洋書の人気おすすめランキング15選【これを読んだら世界が広がる】

記事ID6788のサムネイル画像

洋書って読むのにハードルがありますね。趣味や語学学習、目的はどうあれ、何の情報もなければ悩んでしまうことでしょう。今回はそんな洋書のなかでも、特に世界的に評価されている偉大な文学作品からピックアップする形で、洋書おすすめランキングを作成しました。

洋書で触れる偉大な世界文学

あなたは読書をしていますか。たくさんの本があり、本を読むたくさんの目的があります。楽しむため、勉強のため、さまざまにあります。日本語以外の言語で書かれた洋書を読むことにしても同様です。とくに日本でしたら英語が身近な外国語になっています。「洋書=英語の本」というイメージが大きいでしょう。

 

今回はそんな英語で読める洋書を、とくに小説本に限ってランキングを作成しています。英語で読める小説は数多くありますが、世界的に評価をされた文学性が高いもの、それでいて和訳や副読本なども充実した読むことの敷居がそう高くない作品を選りすぐってご紹介いたします。

 

今回は、あらゆる時代を網羅した世界文学のランキングをさらに網羅したという海外サイトのランキング、それに加えて、日本の読者の入手しやすさ本の読みやすさを基準に洋書のおすすめ人気ランキングを作成しました。洋書の選び方と共に参考にしてみてください。

洋書の人気おすすめランキング

15位

IBCパブリッシング

風と共に去りぬ

価格:1,284円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴史の流れに翻弄されながらも強く生きる女性の姿

『風と共に去りぬ』は小説よりも舞台や映画などで知っている方が多いかもしれません。南北戦争下のアメリカはジョージアを舞台に、農園主の娘スカーレット・オハラが、大きな歴史の流れのなかで故郷を守ろうとする物語です。

 

夫となるレット・バトラーとの恋模倣も見所でありながら、恋に愛にと奔放に生きるスカーレットが故郷の家であるタラを守ろうと心を固めるまでのドラマが、文学史上に永遠に輝く作品として語り継がれています。

発売日2017/7/18ページ数236

口コミを紹介

スカーレットならではのいいまわしとか英語でいう強気な女性のしゃべり方など、勉強になりますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

IBCパブリッシング

エドガー・アラン・ポー名作選

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界史上初の推理小説作家は短編が得意

推理小説、怪奇小説、そして短編小説の名手と謳われるエドガー・アラン・ポー。世界史上初と言われる推理小説である『モルグ街の殺人事件』を手掛けていて、その作中には密室事件と名探偵も登場しています。後の世への文学的影響力は計り知れません。

 

『黒猫』『黄金虫』などでも知られるポーの作品は短編が多く、小説のボリュームから言っても読みやすい部類になります。

発売日2019/3/16ページ数145

口コミを紹介

短編を一つ一つ読み終わってからジワジワとくるあのゾワッとした感覚。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

IBCパブリッシング

動物農場

価格:1,045円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

農場の動物たちに見る人間社会の傑作風刺小説

ジョージ・オーウェルの傑作風刺小説として知られる社会派作品。舞台は荘園農場。横暴な農場主に苦しむ動物たちは結託し、自分たち動物のための農場を実現しようと革命を起こします。しかし人間を追放した後には権力を手にした豚による独裁だった……。

 

物語はロシア革命で起こったことを寓意的に描いたものとして知られ、農場を舞台にしながら人間社会における権力の発生と堕落を描いたものとして読める小説です。風刺小説の白眉として知られ、読みごたえのあるおすすめの一冊になっています。

発売日2012/12/21ページ数136

口コミを紹介

良くも悪くも主体性をもって行動しているものと、洗脳されそうなれなかったものの成れの果てのコントラストが、何とも言えない切なさとして心に刻まれる一冊です。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

講談社インターナショナル

老人と海

価格:1,045円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大自然に生きる老人の勇敢さとロマン

ひとりの老いた漁師が小舟で漁に出て、巨大なカジキマグロと格闘して、結局徒労に終わる物語。あらすじだけ知っている方も多いでしょうが、同時にあらすじだけではいまいち魅力が伝わらない小説でもあります。しかしこの小説も世界文学の名に恥じない名作なのです。

 

