英語学習向け洋書の人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで】

記事ID22330のサムネイル画像

英語を楽しく勉強できる洋書。とはいえ洋書初心者の方は面白い本を見つけるのが難しいですよね。中学生・高校生・大学生で学ぶ単語を知っているかによって選ぶべき洋書も異なります。そこで今回は英語学習のための洋書の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

英語学習には洋書がおすすめ!

「英語を勉強したいけど、どうせ勉強するなら楽しみながら勉強したい」と考えている方は多いはずです。そんな方におすすめなのが洋書を読むことにより、英語を学習する方法です。実は洋書を多読する習慣をつけることで、英語の読解スピードが上がり英語脳が育成されるんです!

 

というのも洋書では大量の文章を読む必要があり、色々な単語やフレーズを知ることができるためです。また洋書では物語に直結して単語を覚えるため、単語帳より語彙を覚えやすいです。洋書を読み、英語の速読力が上がれば、TOEICや英検などの英語試験に強くなれます

 

洋書によって楽しみながら英語を学習して、英語力を高めましょう!そこで今回は英語学習のための洋書の選び方おすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは価格・読みやすさ・評判を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

英語学習のための洋書の選び方

ここからは英語学習のための洋書の選び方について、詳しく説明します。自分の興味関心のあるジャンルで、読みやすい洋書を見つけられると良いですね。

レベル(英語力)に合わせて選ぶ

洋書を読むにあたって、自分のレベル(英語力)にあった洋書を選ぶのは最も重要です。というのも自分のレベル(英語力)より高い内容の洋書を読むと、読むのに時間がかかって洋書を読む行為が億劫になってしまう恐れがあるためです。

英語初心者・中学生・高校生は「児童文学」がおすすめ

英語初心者の方や中学生・高校生の方には、絵本などの児童文学がおすすめです。ここで自分が英語初心者なのか分からない方もいるかもしれません。初心者の目安としては、TOEICであれば10点~495点、英検であれば5級から準2級程度です。

 

英語を初めてそこまで時間が経っていなければ、語彙力や表現力が少ない方の方が多いでしょう。その場合には初めて洋書を飲むのは難しいので、絵本や児童書などの児童文学を読むのが良いです。児童文学なら難しい単語が出てくることはないので、楽しみながら内容を読めます。

 

高校生の方やそれなりに語彙力がある場合には、恋愛系の洋書を読むのが良いかもしれません。これなら本の内容も日常生活に近くて、自分の状況と重ねられるので、かなり読みやすいでしょう。また多読・速読がしやすい、「ラダーシリーズ」を選ぶのも良いです。

大学生・ビジネスマンの方は「ビジネス本」・「啓発本」がおすすめ

大学生やビジネスマンで英語力が中級レベルぐらいにある方は、洋書の中でも「啓発本」や「ビジネス本」を読むのがおすすめです。中級レベルの目安はTOIECで言うと500点~695点、英検2級程度です。啓発本やビジネス本は書き言葉のような文語表現が少ないため、、内容が入ってきやすいです。

 

とはいえ啓発本やビジネス本は好みによって分かれると思うので、あらすじを知るためにも電子本の試し読みをするのも良いでしょう。物によっては難しい単語が含まれている洋書もあるので、よく確認して、自分に合った本を選ぶようにすると良いです。

英語上級者の方は「ベストセラー」や「ノーベル文学賞」作家の本を

英語上級者の方は、「ベストセラー」「ノーベル文学賞」などの英語ネイティブが読む洋書を選ぶと良いです。英語上級者の目安としてはTOIECで言うと700点以上で、英検で言うと準1級から1級程度です。

 

ベストセラーであれば、それなりに読みやすい本である可能性が高いため、英語上級者の方であれば内容も入ってきやすいでしょう。ノーベル文学賞をとった作家には、例えば日本人であるカズオ・イシグロがいます。カズオ・イシグロの作品は読みやすい英語で、文章が綴られているので、おすすめです。

興味関心のあるジャンルから選ぶ

洋書の中でも自分の興味関心のあるジャンルの内容を選ぶのも、重要です。興味関心のジャンルであれば、楽しみながら洋書を読めます。

「近現代についての洋書」は日常会話を学べる

近現代に関する洋書であれば、英語の日常会話が学べます。というのも英単語やフレーズのが、限りなく現在使われている表現に近いためです。難しい英単語は覚えるのに重点を置いていなくて、ただた外国人と日常会話を話せるようになりたい方にはおすすめです。

