ダウンジャケットの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース】

記事ID11470のサムネイル画像

冬の定番アイテムであるダウンジャケット。定番すぎるが故にどれを選べばいいのか迷うくらいに種類があります。カジュアルすぎるアイテムだからこそ選びにくいという方も多いでしょう。そこで、この記事ではおすすめのダウンジャケットランキングと選び方をご紹介します。

冬の定番アイテム、ダウンジャケット

冬の定番アイテムであり、暖を取るには最適のダウンジャケット。タウンユースからアウトドアまで幅広く使える便利アイテムですが、どれでも同じだと思って適当に選んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

実はダウンジャケットはフェザーやダウンの割合によって温かさや重さが異なりますし、空気の層の厚さによっても温かさが違います。しかし、何を具体的な基準が分からず、選び方がわからない方も少なくないでしょう。

 

そこで、この記事では機能、素材、コーデと言った要素からランキングにしておすすめのダウンジャケットをご紹介します。

ダウンジャケットの選び方

ダウンジャケットは見た目は似ていても素材や機能によって温かさや使い勝手に差が生まれます。どのような基準で選べばいいのかわからないという方の為にいくつかダウンジャケットの選び方についてご紹介します。

詰め物の素材によって選ぶ

ダウンジャケットの温かさを左右する中の詰め物。何を使っているかによって温かさは全然違うので素材によって選ぶというのが1つの選び方です。

軽さ重視の方は「ダウン」の割合が多いものを

ダウンジャケットには水鳥の胸部の羽と羽軸のあるフェザーの2つに分かれますが、ダウンの割合が多いと軽くなります。軽ければそれだけ着やすく運びやすいですが、型崩れしやすいというデメリットがあります。

 

一般的にダウンが多ければ多い程、軽く、保温性が高くなるので値段が高くなりやすいです。

型崩れのしにくさなら「フェザー」が多いもの

軸があるフェザーがジャケットの中に多いと弾力性があり、型崩れしにくいです。少々乱暴に扱ってもシルエットが崩れることがないので、扱いやすいです。

ベーシックなものならフェザーが「20~40%」

ダウンジャケットはダウンとフェザーを混合していますが、その割合の平均は20%~40%の割合でフェザー、残りがダウンです。この割合を基準にしてダウンが多くなるかフェザーが多くなるかで保温性や値段が変わります。

フィルパワーで選ぶ

羽毛に含まれる空気の層がどれくらいなのかを示すフィルパワー。ダウンジャケットは空気の層を作る事で冷気を通さず、熱を逃がさない造りになっているので保温性を求めるならこの値が高い物を選ぶのが良いです。

 

目安としては600以上で品質が良くなり、700以上は高品質と呼んで差し支えありません。もちろんその分、価格は高くなるので考慮しておくようにしましょう。

用途によって選ぶ

ダウンジャケットをどこで使うのかによって選ぶのもおすすめです。あまり寒くないのであれば保温性よりもファッション性を重視すれば良いですし、アウトドアであればなにより機能性を重視するのが良いでしょう。

タウンユースで普段使いなら保温性より「ファッション性」

タウンユースで普段の通勤通学で使うならそこまで気温は低くなりません。少なくとも森林の中と比べればビル群の方が気温は高いです。従ってタウンユースで見るのであればファッション性を重視した方が使いやすいでしょう。

アウトドアなら「防寒性」と「耐水性」を重視しよう

アウトドアで森林の中に行くのであればとにかく気温が低くなります。また、キャンプなどでは天候が変わって雨に降られる事もあるでしょう。急な気温変化に耐えられる様にアウトドアシーンで使う物なら防寒性、防水性に長けたダウンジャケットがおすすめです。

デザインで選ぶ

定番ファッションアイテムですからデザインで選ぶというのは重要視したい選び方です。好きなデザインや素材、形などで選ぶ事で長く愛用できるでしょう。

他のアイテムにも合う「色・カラーリング」がおすすめ

ダウンジャケットは最も面積が多くなるアウターです。従って色やカラーリングによって印象がガラリと変わります。普段使っている他のアイテムに合う様な色やカラーリングを選ぶのがおすすめです。

同じ色でも「素材」によって似合うコードが変わる

ファッションの違いを付けるのに有効な素材の違い。ダウンジャケットの多くはナイロンがメインでアウトドアアイテムの物が多いですが、タウンユースで高級感を与えたいならウール素材にするとグッと大人っぽいコーデができます。

