バイク用サイドバッグの人気おすすめランキング15選【ネイキッドやスーパーカブ用も】

ツーリングの際にバイクに取り付けると便利なのがサイドバッグ。外観を損なわないような、スタイリッシュで機能性が良いものを選びたいものです。ネイキッドやスーパーカブ用など、用途に合わせたサイドバッグの選び方や、おすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

サイドバッグがあればツーリングも快適に!

バイク乗りを続けているうちに、今使っているバックでは荷物が持ちきれなくなってきた方もいるのではないでしょうか?そういうとき、バイクの積載量を増やしたい方におすすめなのが、サイドバッグの活用です。

 

バイクに外付けでバックを取り付けるとなると、車体への加工が必要だと思われる方もいるかもしれません。しかし、サイドバッグはバイクを傷つけることなく簡単に取り付けられるので、急に荷物が増えた時にもすぐに対応できる便利なアイテムです。

 

今回は、サイドバックの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは容量・デザイン性・防犯対策・防水性などを基準に作成しました。購入を迷われてる方は、ぜひ参考にしてみてください。

バイク用サイドバックの選び方

サイドバッグを選ぶ際にチェックするべき項目は多岐にわたります。ここからは、目的に合ったサイドバッグを選ぶためのポイントを紹介していきます。

容量で選ぶ

サイドバッグ選びで重要なのはやはり容量です。サイドバッグに入れておきたいものをリストアップし、それらがすべて収納できそうなサイズをいくつか検討するのがおすすめです。

日常使いなら小さめの「10L」がベター

小さめサイズのサイドバッグを探している方には、10Lのものがおすすめです。近場へのツーリングや、メンテナンスグッズを常備しておきたいときに便利な大きさです。

 

コンパクトな大きさなので運転時のバランスも取りやすく、バイク初心者が初めて買うサイドバッグとしてもおすすめで、値段がお手頃でコストパフォーマンスがいいのも嬉しいポイントです。

必要な容量が不明ならとりあえず「20L」

どれくらい荷物が必要かまだわからない方には、20Lのものがおすすめで、日常的に持ち運びたいアイテムだけではなく、レイングッズやバイクカバーまで収納できる容量です。

 

20L~の商品は、どんな場面でも使いやすいサイズのため、各メーカーで取り扱いが多いのも特徴です。素材や機能面など、サイズ以外のこだわりポイントで絞り込めばぴったりのサイドバッグが見つけられます。

 

大きすぎないサイズのため、バイクの外観を損ねることなく取り付けられるのもメリットの1つで、バイクのカッコよさを活かしつつ荷物の積載量を増やしたい方におすすめです。

泊りがけなら「40L」あると安心

遠距離のツーリングや泊りがけの旅行などに行く際には大容量の40Lがおすすめです。キャンプ用品たくさん荷物が必要なアウトドアシーンで活躍できるサイズとなっています。

 

その大きさゆえに、バックがバイクに巻き込まれてしまったり、重くて立ちゴケしてしまったりと、バイクとの相性次第ではデメリットのほうが多くなってしまうことも十分に考えられます。

 

マフラーの干渉を避けるために左右非対称の積載量になっているものや、バランスのとりやすい左右対称のものなど、大きさによりデメリットをカバーする商品もたくさん販売されています。バイクのタイプに応じて厳選すると快適にツーリングが楽しめそうです。

素材で選ぶ

サイドバッグを選ぶ時には、素材も重要なポイントです。使われている素材ごとに特徴が異なるので、しっかり見極めて購入を検討するようにしましょう。

おしゃれな雰囲気漂う「レザー」

おしゃれなアイテムとしてまず筆頭に上がるのがレザー製のものです。ツヤ感や上品さがあり、バイクのメタリックな雰囲気と相まって、よりカッコよさが際立つのもレザーの特徴です。

 