「ノンフィクション」は初心者向け

ノンフィクションの洋書は実用的でわかりやすい言葉で書かれているので、初心者におすすめです。フィクションのように比喩を使うこともないため、言葉が非常に直接的で英語が入ってきやすいです。

 

洋書初心者でとりあえず、読む習慣をつけたい人は、比較的読みやすいノンフィクションを読むのはおすすめです。ノンフィクションで英語に対するハードルを下げることができます。

「サスペンス」・「推理小説」は精読におすすめ

サスペンス・推理系の洋書は比喩表現が多く含まれており、描写が細かいため、精読したい人におすすめです。洋書初心者であれば内容はかなり難しいとは思いますが、サスペンスや推理がテーマの本は先を読む面白さがありますので、中々飽きずらいかもしれません。

 

洋書にそれなりのボリュームがあれば、必ず読解力もつきますので、英語の資格試験の読解問題などに強くなれる可能性もあります。

感動・恋愛・学園系の「フィクション」は難易度低め

恋愛・学園系のフィクションの洋書は難易度が比較的低く、普段使われる日常会話を学べるので、洋書初心者にはおすすめです。テーマが恋愛・学園系であれば、自分の体験とも重ねやすいと思いますので、物語もすいすい進むでしょう。

 

ただしフィクションには比喩表現が含まれる場合も多いので、読み切るまでに多少の手応えもあると思います。手応えを感じつつも、洋書を読みたいという方にはおすすめのジャンルです。

「地域・時代・世界観」が好みのものを選ぶ

地域・時代・世界観によって、英語の表現方法や使用する単語も異なってきます。例えば中世時代がテーマの洋書なら、今は使われていない単語が頻出する可能性が高いです。またSF系なら宇宙や、科学に関する専門的な英単語が頻出しやすいです。

 

内容によっては普段の日常会話で使わないような表現・単語が出てきます。専門的な英単語ばかり出てきてしまっては話の内容入ってこない可能性があります。英語学習ための洋書選びでは自分が好きまたは、自分にとって読みやすい、地域・時代・世界観の本を見つけてください

「毎日継続」して読める洋書を選ぶ

英語学習のための洋書選びでは、毎日継続できる本かで選ぶのも重要なポイントです。文章の量が多い本を読破するのは、それなりの忍耐力がいります。毎日読んでいるのに中々、本の内容が終わりに近づかなければ、うんざりしてしまう場合もありますよね。

 

洋書を楽しく読破するためにも、自分の英語力で見て、そこまで文章の量が多くない本を選ぶといいです。また洋書は1日で1冊読んだからと言って英語力がつくわけではなく、毎日読む習慣をつけることが重要です。

 

というのも毎日洋書を読むことにより、単語や表現を繰り返しインプットできるためです。そのため毎日読んでいても飽きないような洋書を選びましょう。章ごとにまとまった洋書なら、読みやすいかもしれません。

洋書の媒体で選ぶ

洋書には「紙書籍」と「電子版」2種類あり、それぞれにメリット・デメリットは異なります。より自分にとって読みやすい洋書を、選ぶようにすると良いです。

王道の「紙書籍」は書き込み自由

洋書で紙書籍の本を選ぶのは、王道です。紙書籍の洋書と言ったらなんと言っても、外見がおしゃれでかっこいいですし、洋書を見るだけでモチベーション・やる気も高まります

 

また手触りもある・書き込みが可能なので、なんだか勉強した気になれます。紙書籍の洋書は5冊読めばその5冊分は残りますので、それらを見るだけで「5冊読んだぞ!」との気持ちにもなれます。ただ1冊当たりの値段高く、場所も取るので本を置くスペースがない人は大変です。

Kindleのような「電子版」は多読に便利

KindleとはAmazonが運営する電子書籍サービスで、このサービスでは書籍をスマホタブレットで読むことが可能です。さらにKindle Unlimitedに加入すれば多数の本が無料で読める、多読ができます。

 

またKindleには辞書機能がついており、わからない単語にタッチすればすぐに調べられる・単語に印も付けれる点で便利です。とはいえKindle初心者の方は慣れるまで、操作が難しいかもしれません。また紙書籍のように形に残らないため、読んだ分が目に見えて分かりづらいです。

「オーディオブック」なら耳から学習できる

オーディオブックなら、物語を耳で聞きながら楽しむことができます。洋書を読んでいるだけでは中々、英単語の発音などが分からない場合も多いでしょう。ですがオーディオブックでは英語の発音が知れるため、リスニングやスピーキング力も向上します。

 

さらに音声のスピードに合わせて物語を読むので、洋書の速読力も向上できます。ただし一度聞いただけでは物語の内容が分からない場合もあると思うので、英語を理解するためにも何度も聞いて、文章を目で追うと良いです。

