ミステリーの洋書の人気おすすめランキング10選【原書を読みたい方に!】

記事ID13057のサムネイル画像

展開が気になってどんどん読み進めてしまうミステリー小説。海外のミステリー小説は原書で読むとリアルな雰囲気が伝わりやすくなります。そこで今回はミステリーの洋書でおすすめの商品を紹介します。英語のレベルも簡単なものから上級者向けまであるので無理せず楽しめます。

今回の記事では数ある洋書の中から「ミステリー」の洋書を厳選しておすすめの洋書をご紹介させていただきます。しかし、洋書とひとくくりに言っても「ミステリー」だけではありませんよね。洋書にはミステリー以外にも数多くのジャンルがありますよね。そこで、下記記事ではおすすめの洋書を幅広くご紹介させていただいています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

洋書のミステリーの魅力

英語圏で暮らしていた方はもちろん英語を学習している方、英語が好きな方など洋書に触れる機会のある方は多くいます。洋書の中でもつい先が気になって読んでしまうようなミステリーは自然とページが進みやすいいジャンルです。

 

実は、一言でミステリーといっても英語の難易度やストーリー展開の分かりやすさなど様々です。そのため、自分の読みたいレベルに合わせたものを選ばないと結局よくわからなかった、で終わってしまう可能性があります。

 

そこで今回は洋書のミステリーのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングはページ数、著者、電子書籍の有無の3つのポイントを基準に作成しました。ぜひ参考にしてみてください。

ミステリー洋書の人気おすすめランキング10選

10位

UK edition

THE MOONSTONE

価格:1,195円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

古き良きイギリスの風景が浮かぶ小説

このミステリー小説の舞台は1800年代のイギリスです。当時の文化や思想、社会の様子が色濃く反映されているのでミステリーが好きな方はもちろん、歴史が好きな方も楽しむことができます。ページ数は470ページあり、読みごたえも十分です。

 

小説は関わりのある登場人物の残した記録をつなげて読み進めるような流れで進んでいきます。現代のように通信手段が発達していないのでもどかしく感じるような展開もありますが、それもまた当時の雰囲気を味わえる理由の一つになっています。

 

英語の難しさはボリュームを除けば少し古い表現が使われていることのみです。イギリスの昔の英語表現がそのまま出てくるのであまりなじみのない方にとっては少し読みにくく感じてしまうかもしれません。

ページ数470ページ著者wilkie collins
電子書籍

口コミを紹介

英語の古さを言う方々がいらっしゃいますが、素人の私には気になるような点はほとんど見当たりません。むしろCollinsの文体は極めてスタンダードでわかりやすいと思います。ただこの小説では、当時のイギリス人の持つ「インド」に対するイメージが前提になっているようで、そこを少しでもフォローできればサスペンスの魅力が増すのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

:Numitor Comun Publishing

The Big Sleep

価格:1,163円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レイモンドチャンドラーの代表作

大人気のハードボイルド作家、レイモンド・チャンドラーの代表作の一つです。とても有名な作品なのでセリフや言い回しなどが引用されていることも多く、知らず知らずのうちに目にしている方も多いです。

 

ファンの方には人気の要因なのですが、当時の英語の言い回しがそのまま使われているので英語を勉強中のかたはハードルが高く感じてしまうこともあります。そのため英語を勉強中の方向けに内容はそのままで表現を分かりやすくしたものも出版されています。

 

英語の文章を読む練習として読みたいけど内容も知りたいという方におすすめです。また、日本でも有名な作家や翻訳家が何名も訳を出版しています。原作と合わせて読んでみてもまた新しい理解につながります。

ページ数256ページ著者レイモンド・チャンドラー
電子書籍

口コミを紹介

色々なところに引用されているので、有名なハードボイルド作家とは知っていたが、読んだことがなかったので、代表作というこの本を読んでみようと思いたった。時代は古いが、まるでジェームス・ボンドと思ったら、イアン・フレミングが影響を受けたことを後で知った。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

