ハンモックテントの人気おすすめランキング15選【設置簡単な自立式も】

記事ID15990のサムネイル画像

ハンモックテントは普通のテントと違って、空中で寝泊まりすることができるのが特徴です。日本では、まだそこまで有名でないため知らない人もいるでしょう。そこで、今回はハンモックテントの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。

ハンモックテントとは?

ハンモックテントをご存知でしょうか?ハンモックテントとは、ゆらゆら揺れるもの全般と思っているかもしれません。ハンモックテントとは、主にハンモックのように木に結び付けて空中で宿泊することができるテントのことです。

 

2本の木の間に繋げることによって、一晩を過ごすことができるアイテム。これによって、地面のゴツゴツ感や湿っているなどの悪条件から解放され、気持ちよく過ごすことができるんです!

 

そこで、今回はハンモックテントの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは「虫対策」「寝心地」の2つのポイントを基準として作成しました。

ハンモックテントの魅力

理想のハンモックテントを選んだら、続いてハンモックテントの魅力に取り憑かれてみましょう。ここでは、利便性・場所・イスとしての利用・景色・寝心地に注目して魅力を紹介していきます。

軽く持ち運びに「便利」

ハンモックテントは木に結び付けて設営するため、一般的なテントのようにグランドシートも不要でポールの本数も圧倒的に少なくて済みます。そのため軽量で収納もコンパクトサイズに収まります。

 

持ち運びしたことある人はお分かりと思いますが、以外にも重い荷物となるので宿泊地に辿り着くまで一苦労です。ですが、ハンモックテントであれば軽量なので、趣味のものを一つ増やせるかもしれません。

 

身軽でテントを楽しみたい人におすすめです。このことで、キャンプに行く回数が増えた人もいるのではないのでしょうか。

「場所」を選ばず使える

ハンモックテントは地面から離れているため、地面がどのような状態に影響されることなくテントが張れる利点があります。地面についていないということで、テントが汚れなかったため下を拭くような手間もなく片付けることができます。

 

他にもハンモックテントはゴツゴツした地面や緩い地面にでも一切関係ありません。雪が降っていても、下が例え池のような水たまりであっても、木さえあればテントの設営ができる点がおすすめです。

 

地面だけでなく、虫が苦手な人にも蚊帳が付いているアイテムもあります。これまでとは違った、新しいキャンプの楽しみ方をハンモックテントで見つけることができるでしょう。

「イス」としても使える

ハンモックテントは寝転ぶだけではなく、イスとしても活躍します。これは、ハンモックやハンモックテントを設営するときに足が着くくらいの高さにすることが多く、のんびりするためには最高の高さです。

 

さらに、ハンモックテントの下に作業台を設置しておくと、疲れたりリラックスしたいときは寝転び、作業したいときには足元にあるのですぐに取りかかることができます。また、足を下ろしてハンモックテントに背中をゆだねると、ハイバックチェアのような座り心地を味わうことができます。

 

以下の記事では、アウトドアチェアの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

 

 

「景色」をゆっくり楽しめる

キャンプに行けば、景色をゆっくり楽しみたいと思う瞬間があります。ハンモックテントは、木に結んで作られるハンモックにも似た浮遊感を味わうことができます。ゆらゆらと時間や日常を味わうことは本当におすすめです。

 

設営場所によっては、見晴らしのよい丘の上や美しい湖の近く、最高のロケーションを見つけてハンモックテントを設営しましょう。ハンモックテントの上から心地よい朝日から澄んだ星空と、自然の絶景を満喫しましょう。

最高の「寝心地」で選ぶ

ハンモックテントは、ハンモックの寝心地とテントの丈夫さや安心感などの良いとこどりをしています。浮遊感があるため、あっという間に夢の中にいても、なんら不思議なことではありません。

 

初めて使う人は、ちゃんと木に括り付けることはできたのか、ハンモックテントからオチやしないか不安を感じるかもしれません。慣れてしまうと、寝心地の良さのトリコになるでしょう。日々、疲れている方がリラックスしたい場所を持てている方におすすめです。

ハンモックテントの選び方

ハンモックテントの種類は意外と豊富です。自分のスタイルに合ったハンモックテントを見つけるために大きさと耐荷重・デザインなどに注目した選び方のポイントを紹介します。