 

以下の記事では英語オーディオブックの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

初心者向け洋書(英語学習)の人気おすすめランキング5選

幸せな内容が書かれた絵本

100 Things That Make Me Happyは小さな幸せをイラストと共に、祝っていく絵本の洋書です。日常に溢れる100個の幸せが様々な視点から描かれているため、癒されます。またイラストもカラフルで綺麗なので、洋書初心者の方には非常に読みやすい内容でしょう。

 

本には日常会話で使われる英単語やフレーズが短いワードで表現されているので、英語に慣れていない方も非常に読みやすいです。また英語の文章に韻が踏まれており、リズミカルなので声に出して読むのも良いかもしれません。

著者 Amy Schwartz ページ数 40ページ

口コミを紹介

この本は楽しい。韻を踏んでいるのも英語らしくて面白いです。何より絵がいい。躍動感ある足の描き方、二つの点と一本の線で描く豊かな表情がいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

英語初心者でも、レ・ミゼラブルが簡単に読める洋書

Les Miserablesは「レ・ミゼラブル」という非常に有名な作品で、ミュージカルにもなっています。物語では主人公であるジャン・バルジャンが一切れのパンを盗み、投獄されてその後、波乱に満ちた人生を歩みます。

 

この物語はフランスにおける大革命時代から王政復古までを背景に描かれているため、当時のフランスに関する歴史も学べます。洋書内で使われている英単語やフレーズも、中学生の英語力でも読める内容なので、英語にそこまで自信がない方にはおすすめです。

著者 Jennifer Bassett ページ数 56ページ

口コミを紹介

この本に興味があるかたは、Oxfordレベル1から洋書に慣れ親しもうとするかただと思います。個人差はあると思いますが、中学2年生までの英語の学力で問題無く読めると思います。簡略されていますが感動できる内容に仕上がっている良本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボリュームがあり、易しい英語が使われた洋書

A to Z Mysteries: The Absent Authorは主人公である幼い男の子が、行方不明になった大物作家を探し回るミステリー系の物語です。ページ数は96ページとかなり多めですが、使われている英単語やフレーズは、中学・高校で習う表現が多いため、英語に自身がない方も読みやすいです。

 

またミステリー系の洋書は読んで行く内に複数の事実が解明されていくので、先を読むのが楽しくなる一冊とも言えるでしょう。英語力に自信はないけど、しっかりと洋書を読破したい方は、この本を選ぶのが良いです。

著者 Ron Roy ページ数 96ページ

口コミを紹介

英語の多読として読みしたが、話の展開もなかなか面白く、わかりやすい英語で書かれていたのであっという間に読むことができました。英語の多読にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

綺麗な動物の絵と一緒に英語を読む

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?は複数の動物がイラストともに、ページごとに紹介されている絵本の洋書です。この本にあるイラストはかの有名な「はらぺこあおむし」を描いた、エリック・カールさんが描きました。

 

英単語や使われているフレーズは非常に簡単なもので、洋書の中で繰り返し何度も出てくるため覚えやすいでしょう。また英語も韻が踏まれていてリズミカルで、読んでいて楽しい気持ちになれます。そのため声にだしてスピーキングの練習をするのも、良いかもしれません。

著者 Bill Martin Jr, Eric Carle ページ数 32ページ

口コミを紹介

レビューが良かったので購入しました。音のリズムも良いですし、覚えやすい展開と、明るい絵で何度も読まされました。厚紙なので小さい子にもピッタリでしたね。

出典:https://www.amazon.co.jp

有名な絵本「はらぺこあおむし」を英語で読む

The Very Hungry Caterpillarは日本では「はらぺこあおむし」として売られている超人気の絵本です。この洋書ではあおむしがたくさんの食べ物を食べて、結果的に綺麗な蝶へと成長し、物語はエリック・カールさんの綺麗なイラストともに進んでいきます。

 

使われている英単語やフレーズは簡単なので、誰でも読める作品となっています。書いてある文章は歌になるほど、リズミカルなため読んでいて楽しい気持ちになれるでしょう。実際に歌を聞いて、本を読みながら歌ってみるのもいいかもしれません。

著者 Eric Carle ページ数 25ページ

口コミを紹介

英語の勉強をしていたところ、Twitterで紹介してくださる方があり、この絵本を知りました。絵本の中身は、美しく、工夫がされており、価値あるものだと思います。大人でも手元に置いておくだけでも幸せな気持ちになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向け洋書(英語学習)のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6685368の画像

