【2021年最新版】アドベンチャーバイクの人気おすすめランキング10選

記事ID19860のサムネイル画像

どこへでも連れて行ってくれそうなアドベンチャーバイク。最近では400ccの中型や、250ccのモデルも出てきて人気が高まり、国内4社以外の海外のメーカーからも次々発売されています。今回はアドベンチャーバイクの選び方や、おすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

人気沸騰中のアドベンチャーバイク

大型でどんな道でもスイスイ進んでいくイメージのあるアドベンチャーバイク。実は最近、250ccや400ccのクラスの普段使いしやすいバイクが注目され、アドベンチャーバイクもそのクラスのものがたくさん販売されています。

 

アドベンチャーバイクは荒れた路面はもちろん、高速走行時の安定性も抜群に高く、どんな場面でも走れるのが魅了のバイクです。機能性も高くタイヤの空転を防ぐトランクションコントロールや、様々な電子制御技術が搭載され、安全性も極めて高いのが特徴。

 

そこで今回は、アドベンチャーバイクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは排気量・機能性を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください

アドベンチャーバイクの選び方

アドベンチャーバイクにも様々な選び方があります。排気量で選んだり、メーカーで選んだり、デザインだったりと人それぞれ選ぶ際のポイントがあります。しっかり自分に合ったポイントで選ぶようにしましょう。

排気量で選ぶ

バイク選びにとって一番重要とも言えるポイントは排気量です。排気量ごとに免許や、目的が違うので注意しましょう。

街乗りなど日常生活で使いたい方は「250cc」がおすすめ

毎日の移動にアドベンチャーバイクを使いたい方は、250ccの排気量がおすすめです。250ccのアドベンチャーバイクはなんと言ってもその手軽さと扱いやすさが魅力です。狭い駐車場や、裏路地でも余裕をもって走行することが出来るので、普段使いには最適です。

 

さらに、免許が普通自動二輪車の免許で乗ることができるのに走りは本格的、車検もいらないため、人気が高まっている排気量になっています。初めてバイクを購入する方には200ccのアドベンチャーバイクがおすすめです。

日常生活はもちろんツーリングにも乗りたい方は「400cc」がおすすめ

250ccのバイクよりパワフルなバイクに乗り、日常生活の中でもアドベンチャーバイクを利用したい方には400ccのバイクがおすすめです。最近では、400ccのバイクでも車体のサイズが250ccと変わらずにエンジンだけ違うモデルが出てきました。

 

400ccのバイクは、日常生活以外にも長距離のツーリングにも使用することが出来るので、1台のバイクでいろいろな用途に使いたい方におすすめの排気量です。

少し本格的なアドベンチャーバイクを楽しみたい方には中型の「600~800cc」がおすすめ

このクラスのアドベンチャーバイクには本格的な物が多く、大きすぎず小さすぎず、日本人の体格に丁度いいクラスになっています。小型のクラスのような機動力と、大型クラスの安定感も兼ね備えている最強のアドベンチャーバイクと言えます。

 

また、長距離を走っても苦にならず、週末のツーリングなどでも活躍すること間違いなしの排気量です。このクラスのアドベンチャーバイクは種類が豊富に販売されているので、多くのラインナップから選びたい方におすすめのクラスです。

ロングツーリングをしたい方は「1000cc以上」のバイクがおすすめ

アドベンチャーバイクと言ったら1000ccを超える排気量ともいわれるほどアドベンチャーバイクの代表的な排気量がこちらです。ロングツーリングや、長時間の走行でも文句なしの走行性能を持ち合わせています。

 

排気量が大きい分車体が重く、ハイパワーなためスーパースポーツにも引けをとらない程の性能を持ち合わせています。ただ、車体が大きいので小回りがきかず日常使いには向いていません。趣味として購入するのがおすすめです。

