クラシックギター用ピックの人気おすすめランキング10選【サムピックやフィンガーピックもご紹介】

記事ID23193のサムネイル画像

クラシックギターと言えば、ピックを使わないで指や爪で弾くのが一般的ですよね。しかし、実際にはクラシックギター用ピックを使っている方もたくさんいます。今回はクラシックギター用ピックやサムピック、フィンガーピックなどの必要性とおすすめランキングを紹介します。詳しい選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

クラシックギター用ピックは使わないのが普通?

クラシックギターと聞くと、指や爪で弦を弾いて演奏するイメージがありますよね。ピックを使うのは、激しい演奏をするエレキギターだけだと思っている方も多いはず。実はピック弾きはエレキギターだけでなく、クラシックギター専用のピックも存在するんです。

 

もちろん、クラシックギター用ピックを使うのは邪道ではありません。プロのミュージシャンの中にも、クラシックギター用ピックを使っている方はたくさんいます。しかし、クラシックギターはピックのイメージが少ない分、選ぶのもなかなか難しいですよね。

 

そこで今回は【クラシックギター用ピック】の選び方や、おすすめ商品ランキングを紹介します。ランキングは素材やメーカー、厚みなどを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

クラシックギター用ピックの選び方

クラシックギター用ピックにはいろいろな種類があり、使う方の好みや手のサイズなどによって選び方が異なります。自分にピッタリの弾きやすいピックを選ぶためにも、チェックしておきたいポイントを押さえておくのがおすすめです。

ピックの素材で選ぶ

クラシックギター用ピックの素材はセルロイドやナイロンなど、さまざまなものがあります。ピックの素材を変えるだけでも弾き心地が変わるので、弾きやすいものを選んでみてください。

穏やかな曲を弾くなら「セルロイド」

セルロイドはプラスチックの仲間で、柔らかな握り心地が特徴。クラシックギター用ピックの中でも柔らかく、比較的強度の低いクラシックギターの弦でも使いやすいと言えるでしょう。

 

ただし、柔らかいからこそ壊れやすいのが難点。強く弾くと割れる可能性が高いため、予備のピックを用意しておくと安心ですね。また、セルロイドは燃えやすい性質があるので火の近くでは使わないようにしてください。

 

セルロイドは価格も安く、ギターピックの中でもメジャーなので初心者にもおすすめですよ。

柔らかなタッチが好みなら「ナイロン」

ナイロン製ピックは、とにかく柔らかいのが特徴。セルロイドよりもさらに柔らかく、指の力だけでもふにゃっと曲がります。クラシックギター用ピックとして使えば、柔らかい素材だからこそ生み出せる柔らかな音や響きを実感できるでしょう。

 

硬いピックや厚みのあるピックと使い比べてみるのも面白いですよ。

長期間愛用するなら「べっこう」

べっこうは見た目もオシャレで、自然のものならではの音が出せるのが魅力です。自然の素材を加工して作っているため、価格が高いのが少し難点。高いからこその音の響きが味わえるだけでなく、丈夫で長期間使えますよ。

 

使えば使うほど味わいが増し、手に馴染んでいくのも面白いポイント。1つのピックを長く愛用したい方は、ぜひべっこうのクラシックギター用ピックを選んでみてください。

爪に近い自然な弾き心地の「ウルテム」

ウルテムは安価でありながら、べっこうのような色合いや質感なのが特徴。べっこうのピックを使いたいけれど高くて出が出ない方は、ウルテム性のクラシックギター用ピックがおすすめですよ。

 

柔らかな弾き心地なので、ゆったりと楽しむことの多いクラシックギターにもピッタリです。少し硬めの素材で手に馴染みにくいので、自分の持ちやすいサイズ感や形状を選ぶようにしましょう。

