【専門家監修】PCスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【高音質なものも】

パソコンの使用機会が増えると高音質を求めてPCスピーカーの購入を検討する方が増えます。今回は現役家電販売員たろっささん監修のもと、PCスピーカーの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介。安いものからおしゃれなもの、Bluetooth、ハイレゾ対応まで幅広く紹介します。

聴き心地のいいPCスピーカーをみつけよう

ゲームや映画を観るのに、PC内蔵のスピーカーでは臨場感に欠けてしまいます。そのため高音質なPCスピーカーの購入を検討する方が多いです。しかし、おしゃれな製品にこだわったり、値段の安いものを基準にしたりなど、選び方の基準は人によってさまざまです。

 

PCスピーカーといっても、オーソドックスなパソコンにコードで繋げるものだけでなく、最近ではBluetoothでコードレス接続できるものや屋外に便利な電池可動式のものなどが沢山販売されています。

 

今回は現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、PCスピーカーの選び方と人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します!ランキングは接続方法・電源供給方法・再生周波数帯域を基準に作成しました。ぜひ参考にしてみてください。

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

PCスピーカーとは?

PCスピーカーとはアンプを内蔵しているスピーカーです。アクティブスピーカーやパワードスピーカ―と呼ばれることも。PC内蔵型のスピーカーと違い、アンプで音を増幅することができるので、より臨場感のある豊かなサウンドが楽しめます。

 

サイズもさまざまで、大きいものから持ち運びに便利なコンパクトなものまで販売されています。選び方が多岐にわたるので、ライフスタイルに合わせて選びやすい特徴があります。

現役家電販売員が教えるPCスピーカーの選び方

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数の多いPCスピーカーですが、以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

POINT①

置く場所に合わせて形状を選ぼう

たろっささんの画像

たろっささん

PCスピーカーにはさまざまな形状のものがあります。2chだけで駆動するブックシェルフ型、本格的なシアターが組める5.1chタイプ、更に上位になると9.1chなど。もちろん音質にこだわるのは良いですが、接続設定が煩雑だったり配線が多すぎてゴチャゴチャしてしまったりする弊害もあるので、注意しましょう。

また、PC周りのスペースが限られているということであれば小型のサウンドバータイプのものもおすすめですよ。

POINT②

+αの機能があると便利

たろっささんの画像

たろっささん

PCの音声を再生するのが一番重要になるのは間違いありませんが、それ以外の機能も充実したPCスピーカーが多いです

Bluetoothで手持ちのデバイスの音声を再生することができたり、ヘッドホンを接続することができたり、マイク機能が付いていたりと製品によって特徴はさまざま。音量調整できるリモコンが付いていれば、手軽に音量を調節できるのでおすすめです

POINT③

接続の仕方を確認しよう

たろっささんの画像

たろっささん

PCスピーカーの接続方法は主に、USB接続・ピンジャック接続・アナログ接続・光デジタル接続・HDMI接続などがあります。

USBはPCに接続するとドライバが自動で設定され、スピーカーの設定を直接PCから行えるので、非常に手間が少ないのがメリット。反面音質がピンからキリまでとなっている点には注意しましょう。ピンジャックは汎用性が高い接続です。

アナログ・光デジタル・HDMIなどは、PC側の受け口があるかどうかもポイントになるため、事前にPCの仕様をチェックしておく必要があります。

今家電量販店で一番売れているPCスピーカーを紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れているPCスピーカーをご紹介します!

Boseらしいパワフルなサウンド

デスクに置いておけるコンパクトサイズのPCスピーカーです。ボーズ独自の「アクティブ・エレクトロニック・イコライゼーション」によって、小さな音量でも自然に聞こえるように音響バランスを自動で調節してくれます

 

ボーズならではの迫力あるサウンドを体感したい方におすすめです。タッチセンサー付きのコントロールポッドが付属しており、触るだけで簡単にボリュームを調整することができるのもポイントになります。

接続方法 ピンジャック接続 電源供給方法 ACアダプター
再生周波数帯域
たろっささんの画像

たろっささん

世界中に熱狂的なファンも多いBOSEのPCスピーカーです。手元にリモコンを置いておくことができ、簡単に音量調節ができるのが大きなメリット

音質はいかにもBOSEといった、低音がかなり強めの迫力あるサウンドです。ピンジャックでの接続なのでどんな機器でも合わせやすいのがポイント。

より拘りたい方に!編集部がおすすめするその他の選び方

ここではPCスピーカーの選び方をタイプ・音質・接続方法・出力・メーカーに分けて解説していきます。PCスピーカー選びの参考にしてみてください。

タイプで選ぶ

ここでは2ch・2.1ch・5.1chごとにそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。求めるサウンドと設置する部屋の規模に合わせて選んでください。

