【2021年最新版】PCスピーカー人気おすすめランキング15選【高音質モデルを紹介!】

記事ID18286のサムネイル画像

コロナ渦でパソコンを使用する機会が多くなりました。よりよい音質を求めてPCスピーカーの購入を検討する人が増えているかと思います。いざPCスピーカーを選ぼうにも低音に優れたものやゲーム向けのものまでさまざま。そこで今回はPCスピーカーの選び方とおすすめ商品をランキング形式で安いものからハイレゾ対応まで幅広くご紹介します。

聴き心地のいいpcスピーカーをみつけよう

ゲームや映画を観るのにPCに内蔵されたスピーカーでは臨場感にかけてしまいpcスピーカーの購入を検討する方が多いでしょう。しかし接続方法や音質と選び方はさまざまで購入しようにも悩んでしまいますよね。

 

PCスピーカーといっても、最近ではオーソドックスなパソコンにコードで繋げるものだけでなくコードレスのBluetoothタイプのものや屋外に便利な電池可動式のものも沢山販売されているんですよ。

 

そこで今回はPCスピーカーの選び方と人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します!ランキングは接続方法・電源供給方法・再生周波数帯域を基準に作成しました。ぜひ購入の参考にしてください。

PCスピーカーとは?

pcスピーカーとはアンプを内蔵しているスピーカーです。アクティブスピーカーやパワードスピーカ―と呼ばれることも。pc内蔵型のスピーカーと違いアンプで音を増幅することができるのでより臨場感のある豊かなサウンドが楽しめます。

 

サイズもさまざまで大きいものから持ち運びに便利なコンパクトなものまで販売されています。選び方が多岐にわたるのでライフスタイルに合わせて選びやすい特徴があります。

PCスピーカーの選び方

ここではPCスピーカーの選び方をタイプ・音質・接続方法・出力・メーカーに分けて解説していきます。PCスピーカー選びの参考にしてみてください。

タイプで選ぶ

ここでは2ch・2.1ch・5.1chごとにそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。ch数によって立体感などの違いがあるので、求めるサウンドと設置する部屋の規模に合わせて選んでみましょう。

スタンダードなPCスピーカーを求めるなら「2ch」のものがおすすめ

PCスピーカーの中でもスタンダードで人気の高いものが「2ch」です。見かけることの多い左右2基に分かれたタイプのスピーカーを2chと呼びます。中規模の部屋であれば十分な立体感のあるサウンドを感じることができます。

 

さらにバータイプといった1つの筐体に2つのスピーカーがついたものやコンパクトタイプなどニーズに合わせて選びやすいのも特徴です。PCスピーカーにあまり詳しくない初心者の方は2chのスピーカーから選んでみるのもおすすめです。

立体感のあるサウンドを楽しめる「2.1ch」は人気

「2.1ch」は全音域の2基のスピーカーと低音域のスピーカー(サブウーファー)が1基のpcスピーカーです。2chのPCスピーカーと違い低音域用のスピーカーが備わっているのでより立体感のあるサウンドを楽しめます。

 

サイズが大きい商品もあるので設置場所の確認が必要になります。価格もリーズナブルで購入しやすく、ホームシアターなどでも迫力より手軽さを求める方におすすめのch数です。

ゲームや映画などを大迫力で楽しみたい方は「5.1ch」

「5.1ch」は前方左右・後方・センターと5基のスピーカーと低音域用のサブウーファーを備えているpcスピーカーです。ホームシアターを使用する方には基本的なch数で、家でも映画館にいるような臨場感にあふれる広がるサウンドを楽しめます。

 

大迫力のサウンドを楽しめるものの設置場所にはそれなりのスペースが必要です。購入前に必ず設置できるかどうか、確認をしましょう。

 

下記の記事ではホームシアタースピーカーの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。ぜひご覧ください。

音質で選ぶ

PCスピーカーを選ぶ上でとても重要になってくる音質・再生周波数帯域・ハイレゾ・ユニットタイプでPCスピーカーの音の良し悪しが決まります。求める音域や質の高さによって選んでみましょう。

細かい音域まで重視したい方は「再生周波数帯域(Hz)」で決める

PCスピーカーが出すことができる音域を決めるのが「再生周波数帯域(Hz)」です。再生周波数帯域によって再生できる音が決まります。広ければサウンドの幅が広がり、立体感に繋がるのでPCスピーカー選びのひとつのポイントとして把握しておきましょう。