性別で選ぶ

ダウンジャケットにはメンズ、レディースとはっきり分かれています。女性がメンズを使ってはいけない訳じゃありませんが、シルエットやコーデの合わせやすさなどがあるので基本的には性別に合ったダウンジャケットを選ぶのがおすすめです。

「メンズ」は種類豊富で使い方の幅が広い

メンズのダウンジャケットはシンプルコーデからカジュアル、トラッドなど幅広く使うことができます。使い方によって見せ方を変えられるので便利なアイテムと言えるでしょう。ただし基本的にカジュアルアイテムだという事は念頭に置いてコーデを組み立てるのをおすすめします。

大人っぽいコーデが目立つ「レディース」

メンズと比べてエレガントに着こなすダウンが多いのがレディースの特徴です。スポーティな着こなしが無い訳では無いですが、人気のベージュ、ネイビー、ブラックを上手く使うことでパンプス、タイツをキレイに見せるコーデを取り入れる方が多いです。

ブランドで選ぶ

定番アイテムであるが故にあちこちのブランドからダウンジャケットは販売されています。ダウンジャケットがブランドアイコンという所もあるので、ブランドで選ぶのも1つの選び方です。

高級ダウンの代表「モンクレール」

ダウンジャケットと言えばモンクレールを連想する方も多いのではないでしょうか。高級ダウンブランドの代名詞的存在で質の良さとその質に見合った高額ダウンが特徴のブランドです。

カナダを代表するブランド「カナダグース」

1957年にカナダで生まれた老舗ブランドです。ダウンジャケットでは有名で耐久性、保温性、機動性が素晴らしく、カナダではよく知られています。北極探検隊などにも提供するほどでその結果を商品に活かした高品質が魅力です。

機能性の高さに信頼がおける「ザ・ノース・フェイス」

アウトドアブランドとして日本でもよく知られるノースフェイス。アウトドアで実用に耐えうる機能性の高さが魅力で耐水性、防寒性においては信頼がおけるブランドです。

環境に優しい素材を使う「パタゴニア」

アメリカの有名アウトどらブランドであるパタゴニア。他のブランドとは違いダウンジャケットのダウンにトレーサブルダウンのみを使い、環境問題に対して真摯にアプローチをしているブランドです。

タウンユースで使いやすい「モンベル」

実用性の高い日本ブランドであるモンベル。軽く、機能が豊富なダウンジャケットを発売しているのでタウンユースで使いやすいです。自然環境への取り組みも有名なブランドでもあります。

丁寧な作りが魅力の「ナンガ」

滋賀県に本拠を置くアウトドアブランドで登山用として耐えうる実用性重視のアウトドアブランドです。良質でありながら安全性にも配慮があり、縫製が丁寧な信頼のおけるブランドです。

成果で認められる上質なジャケットの「タトラス」

タトラスのダウンジャケットは上質な素材を使って作られていて、その質は世界中で認められています。ポーランドのホワイトグースダウンを使用しており、温かさと軽さを両立したダウンジャケットとなっています。

洗練されたデザインが特徴の「デュベティカ」

イタリア・ヴェネチアで生まれた比較的新しいアウトドアブランド。イタリアらしい洗練されたデザインが魅力でどんなコーデもスッキリと見せる事ができます。

日本のスポーツを支える「デサント」はスポーツシーンで活躍

野球用品などでも有名なデサントのダウンジャケットは機能性に優れています。雨が降っても雪が降っても水が染み込むことなく、更に通気性にも優れたダウンジャケットを販売しています。

フランスの人気老舗ブランド「ダントン」

フランスの老舗ブランドであるダントン。実用性はもちろんですが、タウンユースとして使いやすいデザインが誰にでもおすすめできるブランドです。フランスではよく知られているブランドなので、使い勝手は抜群です。

カラーリングが豊かなブランドの「ショット」

ライダーズジャケットで有名なブランドのショット。ミュージシャンが愛用しているブランドとしても良く知られていて、カラーラインナップが豊富なダウンジャケットを発売しています。

保温力抜群のダウンを販売する「ピレネックス」

厳しい大自然の寒さにも耐えられる様に実用性を重視して作られたダウンジャケットを販売しているブランドです。発売しているインナーダウンはショート丈のコートの下に入れられ、非常に大きな空気の層で保温力を高めてくれます。

