山田風太郎の人気おすすめランキング10選【忍法シリーズの立役者】

記事ID1757のサムネイル画像

山田風太郎といえば「甲賀忍法帖」から開始された[忍法帖]シリーズで一躍有名になった作家ですが、時代小説以外にも推理小説・奇想小説といった分野でも多くの名作を残しています。そんな山田風太郎のおすすめランキング10選をご紹介いたします。

山田風太郎小説の魅力とは

山田風太郎といえば、忍法帖シリーズの作者として現在でも多くの人々を魅了する小説家です。忍法帖シリーズではストーリー上にチーム対決の要素を盛り込んだ初めての作品といわれており、今日の「バトル物」と分類される作品の始祖となる作品でもあります。小説だけにとどまらず、漫画やアニメ作品等にも大きな影響を与えた作品でもあります。

 

また、近年「甲賀忍法帖」や「柳生忍法帖」などの代表的な作品が「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜」や「Y+M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~」として漫画化、アニメ化などでメディアミックスされた結果中高生などの若い世代にも人気が出ています。

 

今回は、そんな山田風太郎作品の人気おすすめ作品をジャンル、読みやすさ、amazonの売上を参考に作成したランキング10選でお届けします。

時代物小説で一躍有名になった山田風太郎ですが、他のジャンルでも多くの名作を残してきています。後半では、ジャンル別のおすすめ作品も紹介していますので、忍法帖シリーズから入ったファンも要チェックです。

山田風太郎の人気小説ランキング10選

10位

KADOKAWA

太陽黒点

価格:679円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

青春群像劇から一転、戦争が生んだ悲劇へ

戦中・戦後を知る山田風太郎だからこそ書くことのできる長編ミステリーの傑作。

苦学生ながらも容姿・才能に恵まれた主人公の鏑木明。

いわゆる富裕層である多賀恵美子に出会うことで人生を狂わせていく。

 

献身的な恋人である容子はそんな明に振り回され続けやがて悲劇へとつながっていく。

最終章の語りは必見。さらに最後まで読めば序盤からの人物・書物等に気づかされる点も多い。

 

「誰カガ罰セラレネバナラヌ」というある死刑囚の残した言葉から生まれる殺意と復讐劇の謎を解く長編ミステリー。

ページ数304ページ発売日2010/9/25

口コミ

山田風太郎の推理作家としての、技量は素晴らしいと思います。
時代設定も面白いですね。
この時代を生きた人にしか書けない小説だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

筑摩書房

同日同刻―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日

価格:907円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太平洋戦争開戦から終戦にいたるまでの多くの記録

太平洋戦争開戦日の1941年12月8日と終戦日に至るまでの1945年8月1日~1945年8月15日の間、人々が何を考えどう行動していたのか?様々な人々の手記などによって語られている。

 

終戦から74年たち、当時の経験を身近な人から聞くことが難しくなってきた現代において戦争というものの恐ろしさ、愚かさ、狂気を知ることができる貴重な一冊。

ページ数334ページ発売日2006/8/1

口コミ

真珠湾攻撃に狂喜乱舞する日本国民。何十万人という広島・長崎市民を虐殺して、笑う米国人。守るべき国民を押しのけて我先に逃げる関東軍。原爆2発落とされても本土決戦・一億玉砕を国民に強要する軍人たち。70年で人間はそうそう変わらない。今は昔、昔は今。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ポプラ社

青春探偵団

価格:670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昭和30年が舞台の学園ミステリ

昭和30年という時代を生きる少年少女が織りなす青春ドラマ。

 

寮生活を送り、青春を謳歌するクラスメイト6人が探偵小説愛好会「殺人クラブ」を結成、様々な事件を解決していく。

登場する高校生たちもタラバ蟹、シーラカンスなどの異名をもつ教師陣もとても個性豊か、正義感あふれるヒーローというよりもお調子者だがどこか憎めない。

 

