バイクジャケットの人気おすすめランキング15選【夏・オールシーズン】

記事ID9414のサムネイル画像

バイクジャケットはツーリングの安全に必要ですが、多くのメーカーから販売されており、デザインや機能、サイズも豊富なので選ぶのが難しいですよね。そこで今回はバイクジャケットの選び方やおすすめ紹介記事をランキング形式でご紹介します。是非参考にしてみてください。

バイクジャケットは実はおしゃれでカッコいい?夏や冬は?

ライダーにとってバイクジャケットというのは、重要なアイテムです。バイクに乗るときには、激しい風圧と外気にさらされます。そのため、外気温の変化から体を守る保温性、防風、防寒、転倒の時の安全性まで兼ね備えていなくてはなりません。

 

安全性が最優先だと、見た目がごつくてかっこ悪いのではと思われる方も多いでしょう。しかし実は、バイクジャケットはとてもおしゃれでカッコいいのです。デザインも豊富で、普段着としてカジュアルに着ることができるタイプもあるのです。

 

種類が多いうえ、夏や冬などの厳しい季節にはどんなジャケットを選べばよいのか、という疑問もあるでしょう。そんな悩みをお持ちの方のために、バイクジャケットの選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

バイクジャケットの選び方

初めてバイクに乗る人にとって、ジャケット選びはちょっと難しいものです。バイクに乗るためのウェアには何が必要となるのでしょうか?とても大事になるその選び方。その考え方についても解説していきます。

メーカーで選ぶ

バイクジャケットは専門メーカーから製造販売されています。それぞれに特徴があるので、好みのメーカーの製品を選ぶのもおすすめです。

プロのレーサー御用達の「シンプソン」

シンプソンは、「シンプソン・パフォーマンス・プロダクツ」という会社です。アメリカの会社でモータースポーツ用の防炎スーツなどのウェアのメーカーとして知られています。プロのレーサー御用達のウェアです。

 

バイク用ジャケットというよりはレーシングスーツのメーカーですので、その安全性に対する信頼性は他メーカーの及ぶところではありません。バリバリのレーサーという感じのジャケットが多いようですが、好みの分かれるところです。

高機能性とデザインの両立「ワークマン」

ワークマンは作業着のブランドです。動きやすく機能性に富んでおりライダーズジャケットととして販売されているジャケットも多数あります。価格が数千円台で購入できるため人気です。

 

通勤用やお出かけ用に持っておくのはよいと思います。ツーリング用途としてはもう少ししっかりしたつくりのものの方が良いでしょう。普段使いの一着としてならコストパフォーマンスは抜群です。デザインも高評価です。

バイク乗りのあこがれ「クシタニ」

クシタニは古くからあるバイク用品専業メーカーです。ツーリング先の駐車場などで、大型バイクのベテランライダーの方が身に着けているのをよく見かけますね。作りがしっかりしていてデザインも「クシタニらしさ」があり、でコアなファンが多いメーカーです。

 

ツーリングを趣味とするライダーたちの間では高級ブランドとされるクシタニですが最近ではカジュアルなデザインのものも増えてきました。選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

バリエーションの豊富さなら「南海部品」

南海部品はオートバイ用品専門店の全国チェーンです。多くのバイク用品メーカーと連携していることが強みで、独自のブランドでいろいろな種類のジャケットを出しています。

 

通勤・通学・ツーリングなどの用途、デザインや価格も様々ですのでご自分の好みや用途にあわせて選びやすいと思います。

バイクの最強ブランド「ホンダ」

わざわざ解説する必要もないですが、誰もが知っている自動車・バイクメーカー「ホンダ」です。バイクジャケットも販売しているのです。

 

ホンダのジャケットは何といってもあの「ウイングマーク」がついているのが特徴。これが欲しいばかりにホンダを選ぶ人も多いでしょう。デザインや機能性も専業メーカーのものに負けていませんし、ホンダらしい気品を感じさせるデザインもよいですね。