激しい演奏におすすめな「アクリル」

アクリルはとにかく丈夫で硬いのが特徴。クラシックギター用ピックとして使うには硬い印象がありますが、厚みのあるタイプは意外と弾きやすいという声が多いです。手でしっかり持てるので、自分の思った通りの音が出しやすいでしょう。

 

クラシックギターの弦はナイロン製のものが多いので、強く弾きすぎて弦が切れないように注意してくださいね。アクリル製のピックの中には、6mmという驚異の厚さを誇るものもあるのでぜひチェックしてみましょう。

4種類の厚さから選ぶ

ピックの厚みには4つの区分があり、それぞれThin・Medium・Heavy・Extra Heavyと呼ばれています。ちなみに、これらの基準を作ったのはフェンダーと呼ばれる会社。ここでは、それぞれの特徴とおすすめポイントを見ていきましょう。

ゆったり弾くなら「Thin」

Thinは最も薄くて柔らかいタイプで、ゆったりと弾くクラシックギターにはピッタリです。クラシックギター用ピックにはいろいろなサイズがありますが、迷ったときはThinを試してみるのがおすすめ。

 

実際の厚さは約0.5mmとかなり薄く、柔らかい素材であれば手の力で簡単に曲がります。柔らかくて弾きやすい分、強度が低いのも特徴の1つです。Thinのピックが好みなら、数枚の予備を用意しておくと良いでしょう。

バランスの良い「Medium」

MEDIUMはThinよりもやや厚く、強度があるピックです。柔らかさと強度、持ちやすさのバランスが良くて人気があります。ほどよいしなりがあり、クラシックギター用ピックとしてだけでなくエレキギターなどにも使われているピックですよ。

 

厚さは約0.7mmで、持った感じはThinとそこまで大きくは変わりません。Thinでは柔らかすぎると感じる場合は、MEDIUMを試してみてください。

中低音もしっかり響く「Heavy」

HeavyはMEDIUMよりもさらに厚く、約1cmのピックを指します。素材によってはかなり硬く、ほとんどしなりません。激しい曲調を弾くときなどに使われ、クラシックギター用ピックとして使うことは少ないでしょう。

 

中低音がしっかり響くのが特徴なので、低い音をカッコよく響かせたい方はチェックしてみてください。

スピード感のある曲も弾ける「Extra Heavy」

Extra Heavyはロックやヘビメタなど、激しくてスピード感のある曲に使われるピック。厚みがあって丈夫なので、激しく弾いてもピックが割れたり欠けたりする心配がありません。ただし、弦が切れないように注意する必要があります。

 

クラシックギター用ピックとして使われることはあまりありませんが、硬いピックを求めている方にはおすすめです。一度試してみる価値はあるでしょう。より激しい音を出したい方は、ピックアップもチェックしてみてくださいね。

ピックの形状で選ぶ

クラシックギター用ピックには、大きく分けて3つの形状があります。形によって持ちやすさや特徴が異なるので、それぞれの形状をおすすめポイントと共にチェックしてみましょう。

3ヶ所使える「トライアングル」

トライアングルはその名の通り、キレイな三角形をしたピックを指します。正三角形なので3ヶ所の角を使うことができ、1ヶ所が割れたり欠けたりしても安心です。1つのピックで3枚分の役目を果たしてくれるため、ピック代を浮かせたい方にもおすすめ。

 

クラシックギター用ピックにはトライアングルのピックが多く存在するので、好みの色や厚みのものを選んでみてくださいね。

しずく型で持ちやすい「ティアドロップ」

ティアドロップは、二等辺三角形のような形をしているのが特徴のピック。先端が少し尖ったしずく型をしているため、持ちやすいのが嬉しいポイントです。クラシックギター用ピックの多くはトライアングルとティアドロップなので、好みで選んでみましょう。

 

トライアングルのように、ほかの角を使うことはできないので注意が必要です。

アップテンポにおすすめな「ジャズ型」

クラシックギター用ピックにはあまりありませんが、ジャズ型と呼ばれる形状もおすすめ。ティアドロップよりも先端が尖っていて、アップテンポの曲によく使われています。ジャズ・ギタリストがよく使うことからジャズ型と名付けられました。

