【2021年最新版】刺身醤油のおすすめランキング【醤油研究家監修!】

記事ID6544のサムネイル画像

刺身やお寿司をもっと美味しく食べたい、と思ったことはありませんか。そんなときには、刺身醤油を使ってみるのがおすすめです。とはいえ、いざ刺身醤油を買おうとしたときに種類が多すぎて迷ってしまいますよね。今回は醤油研究家としてご活躍されている杉村さんに、刺身醤油の種類や選び方、おすすめの商品についてお聞きしました。

醤油研究家がおすすめの刺身醤油をご紹介!

刺身やお寿司をより一層美味しくしてくれるのが刺身醤油です。刺身醤油とは、普通の醤油とは違い、とろっとしているのが特徴です。そのために、刺身に付けても刺身醤油がこぼれ落ちにくく生魚の臭みを刺身醤油が和らげてくれます。

 

一言で刺身醤油といっても、風味や味、出汁やそのほかの魚介類エキスを加えていたりとメーカーによって様々な種類の刺身醤油が販売されています。また、刺身と相性の良い再仕込醤油やたまり醤油が刺身醤油と呼ばれることもあります。

 

そこでこの記事では、刺身醤油の産地原材料味わいなどを比較しながら人気おすすめ商品をランキング形式で紹介していきますので、刺身醤油を選ぶときの参考にしていただければと思います。

今回は醤油研究家としてご活躍されている杉村さんに、刺身醤油の種類や選び方、おすすめの商品についてお聞きしました。

取材協力

専門家プロフィール画像

杉村 啓

醤油・日本酒研究家/グルメ漫画研究家

グルメ・料理漫画や、醤油を中心とした調味料、日本酒やビールなどをこよなく愛するライター。インターネット上の愛称(?)は「むむ先生」。料理漫画や醤油、お酒の本を書いています。テレビやラジオにもときどき出演。

主な著書に『醬油手帖』(河出書房新社)、『グルメ漫画50年史』(星海社新書)、『白熱日本酒教室』(星海社新書、漫画版あり)、『白熱洋酒教室』『白熱ビール教室』などなど。グルメ漫画では『琥珀の夢で酔いましょう』(マッグガーデン/監修・コラム)、『新米姉妹のふたりごはん』(KADOKAWA/コラム)などお手伝いしています。

ブログ「醤油手帖」:https://shouyutechou.hatenablog.com/

漫画「白熱日本酒教室」:https://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/nihonshu/

編集部の画像

編集部

醤油研究家としてご活躍されている杉村さんに、刺身醤油の種類や地域性、選び方、おすすめの商品についてお聞きしたいと思います!

本日はよろしくお願いします!

杉村さんの画像

杉村さん

よろしくお願いします!

実は刺身醤油と一口に言っても、地域によって味は全く異なります。人は自分が生まれ育った地域の味に最も慣れ親しんでいるので、その地域の刺身醤油を食べて頂くのが最も美味しいと感じやすいと思います。

とは言え他の地域の刺身醤油に挑戦してみるとまた新たな発見があるかと思います。今回おすすめする商品はそんな人に是非参考にしてほしいと思っています!

編集部の画像

編集部

分かりました!そもそも刺身醤油と普通の醤油はどのような点が異なるのでしょうか?

杉村さんの画像

杉村さん

刺身醤油は名前の通り、刺身を美味しく食べるための醤油です。一般的には、普通の醤油に比べて風味や味が濃厚だと言われています。


しかし、各地域で取れる魚の種類や味、その食べ方は異なり、それに応じて刺身醤油の味も異なってきます。ですので、刺身醤油がどのようなものか、一概に定義することはできないのです。

編集部の画像

編集部

では具体的に地域ごとにどのような点が異なるのでしょうか?

杉村さんの画像

杉村さん

まず地域について、ここでは関東地方東海地方関西地方中国地方九州地方に分けて説明したいと思います。

まず、関東地方やそれより東側の地域では濃口醤油と言われる、味が濃く、香りの強い醤油が主流です。物流が発展していなかった江戸時代、江戸で食べる魚の多くは獲れたてではなかったため、少し生臭みが出てしまうものもありました。その生臭さを消すために香りの強い濃口醤油が生まれたのです。

ちなみに、現在の日本で流通している8割の醤油はこの濃口醤油にあたります。

編集部の画像

編集部

なるほど!では他の地域のものはどうでしょうか?

杉村さんの画像

杉村さん

次は九州地方の醤油についてお話ししたいと思います。九州は内陸に山が多いということもあり、江戸時代、比較的海の近くが発展していました。

そこで、先ほど関東では新鮮ではない魚が流通していたという話をしましたが、逆に九州では魚を運ぶ必要が無いため、食感がコリコリとしていて生臭みの無い新鮮な魚が流通していました。

こうした魚は熟成されていないため、旨味や甘みが関東の魚に比べると少ないのが特徴です。そこで、醤油を使うことで旨味や甘みを補ってあげようということで、甘い醤油が普及しました。ですので、基本的に九州の刺身醤油は甘いのが特徴になります。

編集部の画像

編集部

醤油の味の違いには各地域で流通している魚の鮮度も関係してくるんですね!

では次に東海地方で使われている醤油の特徴について教えてください!