ライダーのことがよく考えられている「コミネ」

コミネは1947年創業の二輪車製造メーカーでした。安全性・高機能・費用対効果の3点を追求したライダーのための専用ウェアを作り続け、近年ネット通販でブレイクしています。

 

ライダーのことを考えたコミネのバイクジャケットは安全性とデザイン性、機能性の3点をすべて両立させている点がすばらしいところです。着たまま街を歩いても違和感のないデザインは女性にも人気です。

季節で選ぶ

「機能性」と一言で言ってもライダー用ジャケットに求められる機能にはさまざまな要素があります。どのような機能を重視すればよいのか一つずつ見ていきましょう。

「夏」は風通しの良いメッシュジャケット

バイクジャケットに必要な機能で最も重視されるのが「風への対策」です。高速道路で体をさらしながら時速80Kmで走る場合の上半身に当たる風圧からどのように体を守るのかという点です。

 

風の抵抗を減らすには、余った部分が「バタバタとはためかない」ことが、ライダーの体力消耗を遅らせて疲労を少なくすることにつながります。同時に太陽の日差しや、中にこもる熱からも守らねばなりません。この二つを両立することは難しいことなのです。

 

炎天下でも長袖を着なくてはならないライダーにとって、風通しの良いライダーウェアは必須です。夏用を専用でお持ちの方もおられると思いますが、「メッシュ」「フルメッシュ」のものを選びましょう。

「秋」「冬」の防寒はウィンタージャケットで

寒い季節のツーリングには、ジャケットにも万全の装備が必要です。冬や秋にはウィンタージャケットを選びましょう。防寒、保温、防水性に優れた素材でつくられています。また袖口などから風が侵入しないような設計になっています。

 

これらのバイクジャケットの中には、インナー付きのものや、電熱ヒーター付きのタイプもあります。またインナーは状況に合わせて別売りタイプを用いるのもおすすめです。快適に走るためには、気温や走る場所によって使い分けることも必要でしょう。

「春夏秋冬」で着用できるオールシーズンタイプなども

バイクジャケットの中には、一年を通して着ることができる「オールシーズン」タイプや、春・夏・秋用の「スリーシーズン」タイプがあります。フードやインナーの取り外しが可能なので、季節に合わせて使うことができます。

 

寒い日には、ジャケットの中に重ね着をすることもできるので、近場でのツーリングや街中におすすめです。デザインも豊富。動きやすい素材で作られているので、普段着として用いるのもおしゃれでしょう。

機能で選ぶ

安全に走るために、バイクジャケットにはいろいろな工夫がされています。そんな機能面をここではご紹介します。

レインジャケットとして使うなら「防水性」を

防水性のあるバイクジャケットは、撥水性を持った生地で作られており、雨や泥はねなどを防ぎます。濡れると体力と体温が奪われるため、雨の中での走行には必要なアイテムです。突然の雨にも慌てることがありません。

 

日常的にバイクに乗っている方は、防水性で選ぶのがおすすめです。また霧や、にわか雨の多い場所を走る場合も、レインコートを併用しなくともよいので、走行が楽になるのも、おすすめの点です。

目立つために「デザイン」や「リフレクター」も

二輪車は四輪車に比べると小さいため、四輪ドライバーからは見落とされがちです。なるべく目立ちやすい色のウェアを選ぶのが昼間の視認性を高めるには重要です。派手な色が苦手な方は、ワンポイント蛍光色が入っているなどのデザインを選ぶとよいでしょう。

 

また、夜の視認性はとても重要です。夜間の走行には、光を反射するリフレクターが付いているバイクジャケットがとてもおすすめです。リフレクターは多くのジャケットに採用されているので、その中から選ぶのがよいでしょう。

女性はフィットする「レデースサイズ」を

安全で快適な走行のためには、体にフィットしたバイクジャケットを選ぶ必要があります。大きなサイズのものを着用して走ると、ジャケットが風にあおられる危険が増し、防寒、防水効果も薄れます。肩回りが自由に動くように設計されているものよいでしょう。

