また、たまり醤油と同様にとろみがあることから、卵かけご飯やお刺身にかけると卵やお刺身にうまく絡んで美味しくいただけます。コクがあるので、料理の隠し味にも使われることもあります。

 

そんな万能な再仕込み醤油ですが、他の種類の醤油の代用品として料理に通常通りの量を加えると、味が濃くなりすぎることがあります。料理に使う際は注意が必要です。

白身魚の煮付けなど下味として使うなら「白醤油」

白醤油は、他の種類の醤油と比べると味、色、香りが一番控えめで塩気があるのが特徴。料理に味や色などを主張しすぎず塩気を加えられるので、白身魚の煮付けの下味、うどんのスープ、浅漬けに最適です。また、糖分も高く甘みが感じられるので、野菜の味を活かした煮物にもおすすめ。

 

白醤油と同様に味、色、香りが控えめな薄口醤油との違いは、製造過程にあります。薄口醤油は加熱されて製造されますが、白醤油は加熱されずに製造されます。また、薄口醤油の甘さは甘酒によるものですが、白醤油の甘さは小麦から出されるものです。

卵かけご飯や煮物などを甘くしたいときは「甘口醤油」

甘口醤油は、九州や中国地方、北陸地方などで作られる、みりんや甘味料を加えられた、文字通り甘い醤油です。卵かけご飯や、煮物、玉子焼き、白身の刺身や、馬刺しなどにも合います。

 

なぜ甘い醤油が生まれたかは諸説あり、南のほうの気温が高いところでは、生理的に甘いものを欲する説や、奄美大島など砂糖の産地が近いこと、長崎の出島とオランダで貿易があり、砂糖の大量輸入があったから、など様々な説があります。関東では珍しい醤油かもしれませんね。

醤油に使われている大豆の種類で選ぶ

醤油に使われているのは「丸大豆」または「脱脂加工大豆」です。大豆の種類によって醤油の味わいが異なりますので、お好みの味わいに合った大豆が使われた醤油を選びましょう。

コクのある味わいを求めるなら「丸大豆」

丸大豆は、大豆を時間をかけて丸ごと熟成したものなので、大豆の脂肪分がそのまま残っています。このため、丸大豆が使われた醤油は、大豆の旨味が染みたマイルドでコクのある味わいが特徴です。

 

味の主張が強いので、すきやきや醤油ベースの野菜の煮物など、醤油の味をメインにしたい料理に最適です。素材に味をプラスするために使うのもおすすめ。具体的には、冷奴や焼き魚などにかけると良いでしょう。

 

丸大豆を使った醤油は、大豆を熟成する期間が必要なので時間をかけて製造されます。生産に時間がかかる分コストもかかるため、脱脂加工大豆を使った醤油よりも値段は高い傾向。しかし、丸大豆を使った醤油は、その分今回ご紹介したようにかけ醤油としても使えて便利です。

あっさりとした味わいを求めるなら「脱脂加工大豆」

脱脂加工大豆は、大豆の油分を取り除く加工が施されています。油分が取り除かれていることから、味わいはすっきりとしています。また、醤油の旨味の元であるタンパク質が豊富に含まれていることから、旨味が強いことも特徴。

 

油分が少ないため、塩気も強く感じられます。あっさりとした味わいでありながらも旨味や塩気が強い脱脂加工大豆を使った醤油には、塩気の強い野菜炒めや野菜スープに使うと良いでしょう。

 

脱脂加工大豆であれば、大豆から取り除いた油分をサプリの加工に使用するなど、食用油として使い回すことができます。大豆から取り除かれた油を食用油として使うことで生産コストを安くできますので、丸大豆を使った醤油よりも価格は安い傾向にあります

醤油の製造方法で選ぶ

醤油の製造方法には「本醸造」、「混合醸造方式」、「混合方式」があり、製造方法により醤油の味わいが異なります。本醸造の醤油は、醤油特有の麹による味わいが特徴です。一方で、混合醸造方式や混合方式の醤油はアミノ酸による旨味や深みのある味わいを感じられます。

 

製造方法で味わいに差が出るのは、使う原料の違いによるものです。本醸造は大豆や種麹など古くからある原料を使いますが、混合醸造方式や混合方式ではアミノ酸などの添加物が加えられています。醤油の製造方法は、醤油瓶やボトルのラベルを見れば分かります。