 

スピード感のある曲や激しい曲を弾いてみたい方は、チェックしてみてくださいね。

爪なしでも弾ける「サムピックやフィンガーピック」もチェック

ピックは手で持って使うものが多いですが、じつはサムピックやフィンガーピックなど指にはめて使うものもあります。サムピックは親指にはめて使い、フィンガーピックはほかの指にはめて使うのが基本。

 

爪や指で弾いているのと同じ感覚で使えるので、指で弾くことの多いクラシックギターにもピッタリ。爪が短くてギターを弾きにくいときにも、サムピックやフィンガーピックは役立ちますよ。

 

クラシックギター用ピックにもサムピックやフィンガーピックはたくさんあるので、自分の指のサイズに合うものを探してみてください。

手で持つクラシックギター用ピックの人気おすすめランキング7選

便利な12枚入りで割れても安心

フェンダーのピックはシンプルで使いやすいだけでなく、とても安いので初心者でも使いやすいのが嬉しいポイント。ティアドロップのピックが12枚セットになっているため、欠けたり割れたりしても安心ですね。

 

べっこうっぽいオシャレなデザインも魅力的です。使いやすいMEDIUMだけでなく、HARDやTHINも販売されています。価格が安いので、複数種類の厚さを購入して試してみるのも良いでしょう。

 

素材はセルロイドでほどよくしなり、柔らかい音も出しやすいです。

形状 ティアドロップ 素材 セルロイド
厚さ MEDIUM 枚数 12枚

口コミを紹介

激安ピックよりかは少し高いですが
見た目がきれいで作りもしっかりしてるように感じますし
弾きやすく音もきれいに出てると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者にも使いやすいシンプルなピック

Martinのクラシックギター用ピックは、3ヶ所使えてコストパフォーマンスの高いトライアングル型が特徴。厚さはMEDIUM、素材はセルロイドで全体的に初心者におすすめのピックと言えるでしょう。

 

ほどよい柔らかさで持ちやすいだけでなく、柔らかすぎないのでしっかり弦を弾くことができますよ。10枚セットなので、ピックの壊れや消耗を気にせずどんどん練習したい方にもおすすめです。

 

10枚と聞くと数が多いように感じてしまいますが、頻繁にギターを弾く場合はすぐに劣化してしまうので複数枚あった方が安心ですよ。

形状 トライアングル 素材 セルロイド
厚さ MEDIUM 枚数 10枚

口コミを紹介

マーチンのミニギターを購入したのでピックもお揃いにしました。ギターは全くの素人なので、扱いやすいトライアングルにしました。10枚あるので、消耗を気にせずこれからどんどん練習していくつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

厚さや色の違うピックが18枚入ったお得なセット

バリエーション豊かなピックがセットになった商品で、いろいろなクラシックギター用ピックを試したみたい方におすすめです。素材は全てセルロイド、形はティアドロップですがThin・Medium・Heavyの3種類の厚さのピックが入っています。

 

クラシックギターを始めたばかりでどんなピックが合うか分からない方は、ぜひこちらの商品を試してみてください。硬いピックの方が使いやすい方もいれば、ほどよく柔らかいピックの方が使いやすい方もいるため自分に合うものを探してみましょう。

 

デザインもオシャレでカラフルなピックがたくさん入っているので、モチベーションアップにもつながりますよ。

形状 ティアドロップ 素材 セルロイド
厚さ Thin・Medium・Heavy 枚数 18枚

口コミを紹介

今まで、エレアコ・アコギの練習には、Mediumのピックを使っていました。Thin・Mediumと枚数も多く、カラフルで練習には良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