杉村さんの画像

杉村さん

東海地方では、醤油の原型と言われるたまり醤油が主流になっています。前提として、大豆は発酵すると旨味に、小麦は発酵すると甘みになりますが、これらを半分ずつ使い、旨味と甘みのバランスを取っているのが、濃口醤油です。

一方、東海地方で主流のたまり醤油には小麦が使われておらず、ほとんど大豆しか使われていないため、旨味が強いという特徴があります。東海地方には、新鮮でコリコリとした魚にたまり醤油を付けて食べるという文化があります。「さしみたまり」とも呼ばれますね。

編集部の画像

編集部

なるほど!旨味に特化した刺身醤油ってとても美味しそうですね!

では中国地方の刺身醤油にはどのような特徴がありますか?

杉村さんの画像

杉村さん

中国地方では濃口醤油をベースに、醤油で醤油を仕込むという再仕込醤油が発明されました。醤油は大豆と小麦に塩水を加えて発酵させて作るのですが、その塩水の代わりに前年の醤油を使用することで、前年の醤油の旨味や甘みが加わり、とても濃厚なものになります。

目安としては、濃口醤油よりは旨味があるが、たまり醤油よりは旨味が少ないという、ちょうど中間に位置するのが再仕込醤油です。最近では二段熟成醤油と表記してあるものも増えていますね。

編集部の画像

編集部

すごく手間がかかっているのですね!

では最後に関西地方の刺身醤油にはどのような特徴がありますか?

杉村さんの画像

杉村さん

関西地方は色々な刺身醤油が混在しているということが特徴です。山口の再仕込醤油や愛知のたまり醤油も入ってきていますし、さらに醤油の発祥の地と言われる和歌山県の濃口系の醤油も入ってきています。

さらに、刺身醤油には使われないのですが、関西で発明された醤油である淡口醤油も多く使われています。このように様々な醤油が集まっているということが関西地方の特徴です。

編集部の画像

編集部

地域ごとに異なる特徴を持つ醤油が独自に発展していったというのはとても面白いですね!こうした違いを意識しながら醤油を購入してみようと思います!

POINT①

それぞれの地域で独自に進化した刺身醤油の特徴

関東地方→味の濃さや香りの濃さが特徴の濃口醤油。

九州地方→甘い醤油が多い。

東海地方→旨味に特化したたまり醤油。

中国地方→濃厚な味が特徴の再仕込醤油(旨味は濃口醤油とたまり醤油の中間)

関西地方→様々な地域の醤油が混在している。

編集部の画像

編集部

では次に、実際に刺身醤油を選ぶ際のポイントについて教えてください!

杉村さんの画像

杉村さん

先ほど地域性のところでも少し説明しましたが、やはりそれぞれの醤油の特徴を意識して、自分が食べる魚に合わせて使い分けるということが醤油を選ぶ際のポイントだと思います。

編集部の画像

編集部

なるほど!使い分ける際のコツはありますか?

杉村さんの画像

杉村さん

その魚が新鮮かどうかということに基準を置くことが大事だと思います。例えば、関東の柔らかいお刺身に、無理して九州の甘い醤油を使用しないということです。

ポイントとしては新鮮なものには甘い刺身醤油を、熟成されたものには香りの強い濃口系の刺身醤油を使うといいと思います。特に、濃口醤油しか使ったことがないという人も、一度旨味がつよい再仕込醤油を使ってみて欲しいと思います。

編集部の画像

編集部

分かりました!その他に何か選ぶ際に注意されていることはありますか?

杉村さんの画像

杉村さん

やはり、美味しい刺身醤油とは何かということを考えた時、最終的には好みの話になってきますので、最初にも言ったように、自分が生まれ育った地域の一番慣れ親しんだ刺身醤油を選ぶのが一番無難だと思います。

編集部の画像

編集部

最後に、刺身醤油を使ってお刺身を美味しく食べるうえで、何か工夫できることはありますか?

杉村さんの画像

杉村さん

魚醤のような旨味の強い調味料を濃口醤油に少しだけ加えると、生臭さを消してくれて、尚且つ旨味が足されるので、とても美味しくお刺身を召し上がれると思います。

魚醤自体は塩辛いので、甘口醤油よりは塩辛くスッキリとした味わいの濃口醤油によく合います。ですので、関東に住んでいる濃口醤油派の人に是非試して頂きたいと思います!

編集部の画像

編集部

今度やってみたいと思います!では次に、刺身醤油のおすすめ商品をご紹介して頂きたいと思います!

杉村さんの画像

杉村さん

分かりました!ただ、こちらランキング形式にしていますが、最初にも申し上げた通り、地方によって味の好みも異なりますし、食べる魚の状態や種類、味の特徴によっても、おすすめの刺身醤油は異なってきますので、それを承知の上で、ご覧いただけたらと思います!

杉村さんおすすめの刺身醤油ランキング

1位

京都まるさわ

京都まるさわ おしたじさしみ

価格: 598円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【近畿地方】 旨味が詰まった濃厚な再仕込醤油

再仕込醤油という元々旨味が詰まった醤油に、ほんのり甘さを加えた味が特徴の、どろっとした濃厚な醤油です。

こちらの再仕込醤油は、一旦出来上がった醤油の生の状態である生揚を、もう一度大豆と小麦を二度仕込みしたもので、熟成には二年間かかっています。一般的な醤油の数倍もの時間をかけて熟成させており、手間がかかっている分、すごく美味しく、お刺身とも相性抜群の醤油になっています。

産地 京都府 原材料 大豆、小麦、食塩、糖類(水飴、砂糖)、カラメル色素、アルコール
2位

フンドーキン

あまくておいしいさしみ醤油

価格: 1,080円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【九州地方】九州の甘い醤油ならコレ!