 

特に女性は、男性用のバイクジャケットを着用するのではなく、レディースサイズを展開しているジャケットを選ぶのがおすすめです。体に合ったジャケットによって、転倒時の怪我を最小限に抑えることもできるでしょう。

冬の寒さには「ヒーター内蔵」タイプも

寒い季節にバイクに乗ると体が凍えそうになりますね。そんな時におすすめなのが、ヒータ内蔵タイプのバイクジャケットです。ジャケット内部にヒーターが仕込まれており、体を温めてくれます。

 

電源は充電式のリチウムイオンバッテリータイプ、またはバイク搭載の12Vバッテリーに接続するタイプの2種類があります。商品ごとに特徴があるので、自分に合ったタイプを選ぶのがよいでしょう。

安全性で選ぶ

ライダーは夏でも長袖。安全のためです。バイクは不安定な乗り物であり転倒することを前提にしなければなりません。そこで、衝突時や転倒時の安全性についてはどういう点に気を付けて選ぶべきかを見ていきましょう。

これは必須!「肩と肘のプロテクター」

バイクでの急激な転倒では肘や肩から地面にぶつかっていくことが多いものです。その際に大きな怪我から体を守ってくれるのが、肘や肩のプロテクターです。高速道路での走行や、長時間のツーリングでは必要なアイテムです。

 

プロテクターには、着脱が可能なものや軽量なもの、風通しのよいものがあります。自分の走行スタイルに合ったものを選ぶのが良いでしょう。

命を守る「胸と背中のプロテクター」

ほかの車両やカーブを曲がり切れずに衝突したとき、ライダーは前方に放り出されます。頭を打つ場合も多いのですが、相手が車だった場合、胸部や腹部がぶつかった場合は鎖骨や肋骨などを骨折する場合が多くなります。

 

事故の起こりやすい場所での走行には、胸と背中のプロテクターが必要でしょう。ヨーロッパでの安全性の規格を満たしているものには「CE」のマークがつきます。CEマークがついていることを基準に選ぶのもおすすめです

安全のためには「デザイン」も重要

デザインは、安全性や機能性と同じくらい重点が置かれる選び方です。安全のための視認性は重要です。バイクに乗るときは周りから見られるようにできるだけ目立つデザインのものを選ぶよう心がけるのもよいでしょう。

素材で選ぶ

バイクジャケットは素材も非常に重要です。素材は、防寒、防湿、運動性能につながる機能そのものであり、転倒時に身を守る安全性にもつながります。

アメリカンバイクに似合う「レザー」や「合皮」

素材がレザーや合皮のバイクジャケットは、風圧でバタバタすることがないため、空気抵抗が減ります。また、防寒性能も高いため秋冬用のジャケットとして今でも愛用者が多い伝統的な素材です。破れにくく、裂けにくいのが特徴。

 

またレザーのバイクジャケットは、ハーレーダビッドソンなどのアメリカンバイクに乗る人に大人気です。バイクに合わせてかっこいいデザインを選ぶのもおすすめです。

軽量で乾きやすい「ナイロン」

軽さを求めるのならナイロン製のバイクジャケットもよいでしょう。耐久性もあり、濡れても乾きやすいのが特徴です。お手入れも比較的簡単で、雨の日に軽く羽織りたい時におすすめです。インナーを着込むと寒い日にも対応できます。

「コットン」なら普段着にも

コットンは木綿です。木綿の生地は丈夫で温かくバイクジャケットに向いています。革や化学繊維のような「硬さ」ではなく「柔らかさ」や「あたたかさ」という風合いが人気です。デザインもシンプルなので、普段着として用いることもできます。

 

厚手のコットン生地であれば、転倒時の引き裂き強度なども強く安全性も必要十分です。また保温性や通気性にも優れ、中で汗をかいても蒸れにくい特性もあります。

高機能で最も普及している素材「ポリエステル」

ポリエステルは、形状を保つ性質を持ち吸湿性や吸水性が低く、速乾性が高いので多少ぬれても大丈夫というのがよいところ。同時に湿気やカビにもつよいのです。

 

