バイクの人気おすすめランキング15選【人気メーカーや中型・大型も】

記事ID3775のサムネイル画像

免許を取ってバイクにも乗りたいけど、種類も多くバイクショップを見ていても悩んでしまいますよね。そこで今回は「バイクの人気ランキング15選・バイクの選び方」について解説します。人気ランキングを参考におすすめバイクを探してみましょう。

開放的な走りを味わえるバイク

バイクと聞くと、車よりも安定性がなく、事故のリスクが高いと思ってしまう方も多いでしょう。しかし、交通ルールを守って運転すれば渋滞でも進みやすくメリットも多いです。山道や海岸沿いの道を走ると心地よい風が体全体に当たって、爽快な気分になってきます。

 

長く乗りこなしているバイクはまるで自分の友達・恋人・家族のように接し、とても大切な存在になるでしょう。狭い道でも車のようにすれ違いを気にする必要もありません。デザインもかっこよく、憧れる方は多いのではないでしょうか。

 

今回は、デザイン・排気量・エンジンを基準にランキングを作成しました。最後にはバイクの選び方メーカーごとの人気車種なども紹介していますので、参考にしてみてください。

バイクの人気ランキング15選

15位
 

IceBear(アイスベアー)

SaCHSBIKES マダス125 MadAss125 ザックスバイク

スリムとパワフルさを兼ね備えたバイク

125ccの排気量を誇るパワフルエンジンは、どんなシーンでも問題なく走行することができます。又、50ccと異なって二段階右折の必要がないことで車の流れにスムーズに入ることができるでしょう。

 

世界最高峰を誇る2輪車メーカーのIceBearが手掛けているからこそ、安定感のある走りとスタイリッシュなフォルムを実現させているわけです。ムダのないスレンダーなフォルムは、風を切ってスピーディな走りを体感してくれます。

タイプ ガソリン 重量 94kg
最高速度 90km/h
14位
 

Shanghai Jietong Industrial Co,.Ltd

strolex 電動バイク電動スクーター

収納ボックス付きで機能性万全バイク

丸みを帯びたボディが、キュートで女性の間でも人気が高い電動バイクに仕上がっています。特に水色カラーは、空の透き通った色をイメージしていて気分爽快な気持ちで走ることができるでしょう。

 

バックには同色のボックスが付いていることで、物を入れて運ぶことができて便利です。機能性とデザイン性を兼ね備えたスタイリッシュなデザインが人気の秘密になっています。

タイプ ダブルリチウム電池 重量 -
最高速度 30km/h
13位
 

ZHENHUA

125cc トライク完成車 ZH-SR125-3L

ガタ道でも安定した走行ができる三輪バイク

燃費が良いことで、走行中快適に過ごすことができるバイクになります。軽量タイプの為、加速度はアップして車の流れに沿ってスムーズに走ることができて便利です。

 

3輪車特有の安定感を持ち、ちょっとした揺れやガタ道でも安定した走りを実現してくれるでしょう。ブラックカラーは飽きが来ずに、おしゃれスタイルをいつの時代も維持してくれます。

 

安定感のない二輪車に不安を感じているのであれば、三輪バイクを体感してみましょう。

タイプ ガソリン 重量 90kg
最高速度 街中30km・ツーリング45km/h

積載スペースがたっぷり設けられた機能性抜群のバイク

カゴと積載スペースが設けられていることで、荷物をしっかりと運ぶことができる機能性抜群のバイクになります。新聞配達用としても重宝すること、間違いありません。

 

走りやすさと積載性と言った機能性を重視している一方で、スタイリッシュなデザインを最大限に表現している所が魅力的でしょう。商用としては勿論ですが、普段のショッピング用としてもおすすめです。

 

