ハンモックテントのおすすめ人気ランキング15選【木がない場所で使える自立式も】

ハンモックテントは通常のテントと同様に自立式と非自立式があったり、軽量タイプ・折りたたみができるコンパクトタイプ・フルフラットタイプ・冬や雨でも快適に寝れるものなど種類も豊富です。室内外兼用タイプを購入すれば木がないお家の中でも楽しめます。そこで今回はハンモックテントの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

ハンモックテントとは?

アウトドアグッズの一つである、「ハンモックテント」をご存知でしょうか。ハンモックテントとは、主にハンモックのように木に結び付けて空中で宿泊することができるテントのことです。

 

地面を気にせず設置できるのはもちろん、最近では木がない場所でも使える自立式など、さまざまな商品が販売されています。また、雨の日でも使えるもの・折りたたみできるコンパクトなもの・冬でも使えるものなど種類もさまざまです。

 

そこで、今回はハンモックテントの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは虫対策・寝心地・売れ筋3つのポイントを基準として作成しました。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

蚊帳付きハンモックテントのおすすめ

1位

Lenzai

ハンモック

コンパクトでソロキャンプに適している

林野のキャンプサイトでは、場所を確保するにも苦労してしまいがちです。しかしこのハンモックテントであればどんな場所でも簡単に設営できます。コンパクトで持ち運びも楽々なので、ソロキャンプをされている人におすすめです。

 

また、丈夫なパラシュートの素材を使用しており、耐荷重700kgのベルトで本体をを支えてくれるので安全性も申し分ありません。雨が強い日のためにタープを準備しておけばより安心して、キャンプを楽しむことが可能です。

基本情報
耐荷重 300kg
素材 高強度210Tパラシュート
サイズ 平置きサイズ:約290×140cm 収納時サイズ:約12cm×14cm×21cm
防水加工
最大収容人数 2人
形状 ハンモック
付属品 ハンモックベルト・カラビナ・ループ・ペグ
特徴
もっと見る

寝心地重視のハンモックテントのおすすめ

1位

DD

Frontline Hammock フロントラインハンモック

通気性のあるベースと蚊帳が内蔵

迷彩柄でおしゃれなハンモックです。迷彩柄はおしゃれなだけでなく自然の中に溶け込め自然との一体感も楽しめます。夏の夜でも快適に過ごせるように、うれしい蚊帳付きなのもポイントです。

 

自然への影響も最小限に抑えた商品で、木々に傷を付けずに使用できます。また、荷物は最小限になるようコンパクト設計を施し、最短での設置も可能な商品です。

基本情報
耐荷重 125㎏
素材 コットン素材
サイズ
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 収納袋
特徴
もっと見る

ハンモックテントの選び方

ハンモックテントの種類は意外と豊富です。自分のスタイルに合ったハンモックテントを見つけるために大きさと耐荷重・デザインなどに注目した選び方のポイントを紹介します。

設置の仕方で選ぶ

ハンモックテントの選び方として設置の仕方があります。ここでは、自立式・非自立式の2種類があり、それぞれを解説していきます。

木がない室内でも楽しみたいなら「自立式」がおすすめ

室内でハンモックを楽しむのであれば、スタンドを使って設置するハンモックがおすすめです。スタンドがあるため、木がない場所であってもハンモックを楽しめます。ゆっくり昼寝など最適です。

 

ハンモックテントは、木に結びつけ空中浮遊気分を味わえます。そのため、自立式にハンモックテントはありません。

下記の記事では室内用ハンモックの人気おすすめランキングをご紹介しているので、この記事と合わせてご一読をお願いします。

アウトドアでハンモックテントを満喫するなら「非自立式」がおすすめ

木や柱に引っ掛けて設置する「非自立式」は、キャンプにおすすめです。自立式とは違いスタンドがないため、どこにでも持って行くことができます。荷物を減らしたい登山やソロキャンプにおすすめです。

 

