【2023年最新版】サバイバルシートの人気おすすめランキング15選【アウトドアの必需品】

登山やキャンプなどのアウトドアや防災用など、サバイバルシートはさまざまな場面で役に立つアイテムです。最近ではダイソーやセリアなどの100均でも取り扱いがあります。今回は、サバイバルシートの選び方や人気ランキングを紹介します。静音タイプや効果の高いものも紹介しているので参考にしてください。

アウトドアや防災用など非常時に最強のサバイバルシート

サバイバルシートは登山やキャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、遭難時や災害にあった時などの防災や寒さ対策として役に立つアイテムです。そんな最強なサバイバルシートには寝袋タイプやタープタイプなどさまざまな種類があります。

 

サバイバルシートは、モンベルなどのアウトドアメーカーはもちろん、ダイソーやセリアなど100均やホームセンターでも気軽に買えます。寒さをしのいで快適に過ごせるため、1枚持っておくと便利です。種類が多くどれを選べばいいか迷ってしまいます。

 

そこで今回はサバイバルシートの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは形状や運びやすさを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

以下の記事では、災害時に必要なものの人気おすすめランキング15選【あれば安心】を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

普段使いできるサバイバルシートのおすすめ

大人2人で包まれる大判サイズが魅力

大人2人がすっぽり包まれるサイズのサバイバルシートです。ヒートシートと呼ばれる高純度なアルミ蒸着加工したポリエチレン素材を使用していて、とても保温性に優れています。このサバイバルシートは外側が視認しやすい鮮やかなオレンジ色をしています。

 

さらに、非常時におけるサバイバルテクニックが印刷されているのでおすすめです。大きいサイズなので様々なことに使用でき、普段使いや非常時の備えとしてもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

形状 シートタイプ サイズ 147×249cm
重さ 91g 1つ当たりの値段 2,818

車に積んでおくサバイバルシートのおすすめ

防災用として使える断熱効果が高いサバイバルシート

緊急災害対策として開発されたシートタイプのサバイバルシートです。寒さから身を守るだけでなく、銀色は熱を反射するので炎天下の直射日光から身を守るときにもおすすめです。コンパクトに畳むことができるので持ち運びも便利です。

 

また、カサカサ音が少ないサバイバルシートなので、人の多い場所でも迷惑を掛けずに使用することができます。災害対策として有効なアイテムなので、ぜひ試してみてください。

形状 シートタイプ サイズ 210×130cm
重さ 80g 1つ当たりの値段 333

サバイバルシートの選び方

サバイバルシートにはさまざまな種類があります。ここでは、そんなサバイバルシートの選び方を詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

形状で選ぶ

サバイバルシートには使い勝手のいいシートタイプやアウトドアに便利な寝袋タイプなどさまざまな種類があります。形状ごとに特徴を紹介していきます。

汎用性の高さなら「シートタイプ」がおすすめ

薄くて大きなシートタイプのサバイバルシートはブランケットとして体にかけたり、アウトドアの際に寝袋と併用するなど、さまざまな使い方をすることができます。ですが、シートタイプのサバイバルシートは薄手のものが多いので取り扱いには注意してください。

 

シートタイプのサバイバルシートを使用するときは、破れないよう丁寧に扱うようにしましょう。また、シートタイプのサバイバルシートはコンパクトに折り畳むことができるので、持ち運びにも優れています。

 

嵩張らないので万が一に備えてリュックに入れておくことをおすすめします。値段もそれほどしないので、ぜひ試してみてください。

キャンプなどのアウトドアには「寝袋タイプ」がおすすめ

キャンプや登山などのアウトドアの際には、寝袋タイプのサバイバルシートがおすすめです。サバイバルシートを寝袋に加工しているのでシートタイプのものより嵩張りますが、保温性はばっちり備えています。

 

極寒のキャンプでは寝袋カバーに使うと、より快適に過ごすことができます。ある程度の寝心地を求める方には、ポリエチレンなどでできた厚手のサバイバルシートがおすすめです。アウトドアの際はぜひ試してみてください。

 

下記の記事では、寝袋について詳しくご紹介しています。合わせてチェックしてください。

緊急時・防災用なら風避け効果が高い「タープタイプ」がおすすめ

タープタイプは簡易的なテントとして使うことができるサバイバルシートです。風よけ効果が高くシェルタータイプやツェルトタイプと呼ばれることもあります。自立していないのでロープを木に縛りつけて設置します。