走りはパワフルなのに音が静かといった周りにも気を配った所が、ランキングや口コミでも人気の秘密でしょう。

タイプ ガソリン 重量 110kg
最高速度 30km/h

アクションスターが乗るようなかっこいいバイク

軽量なボディながら、125cc空冷単気筒エンジンを採用していることでストレスなく快適なスピードを誇っています。極太のタイヤは安定感があって、ちょっとした振動でもびくともしません。

 

まるでテレビのアクションスターが乗るような切れのあるデザインは、若い世代からも30代・40代からも注目されています。ブラックとレッド・グレイの3色ラインがとてもスタイリッシュで見る人の心をくぎ付けにするでしょう。

 

又、LEDテールランプを使用していることで、視野が広がって見やすい走行が可能になります。液晶ディスプレイは、エンジン回転数をバーグラフ表示できたり速度計・燃料計・走行距離・時計等色々な機能を搭載していて便利です。

タイプ ガソリン 重量 104kg
最高速度 -

ムダなくスレンダーなボディバイク

ブラックとレッドの2色カラーはおしゃれでかっこよく、人気のロングセラーモデルになっています。基本的なバイクと言ったイメージで、シンプル設計はメンテナンスも楽にできておすすめです。

 

スレンダーなボディはムダがなく、走ることを目的として空気抵抗をできるだけ抑える設計になっています。2年間保証が付いていることで、安心して乗り続けることができるでしょう。

 

サイドミラーカバーがブルーカラーになっているのも、斬新でおしゃれに演出してくれるはずです。

タイプ ガソリン 重量 110kg
最高速度 60km/h
9位
 

軽量で女性でも移動しやすいバイク

フロントにウェーブディスク・メットインBOX・サイドスタンドが装備されていて、機能性抜群のバイクになります。軽量で移動しやすく、シート高735ミリと低めで小柄な女性でも足がしっかりと地面に付くのです。

 

メーター表示パネルが大きいことで見やすく、安全速度での走行を目指すことができるでしょう。メットを入れて置けるボックスは広めでしっかり収納しやすく、ハンドルにかけておいて盗難の恐れもありません。

 

シャープと丸いフォルムを兼ね備えていることで、飽きの来ないデザインが人気の秘密でしょう。

タイプ ガソリン 重量 93kg
最高速度 60km/h
8位
 

IceBear(アイスベアー)

トライク HL200XR

ノーヘルOKの三輪バイク

普通免許で乗ることができる、安定感を目指した三輪車のバイクになります。メタルレッドカラーは、おしゃれで三輪車という実用性を感じさせないデザインが、ランキングでも人気です。

 

基本ヘルメット不要でOKであり、高速道路も二人乗りができることでも注目度が高いでしょう。派手なデザインは通り過ぎる人の視線を感じて、ちょっと優越感を実感できるはずです。

 

人とは違う個性を感じたい人は、ワインレッドカラーのトライク HL200XRを選びましょう。

タイプ ガソリン 重量 180kg
最高速度 60km/h
7位
 

赤と白のおしゃれなバイク

パーキングブレーキが備わっていることで、ホビー感覚でツーリングを楽しむことができるバイクになります。シート下にはメットインスペースが装備されていて、大事なメットを保管可能です。

 

白と赤のツートンカラーは鮮やかなでおしゃれな印象を与え、女性だけでなく男性の間でも人気があります。メーター表示部分も大き目で見やすく、見間違えることがありません。

 

距離無制限の2年間保証付きで、初めてバイクを買うという人でも安心して乗ることができるでしょう。

タイプ ガソリン 重量 102kg
最高速度 83km/h

次世代乗り物として重宝するバイク

ビーチや雪に強い4インチの極太タイヤを装着していることで、ストリートからラフロードまでしっかり対応している電動バイクになります。公路で走る場合は原付免許が必要があり、自転車としての扱いはしていません。

 

まるで自転車とバイクの良い所を組み合わせたようなハイブリッド走行は、次世代の乗り物として重宝するでしょう。20インチの太目のタイヤは安定感があって、でこぼこ道でもぶれません。