九州の醤油は、甘味の強さが地方によって異なる(基本的には南の方ほど甘いです)のですが、こちらの醤油はバランスがとれていて非常に味わいやすくなっています。お刺身に九州の醤油を使ってみたいという方には、自身を持っておすすめできます!


また、ボトルが空気に触れないように工夫されており、一度に使いきれなくても鮮度が落ちないというところも魅力的です。 

産地 大分県 原材料 大豆、小麦、食塩など
3位

弓削多醤油

さしみ用 高麗王むらさき

価格: 1,555円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【関東地方】濃厚な旨味が特徴の関東圏の醤油

こちらの商品は濃厚な旨味が特徴のさいしこみ醤油です。一度絞った丸大豆醤油にもう一度麹を加え、二度発酵・熟成させるという手間のかかった醤油になっています。いわゆる普通の濃口醤油の旨味をさらに強くしたような味わいが特徴です。

産地 埼玉県 原材料 大豆、小麦
4位

佐川醤油店

おさしみ用 霧醤

価格: 918円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【中国地方】旨味と甘みが特徴の醤油

 こちらの商品は、再仕込醤油に少し甘みを加えたような味わいが特徴的な醤油になっています。 こちらは中国地方で作られた再仕込醤油であり、醤油を醤油で仕込むという中国地方で生まれた伝統的な醤油の製造方法で作られています。

また、スプレーで吹きかけられるようになっているため、つけて食べるよりもまんべんなく、そして効率よく醤油を刺身につけることができ、結果として減塩につながります。

産地 山口県 原材料 脱脂加工大豆(インド製造、国内製造)、小麦、食塩など
5位

山川醸造

昔ながらのとろとろさしみたまり

価格: 440円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【東海圏】濃厚な旨味が特徴のたまり醤油

甘めでとろとろとしたさしみたまりです。 岐阜の山川醸造という、たまり醤油にこだわったメーカーが作っている醤油です。

一般的なたまり醤油には小麦が使われていないため、甘みが少なく、旨味に特化しています。しかし、こちらの商品は濃い旨味だけでなく甘みも加えているので、非常に濃厚な味わいを楽しめます醤油が甘いということに抵抗がなければ、ぜひ一度試してみてください。

産地 岐阜県 原材料 脱脂加工大豆、食塩、小麦など

杉村さんおすすめの刺身醤油比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6892180の画像

    京都まるさわ

  • 2
    アイテムID:6892181の画像

    フンドーキン

  • 3
    アイテムID:6892182の画像

    弓削多醤油

  • 4
    アイテムID:6892183の画像

    佐川醤油店

  • 5
    アイテムID:6892184の画像

    山川醸造

  • 商品名
  • 京都まるさわ おしたじさしみ
  • あまくておいしいさしみ醤油
  • さしみ用 高麗王むらさき
  • おさしみ用 霧醤
  • 昔ながらのとろとろさしみたまり
  • 特徴
  • 【近畿地方】 旨味が詰まった濃厚な再仕込醤油
  • 【九州地方】九州の甘い醤油ならコレ!
  • 【関東地方】濃厚な旨味が特徴の関東圏の醤油
  • 【中国地方】旨味と甘みが特徴の醤油
  • 【東海圏】濃厚な旨味が特徴のたまり醤油
  • 価格
  • 598円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1555円(税込)
  • 918円(税込)
  • 440円(税込)
  • 産地
  • 京都府
  • 大分県
  • 埼玉県
  • 山口県
  • 岐阜県
  • 原材料
  • 大豆、小麦、食塩、糖類(水飴、砂糖)、カラメル色素、アルコール
  • 大豆、小麦、食塩など
  • 大豆、小麦
  • 脱脂加工大豆(インド製造、国内製造)、小麦、食塩など
  • 脱脂加工大豆、食塩、小麦など

刺身醤油のおすすめ商品ランキング9選

旬の刺身・寿司に良く合う

合成保存料不使用の大豆を多く使用し、塩水を少なく仕込んだ、濃厚なコクと旨みが味わえるたまり醤油です。砂糖や甘味料が入っていますが、九州の刺身醤油に比べると甘さは控えめです。 とろみがあり、しっかり絡まります。

 

香りが良く丸みのある旨味が人気の理由です。仕込み水が通常の濃口しょうゆより少ない為、より濃厚な風味が味わえます。 お刺身だけでなく、煮物・焼き魚・中華・洋風料理のコク付けなど幅広く使えます。※「盛田」は、盛田株式会社の登録商標です。

産地 愛知県 原材料 脱脂加工大豆、食塩、小麦、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、大豆、カラメル色素、アルコール、甘味料

口コミを紹介

「さしみたまり」となってますが、刺身以外にも用途は多く、食卓用の差し醤油(要冷蔵です)としては殆どの料理に使えます。冷奴や納豆、漬物などは当然ながら、揚げ物や肉料理などにも使えます。濃厚で若干トロっとしているので具材にもからみやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

旨味は濃いが後味のあっさりした味わい

原材料の栽培・収穫・運搬にかけて、非有機原料が混入しないように厳格に管理されています。日本農林規格の基準に基づいて作られた、天然醸造の刺身醤油です。

 