ヘミングウェイは息の短い文章で場面を切りとる文体で知られています。言い換えれば、長文によってではなく、短文を積み重ねることによって物語を紡ぐのです。ひとつひとつの英文の重みを噛み締めながら読むことができるおすすめの洋書です。

発売日1998/12/11ページ数116

口コミを紹介

簡潔かつシンプルな表現が多く、複雑な表現なしにここまで伝える事ができるのかと感心しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

IBCパブリッシング

変身

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

朝目が覚めたら家族の厄介者になる文学作品

年老いた両親と妹を養う主人公グレーゴル=ザムザが、ある朝目覚めると毒虫に変わっている。このあらすじを知っている方は多いのではないでしょうか。厄介者になってしまったザムザを巡って家族にいろいろな反応が起こるのがあらすじです。

 

不条理文学の最も有名な作品であると同時に、さまざまな解釈ができることでも知られた世界文学に冠たる小説です。あまりに突飛な設定なのでかえって映像として浮かびやすく、洋書で読むのにもおすすめの一冊となっています。

発売日2016/2/26ページ数110

口コミを紹介

100年前の引きこもり文学。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

IBCパブリッシング

ジェーン・エア

価格:770円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不遇の少女が運命の相手と出会う物語

幼くして両親を亡くしたジェーンは叔母に引き取られますが、そこで待ち受けていたのは叔母家族からの冷たい仕打ち。ようやく叔母の家を抜け出したと思った寄宿学校でも、やっぱり不遇の身。しかし成長したジェーンは運命の出会いをする。

 

不遇の少女が幸せをつかむ。物語の筋は珍しいものではなく、むしろありきたりなものでしょう。しかしそれがかえって主人公への感情移入や物語の流れを読み取りやすくしています。世界中で読み続けられているおすすめの名作小説です。

発売日2005/7/22ページ数216

口コミを紹介

会話が多く比較的読みやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

IBCパブリッシング

ガリバー旅行記

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人からも子どもからも愛される風刺小説

嵐で船が難破したガリバーが流れついたのは身長15センチの小人の国だった。そうはじまるのが全4篇の最初にあたる「リリパット国編」。ファンタジックな旅行記のかたちを取りながらも当時のイギリス政治を批判する一級の風刺小説でもあります。

 

現実の政治を批判する寓意的な物語であるばかりではなく、これまでに描かれた政治学入門の最高傑作とも謳われています。この小説の元の言語である英語で読むことには、単に物語を楽しむだけではないおもしろみがあるでしょう。

発売日2014/3/22ページ数112

口コミを紹介

ネタバレになるので詳しくは書きませんが非常にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

IBCパブリッシング

1984

価格:1,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ディストピア小説の世界最高峰

舞台は第三次世界大戦の後の架空世界。かつて英国と呼ばれていたその場所では個人のプライバシーはなく、男女の性愛も罪とされていました。子が親を通報するのが美徳とされ、日記を書くことも犯罪になる。そこで主人公ウィンストンは隠れた思想犯罪者として暮らしている。

 

「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」や「史上最高の文学100」などにも必ずタイトルが挙げられるほどのディストピア小説の最重要作品。現代の世界を考えるうえでも必読の書と言っていいこの小説を、ぜひ原文の息遣いで堪能してみてください。

発売日2017/6/21ページ数223

口コミを紹介

はじめの方は内容がスッと頭に入って来ず読みにくさを感じましたが慣れてくるとどんどん読み進められました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

IBCパブリッシング

高慢と偏見

価格:1,069円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恋を邪魔立てする高慢と偏見

舞台は18世紀末の女性に財産相続権がなく、いかに条件の良い結婚をするかが女性にとっての全てだった時代のイングランドの田舎町。5人の娘をもつベネット家の近所に独り身の資産家が引っ越してくることで物語ははじまります。

 

タイトルになっている「高慢と偏見」は男女の恋愛関係につきまとう厄介な感情として知られています。常識が邪魔立てしてうまくいってくれない恋を丁寧な筆致で描き出した、おすすめのイギリス文学を、ぜひ原語で触れてみてください。

発売日2009/7/27ページ数170

口コミを紹介

良かったですよ。オースチンの他の作品も気になります。映画版も観てみたいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