エンジンで選ぶ

バイクはエンジンによっても乗り味が変わってきます。バイク好きの中には、バイクのデザインではなくエンジンで選んでいる方もいるぐらいです。

独特の鼓動を感じたい方は「単気筒エンジン」がおすすめ

クラシックなバイクによく使われる単気筒エンジンですが、トルクが強く単気筒エンジンがもつ独特の鼓動感を感じることが出来ます。なので、スピードを出して風を切る感覚を楽しむ方より、ゆっくりと景色を楽しみながら単気筒エンジンの鼓動を楽しむ方におすすめです。

最もベーシックな「2気筒エンジン」もおすすめ

2気筒エンジンはネイキッドや、スーパースポーツ、アメリカンなどの様々な種類のバイクに幅広く使われているエンジンです。バイクに搭載されるエンジンの中で最もバリーエーションが多く、それぞれの見た目が全然違います。

 

乗り味もエンジンの種類によって違うので、自分の好みに合ったものを探すには試乗が必須になってきます。

高速域を楽しみたい方は「4気筒エンジン」がおすすめ

日本で最も人気のあるエンジンがこの4気筒エンジンです。トルクが全体的に弱い代わりに高速域での安定性が高く、レースなどで耳にするようなエンジン音を楽しむことが出来ます。弱めのトルクが初心者にも乗りやすく魅力の一つになっています。

 

高速道などでスピードにのって快適なツーリングを楽しみたい方にはおすすめのエンジンになっています。

足つきの性の良さはしっかりチェックしよう

アドベンチャーバイクは基本的にサイズが大きなバイクになります。特にバイク初心者の方はアドベンチャーバイクを選ぶときには、足つきの部分はしっかりチェックして選びましょう。足つきとはバイクに跨がった時に地面に足がつくかどうかのことをいいます。

 

この足つきが悪いと、サイズの大きいアドベンチャーバイクでは信号待ちなどで止まった時に立ちごけをしてしまう可能性が高まります。そのようなことを防ぐためにもアドベンチャーバイクを選ぶときには足つきもしっかり見て選びましょう。

新車もいいが中古車もおすすめ

新しくバイクを購入する時に悩むのが新車を購入するか、中古車を購入するかです。予算によっても選び方は変わってきますが、新車のほうが魅力的と感じている方は多いかと思われます。しかし、初めてバイクを購入するには中古車をおすすめします。

 

中古車がおすすめな主な理由が、転んだり、倒してしまった時の気持ちの面です。初心者の方は、バイクの扱いにあまり慣れていません。そのため、バイクを何かしらの理由で傷つけてしまうかもしれません。なので慣れていない初心者の段階では中古車を購入しましょう。

メーカーで選ぶ

バイクには様々なメーカーがあり4大メーカーから海外メーカーなど様々です。それぞれの特徴をしっかり知り自分に合ったメーカーを選びましょう。

品質の高さが人気な「HONDA」

国内でもバイクのラインナップがずば抜けて多く、デザインや性能など多様なモデルが販売されているホンダ。ホンダの最大の特徴は品質の安定さです。教習所でもホンダのバイクが使用されるぐらい信頼されているバイクメーカーになっています。

 

さらに、ホンダのバイクはかなり頑丈に作られており少しコケたぐらいでは壊れない頑丈性を持ち合わせています。アドベンチャーバイクもCRFモデルが人気が高くオフロードから、街中でもどちらでも活躍してくれます。

見た目がかっこいいバイクが欲しいなら「YAMAHA」がおすすめ

バイク以外にも音楽機器も手掛けているヤマハですが、ヤマハのバイクの特徴は見た目の良さです!デザイン性が高いバイクが多く見た目がかっこいいバイクにのりたい方にはとてもおすすめのバイクメーカーになっています。

 

アドベンチャーバイクには珍しい3気筒エンジンを搭載したモデルも発売しており、町で走ったらデザイン性能ともに振り返られるよなバイクが多いバイクメーカーです。

個性的な見た目が特徴的な「SUZUKI」

他のライダーとは一味違ったバイクに乗りたいと思っている方にはおすすめのバイクメーカーのスズキ。スズキは他のどのメーカーよりコスパに優れており、デザインも個性的なものが多く好きな人と嫌いな人が別れやすいメーカーになっています。

 