旨味が強く、色も濃く、風味の強い再仕込み醤油ですが、あっさりとした味わいで刺身の味の邪魔をしません。自然な感じで刺身を味わえると人気の刺身醤油です。 厳しい条件の元に作られているので、健康志向で原材料にこだわっているという方におすすめです。

産地 広島県 原材料 有機大豆、有機小麦、食塩

口コミを紹介

育った地域や料理によって好みは違うかもしれませんが、有機の材料で作った本醸造の再仕込み醤油なので安心して美味しくお刺身が食べられるのが嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

豊かなうまみとやわらかな塩味が特徴

二段熟成醤油を火入れ(加熱処理)せずに仕上げた、刺身用の生醤油です。素材を活かす鮮やかな色、刺身の味を引き立てる豊かなうまみとやわらかな塩味が持ち味です。

 

容器に密封ボトルが使用されているので、使い切る最後まで新鮮な味わいを保つことができます。一滴単位から醤油を垂らすことができ、調整しやすいことも嬉しいポイントです。※「キッコーマン」「いつでも新鮮」は、キッコーマン株式会社の登録商標です。

産地 日本 原材料 大豆、小麦、食塩、アルコール

口コミを紹介

あまり使う事か無いですが、そういう時に新鮮パックが役に立つのでしょう。お刺身たべたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

希少な溜まりを素材にした減塩醤油

金山寺味噌からわずか3%しか採れない、希少な「溜まり」を素材にした減塩醤油です。生一本黒豆をはじめ、製法・原料・味にこだわって製造されており、原材料は全て国産を使用。金山寺味噌の中に入っている野菜などのエキスと旨みが風味を豊かにしています。

 

刺身にもよく合うと人気があります。合成保存料・香料等は使用しておらず塩分も控えめなので、添加物を極力含まずシンプルな素材で造られた刺身醤油をお探しの方におすすめです。※「湯浅醤油」は、湯浅醤油有限会社の登録商標です。

産地 和歌山県 原材料 金山寺味噌:湯浅なす、白瓜、生姜、しそ等を使用し製造

口コミを紹介

ほんのり甘く、かと言って甘過ぎず、何にでも合う味だと思いました。金山寺味噌特有の麹臭さはありません。少量で満足感が出るので減塩効果もありそう!

出典:https://www.amazon.co.jp

国産原料と木桶仕込みが魅力

国産原料にこだわり、木桶仕込みで作られた無添加の醤油です。醤油の郷としても知られる小豆島で作られ、約2年熟成の醤油を再び仕込み、以降の工程にあと2年かけて造られています。手間と時間をかけて造られた深いコクとまろやかさに感動する人もいるほどです。

 

そのおかげで味には深みがあり、まろやかな口当たりなので刺身に良く合います。※「鶴醤」は、ヤマロク醤油株式会社の登録商標です。

産地 兵庫県 原材料 大豆、小麦、食塩

口コミを紹介

刺し身に、抜群に合います。醤油:みりん:酒=3:2:1で、みりんと酒は煮切り、醤油1を小さじ1くらいにして刺し身で漬け丼作れば、炊飯器で急速モードで炊いてる間に出来るので最近はこの使い方にハマってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

天然醸造で作られた醤油

加熱処理、酵母添加による醸造促進を施さず、人の介入を最小限に留めて造られた天然醸造の刺身醤油です。一般的な濃口醤油は、大豆・小麦を約50%に混ぜますが、本品に使われている大豆の量は二割ほど多く、まろやかでさっぱりとした旨味が特徴です。

 

素材のシンプルな旨味が、お刺身の旨味を引き立てます。筑前煮などの煮物に使うと、豊かな香りと風味を感じることができます。国産の原材料を使用しており、身体にやさしい素材にこだわる方にもおすすめです。

産地 島根県 原材料 国産丸大豆、国産小麦、食塩

口コミを紹介

とてもコクがあり、後味も化学調味料にはない旨味が広がります。とても丁寧に時間をかけて造られたものなのだと感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

まろやかな旨味と甘みが特徴

築200年の蔵で3年かけてじっくりと熟成させて作られています。芳醇な香りと強いコクが特徴の醤油です。 醤油を口に含んでみると、まろやかな旨味と柔らかな甘みがあります。

 

塩辛さが舌にこず、身体が喜ぶおいしさと表現したくなる味です。国内産特別栽培大豆・小麦を使用しており、醤油が本来もつ味を感じられると人気があります。 お刺身にはもちろん、料理に使ってもしっかりとコクがでます。

産地 滋賀県 原材料 特別栽培大豆・小麦、食塩

口コミを紹介

3本目の購入です。主張しすぎず、まろやかな風味で、かつ醤油の味はしっかりつけてくれる!料理下手な私でも美味しく料理が作れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

塩分控えめで旨味の詰まった山口県の刺身醤油

山口県萩市で明治20年に創業した「松美屋」の刺身醤油です。コクとオリジナルの甘みが魚料理に合うと、地元で人気です。もちろん、お刺身やお寿司に最適であるとともに、ブリの照り焼きや煮物料理においても、食材の旨味を引き出します

 

※「殿さましょうゆ」は、松美屋醤油有限会社の登録商標です。

産地 山口県 原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、砂糖 、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア、サッカリンNa)、 着色料(カラメル)、増粘剤(キサンタンガム)、保存料、(パラオキシ安息香酸)

口コミを紹介

山口県旅行で、お土産に買ってきた醤油がとても美味しく、Amazonで同じもを探しました。残念ながら同じものはありませんでした。でも、その時に見つけたこの醤油もとても美味しく、リピートしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