IBCパブリッシング

嵐が丘

価格:1,069円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界文学屈指の復讐劇

アーンショーの一族が住む屋敷「嵐が丘」に移り住んだ主人公ロックウッド。物語は彼がかつて嵐が丘の家政婦だったネリーから話を聞くことで進みます。アーンショー家にひとりの孤児が引き取られたことで、一族に不和の兆しが立ち込める……。屈指の復讐劇です。

 

小説家エミリー・ブロンテの唯一の長編小説は20世紀に入り、英文学の三大悲劇とまで評されます。登場人物が多く、物語も複雑ですので読むのにもかなりの読解力が必要です。とはいえ復讐劇とあって、想像力を駆使しながら読んで得られるカタルシスは無類です。

発売日2017/7/12ページ数147

口コミを紹介

この物語では、人間の悪意、怨念、情念、愛憎が親子二代の時間の流れの中で描かれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

IBCパブリッシング

不思議の国のアリス

価格:963円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

言葉遊びとユーモアが楽しい英国文学の傑作

服を着たしゃべる白ウサギ、キセルを吸うイモムシ、にやけ笑いのチェシャ猫。いずれも『不思議の国のアリス』のなかの登場人物です。物語だけではなくユニークなキャラも魅力的で、子どもも大人も楽しめる小説です。

 

論理学者である作者ルイス・キャロルがひとりの少女に向けて書いた物語でありながら、巧みな言葉遊びとナンセンスなユーモアが大人も楽しめる作品になっています。児童文学のみならず英国文学、いや世界文学に冠たる本作をぜひ洋書で堪能してみてください。

発売日2005/7/22ページ数176

口コミを紹介

作家の想像力のたくましさを存分に堪能した一冊だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

講談社インターナショナル

ライ麦畑でつかまえて

価格:858円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

思春期の心境を描いた青春小説の傑作

大人たちの虚栄に飾られたニューヨークの街。たったひとりでさまよう16歳の少年の目に映るあれこれ。主人公の少年ホールデン・コールフィールドのまやかしに満ちた文明を批判する視線は、多くの国で若い世代からの共感を得ています。

 

世界文学のなかで青春小説の金字塔として知られる『ライ麦畑でつかまえて』。アメリカのティーン・エイジャーの日常的な言葉使いが読めるので、英語の学習者にとっては一石二鳥のおすすめ小説です。

発売日1997/4/1ページ数326

口コミを紹介

くだけた文で面白いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

IBCパブリッシング

ハックルベリー・フィンの冒険

価格:963円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ文学はここからはじまった

社会的メッセージを感じさせない『トム・ソーヤの冒険』の続編に位置付けられながら、学術的な研究の対象にもなるほどに19世紀のアメリカ社会を色濃く描いてる作品です。家族、信仰、差別、道徳などのヘビーなテーマを巡りながら、ミシシッピー川の流れを冒険する小説になっています。

 

奴隷制のあった頃の物語とあって、現代に読むと理不尽なところのある『ハックルベリー・フィンの冒険』ですが構成もシンプルで比較的読みやすい小説です。アメリカ文学はここからはじまったとさえ評される作品ですので、洋書でチャレンジするしがいのある一冊でしょう。

発売日2005/7/22ページ数160

口コミを紹介

難しい単語は無いのですらすら読めます。
トムと再会してからがとんでもなく面白く、久しぶりに本を読んで爆笑しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

IBCパブリッシング

シェイクスピア四大悲劇

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界でもっとも有名な劇作家

ルネッサンス時代のイギリスで活躍した劇作家シェイクスピアの名前や作品を知らないままでいることは難しいでしょう。世界中で愛され、多くの作品に引用されています。なかでもシェイクスピア悲劇は評価が高く、文学史上の最高峰として語られることが多いです。

 

シェイクスピアの四大悲劇「ハムレット」「オセロー」「リア王」「マクベス」は世界文学の番付の常連です。文学に暗い人でも教養のつもりで読んでみるには打ってつけのビッグネームですし、ひとつの作品の長さも厚くないことから、洋書で読むにはおすすめの小説です。

発売日2015/10/27ページ数118

口コミを紹介

読みやすいです!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

IBCパブリッシング

グレート・ギャツビー

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

巨万の富では満たされなかった一途な男の偉大な物語

巨万の富を築き、豪華な邸宅に住むギャッツビー。しかし彼がいったい何者なのかはわからない。第一次世界大戦の後の虚栄の都市ニューヨークを舞台に、一途な恋に身を捧げた男の悲劇的な生涯を描いたアメリカ文学の金字塔的な小説です。