設置の仕方で選ぶ

ハンモックテントの選び方として設置の仕方があります。ここでは、「自立式」「非自立式」の2種類があり、それぞれを解説していきます。

室内で楽しみたいのであれば「自立式」

室内でハンモックを楽しむのであれば、スタンドを使って設置するハンモックがおすすめです。スタンドがあるため、木がない場所であってもハンモックを楽しむことができます。ゆっくり昼寝など最適です。

 

ハンモックテントは、木に結びつけ空中浮遊気分を味わうことが目的です。そのため、自立式にハンモックテントはありません。

ハンモックテントを満喫するのであれば「非自立式」

木や柱に引っ掛けて設置する「非自立式」は、キャンプに適しています。自立式とは違いスタンドがないため、どこにでも持って行くことができます。荷物を減らしたい登山やソロキャンプにおすすめです。

 

ただし、木や柱がないと設置することができません。また、キャンプ場によっては、ハンモックが禁止されているところもあります。

生地で選ぶ

テントハンモックを楽しむ上で生地も重要です。ここでは、「コットン」「ハマクテック」「パラシュートシルク」を解説していきます。

寝心地で選ぶなら「コットン」の生地

寝心地を求めるのであれば、肌触りが良いコットンの生地がおすすめです。柔らかいコットン生地は、ゆらゆらとした最高の寝心地を味わうことができます。睡眠はもちろん、ゆっくり読書も楽しめます。

 

ただし、雨の日などには使えないため注意しましょう。汚れてしまうと、洗濯して乾燥まで時間が掛かります。

速乾性で選ぶなら「ハマクテック」の生地

キャンプ中に少しの雨が降るようなことがあるでしょう。そのようなときに、ハマクテックの生地がおすすめです。ほとんどの雨は滴り落ちて、ハンモックテントは乾燥した状態を保つことができます。

 

夜中に雨が降ったとしても、朝方には乾きます。また、日差しを浴びたらさらに素早く乾くためストレスフリーでしょう。

雨の日でも使える「パラシュートシルク」の生地

さまざまな状況下のアウトドアを楽しみたいのであれば、パラシュートシルク生地がおすすめです。耐久性に優れており、小さく収納できるので、登山やアウトドアに気軽に持って行くことができます。

 

急な雨であってもパラシュートシルクであれば慌てることもありません。ただ、寝心地については、満足しない方もいるでしょう。

「目的」で選ぶ

ハンモックテントのどのような目的で購入するかによって、最適な種類を選ぶことができます。ゆっくり寝心地の良いものを選ぶのか、どのような天候でも対応できるものを選ぶのか、重さがどのくらいまで耐えられるのかなど項目を取捨選択しなければなりません。

 

もし、寝返りを気にするようであれば、大きめサイズのハンモックテントを選びましょう。目的で選ぶことも、ハンモックテントを楽しむポイントです。

「大きさ」や「耐荷重」で選ぶ

ハンモックテントを選ぶ際に、どれくらいの人数で使用できる広さや耐荷重を確認することが必要です。普通のテントであれば、どれくらいの人数が収容できるかの大きさを確認するだけで大丈夫です。

 

ですが、ハンモックテントは木にぶら下げ宙に浮いた状態で使用するために、総重量を超えて使用することはできません。そのため、使用人数と耐荷重の確認は必ず確認しておかなければなりません。1人用として耐荷重が125kgくらいのものがおすすめです。

 

また、ハンモックテントは通常のテントとは違い、1人用のものが豊富に揃っています。ソロキャンプをする人におすすめなテントが揃っているのも注目を浴びている理由です。

「フラット」タイプで選ぶ

通常のハンモックテントであれば、腰が沈んでしまい好きな姿勢で眠れないため、苦手な人もいるかもしれません。フラットタイプであれば、仰向け・横向き・うつ伏せなどどのような姿勢で眠ることができおすすめです。

「デザイン」で選ぶ

ソロキャンプが人気につれ、ハンモックテントに注目が浴びつつありますが、実際に使っている方はまだまだ少ないのが現実です。ハンモックテントには、様々なデザインやカラーバリエーションがあります。

 

ハンモックテントをせっかく購入するのであれば、お好みのデザインにこだわって選んでみるのもいいでしょう。付属品や組み合わせによって、便利性が増したりします。また、SNS映えも全く違うものに変わるでしょう。