スタンダードなPCスピーカーを求めるなら「2ch」のものがおすすめ

PCスピーカーの中でもスタンダードで人気の高いものが「2ch」です。見かけることの多い左右2基に分かれたタイプのスピーカーを、2chと呼びます。中規模の部屋であれば、十分な立体感のあるサウンドを感じることができます。

 

さらにバータイプといった1つの筐体に2つのスピーカーがついたものや、コンパクトタイプなどニーズに合わせて選びやすいのも特徴です。PCスピーカーにあまり詳しくない初心者の方は、2chのスピーカーの中から選んでみるのがおすすめです。

立体感のあるサウンドを楽しめる「2.1ch」は人気

「2.1ch」は全音域の2基のスピーカーと低音域のスピーカー(サブウーファー)が1基のPCスピーカーです。2chのPCスピーカーと違い低音域用のスピーカーが備わっているのでより立体感のあるサウンドを楽しめます。

 

サイズが大きい商品もあるので設置場所の確認が必要になります。価格もリーズナブルで購入しやすく、ホームシアターなどでも迫力より手軽さを求める方におすすめのch数です。

ゲームや映画などを大迫力で楽しみたい方は「5.1ch」

「5.1ch」は前方左右・後方・センターと5基のスピーカーと、低音域用のサブウーファーを備えているPCスピーカーです。ホームシアターを楽しむ方には基本的なch数で、家でも映画館にいるような、臨場感にあふれるサウンドを楽しめます。

 

大迫力のサウンドで映画やゲームを楽しめるものの、設置場所にはそれなりのスペースが必要です。購入前に必ず設置できるかどうか、確認してください。

 

下記の記事ではホームシアタースピーカーの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。ぜひご覧ください。

音質で選ぶ

PCスピーカーを選ぶうえでとても重要になってくる、音質・再生周波数帯域・ハイレゾ・ユニットタイプで、音の良し悪しが決まります。

細かい音域まで重視したい方は「再生周波数帯域(Hz)」で決める

PCスピーカーの出力可能な音域を決めるのが「再生周波数帯域(Hz)」です。再生周波数帯域によって再生できる音が決まります。広ければサウンドの幅が広がり、立体感に繋がるのでPCスピーカー選びのひとつのポイントとして把握しておいて損はありません。

 

低音域が50Hzから高音域が20kHzのものが多く、これよりもさらに低音重視の方は50Hz以下のPCスピーカーがおすすめで、逆に高音域重視の方は30kHz以上のPCスピーカーおすすめです。

音の出方に好みがある方は「ユニットタイプ」に注目

音の信号を振動させるパーツの「ユニット」数によって音の出方や質が変わります。ユニットが1基のものをフルレンジといい複数のものをマルチウェイといいます。

 

フルレンジは一体感がありまとまりのあるサウンドで、マルチウェイは立体感のある広がりのあるサウンドが特徴的です。音の出方の好みに合わせてユニットタイプを選ぶのがおすすめになります。

とにかく高音質を求める方は「ハイレゾ対応」がおすすめ

高音質なサウンドを楽しみたい方にはハイレゾ対応のPCスピーカーがおすすめです。ハイレゾとはハイレゾオーディオの意味で高解像度のサウンドを指し、より高音質のサウンドを楽しめます。

 

ハイレゾ対応のPCスピーカーを探している場合は、ハイレゾロゴに注目してください。このロゴがある商品は一般社団法人オーディオ協会が定めたハイレゾの定義を満たしたものなので、高音質を求める方は確認して損はありません。

「出力(W数)は」音の大きさを決める

PCスピーカーの音量を決めるのが「出力(W数)」です。W数が部屋の広さにマッチしていないと音量を調節した際にはっきりとした音が聴こえなくなってしまうといったトラブルが起きてしまいます。

 

自宅のPCにスピーカーを設置する場合は10~20Wの間の商品を選ぶと音量調節がしやすく扱いやすいのでおすすめです。

接続方法で選ぶ

PCスピーカーを選ぶ際には有線か無線かも選び方のポイントです。ここではアナログ接続・USB接続・Bluetooth接続の3つの接続方法について解説します。

配線を最小限に抑えたい方は有線の「USB接続」

PC周りの配線を最小限にとどめてスピーカーのケーブルを1本で抑えたい方には「USB接続」がおすすめです。大音量の再生には不向きですがデジタルで音を送るためノイズに強い特徴があります。

