雨水タンクのおすすめ人気ランキング10選【雨樋を使わない方法はある?】

雨水が有効活用できる雨水タンクですが、最近では省スペースに設置できるもの・おしゃれなもの・ボウフラ対策になるものまでさまざまな種類が出ています。本記事では、雨水タンクのおすすめ商品ランキングを紹介します。雨樋を使わない方法はあるかやコメリなどのホームセンターで買えるかも必見です。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

雨水タンクは必要?メリットは?

雨水が有効活用できると注目の雨水タンクは、貯めた水をガーデニングや洗車・打ち水・散歩帰りのペットの足を洗うなど幅広く活用できます。また、コメリなどのホームセンターでも販売しているため、手に入れやすいです。

 

しかし、使わないときに邪魔にならない雨樋、マンションのベランダにも置ける貯水タンク、ボウフラ対策ができるものなどさまざまな種類が発売されています。また、ローリータンクなどでは100L~1000L以上のものまであり、どれを選べばいいか迷うものです。

 

そこで今回は雨水タンクの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは容量・デザイン・機能を基準に作成しました。後悔しない雨水タンクの購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

スイコー

ホームローリータンク 500L (ブラック)

緊急時にも安心の大容量ローリータンク

ホームローリータンクは容量が500Lあるのでガーデニングから洗車まで用途は幅広く、災害時には貴重な生活用水として活用できます。5色ありますが、遮光性が高く藻の発生も抑える黒が人気です。

 

集水器が付属していませんのでホームセンターなどで購入して取り付けましょう。ドレン部分に蛇口を取り付けると自由に水を出せます。形はシンプルでフタもついているのでメンテナンスも簡単です。

基本情報
タンク容量 500L
サイズ 幅87cm × 奥行き107cm x 高さ76cm
重量 16 Kg
専用集水器 無し
オーバーフロー対策 無し
ドレン 有り
もっと見る

雨水タンクの選び方

まずは、雨水タンクの選び方をご紹介します。5つのポイントを押さえて自宅にピッタリの雨水タンクを選びましょう。

容量から選ぶ

タンクの容量はサイズや価格に影響しますので、購入前に使用目的を考えて必要な容量を見極めましょう。

1000Lを超えるものも!大量に雨水を使うなら「大型タンク」がおすすめ

人気があるのは200~300Lの大型雨水タンクです。ガーデニングに洗車など、たっぷりの水を遠慮なく使用可能です。大容量であれば災害や断水などで水道が使えないときに生活用水としても利用できます。

 

事業用や業務用としての利用なら500~1000Lを超える容量のタンクがおすすめです。また、自給自足生活を送りたい一般家庭など、常時大量の水を確保しておきたい場合にも向いています。使用用途に応じて必要な容量を見極めるようにしましょう。

マンション・アパートのベランダに設置するなら100L以下で家庭用の「小型タンク」がおすすめ

マンション・アパートのベランダに置くなら100L以下の家庭用小型タンクがおすすめです。小さいタンクは設置場所を選びません。また小さいタンクは、女性でも簡単に設置やタンク内の掃除等のメンテナンスが行える点もメリットです。

 

タンク内に長期間水が貯まったままにならないよう小さい雨水タンクを利用し、足りない分を水道水でカバーする使い方もおすすめです。

後悔しないよう「補助金」申請条件を満たす容量は確認しておくのがおすすめ

雨水タンクは決して安い買い物ではありませんが、自治体によっては雨水タンク設置に補助金を出しています。申請条件には一定以上の容量が必要な場合があるので、補助金の申請を検討しているなら、後悔のないよう事前にHPなどで確認しましょう。

 

また、補助金の実施は自治体によって異なり、区市町村単位で行っている場合が多いです。そのため、インターネットなど検索する際には、具体的な区市町村名を使用して検索しましょう。

素材で選ぶ

雨水タンクにはさまざまな種類の素材が使用されています。それぞれ異なる特徴があるため、目的に合わせて選びましょう

安くて種類が豊富なものなら「プラスチック(ポリエチレン)製」がおすすめ

プラスチック製(ポリエチレン)の雨水タンクは、コストパフォーマンスに優れており人気があります。価格が手頃で、さまざまなサイズや形状から選べるのが嬉しいポイントです。軽いため持ち運びや設置が簡単で、家庭用から事業用まで幅広い用途に対応しています。