Vストームモデルはアドベンチャーバイクの中でもコスパが高く。同じ様な機能性の他社バイクと比べても頭一つ突き抜けて価格が安くなっています。また、スズキに乗っているライダーも少ないため人と被りたくない方にもおすすめのメーカーです。

Ninjaで有名な「KAWASAKI」

カワサキといったらNinjaというほど有名になり、独特のグリーンカラーのバイクは街中でも一層目を引いています。そんなカワサキはNinjaだけでなく高速道路やサーキットで走行するようなモデルから、街中でゆったり走れるモデルまで幅広く展開しています。

 

カワサキのアドベンチャーバイクはどこかスポーティーな雰囲気があり、スーパースポーツのバイクと悩んでいる方は一度カワサキのアドベンチャーバイクも検討してみてはいかがでしょうか。

言わずとしれた外車メーカー「BMW」もおすすめ

バイクだけでなく車も人気が高いBMWですが、BMWの最大の特徴は水平対向ボクサーエンジンです。バイクの側面から突き出るように設計されており、低重心を保つことができ安定した走行を実現することが出来ています。

 

輸入車なだけあって価格が高くなっているので、初めてのバイクには向かない高級なバイクになっています。趣味として楽しむことをおすすめします。

250ccアドベンチャーバイクの人気おすすめランキング3選

最高出力33PSのパワーであらゆる道に対応

街乗りはもちろんオフロードでも乗ることができる人気のアドベンチャーバイクです。最高出力が33PSということで、どんな路面状況でもスムーズに進むことが可能です。バイクで様々な道にチャレンジしたい方におすすめの一台になっています。

 

車体自体が軽量に作られているため、安定性が高く小回りが効くのも特徴の一つ。多様なシチュエーションに対応するトレッドパターンを持つマルチパーパスのチューブタイヤも搭載されているので、幅広い乗り方ができます。

サイズ 2,170mm×940mm×1,390mm 総排気量 248cc
最高出力 24kW(33PS)/11,500rpm 車両重量 183kg

街乗りに特化したアドベンチャーバイク

こちらのアドベンチャーバイクは、街乗りに最適化されたアドベンチャーバイクになっています。発進から90㎞までの速度域では加速性能が高く、信号待ちからの発進から加速もスムーズに行えます。

 

また、優れた燃費性能と、17Lのフューエルタンクが搭載されているので、ロングツーリングのさいにも安心して出かけることができます。オフロードを走るよりは、快適にツーリングに行きたいと思っている方におすすめのアドベンチャーバイクです。

サイズ 2,150mm / 880mm / 1,295mm 総排気量 248cm3
最高出力 18kW 〈24PS〉 / 8,000rpm 車両重量 189kg

路面の状態に合わせられる

バイクメーカーの中でも人気の高いHONDAの250ccアドベンチャーバイク。小型ながら力ずよく、オフロードでもタフな走りを見せてくれる。低回転から高回転までのエンジンの吹き上がりがスムーズなので、どんな道でも安定した走りを体感できます。

 

路面状況に合わせてABSを解除したりすることが可能なので、場面に合わせた使い方ができるのも魅力の一つ。シート高が少し高くなっているので、取り回しがよく狭い路地でも小回りを効かせられます。オフロードに頻繁に行きたい方にはおすすめのバイクになっています。

サイズ 2,200mm×920mm×1,355 総排気量 249cm3
最高出力 18[24]/9,000kW[PS]/rpm 車両重量 152kg

250ccアドベンチャーバイクのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 総排気量 最高出力 車両重量
1
アイテムID:6377482の画像
CRF250 RALLY 741,400円

詳細を見る

路面の状態に合わせられる

2,200mm×920mm×1,355 249cm3 18[24]/9,000kW[PS]/rpm 152kg
2
アイテムID:6377360の画像
Vストローム250 ABS 613,800円

詳細を見る

街乗りに特化したアドベンチャーバイク

2,150mm / 880mm / 1,295mm 248cm3 18kW 〈24PS〉 / 8,000rpm 189kg
3
アイテムID:6377038の画像
VERSYS-X 250 TOURER 640,000円