ミステリーものではあるが、殺人クラブのキャラクター達の雰囲気にどんどん引き込まれていきます。読み終わった後は自分も殺人クラブの一員になったような爽快な読後感に包まれること間違いなし。

ページ数331ページ発売日2010/3/8

口コミ

推理ものとしては、少し歯ごたえがないかもしれませんが、「こんな仲間がいたらいいなあ」とか「こんな学生時代って面白そう」と思わせるところは作家としての力量ではないでしょうか。特に第三話の「泥棒御入来」などは、活き活きとしたスラップスティックな描写もあり、幅が広いなあ、と思い知らされます。

軽いタッチで全編を描きつつも、昨今のライトノベルでは描かれない、もしくは過剰に描かれる「人間の暗さ」や「運命の残酷さ」が滲み出るように随所に現れるのは、昭和の作家という気がします(古臭いという意味ではありません)。

忍法、伝奇、SF的なものは一切出てきませんが、青春探偵モノとしては面白いのではないでしょうか?

黒田硫黄の表紙もグッドです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

KADOKAWA

柳生忍法帖

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柳生十兵衛三部作の記念すべき第一作

数多い歴史上の人物の中でも知名度・人気度共にトップクラスの柳生十兵衛を主人公とした、十兵衛三部作の第一作。

本作、「魔界転生」、「柳生十兵衛死す」を合わせて十兵衛三部作と称す。

 

タイトルに忍法帖と入っていますが、こちらは忍術で戦う物語ではありません。

ストーリーは会津七本槍に親や夫を殺された七人の女が柳生十兵衛の助太刀を借りて復讐を試みるというもの。

 

2005年にはせがわまさきにより週刊ヤングマガジンで『Y十M 〜柳生忍法帖〜』として漫画化され若者にも広く知られることとなった。

この本の見どころはとにかく主人公である柳生十兵衛。

ユーモアもありながらのその圧倒的な強さとアクションの描写は必見です。

ページ数464ページ発売日2012/3/24

口コミ

会津七本槍に親や夫を殺された七人の女が柳生十兵衛の助太刀を借りて復讐を試みる。
 山田風太郎の柳生十兵衛三部作の記念すべき一作目。

 ヤングマガジンで漫画化され話題となったこの作品。漫画版がほぼストーリーを変えてないのが分かる。ストーリーが分かっていても小説を読んで手に汗握らせるのだからすごい。
 当初は柳生十兵衛を出す予定ではなかったという話だが、やはりこの小説の魅力は柳生十兵衛のキャラクターによる部分が多いと思う。どこかとぼけていながら、遊びにいくかのごとく命を賭けた戦いに挑んでいく。そのかっこよさが柳生十兵衛シリーズを生んだのだと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

講談社

戦中派不戦日記

価格:1,058円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

医学生時代の山田風太郎がここに

先に紹介した「同日同刻」と同じくこちらも山田風太郎のノンフィクション作品になります。

 

兵庫県生まれの山田風太郎は代々医師の家系に生まれ、自身も医者を目指し東京医学専門学校(現在の東京医科大学)に進学する。

 

このころにはすでに複数の小説が入選するなど非凡な才能を見せはじめていた。

そんな山田風太郎の医学生時代(昭和20年)に山田風太郎が書いた日記がこの「戦中派不戦日記」である。

 

当時、小説家ではなく学生であった山田風太郎の偽りない感情・戦争の風景を知ることの出来る必読の一冊です。

ページ数704ページ発売日2002/12/13

口コミ

私は読み終えた本はすぐ売りに出す方だが、本書は繰り返し読みこんでいる。庶民の個人的な日記も未来の人にとっては貴重な歴史的一次資料になりうるのだな。

1/6(土) 晴
(前略)連日連夜敵機が来襲し、南北東西に突如として火炎あがり人惨死す。明日の命知れずとは、まさに今の時勢をいうなるべし。ただし人は、他死するも吾は死なずと理由なき自信を有するものなれば、(後略)