ただし、木や柱がないと設置することができません。また、キャンプ場によっては、ハンモックが禁止されているところもあります。

生地で選ぶ

テントハンモックを楽しむ上で生地も重要です。ここでは、コットン・ハマクテック・パラシュートシルクを解説していきます。

寝心地で選ぶなら「コットン生地」がおすすめ

寝心地を求めるのであれば、肌触りが良いコットンの生地がおすすめです。柔らかいコットン生地は、ゆらゆらとした最高の寝心地を味わえます。睡眠はもちろん、ゆっくり読書も楽しめると人気です。

 

ただし、雨の日などには使えないため注意しましょう。汚れてしまうと、洗濯して乾燥まで時間が掛かります。

雨などが嫌なら速乾性の高い「ハマクテック生地」がおすすめ

キャンプ中に少しの雨が降るようなことがあります。そのようなときに、ハマクテックの生地がおすすめです。ほとんどの雨は滴り落ちて、ハンモックテントは乾燥した状態を保てます。

 

夜中に雨が降ったとしても朝方には乾くのでおすすめです。また、日差しを浴びたらさらに素早く乾くためストレスフリーで楽しめます。

冬や雨の日も使うなら折りたたみもできる「パラシュートシルク」がおすすめ

雪の降る冬や雨の日にもアウトドアを楽しみたいのであれば、パラシュートシルク生地がおすすめです。耐久性に優れており、小さく折りたたみ収納できるので、登山やアウトドアに気軽に持って行くことができます。

 

急な雨や雪であっても、パラシュートシルクであれば慌てることもありません

カクーンなど一味違った楽しみ方など「目的」もチェック

どのような目的でテントを購入するかによって、最適な種類を選べます。ゆっくり寝心地の良いものを選ぶのか、天候でも対応できるものを選ぶのか、重さがどのくらいまで耐えられるのかなど項目を取捨選択しなければなりません。

 

もし、寝返りを気にするようであれば、大きめサイズのハンモックテントを選びましょう。一味違った楽しみ方をしたいならカクーンテントをおすすめします。目的で選ぶことも、ハンモックテントを楽しむポイントです。

使う人数が多いなら「サイズ・耐荷重」も要チェック

ハンモックテントを選ぶ際に、どれくらいの人数で使用できる広さや耐荷重を確認することが必要になります。普通のテントであれば、どれくらいの人数が収容できるかの大きさを確認するだけで大丈夫です。

 

しかし、ハンモックテントは木にぶら下げ宙に浮いた状態で使用するために、総重量を超えて使用できません。そのため、使用人数と耐荷重の確認は必ず確認しておきましょう。1人用として耐荷重が125kgくらいのものがおすすめです。

 

また、ハンモックテントは通常のテントとは違い、1人用のものが豊富に揃っています。ソロキャンプをする人におすすめなテントが揃っているのも注目を浴びている理由です。

虫の侵入対策には「蚊帳付き」をチェック

夏場のアウトドアにおける最大の悩みは、何と言っても虫の侵入です。夏場にアウトドアをする機会が多いという方は、蚊帳付きのタイプを選んでみてください。虫の侵入を防ぎながら、心地よい通気性の中で眠られます。

好きな体勢で眠るなら「フルフラットタイプ」をチェック

通常のハンモックテントであれば、腰が沈んでしまい好きな姿勢で眠れないため、苦手な人もいるかもしれません。フラットタイプであれば、仰向け・横向き・うつ伏せなどどのような姿勢で眠れておすすめです。

SNS映えを狙うならテント型など「デザイン」も確認

ソロキャンプが人気につれ、ハンモックテントに注目が浴びつつありますが、実際に使っている方はまだまだ少ないのが現実です。ハンモックテントには、さまざまなデザインやカラーバリエーションがあります。

 

ハンモックテントをせっかく購入するのであれば、お好みのデザインにこだわって選んでみるのもいいです。付属品や組み合わせによって便利性が増します

近年注目を集めているものなら「ヘネシーハンモック」を確認

ヘネシーハンモックとは、軍用のハンモックをより簡単に設営できるように開発されたハンモックテントです。2本の木さえあれば、どこでもキャンプができる点で近年、徐々にキャンプ愛好家に広まっています。