詳細を見る

最高出力33PSのパワーであらゆる道に対応

2,170mm×940mm×1,390mm 248cc 24kW(33PS)/11,500rpm 183kg

600~800ccアドベンチャーバイクの人気おすすめランキング3選

オールラウンダーなミドルタイプアドベンチャーバイク

燃費性能や車体のコントロールのしやすさが前のモデルより格段にアップし、排気量もパワーアップした750ccモデル。デザインも変化し、LEDヘッドライトや、DCT制御が変更されたことによって高級感を感じれる車体になりました。

 

こちらのバイクはどちらかというと、オンロード向きのアドベンチャーバイクになっており、バイク自体のフォルムもネイキッドのバイクのようなライディングポジションをとるようになっています。オンロードで快適に走行したい方にはおすすめのバイクです。

サイズ 2210×845×1330mm 総排気量 745cc
最高出力 43kW(58PS)/6750rpm 車両重量 214《224》kg

スポーティーなデザインの600ccクラスのアドベンチャーバイク

Kawasakiらしいスポーティーなデザインのアドベンチャーバイク。「ストリートサーファー」をコンセプトに開発され、主にオンロードでの走行が中心のバイクになっています。他のどのバイクとも似ていなく人と被らないアドベンチャーバイクにい乗りたい方におすすめ。

 

軽量フレームで、扱いやすいバイクになっており足回りは少し硬めになってるので走りもよりスポーティーさを感じることができます。サスペンションの調整もダイヤル一つでできるため、荷物満載時は締め込んで調整すれば快適さを失うことはありません。

サイズ 2165㎜×840㎜×1400 総排気量 649
最高出力 51/69 車両重量 217kg

剛性のあるフレームでオフロードに対応

オフロードはもちろんオンロードでもその性能の高さを発揮するYAMAHAのアドベンチャーバイク。このTenere700はさまざまな路面コンディションに対応できるようになっており、YAMAHAの中でも確立された一台になっています。

 

剛性のが高いフレームを使用されながら重量が軽量化され、オフロードでの走行性能を格段にアップしました。さらに走行状況によってライディングポジションを変更できるフラットシートが採用されているため、あらゆる状況に対応できるようになっています。

サイズ 2,370mm/905mm/1,455mm 総排気量 688cm3
最高出力 53kW(72PS)/9,000r/min 車両重量 205kg

600~800ccアドベンチャーバイクのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 総排気量 最高出力 車両重量
1
アイテムID:6377526の画像
Ténéré700 1,265,000円

詳細を見る

剛性のあるフレームでオフロードに対応

2,370mm/905mm/1,455mm 688cm3 53kW(72PS)/9,000r/min 205kg
2
アイテムID:6377523の画像
ヴェルシス650 590,000円

詳細を見る

スポーティーなデザインの600ccクラスのアドベンチャーバイク

2165㎜×840㎜×1400 649 51/69 217kg
3
アイテムID:6377497の画像
NC750X 924,000円

詳細を見る

オールラウンダーなミドルタイプアドベンチャーバイク

2210×845×1330mm 745cc 43kW(58PS)/6750rpm 214《224》kg

1000cc以上のアドベンチャーバイクの人気おすすめランキング4選

電動調整式サスペンションで細かく調整可能

ヤマハから発売されているXT1200ZE スーパーテネレですが、ヨーロッパを中心に人気が高まり最新モデルとして新に販売されました。こちらのバイクは、電動調整サスペンションによってリアサスの調整や、前後ショックの減衰力をスイッチ操作で調整できます。

 

また、シート高も2段階調整が可能なので自分の好みの足つきに調整することが可能になっています。足場が悪い中でもしっかりハンドルが握れる様に、ハンドル幅が狭く絞り角度は緩めになっています。初めてオフロードを走ろうと思ってる方におすすめのバクです。

サイズ 2250㎜×980㎜×1410㎜ 総排気量 1199cm3
最高出力 82.4/112 車両重量 266kg

ブーツも似合うアドベンチャーバイクらしいデザイン

オフロード走行での最適な走りを実現できるBMWの「R 1250 GS ADVENTURE」1254ccというハイパワーなエンジンと、143Nmの高トルクでどんなに荒れた道だろうが柔軟に対応してくれます。これぞアドベンチャーバイクというバイクが欲しい方におすすめの一台です。