「PUレザー」は合成皮革の一種で、本革に近い見た目と質感を持っています。水に強く、小雨程度の天気の崩れにもしっかり対応できるのがメリットで、メンテナンスも簡単にできるのが特徴です。

 

「本革」は人工皮革に比べると劣化しにくく、耐久性が高いのが特徴です。使い込むごとに手触りや色合いが変化し、自分だけの味わいあるアイテムとして育てることもできます。レザー製のサイドバッグを選ぶ際は要望に合ったものを選んでください。

耐久性抜群な「ポリカーボネート」

ポリカーボネートはプラスチックの一種で、一般的なサイドバッグによく使われている素材です。紫外線や熱・衝撃に強い特徴を持っています。

 

紫外線に強く耐熱性も高いため、外気にさらされても劣化しにくいのがメリットです。夏場の厳しい日差しにも耐えられるため、屋外での使用が想定されているツーリング用のサイドバッグとしては適材といえます。

 

また、耐衝撃性は一般的なガラスと比べると200倍程度と言われており、衝撃が加わっても基本的には割れません。しかし傷はつきやすい素材のため、あまり粗末に扱わないようにするのがおすすめです。

用途・目的で選ぶ

サイドバッグを何故つけるのか、という用途・目的によって適したサイドバッグが変わってきます。自身の望むスタイルに見合うサイドバッグを探しましょう。

ファッション性を高めたいならレトロな「アメリカンタイプ」

積載量を増やしつつファッション性も高めたいという方はレトロな「アメリカンタイプ」がおすすめです。アメリカンタイプのサイドバッグは革製の商品が多いのが特徴で、種類も多く自分の好みに合った商品を探す楽しさがあります。

アウトドアや長距離ツーリングなら「シェルケースタイプ」

アウトドアや長距離ツーリングのお供になるサイドバッグを探している方には「シェルケースタイプ」がおすすめです。衝撃に対する耐性が高く、他のタイプに比べて容量が多いモデルが多いのも特徴です。

 

その代わり、シェルケースタイプは重さがあったり車幅が大きくなりやすいといったデメリットがあります。オフロードバイクのように車体が細いバイクなら問題は少ないかもしれません。

2人乗りが多い場合は「タンデムタイプ」

バイクを2人乗りすることが多い場合は「タンデムタイプ」がおすすめです。タンデムタイプはその名の通り、2人乗り(タンデム)することを前提に作られているので、リアシートの座り心地を損なわないように設計されています。

 

タンデムタイプを選ぶ場合は、なるべくリアシートの座り心地に干渉しない位置にベルトが来る商品の方が快適にツーリングできるでしょう。

バイクから外して持ち歩きたいなら「2way」

バイクから降りた後、サイドバッグを外して持ち歩きたい場合に便利なのが「2way」タイプのサイドバッグです。このタイプは付属されているベルトを装着することでバックパックやショルダーバッグとして扱うことができます。

 

2wayタイプは持ち歩くことを想定したスマートなデザインが多くあるので、ファッション性を重視したい方にもおすすめです。

つけっぱなしならセキュリティを高める「防犯対策」

サイドバッグ選びで気を付けたいのが、防犯対策ができるかどうかです。特にツーリング旅行は荷物が多くなりつけっぱなしになるため、盗難被害にあわないような準備が必要になってきます。行いたい防犯のレベルに合わせて購入するのがおすすめです。

 

バッグに最初から南京錠などがついており防犯対策ができるものや、別売りで販売されているもの、市販の鍵を取り付けられるものなどさまざまなタイプがあります。バッグによっては鍵がかけられないような設計になっているものもあります。

急な雨にも対応できる「防水機能」

ツーリングにおいて、天候には逆らうことができません。急に天気が変わって雨が降り出した時、走行中ならレインカバーをつけることも難しくなってしまいます。そのため、最初から防水機能が備わっている商品を選ぶのがおすすめです。

 