 

特徴は重量が1kg前後でコンパクトに収納できるため、ソロキャンプする方におすすめです。元々、軍用のハンモックなので丈夫で使いやすいものが多くあります。

信頼性も高いものならDDやヘブンなど「有名メーカー」を確認

ハンモックテントを開発しているメーカーは多くあります。ハンモックテントの知識が全くない方は、クオリティにおける信頼性の高い有名メーカーから選んでも良いです。中でもDDやヘブンは海外メーカーでありつつ、国内でも人気を得ています。

蚊帳付きハンモックテントの人気おすすめランキング9選

9位

GEERTOP

ハンモック

低価格で楽々設営

両側に日焼け止め対策がされているため、日中に長い時間座っても日焼けがしづらいです。自由に寝返りをするスペースも余裕があり、快適にハンモックテントを楽しめます。ワンタッチで広がり設営も簡単です。

基本情報
耐荷重 200kg
素材 70Dナイロンタフタ
サイズ 250 ×120cm(使用時)
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 カラビナ・ファスナー・ストラップ・テープ・収納袋
特徴 メッシュポケット内蔵
もっと見る

口コミを紹介

とても丈夫な商品で気に入っています。繰り返し使っていますがまだまだ使えそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

UJack(ユージャック)

軽量ハンモック

蚊帳あり・なしの切り替えがスムーズにできる

ハンモック本体を上下にひっくり返すことで蚊帳付き・蚊帳なしを瞬時に切り替えられるハンモックテントです。蚊帳は蚊や蜂など虫の侵入をしっかりと防ぎながらも風は心地よく通してくれます。70Dタフタ生地を使用しており安定感抜群です。

基本情報
耐荷重 200kg
素材 ポリエステル
サイズ 収納サイズ:約30×25㎝
防水加工
最大収容人数 2人
形状 ハンモック
付属品 ペグ・ロープ・収納袋
特徴 メッシュスクリーン
もっと見る

口コミを紹介

値段以上の価値があります。
収納も簡単で小さくなるし、蚊帳最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Eagles Nest Outfitters

ジャングルネスト

他の人と違ったアイテム選びたい方におすすめ

カラーバリエーションが豊富なイーノのハンモックテントです。オープン型のハンモックとして使えます。主に海外のハンモックテントに好まれてきたモデルでしたが、近年は日本国内でも注目を集め始めている商品です。

 

ENOのハンモックテントはストラップが付属されていないため、ENOのアトラスストラップなど木に巻きつける側で長めのストラップを準備する必要があります。

基本情報
耐荷重 約180kg
素材 70D Hgih Tenacity Nylon Taffeta
サイズ 約2.84m×1.88m
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 収納袋・ロープ
特徴 メッシュスクリーン
もっと見る

口コミを紹介

このハンモックは、彼女または私が100%自信を持ってこのハンモックを寝かせることができるので、素晴らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Cacoon

テント型ハンモック

2本木がない場所でも使える商品

ダブルカクーンは、2人用のハンモックテントで広々した空間を味わえます。高さが1.5mで、直径が1.8mもあり耐荷重に付いても200kgあり、大人2人でもゆっくり過ごすことが可能です。

 

カップルで行かれるもよし、家族で行くと子供達は間違いなく喜びます。楽しいキャンプの思い出に、ひと役買うことができるハンモックテントです。

基本情報
耐荷重 200kg
素材 綿・ポリエステル混合
サイズ 高さ/150cm 直径/120cm
防水加工
最大収容人数 1人
形状 テント
付属品 フレームリング・カラビナ・ロープ・キャリーバッグ
特徴 吊り上げタイプ
もっと見る

口コミを紹介

ツリーハウスのそばで木の間に張ったワイヤーから吊るして空中に浮かして楽しんでいます。谷を吹き降ろす風が小窓から適度に入りテントが日光を遮り非常に快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Lawson Hammock