 

低音域が50Hzから高音域が20kHzのものが多く、これよりもさらに低音重視の方は50Hz以下のPCスピーカーがおすすめで、逆に高音域重視の方は30kHz以上のPCスピーカーおすすめです。

音の出方に好みがある方は「ユニットタイプ」に注目

音の信号を振動させるパーツの「ユニット」数によって音の出方や質が変わります。ユニットが1基のものをフルレンジといい複数のものをマルチウェイといいます。

 

フルレンジは一体感がありまとまりのあるサウンドで、マルチウェイは立体感のある広がりのあるサウンドが特徴的です。音の出方の好みに合わせてユニットタイプを選んでみましょう。

とにかく高音質を求める方は「ハイレゾ対応」がおすすめ

とにかく高音質なサウンドを楽しみたいという方は「ハイレゾ対応」のpcスピーカーがおすすめです。ハイレゾとは「ハイレゾオーディオ」のことで高解像度のサウンドを指し、より高音質のサウンドを楽しめます。

 

ハイレゾ対応のPCスピーカーを探している場合は、「ハイレゾロゴ」に注目してみましょう。このロゴがある商品は一般社団法人オーディオ協会が定めたハイレゾの定義を満たしたものです。高音質を求める方はチェックしてみてくださいね。

PCスピーカーの構造で選ぶ

ここではPCスピーカーの構造について解説します。大きく分けてエンクロージャーとユニットです。それぞれの部品や作りによって音質などが変わるので好みに合わせて選んでみましょう。

音の響きを重視するなら「エンクロージャー」

音の響きを重視する方は「エンクロージャー」に注目して選んでみましょう。エンクロージャーはスピーカーを囲い込む箱のようなものです。「バフレフ型」と「密閉型」に分かれます。

 

バフレフ型は外の空気を取り込み重低音をより響かせることができます。反対に密閉型は外の空気が入ってこないのでクリアな音の響きを楽しめます。

音の深みを重視するなら「ユニット」で決める

音の深みを重視する方は「ユニット」で決めてみましょう。大きく分けて「フルレンジ」か「マルチウェイ」です。フルレンジは一体感のあるサウンドを楽しめます。

 

マルチウェイは高音・低音・中音と分けられているので立体感のあるサウンドをより楽しめるでしょう。

「出力(W数)は」音の大きさを決める

pcスピーカーの音量を決めるのが「出力(W数)」です。W数が部屋の広さにマッチしていないと音量を調節した際にはっきりとした音が聴こえなくなってしまうといったトラブルが起きてしまいます。

 

自宅のPCにスピーカーを設置する場合は10~20Wの間の商品を選ぶと音量調節がしやすく扱いやすいのでおすすめですよ。

接続方法で選ぶ

PC周りはケーブルでごちゃごちゃしがちですよね。PCスピーカーを選ぶ際には有線か無線かも1つの選び方のポイントとして把握をしておきましょう。ここではアナログ接続・USB接続・Bluetooth接続の3つの接続方法について解説します。

配線を最小限に抑えたい方は「USB接続」

PC周りの配線を最小限にとどめてスピーカーのケーブルを1本で抑えたいという方は「USB接続」がおすすめです。大音量の再生には不向きですがデジタルで音を送るためノイズに強い特徴があります。

 

さらに電源供給も同時におこなえるのでPC周りをスッキリさせるだけでなく、電源の確保に困ることもありません。なかにはハイレゾ対応モデルも販売されています。コンパクトなものも多いので持ち運び用としてのPCスピーカーにおすすめの接続方法です。

「Bluetooth接続」はpc周りをスッキリさせたい方向け

無線接続できる「Bluetooth接続」ならコードがいらず、さらにPC周りをスッキリさせることができますよ。しかし有線に比べるとBluetooth接続は音質が劣ってしまうので注意が必要です。

 

PC以外にもスマートフォンと接続が可能な商品もあります。コンパクトタイプならアウトドアの場面などでも大活躍してくれる接続方法です。

 

下記の記事ではBluetoothスピーカーの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。ぜひご覧ください。

安いPCスピーカーを求める方は「アナログ接続」

安価なPCスピーカーを探している方は「アナログ接続」のものがおすすめです。アナログ接続はPCのイヤホンジャックに繋ぐ接続方法です。アナログ接続のスピーカーは比較的低価格で販売されていることが多いです。

