【2021年最新版】4Kモニターの人気おすすめランキング20選【仕事・ゲームに】

記事ID28451のサムネイル画像

鮮明な映像を映し出す4Kモニター。27インチや40インチなどさまざまなサイズやPS5などのゲーム機の接続に向いているものなど種類が豊富で選ぶのが難しいですよね。そこで今回は4Kモニターの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。是非参考にしてみてください。

4Kモニターに映る映像の美しさはフルHDの4倍

美しく鮮明な画像や映像を映すことが可能な4Kモニター、その画素数はこれまで美しいとされてきたフルHDの4倍にもなります。ゲームやパソコンと接続することで、作業効率がアップしたり臨場感のある映像を楽しむことができます。

 

しかし、4Kモニターにはサイズや搭載されているパネルの種類もさまざまなものがあり、どれを選べばいいのか迷いますよね。実は使用用途や使うスペースに合わせて最適な4Kモニターがあるんです。

 

そこで、今回は4Kモニターの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはサイズ・搭載パネル・応答速度を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

4Kモニターの選び方

4Kモニターを選ぶ際には、サイズ・搭載パネル・機能などさまざまなポイントに着目して選ぶことができます。自分の使用目的に合わせて、より使いやすいものを選ぶようにしましょう。

サイズで選ぶ

4Kモニターはさまざまなサイズのものが販売されています。用途や使用場所によって最適なサイズを選びましょう。

デスクでの使用には「24インチ」程度がおすすめ

スペースに限りのあるデスクでの作業には、24インチ程度の小型の4Kモニターがおすすめです。モニターサイズが小さいからこそ画素密度が高くなり、画像などがより鮮明に表示できます。高解像度の画像編集には特におすすめです。

 

画像表示はなめらかになりますが、文字の表示は小さくなってしまいます。文字の見やすさを重要視するならもう少し大きなサイズのものがいいでしょう。

仕事やゲームにも使いやすい「27インチ~32インチ」

27インチ~32インチの中型サイズは、仕事使いだけでなくゲームなどでの使用にもおすすめなサイズです。画面が大きい分、作業スペースが広くなるため、一度に複数のパネルを表示させても拡大縮小することなく作業ができます。

 

画素密度が高いため、画像やゲーム画面も細かな部分まで表示され美しい映像で楽しめます。27インチであれば奥行70㎝程のデスクでも使いやすいです。32インチは画面サイズが大きく、モニターとの距離が近いと画面が視野に収まりきらないので、注意が必要です。

リビングなど広いスペースでの使用には「40インチ~50インチ」

リビングなどの広いスペースなど4Kモニターとの距離がしっかりと取れる場合には、40インチ~50インチの大きめのものがおすすめです。テレビのように数人で囲んで高画質な映画や動画を楽しむことができます。

 

FPSなどのシューティングゲームをする方は、臨場感のある画面でゲームが楽しめます。

サイズに合わせて「設置場所のスペース」もチェック

4Kモニターは、サイズによって最適な視聴距離や適したスペースがあります。画面の高さ×1.5倍の距離がサイズ毎の適した視聴距離の目安となります。サイズが24~28インチのものでは視聴距離が50~60㎝程度あれば十分なので、デスクでの使用にも適しています。

 

一方、40~50インチのものでは約1mほど離れる必要があり、デスクでの使用は難しいでしょう。大型のモニターでゲームをすることがメインの場合は、視聴距離だけでなく設置場所の広さにも注意しましょう。

 

目安は、40インチでは4畳半~6畳程度、50インチでは8畳程度の部屋の広さが確保できるのが理想です。

パネルの種類で選ぶ

4Kモニターに使用されているパネルは3つの種類があります。見え方や画面の表示速度に違いがあるため、目的に合わせて最適なものを選びましょう。

どの角度から見ても美しく見える「IPSパネル」

IPSパネルは視野角が広いという特徴があり、真正面から見た美しさはもちろん斜めから画面を見ても色の変化がなく、どの角度でも美しい映像を見ることができます。大人数でも角度による見え方の違いがないため、大型モニターで多く採用されています。

 

実際の色に限りなく近い色が表現できるので、映画や動画の視聴や画像編集にもおすすめです。ただ、黒色の表現に関しては少しグレーがかった色で表現されてしまうというデメリットがあります。