「自立式タイプ」で選ぶ

ハンモックテントの多くは、木に結びつけて空中で一晩過ごすハンモックになりますが、スタンドを使ってゆっくりできます。自然豊かなところで楽しむこともできますが、室内においても楽しむことができるのでおすすめです。

 

さらに、自立式であっても、一晩過ごすことは可能なので、ご自身の気分でハンモックテントか自立式ハンモックか選べます。

 

以下の記事では、室内用ハンモック の人気おすすめランキング15選【吊り下げ型を含む3タイプ】を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ヘネシーハンモックで選ぶ

ヘネシーハンモックとは、軍用のハンモックをより簡単に設営できるように開発されたハンモックテントです。2本の木さえあれば、どこでもキャンプができる点で近年、徐々にキャンプ愛好家に広まっています。

 

特徴は重量が1kg前後でコンパクトに収納できるため、ソロキャンプする方におすすめです。元々、軍用のハンモックなので丈夫で使いやすい。

虫対策用ハンモックテントの人気おすすめランキング9選

9位

GEERTOP

ハンモック防虫対策蚊帳付き ダークグリーン

価格:2,999円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で楽々設営

両側に日焼け止め対策がされているため、日中も長い時間、座るのでなければ日焼けしにくいでしょう。自由に寝返りをするスペースにも余裕もあり、快適にハンモックテントを楽しむことができます。

 

ワンタッチで広がり設営も簡単です。そして、内側にポケットがあり、落として壊れないようにスマホな財布などを入れておくことができます。

耐荷重200kg素材70Dナイロンタフタ

口コミを紹介

これで大丈夫?って思えるほど生地が薄く、びくびくしながら使用したところ結構使えました。ワイヤー部分がもう少し大きいと良かったかなって感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

KAINI

強化版ハンモック用蚊帳付き

価格:2,850円(税込)

ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでソロキャンプに適している

林野のキャンプサイトで場所を確保するにも苦労してしまいますが、このハンモックテント ならどこであっても簡単に設営できます。コンパクトで持ち運びも楽々なので、ソロキャンプをされている人におすすめです。

 

また、丈夫なパラシュートの素材でできており、耐荷重700kgのベルトでハンモックテント を支えてくれるので、安心してゆっくりできます。雨が強い日のために、タープを準備しておけばより安心して、キャンプを楽しむことができます。

耐荷重300kg素材高強度210Tパラシュート

口コミを紹介

早速1泊してみました。正直、この値段ですので、何も文句はありません。軽くコンパクト、蚊帳付き、低価格で買えるんです

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Wecamture

ハンモック蚊帳付き グリーン

価格:3,499円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

虫が苦手な人に内側・外側両方から開け閉め可能

片手で軽々持つことができ、コンパクトに収納できます。収納袋もハンモックテントに縫い付けられているので、物をよく失くす人にはおすすめです。開け閉めは、内側から外側両方できるため虫の侵入を防げます。

 

蚊帳を使いたくなければ、上下をひっくり返すことによって、開放的にハンモックテントを満喫できます。軽いハンモックテントを探している方にピッタリ。

耐荷重350kg素材ナイロン

口コミを紹介

外気温15.8℃でナンガのダウンシェラフ300に背面にはインフレータマットを敷いてオープンタープでハンモック野営してみました。全く寒くなく睡眠できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Eagles Nest Outfitters

ハンモック エバーグリーン

価格:18,700円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他の人と違ったアイテムを選びたければ

カラーバリエーションが豊富なイーノのハンモックテントです。オープン型のハンモックとして使えます。近年、日本でも注目されだしてきましたが、海外のハンモックテント愛好家に特に好かれています。他の人と被りたくない人におすすめです。

 

ENOのハンモックテントはストラップが付属されていないため、ENOのアトラスストラップなど、木に巻きつける側で長めのストラップを準備する必要があります。

耐荷重素材

口コミを紹介

このハンモックは、彼女または私が100%自信を持ってこのハンモックを寝かせることができるので、素晴らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

DD Hammocks

フロントラインハンモック

価格:9,980円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

野営スタイルのソロキャンプに

スコットランドの製品ですが、日本でも愛用している方が多いハンモックテントです。特に迷彩柄のものが人気ですが、他にも黒やブラウンなどのベーシックなものから、目立ちたい人向けのオレンジまでカラーバリエーションが豊富です。

 