 

しかし電源供給方法としてACアダプターが必要になるので、PC周りのごちゃつきが気になってしまうかもしれません。また電源の確保も必要になります。

 

モニターに接続することもできるので、PCだけでなくさまざまなデバイスに接続してスピーカーを使用したいという方におすすめの接続方法です。

サイズで選ぶ

設置場所に合わせて大きさでPCスピーカーを選ぶのも大切です。購入しても設置できなかったなんてことがないようにあらかじめ設置場所の確認をしましょう。

ノートパソコンの横に設置するなら「小型スピーカー」がおすすめ

ノートパソコンに設置したり、持ち運んで使用する場合は「小型スピーカー」がおすすめです。占有スペースが少ないだけでなく、USB接続のものが多いので狭いスペースでも良質なサウンドを楽しむことができます。

 

価格も安いものが多いので、設置スペースの確保が難しい方や低価格のものを探している方はぜひちぇっくしてみてくださいね。

「大きいサイズ」は音質にこだわる方におすすめ

サイズが大きくなれば音質もや出力が向上する傾向にあります。音質にこだわる方で設置スペースに余裕がある方は大型のPCスピーカーを選んでみるのもおすすめです。

 

しかし大きさだけでなく、5.1chなどのpcスピーカーになると設置する場所の数や角度も確認が必要です。さらに出力が大きくなればそれだけ音量も大きくなるので近隣との騒音トラブルにも気を付けましょう。

電源供給方法で選ぶ

使用する場面や場所に合わせて電源供給方法で選んでみるのもいいでしょう。ここではACアダプター・USBケーブル・電池タイプの3種類の供給方法について解説します。

出力が高く高音質のPCスピーカーを求めるなら「ACアダプター」

出力が高く、音質の良さにこだわりを持つ場合は「ACアダプター」がおすすめです。ACアダプターの商品は出力が高く音量が大きいので広範囲にサウンドを行き渡らせることができます。

 

しかし電源の確保が難しいことに加えて、配線が多くごちゃつきやすいのも特徴です。購入前に電源の確保とコード類の整理が必要です。

持ち運び安さ重視なら「USBケーブル」

pcスピーカーを持ち運んでノートパソコンに接続して使用する場合は「USBケーブル」がおすすめです。USBケーブル1本でサウンドの送信と電源供給ができるのでコンパクトに納めることができますよ。

 

ノートパソコンに接続する際にはあらかじめUSBケーブルがいくつ接続できるかポート数を確認しておきましょう。

電源が確保できない方は「電池タイプ」

外出先など、どうしても電源の確保が難しいと言う場合は「電池タイプ」のPCスピーカーがおすすめです。乾電池で動くのでアウトドアの場面で大活躍してくれる電源供給方法です。

インテリアとしてもおしゃれな「サウンドバー」が人気

設置場所が狭い方や、PCスピーカーの見た目にもこだわる方におすすめするのが「サウンドバー」です。Pcスピーカーといえば左右に分けて置くイメージが強いですがこのサウンドバーなら一体型で設置もしやすいです。

 

さらに壁掛けにできるタイプもあるので、壁掛けテレビ用としてもおすすめのPCスピーカーです。細くてシンプルなデザインはインテリアとしてもおしゃれで部屋の雰囲気も損なわずに設置できますよ。

メーカーで選ぶ

PCスピーカー選びにつまずいてしまったら、人気度の高いメーカーから選んでみるのも1つの手です。ここでは有名メーカーのLogicool・Bose・JBLのそれぞれの特徴をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コスパを求めるなら「Logicool(ロジクール)」

スイス・ローザンヌに本社を置くコンピューター周辺機器を主に取り扱うメーカーです。低価格で高品質な商品が多く、コスパに優れていて初心者でも購入しやすいのが特徴です。さらにデザイン性にも優れていて、おしゃれさもあるメーカーです。

重低音にこだわりがある方は「Bose(ボーズ)」がおすすめ

アメリカの本社を置く、音響機器開発製造企業です。pcスピーカーは特に重低音が響くものが多く、サウンドの迫力を求める方におすすめのメーカーです。さらに小型のPCスピーカーが多いのでデスクトップ型パソコン用でもノートパソコン用でも選びやすいです。