大豆の風味が豊かな再仕込み醤油

丸大豆と小麦で丁寧に麹をつくり、塩水の代わりに生醤油で仕込んでいます。醤油の芳醇な香りと味を楽しめる、風味豊かな本品は、じっくりと時間をかけて発酵熟成させることにより生み出されました。刺身にははもちろん、料理のかくし味にも活躍します。

 

※「金笛」は、笛木醤油株式会社の登録商標です。

産地 埼玉県 原材料 大豆、小麦、食塩

口コミを紹介

刺身専用に探していましたが、これは旨い。安いびんちょうマグロがこんなにうまかったとは!!また購入します。

出典:https://www.amazon.co.jp

刺身醤油のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6898536の画像

    笛木醤油株式会社

  • 2
    アイテムID:6920803の画像

    松美屋醤油有限会社

  • 3
    アイテムID:6920987の画像

    オーサワジャパン株式会社

  • 4
    アイテムID:6898934の画像

    井上醤油株式会社

  • 5
    アイテムID:6896238の画像

    ヤマロク醤油株式会社

  • 6
    アイテムID:6897158の画像

    湯浅醤油®有限会社

  • 7
    アイテムID:6897032の画像

    キッコーマン®株式会社

  • 8
    アイテムID:6896712の画像

    寺岡有機醸造

  • 9
    アイテムID:6895236の画像

    盛田®株式会社

  • 商品名
  • 金笛® 再仕込生醤油
  • 殿さましょうゆ®
  • オーサワの二百年蔵醤油
  • 井上古式じょうゆ
  • 再仕込み醤油 鶴醤®(つるびしお)
  • 金山寺たまり 九曜むらさき
  • いつでも新鮮® おさしみ生しょうゆ
  • 寺岡家の有機さしみ醤油
  • 超特選さしみたまり
  • 特徴
  • 大豆の風味が豊かな再仕込み醤油
  • 塩分控えめで旨味の詰まった山口県の刺身醤油
  • まろやかな旨味と甘みが特徴
  • 天然醸造で作られた醤油
  • 国産原料と木桶仕込みが魅力
  • 希少な溜まりを素材にした減塩醤油
  • 豊かなうまみとやわらかな塩味が特徴
  • 旨味は濃いが後味のあっさりした味わい
  • 旬の刺身・寿司に良く合う
  • 価格
  • 463円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 1691円(税込)
  • 1037円(税込)
  • 998円(税込)
  • 940円(税込)
  • 305円(税込)
  • 373円(税込)
  • 815円(税込)
  • 産地
  • 埼玉県
  • 山口県
  • 滋賀県
  • 島根県
  • 兵庫県
  • 和歌山県
  • 日本
  • 広島県
  • 愛知県
  • 原材料
  • 大豆、小麦、食塩
  • アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、砂糖 、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア、サッカリンNa)、 着色料(カラメル)、増粘剤(キサンタンガム)、保存料、(パラオキシ安息香酸)
  • 特別栽培大豆・小麦、食塩
  • 国産丸大豆、国産小麦、食塩
  • 大豆、小麦、食塩
  • 金山寺味噌:湯浅なす、白瓜、生姜、しそ等を使用し製造
  • 大豆、小麦、食塩、アルコール
  • 有機大豆、有機小麦、食塩
  • 脱脂加工大豆、食塩、小麦、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、大豆、カラメル色素、アルコール、甘味料

九州刺身醤油のおすすめ商品ランキング5選

脂ののった魚にぴったりで甘みと旨味が凝縮

農林水産大臣が決めた品質基準(日本農林規格)に合格した、JAS特級の刺身醤油です。本醸造醤油をベースに造られており、素材の美味しさをより一層引き立てます。口に含んだときに味わう豊かな旨味と甘味があり、口当たりがまろやかであることが特徴です。

 

甘みのある味は、お寿司や照り焼き等にもよく合います。特におすすめなのは脂がのった魚です。魚の脂と醤油の甘みが合わさって、濃厚な旨さを味わうことができると人気があります。※「ニビシ」は、ニビシ醤油株式会社の登録商標です。

産地 福岡県 原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類、アルコール、カラメル色素、調味料、増粘剤、甘味料

口コミを紹介

さしみ醤油なので当然お刺身(特に白身やイカ)に合いますが、煮物や和え物などお料理に使うと味に深みが出ます。甘みが強いので最初は戸惑いましたが、角が取れたまろやかな風味があり、使い出したら手放せなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

九州特有の甘さと旨味のある醤油

九州醤油特有の甘さと旨みのある刺身醤油です。しっかりとした甘口で、刺身醤油として使用するなら好みを二分します。甘口がお好きな方にとっては、馬刺しやカツオのたたきを戴くときにも相性が良いです。

 

刺身醤油のほかに使用するなら、照り焼きに使うのをおすすめします。照りがでて見た目が美しく、脂ののった魚の煮物に最適です。

産地 福岡県 原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、アルコール、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、甘味料(ステビア、甘草)、ビタミンB1

口コミを紹介

探してたんですよね甘口たまり醤油 値段が高いのが気にはなりますが美味しいです 刺身に握り寿司に合うし卵かけご飯にも良いですね 1本420mlで500円ちょい…普通の醤油に比べたらかなり高価な物だけど無くなったらリピするだろうなぁ近所のスーパーでは手に入らないので