 

さらに電源供給も同時におこなえるのでPC周りをスッキリさせるだけでなく、電源の確保にも困りません。なかにはハイレゾ対応モデルも販売されています。コンパクトなものも多いので持ち運び用としてのPCスピーカーにおすすめの接続方法です。

デスクやPC周りをスッキリさせたい方は無線の「Bluetooth接続」

無線接続できる「Bluetooth接続」ならコードがいらず、さらにデスクやPC周りをスッキリさせられます。その一方で、残念ながら有線に比べるとBluetooth接続は音質が劣ります。

 

PC以外にもスマートフォンと接続が可能な商品もあります。コンパクトタイプならアウトドアの場面などでも大活躍してくれる接続方法です。

 

下記の記事ではBluetoothスピーカーの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。ぜひご覧ください。

サイズで選ぶ

設置場所に合わせて大きさでPCスピーカーを選ぶのも大事な要素です。購入しても設置できないケースがないように、設置場所の確認をしてください。

小さめのPCデスク用や持ち運びには「コンパクトなスピーカー」がおすすめ

小さめのPCデスクに置いたり、持ち運んで使用したりする場合は、コンパクトなスピーカーがおすすめです。BluetoothやUSB接続のものが多いので、狭いスペースでも良質なサウンドを楽しめます。

 

手の平サイズの超小型スピーカーであればカバンの中でも場所を取らずに持ち運びできます。価格も安いものが多いので、設置スペースの確保が難しい方や低価格のものを探している方はぜひチェックしてください。

「大きいサイズ」は音質にこだわる方におすすめ

サイズが大きくなれば音質もや出力が向上する傾向にあります。音質にこだわる方で設置スペースに余裕がある方は大型のPCスピーカーを選んでみるのもおすすめです。

 

しかし大きさだけでなく、5.1chなどのpcスピーカーになると設置する場所の数や角度も確認が必要です。さらに出力が大きくなればそれだけ音量も大きくなるので近隣との騒音トラブルにも気を付けてください。

電源供給方法で選ぶ

使用する場面や場所に合わせて、電源供給方法で選んでみるのも良い考えです。ここではACアダプター・USBケーブル・電池タイプの3種類の供給方法について解説します。

出力が高く高音質のPCスピーカーを求めるなら「ACアダプター」

出力が高く、音質の良さにこだわりを持つ場合は「ACアダプター」がおすすめです。ACアダプターの商品は、出力が高く音量が大きいので広範囲にサウンドを響かせられます。

 

しかし電源の確保が難しいし、配線が多くごちゃつきやすいのも特徴です。購入前に電源の確保とコード類の整理が必要です。

持ち運び安さ重視なら「USBケーブル」

PCスピーカーを持ち運んでノートパソコンに接続して使用する場合は「USBケーブル」がおすすめです。USBケーブル1本でサウンドの送信と電源供給ができるので、コンパクトに納められます。

 

ノートパソコンに接続する際には、あらかじめUSBケーブルがいくつ接続できるかポート数を確認しておいてください。

電源が確保できない方は「電池タイプ」

外出先など、どうしても電源の確保が難しいと言う場合は「電池タイプ」のPCスピーカーがおすすめです。乾電池で動くのでアウトドアの場面で大活躍してくれる電源供給方法です。

インテリアとしてもおしゃれな「サウンドバー」が人気

設置場所が狭い方や、PCスピーカーの見た目にもこだわる方におすすめするのが「サウンドバー」です。PCスピーカーといえば左右に分けて置くイメージが強いですがこのサウンドバーなら一体型で設置もしやすいです。

 

さらに壁掛けにできるタイプもあるので、壁掛けテレビ用としてもおすすめのPCスピーカーです。細くてシンプルなデザインはインテリアとしてもおしゃれで部屋の雰囲気も損なわずに設置できます。

メーカーで選ぶ

人気度の高いメーカーから選んでみるのも一つの手段です。ここでは有名メーカーのLogicool・Bose・JBLのそれぞれの特徴をご紹介します。

コスパを求めるなら「Logicool(ロジクール)」

スイス・ローザンヌに本社を置くコンピューター周辺機器を主に取り扱うメーカーです。低価格で高品質な商品が多く、コスパに優れていて初心者でも購入しやすいのが特徴です。さらにデザイン性にも優れていて、おしゃれさもあるメーカーです。

