【3554票から選ばれた!】スポーツ漫画の人気おすすめランキング15選

記事ID6569のサムネイル画像

少年から大人までが愛読している週刊少年ジャンプの漫画。ジャンプの名作スポーツ漫画と言えば、皆さんはどんな作品を思い浮かべますか?今回はアンケート結果に基づいて、ジャンプのスポーツ漫画の人気オススメランキングをご紹介します。

アンケートで選ばれたのはどのスポーツ漫画か!

世界的に人気を博してる作品も多い週刊少年ジャンプの漫画。「ワンピース」や「ナルト」などといった作品をマイベストに挙げる人は少なくないでしょう。ですがジャンプのスポーツ漫画に、思い入れがあり大切な作品になっている人もきっと少なくないはずです。

 

「キャプテン翼」や「スラムダンク」といった、名作スポーツ漫画の魅力にどっぷり浸かり、インスピレーションを受けて、テーマのスポーツを志すきっかけになることもあります。みんなが選んだジャンプの名作スポーツ漫画は、どの作品なのか気になりますよね。

 

そこで今回はアンケート結果である、総投票数3554票に基づいた、ジャンプのスポーツ漫画人気ランキングをご紹介していきます。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?それでは早速結果を見ていきましょう!

アンケート結果一覧

順位 タイトル 作者 競技 得票数
1 SLAM DUNK 井上雄彦 バスケットボール 1191票
2 ハイキュー!! 古舘春一 バレーボール 546票
3 黒子のバスケ 藤巻忠俊 バスケっとボール 463票
4 キャプテン翼 高橋陽一 サッカー 289票
5 テニスの王子様 許斐剛 テニス 268票
6 アイシールド21 稲垣理一郎 アメリカンフットボール 146票
7 リングにかけろ 車田正美 ボクシング 71票
8 ROOKIES 森田まさのり 野球 69票
9 プレイボーイ ちばあきお 野球 45票
10 アストロ球団 遠崎史朗 野球 43票

ランキング結果は以上のようになりました!皆さんのお気に入りのジャンプのスポーツ漫画はランクインしていましたか?

 

まずは1位〜3位の商品を見ていきましょう!

まずは1〜3位を紹介!

1位

集英社

SLAM DUNK

価格:1,026円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

神懸かり的バスケ漫画

堂々の1位に輝いたのは幅広い世代から絶大な人気を誇る、「SLAM DUNK」です。なんと総投票数の1/3を占める、1191票を獲得しております。

 

作者は井上雄彦で、タブーされていたバスケットボール漫画をあえて世に送り出して、大成功をおさた作品です。1993年にはアニメ化もされており、バスケ、はたまた人生のバイブルとの呼び声が高いです。

 

リアルなキャラクター、繊細で躍動感あふれるタッチ、作者の圧倒的な画力も素晴らしですが、主人公やチームメイトだけではなく、ライバルたちも多くの登場人物たちが魅力的すぎるというのも、名作と呼ばれる理由の1つでしょう。

 

巻数24巻(完結)作者井上 雄彦
ページ数234競技バスケットボール

口コミを紹介

読まなきゃ、集めなきゃ、の名作中の名作です。全巻を通して笑いあり涙ありで、何年たっても褪せない感動を味わえますよ。幼すぎて連載当時の記憶はまったくありませんが、絵柄や台詞にもあまり時代の抵抗を感じることなく読める数少ない作品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

集英社

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

価格:484円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さな巨人が頂の景色を目指す王道ストーリー!

アンケートで546票を獲得して、2位になったのは「ハイキュー!!」です。2011年より連載がスタートして、現在も絶賛連載中であり、アニメ化や映画化などメディアミックスも展開しています。

 

バレーなのに身長が低い主人公が、他の背の高いライバルをあっと言わせるストーリーなのですが、単に主人公に才能があったというわけではなく、同じチームメイトとのコンビネーションで真価が発揮されるというのが、肝で面白く見入ってしまうポイントです。

 

魅力的な登場人物が多く、どのキャラクターもビタミンのように、読者にパワーを与えてくれるので、元気や情熱を求めている人にもおすすめですよ!