サイドバッグは身体より低い位置に取り付けることになるため、はねた水や泥で汚れてしまうため、防水加工が施されているサイドバッグの方が安心して走行できるでしょう。防水・撥水加工が施されていない商品でも、レインカバーが付属している場合があります。

 

また、防水性には多くの人が着目しているため、商品レビューに使用感が記載されていることもあります。防水機能を重視したい方はレビューに注目すると、良い商品を選べるでしょう。

バイクの車種で選ぶ

サイドバッグ選びで悩んだ場合、自身のバイクの車種で選ぶのも1つの手です。

ネイキッドならどんなタイプでも合わせやすい

最もスタンダードなタイプのバイクであるネイキッドですが、シンプルなデザインなのでどんなサイドバッグでも合わせやすいと言えます。いくつかサイドバッグを用意して、その日の気分や目的によってバッグを替える楽しみも生まれます。

アメリカン(クルーザー)なら「アメリカンタイプ」

ハーレーダビッドソンに代表されるアメリカン(クルーザー)タイプのバイクは、アメリカンタイプのサイドバッグがとても良く合います。特に革製のサイドバッグは、アメリカンバイクの持つ重厚感をより引き立ててくれるでしょう。

 

ただし、アメリカンバイクは車体が大きい車種が多く、大型のサイドバッグを装着するとより車幅に厚みが出てしまいます

オフロードなら「シェルケースタイプ」

山道や悪路の走行に長けたオフロードバイクには、耐衝撃性に優れたシェルケースタイプのサイドバッグが適しています。たくさんの荷物を収納できるシェルケースタイプならば、キャンプやアウトドアの道具も多く持ち運べるので最適です。

防水機能のあるサイドバック人気おすすめランキング5選

5位

タナックス(Tanax)

サイドバッグGT モトフィズ

シンプルで使いやすいサイズのサイドバック

スポーツタイプのバイクだけではなく、ヨーロピアンにもマッチするシンプルなデザインで、容量可変機能がついているので、急な荷物の増加にも対応できます。ポリエステル生地は速乾性が高く吸水性が低いので、水に強いのが特徴的です。

 

また、専用のレインカバーも付属しており、突然の雨でも安心して走行できます。

大きさ 50.4 x 37.2 x 33.8 cm 重量 3.44 kg
容量 23~31L 材質・素材 600Dポリエステル
付属品 レインカバー等

口コミを紹介

シートに括り付ける感じで装着、見た目はすっきりしててかなり気に入ってます。積載量はそこそこ程度、二泊分の荷物程度なら大丈夫。

出典:https://www.amazon.co.jp

突然の雨から荷物をガードする防水バック

一層式で広々とした荷室内が特徴で、デイリーユースに十分な容量があり便利な商品です。付属のベルトを付け替えることでバックパックとして使うこともできます。取り外しも簡単なので、お出かけ先でのサブバッグとしても活用できます。

大きさ 27 x 42 x 17 cm 重量 620 g
容量 18L 材質・素材 TPU
付属品 取付共用ベルト×2、固定ベルト×2 等

口コミを紹介

元々片方は持っていたので商品への信頼はありました。
数ヶ月間ほぼ毎週末使用していますが、中に浸水した事はありませんし、劣化も見られません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

タナックス(Tanax)

サイドバッグ モトフィズ ミニシェルケース

小さいバイクにジャストサイズなサイドバック

22Lの大容量ミニシェルケースで、機能性とスタイリッシュさを兼ね備えています。完全防水ではないものの、防滴仕様の内袋がついています。オプションでレインカバーも用意されているので、不安な方は購入をおすすめします。

 

セーフティベルトや固定ベルトなど付属品も充実しています。

大きさ 22×34×20cm(片側) 重量 2.4 kg
容量 22L(片側11L) 材質・素材 PC樹脂・1680Dポリエステル
付属品 セーフティベルト、センター固定ベルト等