重低音にこだわりがある方は「Bose(ボーズ)」がおすすめ

Boseはアメリカに本社を置く、音響機器開発製造企業です。PCスピーカーは特に重低音が響くものが多く、サウンドの迫力を求める方におすすめのメーカーです。小型のPCスピーカーが多いのでデスクトップ型パソコン用でもノートパソコン用でも選びやすいです。

広い空間向けのものを求めるなら「JBL(ジェービーエル)」

JBLはアメリカに本社を置く、大手スピーカー関連メーカーです。映画館やコンサート会場など広い空間で大勢の人に行き渡るサウンドが特徴的です。特に低音域に特化したサウンドが特徴的で、立体感のあるサウンドを楽しめます。

 

見た目がおしゃれな製品が多いので、インテリアとしても活躍してくれるメーカーです。

安いスピーカーなら構造がシンプルなものがおすすめ

コストパフォーマンスが良いのを第一条件にPCスピーカーを選ぶのなら、シンプルな構造の製品をおすすめします。具体的にはスタンダードな2.0chタイプのもの、安いアナログ接続のものです。

 

メーカーでいうのなら、シンガポールに本拠を置くクリエイティブ・メディア、各種パソコン周辺機器を販売しているロジクール、サンワサプライやエレコムの製品の中のコンパクトなPCスピーカーをおすすめします。

ハイレゾ対応PCスピーカー人気おすすめランキング6選

人気のアクティブ・スピーカーをハイレゾ化

手頃な価格で充実したハイレゾリスニングが楽しめるアクティブ・スピーカーです。アクティブ・スピーカーなのでこの機種はアンプを別に設置する必要がありません。付属のケーブルを使うだけで、PCやスマートフォンの音を聴けことができます。

 

ウーハーにアップロールラバーエッジを採用しているので、迫力のあるサウンドを楽しめます。また、木製エンクロージャーを採用しているほか、リアバスレフ方式なので重低音までしっかり再生可能です。なお、カラーはホワイトとブラックの2色展開です。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 ACアダプター
再生周波数帯域 110Hz〜40kHz

口コミを紹介

いやしつかりとスタジオモニターの音がする。色々なスタジオモニターを持って来ているが音の澄みぐあいはこいつが一番。情報量はそれなりかな?こんなに小さいのに、各楽器をしっかり描き分けている。低音もこのサイズとしては十分。音に魅力がある。

出典:https://www.amazon.co.jp

透明感あふれる高域を実現

高級感のあるJBLのハイレゾ対応のスピーカーです。プロフェッショナル用に開発された技術を採用し、どの方向から音楽を聴いても自然で美しい音を楽しめます。また、独自の定指向性ホーンデザインが特徴的です。

 

同じSTAGEシリーズでアンプなどを揃えれば、統一されたリスニング環境が実現できるのでおすすめです。エアフロー形状のバスレフポートを採用しているので、低音域も自然に聞こえます。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 -
再生周波数帯域 55Hz~40kHz

口コミを紹介

試聴会に訪れた隣町のオーディオ専門店の店長に勧められた折に、あまりに廉価なので疑心暗鬼で視聴してみたところ、想像を遙かに超える、そのサウンドクオリティに圧倒されて、購入に至りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

クリアな輪郭のあるサウンドが魅力

日本の音響機器メーカー、Onkyo(オンキョー)のPCスピーカーです。クリアで癖のないはっきりとしたサウンドを楽しめる商品になります。低音も滑らかで芯のしっかりした躍動感のあるサウンドです。

 

特に聴きやすさ重視の方向けのハイレゾ対応PCスピーカーとしておすすめになります。側板の突き板仕上げが特徴的な見た目も人気の一つです。まるでスタジオの録音現場にいるような、生々しい音楽の再生が可能なので、音質にこだわりたい方はぜひチェックしてください。

接続 アナログ接続 電源供給方法 -
再生周波数帯域 60Hz~10kHz

口コミを紹介

以前使っていたドイツ製の本格的なスタンドスピーカーからの買い替えですが、還暦過ぎて高音がすこし聞き取りにくい自分には、納得できるものです。今は、日本製にこだわる必要ないですね。オンキョーさんこれからもがんばってください。