 

1回の充電で30から50キロも走行できる点からしても、遠出ツーリングにもってこいのバイクなのです。

タイプ リチウムイオン電池 重量 25kg
最高速度 -

小型自動二輪AT免許で運転できるバイク

小型自動二輪AT免許で運転できるバイクで、シャープなデザインがおしゃれで走っていると周りの視線が眩しく感じます。フロントにもバックにも収納ボックスがあることで、まとまった荷物を入れておくのに便利です。

 

特にブルーカラータイプは鮮やかな明るめのブルーカラーが、すがすがしい気分にさせてくれるでしょう。機能性とデザイン性を兼ね備えていることで、どんな人でも評価が高くて、長く愛用している人が多いようです。

 

価格も15万前後と手頃に購入できることで、学生でもちょっとバイトするだけで憧れのヤマハバイクに乗れます。通勤・通学・ツーリングと利用できる幅が広いのも魅力的でしょう。

タイプ ガソリン 重量 95kg
最高速度 -
4位
 

SEVEN TRADING

125cc 側車付き2輪

安定感のある三輪バイク

三輪タイプのバイクで、安定感があって初心者でも安心して乗ることができるバイクになります。普通免許が必要な為、二輪バイク免許では乗れないことを頭に入れておきましょう。

 

燃費が良いことでも知られており、このバイクに乗って日本一周を完走した人もいる程の耐久性に優れているのです。ブラックカラーはスタイリッシュでかっこよく、さりげなくおしゃれなイメージを与えてくれるでしょう。

 

トラブルも少なくて、太目のタイヤでしっかりとボディを支えます。特にヘルメットは必要ありませんが、安全面の為に被っておくと安心です。

タイプ ガソリン 重量 -
最高速度 街中35km・Lツーリング50km/h

スタイリッシュで飽きの来ないバイク

リア部分には、しっかり荷物を置くことができる幅広キャリアを搭載している機能性に優れたバイクになります。安定したブレーキ性能によって、雨や路面が悪い状態でもしっかりした走りを目指せるでしょう。

 

ブラックとシルバーのツートンカラーは、スタイリッシュで年数を経ても色あせずに飽きないデザインに仕上がっています。ムダのないボディに最小限のおしゃれ感を備えることで、派手過ぎない自分好みのバイクになるのです。

 

どこかアメリカンバイクを彷彿とさせるデザインは、男性をだけでなく女性をも虜にしてくれるでしょう。

タイプ ガソリン 重量 115kg
最高速度 100km/h
2位
 

折りたためる電動バイク

コンパクトなボディで持ち運びしやすく、折りたたむことができて車の中に積め込めるのが魅力的な電動折りたたみバイクになります。バイクを折りたたむという今までにない斬新な発想で、女性でも簡単に操作ができる点でも人気が高いのです。

 

USBポートやBluetooth搭載で、携帯端末の充電としても重宝すること間違いありません。スレンダーでまるで自転車のようなコンパクトさが女性受けしていて、ランキングや口コミでも注目されています。

 

大通りは車に乗せて走行し、ちょっと狭い道はロードツーリングを楽しむことができるでしょう。

タイプ リチウムイオン電池 重量 18kg
最高速度 30km/h
1位
 

ジーム(XEAM)

電動バイク XEAM notte V2 XM-AZNRBLHGRBL

低燃費で経済的な電動バイク

一般的なガソリンスクーターの場合、1キロに対して3.4円かかります。notte V2は1キロ0.5円と低燃費で経済的な電動バイクになります。総重量が約64kgと軽量で軽やかに走れて便利です。

 

又、オリジナルヘルメットが付いており、同じ色で合わせても違うカラーにしてもおしゃれに演出してくれるでしょう。専用ゴーグルも付いていて、走行中にゴミや虫から目を守ります。

 