醤油の等級で選ぶ

醤油には、日本醤油技術センターにより国に決められたJAS基準を突破しているかを検査し、JAS基準を突破した醤油に等級がつく制度があります。等級は醤油の旨味成分の配合量や香りなどによって判断されていますので、醤油を購入する上での判断基準にすると良いでしょう。

醤油の等級は大きく分けて「特級」「上級」「標準」の3種類

醤油の等級は、醤油の味や香りの強い順に「特級」、「上級」、「標準」に分けられています。「標準」の醤油と比べると「上級」や「特級」の醤油の方が旨味や香りが良いということになりますので、購入時の参考にしてください。

 

等級の基準は濃口醤油や薄口醤油といった醤油の種類によって異なりますが、旨味成分の元となる窒素の配合量や、色の度合いといった項目の数値を見てどの等級に認定するかが決められています。

 

なお、等級認定のための検査は任意で、等級をつけられても等級表示をするかは醤油の製造工場によって違います。このため、等級表示の有無は醤油によって違いますので等級で醤油を選ぶ際には注意しましょう。等級は、醤油瓶やボトルのラベルを見れば確認できます。

特級の中でもより旨味が強いものを求めるなら「超特選」と「特選」

特級の中でも、さらに旨味成分が強いのが「超特選」や「特選」の認定を受けている醤油です。特選よりも超特選の方が上の認定となります。先ほどご紹介した標準、上級、特級よりも評価が高いので、料理の味をレベルアップすることができます。

 

等級が高い分価格も高い傾向にありますので、特別な来客があった場合のお料理に使うなど、ここぞという時に使うのもおすすめ。超特選や特選の醤油に変えたことで料理の味が変わったという口コミも寄せられていますので、これまで使ったことがない方は、ぜひ1度試してみてください。

 

 

 

醤油の塩分量で選ぶ

健康面に気を使ってる方や、食塩分を気にされている方には、減塩醤油がおすすめです。味や香りを損なわずに、塩分を減らすことが出来ます

 

 

ただし塩分を減らす工程でどうしても時間と手間がかかってしまうので、お値段は普通の醤油と比べると少々高めです。使用法としては、刺身やお浸し、和え物など、優しい味わいのものと合わせると良いでしょう。

専用の醤油を選ぶ

最近では一つの料理に特化した、専用の醤油も販売されています。卵かけご飯専用の醤油や、うどんそば専用のもの、さらにはアイスやかき氷専用醤油など様々です。なかにはプリンに醤油をかけることによって、ウニの味を再現する、プリン専用醤油も販売しています。

 

 

また専用醤油はご自宅でも簡単に作ることができ、まずご自身の好みの醤油を買ってきて、そこへ唐辛子や鰹節、昆布、ニンニクなどお好きなもの漬け込むことにより、ご家庭専用の醤油を楽しむことが出来ます。

醤油の保存方法

醤油は冷蔵保存?常温保存?などとお困りの方へ正しい醤油の保存方法をご紹介いたします。保存方法を知っておくことで、より長く醤油本来の風味や味を楽しむことが出来ます。

開栓前は冷暗、開戦後は冷蔵

調味料と聞くと、長期間持つイメージがありますが、醤油には鮮度というものが存在します。そのため最近では密閉型の容器に入った醤油も販売されています。これは醤油が酸素に触れると、酸化してしまい、鮮度を落としてしまうためです。

 

醤油は開封前は冷暗所で、開封後は冷蔵庫で保存し、酸化やカビの発生を抑えましょう。

開封後は一か月で使い切り

醤油は腐敗することはありませんが、賞味期限があります。醤油の賞味期限は意外と早く、一か月ほど経つと、透明感のある赤色は、くすんだ茶色になっていき、次第に黒くなっていきます。また香りも損なわれ、味にえぐみが出てしまいます。

 