いろいろな厚さのピックを試せるセット

Thin・Medium・Heavy・Extra Heavyの4種類の厚さのピックが試せるお得なセットです。ピックの厚さによって持ちやすさや弾きやすさ、音の響きなどが異なるのでいろいろ試してみたい方にはおすすめ。

 

形はティアドロップ、素材はセルロイドのクラシックギター用ピックが16枚セットでオシャレな缶に入っています。ピックもカラフルでオシャレですが、収納できる缶が一緒に付いてくるのは嬉しいポイントですね。

 

缶もとてもオシャレなので、ピック以外の小物を入れても良いでしょう。

形状 ティアドロップ 素材 セルロイド
厚さ Thin・Medium・Heavy・Extra Heavy 枚数 16枚

口コミを紹介

商品説明通り、厚み、硬さとも様々なタイプが入っていました。好みのものを探せるという意味ではよい商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

べっこうで作られた本格ピック

べっこうのピックはクラシックギター用ピックの中でも高価ですが、それだけ弾き心地も良いので試してみる価値はあります。本べっこうを使って作られた本格的なピックなので、ほかの素材のピックとの音や持ちやすさの違いを楽しめるでしょう。

 

クラシックギターに慣れてきて長く愛用できるピックを探している方や、べっこうの独特な質感が好きな方におすすめです。形状はトライアングルなので、1度購入すれば長く愛用しながら手に馴染ませていけますよ。

形状 トライアングル 素材 べっこう
厚さ 0.8mm 枚数 1枚

口コミを紹介

弦は、Bronze 80/20 Light Gauge に使用しています。60`年代のなつかしい音がします。Light Gauge位なら最高に良く発揮してくれると思います。此れより太い弦の時は、厚さ1.0mm以上と方が良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

いろいろな素材やタイプが試せるバラエティパック

JIM DUNLOPのクラシックギター用ピックは、素材や厚さなどさまざまなタイプのピックが試せるバラエティパック。ウルテックス・セルロイド・ナイロンなど複数種類の素材のほか、厚さやサイズの違うピックがたくさん入っています。

 

色もカラフルなので、いろいろなピックを使う楽しさが味わえますね。自分の手に馴染むピックを探したい方には特におすすめの商品です。12枚と数も多く、これ1つでしばらくはピックを購入する手間もなくなるでしょう。

形状 ティアドロップ 素材 トーテックス・ウルテックス・セルロイド・ナイロン・HERCO FLEX
厚さ - 枚数 12枚

口コミを紹介

ちゃんとしたメーカーのバラエティパックが欲しくて、購入しました。
厚みだけでなく、素材や形の違うものが、たくさん入っているので、手に馴染むものを色々試すにはうってつけ。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロも愛用するナイロンピック

プロも使用するほどクオリティの高いナイロン製のピックは、ピック界でも有名なJIM DUNLOPの商品。ピックを販売している会社の中でも人気が高く、安心して使用できるのが嬉しいポイントです。

 

ナイロン製のピックは使い心地に個人差があるため、1度購入して試してみると良いでしょう。シルバーのカッコいいデザインとしっかりした作りも特徴で、手に馴染みやすくて使いやすいです。

形状 ティアドロップ 素材 ナイロン
厚さ HEAVY 枚数 12枚

口コミを紹介

材質がナイロン製なのでセルロイド製に比べてアタックが若干ソフト、かと言ってこもるということではなく音の立ち上がりレスポンスは良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

手で持つクラシックギター用ピックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6712292の画像

    JIM DUNLOP

  • 2
    アイテムID:6712306の画像

    JIM DUNLOP

  • 3
    アイテムID:6712321の画像

    Greco

  • 4
    アイテムID:6712328の画像

    Donner

  • 5
    アイテムID:6712338の画像

    BestSounds

  • 6
    アイテムID:6712283の画像

    Martin

  • 7
    アイテムID:6712268の画像

    Fender(フェンダー)