ブルー・リッジキャンピングハンモック

高品質なLawson Hammock社の2wayハンモック

通常のテントとハンモックテント、どちらとしても使える2WAYタイプの商品になります。両端にアーチ状のフレームが付いており、1人でも2人でも余裕のあるスペースでゆったりと休めるのが特徴です。

基本情報
耐荷重 125kg
素材 210Dリップストップナイロン・オックスフォード・PUコーティング・ポリエステルメッシュ・スチール・高級アルミニウム
サイズ 幅335cm 奥行110cm
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 ラビナ・オリジナルスプレッダー・アーチポール・ペグなど
特徴 シームシール加工済
もっと見る

口コミを紹介

本当に寝心地が良くて最高です!!今まで似たデザインのハンモック(安物から高いものまで)も含め5-6種類くらい使ってきましたが、機能性、安定感、寝心地どれを取ってもダントツで一番です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Wecamture

ハンモック

急な雨でも対応できる折りたたみ可能なコンパクトテント

片手で軽々持つことができ、コンパクトに収納可能です。収納袋もハンモックテントに縫い付けられているので、紛失の防止にもなります。内側と外側どちらからの開閉も可能で、しっかりと虫の侵入を防げるのでおすすめです。

 

蚊帳を使いたくなければ、上下をひっくり返すことによって、開放的にハンモックテントを満喫できます。軽いハンモックテントを探している方にピッタリです。雨が降ってもすぐに撤去できる点もポイントです。

基本情報
耐荷重 350kg
素材 ナイロン
サイズ 平置きサイズ:約270×140cm 収納時サイズ:約12cm×13cm×21cm
防水加工
最大収容人数 2人
形状 ハンモック
付属品 ロープ・カラビナ・収納袋
特徴 トリプルステッチ加工
もっと見る

口コミを紹介

外気温15.8℃でナンガのダウンシェラフ300に背面にはインフレータマットを敷いてオープンタープでハンモック野営してみました。全く寒くなく睡眠できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Haven Tent

ハンモック テント タープ 蚊帳 付き hammock

世界初の完全フルフラット式ハンモック

身体を真っ直ぐにして寝られるように設計された、フルフラット式のハンモックテントです。蚊帳付きでありながら軽量で、気がない場所でも設置可能なため、揃キャンプでも大活躍します。高性能な商品をお探しなら検討してみてください。

基本情報
耐荷重 200kg
素材 ナイロン
サイズ 2x0.76m
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品
特徴 フルフラット式・木がない場所でも設置可能
もっと見る

口コミを紹介

初めてぐっすり眠れましたねー 

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DD Hammocks

フロントラインハンモック

野営スタイルのソロキャンプに

スコットランドの製品ですが、日本でも愛用している方が多いハンモックテントです。特に迷彩柄のものが人気ですが、他にも黒やブラウンなどのベーシックなものから目立ちたい人向けのオレンジまでカラーバリエーションが豊富取り揃えています。

 

いろんな状況でも楽しめるように、スタートアップセットが付いているので、ハンモックテント初心者にもおすすめできる商品です。

基本情報
耐荷重 125kg
素材 ポリエステル
サイズ 2.7×1.4m
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 収納袋
特徴
もっと見る

口コミを紹介

寝心地はかなりいいです。背中がいたくなることもない、無骨な雰囲気になりました。テントも持ってるけど、今では、DDタープとDDハンモックでほとんど泊まってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Lenzai

ハンモック

コンパクトでソロキャンプに適している

林野のキャンプサイトでは、場所を確保するにも苦労してしまいがちです。しかしこのハンモックテントであればどんな場所でも簡単に設営できます。コンパクトで持ち運びも楽々なので、ソロキャンプをされている人におすすめです。

 

また、丈夫なパラシュートの素材を使用しており、耐荷重700kgのベルトで本体をを支えてくれるので安全性も申し分ありません。雨が強い日のためにタープを準備しておけばより安心して、キャンプを楽しむことが可能です。