この心理よく解ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

KADOKAWA / 角川書店

誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽

価格:500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誰にでも出来る、誰にも起こりうる恐怖

舞台は昭和30年代の場末のアパート「人間荘」。

ある住人が発見した押し入れに残された分厚いノートを読んでみると、複数の部屋の借主による手記であった。

しかし、それは単なる日記ではなく、このアパートで起きた様々な事件の記録であった。

だが、このノートに隠された秘密、そして違和感はそれだけではなかった。

 

一つ一つの短編がラストに向かうにつれ綺麗に収束していくような展開はさすが山田風太郎という手法。

その収束されたラストの展開にはすっきりした読後感と共にゾッとする恐怖を感じることが出来る作品。

 

第二篇「棺の中の悦楽」は、ある事情で金を手に入れた男が、ひたすら女性を取り換えて奔放な生活を送る物語。

1965年に「悦楽」として実写映画化もされた作品。

ページ数459ページ発売日2011/9/23

口コミ

連作形式のスタイルに巧みな騙しが潜むトリッキーな「誰にも出来る殺人」
大島渚により「悦楽」として映画化された「棺の中の悦楽」
どちらもとびきりの傑作。(例によって作者自身の評価は低いようだが・・・)
とりわけ後者は丹念な心理描写の果てにフランシス・アイルズの某作品を思わせる意外な幕切れの、風太郎ミステリの中でも特異な作品。
作者の女性に寄せるロマンティシズムと諦念の両面を感じて興味深い。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

朝日新聞社

八犬伝

価格:378円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

虚と実の世界が交互に語られる傑作

江戸時代に、滝沢馬琴が自作の構想を葛飾北斎たちに聞かせ自身の生活が描かれた「実の世界」と、 馬琴による「南総里見八犬伝」のあらすじが紹介される「虚の世界」が交互に語られます。

 

「南総里見八犬伝」は滝沢馬琴が執筆に28年もの月日を費やした全98巻、106冊の大作小説。日本の長編伝奇小説の古典の一つである。

「虚の世界」ではその南総里見八犬伝の物語のダイジェストが語られることで超大作の八犬伝のストーリーの大筋を知ることが出来ます。

「実の世界」では江戸時代の芸術家の質素な生活の様子やケチで頑固、偏屈家な馬琴がどのような思いで南総里見八犬伝のストーリーを紡いでいったか。といった様子が語られています。

 

なかなか読破の難しい長編大作小説のあらすじを知ることができ、その作者である滝沢馬琴をとりまく状況、精神状態を知ることが出来る貴重な1冊。

ページ数382ページ発売日1986/03

口コミ

馬琴の生活風景は作者自身を投影しているのかと思いましたが、「あと千回の晩飯」を読むとどうも違うようだしどっちなんだろう。こっちの願望としてはやはり作者の投影であって欲しいし、この妄想は捨てるのがちょっともったいない。しかしこの膨大な登場人物たちの名前のとんでもなさは何だろう。想像の域を超えている。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

徳間書店

人間臨終図巻

価格:741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な著名人の死に様を描いた稀代の名著

古今東西、様々な偉人・著名人を死亡年齢順に並べどのように生きどのように死んでいったかをひたすら語られている本書。

語られた死はなんと923人分にも及びます。

 

歴史で語られるどのような偉大な人物にも生まれたからには必ず訪れる死というものにどのように向き合うか考えさせられる作品でもある。

現代ではあまり耳にすることもない結核というものが東洋、西洋問わず死の病であったこと、そして本人だけではなく治す手立てもなく、手をこまねくしかない状況である周囲の人たちの心境も知ることが出来る。

 