広い空間向けのものを求めるなら「JBL(ジェービーエル)」

アメリカに本社を置く、大手スピーカー関連メーカーです。映画館やコンサート会場など広い空間で大勢の人に行き渡るサウンドが特徴的です。特に低音域に特化したサウンドが特徴的で立体感のあるサウンドを楽しむことができます。

 

さらに見た目のおしゃれさもあるのでインテリアとしても活躍してくれるメーカーです。

ハイレゾ対応のPCスピーカー人気おすすめランキング3選

3位

オンキヨー(Onkyo)

2ウェイ・スピーカーシステム D-112EXT(D)

価格:14,700円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアな輪郭のあるサウンド

日本の音響機器メーカー、Onkyo(オンキョー)のpcスピーカーです。クリアで癖のないはっきりとしたサウンドを楽しめる商品です。低音も滑らかで芯のしっかりした躍動感のあるサウンドです。

 

特にこだわりがなく聴きやすさ重視の方におすすめのハイレゾ対応のPCスピーカーです。

接続方法アナログ接続電源供給方法
再生周波数帯域60Hz~10kHz

口コミを紹介

以前使っていたドイツ製の本格的なスタンドスピーカーからの買い替えですが、還暦過ぎて高音がすこし聞き取りにくい自分には、納得できるものです。今は、日本製にこだわる必要ないですね。オンキョーさんこれからもがんばってください。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

FOSTEX

かんすぴスピーカーシステム P802-S

価格:10,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小音量でも聴きやすい

日本の音響機器メーカー、フォスター電機の自社ブランドです。再生周波数帯域の高音域が40Hzと高めでしっかりと伸びる高音を楽しめる商品です。さらに出力も40Wで高めですが、小音量でも高音質で聴けるスピーカーユニットを搭載しています。

 

見た目も木目調でインテリアとしても温かみのあるPCスピーカーです。価格も低めなのでハイレゾ対応初心者におすすめの商品です。

接続方法アナログ接続電源供給方法
再生周波数帯域150Hz~40kHz

口コミを紹介

価格が安く、小さくて聞き疲れしないスピーカーを探していて見つけました。
届いた商品は想像より一回り小さく、机の端にちょこんと置いておくにはちょうどいいサイズ。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Edifier

デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB

価格:29,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

接続方法が豊富で使いやすい

中国のオーディオメーカーです。コンパクトながらも最大出力が88Wでパワーのあるpcスピーカーです。さらにUSB接続以外の接続方法が豊富でBluetooth接続にまで対応したハイレゾ対応のpcスピーカーです。

 

パワーと機能性重視の方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法RCA×2、Bluetooth、光デジタル端子(光角型プラグ)、同軸デジタル、USB2.0電源供給方法ACアダプター
再生周波数帯域55Hz-40kHz

口コミを紹介

至れり尽くせりのスピーカです多用途をこれ一台で完結できます。音質はこの価格帯では最強レベルだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイレゾ対応のPCスピーカーの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6177947の画像

    Edifier

  • 2
    アイテムID:6177915の画像

    FOSTEX

  • 3
    アイテムID:6177901の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 商品名
  • デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB
  • かんすぴスピーカーシステム P802-S
  • 2ウェイ・スピーカーシステム D-112EXT(D)
  • 特徴
  • 接続方法が豊富で使いやすい
  • 小音量でも聴きやすい
  • クリアな輪郭のあるサウンド
  • 価格
  • 29100円(税込)
  • 10000円(税込)
  • 14700円(税込)
  • 接続方法
  • RCA×2、Bluetooth、光デジタル端子(光角型プラグ)、同軸デジタル、USB2.0
  • アナログ接続
  • アナログ接続
  • 電源供給方法
  • ACアダプター
  • 再生周波数帯域
  • 55Hz-40kHz
  • 150Hz~40kHz
  • 60Hz~10kHz

大型のPCスピーカー人気おすすめランキング3選

3位

サンワダイレクト

400-SP068 ブックシェルフ型

価格:4,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コントロールノブで好みの音色に調節可能

コンピューター・パソコン周辺機器メーカーのサンワサプライが運営するサンワダイレクトのpcスピーカーです。高音・中音・低音のコントロールノブがついていて好みで音色を調節することができる商品です。

 

音色にこだわりがあり、細かく好みに合わせて調節がしたいという方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法アナログ接続電源供給方法
再生周波数帯域40Hz~22,000Hz