基本情報
耐荷重 300kg
素材 高強度210Tパラシュート
サイズ 平置きサイズ:約290×140cm 収納時サイズ:約12cm×14cm×21cm
防水加工
最大収容人数 2人
形状 ハンモック
付属品 ハンモックベルト・カラビナ・ループ・ペグ
特徴
もっと見る

口コミを紹介

かなり気に入りました。
友人と一緒にバックパックでいく際に、購入しました。
メインでddハンモックを使っていますが、こちらは設営が非常にシンプルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

蚊帳付きハンモックテントのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 耐荷重 素材 サイズ 防水加工 最大収容人数 形状 付属品 特徴
アイテムID:12728579の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コンパクトでソロキャンプに適している

300kg

高強度210Tパラシュート

平置きサイズ:約290×140cm 収納時サイズ:約12cm×14cm×21cm

2人

ハンモック

ハンモックベルト・カラビナ・ループ・ペグ

アイテムID:12703868の画像

Amazon

楽天

ヤフー

野営スタイルのソロキャンプに

125kg

ポリエステル

2.7×1.4m

1人

ハンモック

収納袋

アイテムID:12724963の画像

Amazon

楽天

ヤフー

世界初の完全フルフラット式ハンモック

200kg

ナイロン

2x0.76m

1人

ハンモック

フルフラット式・木がない場所でも設置可能

アイテムID:12703865の画像

Amazon

ヤフー

急な雨でも対応できる折りたたみ可能なコンパクトテント

350kg

ナイロン

平置きサイズ:約270×140cm 収納時サイズ:約12cm×13cm×21cm

2人

ハンモック

ロープ・カラビナ・収納袋

トリプルステッチ加工

アイテムID:12703859の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高品質なLawson Hammock社の2wayハンモック

125kg

210Dリップストップナイロン・オックスフォード・PUコーティング・ポリエステルメッシュ・スチール・高級アルミニウム

幅335cm 奥行110cm

1人

ハンモック

ラビナ・オリジナルスプレッダー・アーチポール・ペグなど

シームシール加工済

アイテムID:12703856の画像

Amazon

楽天

ヤフー

2本木がない場所でも使える商品

200kg

綿・ポリエステル混合

高さ/150cm 直径/120cm

1人

テント

フレームリング・カラビナ・ロープ・キャリーバッグ

吊り上げタイプ

アイテムID:12703853の画像

Amazon

楽天

ヤフー

他の人と違ったアイテム選びたい方におすすめ

約180kg

70D Hgih Tenacity Nylon Taffeta

約2.84m×1.88m

1人

ハンモック

収納袋・ロープ

メッシュスクリーン

アイテムID:12703850の画像

Amazon

楽天

ヤフー

蚊帳あり・なしの切り替えがスムーズにできる

200kg

ポリエステル

収納サイズ:約30×25㎝

2人

ハンモック

ペグ・ロープ・収納袋

メッシュスクリーン

アイテムID:12703847の画像

楽天

ヤフー

低価格で楽々設営

200kg

70Dナイロンタフタ

250 ×120cm(使用時)

1人

ハンモック

カラビナ・ファスナー・ストラップ・テープ・収納袋

メッシュポケット内蔵

寝心地重視のハンモックテント人気おすすめランキング6選

6位

BYER(バイヤー)

バルバドスハンモック

伸縮性が高く布地で寝心地最高

アウトドア用品の老舗のハンモックです。こちらの商品の特徴は、ブラジルスタイルで伸縮性が高く、フィット感が抜群のため最高の寝心地を味わえます。一番最高の寝心地を得るには、ハンモックに対して斜めに寝転んでください

 

ひっくり返ることがあまりない作りとなっており、安定性が高いため朝まで、安心して眠りたい方におすすめです。特に寝相が悪い方はこちらの商品を試してください。

基本情報
耐荷重 150kg
素材 85%コットン、15%ポリエステル
サイズ 147×226cm
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 ベルト・カラビナ・ループ・ペグ・収納袋
特徴 蚊帳付き
もっと見る