 

また、耐久性があり10年以上の耐用年数を期待できるのも、プラスチック製雨水タンクの利点です。しかし、強い紫外線や物理的な傷には弱いデメリットがあります。

おしゃれなデザインのものなら「木製」がおすすめ

木製の雨水タンクは、おしゃれなデザインのものをお探しの方におすすめです。天然木材から作られており、柔らかく自然な外観はガーデニング愛好家やデザインを重視する方々に人気があります。

 

しかし、メンテナンスに手間がかかるデメリットがあります。定期的にカビの発生や腐敗、水漏れがないかを確認しなければいけません。また、タンク内の水量が少なくなると木材が乾燥して収縮し、水漏れが発生する場合もあるためこまめに手入れしましょう。

衛生面・耐久性を重視するなら「ステンレス製」がおすすめ

ステンレス素材は光を遮り、水質の変化や藻の発生を防げるため、長期間にわたって清潔な水を保てます。また、虫や外部のゴミが入りにくい形になっているため、雨水の質を維持し衛生的に使いやすいです。

 

そのため、衛生面や耐久性を重視したい方におすすめです。しかし、価格が10万円以上するものが多く、後から部品や機能の追加が難しいのがデメリットとして挙げられます。

独特のデザイン性のものなら「陶器製」がおすすめ

陶器製の雨水タンクは、使い勝手や機能よりも独特のおしゃれなデザインを優先したいと考える方に適しています。しかし、陶器製タンクには蓋がない製品が多く、重量があるため取り扱いが難しいです。また、陶器は割れやすい性質を持っています。

 

そのため、落下や衝撃には弱く、実用性を最優先する場合には不向きです。

形やデザインで選ぶ

雨水タンクの種類は豊富なので形やデザインで選ぶのもおすすめです。大容量でもコンパクトに収まるものなど自宅に合った雨水タンクを選びましょう。

設置場所が限られているなら「省スペース型」がおすすめ

雨水タンクは雨どいの近くなど設置スペースに制限があるため、大容量の雨水タンクは邪魔になるように思えるかもしれません。最近では形を工夫して高さや幅で容量をカバーしているタイプもあるので省スペースに大容量の雨水タンクを設置可能です。

 

また、高さのあるタンクにも低重心設計にするなど、転倒のリスクを減らし安全を考慮した形のタンクも多いので、お子さんのいる家庭では安全性にも注目です。自宅の設置スペースや必要に合った形の雨水タンクを選びましょう。

デザインを重視するなら「おしゃれなメーカー」がおすすめ

大きい雨水タンクは存在感があるため、自宅やお庭の景観に影響を与えます。画像のおしゃれな木樽風のデザインはメーカー「レインワールド」の雨水タンクです。ガーデニングが趣味の方であれば気になるデザインかと思います。

 

素材はプラスチックなので見た目よりも軽く耐久性も十分です。他にも陶器製や木製のものなど種類も豊富ですので、お庭の雰囲気に合ったこだわりの雨水タンクを選べます。

「集水器」の有無をチェック

多くの雨水タンクには集水器がセットになっていますが、商品によっては集水器が付いておらず、集水器がないと雨水をタンク内に貯められません。そのため、別途購入しないといけない場合もあります。

また、集水器には規格があるので、自宅にある雨どいのサイズや形状を確認し、設置できるか確認が必要です。雨どいには、丸型や角型・特殊な型もあるので、対応していない場合は、変換アダプタを購入し、集水器を設置しましょう。

オーバーフロー対策で選ぶ

雨水タンク内の水が満杯になったら余分な雨水をどのように排出するか、つまりオーバーフロー対策も大切なポイントですので購入前にしっかりと確認しておきましょう。

手間いらずなら「雨どいに戻すタイプ」がおすすめ

一般的なオーバーフロー対策は、雨水タンクがいっぱいになったら余分な雨水を再び雨どいに戻すタイプです。タンクからあふれ出さないので、雨の続く日でもタンク内の貯水量を気にする必要はありません。

タンクが追加できるものがいいなら「上部から排出するタイプ」がおすすめ

タンク上部に排出口があるタイプのメリットは、ホースなどでつないだ別のタンクにあふれた雨水を貯められる点です。雨水タンクを設置したけどもう少し貯水量を上げたいときに簡単にタンクを追加できます。

 