    Philomel Books

  • 2
    アイテムID:6685389の画像

    Puffin

  • 3
    アイテムID:6685416の画像

    Random House Books for Young Readers

  • 4
    アイテムID:6685438の画像

    Oxford University Press, USA

  • 5
    アイテムID:6685449の画像

    Harry N. Abrams

  • 商品名
  • The Very Hungry Caterpillar
  • Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
  • A to Z Mysteries: The Absent Author
  • Les Miserables
  • 100 Things That Make Me Happy
  • 特徴
  • 有名な絵本「はらぺこあおむし」を英語で読む
  • 綺麗な動物の絵と一緒に英語を読む
  • ボリュームがあり、易しい英語が使われた洋書
  • 英語初心者でも、レ・ミゼラブルが簡単に読める洋書
  • 幸せな内容が書かれた絵本
  • 価格
  • 1,263円(税込)
  • 1,318円(税込)
  • 972円(税込)
  • 1,198円(税込)
  • 1,995円(税込)
  • 著者
  • Eric Carle
  • Bill Martin Jr, Eric Carle
  • Ron Roy
  • Jennifer Bassett
  • Amy Schwartz
  • ページ数
  • 25ページ
  • 32ページ
  • 96ページ
  • 56ページ
  • 40ページ

大学生・大人向け洋書(英語学習)の人気おすすめランキング5選

「不思議の国のアリス」を英語で読む

Alice’s Adventures in Wonderlandは日本では「不思議の国のアリス」と呼ばれる本で、映画化もされている非常に有名な物語です。本の内容は主人公であるアリスが懐中時計を持つ白いウサギに付いて行って、不思議の国に迷い込んでしまう物語です。

 

こちらの洋書は「ラダーシリーズ」という、一定レベルの英単語のみを使用したシリーズの1冊で、英語のネイティブでない人でも物語を読めるようになっています。ラダーシリーズのレベル2で使用されている単語は1,300語ほどなので、中学生で学ぶ英語で読めるような内容です。

著者 ルイス・キャロル ページ数 136ページ

口コミを紹介

有名でストーリーを知っている方が多いと思います。私もストーリーを知っていたため、あっという間に読むことが出来ました。これから英語を勉強される方は買って損は無いと思います。英語の本を読破したという自信にもなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ニューヨークタイムズのベストセラーを読む

The Bodyは日本でいうと「スタンド・バイミー」と呼ばれる非常に有名な本で、映画化もされています。洋書の内容は4人の少年が死体探しの旅に出て、夏に冒険をする物語です。この洋書はモダン・ホラーで有名な作家である、スティーヴン・キングによって描かれました。

 

英単語は2300語ほど使われており、そのほとんどが高校生や大学生で学んだ表現でしょう。非常に読みやすく内容も面白いので、英語力がそれなりにある方にはおすすめの一冊です。とはいえ描写が細かく、比喩表現が使われている場面もあるので、少し難しいかもしれません。

著者 Stephen King ページ数 178ページ

口コミを紹介

表紙が素敵なので、見つけたとたんに即買いしました。英文レベルは大学初級くらいですが、映画を見ていると内容を飲み込みやすいし、勢い良く読めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゴーギャンをモデルにした作家の人生が描かれる

The Moon and Sixpenceはゴーギャンをモデルにした作家であるストリックランドの人生を描いた物語です。ストリックランドはイギリスのロンドンで家族とともに安定した暮らしをしていたのにも関わらず、急に全てを捨てて、失踪し画家の道を目指し始めます。

 

著者であるモームの英語は比較的読みやすいので、大学生レベルの英語力がある方は挑戦してみるのも良いかもしれません。またこちらの洋書はオーディオブックも付いており、朗読もしてくれるので、リスニング力を鍛えることもできます

著者 W. Somerset Maugham ページ数 251ページ

口コミを紹介

昔、英語の試験で良く取り上げられたモームも、今の日本では忘れられた感有り。画家ゴーギャンをモデルに、絵を描くことに取り憑かれた男を描く。

出典:https://www.amazon.co.jp

大学生やビジネスマンに向けた、洋書の入門書

Charlie and the Chocolate Factoryは日本でいう「チャーリーとチョコレート工場」の英語版である洋書です。この洋書は映画化されているので映画をすでに見た方は、ストーリー展開をすでに知っているので、物語の内容がスラスラ入ってきやすいでしょう。

 

洋書の内容は主人公であるチャーリーが夢のチョコレート工場にいき、冒険をする物語です。この洋書は英検2級ほどの英語力があれば、問題なく読めるでしょう。ただしファンタジー物語なため、普段使わないような単語が頻出する場面も多々あります。