はっきりとしたコントラストが特徴の「VAパネル」

VAパネルは、暗い部分と明るい部分のコントラストがはっきりと表現できるため、映画や動画を迫力のある映像で楽しむことができます。他のパネルと比較すると、特に黒色の美しさは抜群です。

 

視野角があまり広くはないため、モニターを真正面に設置できる環境かどうかをチェックしましょう。

安い価格が魅力の「TNパネル」はゲーム用に最適

他のパネルに比べて価格が安く、コスパを意識するならTNパネル採用の4Kモニターがおすすめです。応答速度が速さは他のパネルに勝る点です。そのため、多くのゲーミングモニターにも採用されています。

 

操作と表示のわずかなずれが勝敗結果に影響をもたらすアクションゲームやFPSゲームをする方や、スピード感が必要なゲームを楽しみたい方には最適です。しかし、視野角が狭いため、画面正面以外から見ると明るさや色が変わってしまうというデメリットがあります。

 

数人で画面を囲むのではなく、モニター正面の位置から動くことなく使用する場合に適しています

「入力端子」は種類やバージョンを確認

4Kモニターには、HDMIとDisplayPortの2つの入力端子が採用されているものが主流です。どちらの端子にもバージョンがあり、4Kの美しい映像を表示させるためには、HDMIは2.0以上・DisplayPortは1.3以上のバージョンのものを選びましょう。

 

これ以下の古いバージョンのものでは、4K本来の映像を表示することができないので注意が必要です。購入前には、接続する機器の出力端子が4Kモニター搭載の入力端子と一致していることも確認しておきましょう。

 

Macのパソコンを接続する場合には、USB type-cの有無のチェックが必要です。使用していくうちにパソコン、ゲーム機、ブルーレイレコーダーなど多くの機器を接続したくなることもあります。入力端子の数が複数あるものを購入しておけばそんな場合にも安心です。

「応答速度」が早いものはスポーツ観戦や対戦ゲームに最適

ドットが色を表示する際の切替速度は応答速度と呼ばれ、「ms」という単位で表されます。数値が低くなるほど速度は速くなります。動画鑑賞など通常の使用であれば5msを目安に選ぶといいでしょう。

 

スピード感が重要なスポーツ観戦や戦闘ものの対戦ゲームであれば5ms以下がおすすめです。これまでの白と黒の切替以外に、中間色同士の切替速度を表現する際にはGtoGまたはGTGと記載されていることもあります。

 

より速さを求めるなら、GtoGという表記に加えて「オーバードライブ」と表記されてものを選ぶのもいいでしょう。

PS4 Pro・PS5の接続には「リフレッシュレート」の数値もチェック

1秒間に行われる画面切替の回数を表した数値がリフレッシュレートです。「Hz」という単位で表され、数値が大きいほど画面に映された映像がスムーズに動きます。60Hz程度が標準的なリフレッシュレートの数値です。

 

4K対応のゲーム機PS4 Proは60Hzでも問題ありませんが、PS5を接続して使用するなら120Hzのものを選ぶといいでしょう。

機能で選ぶ

4Kモニターは搭載された機能によって選ぶこともできます。自分に必要な機能に合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

「HDR機能」搭載モデルならリアルな色彩を表現

実際に目で見た色彩に近い表現ができるHDR機能。これまでのモニターに搭載されていたのはSDR機能で、日差しの当たる部分が白飛びしたり、日陰部分が黒つぶれしたりと、不自然な映像となることが多くありました。

 

HDR機能搭載モデルでは色の明暗の幅が広がり、明るさも暗さもリアルな見え方で表現することができます。実際にその場にいるかのようなダイナミックな映像を求めるなら、HDR機能搭載モデルがおすすめです。

「内蔵スピーカー」の有無は必要に応じてチェック

4Kモニターには、内蔵スピーカーが搭載されたモデルと搭載されていないモデルがあります。ヘッドホンなどで音声を聞きながらゲームや映像を楽しみたい場合には内蔵スピーカーが搭載されたものを選びましょう。

 

しかし、内蔵スピーカーの音質はあまり良くないものが多いのが事実です。そのため、より質の良いサウンドを楽しみたい方は、外付けのオーディオ機器で臨場感あふれる音声を楽しみましょう。