巻数40巻(最新)作者古舘 春一
ページ数192競技バレーボール

口コミを紹介

「友情・努力・勝利」の精神を受け継いでおり、
THE・ジャンプ漫画と思える王道の展開に年甲斐もなく胸が熱くなります。
漫画の描写も格好良く描かれていますが、アニメと合わせて観賞することでより具体的にプレーの動きを確認できるのでオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

集英社

黒子のバスケ

価格:440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャラ設定・試合内容が最高のバスケ漫画

3位にランクインしてベスト3に輝いたのは「黒子のバスケ」です。463票を獲得しており、総投票数の13%を占めております。

 

藤巻忠俊によるバスケ漫画ですが、1位のSLAM DUNKとは全然違うベクトルの作品です。アニメ化もされています。

 

登場キャラクターが良い意味で分かり易く、試合内容も色々な必殺技がバンバン炸裂するのですが、それが1つの漫画として最高でハマってしまいます。ユーモアでカッコいい美男子たちが多く登場するので女性にもおすすめです!

巻数30巻(完結)作者藤巻 忠俊
ページ数200競技バスケットボール

口コミを紹介

評判を聞いてお試ししました。テンポよく話が進みあっというまに読み終わりました。
続きを読みたい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

続いて4〜10位を紹介!

4位

集英社

キャプテン翼

価格:704円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

友情・努力・勝利をふんだんに盛り込んだサッカー漫画

289票を獲得して、4位になったのは「キャプテン翼」です。ボールは友達という名言は、日本人であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

日本だけではなく、世界のサッカー人口の増加に大きく寄与してきたり、メッシをはじめとする多くの一流プレイヤーからも支持されていたりと、サッカー界に大きな影響を与えたことは間違いありません。

 

ジャンプ漫画の3大要素とも呼べる、友情・努力・勝利がふんだんに盛り込んだサッカー漫画だからこそ、これほどまでに大ヒットしたのかもしれません。サッカーが好きな方も、そうでない方にもぜひ一度手に取って読んでもらいたい、そんなおすすめの作品です。

巻数21巻(完結)作者高橋陽一
ページ数352競技サッカー

口コミを紹介

読めば読むほどサッカーの楽しさ、素晴らしさが伝わってきます!
今すぐにでもサッカーをやりたくなる衝動にかられてきます!
やっぱり翼くんはすごい!!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

集英社

テニスの王子様

価格:429円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間離れした技が魅力的なテニヌ漫画

5位は許斐剛による「テニスの王子様」です。268票を獲得しています。

 

テニスをしていると思えば、全く別物の未知のスポーツ「テニヌ」になっていくというのが、この作品の最大の特徴でしょう。

 

シュールなギャクが好きな人、美男子が好きな人におすすめの作品です。新・テニスの王子様は現在もジャンプ・スクエアで連載中ですし、メディアミックスも多数行われているので、ハマればどっぷり楽しめる最高のコンテンツの1つになりますよ。

巻数42巻(完結)作者許斐 剛
ページ数192競技テニス

口コミを紹介

越前君の行くところ問題ありといった感じですが、卓越したテニスの技術もあり、
ものすごい自信と言動から、かえって、爽快感があります。
テニスがわからない方でも十分楽しめると思いますので、お勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

集英社

アイシールド21

価格:429円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィールド上の戦士達の熱い戦い!