ちょっと目立ちたいと思っている人におすすめのハンモックテントです。いろんな状況でも楽しめるように、スタートアップセットが付いています。ハンモックテント初心者に適しています。

耐荷重125kg素材ポリエステル

口コミを紹介

寝心地はかなりいいです。背中がいたくなることもない、無骨な雰囲気になりました。テントも持ってるけど、今では、DDタープとDDハンモックでほとんど泊まってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Cacoon

テント型ハンモック

価格:42,900円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつもとは違う雰囲気を味わいたい方へ

ダブルカクーンは、2人用のハンモックテントで広々した空間を味わえます。高さが1.5mで、直径が1.8mもあり耐荷重に付いても200kgあり、大人2人でもゆっくり過ごすことができます。

 

カップルで行かれるもよし、家族で行くと子供達は大はしゃぎすることでしょう。楽しいキャンプの思い出に、ひと役買うことができるハンモックテントです。

耐荷重200kg素材綿・ポリエステル混合

口コミを紹介

リーハウスのそばで木の間に張ったワイヤーから吊るして空中に浮かして楽しんでいます。谷を吹き降ろす風が小窓から適度に入りテントが日光を遮り非常に快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

FIRINER

タープ付きハンモック

価格:3,299円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水効果ありのタープが付いて雨露をしのげる

小さく密なネットの蚊帳が付いており、蚊や虫の侵入を防いでくれます。そのため、虫が苦手な人であっても、朝までぐっすり眠ることができおすすめです。また、蚊帳を使用しないときは、反対側に折りたたんでネットなしの広い空間を楽しめます。

 

シルバーコーティング布材製のタープ付きで、防水効果もあり、タープさえ張っておけば雨が降ってきても気にせずに過ごせます。また、同時に紫外線カットもしてくれます。

耐荷重200kg素材210Tタフタナイロン

口コミを紹介

かなり気に入りました。付属のタープは唯の日除けと割りきって。ペグもこの針なんじゃこりゃって感じですが既に持ってる物で対応。座り心地最高!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Hennessy Hammock

エキスペディションA-sym

価格:27,500円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少し違った寝心地を味わい方へ

ヘネシーハンモックの寝心地抜群のハンモックテントです。ハンモックテントでどの商品を買えばいいか悩んでわからない方は、最もスタンダードモデルとして販売されているこの商品がおすすめです。

 

メッシュの蚊帳が付いているので虫が多い夏場には虫の侵入をしっかり防いでくれます。日差しが強い日中でも、フラシートが守ってくれます。テントの下が出入り口となっており、中は高級なマットレスのような寝心地を味わえます。

耐荷重113kg素材210デニールオックスフォードナイロン

口コミを紹介

正しく寝れば寝返りもうてますし、びっくりするほど翌朝快適です。
腰痛した事がある人は是非試してください。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Hennessy Hammock

ウルトラライトバックパッカーA-SYM

価格:38,500円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

860gと軽いハンモックテント

ヘネシーハンモックのハンモックテントで、軽く持ち歩くのにおすすめです。このハンモックテントの特徴は重量で、重さがわずか860gしかないため、まさかテントを持っているとは思えないような軽さです。

 

軽いだけではなく、収納時のサイズも18cm×28cmというコンパクトに収まるので持ち運びに便利です。キャンプ場や登山に持って行けるので、キャンプが大好きという人や旅人におすすめできるハンモックテントです。

耐荷重90kg素材70デニールナイロンタフタ

口コミを紹介

男の浪漫が溢れる見た目に一目惚れして購入しました。安い価格の類似品もありますが、後悔はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