本書は死亡年齢順に語られていることから、特に1巻に関しては若くして亡くなった人物が語られており、死に至るまでの描写は悲劇的なものが多い。

100歳まで生きることがさほど珍しくなくなってきた現代において突如訪れる死というものについて深く考えさせられる物語。全4巻。

ページ数445ページ発売日2011/11/2

口コミ

歴史・文化的な有名人の、亡くなった年代順ではなく
年齢順になっているのがユニークです。知らない人も
いるけれど、面白いです。ボリュームはあるけど、
一人当たりのページ数は少ないので読みやすい。
隙間時間に読むのにピッタリです。
レビューの評価が良いので購入してみたけど、買って
良かったです。少しずつ、4巻全部読もうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

角川書店(角川グループパブリッシング)

魔界転生

価格:802円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なリメイクの存在する忍法帖シリーズ最高傑作

大阪新聞にで1964年12月から1965年2月まで連載された伝奇小説。連載当時の題名は「おぼろ忍法帖」

題名にもある通り、「忍法魔界転生」を巡って歴史に残る様々な剣豪たちが蘇り、戦いを繰り広げる物語。

 

天草四郎時貞、荒木又右衛門、田宮坊太郎、宝蔵院胤舜、柳生如雲斎、柳生宗矩、そして宮本武蔵が転生衆として将軍徳川家光の天下を奪わんと企む。

忍法「魔界転生」をあみだした森宗意軒は加えて柳生十兵衛を転生させることに成功するが、柳生十兵衛は森宗意軒の意思とは反して、転生衆と戦うことを選ぶ。

序盤から次々に歴史上の人物が蘇り、柳生十兵衛が登場して以降の展開は息をつく暇もないほど。

 

この作品が有名になった理由の一つとして「魔界転生」を原作とする作品の多さがあげられる。

1981年に深作欣二監督のもと映画化されたのを皮切りに舞台演劇、Vシネマ、アニメ、漫画、ゲームと様々なメディアでリメイクされている。

ただ、2012年より月刊ヤングマガジンにて連載されたせがわまさき氏による「十~忍法魔界転生~」を除く作品においては設定、ストーリー等に大幅な変更が加えられている。

 

作者である山田風太郎本人もインタビュー時に一番好きな作品と語る、数多い忍法帖シリーズの最高傑作。

ページ数499ページ発売日2011/7/23

口コミ

他の人も書いているようにバカバカしいけれども、とにかく面白い。
特に上巻のワクワク感はすごいよ。
いまの漫画家たちがやっている手法を、風太郎は小説でずーっと前からやってたんだなぁ。

なにも考えずに、極上の娯楽小説で最高の暇つぶしをして下さい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

角川書店(角川グループパブリッシング)

甲賀忍法帖

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

忍法帖シリーズの記念すべき第一作

ページ数341ページ発売日2010/7/24

口コミ

初めて本作を手に取り読む前は「古い作品だしまあそれなりだろう」と思っていました。
一読後、作者のファンになり忍法帖から始まってミステリ、エッセイ、明治ものまで購入して読むほどにはまってしまいました。
忍法帖第一作ということもあって、プレーンで高水準にまとまった傑作だと思います。
奔放な発想(ミステリ系もSF系も)から天才と言われる作者ですが、破綻せずそれをまとめ上げる構成力も卓越していてそれがあらわれたのが本作だと思います。
『忍びの卍』と並んで忍法帖で最も好きな作品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

山田風太郎作品の選び方

山田風太郎作品といえば様々なジャンルでの人気作品もありますが映画化・漫画化されたことで話題性の高くなった作品もたくさんあります。

自分の好みのジャンルから選ぶもよし、実写化された作品から選ぶもよし。自分好みの一冊を見つけてください。

ジャンルで選ぶ

忍法帖シリーズをはじめとした時代物の小説が有名な山田風太郎ですが、先に紹介した推理小説やエッセイ・ノンフィクション物など様々なジャンルで人気作品があります。

まずは自分の好みのジャンルをチェックしてみてください。

時代小説

山田風太郎作品の中で最も知名度も高く、作品数が多い作品です。

時代も明治・幕末・室町など様々な時代を取り上げた作品があり、それらの作品の特徴は史実を守りながら瞬間瞬間で大法螺を吹くという作風です。

このシリーズは、超人的な忍者や剣士が奇想天外な忍法を用いて戦う作品が主となっています。

徳川家は伊賀忍組、甲賀忍組、柳生流剣士を公的に取り立てており、江戸幕府初期の時点では、伊賀出身の服部半蔵が江戸の甲賀組・伊賀組の総元締めである。甲賀卍谷、伊賀鍔隠れなどの地名は、シリーズに共通して登場します。