口コミを紹介

しかし音を出してみたらびっくり音質はすんごい!ってわけじゃないけど高音低音両方摘みがついていて調整できるのでなかなかいい音を出します。見た目もチープという訳でもないのでお気に入りになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Logicool(ロジクール)

パソコン用 Z213

価格:3,036円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめサブウーファーで低音をより増幅させられる

Logicoolのサブウーファーが付属されたタイプのPCスピーカーです。スピーカーは小さめでデスクの上に設置しやすく、サブウーファーはデスクの下に設置することができます。低音をしっかり増幅してくれるサブウーファーは映画やゲームの臨場感を出してくれます

 

デスクが狭く大きめのスピーカーが置けないが低音を増幅させたい方やゲームなどにより臨場感を求める方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法アナログ接続電源供給方法
再生周波数帯域65Hz~20KHz

口コミを紹介

そこまで期待してなかったせいか、まぁ素晴らしすぎるw
当たり前かもしれないがAmazon Echo Plus単体よりも断然音が良いのでメインで使用しているPlusよりこちらを繋いだDotの方が遥かに良い音で困るという贅沢な結果にw

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

クリエイティブ・メディア

GigaWorks T40 Series II GW-T40-IIR

価格:9,655円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスのいいナチュラルなサウンド

シンガポールに本社を置く、マルチメディア製造機器企業です。このPCスピーカーは高音・低音。音量のそれぞれのコント―ロールノブがついています。クリアなサウンドを再現する専用ツィータでよりナチュラルでバランスのいいサウンドを楽しめます。

 

付属の変換アダプタ―がついていて、パソコン以外にも大画面で高音質なサウンドを楽しみたい方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法アナログ接続電源供給方法ACアダプター
再生周波数帯域50Hz - 20kHz

口コミを紹介

なかなか楽しく音楽が聞けます。T20が良かったためこちらも購入。ブラインドではT20とT40の区別ははっきりとはできない。評価はこちらが☆5、T20が☆6といった感じ。

出典:https://www.amazon.co.jp

大型のPCスピーカーの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6181935の画像

    クリエイティブ・メディア

  • 2
    アイテムID:6181961の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:6182024の画像

    サンワダイレクト

  • 商品名
  • GigaWorks T40 Series II GW-T40-IIR
  • パソコン用 Z213
  • 400-SP068 ブックシェルフ型
  • 特徴
  • バランスのいいナチュラルなサウンド
  • 大きめサブウーファーで低音をより増幅させられる
  • コントロールノブで好みの音色に調節可能
  • 価格
  • 9655円(税込)
  • 3036円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 接続方法
  • アナログ接続
  • アナログ接続
  • アナログ接続
  • 電源供給方法
  • ACアダプター
  • 再生周波数帯域
  • 50Hz - 20kHz
  • 65Hz~20KHz
  • 40Hz~22,000Hz

小型のPCスピーカー人気おすすめランキング5選

5位

エレコム

MS-P08UECBK

価格:1,294円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽さを求める方におすすめ

大阪に本社を置く、大手コンピューター周辺機器メーカーです。この大きさのPCスピーカーは1Wの商品が多いですが、このpcスピーカーは4Wで小型ながらもパワーのあるサウンドを楽しむことができます。

 

小型PCスピーカーの中でもより小さくパワーのある商品を求めている方におすすめです。さらに価格も1500円以下で手に取りやすいのでPCスピーカー初心者の方にもおすすめの商品です。

接続方法アナログ接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域

口コミを紹介

4位

クリエイティブ・メディア

Creative Pebbleシリーズ SP-PBL-BK

価格:1,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリアとしてもかわいいPCスピーカー

クリエイティブ・メディアのコンパクトタイプのPCスピーカーです。丸みを帯びた形状はpcスピーカーではあまり見かけず、インテリアとしても部屋にマッチしてかわいい商品です。スピーカーの角度が45°になっていてサウンドの聴きやすさも向上された商品です。

 

こちらの商品はスピーカーのみですが、低音を増幅させたい方はサブウーファー付きの商品もあるのでおすすめです。

接続方法USB接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域50Hz~20kHz

口コミを紹介

音楽を聴くために座椅子の左右に置いて聴いたところこの値段でこの低音はびっくりしました。バランスの良い音です。スピーカーの間が一番最高のサウンドですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