ラグジュアリー感を感じさせる「ヘルノ」

イタリア生まれのブランドで全体的に気品を感じさせるラグジュアリー感のあるブランドです。カジュアルアイテムであるダウンジャケットもスッキリしたデザインにする事で高級感を感じさせるアイテムへと仕上げています。

カジュアルと大人っぽさを兼ね備える「ウールリッチ」

ブランド名の通りウール素材がアイコンアイテムとなっているウールリッチ。ミドル丈のダウンジャケットがカジュアルさと大人っぽさの両方をバランスよく演出してくれているので、使いやすいアイテムとなっています。

サイズ感で選ぶ

どんなダウンジャケットを選ぶにしても大事にしてほしいのがサイズ感です。サイズ感を間違えてしまうと洋服に切られてしまう事があるので、自分のサイズに合ったダウンジャケットを選ぶようにして下さい。

コスパが良く安いものを選ぶ

ダウンジャケットはヘビーアウターなので高額な物が多いですが、安く済ませたいという方もいるでしょう。そこまで高くない物でもある程度の暖を取れるものが最近は多くなっています。コスパを考えるなら安いダウンジャケットの購入を視野に入れるのも良いでしょう。

メンズダウンジャケットの人気おすすめランキング5選

5位

ダウンジャケット

価格:3,199円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温かさを極みを感じるジャケット

とにかく防寒性に優れたダウンジャケットです。身体部分の温かさはもちろん風が吹き込みやすい首元や手首なども絞る事によって風を通さず温かさをキープしてくれます。

素材ポリエステル備考使用者の95%が高評価

口コミを紹介

極暖とは首から入った寒気が背中に回ることを防ぐことに特化したデザイン

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ウルトラダウンジャケット

価格:13,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シルエットを突き詰めて作られたジャケット

これぞダウンジャケットという典型的な作りをしているダウンジャケットです。ボリューム感とシルエットのバランスを徹底的に突き詰めて作られたジャケットなので着た時のシルエットが非常にキレイです。

素材ポリエステル備考ダウン90%

口コミを紹介

とても軽く動き易く、とても暖かいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

メンズ ダウンコート

価格:6,998円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

裏地まで温かいダウンジャケット

普通のダウンジャケットと違うのは裏地がボアになっているという事。外側を空気の層による温かさで寒さを防ぐだけでなく、中もボアになっているので非常に防寒性が高くなっていあm巣。

素材ポリエステル備考裏起毛

口コミを紹介

見た目より軽いし、着丈が短すぎない、長すぎないので嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ダウンコート

価格:6,998円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シックな装いに似合う防寒性の高いジャケット

ポリエステルを主体としたダウンジャケットでナイロンのようにテカテカした質感ではないのでシックな装いに良く合わせられます。フィルパワーもかなり高いので空気の層が温かさを作ってくれます。

素材ポリエステル備考フィルパワー650

口コミを紹介

暖かさはかなりありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ダウンジャケット

価格:3,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シルエットがキレイなダウンジャケット

シンプルデザインのダウンジャケットでスッキリとしたシルエットを可能にしてくれます。ダウン95%なので、軽く扱いやすく、温かいジャケットです。

素材ポリエステル備考撥水性あり

口コミを紹介

とても満足です。某量販店のものに比べても優れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

メンズダウンジャケットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5632832の画像

  • 2
    アイテムID:5632844の画像

  • 3
    アイテムID:5632860の画像

  • 4
    アイテムID:5632869の画像

  • 5
    アイテムID:5632878の画像

  • 商品名
  • ダウンジャケット
  • ダウンコート
  • メンズ ダウンコート
  • ウルトラダウンジャケット
  • ダウンジャケット
  • 特徴
  • シルエットがキレイなダウンジャケット
  • シックな装いに似合う防寒性の高いジャケット
  • 裏地まで温かいダウンジャケット
  • シルエットを突き詰めて作られたジャケット
  • 温かさを極みを感じるジャケット
  • 価格
  • 3600円(税込)
  • 6998円(税込)
  • 6998円(税込)
  • 13880円(税込)
  • 3199円(税込)
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 備考
  • 撥水性あり
  • フィルパワー650
  • 裏起毛
  • ダウン90%
  • 使用者の95%が高評価

レディースダウンジャケットの人気おすすめランキング5選

5位

ダウンコート

価格:9,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エレガントでコスパの良いダウンコート

エレガントさを感じさせる厚手のフードが付いたダウンコート。1万円を切るコスパの良さにも関わらず、ダウンのふんわり感があって温かさをキープしてくれます。デニムでもスカートでも合わせやすいデザインです。