146票を獲得して6位になったのは「アイシールド21」です。アメリカンフットボールが題材となったジャンプのスポーツ漫画で、おそらく唯一無二のジャンルでしょう。

 

稲垣 理一郎が原作で、ワンパンマンでお馴染みの村田 雄介が作画を担当しています。才能を開花させ弱小チームが強豪チームに挑戦していく、王道ストーリーであり必殺技も登場しますが、選手たちの心理も深く描いている名作です。

 

また登場キャラクターたちも非常に個性的であり、魅力にあふれております。ストーリー・キャラクター・絵といった漫画大切な要素が3拍子揃った作品なので、スポーツ漫画に抵抗がある方にもおすすめですよ。

巻数37巻(完結)作者稲垣 理一郎 (著)・村田 雄介 (イラスト)
ページ数208競技アメリカンフットボール

口コミを紹介

ギャグもありおもしろいです。
一度読んでみてください。
後悔はしないと思います。はい。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

集英社

リングにかけろ1

価格:528円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作者色が強いボクシングファンタジー漫画

7位にランクインしたジャンプのスポーツ漫画はは「リングに掛けろ」です。アンケートでは71票を獲得しています。

 

車田正美によるボクシング漫画であり、作者の色が良くも悪くも強い作品です。パンチを食らった選手がドームを突き破り星になる、ギャラクティカマグナム

 

0.1秒に左のみで5発のパンチを出す、スペシャル・ローリングサンダーなど、漫画ならではのめちゃくちゃな必殺技が多く、読み終わると声に出して繰り出したくなることでしょう。聖闘士星矢が好きな人はぜひ読んで見てください。おすすめです!

 

 

巻数25巻(完結)作者車田正美
ページ数242競技ボクシング

口コミを紹介

小中学校の時に少年ジャンプで読んでいました
電子で手軽に読めていい時代になりました

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

集英社

ROOKIES 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

価格:792円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間味が感じられる熱くて読みごたえある漫画

8位の「ROOKIES」は実写ドラマで知ったという人も多いでしょう。アンケートでは69票を獲得しています。

 

森田まさのりが作者であり、ドラマも感動しますが、原作となった漫画も「泣けた」「また読みたくなる」「心に刺さる名言が多い」という声が多数あがっております。

 

この作品を通して皆さんも、夢にときめき、明日にきらめいてみてはいかがでしょうか。老若男女幅広い世代におすすめできます。

巻数24巻(完結)作者森田 まさのり
ページ数328競技野球

口コミを紹介

面白い。終わり方もいい。スラムダンク好きは好きだと思っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

集英社

プレイボール

価格:814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昭和を代表する野球漫画

45票を獲得した、「プレイボール」が9位にランクインしました。昭和を代表する野球漫画、ャプテン・プレイボールの作者「ちばあきお」の作品になります。

 

この野球漫画は多くの魅力があります。特に優れているわけでもない主人公が努力で誰にも負けない選手になるところ。ただ努力するだけではなく、偵察したり練習方法を試行錯誤するところ。

 

支配運びも他の野球漫画にはない駆け引きがあるところ。そして途中で主人公が変わり意思を受け継ぐところ。もちろんそれ以外にも魅力はあります、さあもう既に読みたくなったのではないでしょうか。キャプテンと合わせて読むのもおすすめですよ。

巻数22巻(完結)作者ちばあきお
ページ数385競技野球

口コミを紹介

中学からテニス部に入りましたが谷口君に負けまいと球拾いから一生懸命やりました。週刊でプレイボールの連載が始まったときは本当にうれしかったし私の目標でもあった谷口君が高校へ行ってどうなるのか?本当にドキドキしながら読み始めたのを思い出しました。できれば今の子供たちに読んでもらって感想が聞きたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

太田出版

アストロ球団

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本当の意味で熱血すぎる漫画

10位に選ばれたのは、43票を獲得した「アストロ球団」です。画のタッチから分かるように、1972年(昭和47年)から1976年(昭和51年)にかけて、週刊少年ジャンプで連載されたスポコン漫画です。

 

殺人野球という言葉通り、登場人物たちは試合の中で重傷を負ったり、死んでしまったりします。ダイナミックで奇想天外な内容は、当時読んでも、今読んでも衝撃を受けること間違いありません。

 