デメリットとしてタンク上部から外部に自動排出するされるままにするとタンク周辺が水浸しになる場合もあるので、ぬかるみ対策や設置場所を考える必要があります。敷地内に水たまりが増えるとボウフラの発生にもつながるので気を付けましょう。

仕組みを確認してメンテナンス方法で選ぶ

雨水タンクには雨水だけではなくゴミやチリなども混入します。タンク内を清潔に保つため、購入するタンクの仕組みを理解してメンテナンス方法を把握しましょう。

ポンプを使って再利用するなら「ゴミ除去用フィルター付き」がおすすめ

ポンプを使って雨水を再利用するなら、雨水タンク内あるいは集水器内にゴミ除去フィルターのついているものをおすすめします。虫の死骸やゴミなどがタンク内にたまるとタンクが汚れ水も腐りやすくなってしまうからです。

 

フィルター付きであれば大きなゴミの流入を防いでくれるのでタンク内のメンテナンスが楽になります。フィルター部分だけ取り外して洗えるなどフィルターの仕様はメーカーによって異なるので購入前に確認しましょう。

簡単なメンテナンスがいいなら「ドレン付き」がおすすめ

ドレン付きのメリットはメンテナンスが楽になると、理由はタンク内を掃除するときに水を排出して空にできるからです。またタンクの底に溜った小さなゴミや砂を水と一緒に排出でき、タンク内をきれいに保てます。

 

ドレンがなるべく底面に近いところに設置されている雨水タンクは、排水時に水やゴミが底に残らないのでおすすめです。長期間、水が貯まっていると腐りやすくなるので定期的に排水をおすすめします。

使い勝手の良さは「口コミ」を事前にチェック

使い勝手の良さを知りたいなら購入前に口コミをチェックするのがおすすめです。組み立てのしやすさやメンテナンスのしやすさなど、実際に購入して使っているユーザーのリアルなレビューが見れます。

雨水タンクの人気おすすめランキング10選

1位

スイコー

ホームローリータンク 500L (ブラック)

緊急時にも安心の大容量ローリータンク

ホームローリータンクは容量が500Lあるのでガーデニングから洗車まで用途は幅広く、災害時には貴重な生活用水として活用できます。5色ありますが、遮光性が高く藻の発生も抑える黒が人気です。

 

集水器が付属していませんのでホームセンターなどで購入して取り付けましょう。ドレン部分に蛇口を取り付けると自由に水を出せます。形はシンプルでフタもついているのでメンテナンスも簡単です。

基本情報
タンク容量 500L
サイズ 幅87cm × 奥行き107cm x 高さ76cm
重量 16 Kg
専用集水器 無し
オーバーフロー対策 無し
ドレン 有り
もっと見る

口コミを紹介

雨水を家庭菜園用に貯水する為に購入しました。到着した商品はなかなかにしっかりした造りで、肉厚もあり、安心して使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コダマ樹脂工業

ローリータンク LT-100 ECO 100リットル

家庭菜園におすすめ!コンパクトで機能的なタンク

家庭菜園などにぴったりのコンパクトなサイズと機能性を兼ね備えたタンクです。軽量設計により取り扱いがしやすく、耐衝撃性・耐薬品・耐寒性が高く、さまざまな条件下で利用できるため汎用性にも優れていまます。

基本情報
タンク容量 100L
サイズ 50 x 45.1 x 68 cm
重量 5.4 kg
専用集水器 -
オーバーフロー対策 -
ドレン 有り
もっと見る
3位

コダマ樹脂工業

雨水利用タンク ホームダム RWT-110 グリーン

マンションにもおすすめ!カインズでも取り扱いのある小型サイズ

カインズでも取り扱いのあるコンパクトサイズのタンクです。コダマのホームダムRWT-110は幅65cm×高さ60cmほどなので設置場所に迷わずにすみます。重さは6kgほどで取っ手もついているので女性でも簡単に移動できます。

 

専用の集水器が付属しているので、購入してすぐに設置できます。オーバーフロー対策もバッチリで、ドレンもついているからメンテナンスも簡単です

基本情報
タンク容量 110L
サイズ 幅65cm × 奥行き40cm × 高さ60.5cm
重量 5.8kg
専用集水器 有り
オーバーフロー対策 有り
ドレン 有り
もっと見る