出典:https://www.amazon.co.jp

黒糖を使った甘口醤油

黒糖を使ったコクのある甘さが特徴的な刺身醤油です。甘口醤油の中でも、黒糖独特のコクがあり、またトロミもありますので肉や魚などの焼き料理や煮物に使うこともできます。

 

お刺し身なら、ブリやカンパチなど脂がのった魚に一滴垂らせば深みのある味わいに。また九州でメジャーな鶏刺しなど、淡白な食材にも相性抜群です。1本あると調理にも使える、ありがたい存在です。※「かねよ」は、合資会社横山味噌醤油醸造店の登録商標です。

産地 鹿児島県 原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類、米発酵調味料、カラメル色素、調味料、甘味料、増粘剤、ビタミンB1、乳糖

口コミを紹介

居酒屋で刺身を食べたとき、甘口の刺身溜まりに感動しました。九州の醤油は甘口と聞いていましたので色々購入しましたが甘さが違うんです。最近はこればかり使っています。黒糖は他の醤油とは甘さが全然違います。

出典:https://www.amazon.co.jp

甘みの深い甘口醤油

本品には天然甘味料のステビア・カンゾウなどを使って甘さを出しており、自然な甘さを感じることができます。九州ではメジャーな甘口醤油に対して抵抗がある方にもおすすめできます。お刺し身やお寿司のほかに、煮物にもよく合います。

 

※「キンコー」は、キンコー醤油株式会社の登録商標です。

産地 鹿児島県 原材料 糖類、脱脂加工大豆、小麦、食塩、アルコール、調味料、甘味料、カラメル色素、ビタミンB1

口コミを紹介

甘口で少しとろみがあります。お寿司に使われる「たまり醤油のような」感じです。
刺身の味が大変生きてきます。家族全員が一致した見解です。

出典:https://www.amazon.co.jp

刺身によく絡み、味わいのある甘さ

甘さが味わいの深さをコクのある美味しい刺身醤油です。刺身にはもちろん、馬刺し・豆腐・卵かけご飯などにも相性抜群肉じゃが・魚のあら炊き・チャーハンの隠し味等、様々な料理に使うことができます。

 

また本品は360mlボトルですので、使いきるまでに風味が落ちにくいです。冷蔵庫にも立てて保管することができ、利便性に優れています。お寿司やお刺身を美味しく味わいたいという方にぴったりです。※「老松」は、岩永醤油合名会社の登録商標です。

産地 熊本県 原材料 アミノ酸液、糖類、脱脂加工大豆、食塩、小麦/カラメル色素、調味料、酸味料、増粘剤、甘味料、保存料、ビタミンB2

口コミを紹介

刺身用にもってこい!極上刺身じょうゆです。何に使っても美味しいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

九州刺身醤油のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6897710の画像

    岩永醤油合名会社

  • 2
    アイテムID:6898840の画像

    キンコー®醤油株式会社

  • 3
    アイテムID:6897834の画像

    横山味噌醤油醸造店

  • 4
    アイテムID:6897329の画像

    マルエ醤油

  • 5
    アイテムID:6896392の画像

    二ビシ®醤油株式会社

  • 商品名
  • さしみ醤油 老松®
  • かんろ 本醸造 甘口しょうゆ
  • かねよ® あまくち伝承さしみ醤油
  • 九州甘口さしみ醤油
  • 特級うまくちさしみしょうゆ
  • 特徴
  • 刺身によく絡み、味わいのある甘さ
  • 甘みの深い甘口醤油
  • 黒糖を使った甘口醤油
  • 九州特有の甘さと旨味のある醤油
  • 脂ののった魚にぴったりで甘みと旨味が凝縮
  • 価格
  • 2320円(税込)
  • 1202円(税込)
  • 930円(税込)
  • 1060円(税込)
  • 983円(税込)
  • 産地
  • 熊本県
  • 鹿児島県
  • 鹿児島県
  • 福岡県
  • 福岡県
  • 原材料
  • アミノ酸液、糖類、脱脂加工大豆、食塩、小麦/カラメル色素、調味料、酸味料、増粘剤、甘味料、保存料、ビタミンB2
  • 糖類、脱脂加工大豆、小麦、食塩、アルコール、調味料、甘味料、カラメル色素、ビタミンB1
  • アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類、米発酵調味料、カラメル色素、調味料、甘味料、増粘剤、ビタミンB1、乳糖
  • 脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、アルコール、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、甘味料(ステビア、甘草)、ビタミンB1
  • 脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類、アルコール、カラメル色素、調味料、増粘剤、甘味料

刺身醤油の選び方

市販の人気メーカー・地域による味わいの違い・魚の種類に合った醸造方法・健康面に配慮した素材や添加物・大豆の種類・容量や容器のタイプに注目し、刺身醤油の選び方をご紹介します。

市販の人気メーカーで選ぶ

ここでは、刺身醤油として人気のメーカーをご紹介します。全国的に有名なメーカーや、特定の地域で昔から親しまれてきた中で知名度が全国へと拡がったメーカーを取り上げています。

丸大豆の旨さを実感したいなら「キッコーマン®のおさしみ生しょうゆ」がおすすめ

キッコーマン®の刺身醤油は2タイプあります。再仕込み醤油の「いつでも新鮮® おさしみ生しょうゆ」には丸大豆だけが使用されており、2段階熟成を行なった生醤油を使っています。そのため色は黒々としてはおらず鮮やかで、お刺身やお寿司の味を引き立たせます。

 