持ち運びが楽なバッテリーで、女性でも簡単に充電できておすすめです。

タイプ リチウムイオン電池 重量 約64kg
最高速度 約43km/h

バイクの選び方

バイクと言っても色んな種類があり、店頭で並んでいるバイクの中からどれが自分に合っているのか迷ってしまうかもしれません。数ある中でマッチしているタイプを選ぶことがポイントです。

バイクの種類・デザインで選ぶ

ひとことでバイクといっても、その種類はさまざまです。まずはその違いを知ることが、自分にあったバイク選びへの第一歩。デザインや性能など、それぞれに特徴があるので、ここでご紹介します。

カバーがないシンプルなデザインの「ネイキッド」

バイク全体を覆うカウリング・フェアリングといったカバーがなく、ライトからエンジ周りまでがむき出しになっているのが"ネイキッド”。丸目一灯のシンプルなデザインのものが代表的です。

 

最近では、シャープなデザインのヘッドライトやシュラウド・テールカウルがついたモデルも多く、ネイキッドと区別して"ストリートファイター”と呼ばれています。

「ストリートファイター」はネイキッドの派生モデル

シンプルなデザインのネイキッドに比べ、アグレッシブなデザインが特徴の”ストリートファイター”。もともとは、フルカウルのハイパワーモデルをベースにして、カウルを外したカスタムモデルがストリートファイターと呼ばれていました。現在では、昔ながらのネイキッドに代わって人気を集めています。

ハーレーなどが代表的な「クルーザー(アメリカン)」

車高が低く、長いホイールベースという特徴的なデザインを持っているのが”クルーザー”。安定感のある車体・大容量のタンク・足を投げだすようなステップ・長いハンドルバーが特徴です。

 

クルーザーといわれてまず想像するのが、ハーレーだという方も多いのではないでしょうか。ハーレーダビットソンがアメリカのメーカーであることから、クルーザ―はアメリカンと呼ぶこともあります。

未舗装の道をグングン進む「オフロード」

”オフロード”は、未舗装の路面を走行するのに適したバイクです。幅広でフラットなハンドル・細長いシート・凹凸が目立つブロックタイヤ・アップタイプのマフラーが特徴的。シートが高いため、小柄な人は避けがちですがサスペンションが下がると丁度いい高さになることもあります。車体が軽いので扱いやすく、林道などを走りたいという方におすすめです。

街中・ワインディングで性能を発揮する「モタード」

”モタード”はオフロードバイクをベースに、17インチのオンロードタイヤを前後に装着しています。ホイール径が小さくなったことで、オフロードに比べて足つき性が高いことが特徴です。

 

オフロード譲りの軽量性・扱いやすいエンジン・アップライトなポジションであるため、街中をかっこよく走り抜けることも。ワインディングでもその性能をしっかり発揮してくれます。

「スーパースポーツ」はサーキットやレースで活躍!

サーキットやレースでそのまま走れるような、高い運動性能をもったバイクが”スーパースポーツ”と呼ばれています。現在では600ccと1000ccが主なラインナップ。海外では600ccクラスをスーパースポーツ、100ccクラスをスーパーバイクと呼ぶこともあります。

 

レーサーレプリカと似ていますが、レーサーレプリカがレースで勝つことを目的としたのに対し、スーパースポーツはスポーツ走行を楽しむために作られたマシンです。

「ビッグスクーター」は積載性能が高くて便利!