口コミを紹介

雨水処理ができない車庫と物置のため、設置しました。たまった雨水は庭の植物たちへの散水に使用します。頑丈な作りで満水になっても膨れるようなことがないと思います。雨季の頃が待ち遠しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

vidaXL

折り畳み可能 雨水用 ウォータータンク 750L

多機能で耐久性抜群!折りたたみできるタンク

このタンクは高品質のPVC素材を仕様しているため、紫外線や腐食に強く長期間にわたる使用が可能です。また、網状フィルター付きの排水口は、タンク内の水を効率的に浄化し、いつでも清潔な水を利用できます。

 

さらに、組み立てには特別な工具や専門知識がいらないため、簡単に設置できます。

基本情報
タンク容量 750L
サイズ ‎100 x 100 cm
重量 5.55 kg
専用集水器 -
オーバーフロー対策 有り
ドレン -
もっと見る
5位

八木熊

アクアタワー

省スペースに設置できてたっぷり200L入る

アクアタワーは幅55cm×奥行き50cmの省スペースでありながら、タンク容量が200Lもある人気の雨水タンクです。高さは153cmと高めですが低重心設計なので安定感は抜群。さらに転倒防止用のチェーンも付属しているので安心できます。

 

専用の集水器は汚れやすい降り始めの雨水をカットする構造なので、タンク内を清潔に保ちます。カーポートの細い雨どいにも対応できるので、目的に応じて設置場所を自由に選べるのも魅力の一つです。

基本情報
タンク容量 200L
サイズ 幅55cm × 奥行き50cm × 高さ152cm
重量 12.6kg
専用集水器 有り
オーバーフロー対策 有り
ドレン 有り
もっと見る
6位

RUMDUL

家庭用 貯水タンク

雨樋から給水できる価格の安い100L家庭用タンク

見た目などにこだわりのない方におすすめの価格の安いタンクです。100L入る大容量サイズなので、たっぷり使えます。ある程度の紫外線や腐食に耐えられる高品質なPVC素材を採用しているので、屋外にも安心して設置可能です。

基本情報
タンク容量 100L
サイズ 直径40×高さ78cm 直径60×高さ65cm
重量 -
専用集水器 有り
オーバーフロー対策 -
ドレン 有り
もっと見る

口コミを紹介

翌朝の洗濯に使いたいので、こちらを購入!
良い具合に使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

安全興業

雨水タンク 茶

連結もできてオーバーフロー対策もバッチリな機能性雨水タンク

シンプルながら機能性の高い安全興業の雨水タンクがおすすめです。容量は185Lと十分でガーデニングに洗車にと幅広く活躍します。左右に給水口があるので雨どいのあるほうから給水でき、反対側をもう一つのタンクに連結も可能です。

 

専用の集水器が付属しており、タンクが満杯になると雨どいに水を戻すオーバーフロー対策もバッチリです。上部のフタを開けると簡単に掃除できますし、蛇口も底面近くに設置されているので、たまった汚れなどを排出してタンク内を清潔に保てます。

基本情報
タンク容量 185L
サイズ 幅58cm × 奥行き58cm × 高さ83.5cm
重量 8.6kg
専用集水器 有り
オーバーフロー対策 有り
ドレン 有り
もっと見る

口コミを紹介

この金額で180Lサイズ。とてもお得感があり、しかもしっかりしていて取り付けも簡単だった。
上ががっぽり空くのでバケツで汲み出して使うこともできそう。蛇口からの水のではまっすぐ綺麗に出て、少なすぎず、とても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

RainHarvest

雨水タンク 150リットル

雨のたび水が入れ替わりキレイな水をキープ

RainHarvestの雨水タンクは、雨が降るたびに水が入れ替わり、できるだけキレイな状態をキープします。生活用水・日用水としても安心で使えるのが嬉しいです。

 

タンク底面をすり鉢状にすると架台との連結がしっかりし、安定感は抜群です。また、底がすり鉢状のように傾斜でゴミが集まりやすく掃除も簡単で、ドレン口を開けると一気にゴミが排出され、あっという間にきれいになります。

基本情報
タンク容量 150L
サイズ 直径120cm × 高さ69cm
重量 13kg
専用集水器 無し
オーバーフロー対策 無し
ドレン 有り
もっと見る

口コミを紹介

それでも写真通りの見た目で設置した状態もよい。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

タカショー

雨水タンク バリーク

ポンプを使わないでも散水できるおしゃれな大型雨水タンク

木樽を思わせるデザインで目を引くおしゃれな雨水タンクです。素材は木ではなくポリエチレンなので耐久性があり水漏れなどの心配はありません。容量は250Lありますので生活用水として十分の量を貯められます。