口コミを紹介

250CCバイクに取り付けています。大きい方とかなり迷いましたがバランス的にもこれがベストでしょう。
実際に利用してみると想像よりもずっと収納力があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

ターポリンサイドバッグ

キャンプツーリングに最適な大容量サイドバッグ

雨だけでなく雪などの悪天候にも対応できる全天候型のサイドバッグです。泥はねにも強いターポリン素材を採用しています。大容量ながらマフラーの干渉を回避させるヒップアップ設計で、安心してツーリングを楽しめます。

大きさ 46x20x22-29cm(片側) 重量 1.8kg(両側)
容量 約20L(片側) 材質・素材 ターポリン
付属品 リア固定ベルトx1,サイド固定ベルトx2

口コミを紹介

おそらく使用できないバイクがないんじゃないか?ってぐらい、汎用性が高いです。多少の工夫はしていますが、実際ゴールドウイングのトランクの上を渡してトランク両横(標準搭載の左右パニアの上)のスペースに設置して利用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型で簡単に装着できる防水バッグ

コンパクトで普段使いにぴったりな12Lサイズで、開口部が広く物の出し入れも楽にできます。付属のベルトで簡単に装着できるほか、アジャストベルトを使うとショルダーバッグにもなるので、バイクを降りての使用にも便利です。

大きさ 47.2 x 31 x 4.8 cm 重量 690 g
容量 12L 材質・素材 POLY/PVC(合成皮革)
付属品 アジャストベルトx2・補助ベルトx2

口コミを紹介

容量もそこそこあり、ちょっとした上着を入れたり、買い物で使用するには十分です。
使い勝手の良い製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

防水機能のあるサイドバックおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 大きさ 重量 容量 材質・素材 付属品
1
アイテムID:10065495の画像
防水サイドバッグ 

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小型で簡単に装着できる防水バッグ

47.2 x 31 x 4.8 cm 690 g 12L POLY/PVC(合成皮革) アジャストベルトx2・補助ベルトx2
2
アイテムID:10065492の画像
ターポリンサイドバッグ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

キャンプツーリングに最適な大容量サイドバッグ

46x20x22-29cm(片側) 1.8kg(両側) 約20L(片側) ターポリン リア固定ベルトx1,サイド固定ベルトx2
3
アイテムID:10065489の画像
サイドバッグ モトフィズ ミニシェルケース

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小さいバイクにジャストサイズなサイドバック

22×34×20cm(片側) 2.4 kg 22L(片側11L) PC樹脂・1680Dポリエステル セーフティベルト、センター固定ベルト等
4
アイテムID:10065486の画像
防水サイドバッグ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

突然の雨から荷物をガードする防水バック

27 x 42 x 17 cm 620 g 18L TPU 取付共用ベルト×2、固定ベルト×2 等
5
アイテムID:10065483の画像
サイドバッグGT モトフィズ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルで使いやすいサイズのサイドバック

50.4 x 37.2 x 33.8 cm 3.44 kg 23~31L 600Dポリエステル レインカバー等

片側タイプのサイドバック人気おすすめランキング5選

5位

高級感あふれるかっこいいサイドバッグ

合成皮革のおしゃれな雰囲気があり、ツーリングだけではなく普段使いもしやすいサイドバッグです。ベルトホールが上下二段設計になっているので、簡単に車体に取り付けることができます。

 

バッグの左右にドリンクホルダーベースもついており、使い勝手の良いサイドバッグです。

大きさ 44 x 36 x 19 cm 重量 5 kg
容量 約17L 材質・素材 1680Dポリエステル・PVC合成皮革
付属品 レインカバー

口コミを紹介

作りがしっかりしていてこれなら長持ちするんだろうな~という印象
留め金もワンタッチで物の出し入れがかなり楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD)

シングルサドルバッグ

アメリカンタイプのレトロなサイドバッグ

バイクのサイドに取り付けやすい、バランスのいいサイズ感が特徴です。小さめなので常備したいツールを入れておくのにおすすめできるサイドバッグです。楽に開閉できるジップスライダーで、荷物の出し入れもしやすくなっています。