 

人物の気高さや悲喜劇性、深く重みのあるセンチメンタルを備えた物語ばかりではなく、英語の名文としても知られる格調高い文章を楽しむことができます。翻訳を読んでファンになった方が原文の美しさを求めて英語で書かれた原著を手に取る理由も納得できる、おすすめの小説です。

発売日2012/2/18ページ数174

口コミを紹介

一度見ただけではピンとこないことが多い。しかし、一度本棚に置いたこの本を再び手にするとき、間違いなく一度目に見たときよりも多くの情景が浮かんでくるだろう。

出典:https://www.amazon.co.jp

洋書の選び方

小説に限らず、洋書もバリュエーションが豊富です。前情報や案内もなしに読もうとする洋書を選ぶことは大変でしょう。ここではそんな洋書の選び方をご紹介していきます。

ボリュームで選ぶ

どの本にもボリュームがあります。分厚い本もあれば、薄い本もある。洋書も同じです。読み慣れていない人にとっては、ページ数の多い本だと読むのが大変になってしまうでしょう。ですので、洋書を選ぶときにも読者としての自分に見合った本を選ぶことが大切です。

 

洋書を読む際に、薄い本からもしっかり内容を把握できるようになれば、分厚い本であっても読み通す力がついてきます。ぜひ、洋書を選ぶときには本のボリュームを意識してみてください。

難易度で選ぶ

日本語の本でさえ、読んでいて文章に付いて行くことが難しいものあるように、洋書にも本の内容が理解できない場合があります。その理由は読解力不足や知識不足、つまりは語学力に掛かってくると言っていいでしょう。

 

洋書を選ぶときに重要になってくるのが読者である自分自身の語学力のレベルです。読解力に不安がある場合は「ラダーシリーズ」「講談社ルビー・ブックス」などを手に取ってみるのもおすすめです。

 

洋書を読むときには、ぜひ自分がどの程度の難易度の本が読めるのかを意識してみてください。

目的から選ぶ

たいてい、何かの本を読むとき理由があります。もちろん洋書にも。とくに日本語で書かれた本が多い日本で、あえて洋書を選ぶ人にはなんらかの目的意識がある場合のほうが多いでしょう。ここではそんな目的別の洋書の選び方をご紹介します。

語学学習

読む洋書を選ぶときに語学学習を目的にした選び方があります。自分が学んでいる言語で書かれた本を読むことで、当該言語における自分の文章読解の能力を知ることができると同時に、まだ知らなかったフレーズにも出会うことができて、勉強にもなります

 

また、読む本の難易度から自分の学習進捗のレベルを把握することもできます。子ども向けの本から読みはじめたのが、次第に大人向けの本まで読むことができるようになっている。そうして自分の言語学習の上達を実感することができるのです。

 

洋書を選ぶときに迷われる方は、以上の観点を念頭において語学学習を目的に選んでみてください。

速読・多読

読む洋書を選ぶときに速読・多読を目的にした選び方があります。語学学習の一環として意義付けることもできますし、ライフワークとしてたくさんの洋書を読みたい方もいるでしょう。単純に読み終わったときの達成感を求める方もいるかもしれません。

 

速くあるいは多く本を読むことを目的にしている場合には、あまり分厚い本では時間が掛かってしまい、好ましくありません。継続的に読むことを習慣付けたかったとしても、一冊に手間取っていては意欲の低下に繋がりかねません

 

速読にしろ多読にしろ、あまりボリュームのない本から徐々に、洋書を読んでいくうえでの勘を培っていくことが大切になります。よろしければ参考にしてみてください。

音読・朗読

読む洋書を選ぶときに音読・朗読を目的にした選び方があります。自分の口で言い耳で聴くことを意識した語学学習の一環として位置付けることもできますし、シンプルに洋書での朗読をしたい方向きの選び方でもあります。

 

本には音読・朗読に向き不向きがあります。単純に自分の感覚に合う合わないということもあるでしょうが、多くの人に愛される「声に出して読みやすい文章」があることもたしかです。

 