2000年代に流行した”ビッグスクーター”。クルーザーにも似たゆったりとした車体で、大量の積載容量を有しています。車体全体がカバーで覆われており、大型のスクリーンを搭載したマシンも多いため、ツーリング性能が高いこともポイントです。

ツーリングなら「ツアラー」がおすすめ

高速走行時での安定性・街中での扱いやすさといった、ツーリングを快適にするために設計されたのが”ツアラー”です。多くのモデルがフルカウルを採用し、走行中にライダーが感じる風による負担を軽減。最近では、スーパースポーツのようなコンパクトなマシンも多く、人気を集めています。

快適性・突破力が高い「アドベンチャー」

”アドベンチャー”は、オフロードバイクとツアラーの良いとこ取りをしたマシン。長距離ツーリングでの快適性オフロードでの突破力の両方が備わっています。モデルによっては、どちらかに特化して作られていることもあるので、購入するときは注意しましょう。

ストリート向けに改良された「トラッカー」

ダートトラックレースを目的に作られたのが”トラッカー”です。野性的なスタイル・ラフなポジション・軽量性・扱いやすいエンジンといったポイントが人気を集めていました。人気絶頂時には国内の4メーカーがそれぞれトラッカーを販売していましたが、現在ではスズキのグラストラッカーのみに。

排気量で選ぶ

山道等を走る時、やはり気になるのがバイクの排気量でしょう。どれくらいのパワーがあるのかはバイクを選ぶ上で、とても大事なポイントになるのです。

所持免許で乗れるバイクの排気量が決まる

バイクは排気量が決まっており、排気量イコールエンジンの大きさとなってそれに応じた走行パワーが期待できます。数値が大きくなればそれだけパワーも比例して大きくなる為、できれば大きい排気量が魅力的でしょう。

 

しかし、所持している免許によって排気量バイクは決まる為、必ず大きいタイプを選べるわけではありません。例えば、中型免許を所持している場合は排気量は400ccまでとなっています。

 

一方、大型免許であれば全ての排気量でバイクを選ぶことができて便利です。400ccのバイクはパワーがあって魅力的ですが、250ccは車検が必要ないということでコストも面倒もなくて人気があります。

4つのタイプそれぞれ排気量制限がある

バイクは4つのタイプに分かれ、原付バイク・小型バイク・中型バイク・大型バイクになります。原付バイクは16歳から免許を取ることができる点が魅力ですが、排気量は55ccまでと4つの中で一番少ないのが特徴です。

 

小型バイクの排気量は51から125ccまでとなり、一般的に原付二種・小型二輪と呼ばれています。小回りが利くボディでありながら公道であれば60キロまで出すことができる点が魅力的でしょう。

 

普通自動二輪免許が必要になる中型バイクは、126から400ccの排気量となって高速道路走行も可能です。最後は大型バイクであり、大型自動二輪免許が必要で401ccからの排気量搭載バイクを選べます。

 

エンジンで選ぶ

バイクデビュー時はデザイン性で選ぶことが多いですが、熟練してくるとエンジン・乗り心地で選ぶようになります。どんなタイプのエンジンが良いのか挙げてみましょう。

3つのエンジンがある

バイクで使用しているエンジンは3つあり、単気筒エンジン・二気筒エンジン・4気筒エンジンに分かれます。単気筒エンジンは、昔からある馴染みの深いエンジンでクラシックバイクによく使われているのです。

 

二気筒エンジンは、色んな車種のバイクに搭載されているエンジンでバリエーションが豊富なことでも選び甲斐があります。形も色んなタイプがあることで個性を出したい人にぴったりでしょう。

 

4気筒エンジンは、日本のバイクの中で最もよく使われているタイプになります。何よりもスピード性が期待できる上、クセのない乗り心地が老若男女問わずに人気を誇ってるわけです。

バリエーション豊かな形とパワーで選ぶなら二気筒エンジン

人それぞれ個性があるように、バイク1台にも見た目や機能も異なって長く乗り続ければ愛着も出てくるでしょう。できるだけ自分の好みにマッチしたエンジンを選ぶのであれば、二気筒エンジン搭載バイクが理想です。

 

勿論、クセのない乗り心地で選ぶのであれば4気筒エンジンが魅力的ですが、ある程度乗りこなしていくと「こうしたい・あーしたい」と言った欲が出てきます。バリエーションが豊富な二気筒エンジンだからこそ、満足のいくバイクに巡り合うことができるのです。