 

雰囲気のあるレトロなデザインで、クラシックなバイクに似合うアイテムです。

大きさ 32X14X24cm 重量 1.6 kg
容量 9.5L 材質・素材 -
付属品 レインカバー、ショルダーベルト 等

口コミを紹介

このシリーズは金具や縫製等の作りがひじょうにしっかりとして信頼感が持てますね。
しかも結構頑丈です。これは重要かつ好印象。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヴィンテージ感漂うサイドバック

どんなタイプのバイクにも使いやすく、軽量で価格もお手頃なサイドバッグです。合成皮革のレザーでできているので、生地がしっかりとしているのも魅力的で、工具や小物を収納するのにちょうどいいコンパクトなサイズ感も特徴の1つです。

 

留め具がバックル式になっており、ワンタッチでバッグの開閉がしやすいのもポイントです。

大きさ 26.5×18.5×9.5cm 重量 348 g
容量 約6L 材質・素材 PUレザー
付属品 付属ベルト2本

口コミを紹介

厚手でしっかりして、型崩れもしにくそうです。
見た目も派手過ぎず、目立ちすぎなくて良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DEGNER(デグナー)

アジャスターナイロンサドルバッグ

必要に応じて容量を変えられるサイドバック

新設計の吊り下げパーツによって、従来の製品よりも安定感が向上しています。素材にPVC(合成皮革)とナイロンを使用しており、耐久性に優れたサイドバッグです。元々は20Lサイズですが、フレキジブルジップで荷物の量に合わせて容量を上げることができます。

大きさ 32x42x15~20cm 重量 2.38 kg
容量 20~26L 材質・素材 PVC(合成皮革)・ナイロン
付属品 取り付けベルト・レインカバー

口コミを紹介

全体のバランスも悪くなく、しっかり使えています。
サイドのファスナーを開けるとさらにサイズアップできるのが嬉しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ヘンリービギンズ(Henly Begins)

バイク用 サドルバッグ

付属品も豊富な合皮製サドルバッグ

付属品の固定ベルトは合皮とナイロンの2種類があり、どちらも強度が高いのが特徴です。A4サイズのものを入れることができる、使い勝手のいいサイドバッグです。型崩れ防止の機能やワンタッチで開閉できるなど、見た目と機能性の両立が考えられています。

大きさ 39 x 31 x 14 cm 重量 1.9kg
容量 12L 材質・素材 合成皮革×1680Dナイロン
付属品 ボトルホルダー、固定ベルト 等

口コミを紹介

デザインもシンプルでネイキッドタイプには良いデザインだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

片側タイプのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 大きさ 重量 容量 材質・素材 付属品
1
アイテムID:10065512の画像
バイク用 サドルバッグ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

付属品も豊富な合皮製サドルバッグ

39 x 31 x 14 cm 1.9kg 12L 合成皮革×1680Dナイロン ボトルホルダー、固定ベルト 等
2
アイテムID:10065509の画像
アジャスターナイロンサドルバッグ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

必要に応じて容量を変えられるサイドバック

32x42x15~20cm 2.38 kg 20~26L PVC(合成皮革)・ナイロン 取り付けベルト・レインカバー
3
アイテムID:10065506の画像
サイドバッグ バイク汎用

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ヴィンテージ感漂うサイドバック

26.5×18.5×9.5cm 348 g 約6L PUレザー 付属ベルト2本
4
アイテムID:10065503の画像
シングルサドルバッグ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アメリカンタイプのレトロなサイドバッグ

32X14X24cm 1.6 kg 9.5L - レインカバー、ショルダーベルト 等
5
アイテムID:10065500の画像
ロングライドバディバッグ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高級感あふれるかっこいいサイドバッグ