 

緊急時用で簡易的なテントですが、輻射熱で内部は暖かいので十分寒さをしのぐことができます。軽量コンパクトで持ち運びしやすく、トイレの目隠しや着替えの目隠しとしても利用できるので、ぜひ使ってみてください。

動きやすさを重視するなら「ポンチョタイプ」がおすすめ

サバイバルシートの中には頭から被れるポンチョタイプのものもあります。ポンチョタイプのサバイバルシートは両手が自由に使えるので、テント設営や寒い日の釣りなど防寒しながら動きまわりたいときにおすすめです。

 

丈の長いサバイバルシートなら着替えや簡易トイレの際の目隠しにも使うことができます。しかし、サバイバルシートの素材は燃えやすいものが多いので、料理の際や焚火の傍では使わないようにしましょう。

床や地面に敷いて使うなら「厚手タイプ」がおすすめ

床や地面に敷いて使う際にはポリエチレンなどを使用した厚手タイプのサバイバルシートがおすすめです。災害が起きて外に避難する時にこれがあれば、気軽に座ったり横になったりすることができます。

 

また、ある程度のやわらかさもあるので敷布団としても利用することができます。そのため、誰かが怪我をしたときに備えて一家に1つあるといいですね。コンパクトに畳めるものだと持ち運びもできるのでおすすめです。

色で選ぶ

サバイバルシートには銀色や金色のものがあります。ここではそれぞれの色の特徴をご紹介するので、ぜひサバイバルシート選びの参考にしてみてください。

遭難時には「銀色」のサバイバルシートがおすすめ

サバイバルシートといえば銀色のものが一般的ですよね。銀色だと光や熱を反射する効果があるので、体温を反射して内部の熱を保ち、夏場は直射日光を反射して熱を防いでくれます。

 

また、銀色のサバイバルシートは金色のものよりもキラキラ光るので、万が一の際はヘリから見つかりやすくなります。登山の際は遭難することを考えて、銀色のサバイバルシートがおすすめです。

寒さに弱い方には「金色」のサバイバルシートがおすすめ

寒さに弱い方には金色のサバイバルシートがおすすめです。金色のサバイバルシートは太陽の熱を集めやすいので、寒い日でも温まることができます。夜は金色の面を内側にすれば体温を逃がさない効果があるので、ぜひ使ってみてください。

オールシーズン使うなら「リバーシブルタイプ」のサバイバルシートがおすすめ

サバイバルシートの中にはリバーシブルになっているものもあります。暑い夏は太陽光を反射できる銀色の面を使用し、寒い冬は太陽の熱を集める金色の面を使用することができます。季節や状況によって使い分けることができます。

何度も使うなら「耐久性が高いタイプ」をチェック

薄くて大きいアルミのサバイバルシートは、一度広げると元の状態に戻すのが難しいうえ、簡単に破けてしまうので使い捨てにするのが一般的です。しかし、使い捨てならいくらサバイバルシートがコスパに優れているといっても、コストがかかってしまいます。

 

キャンプなどのアウトドアが好きでサバイバルシートをよく利用するという方には、引き裂きや摩耗に強くて繰り返し使えるサバイバルシートがおすすめです。ぜひ試してみてください。

災害時に使用するなら「静音タイプ」をチェック

近年、地震や台風による災害が増えてきています。突然、災害にあって避難所に避難しなければならない日が来るかもしれません。そんなときに便利なのが保温性の高いサバイバルシートです。ですが、非常時は不安や恐怖でピリピリしている方もたくさんいます。

 

そんな方にはサバイバルシートのガサガサ音が気に障ってしまうことがあります。非常時用にはなるべく音が出にくい静音タイプのサバイバルシートを選ぶようにしましょう。

持ち運ぶなら「コンパクト」に畳めるタイプをチェック

サバイバルシートを選ぶうえで持ち運びやすさはとても大切なポイントです。シートタイプのサバイバルシートは軽くてコンパクトに折り畳めるものがほとんどですが、寝袋タイプやポンチョタイプなどは少し嵩張ってしまうものもあります。

 

サバイバルシートを購入する際は、持ち運びやすさにも注目するようにしましょう。非常用バッグや車に積んでおくと安心できます。専用の袋が付いてくるサバイバルシートもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