出典:https://www.amazon.co.jp

小音量でも聴きやすい

日本の音響機器メーカー、フォスター電機の自社ブランドです。再生周波数帯域の高音域が40Hzと高めでしっかりと伸びる高音を楽しめる商品です。さらに出力も40Wで高めですが、小音量でも高音質で聴けるスピーカーユニットを搭載しています。

 

見た目も木目調でインテリアとしても温かみのあるPCスピーカーです。価格も低めなのでハイレゾ対応初心者におすすめの商品です。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 -
再生周波数帯 150Hz~40kHz

口コミを紹介

価格が安く、小さくて聞き疲れしないスピーカーを探していて見つけました。
届いた商品は想像より一回り小さく、机の端にちょこんと置いておくにはちょうどいいサイズ。

出典:https://www.amazon.co.jp

接続方法が豊富で使いやすい

コンパクトながらも最大出力が88WでパワーのあるPCスピーカーです。さらにUSB接続以外の接続方法が豊富でBluetooth接続にまで対応したハイレゾ対応のPCスピーカーです。パワーと機能性重視の方におすすめのPCスピーカーになります。

接続方法 RCA×2・Bluetooth・光デジタル端子(光角型プラグ)・同軸デジタル・USB2.0 電源供給方法 ACアダプター
再生周波数帯域 55Hz-40kHz

口コミを紹介

至れり尽くせりのスピーカです多用途をこれ一台で完結できます。音質はこの価格帯では最強レベルだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイレゾ音源を手軽に楽しめるBlootoothスピーカー

手軽に良い音を楽しめるBloootoothスピーカーですが、AUXケーブルに接続すると、ハイレゾ電源を楽しめるようになります。付属のアプリを利用すると、簡単に音質の調整も可能です。2台のSoundscore Motion+ を使用すると、ステレオサウンドも楽しめます。

 

気軽な使い方も、好み通りにカスタマイズする使い方も可能で、魅力的なスピーカーです。

接続方法 Bluetooth・AUX 電源供給方法 USBケーブル
再生周波数帯域 50Hz〜40kHz

口コミを紹介

PC用スピーカーとして、基本的に電源に接続してAUX入力で使用しています。
音質については、価格とサイズから考えれば良いと思います。
ゲーム、音楽、映画用途ですが十分満足できています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイレゾ対応PCスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 電源供給方法 再生周波数帯域 再生周波数帯 接続
アイテムID:10246499の画像
Companion 20 multimedia speaker system PCスピーカー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Boseらしいパワフルなサウンド

ピンジャック接続 ACアダプター
2
アイテムID:10246592の画像
ハイレゾ対応 2.0ch デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

接続方法が豊富で使いやすい

RCA×2・Bluetooth・光デジタル端子(光角型プラグ)・同軸デジタル・USB2.0 ACアダプター 55Hz-40kHz
3
アイテムID:10246589の画像
かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P802-S

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小音量でも聴きやすい

アナログ接続 - 150Hz~40kHz
4
アイテムID:10246586の画像
2ウェイ・スピーカーシステム D-112EXT(D)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

クリアな輪郭のあるサウンドが魅力

- 60Hz~10kHz アナログ接続
5
アイテムID:10246583の画像
STAGE A130 2ウェイ ブックシェルフ型スピーカー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

透明感あふれる高域を実現

アナログ接続 - 55Hz~40kHz
6
アイテムID:10246580の画像
アクティブ・スピーカー PM0.3H(B)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

人気のアクティブ・スピーカーをハイレゾ化

アナログ接続 ACアダプター 110Hz〜40kHz

大型のPCスピーカー人気おすすめランキング3選

映画にもゲームにも!サブウーファーで低音をより増幅

Logicoolのサブウーファーが付属されたタイプのPCスピーカーです。スピーカーは小さめでデスクの上に設置しやすく、サブウーファーはデスクの下に設置ができます。

 

低音をしっかり増幅してくれるサブウーファーは映画やゲームの臨場感を出してくれるのでデスクが狭く大きめのスピーカーが置けないが低音を増幅させたい方やゲームなどにより臨場感を求める方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 -
再生周波数帯域 -

口コミを紹介

ウーファーが付いているため、低音がすごく効いてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

バランスのいいナチュラルなサウンド

シンガポールに本社を置く、マルチメディア製造機器企業です。このPCスピーカーは高音・低音。音量のそれぞれのコントロールノブがついていて、クリアなサウンドを再現する専用ツィータでよりナチュラルでバランスのいいサウンドを楽しめます。