 

第一作の『甲賀忍法帖』において超常忍法は、里主導で人間の血を配合しているという負の面を持ち、甲賀卍谷と伊賀鍔隠れが互いに激しく憎しみあっており、お互いに敵国への憎悪が教育され引き継がれています。

後続作品では、忍法習得の過程にフォーカスが当たることは少なくなるものの、総じて忍者たちは権力者に利用されて無残に死んでいくという展開がパターン化しています。

 

《時代小説のおすすめ》

1.甲賀忍法帖

2.魔界転生

3.八犬伝

推理小説

荊木歓喜を主人公とした探偵小説物や先に紹介した青春探偵団などの推理小説も多数人気作品があります。
戦後から明治物など作品によって舞台となる時代は異なっています。
「達磨峠の事件」(1947年)が短編懸賞に入選したことが山田風太郎作家デビューのきっかけもなっており、その後も日本を代表するミステリー作家として活躍するが、本人は「(ミステリは)自分には向いてはいなかった」と語っていました。
 

同期の作家である高木彬光との合作小説『悪霊の群』を執筆するなど活動を続け、山田、高木と、島田一男、香山滋、大坪砂男は「探偵小説界の戦後派五人男」と呼ばれています。

《推理小説のおすすめ》

1.青春探偵団

2.太陽黒点

3.誰にでもできる殺人

シリーズ物から選ぶ

様々な時代設定、ジャンルで描かれている山田風太郎作品ですが、いくつかの同じ主人公を題材としたシリーズものがあります。

柳生十兵衛シリーズ

様々な時代物作品に登場し、知名度も高い柳生十兵衛。

山田風太郎作品の中でもお調子者でありながら優れた剣術使いである十兵衛の人気はトップクラスです。

 

1.柳生忍法帖

2.魔界転生

3.柳生十兵衛死す

 

の3作品で「十兵衛三部作」と呼ばれています。

荊木歓喜シリーズ

戦後のまだ復興未だならずという時代設定で描かれた、荊木歓喜探偵の推理小説。

単純にトリックだけではなくストーリーの展開や犯行の動機などユニークなものが多くなっています。

 

《荊木歓喜シリーズおすすめ》

1.帰去来殺人事件

2.十三角関係

3.怪盗七面相

 

青春探偵団シリーズ

ランキング10選にも選ばれた青春探偵団。

舞台は戦後になるので時代設定としては古い印象をうけると思います。

荊木歓喜シリーズと同じ推理物ではあるが、こちらは事件解決に向かう少年少女の青春物語として楽しむことのできる作品。

二次創作作品から選ぶ

山田風太郎作品は非常に多くの作品が映像化、漫画化されています。

漫画化作品から選ぶ

山田風太郎の作品は非常に多くの作品が映画、テレビドラマ、舞台化され根強い人気を得ています。

中には複数回映画化された作品も存在するが、人物像や世界観が大きく変更されたものが多い為、ここでは原作に忠実に再現された漫画化作品のなかでのおすすめを紹介します。

 

 

1.甲賀忍法帖 /バジリスク 〜甲賀忍法帖〜  (画:せがわまさき)

数多くの山田風太郎作品のコミカライズを行った「せがわまさき」氏による甲賀忍法帖のコミカライズ。2005年にはアニメ化もされ、幅広い世代に支持されることになった作品。

 