44 x 36 x 19 cm 5 kg 約17L 1680Dポリエステル・PVC合成皮革 レインカバー

大容量なサイドバッグ人気おすすめランキング5選

5位

タナックス(Tanax)

マルチフィットサイドバッグL

フィット感が心地いいサイドバッグ

マルチフィット機能付きで、型崩れしにくくフィット感抜群のサイドバッグです。どんなタイプのバイクにも合うシンプルなデザインです。容量可変機能付きで、急な荷物の増加にも対応できるようになっています。

 

付属品のレインカバーもあり、雨の日でも安心して走行できます。

大きさ 51.6 x 42.2 x 31.6 cm 重量 3.98 kg
容量 38-56L 材質・素材 6000Dポリエステル
付属品 固定ベルト、レインカバー 等

口コミを紹介

キャンプツーリングや長距離ツーリング時に、荷物を大量に詰めるため非常に役立ちます。
レインカバーがついてきますが、基本的につけなくても中はほぼ濡れないため、気にする必要はなさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD)

ロードサイドバッグ G.ブラック 54~72L RR5632

長旅でも安心な大容量サイドバッグ

通常時で50L以上の荷物を入れることができるうえ、最大で72Lの積載量までスペースを増やすことができます。宿泊期間が長くなるツーリングの場合や、さまざまな荷物を持ち運びたいときに便利なサイドバッグです。

 

付属品のレインカバーには排水用の口が備わっているため、大雨に振られても雨水の処理に困りません。

大きさ 42 x 31 x 28 cm 重量 4.53 kg
容量 54~72L 材質・素材 -
付属品 レインカバー、 ショルダーベルト 等

口コミを紹介

大き目のビジネスバッグのような外観で、ショルダーストラップが1本付いていて、外して通勤に使えそうです。レザー製のものより実用的だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

CUCYMA

サイドバッグ 防水リュックサック

スポーティなデザインでつけっぱなしも可能

スポーティなデザインで、ロングツーリングに便利な大容量サイドバッグです。容量に対して価格が安いため、コストパフォーマンスに優れています。防水・防塵加工が施されているので、雨だけでなく砂埃にも強いのが魅力です。

 

反射板リフレクター付きで夜間のツーリングでも安心して走行できます。

大きさ 53 x 43 x 10cm 重量 2.74kg
容量 50L 材質・素材 -
付属品 -

口コミを紹介

1週間タンデムツーリングで利用しましたが、容量、性能ともにばっちりでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングにおすすめのサイドバッグ

イタリアのブランド・ジビが手掛ける、高いデザイン性と機能性を兼ね備えたサイドバッグです。片側30L以上の大容量なので、テントやレジャーシートなどのキャンプ用品も収納できるサイズです。

 

側面の材質は硬めに作られているので、型崩れしにくいのも特徴的で、ショルダーベルトを使えば肩掛け鞄としても活用できます。

大きさ 55 x 40 x 18 cm 重量 1 kg
容量 33~40L(片側) 材質・素材 -
付属品 -

口コミを紹介

拡張せずに使用しても片側30リットル以上の大きな容量があり、片側にレジャーシートとシュラフ、もう片側に2人用テントと雨具一式を入れています。往復300km走ってもズレたり緩んだりしませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タナックス(Tanax)

バイク用サイドバッグ ツアーシェルケース2

ハードタイプとソフトタイプが融合したサイドバッグ

サイドバッグの外側がハードタイプのシェルカバー・内側が荷物を入れやすいソフトタイプになっている商品です。防滴のインナーポーチがついており、小雨程度の天気ならそのまま走行できます。

 

大きく開くサイドオープンやロック錠対応ファスナーなど、見た目と機能性を両立したサイドバッグと言えるでしょう。

大きさ 30×42×22cm(片側) 重量 4.96 kg
容量 20L(片側) 材質・素材 -
付属品 セーフティベルト、固定ベルト等

口コミを紹介

キャンプツーリングで物が増えてきたので購入しました。
バイクに固定するベルトが何本も付いているので、走行中の荷物の振れも、しっかり制御できると思います。
走行中突起物に引っ掛けましたが、破けることもありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