 

最初からオーディオ機器接続をする予定であったり、音声出力使用しないという方は、内蔵スピーカーが搭載されていないものの方が価格も安くなるのでおすすめです。

「輝度調整」できるものは目に優しい

4Kモニターの画面の明るさは輝度と言われ、「cd/m²」という単位で表され数値が大きいものほど画面が明るくなります。輝度が高ければ、明るい場所でもモニターに映るものをしっかりと確認することが可能です。

 

しかし、輝度は高ければいいというものではありません。明るく強い光は目の負担になってしまいます。最近の4Kモニターには輝度調整機能が付いているものがあるため、状況に合わせて明るさを調整することで、目の負担を減らすことができます。

用途や使用時間に合わせて「光沢・非光沢」を検討

4Kモニターの液晶は、光沢あり(グレア)と光沢なし(ノングレア)の2種類のタイプがあります。光沢があるものは、きれいな発色で鮮明な映像を見ることができますが、室内の照明や日差しが写り込み、目に負担がかかることもあります。

 

また、自分の姿が反射して映ることもあり、画面が見づらくなることも。一方、光沢のないものは発色の鮮明さはあまりありませんが、反射や映り込みがないため目にかかる負担が少なくて済みます

 

短時間の動画を見る程度の使用を想定するなら光沢あり長時間の使用がメインになるなら光沢なしを検討しましょう。

ゲームをメインに使用するなら「ゲーミングモニター」が最適

ゲームでの使用がメインになるなら、ゲームに特化した4K対応のゲーミングモニターが最適です。ゲーミングモニターは、操作性や映像の滑らかさ、操作と表示のずれがほとんどなく、快適な遊び心地を感じられます。

 

特にリフレッシュレート144Hzのものは、一般的な4Kモニターとは映像の滑らかさの違いは明らかです。画質の良さも臨場感を高めてくれます。心地よくゲームを楽しみたいなら、4K対応ゲーミングモニターを選びましょう。

 

こちらの記事では、ゲーミングモニターの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

メーカーで選ぶ

4Kモニターはさまざまなメーカーが製造販売しています。その中から、実績のある3つのメーカーを紹介します。

コスパの良いモデルが揃う「LG(エルジー)エレクトロ二クス」

韓国の家電・情報通信の大手メーカ―の「LGエレクトロニクス」。大型有機ELテレビを世界で初めて製品化に成功しました。技術力の高さと生産力を兼ね備え、低価格で質の良いモニターが豊富です。コスパの良いモデルが多いため大変人気があります。

高品質なモニターを製造する日本のメーカー「EIZO(エイゾー)」

「EIZO(エイゾー)」は高品質な液晶モニターを専門とする日本のメーカーです。映像制作だけでなく、医療分野でもその質の高さが評価され幅広い分野で使用されています。

 

モニター使用で気になるブルーライトをカットできるモデルもあり、長時間使用する方にもおすすめです。

豊富な機種が魅力の台湾のメーカー「ASUS(エイスース)」

手頃な価格で多機能なモニターが販売されている台湾のメーカー「ASUS(エイスース)」。モニターだけでなくスマホやパソコンも人気があり、コスパが高いと高評価を得ています。多くの機種が販売されているため、用途に合わせて適したものを選べます。

32インチ以下4Kモニターの人気おすすめランキング13選

タッチパネルでの操作も可能な小型4Kモニター

15.6インチと小型ながら色合いの美しさを実感できる4Kモニターです。小さいので持ち運んで使用することもできます。USB Type-Cにパソコンを接続すれば、タッチパネルでの操作ができます

画面サイズ 15.6インチ パネル ADSパネル
応答速度 最速9ms 接続端子 HDMI×2・USB Type-C×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

解像度が高くて使いやすいです。サブモニターとして使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

より自然な色合いが表現できるDisplayHDR400を搭載

より肉眼で見た色合いに近い表現ができるHDR機能ですが、さらに明るさの表現幅が広いDisplayHDR400が搭載された4Kモニター。さらに自然に近い色合いが表現でき、美しい映像を楽しむことができます

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 5ms(GtoG) 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