真の熱血とは、真の漫画とは、このアストロ球団のことを言うのかもしれません。想像以上に面白いと唸るはずなのでおすすめです。

巻数5巻(完結)作者遠崎 史朗(原作)・中島 徳博(作画)
ページ数737競技野球

口コミを紹介

今まで、読むだけで体が熱くなり血が滾る漫画はありませんでした、しかし、この漫画を読んで、体が熱くなり血が滾り、心臓が鼓動を増し、汗が噴き出す、冗談ではなく本当なのです、それが熱血なのです、熱血の神様の様な漫画なのです、アストロ魂、アストロ球児達の魂は消える事もなく燃え続けるのです、アストロ万歳、熱血よ永遠に・・・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャンプのスポーツ漫画の選び方

少年から大人までが愛読している「週刊少年ジャンプ」には、名作と呼ばれるスポーツ漫画が数多くあります。いつの時代に連載していたのかが、読んだことがある作品、読んだことがない作品を分けるのではないでしょうか。

 

連載されている時代にかかわらず、名作と呼ばれるジャンプのスポーツ漫画は、いつ読んでもきっと面白く心を熱く震わしてくれるはずです。しかしどの作品から読むか迷ってしまいますよね。

 

ここでは、皆さんにピッタリの作品を見つけていただくための、スポーツ漫画の選び方についてレクチャーしていきます。

タイプで選ぶ

ジャンプのスポーツ漫画は、必殺技・インフレタイプと純粋技術向上タイプの、2つのタイプに分かれます。2つのタイプそれぞれの特徴について解説するので、自分の好みに合わせて作品を選んでみて下さい。

 

 

必殺技・インフレタイプ

アイシールド21に登場する小早川セナのデビルバットゴースト、テニスの王子様の手塚国光の手塚ゾーンなど、現実的に不可能である人間離れした必殺技が出てくるスポーツ漫画は、歴史が古くスポコン漫画ブームの時代からの伝統と言えます。

 

作品の設定上、物語の序盤からすでに主人公が超人的な能力や、必殺技を持っていれば、単純にその強さが魅力的で惹かれてしまいますよね。

 

常識外れのパワーを有した主人公のライバルたちも、同等かそれ以上のポテンシャルを秘めているので、ストーリーが進むにつれて、どんどん技術や能力、技のインフレが加速していきます。それが必殺技・インフレタイプの特徴であり王道パターンです。

純粋技術向上タイプ

絶大な人気を誇るSLAM DUNK、現在も連載中でアニメや劇場版にもなっているハイキュー!!などでは、ボールが消えたり、超人的な動きをする必殺技が登場せず、バスケやバレーの純粋な技術の向上で、ライバルたちとの熱い試合に打ち勝っていきます。

 

必殺技・インフレタイプに比べると、主人公・主人公チームの勝率が高くありません。それだけ実力が僅差であり、また現実と同じく運も左右しているのです。

 

本当に実在しているように感じられる選手たちが切磋琢磨する姿にも、シビアな人間ドラマにも心を打たれて、時に笑い涙を流すこともあるでしょう。そんな純粋技術向上タイプは、リアリティある作品が好きな人におすすめのスポーツ漫画と言えるでしょう。

単行本か文庫本で選ぶ

作品によっては、単行本の原作コミックスだけではなく、文庫本として販売されている場合があります。単行本・文庫本の違いはたくさんあり、1巻あたりの値段・収録話数・全巻の数などです。

 

ここではそれぞれの長所短所をまとめていきますので、どちらを選べばよいのか参考にしてみてください。

単行本(コミック本)

ジャンプ、スポーツ漫画に限ったことではありませんが、作品のキャラなどがフルカラーで1枚に大きく描かれている表紙が、とても魅力的で集めたくなります。

 

サイズが大きいので、一本一本の線で描かれている精密なシーンも、しっかり見ることができます。その反面、収納スペースがないと困ってしまうこともあるでしょう。

 

連載していた内容とほぼ変わらないものを読みたいのであれば、単行本(コミックス本)がおすすめです。

文庫本

単行本(コミックス)よりも単行本の方が、1巻あたりに収録されている話数が多く、本体価格も安いのでコスパが優秀です。また完結するまでの巻数が少なくなります。

 