開封後は1か月以内に使い切るのが良いでしょう。また反対に言えば、一か月で使い切れるサイズの醤油を購入すると良いでしょう。

醤油のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:1419の画像

    大徳醤油

  • 2
    アイテムID:1474の画像

    キッコーマン

  • 3
    アイテムID:1386の画像

    山川醸造

  • 4
    アイテムID:1467の画像

    フンドーキン

  • 5
    アイテムID:1459の画像

    割主烹従 飛竜

  • 6
    アイテムID:1448の画像

    ヤマサ

  • 7
    アイテムID:1443の画像

    井上醤油店

  • 8
    アイテムID:1413の画像

    麻生醤油醸造場

  • 9
    アイテムID:1396の画像

    マルヱ醤油

  • 10
    アイテムID:1389の画像

    イチビキ

  • 11
    アイテムID:1379の画像

    ヤマシン

  • 12
    アイテムID:1254の画像

    ヒガシマル醤油

  • 13
    アイテムID:1241の画像

    ヤマサ

  • 14
    アイテムID:1237の画像

    チョーコー

  • 15
    アイテムID:1174の画像

    井上醤油店

  • 商品名
  • 淡口丸大豆醤油
  • いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ
  • 浅五分溜醤油
  • 吉野杉樽天然醸造醤油
  • オーガニックたまり
  • 減塩しょうゆ
  • うすくち仕立てじょうゆ
  • 再仕込み醤油 万年
  • 特級うまくち
  • 小麦を使わない丸大豆醤油
  • 金完熟白醤油
  • うすくちしょうゆ
  • 有機丸大豆の吟選しょうゆ
  • 超特選むらさき
  • 井上古式じょうゆ
  • 特徴
  • すっきりしながらもコクもある薄口醤油
  • 時間が経っても新鮮な味わいが楽しめる醤油
  • 長期熟成で生まれる旨味と濃厚な味わいが特徴のたまり醤油
  • 深みのある味わいや芳醇な香りが人気でリピーターの多い醤油
  • 無農薬や無添加の原料を天然熟成したオーガニック醤油
  • 塩分が少なくても普通の醤油と変わらない味わいの濃口醤油
  • 塩分が控えめで甘みのある薄口醤油
  • 生醤油の濃厚な旨味を味わえる再仕込み醤油
  • 九州で親しまれる万能な甘口醤油
  • 小麦が使われていないことから大豆の旨みが楽しめる濃口醤油
  • 特有のクセを抑えているので初心者でも使いやすい白醤油
  • 甘みがあるのでさまざまな料理に使える薄口醤油
  • オーガニック栽培の大豆を使用した濃口醤油
  • 米や大豆など原料の旨味を活かした深みのある味わいを楽しめる醤油
  • 国産原料にこだわったコクのある醤油
  • 価格
  • 540円(税込)
  • 254円(税込)
  • 725円(税込)
  • 578円(税込)
  • 1350円(税込)
  • 375円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 913円(税込)
  • 443円(税込)
  • 279円(税込)
  • 836円(税込)
  • 600円(税込)
  • 478円(税込)
  • 668円(税込)
  • 572円(税込)
  • 種類
  • 薄口醤油
  • 濃口醤油
  • たまり醤油
  • 濃口醤油
  • たまり醤油
  • 濃口醤油
  • 薄口醤油
  • 再仕込み醤油
  • 濃口醤油
  • 濃口醤油
  • 白醤油
  • 薄口醤油
  • 濃口醤油
  • 濃口
  • 濃口
  • 大豆の種類
  • 丸大豆
  • 脱脂加工大豆
  • 脱脂加工大豆
  • 丸大豆
  • 丸大豆
  • 脱脂加工大豆
  • 丸大豆
  • 脱脂加工大豆
  • 脱脂加工大豆
  • 丸大豆
  • 脱脂加工大豆
  • 脱脂加工大豆
  • 丸大豆
  • 丸大豆
  • 丸大豆
  • 製造法
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 混合方式
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 井上こはく
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 本醸造
  • 等級表示
  • なし
  • 超特選
  • なし
  • 特級
  • なし
  • 特級
  • なし
  • 特級
  • 特級
  • なし
  • 特級
  • 特級
  • 特選
  • 超特選
  • なし
  • 内容量
  • 500ml
  • 450ml
  • 500ml
  • 500ml
  • 360ml
  • 1L
  • 720ml
  • 1.8L
  • 1L
  • 500ml
  • 1.8L
  • 1.8L
  • 1L
  • 1L
  • 360ml

まとめ

この記事では、おすすめの醤油をランキング形式でご紹介しました。醤油は大きく5種類に分かれており、それぞれに特徴があります。また、使われている大豆や製造方法によっても味わいが異なります。作る料理によってぴったりな醤油が変わってきますので、今回ご紹介した選び方も参考にご自分のニーズに合った醤油を使ってみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