このモニターはFreeSyncに対応しているのでGeForceでもVer.417.71以降のドライバーならG-Syncを有効にして60fpsには少し足りない程度の高画質設定でもテアリング無しで滑らかな動きを実現できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

目に優しいちらつき防止やブルーライト軽減機能

角度をつけての視聴でも色変化が少ないIPSパネル搭載で、鮮やかな色彩で映像を楽しめます。ちらつき防止機能やブルーライト軽減機能があり、目にかかる負担を減らせます。

 

また、画面の角度調整や回転させることができるため、作業環境に合わせてベストな位置で使用できます。

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 8ms 接続端子 HDMI×1・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

諸事情で完全な評価は出来ていませんが、文句なしの★5を付けたいレベル。
迷っている人には、ぜひ背中を押してあげたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4Kの美しさはもちろん4K以外の画像も鮮明に映す

IPSパネル搭載で、画像や動画を鮮やかに映し出してくれます。視野角の広さも嬉しいです。Super Resolution+機能があるため、4K以外の画像なども鮮明に映し出します。

画面サイズ 23.8インチ パネル IPSパネル
応答速度 5ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー -

口コミを紹介

主にオフィス用取り扱っているけれども非常に良い。画面が広くなった。画面下のジョイスティックの使い勝手も結構悪くない。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

コスパの高い4Kモニター

TNパネルを搭載し、応答速度の速さも申し分ない4Kモニター。鮮やかな色彩で画像や動画、さらにゲームまで楽しめます。充実の機能でありながら低価格なので、コスパは抜群です。ローブルライトモードがあるため、目への負担も減らせます。

画面サイズ 27.9インチ パネル TNパネル
応答速度 3.5ms 接続端子 HDMI×1・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

きれいな画面になりました。4Kで表示すると結構小さくなります(知っていて購入)。Windwsのデスクトップではなく、詳細な画面を4Kとしては小さめな画面で使用するならいいと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

モニターが映像を分析し画面を調整

画面に表示される映像に最適な色合いやコントラストをモニターが分析し調整してくれる「SmartContrast」機能を搭載。見やすさや美しさ、臨場感ある映像が楽しめます。他にも、ゲーム向けの機能が搭載されているのも特徴です。

 

それぞれのゲームに合わせてレーシングやFPSなどそれぞれのモードがあり、応答速度などが調整されます。

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 4ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

大変素晴らしいです。発色がよく、2枚とも色味が同じなので、デュアルディスプレイでも違和感なく使うことができます。なんと言ってもキレイ、この一言に尽きます。

出典:https://www.amazon.co.jp

視野角が広く斜めから見ても美しい映像が楽しめる

コントラストの美しさが特徴のVAパネルを搭載した4Kモニター。VAパネルは視野角の狭さがデメリットでしたが、こちらのモデルは上下左右178°の視野角で、斜めから見ても色の変化が少なく美しい映像を楽しむことができます。

 

ブルーライト低減機能が備わっているため、目にも優しい仕様です。

画面サイズ 31.5インチ パネル VAパネル
応答速度 3ms 接続端子 HDMI×3・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

静止画「縦」編集したく、軽量機なのでモニタアームで可能です。カメラを趣味に、というほどでもない私には十分な色表現性。視野角の狭いTNからの移行なのでVAパネルで問題を感じません。

出典:https://www.amazon.co.jp

USB Type-C搭載でデスク周りをすっきりと

出力端子が通常のHDMIやDisplayPortに加えてUSB Type-Cが搭載されています。パソコンやタブレットを接続すれば、モニターを使用しながら接続機器の充電がケーブル1本で可能です。ごちゃつきがちなデスク周りがスッキリと整えられます。

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 5ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1・USB Type-C
内蔵スピーカー

口コミを紹介

4K解像度で200%というほぼフルHDの環境となりましたが実に字も滑らかでとっても見やすいです。コンピューターも一体になって作業環境が大幅に改善されたので満足度は5です。

出典:https://www.amazon.co.jp

使いやすい角度合わせて画面の調整が可能

フレームはわずか2㎜以下にデザインされているため、より映像に没入しやすい設計となっています。デザインなどの作業でも、作業スペースが広いため作業効率が上がります。

 

スタンドの取り外しや画面の角度・高さの調整ができるため、自分の使いやすい状態で作業が可能です。

画面サイズ 31.5インチ パネル VAパネル
応答速度 4ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