虫対策用ハンモックテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6018171の画像

    Hennessy Hammock

  • 2
    アイテムID:6018122の画像

    Hennessy Hammock

  • 3
    アイテムID:6031709の画像

    FIRINER

  • 4
    アイテムID:6032150の画像

    Cacoon

  • 5
    アイテムID:6032076の画像

    DD Hammocks

  • 6
    アイテムID:6032019の画像

    Eagles Nest Outfitters

  • 7
    アイテムID:6031928の画像

    Wecamture

  • 8
    アイテムID:6031306の画像

    KAINI

  • 9
    アイテムID:6031790の画像

    GEERTOP

  • 商品名
  • ウルトラライトバックパッカーA-SYM
  • エキスペディションA-sym
  • タープ付きハンモック
  • テント型ハンモック
  • フロントラインハンモック
  • ハンモック エバーグリーン
  • ハンモック蚊帳付き グリーン
  • 強化版ハンモック用蚊帳付き
  • ハンモック防虫対策蚊帳付き ダークグリーン
  • 特徴
  • 860gと軽いハンモックテント
  • 少し違った寝心地を味わい方へ
  • 防水効果ありのタープが付いて雨露をしのげる
  • いつもとは違う雰囲気を味わいたい方へ
  • 野営スタイルのソロキャンプに
  • 他の人と違ったアイテムを選びたければ
  • 虫が苦手な人に内側・外側両方から開け閉め可能
  • コンパクトでソロキャンプに適している
  • 低価格で楽々設営
  • 価格
  • 38500円(税込)
  • 27500円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 42900円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 18700円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 2850円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 耐荷重
  • 90kg
  • 113kg
  • 200kg
  • 200kg
  • 125kg
  • 350kg
  • 300kg
  • 200kg
  • 素材
  • 70デニールナイロンタフタ
  • 210デニールオックスフォードナイロン
  • 210Tタフタナイロン
  • 綿・ポリエステル混合
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • 高強度210Tパラシュート
  • 70Dナイロンタフタ

寝心地重視のハンモックテント人気おすすめランキング6選

6位

FlyCreat

ハンモック AUGYMER

価格:2,580円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄くて丈夫な優れた生地

薄くかつ丈夫で、通気性も備わっているハンモックです。高品質なパラシュート用コットンを使われているので、心地よい肌さわりと伸縮性を感じます。そのため一旦、眠りにつくと朝まで起きないでしょう。

 

高級イタリア生地にも使われている編み込み製法を取り入れ、さらにプラスして独自の編み方によって品質が向上しています。蒸れやすい人であれば、この商品をおすすめです。

耐荷重300kg素材ナイロン

口コミを紹介

思っていたより丈夫で、かける部分がバンドで補強されている点、一式全て揃っている点が良いと思う。取り付けも簡単で、アウトドア素人でも使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

BYER(バイヤー)

バルバドスハンモック レインボー

価格:12,562円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮性が高く布地で寝心地最高

アウトドア用品の老舗のByer of Maineのハンモックです。こちらの商品の特徴は、ブラジルスタイルで伸縮性が高く、フィット感が抜群のため最高の寝心地を味わうことができます。一番最高の寝心地を得るには、ハンモックに対して斜めに寝転びましょう。

 

ひっくり返ることがあまりない作りとなっており、安定性が高いため朝まで、安心して眠りたい方におすすめです。特に寝相が悪い方はこちらの商品を試してください。

耐荷重150kg素材85%コットン、15%ポリエステル

口コミを紹介

しっかりした作りなので、少し重たいです。カラーはとても鮮やかで部屋のアクセントになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

tocotabi

ハンモック2人用 レッド

価格:1,179円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格でおしゃれアイテム

マルチカラーの色鮮やかなデザインのハンモックです。寝心地のいいハンモックといえば、コットン素材。手触りも良く、程よい厚みなので耐久性も十分です。気がついたら、眠りに付いていることでしょう。

 

気軽に持ち運べて、軽く、耐久性を求めている方におすすめです。初めてハンモックテント で、一夜過ごそうと思っている方に適しています。

耐荷重素材コットン

口コミを紹介

Amazonでのハンモックの購入はこれで二度目。同じ仕様同じ寸法同じ価格帯で 購入したけど 全く同じ製品ではなかった 。ハンモックはハンモックたいへん満足している

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

LICLI ( リクライ )

ハンモック グレー&ピンク

価格:1,860円(税込)

ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蒸れにくく風通しがいい

耐久性もあり、低価格で購入しやすいハンモックです。三重縫製によるしっかりとした縫い目によって、生地の引き裂きが防止されます。軽い薄手の生地な上、優れた強度があるので、しっかりとしたものを選びたい人におすすめです。

 

熱がこもらず蒸れにくく、通気性も抜群なので、朝までゆっくり眠ることができます。1人で使うには十分な広さです。

耐荷重300kg素材ナイロン

口コミを紹介

素材は薄く破れそうなんですが意外に強いです、薄いのであれだけ小さく畳めるようです、
安くてコンパクトなので良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

La Siesta(ラ シエスタ)