 

付属の変換アダプターでパソコン以外にも大画面で高音質なサウンドを楽しみたい方におすすめのPCスピーカーです。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 ACアダプター
再生周波数帯域 50Hz - 20kHz

口コミを紹介

なかなか楽しく音楽が聞けます。T20が良かったためこちらも購入。ブラインドではT20とT40の区別ははっきりとはできない。評価はこちらが☆5、T20が☆6といった感じ。

出典:https://www.amazon.co.jp

クラシックなデザインのブックシェルフスピーカー

スマートフォンやタブレット、PCなどと接続するだけで使えるクラシックなブックシェルフスピーカーです。Bluetooth対応でリモコンも付属しているので、操作も簡単で気軽に音を楽しめます。

 

インテリアの邪魔にならない高級感あるデザインも一押しポイントです。

接続方法 Bluetooth 電源供給方法 電源コード式
再生周波数帯域 55Hz-20KHz

大型のPCスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 電源供給方法 再生周波数帯域
1
アイテムID:10246606の画像
R1280DB Bluetoothアクティブスピーカー2.0

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

クラシックなデザインのブックシェルフスピーカー

Bluetooth 電源コード式 55Hz-20KHz
2
アイテムID:10246603の画像
GigaWorks T40 Series II GW-T40-IIR

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

バランスのいいナチュラルなサウンド

アナログ接続 ACアダプター 50Hz - 20kHz
3
アイテムID:10246600の画像
PCスピーカー Z313 ステレオ 2.1ch サブウーファー付属

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

映画にもゲームにも!サブウーファーで低音をより増幅

アナログ接続 - -

コンパクトなPCスピーカー人気おすすめランキング7選

手軽さを求める方におすすめ

大阪に本社を置く、大手コンピューター周辺機器メーカーです。この大きさのPCスピーカーは1Wの商品が多いですが、このPCスピーカーは4Wで小型ながらもパワーのあるサウンドを楽しめます。

 

小型PCスピーカーの中でもより小さくパワーのある商品を求めている方におすすめです。さらに価格も1500円以下で手に取りやすいのでPCスピーカー初心者の方にもおすすめの商品となっています。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 USBケーブル
再生周波数帯域 -

口コミを紹介

4Wという音の大きさは、8畳の部屋では十分でかいと感じます。
机に設置する時も、滑り止めがついていて倒れないし、ケーブルの長さも申し分ないです

出典:https://www.amazon.co.jp

USBケーブル1本でサウンドの送信が可能

アメリカに本社を置く、大手スピーカー関連メーカーのJBLのPCスピーカーです。こちらの商品は電源の供給とサウンドの送信をUSBケーブル1本でできる商品になります。繋げる手順も難しくないので初心者の方でも扱いやすい商品です。

 

本体にはロータリー式音量コントロールを装備していて、スピーカー側で音量の調節が可能です。ケーブルを増やしたくない方や、持ち運びやすい商品を探している方におすすめのPCスピーカーなので、ぜひ検討してください。

接続方法 USB接続・アナログ接続 電源供給方法 USBケーブル
再生周波数帯域 70Hz ~ 20kHz

口コミを紹介

この価格のスピーカーとしては非常に音も良いし、USB接続のDAC内蔵なので雑音フリーなのも嬉しい。さすがJBL。低音もよく響いているし、スピーカーから音量調整できるのも便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

王道日本メーカーの商品

ヤマハは、楽器・半導体・音響機器などを手掛ける日本の大手メーカーです。コンパクトながらも重低音の効いたパワーのあるサウンドを楽しめます。カラー展開も豊富なので部屋の雰囲気に合わせて選びやすい商品です。

 

PCスピーカーについて詳しくない方でも使用できる商品です。さらに接続もシンプルで簡単にできるので難しい作業が苦手な方にもおすすめです。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 USBケーブル
再生周波数帯域 55Hz~20kHz

口コミを紹介

小さなボディーながら低音もほどよく出ていますし中高音域もバランスのよい音と思います。低音はBOSEの方がブーストされてるようですが、私はこちらのほうがバランスがよいと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

USB Tyoe-Cで給電可能なスピーカー

さまざまな種類のあるCreative Pebbleが、USB Type-C電源に対応してパワーアップしました。このシリーズの高出力版で、総合8W・ピーク時16Wの出力に対応し、従来よりパワフルで音質のしっかりしたサウンドを再現します。