人気メーカー・ブランドで選ぶ

ダイソーやmont-bell(モンベル)・無印良品など人気メーカーやブランドから選ぶのもおすすめです。口コミもチェックしやすいので合わせて参考にしてください。

安い価格を求めるならダイソーやセリアなど「100均」がおすすめ

安い価格を求めるならダイソーやセリアなどの100均のサバイバルシートがおすすめです。汚れたり破れたりしても価格が安いため、使い捨てで使える点が魅力です。また、コスパが高いため家族やキャンプの人数分購入するのにも使えます。

繰り返し使えるタイプなら「無印良品」がおすすめ

繰り返し使えるタイプなら無印良品のサバイバルシートがおすすめです。冷気や風・雨などなどの体温低下を抑えてくれるタイプで、使い捨てではないためコスパが高いです。重量が80gとかなり軽めなので防災リュックやキャンプリュックにもすっと入れられます。

ほかのキャンプ用品と一緒に買うなら「ホームセンター」がおすすめ

ほかのキャンプ用品と一緒に買うなら、ホームセンターのサバイバルシートがおすすめです。大判サイズや使い捨てタイプ・繰り返し使えるタイプなどさまざまなメーカーや種類が販売されているので、自分の求める機能性に合わせてチェックできます。

デザイン性も重視するなら「mont-bell(モンベル)」がおすすめ

デザイン性も重視するならmont-bell(モンベル)のサバイバルシートがおすすめです。50g程度の軽量で、体温の低下を抑えてくれるのが特徴です。213×132cmと大きいサイズが揃っているため、災害時やキャンプなど幅広い用途に使えます。

普段使いできるサバイバルシートの人気おすすめランキング7選

頭からかぶれるポンチョタイプで使いやすい

頭からすっぽり被れて自由に動き回ることができるポンチョタイプのサバイバルシートです。体温の90%を反射してくれるので、低体温症の防止や衝撃を防ぐ際に役に立ちます。コンパクトに収納できるケースも付いてきます。

形状 ポンチョタイプ サイズ -
重さ - 1つ当たりの値段 3,072

口コミを紹介

私は悪天候時に使えるよう車に置くために1つ購入しました。このサバイバルポンチョはかなり耐久性があり、ストレージバッグが付いてくる点でもおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スポーツ観戦や非常時にも使える多用途タイプ

緊急非常時や災害時、スポーツ観戦時などにブランケットの代わりとして使えるアルミ4層構造のサバイバルシートです。カサカサ音が少なく、コンパクトに折り畳むことができるので、持ち運びにも適しています。

 

毛布のように被ったり、 ベッドやマット、布団の下に敷いたりなどさまざまな使い方ができるので、普段使いできるサバイバルシートを探している方におすすめです。ぜひ試してみてください。

形状 シートタイプ サイズ 180×105cm
重さ 150g 1つ当たりの値段 1,399

口コミを紹介

万が一に備えて購入し、車に常備しています。手書きのメモに感動しました!

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性の高いアルミニウム製

アウトドアや災害時に役に立つシートタイプのサバイバルシートです。耐久性の高いアルミニウムを使用しているので破けにくく、体温の90%を反射して維持してくれるので、非常時に備えて1つは常備しておくことをおすすめします。

 

また、このサバイバルシートは非常時だけでなく、夏の暑い日差しから植物を守ったり、地面用タープなどに使うことができます。夏にも使えるサバイバルシートを探している方におすすめです。ぜひ試してみてください。

形状 シートタイプ サイズ 132×208cm
重さ 57g 1つ当たりの値段 1,008

口コミを紹介

これを使えば寒い環境で体温を維持したり、雨からの緊急避難所として使用したり、地面の水分が染み込むのを防ぐことができます。雨が激しく降る地域に住んでいる場合は、非常用バッグに1つまたは2つ携行することをお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトな手のひらサイズで使いやすい

頭を保護できるフードが付いている寝袋タイプのサバイバルシートです。耐久性の高い厚めの生地を使用しているので、破れにくいという特徴を持っています。再利用も可能なのでぜひ試してみてください。

 

また、このサバイバルシートは体温の90%を反射し、寝袋の保温性を高め、防水素材が外部の結露から寝袋を保護してくれます。コンパクトに収納することができるので、持ち運びにもおすすめです。