シングルハンモック

価格:8,800円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の肌触りと寝心地

オーガニックコットンを採用したハンモックで、とにかく寝心地がいいと人気の商品です。そのため、寝心地を求めている方に購入しやすいでしょう。1人用なので、ソロキャンプのおともにおすすめです。

 

ただ、雨が降りそうだったり、天気の悪い日には向いていません。また、オーガニックコットン特有の匂いを敏感な人は感じるかもしれません。

耐荷重120kg素材オーガニックコットン

口コミを紹介

思ったよりも横幅があり、また生地も地厚な感じで良いです。中にクッションをいくつか入れるともう最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

La Siesta(ラ シエスタ)

ファミリーハンモック

価格:23,970円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色鮮やかなハンモックを楽しめる

寝心地を求め、ちょっと高級品なアイテムを探している方であれば、ラシエスタのハンモックがおすすめです。ハンドメイドで作られたコロンビア産の生地によって、全身をゆったり包んでくれます。

 

耐久性にも優れているので、1〜3人まで乗ることができます。寝袋に入り、ハンモックに揺られるとゆっくり眠ることができ、気がついたら朝になっているでしょう。

耐荷重200kg素材オーガニックコットン

口コミを紹介

念願のハンモック生活。すごくしっかりしていて、ずっといると寝てしまいます。いい感じです

出典:https://www.amazon.co.jp

寝心地重視のハンモックテントおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6032354の画像

    La Siesta(ラ シエスタ)

  • 2
    アイテムID:6032398の画像

    La Siesta(ラ シエスタ)

  • 3
    アイテムID:6032442の画像

    LICLI ( リクライ )

  • 4
    アイテムID:6032472の画像

    tocotabi

  • 5
    アイテムID:6032512の画像

    BYER(バイヤー)

  • 6
    アイテムID:6032552の画像

    FlyCreat

  • 商品名
  • ファミリーハンモック
  • シングルハンモック
  • ハンモック グレー&ピンク
  • ハンモック2人用 レッド
  • バルバドスハンモック レインボー
  • ハンモック AUGYMER
  • 特徴
  • 色鮮やかなハンモックを楽しめる
  • 最高の肌触りと寝心地
  • 蒸れにくく風通しがいい
  • 低価格でおしゃれアイテム
  • 伸縮性が高く布地で寝心地最高
  • 薄くて丈夫な優れた生地
  • 価格
  • 23970円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 1860円(税込)
  • 1179円(税込)
  • 12562円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 耐荷重
  • 200kg
  • 120kg
  • 300kg
  • 150kg
  • 300kg
  • 素材
  • オーガニックコットン
  • オーガニックコットン
  • ナイロン
  • コットン
  • 85%コットン、15%ポリエステル
  • ナイロン

ハンモックテント設営の基本

ハンモックテントを設営するために2本の木を見つけます。地面から2mくらいの高さにストラップを巻く目安にすることをおすすめします。ハンモックテント自体の高さの基準は、座ったときに、足がつく高さにしておくと乗り降りが楽になります。

 

ポイントとして本体とストラップを巻く角度をおおよそ30度くらいに合わせておくことです。初めて設営するときは、木とロープをくくり付けるのに手間取るため、カラナビを準備しておくことでスムーズに設営ができるでしょう。

 

ハンモックテントによっても変わってきますが、ストラップを縛り付ける左右の木は「5mくらい」の幅をとっておくと設営しやすくなります。詳しくは個々のハンモックテントの設営方法を確認しましょう。

ハンモックテントが使えないキャンプ場がある

ハンモックテントは木に結びつけて使うため、木に結びつけてしまいます。そのため、木を傷つけてしまうことになるので、ハンモックテントやハンモックを禁止にしているキャンプ場もあります。

 

そのため、ハンモックテントを設営したいのであれば、キャンプ場に行く前に電話やホームページで確認しましょう。同じく、ハンモックテントの設営代金も一緒に確認しておくと、キャンプ当日に戸惑うことがありません。

 

日本のキャンプ場では、ハンモックテントの利用が浸透しきっていないので、木の保護やキャンプ場を利用している他の方々の迷惑にならないように注意しながらハンモックテント泊を楽しみましょう。

まとめ

ハンモックテントの人気ランキング15選と選び方を紹介しました。ハンモックテントの多くは、設営に関する器具の数が少なく収納時にコンパクトになるため、ソロキャンプには最適です。今回のランキングを参考にご自身に見合った商品を探してみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年10月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