急に雨が降り出しても中まで染みることがないので多くのバイクジャケットに用いられており、アウトドアにも最適な素材です。

あらゆる天候に対応する「ゴアテックス」

アメリカで生まれた新素材ゴアテックス。ゴアテックスはアメリカのWLゴア&アソシエイツが商標登録している素材の名称で、アウトドア用品に使われることが多く、防水性能と透湿性能を兼ね備えています。

 

汗をかいても湿気は外に逃がし、外からの雨は通さない。風も通さず衝撃にも強いといったことからあらゆる天候に対応した優れた素材です。

バイクジャケットの人気おすすめランキング15選

コスパで勝負するスタンダードなバイクジャケット

日本の有名バイク用品メーカーの高価なウェアとほぼ同等の品質ながら、価格は1万円を切っており、ベテランライダーからも絶賛されるコスパのよさがおすすめです。保温性、通気性、プロテクター反射材、機能と安全性は有名メーカーに引けを取りません。

 

インナーウェアーの着脱で春夏でも使用可能な、オールシーズン仕様。街中でのライディングや通勤などの日常使いにも向いています。気軽に着用できるので、予備のバイクジャケットとして購入するのもよいでしょう。

シーズンタイプ オールシーズン 素材 海外製染色生地
プロテクター 肩・肘・背中(計5つ) 重量 --

口コミを紹介

今まで◯◯タニを愛用していましたが、リターンで買いました。178/78で2XLちょうどいいサイズです。こちらのジャケットはしっかりとした作りで、◯◯タニとも変わらない位の品質でこの価格なら買って満足できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位
 

コミネ(Komine)

プロテクトソフトシェル パーカー JK-579

豊富なデザインとサイズがおすすめ

バイクから降りると普通のアウトドアウェアを着ているように見えるのが特徴。街中での普段着としても使えます。10種類以上という豊富なデザインに加えて、大きめのサイズも多く、体格のよい男性のおすすめです。

 

プロテクターに加えて、夜間走行の安全性を高めるリフレクターも装備されています。インナーが着脱できるので、春・秋・冬のスリーシーズンに対応しています。フードも取り外せるため、自分のライディングに合わせた着こなしが可能です。

シーズンタイプ オールシーズン 素材 ポリエステル
プロテクター 肩・肘・脊椎・胸 重量 1.96kg

口コミを紹介

作りもプロテクターもシッカリしていて流石コミネさん!不評のデザインもこれならカッコよくてGOOD!敢えて言うなら「KOMINE」って名前が、、、いや、これだけのモノをこれだけの価格だと文句は言えません!大変満足しています!

出典:https://www.amazon.co.jp

質実剛健!フルシーズンのウェア

ベンチレーションが充実しているウェアです。透湿、防湿機能に優れ、蒸れにくい構造になっています。夏の着用でも平気でしょう。安全性に関してはハードタイプの胸部プロテクタ標準装備で転倒時の衝撃から胸部を守ってくれます。

 

「JK-599」というこのモデルは別売りオプションライナー装着が可能、別売り一体型胸部プロテクター、別売りのハードタイプ・背中用プロテクター、別売り脇腹プロテクターなどの装着が可能で、ライダーの利用用途に応じた選択ができるのも魅力です。

シーズンタイプ オールシーズン 素材 ポリエステル
プロテクター 胸・型・肘 重量 1.58 Kg

口コミを紹介

174cm 75kg で市販既製服はXLを選ぶので、そのままXLを選択しましたが、ほんの少し緩いかな、という感じです。 標準で胸のプロテクタがあるジャケットを探していたので概ね満足です。 

出典:https://www.amazon.co.jp

レディース用としても使えるバイクジャケット

普段着として着用しても違和感のないコミネのメッシュパーカーです。色が5種類、いずれも高級感のある柔らかさを感じさせ、堅牢というバイクジャケットのイメージをくつがえしています。フルメッシュで夏でも快適。フードの着脱が可能です。