  • 商品名
  • HERCO HE211 Flex 75 Heavy×12枚
  • アコースティックギター ピック バラエティパック
  • ギターピック 本鼈甲 トライアングル
  • ギターピック 16枚セット
  • ギターピック18枚セット
  • ピック×10枚 トライアングル MEDIUM-SHELL
  • ピック 346 PICK PACK(12)
  • 特徴
  • プロも愛用するナイロンピック
  • いろいろな素材やタイプが試せるバラエティパック
  • べっこうで作られた本格ピック
  • いろいろな厚さのピックを試せるセット
  • 厚さや色の違うピックが18枚入ったお得なセット
  • 初心者にも使いやすいシンプルなピック
  • 便利な12枚入りで割れても安心
  • 価格
  • 936円(税込)
  • 1,100円(税込)
  • 944円(税込)
  • 750円(税込)
  • 750円(税込)
  • 954円(税込)
  • 660円(税込)
  • 形状
  • ティアドロップ
  • ティアドロップ
  • トライアングル
  • ティアドロップ
  • ティアドロップ
  • トライアングル
  • ティアドロップ
  • 素材
  • ナイロン
  • トーテックス・ウルテックス・セルロイド・ナイロン・HERCO FLEX
  • べっこう
  • セルロイド
  • セルロイド
  • セルロイド
  • セルロイド
  • 厚さ
  • HEAVY
  • -
  • 0.8mm
  • Thin・Medium・Heavy・Extra Heavy
  • Thin・Medium・Heavy
  • MEDIUM
  • MEDIUM
  • 枚数
  • 12枚
  • 12枚
  • 1枚
  • 16枚
  • 18枚
  • 10枚
  • 12枚

指にはめるクラシックギター用ピックの人気おすすめランキング3選

3個セットが嬉しいシンプルなフィンガーピック

指にはめて使うフィンガーピックは、爪や指で弾く感覚でクラシックギター用ピックを使いたい方におすすめです。爪や指で弾きたいけれど爪が割れるのが心配な方や、指が痛い方はぜひ試してみてください。

 

青いシンプルなデザインと、指にはめやすいU字の形も特徴的です。人差し指から薬指まではめて使えるので、これ1つあればクラシックギターがグッと弾きやすくなりますよ。

種類 フィンガーピック 素材 プラスチック
硬さ - サイズ 約14mm

口コミを紹介

自爪で弾いているような感覚でした。爪をひっかけるため、2 mmほどは爪をのばしていないといけませんが、自爪で弾いて爪が割れるよりはいいです。爪が弱いかたは重宝されると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

べっこう柄がオシャレなサム&フィンガーピックセット

べっこう柄がオシャレなクラシックギター用ピックは、サムピックとフィンガーピックがセットになっているのが大きな特徴です。親指にはめるサムピックと、人差し指から薬指にはめるフィンガーピックが一緒になっていて、爪や指を傷めたくない方にピッタリ。

 

デザインがオシャレなのはもちろん、価格も安いので初心者にもおすすめです。初めてサムピックやフィンガーピックを購入する方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

種類 サム&フィンガーピック 素材 -
硬さ - サイズ Mサイズ(男性用)

口コミを紹介

確かにこのピックを使えばギターの音色はよく響きますが、問題はこのフィンガーピックを装着してアルペジオがうまく弾けるかどうかです。そこはあなたの腕前次第。

出典:https://www.amazon.co.jp

柔らかくて指に馴染むから使いやすい

サイズが小さく、柔らかな素材で作られたサムピックです。指にはめる部分が柔らかい素材で作られているため、しっかり指にフィットしてくれます。また、長時間弾いても指が痛くならないので長く練習したい方にもおすすめですよ。

 

一般的なサムピックは指にはめる部分とピック部分が一体化していますが、こちらは分離しているのでとても使いやすいです。自分の指のサイズに合わせて調整しやすいため、ほかのサムピックではサイズが合わない方でも使いやすいでしょう。