素材ポリエステル備考防風デザイン

口コミを紹介

北海道の冬にも十分な暖かさです
価格も安くなっていたので買いやすかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

中綿 ロングコート

価格:4,521円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて着やすいダウンコート

コスパの良いダブルカラーのダウンコートが欲しい方におすすめのアイテムです。丈が長いので重そうに見えますが、非常に軽く、それでいて温かさはキープしてくれます。

素材ポリエステル備考2WAY

口コミを紹介

暖かくて 着やすいです

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

軽量ダウンコート

価格:4,250円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラグジュアリー感を感じさせるコスパ抜群のコート

パッと見でもラグジュアリー感を感じさせるデザインですが、コスパは抜群。また、裏地はボアになっているので保温力も抜群です。タウンユースで使いやすいので一着持っていると重宝します。

素材ポリエステル備考サイズS~3XL

口コミを紹介

とにかく暖かい!サイズはいつもよりワンサイズ大きめがいい。今はピタリと着れてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ダウンコート

価格:3,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キルティングデザインの珍しいダウンジャケット

キルティング加工のような編み目の珍しいデザインのダウンジャケットです。スカートでもパンツでも合わせやすく、きれいめコーデに合わせやすいデザインです。

素材綿、ポリエステル備考キルティング加工

口コミを紹介

オシャレで程良い丈のダウンジャケットを探しており、イメージにピッタリでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

レディース ダウンジャケット

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかい着心地でシンプルデザイン

シンプルなライトダウンジャケットです。シンプルが故にどんなファッションにも合わせやすく、ライトダウンなのでシルエットが崩れる事もありません。裏地をナイロンにしているので着心地が優しいのも特徴です。

素材ナイロン備考ミディアム丈

口コミを紹介

生地もお値段のわりにしっかりしていて、かなり暖かいです。
良い買い物させていただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

レディースダウンジャケットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5632915の画像

  • 2
    アイテムID:5632943の画像

  • 3
    アイテムID:5632967の画像

  • 4
    アイテムID:5632982の画像

  • 5
    アイテムID:5633003の画像

  • 商品名
  • レディース ダウンジャケット
  • ダウンコート
  • 軽量ダウンコート
  • 中綿 ロングコート
  • ダウンコート
  • 特徴
  • 柔らかい着心地でシンプルデザイン
  • キルティングデザインの珍しいダウンジャケット
  • ラグジュアリー感を感じさせるコスパ抜群のコート
  • 軽くて着やすいダウンコート
  • エレガントでコスパの良いダウンコート
  • 価格
  • 2900円(税込)
  • 3380円(税込)
  • 4250円(税込)
  • 4521円(税込)
  • 9990円(税込)
  • 素材
  • ナイロン
  • 綿、ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 備考
  • ミディアム丈
  • キルティング加工
  • サイズS~3XL
  • 2WAY
  • 防風デザイン

コスパが良く安いダウンジャケットの人気おすすめランキング5選

5位

ダウンコート

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめサイズで身体が大きい人も安心

詰め物はダウンを使っているもののコスパが良いダウンコートです。やや大きめに作っているおかげで身体が大きい方もサイズを選びやすくて安心です。

素材ポリエステル備考フード付き

口コミを紹介

非常に軽く、肩もこらない為、普段使いに重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ダウンジャケット

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが良い上品な雰囲気のデザイン

コスパが良いダウンジャケットでできるだけ上品な雰囲気のダウンジャケットが欲しい方あにおすすめです。中綿ジャケットで温かさをキープしつつ、素材の加工によって大人コーデにも合わせやすいです。

素材ポリエステル備考中綿

口コミを紹介

軽い、デザイン良、コスパ最良

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ダウンジャケット

価格:3,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インナーダウンとしても使えて持ち運びも楽

シルエットがキレイなダウンジャケットでかさばりにくいデザインです。インナーダウンとして使いやすく、また折りたたんで持ち運びしやすいようにできているので使い勝手は抜群です。