口コミを紹介

しっかりした作りなので、少し重たいです。カラーはとても鮮やかで部屋のアクセントになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

tocotabi

ハンモック2人用

低価格でおしゃれな自立式のアイテム

マルチカラーの色鮮やかなデザインのハンモックになります。寝心地のいいハンモックといえば、コットン素材。手触りも良く、程よい厚みなので耐久性も十分です。気がついたら、眠りに付いていることでしょう。

 

気軽に持ち運べて、軽く、耐久性を求めている方におすすめです。初めてハンモックテント で、一夜過ごそうと思っている方に適しています。

基本情報
耐荷重
素材 コットン
サイズ 長さ 約200×160cm / 全長:約320cm
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品
特徴 専用コットン使用
もっと見る

口コミを紹介

両端の引っ掛ける輪っかの手前部分を束ねて1回縛るだけで全長が縮まりバッチリ使用する事が出来ました!横幅が1人幅で5000円程度の自立式を使用されている方は是非ともこの商品を試して頂きたいです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

La Siesta(ラ シエスタ)

シングルハンモック

冬でも人気な最高の肌触りと寝心地があるハンモック

オーガニックコットンを採用したハンモックで、とにかく寝心地がいいと人気の商品です。1人用なので、ソロキャンプのお供におすすめします。ただしコットン製で耐水性には欠けるため、使うときの天候には気を付けてください。

基本情報
耐荷重 120kg
素材 オーガニックコットン
サイズ 全長:300cm
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品
特徴
もっと見る

口コミを紹介

思ったよりも横幅があり、また生地も地厚な感じで良いです。中にクッションをいくつか入れるともう最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

HOME COCCI

ハンモック 自立式 3way

木がいらない完全自立式の便利なハンモックテント

木がない場所でも快適に寝られるハンモックテントです。安定性が高く、多少揺れても快適な眠りを提供してくれます。また、チェアにもハンバーラックにもなる機能性があるため、利便性を重視したい方におすすめです。

基本情報
耐荷重 150kg
素材 ポリエステル
サイズ 2.1x1m
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 収納袋
特徴 自立式
もっと見る

口コミを紹介

娘が大喜びで使ってます。壊れないで長持ちしてくれたら、文句なしの満点商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

La Siesta(ラ シエスタ)

ファミリーハンモック

色鮮やかなハンモックを楽しめる

寝心地を求め、ちょっと高級品なアイテムを探している方であれば、ラシエスタのハンモックがおすすめです。ハンドメイドで作られたコロンビア産の生地によって、全身をゆったり包んでくれます。

 

寝袋に入り、ハンモックに揺られるとゆっくり眠れるため、快適な睡眠をしたい方におすすめです。

基本情報
耐荷重 200kg
素材 オーガニックコットン
サイズ 全長: 400cm
防水加工
最大収容人数 2人
形状 ハンモック
付属品
特徴 カラフルデザイン
もっと見る

口コミを紹介

念願のハンモック生活。すごくしっかりしていて、ずっといると寝てしまいます。いい感じです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

DD

Frontline Hammock フロントラインハンモック

通気性のあるベースと蚊帳が内蔵

迷彩柄でおしゃれなハンモックです。迷彩柄はおしゃれなだけでなく自然の中に溶け込め自然との一体感も楽しめます。夏の夜でも快適に過ごせるように、うれしい蚊帳付きなのもポイントです。

 

自然への影響も最小限に抑えた商品で、木々に傷を付けずに使用できます。また、荷物は最小限になるようコンパクト設計を施し、最短での設置も可能な商品です。

基本情報
耐荷重 125㎏
素材 コットン素材
サイズ
防水加工
最大収容人数 1人
形状 ハンモック
付属品 収納袋
特徴
もっと見る

寝心地重視のハンモックテントおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 耐荷重 素材 サイズ 防水加工 最大収容人数 形状 付属品 特徴
アイテムID:12703891の画像