大容量のサイドバッグおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 大きさ 重量 容量 材質・素材 付属品
1
アイテムID:10065529の画像
バイク用サイドバッグ ツアーシェルケース2

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ハードタイプとソフトタイプが融合したサイドバッグ

30×42×22cm(片側) 4.96 kg 20L(片側) - セーフティベルト、固定ベルト等
2
アイテムID:10065526の画像
サイドバッグ EA100B 94355

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

キャンプツーリングにおすすめのサイドバッグ

55 x 40 x 18 cm 1 kg 33~40L(片側) - -
3
アイテムID:10065523の画像
サイドバッグ 防水リュックサック

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スポーティなデザインでつけっぱなしも可能

53 x 43 x 10cm 2.74kg 50L - -
4
アイテムID:10065520の画像
ロードサイドバッグ G.ブラック 54~72L RR5632

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

長旅でも安心な大容量サイドバッグ

42 x 31 x 28 cm 4.53 kg 54~72L - レインカバー、 ショルダーベルト 等
5
アイテムID:10065517の画像
マルチフィットサイドバッグL

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

フィット感が心地いいサイドバッグ

51.6 x 42.2 x 31.6 cm 3.98 kg 38-56L 6000Dポリエステル 固定ベルト、レインカバー 等

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下でもバイク用バッグについて解説しているので、こちらも併せてぜひ参考にしてください。

スーパーカブにつけるのもおすすめ

スーパーカブには、キャリアはついていますが収納がありません。キャリアが最初から付いているので工夫次第では、沢山の荷物を運べます。

 

ほとんどの方はキャリアにリアボックスを載せることが多い印象ですが、サドルバッグをつけことにより、キャリアの上に更に荷物を積んで積載量を増やせたり、運転時に重心が低くなり安定した走行ができるようになります。

 

どのタイプでもスーパーカブには合いますので、自分の用途や好みにあったタイプをつけましょう。

ツーリングには欠かせないバイクジャケット

今回紹介したサイドバッグのほかに、バイクに乗る上で欠かせないアイテムなのがバイクジャケットは、ツーリングの気分を高めるデザイン性だけでなく、防水性や保温性など、欲しい機能が多くあると思います。

 

下記の記事では、バイクジャケットのおすすめ商品をランキングで紹介しています。ぜひ参考にしてください!

まとめ

サイドバッグを搭載することで荷物の量を増やすことができるので、ツーリングの快適さも変わってきます。用途や目的に合ったサイドバッグを使い、よりよいバイクライフを過ごしてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

バイク用ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング15選【日本製も紹介】

バイク用ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング15選【日本製も紹介】

バイク用品
おしゃれなベッドの人気おすすめランキング15選【北欧・海外風・ローベッドも紹介!】

おしゃれなベッドの人気おすすめランキング15選【北欧・海外風・ローベッドも紹介!】

家具
ゴルフバッグカバーのおすすめ人気ランキング15選【100均でできる代用方法も】

ゴルフバッグカバーのおすすめ人気ランキング15選【100均でできる代用方法も】

ゴルフ用品
【2022年最新】安いバスタオルのおすすめ人気ランキング15選【コスパ最強】

【2022年最新】安いバスタオルのおすすめ人気ランキング15選【コスパ最強】

日用品
【2022年最新版】キャディバッグのおすすめ人気ランキング20選【人気ブランドも紹介】

【2022年最新版】キャディバッグのおすすめ人気ランキング20選【人気ブランドも紹介】

ゴルフ用品
ブランド財布の人気おすすめランキング25選【メンズ・レディース】

ブランド財布の人気おすすめランキング25選【メンズ・レディース】

財布