 

また、サウンドがダイレクトに伝わるように、スピーカードライバーを45°の上向きに配置しています。さらに、スピーカー背面にパッシブラジエーターを備えているので、重低音が効いた奥行きのある音楽を楽しめます。

接続方法 USB接続(Type-C・Type-A)・アナログ接続 電源供給方法 USBケーブル(Type-C・Type-A)
再生周波数帯域 -

口コミを紹介

スピーカー裏面がBASS振動板になっており低音もしっかり ハイレゾと聞き比べると無理はありますがPCの音源なら十分過ぎる音。youtubeやAmazonプライムの映画楽しむならこれお勧めします。
デザインも良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

小さなボディで高音質

8.8×19.4×13.2cmの小さなサイズにもかかわらず、低音域から中音域までの再生能力が強化されていて、深みがあり迫力のあるサウンドを楽しめます。コストパフォーマンスの面からも満足できるスピーカーです。

接続方法 アナログ接続 電源供給方法 ACアダプタ
再生周波数帯域 80Hz~20kHz

口コミを紹介

これよりも価格の安い小さいUSBスピーカーを使ってましたが迫力が全然違います。
この大きさのスピーカーは音に余裕があって聞き疲れしないのでいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

とにかく安い!ロングセラー

ロジクールのPCスピーカーのなかでも、群を抜いてコストパフォーマンスの良いモデルです。価格が安いので「少しだけ音質が良くなってくれさえばよい」と考える方にはおすすめです。

 

コンパクトで、スピーカーの裏側には余ったコードを巻きつけるスペースがあるので、机の上がすっきりとまとまります。

接続方法 USB接続 電源供給方法 USBケーブル
再生周波数帯域 140Hz~18kHz

口コミを紹介

音質は驚くほどいいです。
もちろん高級スピーカーの音質を求めてはいけません。
デスクトップPCを初めて買って、あれ?音どこから出るねん?となった人用だし、またそういう値段でしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれで可愛いPCスピーカー

クリエイティブ・メディアのコンパクトタイプのPCスピーカーです。丸みを帯びた形状はpcスピーカーではあまり見かけず、インテリアとしても部屋にマッチしてかわいい商品になっています。スピーカーの角度が45°になっていてサウンドの聴きやすさも向上した商品です。

 

こちらの商品はスピーカーのみですが、低音を増幅させたい方はサブウーファー付きの商品もあるのでぜひチェックしてください。

接続方法 USB接続 電源供給方法 USBケーブル
再生周波数帯域 50Hz~20kHz

口コミを紹介

音楽を聴くために座椅子の左右に置いて聴いたところこの値段でこの低音はびっくりしました。バランスの良い音です。スピーカーの間が一番最高のサウンドですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトなPCスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 電源供給方法 再生周波数帯域
1
アイテムID:10246627の画像
Creative Pebbleシリーズ SP-PBL-BK

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

おしゃれで可愛いPCスピーカー

USB接続 USBケーブル 50Hz~20kHz
2
アイテムID:10246624の画像
PCスピーカー Z120BW

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

とにかく安い!ロングセラー

USB接続 USBケーブル 140Hz~18kHz
3
アイテムID:10246621の画像
Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小さなボディで高音質

アナログ接続 ACアダプタ 80Hz~20kHz
4
アイテムID:10246618の画像
Creative Pebble V2 SP-PBLV2-BK

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

USB Tyoe-Cで給電可能なスピーカー

USB接続(Type-C・Type-A)・アナログ接続 USBケーブル(Type-C・Type-A) -
5
アイテムID:10246615の画像
ヤマハ パワードスピーカー オレンジ NX-50(D)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

王道日本メーカーの商品

アナログ接続 USBケーブル 55Hz~20kHz
6
アイテムID:10246612の画像
Pebbles バスパワードスピーカー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

USBケーブル1本でサウンドの送信が可能

USB接続・アナログ接続 USBケーブル 70Hz ~ 20kHz
7
アイテムID:10246609の画像
PCスピーカー USB給電 4W コンパクト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

手軽さを求める方におすすめ

アナログ接続 USBケーブル -

サウンドバーのPCスピーカー人気おすすめランキング3選

ディスプレイ下にぴったりのサイズ

液晶ディスプレイ下の空間に90センチほどの空間があれば設置できるように設計されています。24インチのデスクトップパソコン用ディスプレイや、32インチ程度の液晶テレビの下にぴったり納まるサイズです。狭い机やテレビ台の上でも邪魔になりません。