 

プロテクターは、肩・肘・胸・背中とフル装備ながら、ジャケット自体が非常に軽いため重量としては1.5kgを切っています。袖口も広めでグローブも着けやすくなっています。サイズは9種類あり、レディース用としてもおすすめです。

シーズンタイプ 春夏用 素材 ポリエステル
プロテクター 肩・肘・背中・胸部 重量 1.32kg

口コミを紹介

30℃超えの中で使用すると、走行中は風が突き抜けるように涼しいです。プロテクターにも通気用の穴が開いてるせいか比較的軽く、前傾姿勢になっても邪魔になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位
 

ベーシックなデザインのバイクジャケット

シンプルなデザインがおしゃれでかっこいいバイクジャケットです。薄手で軽量ながら、防水素材の透湿デュアルテックスが採用されているため、急な雨にも対応できます。オプションのインナージャケットと組み合わせれば、冬季も使用が可能です。

シーズンタイプ オールシーズン 素材 600Dバリアクロスデュアルテックス加工
プロテクター 肩/肘/脊椎パッド 重量 2 kg

口コミを紹介

プロテクターを着けなければ、軽くて、着やすくて良い。期待通りに防風性能が高く、また、透湿性能があり、蒸れないのが良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位
 

コミネ(Komine)

プロテクトフル メッシュ ジャケット JK-117

女性にもおすすめのバイクジャケット

夏用の涼しいフルメッシュジャケットで、左右が非対称のデザインが特徴。カラーリングも豊富で、レディース用も充実している人気のモデルです。プロテクターフル装備で安全面でもおすすめの一枚です。

シーズンタイプ 春・夏・秋 素材 ポリエステル
プロテクター 膝・肘・胸・脊椎 重量 1.08 Kg

口コミを紹介

肘、肩、胸、背中などにプロテクターがあり
しかも胸と背中のプロテクターは複数の穴が開いており通気性もイイ。

出典:https://www.amazon.co.jp

安全性とデザインの両立したモデル

着用時に実際に転倒した人からの、安全性を絶賛する声が多いバイクジャケットです。デザイン面でもカモフラ―ジュ、スポーツウェア風、アウトドア用ウェアのようなデザインなどバリエーションが豊富です。

 

ハーフメッシュで、多少の寒さなら冬でも使用可能です。フードがついていますが着脱が可能となっています。生地は軽くしなやかで快適な着心地。走行中は風が通るので夏でも十分に涼しく、快適なツーリングが楽しめるでしょう。

シーズンタイプ オールシーズン 素材 ポリエステル
プロテクター 肘・肩・胸・背中 重量 1.13 Kg

口コミを紹介

一旦停止無視の車が飛び出して来たから回避した時に後輪フルロックで転倒しました。肩から肘にかけて右側面が裂けていましたが、体は肘に擦り傷1つだけだったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

がっしりした本格派ライダーズジャケットならこれ!

がっしりした本格派ジャケットです。ベンチレーションも充実。冬から夏まで着用できるため、ライダーなら一着は常備しておきたいバイクジャケットでしょう。着脱の可能なインナーは2タイプ用意されている点もおすすめです。

シーズンタイプ オールシーズン 素材 ポリエステル
プロテクター 肩・肘・胸・背中 重量 2.8kg

口コミを紹介

真冬でもバイクに乗る人には絶対にお勧めです!
本当に素晴らしいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれさと機能性を兼ね備えた秀逸モデル

生地がコットンでできていて、見た目は普通のパーカーにしか見えない驚きのバイクジャケットです。しかしソフトプロテクタやハードタイプ胸部プロテクタなど標準装備は万全。日常でさりげなく着用したい場合におすすめです。