形状 寝袋タイプ サイズ 213×91cm
重さ 198g 1つ当たりの値段 5,463

口コミを紹介

私は真剣に非常時に備えている人のための贈り物としてこれを買った。他のサバイバルシートよりも頑丈に見え、頭を保護するために伸びる「フード」があるので購入を決めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

寝袋もすっぽり入る1人用タイプ

寝袋もすっぽり入る大きな寝袋タイプのサバイバルシートです。キャンプや登山などのアウトドアの際にこれがあれば寒さから身を守ったり、結露から寝袋を守ることができます。しなやかな素材でできており繰り返し使えます。

 

ガサガサ音もあまりしないので災害時にもおすすめです。音がしないサバイバルシートを探している方は、ぜひ使ってみてください。

形状 寝袋タイプ サイズ 91×213cm
重さ 110g 1つ当たりの値段 1,074

口コミを紹介

0 度近くまで下がる冬の夜に夏用寝袋 (限界温度 0 度) と併用し快適に寝れました。そこそこ大きいので寝袋が余裕で入ります。小さく軽いので冬場のバックパックキャンプをする上で役に立ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

専用ケースで持ち運べるためかさばらない

専用ケースに収納して持ち運ぶことができる1人用のサバイバルシートです。専用ケースにはフックが付いているので、ベルトやバッグにぶら下げて簡単に持ち運ぶことができるのでおすすめです。ぜひ使ってみてください。

形状 シートタイプ サイズ 163×208cm
重さ - 1つ当たりの値段 2,634

口コミを紹介

私は自転車のパッキング旅行のためにこれを購入し、3日間のキャンプで私のテントのベースとして使用しました。地上の水がテントに染み込むのを防ぐのに役立ったし、地上の覆いがないよりもテントの中を暖かく保ってくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

大人2人で包まれる大判サイズが魅力

大人2人がすっぽり包まれるサイズのサバイバルシートです。ヒートシートと呼ばれる高純度なアルミ蒸着加工したポリエチレン素材を使用していて、とても保温性に優れています。このサバイバルシートは外側が視認しやすい鮮やかなオレンジ色をしています。

 

さらに、非常時におけるサバイバルテクニックが印刷されているのでおすすめです。大きいサイズなので様々なことに使用でき、普段使いや非常時の備えとしてもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

形状 シートタイプ サイズ 147×249cm
重さ 91g 1つ当たりの値段 2,818

口コミを紹介

日頃のバックと非常時のリュックサックに入れていますがポケットに入る大きさで
値段も安くとてもよい商品ですよね!使う機会が来ないと良いのですが、有るだけで全然安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp

普段使いできるサバイバルシートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 形状 サイズ 重さ 1つ当たりの値段
アイテムID:11835397の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大人2人で包まれる大判サイズが魅力

シートタイプ

147×249cm

91g

2,818

アイテムID:11833508の画像

楽天

Amazon

ヤフー

専用ケースで持ち運べるためかさばらない

シートタイプ

163×208cm

-

2,634

アイテムID:11833505の画像

楽天

Amazon

ヤフー

寝袋もすっぽり入る1人用タイプ

寝袋タイプ

91×213cm

110g

1,074

アイテムID:11833502の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コンパクトな手のひらサイズで使いやすい

寝袋タイプ

213×91cm

198g

5,463

アイテムID:11833499の画像

Amazon

ヤフー

耐久性の高いアルミニウム製

シートタイプ

132×208cm

57g

1,008

アイテムID:11833496の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スポーツ観戦や非常時にも使える多用途タイプ

シートタイプ

180×105cm

150g

1,399

アイテムID:11833493の画像

Amazon

ヤフー

頭からかぶれるポンチョタイプで使いやすい

ポンチョタイプ

-

-

3,072

車に積んでおくサバイバルシートの人気おすすめランキング8選

柔らかく扱いやすいモンベルのサバイバルシート

柔らかくて扱いやすいため、ふわっと被れるのが魅力です。モンベルから販売されているため、ほかのキャンプ用品と合わせて購入できます。コンパクトに収納できるので車載用にもおすすめのサバイバルシートです。

形状 シートタイプ サイズ 14.6×8.6×3cm
重さ 50g 1つ当たりの値段 782円

口コミを紹介

大きな柔らかめなアルミホイル、という感じです。とにかく軽い。そして想像以上に暖かい。日常生活で使うことは目下なさそうですが、非常用に持っておくにはいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量なのにしっかり暖かいタイプ