さらに「超特選 九州あまくちさしみしょうゆ」も同様に生醤油を使用し、九州で親しまれる甘口醤油として仕上げられています。ただしこちらは九州限定の刺身醤油ですので、ほかの地域では購入できません。

九州の甘口醤油を東京でも味わいたいなら「フンドーキンのさしみ醤油」がおすすめ

大分県に本社を構え、主に西日本で販売されているフンドーキン®の刺身醤油。最近は東京のスーパーでも購入することができ、九州から関東へ引っ越してきた方も地元独特の甘口刺身醤油を堪能できるようになりました。

 

フンドーキン®の刺身醤油は「さしみ醤油甘口仕立て」「さしみしょうゆ」「あまくちさしみ」「さしみしょうゆ」「さしみ甘口」「あまくておいしいさしみ醤油」と、レパートリーが豊富です。※「フンドーキン」は、フンドーキン醤油株式会社の登録商標です。

鹿児島県の刺身醤油なら「藤安醸造のむらさき・吉村醸造のサクラカネヨ®」がおすすめ

藤安醸造の「むらさき」と吉村醸造の「サクラカネヨ®」は、鹿児島県の方々に昔から親しまれている刺身醤油です。南九州で作られる刺身醤油は特に甘口で、この地域で育った方が他県へ移住すると、ほかの醤油では物足りなくなってしまい寂しさを覚えるほどです。

 

※「サクラカネヨ」は、吉村醸造株式会社の登録商標です。

地域による味わいの違いで選ぶ

刺身醤油は作られている地域によって味わいが違います。その違いを理解し、あなた好みの刺身醤油を見つけましょう。

刺身に絡む濃厚な味わいなら「東海地方のたまり醤油」がおすすめ

醤油の起源とも言われる「たまり醤油」は、東海3県を中心とした地域において多くの種類が醸造されています。香り・旨みが強く、粘度の高さが特徴です。

 

刺身の表面を流れ落ちずしっかり絡むので、生魚の臭いが気になりません。このため、東海地域のたまり醤油には刺身醤油として販売されているものも多いです。

素材の味を引き立たせたいなら「中国地方の再仕込み醤油」がおすすめ

一般的な醤油は、醤油麹に塩水を加えた諸味を熟成させて作りますが、中国地方で作られている再仕込み醤油は、塩水の代わりに醤油を使います。再仕込み醤油は材料も期間も一般的な醤油と比べて2倍必要になり、その分うま味と風味が凝縮されるのです。

 

再仕込み醤油はうま味が凝縮されているだけでなく、とろみがあるのが特徴的です。濃厚で刺身とよく合うので、刺身用の醤油として広く販売されています。

魚の臭味消しや漬けにするなら「九州地方の甘口醤油」がおすすめ

九州の醤油は日本国内において比較的甘口です。とろみがあり、甘くて濃厚なのです。そのため九州の甘口醤油で刺身を味わうと、まったりと刺身に絡みつきます。魚の臭味が気になるときに、漬けに使う醤油としても重宝されます。

健康面に配慮した素材や添加物で選ぶ

ここでは、健康面に配慮した素材や添加物の選び方に注目しています。食卓でずっと遣うものだからこそ、健康に配慮した調味料の選び方が大切です。

ずっと使うなら「遺伝子組み換えでない大豆を使ったもの」がおすすめ

遺伝子組み換え技術によって、除草剤に強い遺伝子に組み替えられた大豆を使用して造られた刺身醤油があります。こうした「遺伝子組み換え大豆」を醸造すると、醸造の過程でアミノ酸をはじめとする成分に分解されるため、製品から検出されなくなります。

 

このことから、醤油においては遺伝子組み換え大豆を使用した際に成分表記の義務はないのです。ただし、遺伝子組み換え大豆を使用していない場合に限り、任意で「遺伝子組み換えでない」と表記することができます

 

遺伝子組み換え製品における安全性については、厚生労働省が安全性を確認しています。一方で、長期的な安全性において心配する方がいるのも事実です。もし心配であれば、遺伝子組み換え大豆を使用していない刺身醤油を選びましょう。

食生活を調味料から見直すなら「減塩タイプ」がおすすめ

日本の食卓に欠かせない醤油。刺身醤油においては大さじ1杯(15cc)あたりの塩分濃度は14%〜19%が一般的です。小皿に垂らす刺身醤油が小さじ1杯(5cc)程度だとすれば、お刺し身1食につき約5%〜約6.3%の塩分を摂っていることになります。

 

1日に摂取する塩分の目安量が男性7.5g・女性6.5gですので、これでは塩分が気になるという方も多いはずです。そんなときには、減塩タイプの刺身醤油を選びましょう。減塩タイプには、大さじ1杯あたり1.2%〜10%の塩分を含んだ刺身醤油があります。

 

日々の食事に欠かせないものだからこそ、減塩タイプの刺身醤油を選んで調味料から食生活を見直しましょう

添加物に頼ったとろみや甘みを必要としないなら「無添加タイプ」がおすすめ

醤油において醸造する過程や加工する段階で添加される添加物には、保存料・甘味料・着色料・香料があります。市販の刺身醤油に用いられることが多い再仕込み醤油・たまり醤油については、JAS制度において使用を認められた添加物が規定されているのです。

 

しかし、JAS制度に基づき安全性が認められたとはいえ、添加物に依存したとろみや甘みを必要としない方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、添加物が無添加の刺身醤油を選びましょう。