シーズンタイプ ーー 素材 コットン:裏地はケプラー
プロテクター 肘・肩・胸・脊椎 重量 1.7kg

口コミを紹介

とにかく、ここ数年で購入したバイク関連ウェアで一番良い買い物だった。購入まだ半月足らずですが、真面目な話、盛夏時を除く通年でのバイクコーディネイトは、もうこれを中心に考えていいなと思ったくらい。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

コミネ(Komine)

プロテクトハーフ メッシュ ジャケット JK-127

安全性を重視したスタンダードなジャケット

ハーフメッシュ素材で通気性は良好。リフレクターも装備して夜間の視認性も高めています。また、立体裁断による型作成で動きやすいつくりになっています。胸プロテクターオプションを装着が可能で、肘のパッドはEC加盟国の基準を満たすCEマークを取得

シーズンタイプ 春・夏・秋 素材 ポリエステル
プロテクター 肩、肘、脊椎 重量 1.5 Kg

口コミを紹介

当方、暖かい時期しかバイクは乗らないので、バイクのプロテクトジャケットはメッシュ生地が良いのです。プロテクターは肘・肩・背中・胸についていて、ガッチリ守られてる感はありつつも重量は軽く、動きの妨げにはなりません。初ツーリングはまだですが、春になったらこれを来て出かけます!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

SKTインダストリー

プロテクション ウインドブレーカー MBWB-01

手軽に使用できるウインドブレーカー的ジャケット

手軽に着ることのできるウインドブレーカーとして扱えるバイクジャケットです。飽きの来ないシンプルなデザインでスポーツウェアとしても、ちょっとレトロな雰囲気のウェアとしてもあわせることのできるジャケット。

 

朝が寒くて、昼間は暑いといったような寒暖の差が大きい気候のときに最適。ツーリングに、また通勤・通学・買い物に大活躍するでしょう。湿気は通すけど生地は防水なので多少雨にぬれても平気だし、蒸れにくい特性があります。

シーズンタイプ 秋・冬・春 素材 ポリエステルPUコーティング
プロテクター 肩・肘・脊椎 重量 608g

口コミを紹介

ウインドブレーカーなので防寒性は、低いですが防風性は、あるのでこれらかの季節によさそうです。スリムな作りですがサイズ感は、一般的と思います。ソフトプロテクター付きで軽量なので近場での使用にいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

プリント柄が高反射でカッコいい!

生地はナイロンで丈夫、そして一番の特徴は「軽い」ことです。日常の繰り返し着用への耐久性もあります。また、保温インナーがついており着脱も可能。リフレクターは、高反射のプリントを採用していてカッコいいのです。

 

運動しやすい立体裁断でつくられた型、胸プロテクターは標準装備品とは別にオプションも選んで装着できます。肘のパッドはEC加盟国の基準を満たすCEマークを取得。軽くて高性能、高機能を求める人におすすめです。

シーズンタイプ 春・夏・秋・冬 素材 ポリエステル
プロテクター 肩・肘・脊椎 重量 1.5kg

口コミを紹介

内側に大量に着込んで使いたいなら別ですが、このジャケットは相当に暖かいです。私は2XLの場合なら、下に2枚と薄手のダウンを内側に着込んでも十分使えるな、というのが実感です。コミネは小さめで作る、ということですが、ライディングしてみてその理由も分かる気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

ランバオシー

アウトドア ストレッチ コート

ハイコストパフォーマンスで大人気

防風、防水、通気性、耐摩耗性があり、それでいて暖かく軽量。しかも小雨や泥水を防ぐこともできるので、バイク用のほかにも、アウトドア用としてキャンプにスキーに活用できます。いろいろなシチュエーションで使用したい方におすすめです。

シーズンタイプ 春・夏・秋 素材 ポリエステル
プロテクター なし 重量 --

口コミを紹介

デザイン機能共に、とてもお気に入りです。説明通りの高機能で、寒がりの私でもアンダーシャツ一枚プラスαぐらいで暖かく、ムレもありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