 

小さな音でもよく聞こえるように、スピーカーユニットをやや上向きにするなど、細かい部分に配慮してあります。テレビが邪魔しないように、防磁設計になっていて便利です。

接続方法 アナログ 電源供給方法 AC電源
再生周波数帯域 200Hz〜20KHz

口コミを紹介

音楽鑑賞を目的としていないので音質に関してはわかりませんが、音は聞き取る分にはたいへんクリアです。ワット数が大きく、同メーカーの小ワットのものでは割れるような大音量にしても割れずに出力され、重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

アナログからBluetoothまでどんな方法でもつながるサウンドバー

パソコン・タブレット・スマートフォン・ゲーム機・CDプレーヤーなど、幅広い機器と接続することが可能なサウンドバーです。アナログ接続のほか、USB接続やBluetoothにも対応しているからです。映画やゲームも臨場感いっぱいで聴けるだけの出力パワーも備えています。

 

さらにUSBメモリやmicroSDカードの中身を読み取ったり、パソコンやスマートフォンと接続して内蔵マイクを通して会話を楽しむなど、さまざまなことが可能です。本体そのものはスリムなデザインで、周囲の邪魔になることはありません。

接続方法 アナログ・USB・Bluetooth 電源供給方法 USB
再生周波数帯域 -

口コミを紹介

液晶テレビ(22インチ)用にサウンドバーが欲しくなり、購入しました。設置する前はテレビの音、特に映画のセリフが聞き取りにくかったのですが、設置後は明瞭に聞き取れるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトサイズで邪魔にならないサウンドバー

手軽に設置できて簡単に接続できる幅60センチのコンパクトなサウンドバーです。画面を遮ぎらず設置できるほか、壁掛け設置もできるのがうれしいポイントになります。

 

ヤマハ独自のサラウンド技術により、テレビの音を聴きやすくできる機能が搭載されていて、サイズ以上の臨場感が味わえること間違いなしです。

接続方法 Bluetooth 電源供給方法
再生周波数帯域

口コミを紹介

何より自然なサラウンド感がいいです。60センチの幅なのに、あたかも両サイドに配置したNS10モニター(幅120)から音が出てるような感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

サウンドバーのPCスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 電源供給方法 再生周波数帯域
1
アイテムID:10246638の画像
コンパクトサウンドバー SR-C20A

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトサイズで邪魔にならないサウンドバー

Bluetooth
2
アイテムID:10246635の画像
PCスピーカー サウンドバー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アナログからBluetoothまでどんな方法でもつながるサウンドバー

アナログ・USB・Bluetooth USB -
3
アイテムID:10246632の画像
液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ディスプレイ下にぴったりのサイズ

アナログ AC電源 200Hz〜20KHz

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事でも、さまざまなスピーカーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

パソコンをより快適にするスピーカー付きチェアもチェック

パソコンを使用するうえで音質も重要ポイントですが、椅子の座り心地も大切です。実はゲーミングチェアやオフィスチェアの中にはBluetooth接続のスピーカーが内蔵された商品もあります。

 

座り心地も抜群で、音質も良く臨場感あふれるサウンドを後ろから体感できるのも魅力的なポイントです。

 

下記の記事では安いゲーミングチェアの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。中には安い価格でスピーカー付きの商品も紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

今回はPCスピーカーの選び方と人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しました。選び方といっても音質や接続方法とさまざまです。PCスピーカー購入の際にはぜひこちらの記事を参考にして聞き心地のいいPCスピーカーを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】アクティブスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【高級なものも!】

【2022年最新版】アクティブスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【高級なものも!】

スピーカー
スマートスピーカーの人気おすすめランキング20選【2022最新】

スマートスピーカーの人気おすすめランキング20選【2022最新】

スピーカー
ヤマハスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【PCスピーカーも!】

ヤマハスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【PCスピーカーも!】

スピーカー
カースピーカーのおすすめ人気ランキング15選【音質のいい最強商品も】

カースピーカーのおすすめ人気ランキング15選【音質のいい最強商品も】

スピーカー
センタースピーカーの人気おすすめランキング15選【2022年最新】

センタースピーカーの人気おすすめランキング15選【2022年最新】

スピーカー
モニタースピーカーの人気おすすめランキング20選【2022年最新】

モニタースピーカーの人気おすすめランキング20選【2022年最新】

スピーカー