優れた保温性を備え、非常時に役立つアルミ蒸着ポリエステル製のシートタイプのサバイバルシートです。コンパクトに折り畳めるうえ、とても軽いので持ち運びにおすすめです。

 

いつ何があってもいいようにバッグや車にいくつか置いておくことをおすすめします。キャンプやハイキングなどのアウトドアの際に寒さや急な悪天候から身を守ることができます。ぜひ試してみてください。

形状 シートタイプ サイズ 130×210cm
重さ 60g 1つ当たりの値段 489

口コミを紹介

ポケットティッシュ2個分の大きさで小さく軽いので携帯しやすかったです。風を通さずある程度の防寒にはなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ポケットサイズで持ち運び簡単

アルミ蒸着ポリエステルを使用したサバイバルシートです。ポケットに入るサイズなので、簡単に持ち運ぶことができます。このサバイバルシートは使用者の体温の80%を保持してくれるのでおすすめです。

 

また、登山やハイキングの際、突然の雨や風から身を守ったり、夏の日差しを防いだりしてくれます。遭難時はヘリからの視認性も高くておすすめです。非常用バッグに1つ入れておくといいでしょう。

形状 シートタイプ サイズ 140×210cm
重さ 50g 1つ当たりの値段 333

口コミを紹介

何があるか分からないですから、災害に備えて用意しておきたいです。家族でもつかえるし、コンパクトなので1人で二枚入れておいても他の用途にも使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

通常より厚みがあり冬場でも使いやすい

ポリエチレンの生地に高純度のアルミを蒸着加工したサバイバルシートです。通常のサバイバルシートより2.5倍の厚みがあるので、地面に直接敷けるサバイバルシートを探している方におすすめです。

 

また、このサバイバルシートは体温の90%を反射して保ってくれるので、非常時の防寒にも役に立ちます。力を入れて引っ張っても裂けないくらい強度があるので、ぜひ使ってみてください。

形状 シートタイプ サイズ 142×213cm
重さ 210g 1つ当たりの値段 2,600

口コミを紹介

山行でツェルトの下に敷くグラウンドシートとして購入しました。非常に厚手で、グラウンドシートとしては安心感があります。ですが、素材・構造はエマージェンシーシートなので、小石などが下にあるとすぐに跡がつきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

体温の90%を保てるため体温低下を防ぐ

高純度なアルミを蒸着加工したポリエチレン素材を使用した寝袋タイプのサバイバルシートです。国際救難色として広く認知されているオレンジ色なので、災害が起きた時におすすめです。隙間風や雨から身を守ることもできます。

 

また、引き裂きや摩耗にも強い素材を使用しているので、登山などのアウトドアにもおすすめです。コンパクトに収納できるので、ぜひ試してみてください。

形状 寝袋タイプ サイズ 210×90cm
重さ 112g 1つ当たりの値段 995

口コミを紹介

しばらく中に入ってみたら、全身すっぽり収まる大きさ。暖かくなるのも早かったです。思っているよりもコンパクトでしたが、同じように畳むのが難しかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

サバイバルシートを含めた無印良品の災害用セット

防災用で使えるサバイバルシートをはじめ、キャンドルや除菌シート・大判ボディシートなど身の回りの用品も揃っているセットです。そのままリュックに入れられるので災害時の備えに購入しておくと便利です。

 

洗って繰り返し使えるタイプなので、コスパも高く災害時だけでなくキャンプや野外での観戦にもおすすめです。

形状 折りたたみ サイズ 130×210cm
重さ 80g 1つ当たりの値段 490円

口コミを紹介

これまで持っていた防災グッズセットは嵩張っていたけれど、この防災セットは棚に収納することができ、持ち運びも簡単です。重宝していきたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

カサカサ音を抑えた最強の静音タイプ

ポリエチレンを使用したシートタイプのサバイバルシートです。かなり大きいサイズなので大柄な男性でも十分包まることができます。寒さをしのぐだけでなく、夏場はサンシェードとしてもおすすめです。

 

また、カサカサ音がしない静音設計なので、避難所など人の多い場所でも他の人に迷惑を掛けずに使用することができます。軽くてコンパクトに折り畳めるので、車に1つ積んでおくのに便利です。