文庫本は単行本のあとに出版されるので、単行本には収録されていないエピソードや、描き下ろしの話が収録されることがあります。サイズも1周り小さいので収納しやすく、紙も上質なものを使用しているので、日焼けしづらく破れづらいです。

 

サイズが小さくなるので、当然ですが絵や字も小さくなるので注意しましょう。ほかにも、表紙が違ったり(文庫本はどの巻もシンプルにまとめられることが多い)セリフが変わっていたりします。

競技で選ぶ

好きな競技、興味があるスポーツがテーマになっている作品から、読んでみるジャンプのスポーツ漫画を決めても良いかもしれません。

 

もちろん一切予備知識がなくても、漫画を楽しめてルールもなんとなく理解できる作品がほとんどです。ここでは競技のジャンルの1部をご紹介します。

野球

週刊少年ジャンプの野球漫画には、ROOKIES(ルーキーズ)、プレイボール、アストロ球団などがあります。ROOKIESはドラマ化もされている超人気作品であり、野球に興味がない人でもハマれるのでおすすめです。

サッカー

意外にもサッカーを題材している、ジャンプのスポーツ漫画はいくつかありますが、有名なのは「キャプテン翼」「ホイッスル!」でしょう。ジャンプのサッカー漫画はなかなかヒットせず、連載打ち切りが相次いでいる印象があります。最近では「シューダン!」がその1つです。

バスケットボール

ジャンプ漫画・日本の漫画・スポーツ漫画を代表する作品と言えば、多くの人が「SLAM DUNK」と口を揃えていうのではないでしょうか。SLAM DUNKはバスケットボールを題材にしたジャンプのスポーツ漫画であり、後の日本のスポーツ漫画に大きな影響を与えた作品です。

テニス

テニスと言えばやはり、許斐剛による「テニスの王子様」でしょう。テニスの王子様はアニメ化もされていますが、実写化されたミュージカルも大変人気であり、テニミュという用語が生まれたくらいです。

その他(マイナースポーツ)

日本ではあまり馴染みのない競技、すなわちマイナースポーツをテーマにしている作品もあります。アメリカンフットボールがテーマになっている「アイシールド21」は、20代から30代の人であれば、ドンピシャと呼べる作品なのではないでしょうか。

 

馴染み深く日本で生まれた伝統ある競技ですが、漫画ではテーマになることが少ない相撲をテーマにした「火ノ丸相撲」といった作品もありますよ。

巻数で選ぶ

一度、登場人物やストーリー、世界観に惹かれれば、なるべくずっとその作品を読み続けていたいと思うので、完結するまでの巻数は長ければ長いほど良い気がします。

 

しかし、大抵のスポーツ漫画には、1つの大きな目標があり、達成すれば晴れてエンディングを迎えて完結してしまいます。短ければ物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、全盛期を迎えているときのほうが、逆にきりが良いタイミングだったりするものです。

 

人によってちょうど良い巻数は変わってきますが、全ての巻を購入できるほど、お金に余裕があれば、興味を持ったスポーツ漫画を選べば良いと思います。どのくらいの時間を掛けて読み切りたいのかを目安にするのもありでしょう。

絵柄で選ぶ

正直なところ、絵柄を見て読むかどうかを決めるのはあまりおすすめしません。絵柄が苦手だから読まない、というのもよく聞きますが、苦手だったけど面白くて絵柄も好きになった。というのもよく聞きますよね。

 

ですがやはり、自分の好きな絵柄・画風だったりすると、興味をそそられてしまいます。表紙を見て直感的に面白そう、とピピッと来る人も少なくないでしょう。絵柄が良くて自分好みであれば、世界観や景色、キャラクターも魅力的に思えるものです。

 

スポーツ漫画においてもそれは同じですが、スポーツ、競技で大切な躍動感が出せているのかが、より大切なポイントなのではないでしょうか。

アニメ化されているかで選ぶ

アニメ化されえていれば、アニメを見てから漫画も読んでみることもできますし、反対に漫画を読んでからアニメを見ることもできます。アニメ化されていれば人気があるスポーツ漫画なので、選定基準になります。