涼しさNo1のフルメッシュジャケット

コミネ製品のフルメッシュジャケットの中でも、特にしなやかで肌触りの良いメッシュ素材が採用されています。夏場の炎天下などで、蒸れずに走りたい方におすすめです。フルプロテクション仕様なので、安全面でも抜群です。

シーズンタイプ 春・夏・秋 素材 ポリエステル
プロテクター 肩・肘・脊椎 重量 1.5kg

口コミを紹介

フルメッシュなので夏でも過ごしやすく、30℃以上ある日でも走れば何ということは無かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハーフメッシュタイプのバイクジャケット

ハーフメッシュのバイクジャケットです。フルメッシュは不要という方におすすめです。レディースサイズから3XLサイズまで揃っており、どんな体型の方にも合います。プロテクターとリフレクターは標準装備。どんなバイクにも合うデザインです。

シーズンタイプ 春・夏・秋 素材 ポリエステル
プロテクター 肩・肘・背中・胸部 重量 1.22kg

口コミを紹介

メッシュの部分が多く、通気性が高いため快適です。
下の服が透けて見えることはほぼありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

バイク用ジャケットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6731639の画像

    コミネ(Komine)

  • 2
    アイテムID:6731636の画像

    コミネ(Komine)

  • 3
    アイテムID:6731663の画像

    ランバオシー

  • 4
    アイテムID:6731660の画像

    コミネ(Komine)

  • 5
    アイテムID:6731657の画像

    SKTインダストリー

  • 6
    アイテムID:6731654の画像

    コミネ(Komine)

  • 7
    アイテムID:6731651の画像

    コミネ(Komine)

  • 8
    アイテムID:6731648の画像

    コミネ(Komine)

  • 9
    アイテムID:6731645の画像

    コミネ(Komine)

  • 10
    アイテムID:6731642の画像

    コミネ(Komine)

  • 11
    アイテムID:6785383の画像

    ラフアンドロード(ROUGH&ROAD)

  • 12
    アイテムID:6731630の画像

    コミネ(Komine)

  • 13
    アイテムID:6731627の画像

    コミネ(Komine)

  • 14
    アイテムID:6731624の画像

    コミネ(Komine)

  • 15
    アイテムID:6731621の画像

    MOTOGS

  • 商品名
  • プロテクト メッシュ パーカー JK-114
  • プロテクトフル メッシュ ジャケットJK-128
  • アウトドア ストレッチ コート
  • ウインター ジャケット JK-586
  • プロテクション ウインドブレーカー MBWB-01
  • プロテクトハーフ メッシュ ジャケット JK-127
  • プロテクト KVパーカー JK-604
  • フルイヤー ジャケット JK-597
  • ハーフ メッシュ パーカー JK-112
  • プロテクトフル メッシュ ジャケット JK-117
  • ツーリングジャケット RR7210
  • メッシュ パーカー ジャケット JK-087
  • フルイヤー システム ジャケットJK-599
  • プロテクトソフトシェル パーカー JK-579
  • オールシーズン用のメンズバイクジャケット
  • 特徴
  • ハーフメッシュタイプのバイクジャケット
  • 涼しさNo1のフルメッシュジャケット
  • ハイコストパフォーマンスで大人気
  • プリント柄が高反射でカッコいい!
  • 手軽に使用できるウインドブレーカー的ジャケット
  • 安全性を重視したスタンダードなジャケット
  • おしゃれさと機能性を兼ね備えた秀逸モデル
  • がっしりした本格派ライダーズジャケットならこれ!
  • 安全性とデザインの両立したモデル
  • 女性にもおすすめのバイクジャケット
  • ベーシックなデザインのバイクジャケット
  • レディース用としても使えるバイクジャケット
  • 質実剛健!フルシーズンのウェア
  • 豊富なデザインとサイズがおすすめ
  • コスパで勝負するスタンダードなバイクジャケット
  • 価格
  • 12278円(税込)
  • 9784円(税込)
  • 4176円(税込)
  • 11082円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 10273円(税込)
  • 13464円(税込)
  • 21020円(税込)
  • 12304円(税込)
  • 9884円(税込)
  • 15278円(税込)
  • 13663円(税込)
  • 13690円(税込)
  • 18919円(税込)
  • 8480円(税込)
  • シーズンタイプ
  • 春・夏・秋
  • 春・夏・秋
  • 春・夏・秋
  • 春・夏・秋・冬
  • 秋・冬・春
  • 春・夏・秋
  • ーー
  • オールシーズン
  • オールシーズン
  • 春・夏・秋
  • オールシーズン
  • 春夏用
  • オールシーズン
  • オールシーズン
  • オールシーズン
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステルPUコーティング
  • ポリエステル
  • コットン:裏地はケプラー
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 600Dバリアクロスデュアルテックス加工
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 海外製染色生地
  • プロテクター
  • 肩・肘・背中・胸部
  • 肩・肘・脊椎
  • なし
  • 肩・肘・脊椎
  • 肩・肘・脊椎
  • 肩、肘、脊椎
  • 肘・肩・胸・脊椎
  • 肩・肘・胸・背中
  • 肘・肩・胸・背中
  • 膝・肘・胸・脊椎
  • 肩/肘/脊椎パッド
  • 肩・肘・背中・胸部
  • 胸・型・肘
  • 肩・肘・脊椎・胸
  • 肩・肘・背中(計5つ)
  • 重量
  • 1.22kg
  • 1.5kg
  • --
  • 1.5kg
  • 608g
  • 1.5 Kg
  • 1.7kg
  • 2.8kg
  • 1.13 Kg
  • 1.08 Kg
  • 2 kg
  • 1.32kg
  • 1.58 Kg
  • 1.96kg
  • --