Amazon

楽天

ヤフー

通気性のあるベースと蚊帳が内蔵

125㎏

コットン素材

1人

ハンモック

収納袋

アイテムID:12703888の画像

Amazon

楽天

ヤフー

色鮮やかなハンモックを楽しめる

200kg

オーガニックコットン

全長: 400cm

2人

ハンモック

カラフルデザイン

アイテムID:12724559の画像

Amazon

楽天

ヤフー

木がいらない完全自立式の便利なハンモックテント

150kg

ポリエステル

2.1x1m

1人

ハンモック

収納袋

自立式

アイテムID:12703885の画像

Amazon

楽天

ヤフー

冬でも人気な最高の肌触りと寝心地があるハンモック

120kg

オーガニックコットン

全長:300cm

1人

ハンモック

アイテムID:12703879の画像

Amazon

ヤフー

低価格でおしゃれな自立式のアイテム

コットン

長さ 約200×160cm / 全長:約320cm

1人

ハンモック

専用コットン使用

アイテムID:12703876の画像

Amazon

楽天

ヤフー

伸縮性が高く布地で寝心地最高

150kg

85%コットン、15%ポリエステル

147×226cm

1人

ハンモック

ベルト・カラビナ・ループ・ペグ・収納袋

蚊帳付き

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

下記の記事では3wayハンモックの人気おすすめランキングをご紹介しているので、この記事と合わせてご一読をお願いします。

テントにもなるハンモックのデメリットはあるの?

テントにもなるハンモックのデメリットは3つあるのでチェックしてみてください。1つ目は木が2本必要なことです。自立式では荷物が重くなってしまうのでハンモック泊には向いていません。

 

2つ目は、張り方よってはプライベート空間がなくなることです。少し工夫してハンモックを張る必要があります。3つ目のデメリットは、背中が必要以上に冷えることなので、マットや毛布が必要です。

ハンモックテント設営の基本

ハンモックテントを設営するために2本の木を見つけます。地面から2mくらいの高さにストラップを巻く目安にすることをおすすめします。ハンモックテント自体の高さの基準は、座ったときに、足がつく高さにしておくと乗り降りが楽になります。

 

ポイントとして本体とストラップを巻く角度をおおよそ30度くらいに合わせておくことです。初めて設営するときは、木とロープをくくり付けるのに手間取るため、カラナビを準備しておくことでスムーズに設営ができます。

 

ハンモックテントによっても変わってきますが、ストラップを縛り付ける左右の木は「5mくらい」の幅をとっておくと設営しやすくなります。詳しくは個々のハンモックテントの設営方法を確認してみてください。

ハンモックテントの魅力

ここでは、利便性・場所・イスとしての利用・景色・寝心地に注目してハンモックテントの魅力を紹介していきます。

軽いので持ち運びに便利

ハンモックテントは木に結び付けて設営するため、一般的なテントのようにグランドシートも不要でポールの本数も圧倒的に少なくて済みます。そのため軽量で収納もコンパクトサイズに収まります。

 

持ち運びしたことある人はお分かりと思いますが、以外にも重い荷物となるので宿泊地に辿り着くまで一苦労です。ですが、ハンモックテントであれば軽量なので、趣味のものを一つ増やせるかもしれません。

場所を選ばず使える

ハンモックテントは地面から離れているため、地面がどのような状態に影響されることなくテントが張れる利点があります。地面についていないので、汚れを掃除する手間などもありません。

 

ハンモックテントはゴツゴツした地面や緩い地面にでも気軽に使えます。雪が降っていても、下が例え池のような水たまりであっても、木さえあればテントの設営ができる点がおすすめです。

 

地面だけでなく、虫が苦手な人にも蚊帳が付いているアイテムもあります。これまでとは違った、新しいキャンプの楽しみ方をハンモックテントで見つけたい方も検討してみてください。