多くの場合、声を意識して書かれた文章──名スピーチ・名文・名詩など──が音読・朗読に向いている作品となっています。文芸作品などがそうです。そのような観点で洋書を選ぶのが発声することを目的とした選び方です。

 

 

精読

読む洋書を選ぶときに精読を目的にした選び方があります。辞書を片手にしてじっくり向き合うことで、より豊かに読むことができるのです。語学学習における文法確認や、古典研究などで見られる選び方です。

 

精読を目的とする場合には、簡単な本ではいけません。時間を掛けて正確に読むなかで新たな発見を得られるくらいでなければ精読にはなりませんから。ですので、精読を目的とする場合には、名作や古典などの「読み応えのある洋書」が選ばれることになります。

 

以上のように、じっくりと一冊を読み込むことを目的にした洋書の選び方もあるのです。

ジャンルで選ぶ

洋書にはジャンルで選ぶ方法がります。読みたい本を選ぶときに、自然と特定のジャンルの本ばかり読んでいるときの「ジャンル」のことですね。ここでは洋書を選ぶ際のジャンルをご紹介します。

文芸

文芸はおもに小説や詩などのことです。とくにジャンル分けをする必要のないオーソドックスな区分ですが、内容がハードなものやソフトなものもあるので、選ぶ際には自分の読解レベルに見合った本を選ぶといいでしょう。

 

これと言って目当てのジャンルがない場合には、ひとまず文芸ジャンルから気になる洋書を選んでみてください。

ミステリ

謎解きモノがお好きな方におすすめなのがミステリーです。何か不可解な事件が起こり、ストーリーはその謎の解明に向けて進んでいく。事実のロジックをしっかり把握する必要があるので、読者のほうでも正確に文章を読み解く力が要求されるでしょう。

 

謎解きがお好きな方はぜひ、ミステリーのジャンルから洋書を選んでみてください。

SF・ファンタジー・ホラー

SF・ファンタジー・ホラーに関心がある方はそれらのジャンルから読む洋書を選んでみるといいでしょう。いずれも超常的な出来事が起こる、想像力が刺激されるジャンルです。

 

しかし状況設定や世界観などによっては馴染みのない単語が出てくることもあり、しばしば語彙力が試されることになるジャンルでもあります。

 

超常的な物語がお好きな方は、ぜひSF・ファンタジー・ホラーのジャンルから洋書を選んでみてください。

ラブロマンス

恋愛物語が好きな方はラブロマンスのジャンルで洋書を選ぶのがいいでしょう。情熱的なロマンチック・ラブ、もしくは理想的なプラトニック・ラブ。それらの非現実的な恋模様に対して、現実的な恋愛もまた描かれます。

 

そうした恋愛物語がお好きな方はぜひ、ラブロマンスのジャンルで洋書を選んでみてください。

児童書

子ども向けに書かれた作品がお好きな方におすすめなのが児童書のジャンルです。侮るなかれ、子どもを対象にしているということは読みやすい文章で書かれていることなのであり、読解力に多少の不安があってもとっつきやすいのです。

 

なかにはイラストが付いているものもあり、自分がいったいどんな文章を読んでいるのかのイメージがしやすいといったメリットもあります。ぜひ児童書のジャンルで洋書を選んでみてください。

ヤングアダルト

児童書じゃあ内容が物足りない、だけど大人向けを読むには自分の力量に不安がある。そんな方におすすめなのがヤングアダルト作品です。

 

ヤングアダルトといっても決して幼稚な物語ではなく、大人が読んでも読み応えのある作品がたくさんあります。純粋にヤングアダルトが好きな方もいるでしょう。ぜひ、このジャンルから洋書を選んでみてください。

ノンフィクション

架空の物語ばかりではなく、実際に起こった出来事について書かれた本が読みたい!そういった方におすすめなのがノンフィクション作品です。実在の人物や団体、土地やそこで起こった事件を題材にした小説ですね。

 

事実は小説より奇なり」とも言います。事実の不思議を楽しみたい方はぜひ、ノンフィクションのジャンルから洋書を選んでみてください。

ビジネス・実用

読書に有用性を求めている方におすすめなのがビジネス・実用のジャンルです。生活や仕事にすぐに役立てることのできる情報をまとめた本は、国内外に多くあります。そうした使える情報が翻訳される前に、その本が書かれた元の原語でキャッチできたら情報強者になれますよね。