 

スーパースポーツからアメリカンバイクまで、幅広く採用されているエンジンとして注目されています。

メーカーで選ぶ

ホンダ(HONDA)の特徴

ホンダは品質が高く、国内外で年間販売台数1位の日本が世界に誇るメーカーです。1952年に発売されたスーパーカブは世界的に大ヒットし、通産生産台数が1億台を超える、世界で最も売れているバイクとされています。

 

国内のバイクメーカーの中でも種類が豊富でラインナップも多く、誰でも乗れるように安定した走行ができる安心の設計になっています。

ヤマハ(YAMAHA)の特徴

ヤマハはデザインを外注しており、『芸術のヤマハ』と言われるほどデザイン性が高いところが特徴です。エンジン開発も評価が高く、レクサスや2000GTなどのエンジンも開発しています。

 

有名な車種も多いですが、特にSR400はクラシカルな見た目とキックスターター搭載であることからバイク好きからの人気が高い、玄人向けのバイクになっています。

スズキ(SUZUKI)の特徴

スズキはコスパが良く、高性能で低価格なバイクが多い特徴があります。個性的なデザインも多く、マニア向けなバイクも多いです。

 

代表的なバイクとしてはGSXシリーズが挙げられ、エンジンの頑丈さやバリエーションの多さが特徴です。

ハーエーダビッドソンの特徴

アメリカンバイクの代表ともいえる絶大な人気を誇るメーカーです。ハーレーの特徴であるデザインと独特なエンジン音は、バイクの知識がない方にも魅力的に感じますよね。

 

人気車種は多いですが、特にFLSTF ファットボーイターミネーターにも登場したことから知っている方は多いのではないでしょうか。迫力満点で男心をグッと掴みます。

価格で選ぶ

バイクのみならず、何かを買う時の最大の決め手となるのが価格でしょう。予算内で買えるかどうかが選ぶポイントになります。

新車は40~80万が相場

バイクは自分にとって家族であり、友人であり恋人のような存在だからこそ新車で購入したいと思っている人も多いでしょう。ちょっと昔にはバイクCMも多く、店頭でも1週間ペースで新車バイクが登場していました。

 

最近は車離れの若者が多いせいか、バイク販売率も少なくなっていて選ぶ幅も狭くなってしまっています。自動車程価格は高くはないものの、やはり新車バイクとなればそれなりの費用がかかります。

 

大体40~80万円が相場であり、この予算内でバイクを検討すると良いでしょう。

中古の場合は形状で相場が変わる

中古バイクの場合は、新車とは違って同じ車種でも形状によって値段は異なってくるのです。例えば年式であり、作られた年代が古くなればなる程に値段は高くなってくるでしょう。

 

又、どれだけ走ったかの走行距離では、逆に長い距離分だけ価格は安くなります。そして傷があるかどうかも売り手の査定ポイントとなって、買う値段が決まってくるでしょう。

 

バイクを初めて買う場合は、保険等が適用されているとしっかりと保証がされて安心して乗れます。

バイクの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4994659の画像

    ジーム(XEAM)

  • 2
    アイテムID:4994702の画像

    ブレイズ(BLAZE)

  • 3
    アイテムID:4994782の画像

    YAMAHA

  • 4
    アイテムID:4994812の画像

    SEVEN TRADING

  • 5
    アイテムID:4994971の画像

    YAMAHA

  • 6
    アイテムID:4994991の画像

    Acalie

  • 7
    アイテムID:4995012の画像

    HONDA

  • 8
    アイテムID:4995051の画像

    IceBear(アイスベアー)

  • 9
    アイテムID:4995108の画像

    HONDA

  • 10
    アイテムID:4995125の画像

    SUZUKI

  • 11
    アイテムID:4995192の画像

    Honda (ホンダ)

  • 12
    アイテムID:4995276の画像

    Honda (ホンダ)