HarperCollins

Master of the Game

価格:560円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飽きのこないストーリー展開で最後まで楽しめる

ストーリーを楽しむためにも英語学習の教材としてもぴったりの作品です。ストーリー展開はしっかりと楽しめるものの複雑すぎることはないので英語を勉強中の方でも抵抗なく読むことができます。時々珍しい単語は出てきますが、全体の読解に影響を与えるほどではありません。

 

英語力に自信のない方には電子書籍で購入してサポート機能を利用するのもおすすめです。また、登場人物は個性的なキャラクターが多く、サイコパスだけでなくソシオパスと呼ばれるタイプの特徴を持つ人物も複数登場します。

 

ソシオパスはサイコパスと比べて一見魅力的に見えてしまうという危険性も持ち合わせていますが物語では良い味を出しています。

ページ数著者シドニー・ジョルダン
電子書籍

口コミを紹介

一度、日本語版を読んでから読んでます。正解でした。私の英語力では途中で???になると思います。物語は複雑な人間関係がなくストレートに読めますし面白いです。ただ注意点はWord Wise機能が助かるのですが、たまに物語と関係ない方の単語訳になったりします、それと最初にアイルランド系の単語が出てきて戸惑います。でも最初だけのようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Grosset & Dunlap

Hardy Boys

価格:1,057円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少年探偵団が大活躍するシリーズ

この作品は優秀な探偵を父に持つ少年たちが少年探偵団として身の回りで起きる事件について調べて解決していくシリーズです。少し前の時代なのでストーリーや登場する小物がレトロな部分が多くありますが、それがまた趣になっています。

 

レトロな時代を感じることができる小説が好きな方にはぴったりです。また英語の表現も難しい部分が少ないので英語を勉強し始めたばかりの方でもすぐにストーリーを楽しむことができます。シリーズものなので雰囲気を気に入ったらいくつもの話を楽しむことができます。

 

簡単な英語で書かれていて、登場するのも少年探偵団ですが、大人も十分に楽しむことができます。年代によっては懐かしさを感じるような描写もあります。

ページ数192ページ著者フランクリン・ディクソン
電子書籍

口コミを紹介

誤解をおそれず言ってしまうと、Hardy親子は「明智小五郎と小林少年×2」のイメージである。仲間たちとの共同調査は少年探偵団を連想させる。江戸川乱歩がもしこれを読んでいたら(読んでいたかどうかは知らないが)、大いに参考にした部分もあったのではないか。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

HarperCollins Publishers Ltd

The Murder at the Vicarage

価格:1,019円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アガサ・クリスティーの有名なミステリー小説

ミステリー好きな方なら知らない方はいないというほど有名なアガサ・クリスティーの作品です。ミステリーに興味がなくても名前だけは知っているという方も多いでしょう。この作品に出てくるマープルという登場人物はアガサ・クリスティーの作品にたびたび登場する人物です。

 

この作品は探偵のマープルが初めて登場したものです。鋭い推理とほっこりする言動のギャップが魅力的でファンも多い人物です。ミステリーの本筋である事件の解決だけでなく登場人物それぞれの特徴を的確に表している表現も楽しむことができます。

 

アガサ・クリスティーらしい最後まで気が抜けないストーリーの展開や当時の背景が伝わってくる丁寧な描写も堪能することができます。

ページ数259ページ著者アガサ・クリスティー
電子書籍

口コミを紹介

登場人物の描写が、とてもユーモラスで面白い。牧師、奥さんのグリゼルダ、メイドのメアリー、大佐、奥さんのアンヌ、娘のレティス、画家のローレンス、村の暇なおばさん達、実直な医者など、ユーモアをもって、明瞭に描き分けている。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Orion Publishing Group Limited