2.魔界転生/魔界転生 (画:とみ新蔵)

様々な漫画家によって描かれた魔界転生が同名タイトルでコミカライズ。

特にとみ新蔵氏による魔界転生は最も原作に忠実。そして劇画調の画風で描かれた人物、刀などが世界観と見事にマッチした作品となっています。

 

3.青春探偵団/山風短 (画:せがわまさき)

こちらも多くの山田風太郎作品をコミカライズしたせがわまさき氏による作品。

短編小説を4章立てで描いている。先の推理小説ものでおすすめをした青春探偵団がはいっている。忍法帖以外のコミカライズとしては珍しい作品。

 

映画化作品から選ぶ

テレビ、Vシネマ、舞台など映像化、多くの作品が実写化されてきた山田風太郎作品だが、ここでは映画化された作品の原作としておすすめのものを紹介します。

 

映画化においては小説とは設定が変わっているものも多い為、映画を見てから小説を読み相違点を探す楽しみもあります。

 

1.魔界転生 - 1981年、角川映画で映画化(深作欣二監督)

2.棺の中の悦楽 - 1965年、大島渚監督により『悦楽』として映画化

3.甲賀忍法帖 - 2005年に『忍-SHINOBI』として映画化

山田風太郎のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4875109の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 2
    アイテムID:4874950の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 3
    アイテムID:4874648の画像

    徳間書店

  • 4
    アイテムID:4874611の画像

    朝日新聞社

  • 5
    アイテムID:4874461の画像

    KADOKAWA / 角川書店

  • 6
    アイテムID:4874438の画像

    講談社

  • 7
    アイテムID:4874286の画像

    KADOKAWA

  • 8
    アイテムID:4874267の画像

    ポプラ社

  • 9
    アイテムID:4874164の画像

    筑摩書房

  • 10
    アイテムID:4873946の画像

    KADOKAWA

  • 商品名
  • 甲賀忍法帖
  • 魔界転生
  • 人間臨終図巻
  • 八犬伝
  • 誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽
  • 戦中派不戦日記
  • 柳生忍法帖
  • 青春探偵団
  • 同日同刻―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日
  • 太陽黒点
  • 特徴
  • 忍法帖シリーズの記念すべき第一作
  • 様々なリメイクの存在する忍法帖シリーズ最高傑作
  • 様々な著名人の死に様を描いた稀代の名著
  • 虚と実の世界が交互に語られる傑作
  • 誰にでも出来る、誰にも起こりうる恐怖
  • 医学生時代の山田風太郎がここに
  • 柳生十兵衛三部作の記念すべき第一作
  • 昭和30年が舞台の学園ミステリ
  • 太平洋戦争開戦から終戦にいたるまでの多くの記録
  • 青春群像劇から一転、戦争が生んだ悲劇へ
  • 価格
  • 648円(税込)
  • 802円(税込)
  • 741円(税込)
  • 378円(税込)
  • 500円(税込)
  • 1058円(税込)
  • 864円(税込)
  • 670円(税込)
  • 907円(税込)
  • 679円(税込)
  • ページ数
  • 341ページ
  • 499ページ
  • 445ページ
  • 382ページ
  • 459ページ
  • 704ページ
  • 464ページ
  • 331ページ
  • 334ページ
  • 304ページ
  • 発売日
  • 2010/7/24
  • 2011/7/23
  • 2011/11/2
  • 1986/03
  • 2011/9/23
  • 2002/12/13
  • 2012/3/24
  • 2010/3/8
  • 2006/8/1
  • 2010/9/25

まとめ

ここまで山田風太郎ランキング10選を紹介してきました。お気に入りの作品、読んでみたいと思う作品は見つかったでしょうか?推理物、時代物、ノンフィクションと様々なジャンルで数々の名作を生み出してきました。それぞれのジャンルに良さがある作家なので、今回ご紹介させていただいた選び方を参考に自分の好きな一冊を是非見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