  • 13
    アイテムID:4995306の画像

    ZHENHUA

  • 14
    アイテムID:4995359の画像

    Shanghai Jietong Industrial Co,.Ltd

  • 15
    アイテムID:4995387の画像

    IceBear(アイスベアー)

  • 商品名
  • 電動バイク XEAM notte V2 XM-AZNRBLHGRBL
  • 電動バイク 折りたたみ型
  • YB125SP ブラック
  • 125cc 側車付き2輪
  • i8 115
  • TOP016
  • CLIQ110 レッド
  • トライク HL200XR
  • BEE Z100 レッド
  • GN125H レッド
  • GROM MSX125-HJ-NHA87
  • BENLY50 PRO MW50-2WHJJ-NH196
  • 125cc トライク完成車 ZH-SR125-3L
  • strolex 電動バイク電動スクーター
  • SaCHSBIKES マダス125 MadAss125 ザックスバイク
  • 特徴
  • 低燃費で経済的な電動バイク
  • 折りたためる電動バイク
  • スタイリッシュで飽きの来ないバイク
  • 安定感のある三輪バイク
  • 小型自動二輪AT免許で運転できるバイク
  • 次世代乗り物として重宝するバイク
  • 赤と白のおしゃれなバイク
  • ノーヘルOKの三輪バイク
  • 軽量で女性でも移動しやすいバイク
  • ムダなくスレンダーなボディバイク
  • アクションスターが乗るようなかっこいいバイク
  • 積載スペースがたっぷり設けられた機能性抜群のバイク
  • ガタ道でも安定した走行ができる三輪バイク
  • 収納ボックス付きで機能性万全バイク
  • スリムとパワフルさを兼ね備えたバイク
  • 価格
  • 199800円(税込)
  • 181224円(税込)
  • 191000円(税込)
  • 248000円(税込)
  • 161000円(税込)
  • 169800円(税込)
  • 151000円(税込)
  • 308000円(税込)
  • 180000円(税込)
  • 181000円(税込)
  • 348500円(税込)
  • 245000円(税込)
  • 190900円(税込)
  • 167366円(税込)
  • 218000円(税込)
  • タイプ
  • リチウムイオン電池
  • リチウムイオン電池
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • リチウムイオン電池
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ダブルリチウム電池
  • ガソリン
  • 重量
  • 約64kg
  • 18kg
  • 115kg
  • -
  • 95kg
  • 25kg
  • 102kg
  • 180kg
  • 93kg
  • 110kg
  • 104kg
  • 110kg
  • 90kg
  • -
  • 94kg
  • 最高速度
  • 約43km/h
  • 30km/h
  • 100km/h
  • 街中35km・Lツーリング50km/h
  • -
  • -
  • 83km/h
  • 60km/h
  • 60km/h
  • 60km/h
  • -
  • 30km/h
  • 街中30km・ツーリング45km/h
  • 30km/h
  • 90km/h

まとめ

今回は「バイクの人気ランキング15選・バイクの選び方」について解説しましたが、参考になりましたでしょうか。バイクと言っても色んな種類があり、自分に用途に合わせて選ばなければ結局乗らずじまいの失敗に終わってしまいます。そうならない為にも、ぴったりマッチしたバイクを選んでみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ロード系ミニベロの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】ロード系ミニベロの人気おすすめランキング10選

自動車・バイク
クロスバイク用サドルの人気おすすめランキング10選【防水・バネ付き】

クロスバイク用サドルの人気おすすめランキング10選【防水・バネ付き】

自動車・バイク
【2021年最新版】ウォッシャー液の人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】ウォッシャー液の人気おすすめランキング10選

自動車・バイク
バイク用防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも】

バイク用防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも】

自動車・バイク
【2021年最新版】アドベンチャーバイクの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】アドベンチャーバイクの人気おすすめランキング10選

自動車・バイク
TOPへ