Gone Girl

価格:3,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上級者向けのミステリー小説

この作品は412ぺージと長編な上にスラングや耳慣れない表現がちりばめられているので英語上級者もしくはネイティブの方に向いています。難しい単語ばかりではないので英語を勉強中の方でも調べながら読むことは十分に可能です。

 

ストーリー展開は2人の登場人物それぞれの視点で交互に描かれるので切り替えを見逃すといきなり時系列がおかしくなったように誤解する可能性があります。ストーリーの内容は後半で一気にテンポアップします。

 

夫婦間の攻防や彼らが関わる個性的な人物のおかげで長い物語を飽きることなく最後まで読み切ることができます。この作品は映像作品としてDVDも発売されているので一通り読んでみた方は映像で見ると新鮮な気分を味わえます。さらにあまり英語が得意でない方は一度映像で見てから読むと世界観が分かりやすくなります。

ページ数412ページ著者ギリン・フリン
電子書籍

口コミを紹介

映画を見てなんとなくなぜなんだろうと腑に落ちなかったことがよーく理解できました。小さい子どもの時から、つねに親からのそして周囲からのパーフェクトを求められて育った子供の心理状態と、大人になって結婚して現実に直面してどうなったか。それぞれの視点から書かれているので、とても面白かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Anchor

The Da Vinci Code

価格:1,042円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラマにもなった名作を原書で

ダビンチコードといえば、日本国内でもドラマとして公開されていた作品です。芸術のことは分からないけどこの作品は知ってるという方も多いです。暗号を解析していくというストーリーなので英語で読むのは難しそうと感じる方もいるかもしれませんが、実際はとても読みやすい文章です。

 

また、芸術についてだけでなく時代や宗教の移り変わりについても考えるきっかけになる作品です。そのためストーリーを楽しむ目的にはもちろん英語学習の教材としても適しています。

ページ数624ページ著者ロバート・ロンドン
電子書籍
2位

MacLehose Press

The Girl with the Dragon Tattoo

価格:1,370円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一気に読める長編小説

この作品はページが600ページ以上ととてもボリュームがあ小説です。一見読むのが大変そうに見えますが、つい続きが気になってしまうような感じですっと読み進めることができます。

 

事件の内容はもちろん読んでいくと当時のスウェーデンの様子や社会がうかがえます。そのため歴史が好きな方にもおすすめできる1冊です。

ページ数672ページ著者
電子書籍

口コミを紹介

登場人物の女の子(サランダー)に魅了された。今まで読んだ本の中にはいないタイプでありながら、身近にいそうな感じで好感がもてる。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Hodder & Stoughton

The Bone Collector

価格:1,164円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専門用語も出てくる本格的なミステリー

途中グロテスクな表現も出てくるので好みは分かれるかしれませんが、専門用語も程よく取り入れられた本格的なミステリー小説です。専門用語に関しては用語集があるので読むときに気になってしまう場合は先に確認しておくと読みやすくなります。

 

さらにこの作品は映画化もされるほど人気があり、主人公と周りのやり取りも含めて幅広い世代の方に楽しまれています。長さも長めなので本格的なミステリー小説をじっくり読みたい方におすすめです。

ページ数482ページ著者ジェファレイ・ディーバ
電子書籍

口コミを紹介

科学捜査の専門用語が結構出てくるので、慣れないうちは少し読みにくいかもしれませんが、読むうちにどんどん引き込まれていきます。 実は、巻末にリンカーンライム自身による用語辞典がついているのですが、Kindle版で読んだ私は最後までこの存在に気づきませんでした。 

出典:https://www.amazon.co.jp

まとめ

今回は洋書で読めるミステリー小説について紹介しました。英語の勉強としても、ミステリー小説を原書で楽しむためにもおすすめの10冊です。ぜひ読んでみてください。

 

また、今回の記事では「ミステリージャンル」に絞っておすすめの洋書をご紹介させていただきました。しかし、洋書はミステリーだけではありませんよね。そこで、下記記事ではミステリーに限らず幅広くおすすめの洋書をご紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