イスとしても使える

ハンモックテントは寝転ぶだけではなく、イスとしても活躍します。これは、ハンモックやハンモックテントを設営するときに足が着くくらいの高さにすることが多く、のんびりするためには最高の高さです。

 

さらに、ハンモックテントの下に作業台を設置しておくと、疲れたりリラックスしたいときは寝転び、作業したいときには足元にあるのですぐに取りかかることができます。また、足を下ろしてハンモックテントに背中をゆだねると、ハイバックチェアのような座り心地を味わうことができます。

 

以下の記事では、アウトドアチェアの人気おすすめランキング22選を紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

景色をゆっくり楽しめる

キャンプに行けば、景色をゆっくり楽しみたいと思う瞬間があります。ハンモックテントは、木に結んで作られるハンモックにも似た浮遊感を味わえます。ゆらゆらと時間や日常を味わうことは本当におすすめです。

 

設営場所によっては、見晴らしのよい丘の上や美しい湖の近く、最高のロケーションを見つけてハンモックテントを設営してみてください。ハンモックテントの上から心地よい朝日から澄んだ星空と、自然の絶景を満喫できます。

テント内とは違った寝心地を得られる

ハンモックテントは、ハンモックの寝心地とテントの丈夫さや安心感などの良いとこどりをしています。浮遊感があるため、あっという間に夢の中にいても、なんら不思議なことではありません。

 

初めて使う人は、ちゃんと木に括り付けることはできたのか、ハンモックテントから落ちてしまわないか不安を感じるかもしれません。日々、疲れている方がリラックスしたい場所を持てている方におすすめです。

ハンモックテントが使えないキャンプ場がある

ハンモックテントは木に結びつけて使うため、木に負担がかかる可能性も高いです。木を傷つけてしまうことになるので、ハンモックテントやハンモックを禁止にしているキャンプ場もあります。

 

そのため、ハンモックテントを設営したいのであれば、キャンプ場に行く前に電話やホームページで確認しましょう。同じく、ハンモックテントの設営代金も一緒に確認しておくと、キャンプ当日に戸惑うことがありません。

 

日本のキャンプ場では、ハンモックテントの利用が浸透しきっていないので、木の保護やキャンプ場を利用している、ほかの方々の迷惑にならないように注意しながらハンモックテント泊を楽しんでみてください。

まとめ

ハンモックテントの人気ランキング1と選び方を紹介しました。ハンモックテントの多くは、収納時にコンパクトになるため、ソロキャンプには最適です。今回のランキングを参考にご自身に見合った商品を探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年04月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新版】ビギナーの方にピッタリなお手頃ハンモックの人気おすすめランキング15選【安いものも紹介】

【2024年最新版】ビギナーの方にピッタリなお手頃ハンモックの人気おすすめランキング15選【安いものも紹介】

アウトドアグッズ
【2024】折りたたみハンモックの人気おすすめランキング15選 【持ち運びや自立式も】

【2024】折りたたみハンモックの人気おすすめランキング15選 【持ち運びや自立式も】

アウトドアグッズ
【2024年最新版】室内用ハンモックの人気おすすめランキング15選【吊り下げ型を含む3タイプ】

【2024年最新版】室内用ハンモックの人気おすすめランキング15選【吊り下げ型を含む3タイプ】

アウトドアグッズ
【自立式も】3wayハンモックの人気おすすめランキング15選【後悔しない選び方を紹介】

【自立式も】3wayハンモックの人気おすすめランキング15選【後悔しない選び方を紹介】

アウトドアグッズ
【専門家監修】ハンモックのおすすめ人気ランキング16選【室内向けや自立式も!】

【専門家監修】ハンモックのおすすめ人気ランキング16選【室内向けや自立式も!】

アウトドアグッズ
【2024年最新版】ハンモックスタンドの人気おすすめランキング15選【軽量なものも!】

【2024年最新版】ハンモックスタンドの人気おすすめランキング15選【軽量なものも!】

アウトドアグッズ