4Kの32インチとなると、数万円以上はするものだが、こちらは4万円ちょいでかなり安い。
しかし、発色もよく、デザインもスタイリッシュでかなり満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハッキリとしたコントラストが美しい

VAパネルが搭載されているため、コントラストが美しい映像を楽しむことができます。画面は光沢のないタイプなので、光りの映り込みがなくギラつきもありません。ブルーライト軽減機能が備わっているため、目の負担も減らせます。

画面サイズ 31.5インチ パネル VAパネル
応答速度 5ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

お値段以上
最初は何か不満が出るかと思いましたが使用していて何の問題もありません
大満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

画面が90°回転して縦画面でも使える

IPSパネル搭載で色の変化が抑えられ、さらにコントラスト比が向上したモデル。デザイン作業をするクリエイターにもおすすめな4Kモニターです。画面が90°回転するため縦長にもなり、使い勝手も抜群です。

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 5ms(GtoG) 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1・USB Type-C
内蔵スピーカー

口コミを紹介

これまでNEC MultiSync LCD-PA301Wを使っておりましたが、年期も立っていたので32"の方と迷いながらもこちらを買い替えました。結果、大正解でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

デスクにも置きやすい薄型設計

薄型設計で狭いデスクに設置してもスペースを取りません。モニター画面は見やすい角度に自分で調整できるため、快適な角度で使用できます。IPSパネル搭載で角度をつけても見え方に変化がおきません。

 

十分な機能が備わっているにもかかわらず価格が安いのは嬉しい点です。

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 14ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

ネットでは27インチならFHDよりQHDの方が良いという記事もあり悩みましたが、個人的にはこの解像度でちょうど良かったと感じます。
文字がぼやけてるとかそういうのは無く、むしろとても見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

低価格ながら発色も美しい4Kモニター

どの角度から見ても色の変化が少ないIPSパネル搭載の4Kモニターながら、低価格に抑えられているためコスパは抜群です。目の負担となるブルーライトを抑える機能が搭載されています。映像視聴だけでなく、画像編集作業にもおすすめのモデルです。

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 5ms(GtoG) 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

上下動とチルト機能搭載のスタンドは工具不要で組み立てできるので5分もあれば組み立てできます。電源内蔵タイプなので、大きなACアダプターがなく、コンセント周りがすっきりします。

出典:https://www.amazon.co.jp

32インチ以下4Kモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7453081の画像

    Dell Computers

  • 2
    アイテムID:7453078の画像

    日本HP

  • 3
    アイテムID:7453067の画像

    Asus

  • 4
    アイテムID:7452795の画像

    JAPANNEXT

  • 5
    アイテムID:7452770の画像

    LG

  • 6
    アイテムID:7452767の画像

    EIZO

  • 7
    アイテムID:7452762の画像

    アイ・オー・データ

  • 8
    アイテムID:7452758の画像

    Philips(フィリップス)