 

有用性を求めて本を読みたい方はぜひ、ビジネス・実用のジャンルの洋書を選んでみてください。

 

サイエンス

フィクションよりもサイエンスが大切だ!と考える方もいるでしょう。文芸作品を娯楽として楽しむよりも科学の知識を教養として身に付けたい。そんな方におすすめなのがサイエンスのジャンルで洋書を選ぶことです。

 

日進月歩で進む人類の科学が報告された本からは、人間の想像力よりも秩序のある、自然のロジックが反映された内容を読みたい。──そのような関心をお持ちの方はぜひ、サイエンスのジャンルで洋書を選んでみてください。

洋書のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5237396の画像

    IBCパブリッシング

  • 2
    アイテムID:5237393の画像

    IBCパブリッシング

  • 3
    アイテムID:5237364の画像

    IBCパブリッシング

  • 4
    アイテムID:5237357の画像

    講談社インターナショナル

  • 5
    アイテムID:5237349の画像

    IBCパブリッシング

  • 6
    アイテムID:5237339の画像

    IBCパブリッシング

  • 7
    アイテムID:5237324の画像

    IBCパブリッシング

  • 8
    アイテムID:5237308の画像

    IBCパブリッシング

  • 9
    アイテムID:5237305の画像

    IBCパブリッシング

  • 10
    アイテムID:5237293の画像

    IBCパブリッシング

  • 11
    アイテムID:5229863の画像

    IBCパブリッシング

  • 12
    アイテムID:5229855の画像

    講談社インターナショナル

  • 13
    アイテムID:5229844の画像

    IBCパブリッシング

  • 14
    アイテムID:5229841の画像

    IBCパブリッシング

  • 15
    アイテムID:5229795の画像

    IBCパブリッシング

  • 商品名
  • グレート・ギャツビー
  • シェイクスピア四大悲劇
  • ハックルベリー・フィンの冒険
  • ライ麦畑でつかまえて
  • 不思議の国のアリス
  • 嵐が丘
  • 高慢と偏見
  • 1984
  • ガリバー旅行記
  • ジェーン・エア
  • 変身
  • 老人と海
  • 動物農場
  • エドガー・アラン・ポー名作選
  • 風と共に去りぬ
  • 特徴
  • 巨万の富では満たされなかった一途な男の偉大な物語
  • 世界でもっとも有名な劇作家
  • アメリカ文学はここからはじまった
  • 思春期の心境を描いた青春小説の傑作
  • 言葉遊びとユーモアが楽しい英国文学の傑作
  • 世界文学屈指の復讐劇
  • 恋を邪魔立てする高慢と偏見
  • ディストピア小説の世界最高峰
  • 大人からも子どもからも愛される風刺小説
  • 不遇の少女が運命の相手と出会う物語
  • 朝目が覚めたら家族の厄介者になる文学作品
  • 大自然に生きる老人の勇敢さとロマン
  • 農場の動物たちに見る人間社会の傑作風刺小説
  • 世界史上初の推理小説作家は短編が得意
  • 歴史の流れに翻弄されながらも強く生きる女性の姿
  • 価格
  • 990円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 963円(税込)
  • 858円(税込)
  • 963円(税込)
  • 1069円(税込)
  • 1069円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 990円(税込)
  • 770円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 1045円(税込)
  • 1045円(税込)
  • 990円(税込)
  • 1284円(税込)
  • 発売日
  • 2012/2/18
  • 2015/10/27
  • 2005/7/22
  • 1997/4/1
  • 2005/7/22
  • 2017/7/12
  • 2009/7/27
  • 2017/6/21
  • 2014/3/22
  • 2005/7/22
  • 2016/2/26
  • 1998/12/11
  • 2012/12/21
  • 2019/3/16
  • 2017/7/18
  • ページ数
  • 174
  • 118
  • 160
  • 326
  • 176
  • 147
  • 170
  • 223
  • 112
  • 216
  • 110
  • 116
  • 136
  • 145
  • 236

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで洋書おすすめランキングをご紹介してきました。一口に洋書と言っても星の数ほどにあります。読みたいと思えた本を読むのが一番ですが、何も情報がなければ読みたいも何もありません。ぜひ、この記事で紹介した洋書や、洋書の選び方を参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