形状 シートタイプ サイズ 130×210cm
重さ 50g 1つ当たりの値段 290

口コミを紹介

小さく折りたたんでいるので、災害備蓄用としてはコンパクトでストックしやすいです!使わない事態が一番いいのですが、ウチの防災グッズの仲間入りしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

防災用として使える断熱効果が高いサバイバルシート

緊急災害対策として開発されたシートタイプのサバイバルシートです。寒さから身を守るだけでなく、銀色は熱を反射するので炎天下の直射日光から身を守るときにもおすすめです。コンパクトに畳むことができるので持ち運びも便利です。

 

また、カサカサ音が少ないサバイバルシートなので、人の多い場所でも迷惑を掛けずに使用することができます。災害対策として有効なアイテムなので、ぜひ試してみてください。

形状 シートタイプ サイズ 210×130cm
重さ 80g 1つ当たりの値段 333

口コミを紹介

小さな収納袋が入っていて未使用なら3パック入りそうな大きさ。こちらの商品を広げた後にうまくもとの大きさまでキレイにたためそうにない私にはしまう時に丁度良さそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

車に積んでおくサバイバルシートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 形状 サイズ 重さ 1つ当たりの値段
アイテムID:11833537の画像

楽天

Amazon

ヤフー

防災用として使える断熱効果が高いサバイバルシート

シートタイプ

210×130cm

80g

333

アイテムID:11833534の画像

楽天

Amazon

ヤフー

カサカサ音を抑えた最強の静音タイプ

シートタイプ

130×210cm

50g

290

アイテムID:11835221の画像

楽天

Amazon

ヤフー

サバイバルシートを含めた無印良品の災害用セット

折りたたみ

130×210cm

80g

490円

アイテムID:11833528の画像

楽天

Amazon

ヤフー

体温の90%を保てるため体温低下を防ぐ

寝袋タイプ

210×90cm

112g

995

アイテムID:11833522の画像

楽天

Amazon

ヤフー

通常より厚みがあり冬場でも使いやすい

シートタイプ

142×213cm

210g

2,600

アイテムID:11833519の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ポケットサイズで持ち運び簡単

シートタイプ

140×210cm

50g

333

アイテムID:11833516の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量なのにしっかり暖かいタイプ

シートタイプ

130×210cm

60g

489

アイテムID:11835402の画像

楽天

Amazon

柔らかく扱いやすいモンベルのサバイバルシート

シートタイプ

14.6×8.6×3cm

50g

782円

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

サバイバルシートの使い方

非常時のために作られたサバイバルシートは、災害の時だけでなくキャンプやハイキングなどのアウトドアの際にも利用できます。ここではサバイバルシートの具体的な使い方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まず、シートタイプのサバイバルシートは広げて体に巻き付けるだけで簡単に暖をとることができます。この時、なるべく隙間ができないようにぴったり体に密着させることがポイントです。また、寝袋としても使えるので1枚持っておくととても便利です。

 

下記の記事では、災害時に必要なものについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

まとめ

今回はアウトドアや非常時におすすめのサバイバルシートの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。サバイバルシートはキャンプや登山などのアウトドアや災害時におすすめなので、ぜひ使ってみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【専門家監修】PS3オープンワールドのおすすめ人気ランキング17選【サバイバルゲームも!】

【専門家監修】PS3オープンワールドのおすすめ人気ランキング17選【サバイバルゲームも!】

プレイステーション3(PS3)ソフト
登山用GPSの人気おすすめランキング10選【遭難防止に】

登山用GPSの人気おすすめランキング10選【遭難防止に】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
【効果ない?】シートラスの口コミや評判を調査!【成分・お得な購入方法も】

【効果ない?】シートラスの口コミや評判を調査!【成分・お得な購入方法も】

化粧下地
マガジンポーチのおすすめ人気ランキング10選【ウォーマータイプやAK対応も紹介!】

マガジンポーチのおすすめ人気ランキング10選【ウォーマータイプやAK対応も紹介!】

サバイバルゲーム装備・ミリタリー用品
ドットサイトのおすすめ人気ランキング15選【サバゲー!実物や光学機器もご紹介】

ドットサイトのおすすめ人気ランキング15選【サバゲー!実物や光学機器もご紹介】

サバイバルゲーム装備・ミリタリー用品
暗視鏡の人気おすすめランキング10選【単眼から双眼まで】

暗視鏡の人気おすすめランキング10選【単眼から双眼まで】

めがね用品