 

蛇口がついているほか、集水器やホースなど付属品も充実しており、ポンプを使わないでも散水できます。タンク下部には水抜き用のキャップがついているのでタンク内部のお手入れも簡単です。

基本情報
タンク容量 250L
サイズ 幅61cm × 奥行き61cm × 高さ104.5cm
重量 12kg
専用集水器 有り
オーバーフロー対策 有り
ドレン 有り
もっと見る
10位

コダマ樹脂工業

ホームダム RWT-250 グレー

手入れがしやすいからボウフラ対策もでき口コミでも高評価

コダマのホームダムは下部に2つのドレンがついておりたまったゴミや汚れの排出が簡単です。上部のフタを空けて内部の確認もできます。注水口が左右についているのでタンクを2つ並べてつなげるられます。

 

タンクが安定するように、専用架台と転倒防止用のUポート金具も付属しているのでお子さんのいる家庭でも安心です。手入れもしやすく設置も簡単な親切設計が口コミでも高評価を得ています。

基本情報
タンク容量 250L
サイズ 幅75cm × 奥行き51cm × 高さ117cm
重量 2kg
専用集水器 有り
オーバーフロー対策 有り
ドレン 有り
もっと見る

口コミを紹介

自分で取り付けられるか心配でしたが、説明書を熟読後、必死にゆっくり一人で頑張りました。考えていたより簡単に取り付けられました。(女性です)小雨程度でもタップリ雨水が溜まっており、使いきれない程です。夏場の植木や花の水やりが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

雨水タンクのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 タンク容量 サイズ 重量 専用集水器 オーバーフロー対策 ドレン
1位 アイテムID:15103627の画像

Amazon

楽天

ヤフー

緊急時にも安心の大容量ローリータンク

500L

幅87cm × 奥行き107cm x 高さ76cm

16 Kg

無し

無し

有り

2位 アイテムID:15103631の画像

Amazon

楽天

ヤフー

家庭菜園におすすめ!コンパクトで機能的なタンク

100L

50 x 45.1 x 68 cm

5.4 kg

-

-

有り

3位 アイテムID:15103632の画像

Amazon

楽天

ヤフー

マンションにもおすすめ!カインズでも取り扱いのある小型サイズ

110L

幅65cm × 奥行き40cm × 高さ60.5cm

5.8kg

有り

有り

有り

4位 アイテムID:15103630の画像

Amazon

ヤフー

多機能で耐久性抜群!折りたたみできるタンク

750L

‎100 x 100 cm

5.55 kg

-

有り

-

5位 アイテムID:15103635の画像

楽天

ヤフー

省スペースに設置できてたっぷり200L入る

200L

幅55cm × 奥行き50cm × 高さ152cm

12.6kg

有り

有り

有り

6位 アイテムID:15103636の画像

Amazon

ヤフー

雨樋から給水できる価格の安い100L家庭用タンク

100L

直径40×高さ78cm 直径60×高さ65cm

-

有り

-

有り

7位 アイテムID:15103639の画像

Amazon

楽天

ヤフー

連結もできてオーバーフロー対策もバッチリな機能性雨水タンク

185L

幅58cm × 奥行き58cm × 高さ83.5cm

8.6kg

有り

有り

有り

8位 アイテムID:15103642の画像

Amazon

楽天

ヤフー

雨のたび水が入れ替わりキレイな水をキープ

150L

直径120cm × 高さ69cm

13kg

無し

無し

有り

9位 アイテムID:15103645の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ポンプを使わないでも散水できるおしゃれな大型雨水タンク

250L

幅61cm × 奥行き61cm × 高さ104.5cm

12kg

有り

有り

有り

10位 アイテムID:15103648の画像

Amazon

楽天

ヤフー

手入れがしやすいからボウフラ対策もでき口コミでも高評価

250L

幅75cm × 奥行き51cm × 高さ117cm

2kg

有り

有り

有り

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、雨水の散水に使うホース・ノズル・収納に使うホースリールの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ホームセンター・コメリで雨水タンクは買える?1000Lは?