アニメ化されている

ジャンプのスポーツ漫画の中でも、名作と呼ばれる作品の多くは、アニメ化されています。アニメではボールや選手の動きが滑らかに表現されるので、1つ1つのシーンをより想像しやすくなります。

 

また効果音も実際の音が使用されているので、漫画よりもリアリティに感じられるかもしれません。漫画を読み終えてからアニメを見始めると、好きになった作品を長く楽しめることができます。

 

声優さんで声が当てられていれば、感情移入しやすくなったり思い入れが強くなりますが、漫画原作を読んだ人からすれば、声がイメージと違ってがっかりした、なんてこともあります。

アニメ化されていない

アニメ化されていなくても、名作と呼べるジャンプのスポーツ漫画はあります。アニメ化されていなくても、読者それぞれの想像力を駆り立てられて十分に面白いです。社会現象まで引き起こしたROOKIESはアニメ化はされていませんが、実写ドラマ化・映画化されています。

スポーツ漫画のおすすめ作品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5207307の画像

    集英社

  • 2
    アイテムID:5207305の画像

    集英社

  • 3
    アイテムID:5207303の画像

    集英社

  • 4
    アイテムID:5207299の画像

    集英社

  • 5
    アイテムID:5207297の画像

    集英社

  • 6
    アイテムID:5207294の画像

    集英社

  • 7
    アイテムID:5207292の画像

    集英社

  • 8
    アイテムID:5207290の画像

    集英社

  • 9
    アイテムID:5207287の画像

    集英社

  • 10
    アイテムID:5207283の画像

    太田出版

  • 商品名
  • SLAM DUNK
  • ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
  • 黒子のバスケ
  • キャプテン翼
  • テニスの王子様
  • アイシールド21
  • リングにかけろ1
  • ROOKIES 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
  • プレイボール
  • アストロ球団
  • 特徴
  • 神懸かり的バスケ漫画
  • 小さな巨人が頂の景色を目指す王道ストーリー!
  • キャラ設定・試合内容が最高のバスケ漫画
  • 友情・努力・勝利をふんだんに盛り込んだサッカー漫画
  • 人間離れした技が魅力的なテニヌ漫画
  • フィールド上の戦士達の熱い戦い!
  • 作者色が強いボクシングファンタジー漫画
  • 人間味が感じられる熱くて読みごたえある漫画
  • 昭和を代表する野球漫画
  • 本当の意味で熱血すぎる漫画
  • 価格
  • 1026円(税込)
  • 484円(税込)
  • 440円(税込)
  • 704円(税込)
  • 429円(税込)
  • 429円(税込)
  • 528円(税込)
  • 792円(税込)
  • 814円(税込)
  • 980円(税込)
  • 巻数
  • 24巻(完結)
  • 40巻(最新)
  • 30巻(完結)
  • 21巻(完結)
  • 42巻(完結)
  • 37巻(完結)
  • 25巻(完結)
  • 24巻(完結)
  • 22巻(完結)
  • 5巻(完結)
  • 作者
  • 井上 雄彦
  • 古舘 春一
  • 藤巻 忠俊
  • 高橋陽一
  • 許斐 剛
  • 稲垣 理一郎 (著)・村田 雄介 (イラスト)
  • 車田正美
  • 森田 まさのり
  • ちばあきお
  • 遠崎 史朗(原作)・中島 徳博(作画)
  • ページ数
  • 234
  • 192
  • 200
  • 352
  • 192
  • 208
  • 242
  • 328
  • 385
  • 737
  • 競技
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • バスケットボール
  • サッカー
  • テニス
  • アメリカンフットボール
  • ボクシング
  • 野球
  • 野球
  • 野球

まとめ

漫画からスポーツに興味を持ち、自分もそのスポーツを始める方も少なくないです。読者によっては人生の教訓にもなるであろう、ジャンプのスポーツ漫画をぜひ読んでくださいね。
 
 
 
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。 投票数合計:3,554票 調査期間:2018年9月08日~2018年9月22日

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