  • 9
    アイテムID:7452753の画像

    HP Directplus

  • 10
    アイテムID:7452727の画像

    LG Electronics Japan

  • 11
    アイテムID:7452690の画像

    Dell Computers

  • 12
    アイテムID:7452650の画像

    LG

  • 13
    アイテムID:7452634の画像

    KEIAN

  • 商品名
  • フレームレスモニター S2721QS
  • IPSパネル 5ZP65AA#ABJ
  • ProArt PA27UCX
  • PCモニター JN-315V4KHDR-J
  • ディスプレイ 32UN550-W
  • 液晶ディスプレイ EV2785BK
  • 4K モニター EX-LD4K321VB
  • ディスプレイ 278E1A/11
  • 液晶モニター HP V28 4K
  • 液晶ディスプレイ24UD58-B
  • フレームレスモニター S2721QS
  • ディスプレイ 27UL650-W
  • モバイルモニター KIPD4K156
  • 特徴
  • 低価格ながら発色も美しい4Kモニター
  • デスクにも置きやすい薄型設計
  • 画面が90°回転して縦画面でも使える
  • ハッキリとしたコントラストが美しい
  • 使いやすい角度合わせて画面の調整が可能
  • USB Type-C搭載でデスク周りをすっきりと
  • 視野角が広く斜めから見ても美しい映像が楽しめる
  • モニターが映像を分析し画面を調整
  • コスパの高い4Kモニター
  • 4Kの美しさはもちろん4K以外の画像も鮮明に映す
  • 目に優しいちらつき防止やブルーライト軽減機能
  • より自然な色合いが表現できるDisplayHDR400を搭載
  • タッチパネルでの操作も可能な小型4Kモニター
  • 価格
  • 39,800円(税込)
  • 33,000円(税込)
  • 192,218円(税込)
  • 34,980円(税込)
  • 44,536円(税込)
  • 90,536円(税込)
  • 49,800円(税込)
  • 32,564円(税込)
  • 28,500円(税込)
  • 37,934円(税込)
  • 39,800円(税込)
  • 44,846円(税込)
  • 22,707円(税込)
  • 画面サイズ
  • 27インチ
  • 27インチ
  • 27インチ
  • 31.5インチ
  • 31.5インチ
  • 27インチ
  • 31.5インチ
  • 27インチ
  • 27.9インチ
  • 23.8インチ
  • 27インチ
  • 27インチ
  • 15.6インチ
  • パネル
  • IPSパネル
  • IPSパネル
  • IPSパネル
  • VAパネル
  • VAパネル
  • IPSパネル
  • VAパネル
  • IPSパネル
  • TNパネル
  • IPSパネル
  • IPSパネル
  • IPSパネル
  • ADSパネル
  • 応答速度
  • 5ms(GtoG)
  • 14ms
  • 5ms(GtoG)
  • 5ms
  • 4ms
  • 5ms
  • 3ms
  • 4ms
  • 3.5ms
  • 5ms
  • 8ms
  • 5ms(GtoG)
  • 最速9ms
  • 接続端子
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1・USB Type-C
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1・USB Type-C
  • HDMI×3・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×1・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×1・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・USB Type-C×1
  • 内蔵スピーカー
  • -

40インチ以上4Kモニターの人気おすすめランキング3選

美しい映像を大画面で楽しめる

55インチの大画面4Kモニター。IPSパネルと同等のADSパネルを採用しているため、どの角度から見ても美しい映像を楽しめます。リビングなどで大勢での映画鑑賞におすすめです。

 

接続端子が複数あるので、接続機器が多い方でも問題なく使用できます。

画面サイズ 55インチ パネル ADSパネル
応答速度 - 接続端子 HDMI×3・USB2.0×2・AV入力×1・VGA×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

正直この値段で4Kが買えるなんて本当にいい買い物したなとしか思ってません。

出典:https://www.amazon.co.jp

接続端子が豊富で多くの機器を接続できる

43インチの大型4Kモニター。IPSパネル採用で美しさとともに臨場感のある映像が楽しめます。入力端子の数が多く、ゲーム機やパソコンなどの他にもたくさんの機器を接続できます。

画面サイズ 43インチ パネル IPSパネル
応答速度 - 接続端子 HDMI×3・DisplayPort×1・USB×2
内蔵スピーカー

口コミを紹介

テレビ放送を見ない私にとってチューナーは必要ないためAppleTVやBDプレイヤーを接続してリビングで使用しています。画質についてはとてもコストパフォーマンスがよく充分です。特に不満は感じません。

出典:https://www.amazon.co.jp

アナログRGB端子の搭載で古い機器も接続可

IPSパネルと同程度の機能をもつADSパネルが搭載されているため、色は鮮明に表現され視野角の広さも問題ありません。接続端子にアナログRGBがあるので、昔のゲーム機なども接続して楽しむことができます。

画面サイズ 42.5インチ パネル ADSパネル
応答速度 8ms 接続端子 HDMI×3・DisplayPort×1・アナログRGB×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

最高に業務効率アップです。
実は先日に28インチの4Kモニターを購入したばっかりなんですが本品の方がお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