JBL

バスパワードスピーカー JBLPEBBLESBLKJN

価格:5,408円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USBケーブルのみで使用可能

アメリカに本社を置く、大手スピーカー関連メーカーのJBLのpcスピーカーです。こちらの商品は電源の供給とサウンドの送信をUSBケーブル1本でできる商品です。繋げる手順も難しくないので初心者の方でも扱いやすい商品です。

 

ケーブルを増やしたくない方や、持ち運びやすい商品を探している方におすすめのpcスピーカーです。

接続方法USB接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域70Hz ~ 20kHz

口コミを紹介

この価格のスピーカーとしては非常に音も良いし、USB接続のDAC内蔵なので雑音フリーなのも嬉しい。さすがJBL。低音もよく響いているし、スピーカーから音量調整できるのも便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ヤマハ(YAMAHA)

パワードスピーカー NX-50

価格:9,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道日本メーカーの商品

ヤマハは、楽器・半導体・音響機器などを手掛ける日本の大手メーカーです。コンパクトながらも重低音の効いたパワーのあるサウンドを楽しむことができます。カラー展開も豊富なので部屋の雰囲気に合わせて選びやすい商品です。

 

価格も1万円以下で買い求めやすく、多くの人に知られる日本の王道メーカーなのでPCスピーカーについて詳しくない方でも安心して使用できる商品です。さらに接続もシンプルで簡単にできるので難しい作業が苦手な方にもおすすめです。

接続方法アナログ接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域55Hz~20kHz

口コミを紹介

小さなボディーながら低音もほどよく出ていますし中高音域もバランスのよい音と思います。低音はBOSEの方がブーストされてるようですが、私はこちらのほうがバランスがよいと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BOSE(ボーズ)

multimedia speaker system

価格:15,880円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたpcスピーカー

アメリカに本社を置く、スピーカーを主に扱う音響機器開発製造企業です。コンパクトながらも20Wとハイパワーでどの音量でもクリアなサウンドを楽しむことができます。さらにiPhoneなどと接続も可能です。

 

小音量で聴くと籠ってしまうのが悩みという方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法アナログ接続電源供給方法ACアダプター
再生周波数帯域

口コミを紹介

もともと5万くらいのミニコンポ買ってPCに接続しようかとおもっていたのですが、それよりも圧倒的に安く、省スペースで、しかも自分にとって「この音好き!」とはっきり思える音が手に入ったのでとてもハッピーです。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型のPCスピーカーの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6181726の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 2
    アイテムID:6181712の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 3
    アイテムID:6181694の画像

    JBL

  • 4
    アイテムID:6178109の画像

    クリエイティブ・メディア

  • 5
    アイテムID:6178093の画像

    エレコム

  • 商品名
  • multimedia speaker system
  • パワードスピーカー NX-50
  • バスパワードスピーカー JBLPEBBLESBLKJN
  • Creative Pebbleシリーズ SP-PBL-BK
  • MS-P08UECBK
  • 特徴
  • コスパに優れたpcスピーカー
  • 王道日本メーカーの商品
  • USBケーブルのみで使用可能
  • インテリアとしてもかわいいPCスピーカー
  • 手軽さを求める方におすすめ
  • 価格
  • 15880円(税込)
  • 9100円(税込)
  • 5408円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1294円(税込)
  • 接続方法
  • アナログ接続
  • アナログ接続
  • USB接続
  • USB接続
  • アナログ接続
  • 電源供給方法
  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • USBケーブル
  • USBケーブル
  • USBケーブル
  • 再生周波数帯域
  • 55Hz~20kHz
  • 70Hz ~ 20kHz
  • 50Hz~20kHz

サウンドバーのPCスピーカー人気おすすめランキング4選

4位

SHEON

サウンドバー USBspeaker

価格:2,780円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々なデバイスに接続可能

小型ながらもクリアで抜けるサウンドが再現されたSHEONのpcスピーカーです。さらに再生周波数帯域の低音域が100Hzでしっかりとした臨場感を楽しむことができる商品です。

 

さまざまなデバイスと接続が可能なので、パソコン以外にも接続してコンテンツを楽しみたい方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法アナログ接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域00Hz-20KHz

口コミを紹介

バーの両端にLEDイルミネーションも搭載されているので、お洒落で雰囲気も盛り上がります。スマホやタブレット、MP3プレイヤーなどもAUXオーディオ出力が可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ELEGIANT