バイクジャケットの洗い方は?自宅で洗濯できる?

バイクで走ると大量の汗をかくことが多いものです。そのため頻繁にジャケットを洗いたいものです。しかし、バイクジャケットはレザーなどの特殊な素材でできていることもあるため、家庭で洗濯できるのかと悩まれるでしょう。

 

まずは洗濯タグを確認することが大事です。洗濯機可能や手洗い可能の表示があれば自宅で洗うことができますが、表示がなければクリーニング店でプロに任せるのがおすすめです。型崩れや色落ち、縮みの原因となり、バイクジャケットの性能が損なわれます。

 

また自宅で洗う場合は、できるだけ優しく手洗いし、軽い脱水、陰干しをすることをおすすめします。漂白剤も使用しないほうがよいでしょう。正しいお手入れを続けて、大事なバイクジャケットを守りましょう。

まとめ

ここではバイクジャケットの選び方や、おすすめの商品をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?選び方にはメーカー、季節に合ったもの、素材などがありますが、ぜひ自分に合ったバイクジャケットで、素敵なバイク生活をお送り下さいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【おしゃれリュックも紹介】

大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【おしゃれリュックも紹介】

バッグ
【2021年最新版】メンズアウターの人気おすすめランキング35選

【2021年最新版】メンズアウターの人気おすすめランキング35選

メンズトップス
レインウェアの人気おすすめランキング15選【自転車用やゴルフ用も紹介!】

レインウェアの人気おすすめランキング15選【自転車用やゴルフ用も紹介!】

アウトドアグッズ
ホグロフスのアウターの人気おすすめランキング15選【レディースも】

ホグロフスのアウターの人気おすすめランキング15選【レディースも】

その他ファッション
【2021年最新版】雨の日もおしゃれに!ゴルフレインウェアの人気おすすめランキング17選

【2021年最新版】雨の日もおしゃれに!ゴルフレインウェアの人気おすすめランキング17選

ゴルフ用品
ミニマリスト向け財布の人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース】

ミニマリスト向け財布の人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース】

財布

アクセスランキング

【2021年最新版】バイク用プロテクターの人気おすすめランキング15選【ジャケットもご紹介!】のサムネイル画像

【2021年最新版】バイク用プロテクターの人気おすすめランキング15選【ジャケットもご紹介!】

バイク用品
TOPへ