40インチ以上4Kモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7452674の画像

    アイ・オー・データ

  • 2
    アイテムID:7452665の画像

    DMM.make

  • 3
    アイテムID:7457835の画像

    DMM.make

  • 商品名
  • モニター EX-LD4K432DB
  • ディスプレイ DKS-4K43DG3
  • ディスプレイ DKS-4K55DG4
  • 特徴
  • アナログRGB端子の搭載で古い機器も接続可
  • 接続端子が豊富で多くの機器を接続できる
  • 美しい映像を大画面で楽しめる
  • 価格
  • 60,404円(税込)
  • 64,999円(税込)
  • 69,000円(税込)
  • 画面サイズ
  • 42.5インチ
  • 43インチ
  • 55インチ
  • パネル
  • ADSパネル
  • IPSパネル
  • ADSパネル
  • 応答速度
  • 8ms
  • -
  • -
  • 接続端子
  • HDMI×3・DisplayPort×1・アナログRGB×1
  • HDMI×3・DisplayPort×1・USB×2
  • HDMI×3・USB2.0×2・AV入力×1・VGA×1
  • 内蔵スピーカー

ゲーム向け4Kモニターの人気おすすめランキング4選

ゲームに合わせて8つの映像モードを選択できる

斜めから見ても色の変化が少ないIPSパネルが搭載され、画面は光沢なしタイプで光が映り込まず快適に視聴できます。HDR機能が備わっているため、より自然に近い色合いが楽しめます。

 

ゲーミングモニターなだけあって、8種類の映像モードをジャンルに合わせて選べます。

画面サイズ 28インチ パネル IPSパネル
応答速度 4ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

元々ディスプレイはこだわりがない方ですが、本品については満足度高いです。4Kということでクリアさが際立ちます。撮影した写真の再現も肉眼での感覚に近く、広角撮影の風景は感動的。

出典:https://www.amazon.co.jp

FPSゲームなどにもおすすめな応答速度1ms

動きの速くタイムラグが勝敗に直結するようなFPSなどでも快適にプレイできる応答速度1msの4Kモニターです。TNパネル搭載もゲームする方には嬉しいでしょう。照準が表示されることで、より正確な射撃も可能になります。

画面サイズ 28インチ パネル TNパネル
応答速度 1ms 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

1年間使用してみて全く問題なく使い心地はとてもいいです。使い方としてはゲームに使用したり(リフレッシュレートは60hzが上限なので気になる方はゲームには向かないかもしれません)、動画を見たりして楽しんでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

PS5の接続も可能なゲーミング4Kモニター

リフレッシュレートの数値が144Hzとなっており、PS5などのゲーム機を接続しても画面がスムーズに動きます。臨場感のある美しい映像と発色の良さが人気のゲーミング4Kモニターです。

画面サイズ 27インチ パネル IPSパネル
応答速度 1ms(GtoG) 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

よく巷でHDMI2.0端子のディスプレイで問題ないと仰る方がいらっしゃいますが、当機はVRR対応(HDMI2.1)なので非常に滑らかにフレーム移動している様に感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

スピード感のあるゲームでも遅延なく美しい映像が楽しめる

TNパネルが搭載されているため、応答速度が1msと早くFPSなどのアクションゲームでも遅延なく楽しめます。ゲームだけでなく映画や動画も滑らかでダイナミックな映像で見ることができます。

 

周囲の環境に合わせて輝度などを自動調整する機能が搭載され、見やすさも抜群です。

画面サイズ 27.9インチ パネル TNパネル
応答速度 1ms(GtoG) 接続端子 HDMI×2・DisplayPort×1
内蔵スピーカー

口コミを紹介

・ネットフリックスやアマゾンプライムやYouTube等の映像コンテンツを見る際に本当に素晴らしく綺麗でこれだけでも買った価値はあると思います。・ゲームで4K対応しているものなどはかなり恩恵を受けれる感じで満足感が増す

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーム向け4Kモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7453087の画像

    ベンキュージャパン

  • 2
    アイテムID:7452790の画像

    LG

  • 3
    アイテムID:7452780の画像

    Asustek

  • 4
    アイテムID:7452734の画像

    Acer

  • 商品名
  • ディスプレイ EL2870U
  • ゲーミングモニター UltraGear 27GP950-B
  • ゲーミングモニター VP28UQG
  • VG280Kbmiipx ゲーミングモニター
  • 特徴
  • スピード感のあるゲームでも遅延なく美しい映像が楽しめる
  • PS5の接続も可能なゲーミング4Kモニター
  • FPSゲームなどにもおすすめな応答速度1ms
  • ゲームに合わせて8つの映像モードを選択できる
  • 価格
  • 38,181円(税込)
  • 113,450円(税込)
  • 37,281円(税込)
  • 39,979円(税込)
  • 画面サイズ
  • 27.9インチ
  • 27インチ
  • 28インチ
  • 28インチ
  • パネル
  • TNパネル
  • IPSパネル
  • TNパネル
  • IPSパネル
  • 応答速度
  • 1ms(GtoG)
  • 1ms(GtoG)
  • 1ms
  • 4ms
  • 接続端子
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • HDMI×2・DisplayPort×1
  • 内蔵スピーカー