SoundBar Speaker SR500

価格:3,485円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質のいいBluetooth接続のpcスピーカー

アクションカメラなどを中心に扱っている中国のブランドのpcスピーカーです。最大20Wのパワーでクリアな低音からしっかりした低音まで幅広い音域を楽しめる商品ですBluetooth接続でより接続が簡単でさまざまなデバイスと接続が可能です。

 

Bluetooth接続のpcスピーカーは音質が下がってしまったり、音が途切れて聴こえてしまうというデメリットもあります。そういった悩みを解消できるおすすめのBluetooth接続のPCスピーカーです。

接続方法Bluetooth接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域80HZ-18KHZ

口コミを紹介

接続も簡単で、音の遅延も無さそうです。自分の狭い部屋には結構な存在感が出ますか、デザインがスタイリッシュでカッコいいのでインテリアとしても満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

TaoTronics

サウンドバー TT-SK028

価格:4,599円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省スペースのBluetooth接続PCスピーカー

アメリカ発のオーディオ・家電ブランドのPCスピーカーです。Bluetooth接続だけでなくコンパクトで省スペースなサウンドバーです。しかし2基のスピーカーと高音域用の2基のツィーターを搭載していて迫力満点のサウンドを楽しむことができます。

 

価格も安く、シンプルなデザインで場所を取らない商品を求めている方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法Bluetooth接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域

口コミを紹介

ちょうど格安のこの製品を見つけて購入時には価格なりの物だろうと思っていたのですが、使ってみるとびっくり。想定以上の品質に驚きました。外観もしっかりとした作りでわりと重量もあるのでチープさはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

TaoTronics

TT-SK027

価格:5,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーム向けのサウンドバー

先ほど紹介したTao Tronicsのゲーム向けのpcスピーカーです。TT-SK027との違いは低音域増幅用のパッシブラジエーターが2基搭載されています。ゲームや映画を低音までしっかり響かせて大迫力で楽しむことができます。

 

さらにゲームの雰囲気を盛り上げるLED付きで、ゲームをより楽しむことができる商品です。壁掛けも可能なので壁掛けテレビと併用したい方にもおすすめのPCスピーカーです。

接続方法Bluetooth接続電源供給方法USBケーブル
再生周波数帯域80Hz-20KHz

口コミを紹介

部屋のテレビを壁掛けにDIY したので、こちらを購入してみました。結論的にはよかったです!テレビから出ている音よりも単純に良い音です。

出典:https://www.amazon.co.jp

サウンドバーのPCスピーカーの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6181860の画像

    TaoTronics

  • 2
    アイテムID:6181837の画像

    TaoTronics

  • 3
    アイテムID:6181817の画像

    ELEGIANT

  • 4
    アイテムID:6181809の画像

    SHEON

  • 商品名
  • TT-SK027
  • サウンドバー TT-SK028
  • SoundBar Speaker SR500
  • サウンドバー USBspeaker
  • 特徴
  • ゲーム向けのサウンドバー
  • 省スペースのBluetooth接続PCスピーカー
  • 音質のいいBluetooth接続のpcスピーカー
  • 色々なデバイスに接続可能
  • 価格
  • 5999円(税込)
  • 4599円(税込)
  • 3485円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 接続方法
  • Bluetooth接続
  • Bluetooth接続
  • Bluetooth接続
  • アナログ接続
  • 電源供給方法
  • USBケーブル
  • USBケーブル
  • USBケーブル
  • USBケーブル
  • 再生周波数帯域
  • 80Hz-20KHz
  • 80HZ-18KHZ
  • 00Hz-20KHz

パソコンをより快適にするスピーカー付きチェアもチェック

パソコンを使用するうえで音質も重要ポイントですが、椅子の座り心地も大切ですよね。実はゲーミングチェアやオフィスチェアの中にはBluetooth接続のスピーカーが内蔵された商品もあります。

 

座り心地も抜群で、音質も良く臨場感あふれるサウンドを後ろから体感できるのも魅力的なポイントです。

 

下記の記事では安いゲーミングチェアの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。中には安い価格でスピーカー付きの商品も紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか?今回はPCスピーカーの選び方と人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しました。選び方といっても音質や接続方法とさまざまです。PCスピーカー購入の際にはぜひこちらの記事を参考にして聞き心地のいいPCスピーカーを見つけてくださいね!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