 

また、燃費性能も高いので長距離のツーリングなどでも快適に走行することが出来、デザインもBMWらしいものになっているので、バイクのデザインで決めても後悔しないアドベンチャーバイクになっています。

サイズ 2,190mm×980 mm×1,530 mm 総排気量 1,254 cc
最高出力 100 kW (136 PS) at 7,750 rpm 車両重量 278 kg
2位

KTM

KTM 1290スーパーアドベンチャー

最強クラスの1300ccの大型エンジンを搭載

オーストラリアのバイクメーカーであるKTMが販売している1290スーパーアドベンチャー。KTMの主力のカラーとなっているオレンジのカラーリングが目を引くデザインになっています。

 

非常に大きなV型2気筒エンジンを搭載しており、一気にアクセルを全開にしようものならひっくり返ってしまうほどのパワーを兼ね備えています。その強力なパワーで、どんな悪路だろうがスイスイ進むことが出来ます。普通のアドベンチャーバイクでは物足りない方におすすめのバイクです。

サイズ 総排気量 1301 cm³
最高出力 158 hp 車両重量 215 kg

自分好みの走りを調整できる

こちらの「CRF1000L Africa Twin」はレーシングマシンの技術が取り入れられており、オフロードでの走行や、ツーリングなどのオンロード走行も快適に走ることができます。オフロード向けのタイヤもはくことができるので自分の走る目的ごとに変更可能です。

 

さらに、好みによってシフトタイミングを選べるSモードを採用しており、車体コントロールを実現させるGスイッチも搭載されております。タイプを変更するだけで自分の好みの走り心地になるおすすめのアドベンチャーバイクです。

サイズ 2,330㎜×930㎜×1,475㎜ 総排気量 998cm3
最高出力 70[95]/7,500 車両重量 230㎏

1000cc以上のアドベンチャーバイクのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 総排気量 最高出力 車両重量
1
アイテムID:6377593の画像
CRF1000L Africa Twin 1,412,400円

詳細を見る

自分好みの走りを調整できる

2,330㎜×930㎜×1,475㎜ 998cm3 70[95]/7,500 230㎏
2
アイテムID:6377572の画像
KTM 1290スーパーアドベンチャー 2,390,000円

詳細を見る

最強クラスの1300ccの大型エンジンを搭載

1301 cm³ 158 hp 215 kg
3
アイテムID:6377558の画像
R 1250 GS Adventure 2,319,000円

詳細を見る

ブーツも似合うアドベンチャーバイクらしいデザイン

2,190mm×980 mm×1,530 mm 1,254 cc 100 kW (136 PS) at 7,750 rpm 278 kg
4
アイテムID:6377543の画像
XT1200ZE スーパーテネレ 1,870,000円

詳細を見る

電動調整式サスペンションで細かく調整可能

2250㎜×980㎜×1410㎜ 1199cm3 82.4/112 266kg

アドベンチャーバイクをさらに楽しむにはウェアも重要

アドベンチャーバイクを購入したらオフロードへ走りに行くかと思います。ですが、アドベンチャーバイクを楽しむにはバイクだけでは不十分です。バイクジャケットや、バイクウェアなど装備の準備をすることをおすすめします。

 

バイクウェアには様々な機能が備わっています。万が一の事故から体を守るプロテクターや、雨から守る防水機能、寒さをしのいでくれる防寒機能など。バイクに乗るうえでは欠かせない機能がたくさんついています。

 

アドベンチャーバイクを購入した際にはぜひ一緒にバイクウェアも購入することをおすすめします。下記の記事ではバイクジャケットの選び方やおすすめの商品をランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。アドベンチャーバイクの選び方や、おすすめ商品を紹介してきましたが、気になるバイクはあったでしょうか。ぜひ今回の記事を参考にお気に入りのアドベンチャーバイクで出かけましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事