大豆の種類で選ぶ

ここでは、味わいを左右する大豆の種類に関して、選び方のポイントをご紹介します。

さっぱりした味わいがよいなら「脱脂加工大豆」がおすすめ

丸大豆を絞って油脂成分を取り除いたものが「脱脂加工大豆」です。この脱脂加工大豆で醸造した刺身醤油はさっぱりとしているとともに、アミノ酸の旨味が凝縮しています。お刺し身やお寿司のほかに、たまごかけご飯・納豆・冷奴など副菜に垂らす際にもおすすめです。

大豆そのものの甘みを楽しむなら「丸大豆」がおすすめ

丸大豆を使用した刺身醤油は、大豆の油脂成分までもを醸造しています。油脂成分は醸造の過程でグリセリンなどに分解され、まろやかな甘さが際立つのです。大豆そのものの甘みを楽しみつつも素材の旨さを引き立たせたい方は、丸大豆醤油を選びましょう。

化学合成農薬・合成肥料なしにこだわるなら「有機栽培で作られた丸大豆」がおすすめ

有機栽培で作られた丸大豆は、一般的な栽培方法とは隔離されて栽培されます。有機栽培原料で作られた調味料を使用したい方は、化学合成農薬や合成肥料を使用せず作った有機栽培で作られた丸大豆を選びましょう。

容量や容器のタイプで選ぶ

ここでは、いつまでも新鮮な美味しさを味わいたい方に向けたボトル容量・容器のタイプに関する選び方をご紹介します。

酸化を防ぐなら「キッコーマン®・ヤマサ®のような二重構造ボトル」がおすすめ

キッコーマン®やヤマサ®の醤油ボトルでおなじみの二重構造ボトル。このボトルに入った醤油は、開封後であったとしても酸化しにくく、同じ容量で二重構造ボトルでない醤油を使いよりも風味が損なわれにくいです。

 

いつまでも新鮮な状態を保つことができます。毎回おいしい刺身醤油を味わいたいというこだわりの方におすすめです。※「ヤマサ」は、ヤマサ醤油株式会社の登録商標です。

 

下記の記事「醤油さしの人気おすすめランキング22選【漏れない!液だれしない!】」では、醤油差しのおすすめ商品をランキングでご紹介しています。スプレータイプやおしゃれな醤油差しも紹介していますので、ぜひご覧ください。

酸化する前に使い切りたいなら「100ml〜300mlのボトル」がおすすめ

使用頻度を把握してから購入しましょう。刺身醤油は空気に触れると酸化し、風味が少しずつ損なわれてしまいます。なるべく早く使いきりましょう料理全般に使用する方には1Lボトルや1.8Lボトルを、100ml〜300ml以上のボトルであれば無理なく使いきれます。

余った刺身醤油の使い道

ここでは、お刺身以外の料理に役立つ刺身醤油の使い道をご紹介します。ボトルの刺身醤油が余ったときにお役立て下さい。

みりんと混ぜて漬け丼の漬けダレに

刺身用の新鮮な魚200gに対し、刺身醤油大さじ2杯・みりん大さじ1杯を混ぜたものを漬けダレとして用意します。お好みでゴマやワサビなどの薬味を加えてもOK。

 

漬け丼に刺身醤油を使用すると、刺身に味がしっかり染み込み美味しいです。甘口がお好きなら砂糖を小さじ1杯加えて加熱し、漬けダレを冷ましてから使いましょう。

九州の甘い刺身醤油なら肉じゃが・煮魚に

お肉料理にも合うのが、九州地方で生まれた甘口の刺身醤油です。九州を南下するほど甘さがます傾向にある刺身醤油は、肉じゃがに最適。また、甘口の煮魚にも重宝します。刺身醤油としてだけではなく、このような調理にも積極的に使用するなら、1Lボトルで置いておくと良いです。

刺身醤油の作り方

刺身醤油は自宅でも簡単に作ることができます。酒大さじ1杯・みりん大さじ1杯を鍋で沸騰させた後、さらに水小さじ1杯〜2杯・醤油大さじ3杯を加え、ひと煮立ちさせます。冷ましたら刺身醤油の完成です。これだけで、日本食を提供するお店さながらの刺身醤油が味わえます。

まとめ

シンプルな素材で勝負するものや、素材の旨味を引き出すためにブレンドされたものなど、刺身醤油は千差万別です。味の違いに地域差がありますが、醸造蔵によって味が全く異なるのが魅力です。お好みの刺身醤油が見つかり、より美味しく召し上がって頂ければ幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

九州醤油の人気おすすめランキング15選【刺身や煮物がおいしくなる】

九州醤油の人気おすすめランキング15選【刺身や煮物がおいしくなる】

調味料
【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選

レトルト・惣菜
美味しい缶詰の人気おすすめランキング15選【料理や保存食にも】

美味しい缶詰の人気おすすめランキング15選【料理や保存食にも】

レトルト・惣菜
焼き鳥のタレ人気おすすめランキング15選【使い方いろいろ】

焼き鳥のタレ人気おすすめランキング15選【使い方いろいろ】

調味料
【2021年度最新版】ポン酢の人気おすすめランキング40選

【2021年度最新版】ポン酢の人気おすすめランキング40選

調味料
【2021年最新版】塩麹の人気おすすめランキング15選【マルコメ・ハナマルキ】

【2021年最新版】塩麹の人気おすすめランキング15選【マルコメ・ハナマルキ】

調味料