素材ナイロン備考ホワイトダックダウン

口コミを紹介

かるくて良い

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ダウンジャケット

価格:4,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイネックが風を通さない

アクティブイメージの強いダウンジャケットの中でも更にアクティブなデザインです。実用性が高く、ハイネックにしているので首元からも風が吹き込むことがありません。

素材ポリエステル、ポリウレタン備考ハイネック加工

口コミを紹介

思ってたよりシックな赤でお気に入りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ダウンジャケット

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安いが温かさはしっかりキープ

とにかく安いダウンジャケットが欲しいという方におすすめです。安いにもかかわらず軽く、ダウン90%なのでしっかりと保温力はキープしてくれます。突然ダウンジャケットが必要になったという方におすすめです。

素材ナイロン備考ダウン90%

口コミを紹介

軽くてそれなりに暖かいです

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパが良く、安いダウンジャケットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5633017の画像

  • 2
    アイテムID:5633031の画像

  • 3
    アイテムID:5633038の画像

  • 4
    アイテムID:5633052の画像

  • 5
    アイテムID:5633061の画像

  • 商品名
  • ダウンジャケット
  • ダウンジャケット
  • ダウンジャケット
  • ダウンジャケット
  • ダウンコート
  • 特徴
  • 安いが温かさはしっかりキープ
  • ハイネックが風を通さない
  • インナーダウンとしても使えて持ち運びも楽
  • コスパが良い上品な雰囲気のデザイン
  • 大きめサイズで身体が大きい人も安心
  • 価格
  • 1380円(税込)
  • 4900円(税込)
  • 3900円(税込)
  • 980円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 素材
  • ナイロン
  • ポリエステル、ポリウレタン
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 備考
  • ダウン90%
  • ハイネック加工
  • ホワイトダックダウン
  • 中綿
  • フード付き

デリケートなアイテムだからお手入れはクリーニングがベスト

ダウンジャケットは羽毛を使っている関係上、気軽に選択する事はできません。汚れてきてキレイにしたいと思った場合に最も良いのがクリーニングです。大体2000円~3000円で依頼できるので、心配ならクリーニングに任せましょう。

 

どうしても自分で洗いたい場合は表地や洗濯表示を見ながら可能な洗濯方法をかくにんするのがおすすめです。

ダウンジャケットを使ったコーデの紹介

ダウンジャケットを使ったコーディネートをいくつか紹介します。

「ベーシック」なアクティブコーデ

最もベーシックなのがカジュアルなアクティブコーデです。スニーカーやデニムと言った定番の誰もが持っているアイテムと相性が良いので万人におすすめできるコーデです。特に考える必要もない楽さがありがたいです。

「ネイビー」でまとめる

ダウンジャケットはネイビーが定番色の1つされていますが、敢えてそのネイビーでまとめるというのもおすすめです。デニムやスニーカーと合わせやすいのが特徴ですが、全てをネイビーにしてしまうと野暮ったくなるのでどこかに差し色を混ぜる事をおすすめします。

「ノーカラーダウン」でシルエットをキープ

タウンユースでおすすめなのがノーカラーダウンの薄手のダウンジャケットを使ったコーデです。シルエットが崩れにくいのでバランスが取りやすいのが特徴です。

革靴使用の「大人コーデ」

ダウンジャケットというカジュアルアイテムをドレスアップするのに使いやすいのが革靴です。カジュアルダウンとドレスアップのバランスを良くすることができるので大人っぽいコーデを演出できます。

 

カジュアルダウンをメインにするのかドレスアップをメインにするのかは人によって違うのでその辺りはいつも着ているコーデ次第になります。

「スーツ」にも合わせられる

物によってはスーツにも合わせる事ができるダウンジャケット。何でもいい訳では無くて、スーツを引き立たせる様なダウンジャケットがおすすめでシルエットがキレイに見えるスッキリしたものを選ぶとキレイに見える事でしょう。

定番の「アメカジ」は相性が良い

ネルシャツ、デニム、スニーカーと言った定番のアメカジはダウンジャケットと相性が抜群です。インナーとなるネルシャツは派手なデザインが多いので、チラ見せ程度にしてダウンジャケットは敢えてシンプルな物を選ぶ事でデザインがケンカしないでコーデをまとめる事ができます。

迷ったら「芸能人愛用」もアリ

コーデとかイマイチわからないという方は芸能人が愛用しているコーデをそのまま使うのも一つの手です。特にファッション誌に出ている様な人のコーデを真似る事で自然とコーデの感覚も磨かれるでしょう。

まとめ

ダウンジャケットの選び方とおすすめのダウンジャケットをランキング形式にしてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。冬の定番だからこそ種類が多いので、今回の記事の選び方を参考にして自分のお気に入りの1着を見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