ホームセンター・コメリでは、1000Lの大容量雨水タンクから、家庭用に適した100Lの小型タンクまで、さまざまなサイズの雨水タンクが手に入ります。たとえば「タマローリー AT-1000」などが購入可能です。

 

この商品は衝撃に強く、耐酸性や耐アルカリ性にも優れています。また、このような大容量タンクだけでなく100Lのタンクも取り扱っており、家庭菜園や水やりなどの用途でも利用できるため、チェックしてください。

雨水タンクの使い方

家庭菜園や観葉植物の水やり、洗車といった日常的な利用や、災害時の非常用水源としても活用できます。また、雨水が直接地面に溜まらずタンクに集められるため、水たまりができにくくなり、ボウフラの発生を自然に抑制できるなど、衛生面でのメリットも大きいです。

雨水タンクのボウフラ対策を紹介

結論、雨水タンクにボウフラ対策としての期待はもてません。気温25~30度の水たまりに発生するボウフラですが、雨水タンクはその名の通り雨水を一定の場所にとどめてしまうため、使い方によってはボウフラを助長してしまいます。

 

気になるボウフラ発生の対策ですが、「溜まった雨水は放置せずにどんどん使う」「蚊の侵入経路になりそうな雨水タンクの隙間をネットなどで塞ぐ」「雨水を使う日はすぐに水が蒸発するような晴天の日にする」などの工夫が必要です。

 

誰しも経験がある通り、寝ている間に耳元で蚊に飛ばれると睡眠の妨げになり非常に深いです。できればボウフラを発生させたくない方は、上記の点を意識して上手に雨水タンクを利用しましょう。

雨水タンクのメリット・デメリット

雨水タンクは水道がない場所でも水が利用できる点が大きなメリットです。また、水の自然な循環を活用するため、水道代を節約できます。さらに、自然災害によって水道が使えなくなった際に、トイレや掃除用の生活用水として利用可能です。

 

一方、雨水タンクのデメリットには、メンテナンスが必要・スペースが必要の2点が挙げられます。溜めっぱなしにしているとコケやボウフラが発生するので定期的な水抜きが必要です。また、スペースを取るので狭い場所への設置は向いていません。

畑などで役立つ雨樋を使わない簡易的な雨水タンクのDIY

畑など雨樋がない場所で雨水タンクを使いたいときがあるかと思います。バケツに雨水を溜めておくだけでもいいですが、それだとゴミも一緒に混じってしまううえに、ボウフラ対策が全くできません。

 

必要な容量を満たす蓋つき容器に穴を開け、半分に切ったペットボトルなどを差し込みます。ペットボトルの切った部分などにはネットをかけたり、キャップに穴を開けて大きなゴミが貯まらないような工夫が必要です。

 

簡易的なDIYですが、雨樋を使わない雨水タンクの一例ですので参考にしてみてください。

まとめ

ここまで雨水タンクのランキングを紹介してきました。たくさんの種類がありますが容量・デザイン・機能などのポイントを押さえて自宅にピッタリの雨水タンクを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【最強はどれ?】テント用撥水剤のおすすめ人気ランキング14選【漬け込みや防水スプレーも】

【最強はどれ?】テント用撥水剤のおすすめ人気ランキング14選【漬け込みや防水スプレーも】

アウトドア
メンズ向けタンクトップの人気おすすめランキング19選【おしゃれなものも!】

メンズ向けタンクトップの人気おすすめランキング19選【おしゃれなものも!】

メンズインナー
タンク式食洗機のおすすめ人気ランキング13選【VIBMIはどこの国?】

タンク式食洗機のおすすめ人気ランキング13選【VIBMIはどこの国?】

食器乾燥機
【キャンプブロガー監修】テントの人気おすすめランキング18選【2024年版!3人用も】

【キャンプブロガー監修】テントの人気おすすめランキング18選【2024年版!3人用も】

アウトドア
【2024年最新版】バイク用タンクバッグのおすすめ人気ランキング15選【小型タイプも!】

【2024年最新版】バイク用タンクバッグのおすすめ人気ランキング15選【小型タイプも!】

自動車・バイク
【プロ監修】ウォータースポット除去剤のおすすめ人気ランキング17選【車の水垢落としに】

【プロ監修】ウォータースポット除去剤のおすすめ人気ランキング17選【車の水垢落としに】

自動車・バイク