4Kモニターのメリット・デメリット

4Kモニターには、メリットもあればデメリットも存在します。購入前にしっかりと知識として頭に入れておき、自分にとって要不要の判断材料とできるといいでしょう。

4Kモニターのメリットは圧倒的な画像の美しさ

4Kモニターのメリットはなんといっても、画像や映像の圧倒的な美しさです。カメラで撮影したものもゲームの映像も、臨場感のあるシーンが楽しめます。表示サイズが大きくなっても高画質で表示されます。

 

これは、解像度の高さがなせる技です。他にも、画面上の作業スペースが確保できるため、複数のウィンドウを同時に表示させることができ、作業効率アップにもつながります。

4Kモニターのデメリットはコスト面

一方、4Kモニターのデメリットは、接続する機器も4Kに対応させる必要があるため、今持っている機器が4K対応ではない場合、買い替える必要が出てきます。

 

買い替えるまではいかなくても、グラフィックボードの搭載が必要になってくるため、古い機器をそのまま使いたい場合には別途出費があることを頭に入れておく必要があります。また、小型のモニターでは文字表示が小さくなるため、不便に感じることもあります。

 

多少のコストが許容できるなら、ぜひ4Kモニターを導入してみましょう。

4Kモニターの接続方法は簡単

4Kモニターはパソコンやゲーム機、ブルーレイなどのレコーダーなど、さまざまな機器と接続することができます。接続方法はいたって簡単で、それぞれの機器に搭載された端子と4Kモニターに搭載された同じ端子をケーブルでつなぐだけです。

 

もしも、搭載端子の相違がある場合には、変換アダプタを使うことで接続できます。変換アダプタは別途購入の必要があるため、モニター購入時にしっかりと確認しておきましょう。

4Kモニターと4Kテレビの違いとは

4Kモニターと4Kテレビの明確な違いは、4Kモニターはほかの機器との接続がなければ使えないという点です。つなぐ機器は、パソコンやゲーム機などさまざまなものがありますが、モニター単体では特に何かを映すということはできません。

 

一方、4Kテレビは普通のテレビのように番組の視聴もできますし、4K放送の鮮明な映像も楽しめます。ゲームなどを接続して楽しむことも可能です。

 

しかし、スピード感が重視されるアクションゲームなどをしようと思うと、4Kテレビではカクつきやもたつきが出てしまうことがあるため、専用のゲーミング4Kモニターの方がタイムラグがなく快適にプレイできるでしょう

テレビチューナーがあれば4Kモニターがテレビになる

4Kモニターは接続機器からの出力される映像を映し出すものですが、テレビチューナーを接続することでテレビ番組を見ることができます。モニターがテレビを兼ねることができるため、部屋のスペースが狭い場合などにはおすすめです。

 

外付けのハードディスクなどを取り付ければ録画もできますよ。

AmazonのFire TV Stickがあれば映画やドラマを楽しめる

4Kモニターで動画やドラマを楽しみたいという方には、Amazonから販売されている「Fire TV stick」がおすすめです。Fire TV stickはモニターに接続し、簡単な設定を行うだけですぐに使うことができます。

 

必要なものは、Fire TV stickとWi-Fi環境、Amazonのアカウントのみ。これまでスマホやタブレットなどの小さな画面でVODを視聴していた人には、かなり快適に楽しめるはずです。4Kモニターと一緒に導入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

美しく迫力のある映像が楽しめる4Kモニターは、設置スペースや使用用途によって適したサイズ、機能があります。最適なものを選ぶことで、作業効率の向上や快適なゲーム環境を手に入れることができます。この記事が4Kモニターを選ぶ際の参考になれば幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月16日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事