著者 Roald Dahl ページ数 192ページ

口コミを紹介

英検二級を持ってる方ならかなり楽に読める本だと思います。単語も簡単なものが多く、文法と熟語も一緒に覚えられて、わからない単語や熟語もゲスして考えられるようになり辞書も必要ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

村上春樹の「ノルウェイの森」の英語版

Norwegian Woodは日本の大物作家である村上春樹が描いた名作「ノルウェイの森」の英語版、洋書です。内容は37歳の主人公であるワタナベトオルが、ビートルズの「ノルウェイの森」を聞くことによって、20代の頃を思い出し動揺する物語です。

 

こちらの洋書は日本語版の「ノルウェイの森」に比べて、洗練されているとの口コミもあります。この本は村上春樹自身が英訳しているため、使われている単語も英語ネイティヴが描いた本に比べれば難しくなく文章も読みやすいのでおすすめです。

著者 村上春樹 ページ数 400ページ

口コミを紹介

最後まで村上春樹独特の内面の葛藤と時空をこえたストーリー展開が楽しめました。細かな描写も丁寧に翻訳されており奥深い世界が描かれている。原書を読んだことが無いがこの翻訳書でも十分に村上ワールドが楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

大学生・大人向け洋書(英語学習)のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6686026の画像

    Vintage

  • 2
    アイテムID:6691464の画像

    Puffin Books

  • 3
    アイテムID:6691473の画像

    Independently published

  • 4
    アイテムID:6691480の画像

    Scribner

  • 5
    アイテムID:6691488の画像

    IBCパブリッシング

  • 商品名
  • Norwegian Wood
  • Charlie and the Chocolate Factory
  • The Moon and Sixpence
  • The Body
  • Alice’s Adventures in Wonderland
  • 特徴
  • 村上春樹の「ノルウェイの森」の英語版
  • 大学生やビジネスマンに向けた、洋書の入門書
  • ゴーギャンをモデルにした作家の人生が描かれる
  • ニューヨークタイムズのベストセラーを読む
  • 「不思議の国のアリス」を英語で読む
  • 価格
  • 964円(税込)
  • 900円(税込)
  • 901円(税込)
  • 1,138円(税込)
  • 660円(税込)
  • 著者
  • 村上春樹
  • Roald Dahl
  • W. Somerset Maugham
  • Stephen King
  • ルイス・キャロル
  • ページ数
  • 400ページ
  • 192ページ
  • 251ページ
  • 178ページ
  • 136ページ

英語学習のための洋書の読み方

英語学習のために洋書を読む場合には辞書を引かないで、分からない単語は文脈を読み取って、推測する習慣をつけましょう。何度も辞書を引いてしまうと、物語が進まなくて洋書を読むこと自体に飽きてしまう可能性があります。

 

分からない単語は印を付けるようにして、まとまったページ分の単語を後で、辞書で調べるようにすると良いです。単語をなるべく早く調べたい方は、紙書籍の洋書ではなく、Kindleなど電子辞書を使うようにしましょう。

 

また英単語でつまずかないためにも、自身の単語力をアップするのも良いでしょう。洋書を読む習慣を作るのは最初の頃がいちばん難しいですが、適度に頑張ってくださいね。以下の記事では英単語帳の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまで英語学習のための洋書のおすすめランキング10選を紹介しました。自分にとって読みやすそうな内容の洋書は、見つけられたでしょうか?初めてであれば、洋書を読むのにかなり苦戦すると思いますが、少しずつ頑張ってください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月16日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

英語オーディオブックの人気おすすめランキング10選

英語オーディオブックの人気おすすめランキング10選

本・雑誌
【2021年最新版】名作映画の人気おすすめランキング30選【邦画・洋画】

【2021年最新版】名作映画の人気おすすめランキング30選【邦画・洋画】

DVD・ブルーレイソフト
高校生向けの英語長文読解参考書の人気おすすめランキング15選【勉強法も解説】

高校生向けの英語長文読解参考書の人気おすすめランキング15選【勉強法も解説】

本・雑誌
単語カードの人気おすすめランキング10選【勉強やToDoリストにも】

単語カードの人気おすすめランキング10選【勉強やToDoリストにも】

文房具・文具
初心者向け哲学書の人気おすすめランキング10選【日本の哲学書も】

初心者向け哲学書の人気おすすめランキング10選【日本の哲学書も】

本・雑誌
【小説家監修】ミステリー小説の人気おすすめ作品33選【2021年最新版】

【小説家監修】ミステリー小説の人気おすすめ作品33選【2021年最新版】

本・雑誌