種類 サムピック 素材 -
硬さ MEDIUM サイズ 約1cm

口コミを紹介

伸縮性のあるゴムなので,長時間はめていても合成樹脂製の硬いサムピックのように指が痛くなることもないのが良いところ。また,滑りにくい材質ということもあり,自分の指に合わせて長さをうまく調節すると,しっかりと親指に馴染んで非常にピッキングがしやすくなる。

出典:https://www.amazon.co.jp

指にはめるクラシックギター用ピックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6707218の画像

    TAB

  • 2
    アイテムID:6712156の画像

    SIB株式会社

  • 3
    アイテムID:6712147の画像

    Phoenix

  • 商品名
  • サムピック Special 2
  • サムピック1個&フィンガーピック3個セット
  • フィンガーピック 3個セット
  • 特徴
  • 柔らかくて指に馴染むから使いやすい
  • べっこう柄がオシャレなサム&フィンガーピックセット
  • 3個セットが嬉しいシンプルなフィンガーピック
  • 価格
  • 495円(税込)
  • 498円(税込)
  • 1,180円(税込)
  • 種類
  • サムピック
  • サム&フィンガーピック
  • フィンガーピック
  • 素材
  • -
  • -
  • プラスチック
  • 硬さ
  • MEDIUM
  • -
  • -
  • サイズ
  • 約1cm
  • Mサイズ(男性用)
  • 約14mm

以下の記事では、フィンガーピックの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ピックアップを使えば弾く楽しさ倍増!

クラシックギターは音が比較的小さいため、生音だと音量が出ないことがあります。そんなときに便利なのが、音を大きくしてくれるピックアップです。エレキギターを弾く場合はピックアップをよく使いますが、実はクラシックギターでも使えるんですよ。

 

中には音をかなり拡大できるものや、スピーカーにつないで使えるものもあります。音の拾い方や取り付け方法など、さまざまな種類のものがあるので迷ってしまう方も多いでしょう。

 

クラシックギター用のピックアップを探している方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

傷が気になる場合はピックガードを使ってみよう

クラシックギターを弾く際にピックを使っていると、ギター本体の傷が気になりますよね。そんなときは、ピックガードの装着を検討しましょう。ピックガードを付けておくだけで、本体への傷が付きにくくなりますよ。

 

ピックガードは接着剤がもとから付いているもので、厚すぎないものを選ぶのがおすすめです。あまり厚いものを選んでしまうと、音の出方や響きに影響してしまうので注意しましょう。

 

デザインや色にもさまざまなものがあるので、自分が使っているギターのデザインを邪魔しないものを選んでみてくださいね。

難しい演奏ならカポタストを使おう

難しいコードを使う場合や、指で押さえにくいコードのときはカポタストを使うのがおすすめ。カポタストとはクラシックギターの弦に装着すると、1列分の弦を均等な力で押さえてくれる便利なアイテムです。

 

クラシックギターだけでなく、アコースティックギターやエレキギターにもよく使われていますよ。難しい曲を弾く際は、こちらの記事を参考にしながら好みのものを選んでみてください。

クラシックギターとアコースティックギターの違い

クラシックギターと似たギターに、アコースティックギターがあります。アコースティックギターはポップスの演奏に使われることが多く、コードを使って自由に演奏するスタイルが基本です。

 

一方でクラシックギターは、ソロでメロディと伴奏を弾くスタイルが多いのが特徴。コードが分からない方でも演奏でき、楽譜を読みながら演奏するのが基本です。また、弦にも大きな違いがあります。

 

アコースティックギターはスチール弦なのに対し、クラシックギターはナイロン弦を使用しているものが多いです。アコースティックギターも試してみたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回はクラシックギター用ピックの人気おすすめランキングとともに、選び方や使い方を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ピックにもいろいろな種類や硬さがあるので、自分の手や指に馴染むものを探してみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事